Operated by Ateam Inc.

イーデス

プログラマー転職後によくある失敗は?後悔しないために捨てるべき考え方

最終更新日:

ITエンジニア転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

プログラマーへの転職をお考えですか?

特にIT業界未経験の方にとっては、転職に失敗しないためにいろいろとお考えでしょう。

しかし、「なんとかなる」と思って飛び込んだらついていけなくて辞めてしまったなどというケースは少なくありません。

プログラマーは技術職であるため、甘い考えでいると転職後に後悔することにもなりかねません。

このような後悔を防ぐために、プログラマーへの転職に失敗するケースや、すぐ辞めないために捨てるべき考え方まで徹底解説します。

まずは確認!スムーズに転職するコツ

転職活動にかける時間や費用をなるべくおさえてスムーズに転職を成功させるためには、情報収集が大事です。

「未経験からでは難しいのでは?」「独学かスクールか?」と迷っているなら、まずは転職エージェントに相談して方針を決めるのもよいでしょう。

転職エージェントとは、キャリアの相談から希望にあった求人紹介など、様々なサポートを受けることができる便利なサービスのことです。

中でもプログラマーへの転職を考えている方におすすめなのは、「ワークポート」です。

ワークポート
(引用元
ワークポート

「ワークポート」はIT転職に強く、業界・業種未経験でも対応してくれる転職エージェントです。

まずはアドバイザーに無料相談をして今後の方針についてアドバイスを貰えば、効率よく転職活動を進められるでしょう。

ワークポートは完全無料で使えますし、登録は1分程度で簡単に完了します。

気に入らなければすぐに退会できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

    気になる内容をタップ

    プログラマー転職後によくある失敗

    プログラマーは技術職であり、IT業界未経験で、知識も何もない方がいきなり転職してなれる職業ではありません。

    また事前にある程度勉強しても、思うようにいかないケースもあります。

    この章では、プログラマー転職後によくある失敗についてご紹介します

    失敗1.プログラミング入門に失敗

    プログラミング入門に失敗

    プログラミングを1から勉強したものの、途中であきらめてしまったケースです。

    プログラミング入門に失敗する理由はいくつかあります。

    • どうやって勉強すればいいかわからない
    • 独学で勉強したものの、なかなか身につかない
    • ゴールが明確でなく、飽きてしまった

    ただがむしゃらにプログラミングを学ぼうとしても、思うようにいかず挫折してしまう方は多いです。

    また、もっと効率が良いやり方があり、時間を無駄にしてしまったというケースもあります。

    失敗2.プログラミングを覚えてから、何をすればいいかわからなくなった

    プログラミングを覚えてから、何をすればいいかわからなくなった

    プログラミング手法を習得することが目的となっていたため、それから先のことが見えなくなってしまったケースです。

    プログラミングは「プログラムを作る」という目的のための手段であり、プログラミング自体は目的ではありません。

    「プログラミングを覚えてどうしたいのか?」が重要です。

    失敗3.研修段階で心が折れた

    研修段階で心が折れた

    研修段階で心が折れてしまったケースです。

    研修ではプログラミング手法以外にも、設計手法やその企業のプログラム開発ルールなども学習します。

    覚えることがたくさんあり、研修段階でついていけず、心が折れてしまう方も多いです。

    また、企業が用意した研修カリキュラムが複雑でわかりにくく、挫折するケースもあります。

    失敗4.同期より覚えるのに時間がかかった

    同期より覚えるのに時間がかかった

    同期と比較してなかなか覚えることができず、「自分は向いていないのかも」と感じて挫折してしまうケースです。

    人によっては向き不向きもあり、プログラミングができるようになるのに時間がかかる方もいます。

    周りの人ができて自分だけができないと思うと、気持ちも焦り不安を感じるものです。

    自分と他人を比較しがちな方は、このケースで挫折してしまうことがあります。

    転職後すぐに辞めてしまわないために捨てるべき考え方

    転職後すぐに辞めてしまわないために捨てるべき考え方

    転職後スキル面でついていけず辞める方は、同じ考え方をお持ちの方が多いです。

    その中でもよくある考えを4つ紹介します。

    プログラマーへ転職するなら、このような考え方は捨てましょう。

    ①研修で覚えれば業務はやっていける

    求人に「未経験OK、研修で業務を覚えられます」という記載を見て、転職を決められる方もいるでしょう。

    確かに企業よっては、特に未経験の場合数か月の研修期間がありますが、それをあてにして「研修で覚えれば業務はやっていける」と考えるのは危険です

    実際の業務ではさまざまな知識・スキルが必要なため、数か月の研修で全てを覚えるのは不可能に近いからです。

    研修はあくまで入門レベルであり、実際の業務ではそれを応用できなければなりません。

    また、IT技術は常に進歩しているため、覚えることはどんどん増えていきます。

    ②できる人に聞けば助けてくれる

    研修で全てを学ぶことができなくとも、「現場にいる優秀な先輩に聞けば助けてくれる」と考える方もいるでしょう。

    わからなければ自分で抱え込まず「誰かに聞くこと」確かに大切なことですが、優秀な方は非常に多忙であり助けてくれる余裕がない場合もあります。

    また、優秀な人でも教えるのは苦手というケースもあります。

    基本的なことは自分で調べて確認する、という姿勢が大事です。

    ③コピペでなんとかなる

    プログラミングを効率よく行うために、プログラムソースの一部を流用するという方法は有効です。

    汎用的に使用できるフレームワークも公開されていまが、なんでもコピペで済ませれば良いわけではありません

    何も考えずコピペでプログラムを作成すると、不具合(バグ)を引き起こす可能性があります。

    記載されているプログラムソースを理解できていないと、大きな失敗を引き起こす場合があるため、注意が必要です。

    ④プログラミングだけできればやっていける

    プログラマーが求められるのは、プログラミングスキルだけではありません。

    規模の大きなシステム開発を行う場合は、多くのプログラマー、システムエンジニアと共同して作業を行うため、コミュニケーションスキルは必須です。

    プログラミングスキルが高くても、認識齟齬や理解不足で誤ったプログラムをつくる場合があるからです。

    「技術があれば、やっていける」という自分本位な考えはやめましょう

    転職後の失敗を防ぐために知っておきたいこと

    転職後の失敗を防ぐために知っておきたいこと

    プログラマーに転職後にスキル面で失敗しないために、事前に知っておくべきことがあります。

    これを押さえれば、少なくとも転職後にスキル面で「こんなはずではなかった」と後悔することはないでしょう。

    プログラマーに転職を決める前に、確認してみましょう。

    学習する順番

    プログラミングを効率よく学ぶのに効率が良いのは最初から実際に何か作ってみることです。

    プログラミングする過程で、必要な機能を学んでいきます。

    逆に効率が悪いのは、専門書通りに最初から最後までやろうとすることです。

    この場合、実際のプログラミングで使わない機能まで勉強することになるので時間がかかります。

    実際にプログラミングしてみて、わからないところを専門書などで調べる、という流れがおすすめです。

    何を作るプログラマーになりたいか

    大切なのは、そのプログラミング言語をつかって「何を作りたいか」です。

    自分がプログラマーになって、その後どうしたいか、キャリアプランを考えましょう。

    プログラミング言語によって、開発できるものや習得のしやすさなどが異なります。

    Webアプリケーション開発JavaPHPRuby、HTML/CSSなど
    AI、機械学習Python
    ゲーム開発C#、JavaScriptなど
    テキストテキストが入るテキストが入る

    (※クリックすると各エンジニアの詳細記事に飛びます)

    上記を参考に、自分のつくりたいものを選んでみましょう。

    転職先プログラマーの技術レベル

    事前調査では、プログラマーの技術レベルを確認しましょう

    転職したものの「技術レベルについていけない」という状況を未然に防ぐことができます。

    職場のレベルについていけない失敗例として多いのは、以下のようなケースです。

    • 面接官から聞いた技術レベルと、実際の現場のレベルが違った
    • 採用してもらいたくて、自分の技術レベルを高めに伝えてしまった

    このようなケースでは、転職後現場で配属された後、「技術レベルについていけない」という状況となり、非常に苦労することになります。

    技術レベルを確認する場合は、企業説明会に参加し、直接プログラマーに聞いてみるのもよいでしょう。

    転職エージェントは使った方が得

    転職エージェントというサービスをご存知でしょうか?

    転職のことを調べていて、何度か目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

    転職エージェントとは専任のアドバイザーが付いて、求人紹介や面接対策などのサポートをしてくれるサービスです。

    転職サイトと転職エージェントの違い

    転職エージェントでは、専任のアドバイザーが転職相談に載ってくれるので不安なことがあればそこで解消することが可能です。

    転職エージェントのサービスは全て無料で利用できますし、合わなければすぐに退会できるので、とりあえず登録しておくのがおすすめです。

    転職に失敗したくないプログラマーにおすすめの転職エージェント

    転職エージェントといっても、数が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうケースが多いです。

    そのため、ここでは数ある転職エージェントの中でも、未経験からプログラマーに転職したい人おすすめの3社を厳選して紹介します。

    転職エージェント特徴
    ワークポート
    • IT・クリエイティブ系の求人が豊富
    • 未経験からの異業種転職支援も実施
    doda
    • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能
    • 書類添削や面接対策などのサポートが手厚い
    リクルートエージェント×IT
    • 実績業界トップクラスのエンジニア求人数 約17万件
    • IT/Web業界に精通した交渉力とサポート体制

    転職エージェントはそれぞれ保有している求人が異なるため、気になったエージェントは全て登録しておくのがおすすめです。

    大手転職サイト「リクナビNEXT」によると、転職成功者は平均4.2社のエージェントを併用しています。

    つまり、本気で転職成功したいなら転職エージェントは3〜4社同時に登録しておいた方がいいということです。

    ここで紹介する3社は全て無料で利用できますし、登録は3分ほどで簡単に完了します。

    なるべく多くのエージェントで情報収集をして、失敗を防ぎましょう。

    IT転職に強いエージェント「ワークポート」

    ワークポート
    (引用元
    ワークポート

    ワークポートは、IT・Web・ゲーム業界の求人を多数紹介している転職エージェントです。

    総求人数の約6割がIT・クリエイティブ系職種の求人で、大手からベンチャーまで、豊富な企業の求人を保有しているため、幅広い選択肢があります。

    また、未経験からの異業種転職も得意としており、無料エンジニアスクールの開催など、完全未経験者への支援もあります。

    未経験や経験に不安がある方は、「ワークポート」に登録しておくと心理的な負担を減らせるでしょう。

    ワークポート|基本情報

    運営会社株式会社ワークポート
    公開求人数約91,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    手厚いサポートが受けたいなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は顧客満足度No.1の転職サービスで、転職サイトとしても転職エージェントとしても使うことが可能です。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント20代第1位)

    IT専門ではありませんが、IT転職の特設サイトを用意するほど力を入れています。

    書類添削や面接対策などのサポートが手厚く、顧客満足度No.1に輝いています。

    初めての転職では不安が多いものです。安心して転職活動を進めたいなら、手厚いサポートが受けられる「doda」に登録しておくといいでしょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    豊富な案件から求人を探すなら「リクルートエージェント×IT」

    リクルートエージェント×ITはリクルートが運営する、業界トップクラスの求人数を保有する転職エージェントです。

    エンジニア求人だけでも約17万件の求人を保有しており、SE、WEBエンジニア、インフラ/アプリエンジニ、ITコンサル、製品開発など、さまざまなIT職種に対応しています。

    企画・要件定義・設計といった上流工程から、実装〜運用業務の求人まで幅広い案件があり、年収アップやキャリアアップを狙える大手企業の求人も多く取り扱っています。

    また、「交渉力」も強みとしてり、IT/Web業界に精通したキャリアアドバイザーがあなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

    1. 土日・夜間の受付や電話・オンライン面談など非対面での転職活動サポートを実施しているので、忙しくてなかなか転職活動が進まない方にもおすすめです。

    1. リクルートエージェント×IT

      運営会社株式会社リクルート
      公開求人数約84,000件
      非公開求人数約53,000件
      対応地域全国、海外、リモート
      料金すべて無料

      (最終更新:24年2月時点)

    転職支援つきプログラミングスクールを使うのもあり!

    プログラミングスキルを効率よく学ぶことができるプログラミングスクールでは、転職までサポートしてもらえるところもあります。

    プログラマー経験が豊富な講師の方から技術だけでなく、現場でやっていることについても聞くことができ、転職にとても有利です

    ここでは、20代なら無料で受講できるオンラインスクール「GEEK JOB」を紹介します。

    GEEK JOB

    GEEK JOB」は20代なら無料でプログラミングが学べ、転職サポートも受けられるオンラインプログラミングスクールです。

    GEEK JOB
    (引用元
    GEEK JOB

    GEEK JOBの「スピード転職コース」では、プログラミングやインフラ技術を学びながら転職先を探すことが可能です。

    現役エンジニアのメンターの下で実践的な技術を学びつつ、面接対策や経歴書の作成といった転職支援を受けられます。

    最短22日で転職を成功させた実績もあるため、「出来るだけ早く転職したい」という方にもおすすめです。

    オンラインで受けられる無料体験・カウンセリングも実施しているので、気になったらぜひ試してみてください。

    GEEK JOB|基本情報

    運営会社グルーヴ・ギア株式会社
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    20代

    受講料(税込)

    スピード転職コース:無料

    学べる言語

    HTML・Ruby・SQL・Java

    受講期間目安10日間~3ヵ月

    (最終更新:23年8月時点)

    まとめ

    プログラマー転職後によくある失敗として、下記の4つがあります。

    • プログラミング入門に失敗
    • プログラミングを覚えてから、何をすればいいかわからなくなった
    • 研修段階で心が折れた
    • 同期より覚えるのに時間がかかった

    こういった失敗を避けるためには、以下のような考えは捨てた方がいいです。

    • 研修で覚えれば業務はやっていける
    • できる人に聞けば助けてくれる
    • コピペでなんとかなる
    • プログラミングだけできればなんとかなる

    自力で転職活動をするのが不安なら、転職相談ができ、求人を紹介してもらえる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    下記3つのエージェントは、プログラマーへの転職を無料でサポートしてくれるので、ぜひ気軽に登録してみてください。

    転職エージェント特徴
    ワークポート
    • IT・クリエイティブ系の求人が豊富
    • 未経験からの異業種転職支援も実施
    doda
    • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能
    • 書類添削や面接対策などのサポートが手厚い
    リクルートエージェント×IT
    • 実績業界トップクラスのエンジニア求人数 約17万件
    • IT/Web業界に精通した交渉力とサポート体制

    もし事前にプログラミングを学びたいなら、無料で学べて転職支援もついているプログラミングスクール「GEEK JOB」を受講するといいでしょう。

    エンジニアから直接学び、さらに転職サポートまで受けることで、転職後の失敗を防げます。

    ぜひあなたにあったサービスを活用して、プログラマー転職を成功させてください。

    転職活動についての関連記事

    未経験からエンジニアへの転職を成功させるポイント

    【分野・言語別】ITエンジニアの転職お役立ち情報

    ITエンジニア転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.