Operated by Ateam Inc.

イーデス

PHPエンジニア未経験から転職するには?他言語との比較や将来性、転職方法を徹底解説

最終更新日:

ITエンジニア転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「未経験からPHPエンジニアへの転職は可能なのか?」
「PHPは将来性がある?」

PHPという言語はまだまだ需要が高く、PHPエンジニアは将来性が非常に高い職種と言えます。

また、未経験からでもPHPエンジニアに転職は可能です。

本記事ではPHPと他のプログラム言語との比較を踏まえ、PHPエンジニアの将来性や転職事情についてご紹介いたします。

転職の悩みは「ワークポート」に相談しよう!

ワークポート
(引用元
ワークポート

「PHPエンジニアの求人が見つからない…」という方は「ワークポート」の利用がおすすめです。

ワークポートはIT専門で、業界・実務未経験でも対応してくれる転職エージェント。

キャリアの相談から、希望にあった求人紹介など、様々なサポートを受けることができます。

完全無料で利用でますし、合わなければすぐに退会できるのでまずは気軽に登録してみましょう。

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約98,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

    気になる内容をタップ

    PHPエンジニアの転職事情

    PHPエンジニアの需要は非常に高く、将来性もあります。

    なぜならPHPを利用したWebサイト・アプリケーションは非常に多く人気も高いからです。

    この章では、PHPエンジニアの転職事情について解説していきます。

    PHPエンジニアは需要が高い

    PHPはプログラミング言語の中でも、以下のような理由から人気が高いです。

    PHPの人気が高い理由

    • 小規模システムからFacebook、Yahooなど大規模システムでも使用されている
    • サーバサイドプログラミング言語78.8%を占める(2021年9月時点)
    • 比較的簡単に習得可能。情報も手に入れやすい
    • 他のプログラミング言語に比べて求人数が多い
    • フレームワークが豊富で、開発効率が高い

    (参考:PHPの将来性の噂を検証!現状から今後の動向まで徹底解説|レバテックキャリア

    比較的習得しやすいため、プログラミング初心者にもおすすめです。

    PHPエンジニアの将来性

    Webアプリケーションの拡大とともに、PHPの需要は今後も続くでしょう。

    最近はPythonやRubyの需要が高まっているため、「PHPは使われなくなるのでは?」と不安に感じている方もいるかもしれません。

    特にPythonはWebアプリケーションだけでなく、AIやディープラーニングといった分野でも使用されており、需要が高まっています。

    しかし、習得の容易性や実績を比較すると、PHPの方がまだまだ上です。

    今後もPython、Rubyといった言語の普及を考慮し、PHPだけでなくこれらの言語もあわせて習得しておくとよいでしょう。

    開発言語の中のPHPの立ち位置

    開発言語の中のPHPの立ち位置

    インターネット上には、多くのWebサイトやWebアプリケーションが存在しており、それらは構造上「フロントエンド」と「サーバーサイド」の2つに分かれます。

    • フロントエンド:ユーザーが操作するマシンで動作する処理(画面表示など)
    • サーバーサイド:ユーザーのマシンと通信した先のサーバー側で動作する処理

    フロントエンドでは、ユーザーに画面のデザインを表示させます。

    サーバーサイドでは、フロントエンドからのリクエストに対して、情報を返します。

    PHPは、主にサーバーサイド側で処理されるプログラムを作成するための言語です。

    Web開発で使われる言語は多数あるため、ここではサーバーサイド側で動作する他言語と比較しながらPHPをご紹介します。

    言語求人数習得難易度言語ランキング
    PHP3,422件8位
    Java5,013件★★★3位
    Ruby2,119件★★16位
    Python2,979件★★1位
    (最終更新
    レバテックキャリア|2022年3月時点)
    (参考
    TIOBE|2022年3月時点

    PHP

    PHPは掲示板やショッピングサイトなど、動的にWebページを生成できるサーバーサイドスクリプト言語です。

    仕様や文法が簡単な上に情報も多いため習得しやすい言語です。

    Webアプリケーション環境としても、適した環境と言われるLAMP(Linux/Apache/MySQL/PHP・Perl・Python)の一つとしてあげられるほど、多くのシステムで利用されています。

    また、PHPには多数のフレームワーク(ひな型)があり、開発しやすいという特徴もあります。

    これらのプログラミング言語としての人気の高さから、求人数も非常に多く、とりわけスタートアップ企業に多いです。

    Java

    JavaはWebサーバーサイドだけでなく幅広い分野で使われるプログラミング言語です。

    特徴として、Javaで書かれたプログラムが「JVM(Java仮想マシン)」で動作するため、JVMが動くコンピュータであればどのようなものでも動作します。

    大規模システムで使われるだけでなく、組込やロボット、Androidアプリの開発にも使われます。

    そのため、Javaもプログラミング言語としての人気が高く、求人も多いです。

    ただし、他のサーバサイド言語と比較すると、習得難易度は高いです。

    Ruby

    Rubyは日本で開発されたプログラミング言語です。

    他の言語に比べて日本語の資料が非常に多いため、初めてプログラミングを学ぶ方にとって非常に学びやすい言語です。

    また、フレームワーク「Ruby on Rails」を利用することにより、簡単にWebアプリケーションを作成できます。

    求人数はPHPやJavaには及ばないものの、フレームワークを使用することで開発が容易であることから、主にスタートアップ企業からの求人が豊富です。

    Python

    Pythonは近年急成長しているプログラミング言語であり、非常に人気が高い言語です。

    AIやロボット、IoT、ディープラーニングなどの分野で使われています。

    ただ、まだ日本には深く浸透しておらず、求人数、エンジニア数共に他の言語と比べると少ないです。

    今後需要が伸びて行く可能性が高いため、PHPやRubyなど、最初に何かプログラミング言語を身につけてから、Pythonを学ぶとよいでしょう。

    PHPエンジニアの仕事内容と平均年収

    PHPエンジニアの仕事内容と平均年収

    PHPエンジニアとはWeb系のプログラミング言語「PHP」を使用し、主にWeb系のシステム、Webアプリケーションの開発に携わるエンジニアのことを指します。

    ここからは、より具体的にPHPエンジニアの仕事内容、および平均年収もお伝えします。

    仕事内容

    PHPエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションにおいて、サーバー側で動作するプログラムを開発、改修する仕事を行います。

    たとえばショッピングサイトでは、さまざまな商品の情報やカートの情報が表示されます。

    それらの情報は、サーバーサイド側のプログラムにより多くの情報をデータベースからデータを取得しているのです。

    サイトを使用しているユーザーからは気づきにくい面ですが、このような目に見えない裏側の処理をPHPで作成するのが主な仕事です。

    平均年収は545万円

    技術系デジタルメディア「日経XTEC」の調査によると、PHPエンジニアの平均年収は、545万円です。

    また、レバテックフリーランスによると、PHPのフリーランスエンジニアは月単位での平均単価は72万円、最低〜最高単価は35万〜145万円となっています。

    PHPエンジニアが年収を上げるには、とにかく実績をこなし経験を積むことがおすすめですが、フロントエンドなど他領域の分野も精通することも年収アップにつながります。

    学歴・経験がなくともPHPエンジニアに転職は可能?

    学歴・経験がなくともPHPエンジニアに転職は可能?

    PHPエンジニアは需要が高く、将来性もある職業であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

    ここで気になるのが、「学歴や経験がない知識ゼロの人でもPHPエンジニアになれるか?」です。

    この章では、未経験からPHPエンジニアに転職するための情報をまとめて紹介します。

    未経験でも転職可能

    もちろん経験があった方が仕事は探しやすいですが、以下のような未経験歓迎の求人も存在します。

    未経験でもPHPエンジニアになれる理由には、以下の2つがあります。

    • 企業側で教育体制を整えているから
    • PHPが学習しやすい言語だから

    自力で時間をかけて学習するより、未経験で求人に応募し実戦経験を積むというのも一つの手です。

    ただし企業側が未経験者を採用する場合は、成長意欲および伸びしろを重視します。

    また、全くの未経験からでも転職できるとはいえ、完全未経験者では転職の難易度は高くなります。ある程度のプログラミングスキルは身に着けておいた方が良いでしょう。

    独学でもある程度経験が得られる

    パソコンさえあればPHPでWebサイトを開発する環境を無料で準備できるため、独学でもある程度開発経験は得られます。

    PHPを学習するための書籍も「実際にWebサイトを作成しながらPHPを学ぶ」内容のものが多いです。

    PHPエンジニアになるための勉強法については、PHPエンジニアになるための勉強法でご紹介いたします。

    ポートフォリオを作っておく

    PHPの学習を通して、オリジナルのWebサービスを構築すると、それをポートフォリオとして使用できます。

    ポートフォリオとは、転職活動時にスキルや実績の証明となる作品のことです。

    一人でWebサービスを構築できれば、PHPだけでなくインフラ周りの知識やデータベース関連のスキルも持っている事が証明できます。

    また、Webサービスではなくブログソフトウェアである「Wordpress」を利用するのもおすすめです。

    WordPressはPHPを使用してカスタマイズが可能であるため、自由にカスタマイズしてポートフォリオとするのも一つの手です。

    PHPエンジニアになるためのおすすめの転職エージェント

    PHPエンジニアになるためのおすすめの転職エージェント

    未経験からPHPエンジニアを目指したいというものの、具体的にどのように転職活動すればよいか、不安に思われる方もいるでしょう。

    そんな方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    転職エージェントは無料であなたにあった求人紹介や、書類の添削、面接対策をしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

    転職エージェントを利用するメリット

    ここでは、数ある転職エージェントの中でも、特にPHPエンジニアの転職におすすめの3社を紹介します。

    エージェント特徴
    ワークポート
    • IT・Web系の求人に強い
    • 業界・職種未経験の転職にも力を入れている
    レバテックキャリア
    • エンジニア経験者専門
    • ヒアリングに力を入れている
    doda
    • 転職サイトとしても利用可能
    • 面接対策に定評がある

    転職エージェントは複数登録がおすすめ

    転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

    多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、気の合うアドバイザーに出会える確率も高くなります。

    ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

    未経験からの転職なら「ワークポート」

    ワークポート
    (引用元
    ワークポート

    ワークポートは、IT・WEB・ゲーム業界の求人を多数紹介している転職エージェントです。

    IT専門のエージェントは経験者にしか対応していないとことが多いのですが、ワークポートは業界・実務未経験のサポートにも力を入れています。

    そのため、「経験がないけれどもPHPエンジニアを目指したい」という初心者にもおすすめです。

    ワークポート|基本情報

    運営会社株式会社ワークポート
    公開求人数約98,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    じっくり相談したいなら「レバテックキャリア」

    レバテックキャリアは、エンジニア経験者専門の転職エージェントです。

    IT知識が豊富なアドバイザーが在籍しており、細かいヒアリングを行ってから求人を紹介してくれます。

    ヒアリングに時間をかけるため、アドバイザーとじっくり相談して転職先を決めたいという方にぴったりです。

    また、利用者の年収アップ率は60%以上と高いため、PHPエンジニアに転職して年収を上げたい方にも向いています。

    特に東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡の求人が充実しているので、この地域で転職する方はぜひ利用してみてください。

    レバテックキャリア|基本情報

    運営会社レバテック株式会社
    公開求人数約25,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    転職サイト&エージェントを使いたいなら「doda(デューダ)」

    doda
    (引用元
    doda

    dodaは、パーソルキャリアが運営する国内第2位の大手転職サイト。

    転職サイトとしてはもちろん、希望すれば転職エージェントとして使うこともできます。

    転職エージェントからは、履歴書の書き方や面接のアドバイスを受けたりと言ったサポートを受けることが出来るので、はじめての転職でも安心して活動することができます。

    「はじめての転職で失敗しないか心配」という人におすすめの転職サイトです。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    未経験からPHPエンジニアになるために必要なスキル

    未経験からPHPエンジニアになるために必要なスキル

    PHPエンジニアになるには、最低限身につけておくべきスキルがあります。

    PHPは学習しやすい言語でもあるので、学習しながらこれらのスキルを身につけましょう。

    それでは一つずつ解説していきます。

    スキル1.プログラミングスキル

    PHPという言語に関する知識はもちろんのこと、プログラミングスキルは必須です。

    プログラミングスキルを身につけるための最も良い方法は、ひたすら開発経験を積むことです。

    幸いPHPはオープンソースであり、パソコンさえあれば無料でWebアプリケーション開発環境が構築できます。

    自分自身で環境を構築し、独学でプログラミングスキルを磨くことができます。

    スキル2.業務に関する知識

    クライアントが求めるシステムを開発するには、業務に関する知識が必要です。

    業務に関する知識がなければ、たとえシステムが開発できてもクライアントが求めるものを作ることができません。

    たとえば銀行や証券系のシステムを開発するのに金融に関する知識がなければ、銀行で利用できるシステムが構築できません。

    その他、在庫管理業務や会計業務など、クライアントによってさまざまな業務の知識も求められます。

    クライアントのニーズを理解し、適切なシステム設計を行うためには、業務に関する知識が必要です。

    スキル3.サーバ・データベースに関する知識

    PHPはサーバサイドのプログラミング言語であり、入力された情報をもとにデータベースと通信してデータのやり取りをします。

    そのため、PHP以外にも以下の知識と技術も必要です。

    PHP以外に必要な知識・技術

    • データベースに関する知識・技術
      (例:SQLや、テーブル構造,テーブル設計)
    • Webサイトのフロントエンド側の知識・技術
      (例:HTMLやCSS,JavaScript)
    • サーバ周りに関する知識・技術
      (例:LinuxやApacheなど)

    これらのスキルも習得すると、対応できる幅が広がります。

    一つの分野にこだわるのではなく、多くの技術を身につけることにより、ご自身のエンジニアとしての価値をより高めていきましょう。

    キャリアパスを広げていくため、初心者の方が最初にPHPエンジニアを目指すことはとてもよい選択です。

    スキル4.プロジェクトマネジメント

    システム開発は基本的に1つのプロジェクトとして管理されて実施されます。

    決められた納期に、決められた資源の中で決められた品質でシステムを開発する必要があるため、プロジェクトマネジメントのスキルも必要です。

    スキル5.PHP開発案件で利用されるフレームワーク

    PHPが人気のあるプログラミング言語である理由の一つに、豊富なフレームワークがあることが挙げられます。

    開発効率を飛躍的に向上できるフレームワークは、多くの開発現場で採用されています。

    PHPエンジニアとなる場合は、PHPそのものだけでなく、フレームワークもセットで習得しておくと多くの現場で活躍できるでしょう。

    今回は、有名なPHPフレームワークの求人・案件数を調べてみました。

    PHPフレームワーク求人・案件数
    Laravel
    (ララベル)
    1100件
    CakePHP
    (ケイクピーエイチピー)
    109件
    CodeIgniter
    (コードイグナイター)
    38件
    Symfony
    (シンフォニー)
    32件
    (参考
    レバテックフリーランス|2022年3月時点|※案件数は公開中の案件から算出しました。)

    これによると、LaravelとCakePHPが特に多いことがわかります。

    PHPエンジニアを目指す方は、まずこの2つのフレームワークを習得することをおすすめします。

    では、それぞれのフレームワークについて説明していきます。

    おすすめフレームワーク「Laravel」

    現在PHPフレームワークの中でも圧倒的に普及しているのがLaravelです。

    特に海外で大変人気があり、日本国内でも2017年以降から急速に採用が伸びており、ライブラリも豊富で機能追加も頻繁に行われています。

    どれか1つフレームワークを使えるようにするとしたら、Laravelがおすすめです。

    LaravelはPHPフレームワークの中でもトップクラスの人気から、採用している企業は多く、求人も多数あります。

    おすすめフレームワーク「CakePHP」

    CakePHPは、2016年まで日本で最も普及したフレームワークで、Ruby on Railsの影響を強く受けています。

    Webアプリケーションの開発を効率よく行うことを目的としており、日本国内で人気が高いです。

    日本語の書籍やチュートリアルなど、情報が豊富で習得しやすい点もポイントです。

    現在人気ではLaravelに押されているものの、利用しているシステムは多く、求人もあります。

    こちらはCakePHPのインストールと初期設定の方法を解説している動画です。

    シリーズで公開されており、2022年3月時点では第14回目まで視聴することができます。

    CodeIgniter

    海外で人気のWebアプリケーションフレームワークです。

    構造がシンプル、かつ軽量なフレームワークで、処理速度が速いのが特徴で、初心者にとって取り組みやすく、主に小規模の開発案件に向いています。

    特にスタートアップ企業やベンチャーからの求人が多いです。

    Symfony

    こちらもRuby on Railsの影響を強く受けたフレームワークです。

    企業案件で採用されている事例が多く、特にYahoo!で活用されていることでも有名です。

    堅牢でしっかりとしたシステム開発に向いており、大規模な開発案件で使用されています。

    その他

    PHPにはこれら以外にも、FuelPHP、Zend Frameworkなど多数のフレームワークがあります。

    また、フレームワークではありませんが、オープンソースのブログソフトウェアであるWordpressも忘れてはなりません。

    全世界の約4割のウェブサイトで採用されているWordpressは、PHPで開発されています。

    よってWordpressのカスタマイズといった求人にも対応可能です。

    PHPエンジニアになるための勉強法

    PHPエンジニアを目指そうと思っても、ご紹介したとおり学ぶべきことがたくさんあります。

    PHPそのものやフレームワークはもちろんのこと、サーバ周りなど周辺知識も習得しておきたいところです。

    しかし特に未経験の人にとっては、まず何から学べばよいのかもわからない人もいるでしょう。

    そこでおすすめなのは、プログラミングスクールを利用した勉強法です。

    プログラミングスクールで勉強する

    プログラミングスキルを身につけるのに最も確実な方法はひたすら経験を積むことですが、経験のないうちは誰しも苦労します。

    そのため、経験のない場合は経験のある人に聞いて学習するほうが早いです。

    その一つの方法として、プログラミングスクールで講師に質問しながら勉強すると言う方法があります。

    プログラミングスクールはたくさんありますが、時間や場所を気にせず勉強したいなら、オンラインで学べるTechAcademy(テックアカデミー)をおすすめします。

    TechAcademyは、いつでもどこでもオンライン授業が受けられるプログラミングスクールです。

    15時~23時までなら、メンターにすぐに質問することができ、週に2回30分のビデオチャットで個別のカウンセリングを受けることができます。

    ここで注目すべきは、 PHP/Laravelコースがあること。

    このコースでは、現役のPHP/Laravelエンジニアに教えてもらえます。

    今後のことも考えると、現役でPHPエンジニアをやっている人から話を聞ける機会は、とても貴重です。

    またPHPそのものだけでなく、最も今普及しているフレームワーク「Laravel」も一緒に学習できる点はかなり大きいです。

    さらにHTML,CSSをはじめとした、Webサービス全体に関するスキルもあわせて習得することができます。

    「現役のPHPエンジニアから学びたい!」という方はぜひ利用してみてください。

    テックアカデミー|基本情報

    運営会社キラメックス株式会社
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    なし

    ※エンジニア転職保証コースは32歳以下に限り転職を保証

    受講料(税込)

    174,900円(税込)〜

    ※12週間Liteプラン139,700円(税込)~もご用意

    学べる言語

    PHP・Java・Ruby・HTML5/CSS3・SQL・JavaScript・Python・Swift・Kotlin・Unity・C#・Scala

    勉強時間の目安週20~25時間(8週間コースの場合)

    (最終更新:23年9月時点)

    まとめ

    PHPエンジニアは未経験からでも転職可能です。

    また独学やプログラミングスクールで習得しやすく、かつ需要も高く将来性もあるので、これから勉強しする人にもおすすめできます。

    PHPエンジニアへ転職する際に、頭に入れておきたい項目は下記の5つになります。

    • 学歴・経験がなくとも転職可能
    • 独学やプログラミングスクールで習得しやすい
    • 人気があり、需要も高く将来性もある
    • PHPだけでなく複数の言語を習得し、キャリアアップにつなげる
    • 転職活動に不安がある場合は転職エージェントを利用する

    「PHPエンジニアになりたいけれど、転職活動に不安がある」という方は、転職エージェントへの相談をおすすめします。

    転職エージェントは、希望にあった求人を探して紹介してくれるので、未経験の方でも希望通りの仕事が見つけやすいからです。

    今回紹介した3つのエージェントなら、3社とも無料で転職サポートをしてくれます。

    エージェント特徴
    ワークポート
      • IT・Web系の求人に強い
      • 業界・職種未経験の転職にも力を入れている
    レバテックキャリア
    • エンジニア経験者専門
    • ヒアリングに力を入れている
    doda
    • 転職サイトとしても利用可能
    • 面接対策に定評がある

    転職エージェントは複数利用することで幅広く求人を確認できるので、2〜3社登録してみて使いやすいところを選ぶのがおすすめです。

    また、事前に勉強しておきたいという方はオンラインプログラミング教室の「テックアカデミー」をおすすめします。

    今回解説したことが、少しでもPHPエンジニアへの転職のお役に立てれば幸いです。

    転職活動についての関連記事

    未経験からエンジニアへの転職を成功させるポイント

    【分野・言語別】ITエンジニアの転職お役立ち情報

    ITエンジニア転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE