転職のプロに聞いた【本当におすすめの転職エージェント】と失敗しない選び方

ナビナビ
おすすめ転職エージェント

2022-06-15

いざ転職活動を始めようと思っても、「どのエージェントを使えば納得のいく転職活動にできるのか」悩んでしまうと思います。

転職は今後の人生を変える大きなイベントです。だからこそ、信頼できるエージェントを選び、自身を持って転職活動を進めなければなりません。

本記事では、転職のプロである江崎麻里奈さんのご意見をもとに、キャリアアドバイザーお墨付きの「おすすめ転職エージェント」を紹介していきます

転職エージェントの活用法もお伝えするので、サービスを使いこなすポイントを押さえて、万全の状態で転職活動に踏み出せるはずです。

後悔のない転職活動にするためにも、ぜひ参考にしてください。


\転職エージェントおすすめ3選/
リクルートエージェントdodaマイナビエージェント
リクルートエージェントバナー

【公開求人数】約185,000件

詳細を見る

dodaバナー

【公開求人数】約130,000件

詳細を見る

マイナビエージェントバナー

【公開求人数】-

詳細を見る

※画像は公式サイトから引用(リクルートエージェントdodaマイナビエージェント
※最終更新日:2022年4月

江崎麻里奈さん
江崎麻里奈さん

現役キャリアアドバイザー

2016年〜2020年株式会社キャリアデザインセンター在籍。キャリアアドバイザーとして5,000名を超える転職者のカウンセリングを行う。転職エージェントでの経験を活かして寄稿活動を行う他、Twitterでは「キャリアアドバイザーの本音」と題した転職情報の発信を行い、1万人以上のフォロワーに支持されている。

目次

おすすめはどれ?転職エージェントの人気ランキングを調査した結果…

※おすすめの転職エージェントをすぐにチェックしたい方は「おすすめ転職エージェント一覧」をご確認ください。

そもそも、転職エージェントはどのサービスの人気が高いのでしょうか?

当サイトが1,653人に行ったアンケートでは、「リクルートエージェント」を利用して転職活動を行う人の数が、頭ひとつ抜けて多いことがわかりました。

転職エージェントの利用度

※調査概要は記事末に記載

【調査結果】

知名度が高いこともあり、人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」が、数ある転職エージェントの中でも特に人気が高い結果となりました。

この結果を見るかぎりだと、「リクルートエージェントに登録しておけば問題ないかな…」と思う部分もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

キャリアアドバイザーの江崎さんに意見を伺うと、「リクルートエージェントは登録した方が良いが、1社のみに絞って利用するのはおすすめできない」という回答が返ってきました。

編集部五十嵐

アンケートではリクルートエージェント利用者が圧倒的に多かったのですが、とりあえずリクルートに登録しておけば失敗しにくいでしょうか…?

リクルートエージェントは求人数も多く、とりあえずの1社としても非常におすすめです。

とはいえ、そもそも転職エージェントは「コレ!」と1つだけを選ぶものではありません

リクルートは求人数が多い分、転職の軸が固まっていないと雑多に求人を紹介されてしまう場合があります。

転職の方向性についての相談や、専門性の高い情報交換を求めるならば、ニーズに特化した中小規模のエージェントも登録するのがおすすめです。

江崎さん

編集部五十嵐

複数登録すると管理が大変になると思いますが、どう対処したら良いでしょうか?

合わないと感じたエージェントは利用を止めても大丈夫なので、まず面談を受けてから利用を続けるか判断するのがおすすめです。

また、信頼できる担当者が見つかったら、応募はその担当者経由に一本化するのも一つの方法です。

後半の「転職エージェント活用法」で伝えていますが、必ずしも求人が載っているエージェント経由で応募する必要はありません。

江崎さん

転職のプロがおすすめする「転職エージェントの選び方」

江崎麻里奈さんインタビュー風景

転職エージェント利用者のアンケートでは「リクルートエージェント」の人気が一番高い結果となりましたが、リクルートのみで転職活動を行うのはおすすめできません。

大前提として、転職エージェントは担当者との相性が重要となるため、複数まとめて使ってみることが大事です。

また、複数使うにしても、闇雲に登録するのではなく、「総合型」と「特化型」のエージェントをそれぞれ利用するのが失敗を防ぐポイントとなります。

ポイント1.総合型の転職エージェントは確実に登録しておく

【総合型のエージェントの例】

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント
・パソナキャリア
・エンエージェント

【メリット】

・業界や職種に関わらず、幅広く求人を紹介してもらえる。
・大手だけが保有する求人も紹介してもらえる。

【デメリット】

・担当者によっては、雑多に求人を紹介されるだけで終わってしまうこともある。

「総合型」と言われる転職エージェントは、業界や職種に関わらず、幅広く求人を保有しているエージェントです。

代表的なものは「リクルートエージェント」や「doda」など。CMなどで目にすることも多いのではないでしょうか?

総合型のエージェントは保有している求人も多いため、希望に近い求人を幅広く紹介してもらえます。

選択肢を広げたり、大手だけが保有している求人を紹介してもらえたりするので、最低でも1社以上は登録しておくべきです。

一方で総合型のエージェントは、担当者によっては機械的なサポートになりがちな一面もあり、雑多に求人を紹介されるだけで終わってしまったという声もあります。

「転職の方向性について相談したい」「業界の動向なども詳しく聞きたい」など、親身なアドバイスをもらうには向かない場合もあるため、業界や対象者を絞った「特化型のエージェント」も併せて利用するのが良いでしょう。

編集部五十嵐

総合型エージェントにもたくさんのエージェントがありますが、どのエージェントがおすすめなどはありますか?

やはり求人数が多いリクルートエージェントはおすすめです。

もちろん、dodaやマイナビエージェントなど他のエージェントも最低限登録しておいてもらいたいです。

実際に登録して面談を受けてみて、担当者との相性や求人を見てから、利用を続けるか判断するのが良いでしょう

江崎さん

ポイント2.目的に応じて特化型の転職エージェントも登録する

【特化型のエージェントの例】

・ウズウズキャリア:第二新卒や既卒・フリーターに特化
・レバテックキャリア :IT・エンジニアに特化
・type女性の転職エージェント:女性に特化

【メリット】

・アドバイザーとの距離が近く、親身に相談にも乗ってもらいやすい

【デメリット】

・紹介してもらえる求人が少なくなる場合がある

「特化型」のエージェントは、業界やニーズに対象者を絞った中小規模の転職エージェントです。

規模は小さめですが、その分アドバイザーとの距離が近く、親身に相談にも乗ってもらいやすいメリットがあります。

たとえば第二新卒の方などは、そもそも転職の方向性が見えていないケースもあると思います。

そのような状態でいきなり総合型のエージェントに登録すると、「たくさんの求人を紹介されたものの、結局どれに応募すべきか悩んでしまう」なんてことも起きてしまいます。

一方で、第二新卒に特化したエージェントを使えば、方向性を固めるところから親身に相談にのってもらえるため、右も左もわからない状況でも安心です。

必ずしも特化型への登録が必要というわけではありませんが、希望の業界が明確な人や経歴が浅い人などは、特化型も登録しておくと転職を成功させやすくなるでしょう。

おすすめ転職エージェント一覧

対象サービス名特徴
20~40代リクルートエージェント

・求人数業界トップクラス

20~40代doda

・転職サイトとエージェントの2つの機能を持つ

20~30代マイナビエージェント・20代や第二新卒からの人気が高い
フリーター・既卒・第二新卒ウズキャリ・未経験可の求人が充実
ハイキャリア・年収アップビズリーチ・ハイクラス転職に特化したヘッドハンティング型転職サイト
首都圏で転職希望の女性type女性の転職エージェント・女性向けの求人を中心に集めた転職エージェント
ITエンジニア・デザイナーレバテックキャリア・好条件の求人が豊富(経験者向け求人のみ)
外資系への転職ランスタッド・39ヵ国にサービス展開する、世界最大級の転職エージェント

【総合型】まず登録したい「おすすめ転職エージェント3選」

転職エージェント利用者1,653名へのアンケートと、キャリアアドバイザーの江崎さんの評価を元に、総合型のおすすめ転職エージェントを3つまとめました。

特におすすめのリクルートエージェントから紹介していきますが、全て面談を受けてから、その後利用を続けるか判断してみるのがおすすめです。

転職エージェント名リクルートエージェントdodaマイナビエージェント
公開求人数約185,000件約130,000件-
利用者層20~40代20~40代20~30代
対応地域全国全国全国
オンライン面談の有無可能可能可能
料金無料無料無料
特徴求人数業界トップクラス転職サイトとエージェントの2つの機能を持つ20代からの人気が高い

※2022年4月時点

リクルートエージェント|業界トップクラスの求人数

リクルートエージェント」は、人材業界大手のリクルートが運営する転職エージェント。

ナビナビが行った調査では、転職エージェント利用者の2人に1人が利用している結果となり、転職エージェントの中でも特に利用率が高いサービスとなりました。

リクルートエージェントがここまで人気な理由の一つが、その豊富な求人数です。
非公開求人を含めると求人の数は20万件以上。総合型エージェントの中でも特に数が充実しています。

幅広く求人を紹介してもらったり、視野を広げたり、求人選びの選択肢を広げるのに役立つため、優先的に登録しておきたい1社と言えます。


江崎さん

リクルートエージェントは求人の数も多く、最低限登録を済ませておいてもらいたいエージェントです。

条件に近い求人を雑多に紹介してもらえるため、選択肢を増やすのに役立ちます。

リクルートエージェント利用者の評判・口コミ

<30代・女性>
大手や中小、ベンチャーまで幅広い求人を揃えている印象です。また求人票が詳細に詰められているので、紹介された会社を自分で調べなくても、求人票である程度内容が把握できるのが便利でした。

<40代・男性>
紹介された求人が、自身の前職のスキルを活かしやすい職種が中心で、 興味の持てる、また応募に繋がる者が多かったです。また、自身では想定していない、またおそらく個人では探しきれない求人も紹介してくださり、自身の可能性の幅を広げる事が出来ました。

<20代・女性>
特に職務経歴書等、書類作成のフォローが素晴らしかった印象です。同時利用していた他のエージェントと同時進行で添削をして頂きましたが、リクルートエージェントの方の指摘や修正ポイントが明確でわかりやすく、最終的にはこちらで作成フォロー頂いた書類を全ての転職活動に使用しました。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

doda|転職サイトとしても気軽に使える

doda
(引用元
doda

doda」はパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

求人数はリクルートエージェントより少なめですが、それでも業界全体でみるとトップクラスに充実しています。

公開求人数だけでも9万件ほどあるため、求人を幅広く提案してもらい、視野を広げるのに役立つはずです。

また、dodaの大きな特徴として、転職エージェントと転職サイトの両方の機能が合わさっている点が挙げられます。

まずは1人で求人を探して、必要に応じてアドバイザーのサポートを受けてみることも可能なので、転職エージェントを使うべきか悩んでいる人にもおすすめです。


江崎さん

dodaもかなり求人数が充実しているため、選択肢を広げるために役立つ1社です。

DMが多いのが気になる点ですが、メールの通知設定をオフにするなどして、不要なメールが届かないようにすると使いやすくなります。

doda利用者の評判・口コミ

<20代・男性>
希望する条件に沿った内容であるのに加えて、採用条件など細かい条件なども教えてくれるのが良かった。それぞれの企業の違いや強みなどを理解しやすく、転職活動をするうえでの負担がかなり減ったように感じました。

<20代・女性>
大手の求人が多く、担当の方に相談をすれば事前情報も教えていただけたので良かったです。様々な求人がある中で、どの業界のことを聞いてもアドバイスがもらえて、知識量も豊富で素晴らしかったです。特に、社風の面で、「ここはどんな人が活躍している」と求人を見ながら教えいていただけたことが有難かったです。

<30代・男性>
応募した求人が書類を通過した場合には、詳細な面接対策、企業紹介のレポートをくれ、対策できるサポートをしてくれた。過去の実績と実際応募した登録者の面接情報をもっている点は強みで、その情報をまとめたレポートを開示してくれるので、面接対策できるサポートは非常によかったと思う。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

マイナビエージェント|20代・第二新卒から特に人気

マイナビエージェント」は、新卒ではおなじみの「マイナビ」が運営している転職エージェント。

求人数ではリクルートやdodaよりも少なめですが、20代向けの求人が充実しているため、条件が合えば多くの求人を紹介してもらえます。

また、新卒で利用する人が多いこともあるのか、20代からの人気が高いのも特徴的です。

公式サイトでは”20代に信頼されているエージェントNo.1”と表記されており、実際にナビナビが行った調査でも、転職エージェントを使った20代の3人に1人が使用している結果が出ています。

転職活動を行う全ての人におすすめですが、特に20代は優先的に登録しておくと良いでしょう。


江崎さん

マイナビエージェントは求人数こそリクルートやdodaより少なめですが、それでも紹介してもらえる求人は多いです。

若手に人気のサービスなので、20代の転職者はぜひ登録しておくと良いでしょう

マイナビエージェント利用者の評判・口コミ

<20代・女性>
アドバイザーさんが履歴書や面接などの指導をしてくれたおかげで早い段階から事務の仕事の内定を頂くことができました!! また私の性格を加味した上で紹介してくれたのでミスマッチが少なく選考に進めたと思います。

<20代・男性>
面接対策やエントリーシートの添削を行ってくれた。自分だと客観視出来ていない部分も多く合ったので第3者視点で意見を言ってくださり、面接官のように指導してくださったのでとても助かりました。

マイナビエージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

その他おすすめの総合型エージェント

総合型の転職エージェントは他にもまだたくさんあります。

転職エージェントは何社使ったとしても費用はかかりませんので、紹介した3社で物足りない場合は、ぜひ以下のエージェントも活用してみてください。

【特化型】目的別で利用する「おすすめ転職エージェント」

続いては、ターゲットを絞って運営されている、「特化型」の転職エージェントを紹介します。

ぜひ総合型の転職エージェントと併せて活用してみてください。

転職エージェント名ウズキャリビズリーチtype女性の転職エージェントレバテックキャリアランスタッド
対象者フリーター・既卒・第二新卒ハイキャリア希望女性ITエンジニア・デザイナー外資系希望
公開求人数非公開約73,000件約17,000件約13,000件約2,000件
対応地域関東・関西・首都圏全国首都圏関西・福岡全国
料金無料無料無料無料無料
※2022年4月時点

フリーター・既卒の転職におすすめ:ウズキャリ

ウズキャリ
(引用元
ウズキャリ

ウズキャリ」は、フリーター・既卒から正社員就職を目指す人におすすめの転職エージェントです。

経歴の浅い人も広くサポート対象としており、一人ひとりに親身に寄り添ったサポートをしてくれます。

経歴が浅い転職者の場合、転職エージェントによっては人手が不足している業種に強引に転職を勧めてくるケースも少なくありません。

一方で、ウズキャリは転職者と時間かけて向き合い、強みを生かせる企業を選んで紹介してくれるため、転職後のミスマッチも起きにくくなります。

定着率92%と実績も高いので、経歴が浅いことで悩んでいる方にぜひ利用してもらいたい転職エージェントです。

ウズキャリ|基本情報

運営会社株式会社UZUZ
公開求人数約370件
非公開求人数非公開
対応地域大阪+愛知+福岡+首都圏
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

ハイキャリア・高年収の転職におすすめ:ビズリーチ

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

ビズリーチ」は年収600万円以上の高年収向けの転職サービスです。

ダイレクトリクルーティング型と呼ばれる、スカウト主体のサービスのため、 転職エージェントとは少し定義が異なりますが、ハイキャリア向けとして非常におすすめなため紹介しています。

ビズリーチに登録すると、企業の人事担当者や、ビズリーチに登録する様々な転職エージェントからスカウトが届きます。

届いたスカウトの内容を確認し、気になる内容であれば応募を進めていく流れとなります。

登録を済ませておくだけで高年収のスカウトが届くため、年収アップを狙う人には非常におすすめです。

日々届くスカウトの内容を見て自身の市場価値を掴むのにも役立つので、経歴情報だけでも登録しておくのが良いでしょう。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約69,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金登録無料(一部有料3,278円〜5,478円)

(最終更新:22年1月時点)

女性の転職におすすめ:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント」は、その名の通り女性の転職を専門とした転職エージェントです。

対象地域が首都圏に限られていますが、女性が活躍しやすい求人をメインに紹介してもらえるため、該当地域に住む女性はぜひ活用をおすすめします。

対象地域を限定している分、首都圏の大手企業とのパイプが強く、福利厚生の整った大手への転職サポートも手厚いです。

運営元となるキャリアデザインセンターは、もともとエンジニア転職に力を入れていたこともあり、女性エンジニアの転職サポートも安心して任せられます。

女性の気持ちを理解して親身に相談に乗ってもらいたいならば、ぜひtype女性の転職エージェントも活用してみてください。

type女性の転職エージェント|基本情報

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数約7,800件
非公開求人数約16,300件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

IT・エンジニア業界の転職におすすめ:レバテックキャリア

レバテックキャリア」は、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント。

サービス利用者は20万人を突破しており、ITエンジニア専門サービスとしての知名度も高いです。

年間3,000回以上の企業ヒアリングを行っており、現場社員の声や企業情報を細かく確認し、転職者に役立つ情報を伝えてくれます

キャリアアドバイザーの業界知識も高いため、ITエンジニアの転職事情を把握する意味でも、登録しておく価値があるでしょう。

利用者の77%が年収UPを実現しているデータもあるので、キャリアアップを狙う人にも強くおすすめしたいサービスです。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約14,480件
非公開求人数非公開
対応地域関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)・関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)・九州(福岡)・東海(愛知県・三重県・岐阜県)
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

外資系企業への転職におすすめ:ランスタッド

ランスタッド
(引用元
ランスタッド

ランスタッド」は39ヵ国にサービス展開する、世界最大級の転職エージェントです。

多くの外資系企業とのコネクションを持っており、外資系転職のサポートに強みを持っています。

公開求人の80%以上が年収800万円以上というデータもあるため、年収アップを狙うハイキャリア層にもおすすめのエージェントです。

ランスタッド|基本情報

運営会社ランスタッド株式会社
公開求人数約6,600件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

その他おすすめの特化型エージェント

特化型の転職サービスは他にもたくさんあります。

紹介したエージェントだけで物足りなかった場合は、ぜひ以下のサービスも試してみてください。

キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢い使い方」

江崎麻里奈さんインタビュー風景2

最後に、転職エージェントを上手に活用するために、最低限知っておいてもらいたいポイントをお伝えします。

特に初めて転職エージェントを使う人は、手探りになることも多いと思いますが、以下の点だけでも意識してみていただきたいです。

転職エージェントとの面談前に経歴をまとめておく

転職エージェントに登録したら、まずはキャリアアドバイザーと面談を行う流れとなります。

面談を受ける前の最低限の準備として、自身の経歴を、紙に書くなどしてまとめておいてもらいたいです。

キャリアアドバイザーは面談の場で、転職者が自分たちが紹介できる求人にマッチするかを見極めています。

その際、経歴がまとまっていない状態では、場合によっては経歴をなぞるだけの面談になってしまうこともあります。

面談を有意義な時間にするためには、たとえ右も左もわからない状態だとしても、「〇〇年に〇〇な業務をした」など、自身の過去をパッと伝えられるよう準備しておくことが必要です。

もちろん、職務経歴書を用意しておくのが理想なので、自分で作成できそうであれば、事前に用意を済ませておきましょう。


江崎さん

登録後に、面談前のアンケートを求められるケースも多いので、忘れずに回答しておいていただきたいです

職務経歴書は作成しておくのが理想ですが、必ずしも必要というわけでは無いため、難しい場合はできる範囲で作成しておけば問題ありません。

合わない担当者は遠慮なく変更してもらう

面談をしてみて「この担当者は合わないな…」と感じたら、遠慮なく変更を申し出てください。

強引に転職を進めてくるようなアドバイザーはもちろんのこと、「本音で話しにくい」というような状況でも、フランクに変更していただいて構いません

たとえば、「男性のアドバイザーの方が話しやすい」といった場合ならば、カスタマーセンターに連絡して、担当者を男性に変えてもらうと良いでしょう。

キャリアアドバイザーとは「本音で話すこと」が何より大事です。

アドバイザーに遠慮するがあまり、希望条件などを建前で伝えてしまうと、見当違いの求人を紹介されてしまう可能性があります

希望とズレた求人を紹介されないためにも、相手に悪いかな…などと考えすぎず、気軽に変更を伝えていただきたいです。


江崎さん

キャリアアドバイザーの対応にむかついたり、相性が悪かったとしても、その転職エージェント全体が悪いわけではありません。

「担当者を変える」という選択肢は、転職エージェントを利用する上で常に持っておいていただきたいです

転職エージェントへの連絡はなるべく早めに行う

江崎麻里奈さんインタビュー風景3

基本的なことですが、担当者へのレスポンスを早くすることも大事です。

たとえば、初回の面談後に「職務経歴書を修正しておいてください」と言われたならば、なるべく早めに対応することを心がけましょう。

キャリアアドバイザーとしても、レスが遅い人を見ると「この人は自信を持って企業に紹介しにくいな…」とネガティブな印象を受けてしまいます

サポートの熱量が下がってしまうこともあるため、やりとりを進める上で最低限意識してもらいたいポイントです。


江崎さん

大手のエージェントだと、1人のキャリアアドバイザーで50名ほどの転職者を対応しているケースが多いです

「キャリアアドバイザーを味方につける」という意味でも、レスを早くして積極的な姿勢を見せておくに越した事はありません。

譲れない条件と妥協できる条件を決めておく

応募する求人を絞りこむ際は、譲れない条件(マスト条件)と妥協できる条件(ベター条件)を決めておくことが大事です。

求人探しは、アパートの物件探しと似ています。希望を全て満たそうとすると、該当する物件「0件」になってしまうことがありますが、これは転職でも同じです。

年収にせよ仕事内容にせよ、譲れない条件と妥協できる条件を分けておかないと、応募するべき企業をなかなか見つけられません

自分にとって譲れない条件は何なのか、明確に固めた上で求人を絞り込むことをおすすめします。

転職のマスト条件の例

  • 年収〇〇万円以上
  • 〇〇の経験を積める
  • 勤務地が〇〇
  • 定時退社できて残業がない

条件を満たした企業は積極的に応募する

転職活動はアパートの物件探しと似てると伝えましたが、アパート探しでの「内覧」に該当するのが、転職活動の「面接」だと思います。

アパート探しでは、最低限の条件を満たした物件は、全て内覧して確認するのが一般的です。

転職活動も同じで、譲れない条件を満たしている企業ならば、どんどん応募して面接を受けてみてもらいたいです。

これを言うと、「とにかく応募させて企業に押し込もうとしてる…」と思うかもしれませんが、そうではないのです。やはり自分に合うかどうかは、面接を受けてみなければわかりません。

仮に内定をもらったとしても、1週間から10日ほどは承諾を待ってもらえるので、まずは応募してみて、オファーをもらってから判断してみてほしいです。

もし「オファーをもらったけどやっぱり違うな…」と思うのであれば、内定を辞退して構いません。

応募する前にあれこれ悩むくらいならば、ひとまず応募して、まずはオファーを貰うことに全力を尽くしてみてください

編集部五十嵐

たしかに大手のエージェントに登録すると、10社20社応募してみましょう!と言われることも多いです! 

アドバイザーも無理やり転職させたいのではなく、「悩んでいても答えは出ないから受けてみてほしい」というのが本音だと思いますし、これは転職活動を進める上でも、合理的な考え方です。

面接を受けてみることで、企業への興味が高まることもあります。また、面接に慣れておくことで、いつか入社を切望する本命企業の面接でパフォーマンスを発揮する場面でも、必ず役立ちます

応募する前に悩んでいると、いつのまにか求人が無くなってしまうこともあるので、迷ったらどんどん応募してみると良いですよ。

江崎さん

編集部五十嵐

たくさんの企業に応募すると、日程調整が難しくなると思いますが、 たとえば「第二候補の企業に先に内定が出てしまい、決められない…」といった状況にならないようにするには、どうするのがよいでしょうか。

内定をもらった場合でも、1週間から10日ほど検討させてもらえるので、候補となる企業は並行して応募を行うのがおすすめです

仮に第二候補の内定が先に出たとしても、同時進行で応募をしていれば、調整して他の内定が決まるまで待ってもらえることもあります。

江崎さん

企業が抱える課題を見つける

江崎麻里奈さんインタビュー風景4

面接で志望動機を聞かれた際、大半の人が応募先の企業を褒めようとします。

「御社のサービスが素晴らしいと思って…」
「どうしても御社の仕事に携わりたくて…」

決して悪いことではないのですが、企業が本当に求めている人は「会社の抱えている課題を解決してくれる人材」です

だからこそ、会社のネガティブな点にも目を向けてもらいたいです。

たとえば、「御社は若手が多く活躍してる印象がありますが、一方でマネジメント層が不足しているからか離職率が高めに感じます」といったように、あえて痛いところを突ける人は、企業側の目にも止まりやすくなります。

ネガティブな点を指摘した上で、「自分のマネジメント経験を活かして解決できる」「それでも応募したい」と丁寧に伝えられれば、内定を貰いやすくなります。

編集部五十嵐

応募先の企業が抱えている課題はどのように見つければよいですか?

IR情報を見るなど方法はたくさんありますが、それこそ転職エージェントの担当者に聞いてみるのがおすすめです

応募したい企業の課題だけでなく、業界全体が抱える課題も教えてもらえるので、対策を立てやすくなると思います。

江崎さん

転職エージェントと一緒に転職サイトも利用する

転職エージェントだけでなく、転職サイトにも登録して、幅広く求人を確認しておきましょう。

転職サイトと転職エージェントでは、取り扱っている求人が異なる場合もあるため、サイトに出回ってる求人も見ておくのは重要です。

転職サイトとは

転職サイトは、自分で求人を探して自分で応募するタイプの転職サービスです。キャリアアドバイザーのサポートはつかないので、自力で転職活動を進めていくことになります。

(例)リクナビNEXT ・doda ・マイナビ転職

ここで一つポイントと言えるのが、他のサイトやエージェントで見かけた求人でも、必ずしもそのサービスで応募する必要はないということです。

信頼できるアドバイザーがいる場合、「他のサービスでこういう求人を見かけたのですが、〇〇さん経由で応募することは可能ですか?」と伝えれば、サポートを受けられる可能性があります

キャリアアドバイザーとしては、求職者からこのような提案をされるのは、正直かなり嬉しいのが本音です。

数あるサービスの中で、私を信頼してお願いしてくれた。そうなれば、職務経歴書を時間をかけて添削したり、面接官が誰になりそうか確認を入れたり、あの手この手で全力サポートしたくなります。

転職サイトで見かけた求人でも、エージェント経由で応募できる場合もあるため、サイトの求人も見ておくことをおすすめします。

編集部五十嵐

転職エージェント経由だと、企業側は紹介料を払う必要があるため、自己応募の方が内定しやすいという話を聞いたことがあります。実際はどうなのでしょうか…?

たしかに、企業によっては「紹介料を払ってまでエージェント経由で採用したくない」というケースもあるため、エージェント経由が必ずしも良いとは言えません。

しかし、エージェントのサポートを受ければ、過去の面接の内容を聞けたり、対策を立てやすくなるのも事実です

面接に圧倒的な自信があるのであれば、あえてエージェント経由で応募しなくてもよいかと思いますが、自信が無いのであれば、エージェントに頼ってみるのが良いでしょう。

江崎さん

エージェント以外の第三者からのアドバイスをもらう

転職エージェント以外の人からアドバイスを受けることもおすすめします。

たとえばOBやOGなど。難しければ有料のメンターをつけるなどして、利害関係の無い第三者からの意見をもらえるようにしておくことが大事です。

注意してもらいたいのが、親や友人への相談は避けた方が良いということ。

たとえば親の場合だと、世代がずれていることもあり、アドバイスが役に立たなかったり、間違った指摘をされることがあります。

友人の場合でも、プライドや偏見、主観的な意見が混ざってしまい、アドバイスが参考にならないことも多いです。

それならば、お金を払ってでも有料のメンターサービスなどを使った方が、偏ったアドバイスを受けるリスクも少なくなるでしょう。

【補足】転職エージェントの仕組みとサービスの内容

転職エージェントの仕組み

転職エージェントとは、求人紹介や面接日の調整などのサポートを行ってくれるサービスです。

登録後にオンライン・電話もしくは対面で面談が行われ、その後はネット上に出回らない「非公開求人」も含めて、希望に合った求人を紹介してもらえます

さらには、書類の添削をしてくれたり、過去の面接の質問を教えてくれたり、転職活動を全般的にサポートしてくれる頼れる存在です。

また、転職エージェントは企業側から紹介料を貰って運営されているため、利用者は一切料金を払う必要がありません。

転職エージェントを利用するメリット

  • ネットに出回らない「非公開求人」を確認できる
  • 転職の相談にのってもらえる
  • 面接の日程調整を代行してくれる
  • 書類の添削や面接の練習を手伝ってくれる
  • 企業情報や業界の動向を教えてもらえる
  • 給料交渉を行ってくれる
  • 全てのサポートが無料で受けられる

デメリットは「見当違いな求人紹介をされる可能性があること」

ナビナビでは、転職エージェントを利用する上での注意点を調べるために、「転職エージェントを利用して失敗したこと」のアンケートも実施しています。

その結果、一番多かったのが「見当違いな求人を紹介された」という声でした。

転職エージェントを利用して失敗したことの調査結果

※調査概要は記事末に記載

希望と合わない求人を紹介されても、応募しなければ問題ありませんが、担当者は求人の良い点を中心に話すため、話に乗せられすぎないよう注意が必要です。

1人のアドバイザーだけでは意見が偏ってしまうため、客観的な意見を多く聞けるようにするためにも、転職エージェントは複数利用することが大事と言えるでしょう。

転職エージェントに関するよくある質問

Q1.転職エージェントの料金ってなんで無料なの?

転職エージェントは求職者が内定した企業から成功報酬をいただいているため、無料になります。

Q2.今すぐ転職するつもりはないけど、登録しても大丈夫?

全く問題ありません。登録した約40%の人は転職をせずに、キャリア相談だけをしていると言われています。

Q3.連絡はLINEでできたりするの?

転職エージェント事業者によります。LINE対応を可にしている企業もあれば、メール対応のみの企業もあります。

Q4.キャリア相談や面談は、対面で行うの?

現在、多くの転職エージェントではオンラインツールなどを利用してweb上で面談できるように対応しています。

Q5.転職エージェントを複数登録する事の弊害はないの?

ありません。

複数登録は多くの人がしており、転職エージェント事業者の方も理解があるため、大きな問題はありません。

Q6.地方在住で登録しても大丈夫?

問題ありません。

東京で転職したい場合、転職エージェントが電話やメールなどリモートで求人提案してくれます。

Q7.いつから登録するのがおすすめ?

会社を辞める前にまずは相談するレベルから登録し、求人を見ておく事をおすすめします。

まとめ

転職エージェントは無料で使えるサービスなので、サービス選びで悩みすぎる必要はありません。

「総合型と特化型を併せて使う」という点だけ抑えていただき、あとは気になるサービスをまず利用してみていただきたいです。

転職活動を始めてみた結果として「やっぱり今の会社で頑張ろう」と意思が固まることもあるため、迷っているならばぜひ一歩踏み出してみてください。

\転職エージェントおすすめ3選/
123

リクルートエージェント

リクルートエージェントバナー

公開求人数 約185,000件

doda
dodaバナー

公開求人数 約130,000件

マイナビエージェント
マイナビエージェントバナー

公開求人数 -

※画像は公式サイトから引用(リクルートエージェントdodaマイナビエージェント
※最終更新日:2022年4月

本記事の執筆者について

五十嵐 翔

ナビナビ編集部 五十嵐 翔

「ナビナビ」編集担当。主に転職・キャリア相談に関する記事を編集しています。 キャリアの不安や悩みを解消してもらえるように、悩みを深くまで汲み取った記事を届けてまいります。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

本記事で利用したアンケート調査

転職エージェントの利用度・満足度調査

調査方法インターネット調査
調査対象転職エージェント利用経験がある20歳以上の男女
調査地域全国
調査機関2021年5月18日~2021年5月19日
調査人数1,653人
調査機関Fastask

転職エージェントを利用して失敗したことの調査

調査方法インターネット調査
調査対象転職エージェント利用経験がある20歳以上の男女
調査地域全国
調査機関2021年5月05日~2021年5月28日
調査人数205人
調査機関クラウドワークス

関連記事