Operated by Ateam Inc.

イーデス

ベンチャー転職におすすめの転職エージェント・転職サイト!スタートアップ企業向けランキング

最終更新日:

ベンチャー企業・スタートアップ企業に強いおすすめ転職エージェント&転職サイト
転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

ベンチャー企業向け転職エージェント
おすすめ3選

1

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数を誇る。

ベンチャー・スタートアップ企業の求人が豊富。

20代から50代まで幅広い年代に対応。

2

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア・Webデザイナー専門。

ベンチャー企業の求人が豊富。

経験者向けの優良案件を保有。

3

キープレイヤーズ logo

キープレイヤーズ

ベンチャー・スタートアップの転職支援に特化。

経営者とのコネクションが強い。

LINEでの無料相談が可能。

※画像は公式サイトから引用(リクルートエージェントレバテックキャリアキープレイヤーズ

ベンチャー企業やスタートアップ企業は、転職先として年々人気が高まっています。

しかし、どのようなベンチャー企業の勢いが今伸びているのか、将来性が期待されているスタートアップ企業はどこか、一人の力で情報を集めるのは難しいものです。

ベンチャーやスタートアップへの転職を目指すならば、転職エージェントを活用して情報を集めることをおすすめします。

希望条件別おすすめ転職エージェント


年収アップ・ハイクラス
ビズリーチ

事業を加速させたいハイスキル人材におすすめ!エージェントと併用してスカウト待ちできる

コネクションがない方
キープレイヤーズ

ベンチャー・スタートアップ・成長企業4,000名以上の経営者とのつながりを持つエージェント

ITエンジニア・デザイナー
レバテックキャリア

重要ポジションの求人をチェックできるIT経験者向け転職エージェント

ベンチャーを支える営業・管理部門
doda

幅広い職種・業界の求人を保有!ベンチャー企業やスタートアップ企業も多数あり

※画像は公式サイトから引用(ビズリーチキープレイヤーズレバテックキャリアdoda

ベンチャー・スタートアップ企業に強い転職サービス

転職サービスの種類おすすめな人
大手転職エージェントベンチャ―企業・スタートアップ企業の求人をできるだけ多くチェックしたい
特化型転職エージェントベンチャー転職に精通したアドバイザーからのサポートを受けたい
ハイクラス向け転職サイト・転職エージェントメガベンチャーなどのハイクラス向け求人ベンチャーを探している
転職サイトベンチャー企業の求人情報を気軽にチェックしたい

ベンチャー・スタートアップ企業向け転職エージェントの選び方

  • 求人数が豊富な大手転職エージェントを選ぶ
  • ベンチャー・スタートアップに特化した転職エージェントを選ぶ
  • スカウト型の転職サービスにも登録しておく

また、実際にベンチャーに転職して「よかった」「後悔した」という体験談もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

気になる内容をタップ

ベンチャー企業・スタートアップ転職におすすめの大手転職エージェント人気ランキング

ベンチャー・スタートアップ企業の求人数が充実しており、サポートにも定評のあるサービスをランキング形式で紹介します。

まずは手始めに、この中から自分に合いそうなサービスに登録してみましょう。

ベンチャー・スタートアップ向け大手転職エージェントを比較

サービス名得意分野特徴求人数ベンチャー企業の公開求人数就職者数
※1 事業者合算
転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
1位 リクルートエージェント公式サイト幅広い業界・業種
  • 業界トップクラスの求人数を誇る
  • ベンチャー・スタートアップ企業の求人が豊富
約364,000件+非公開求人
約225,000件

約8,300件

横棒横棒丸丸丸
2位 doda公式サイト幅広い業界・業種
  • 20代利用者の満足度が高い
  • 転職サイトとしても利用可能
239,000件以上
(※非公開求人を含む)

約4,600件

年間31,414人約94%丸丸丸
3位 ワークポート公式サイト

未経験

幅広い業界・業種
IT・Web・ゲーム業界

  • 転職コンシェルジェによる手厚いサポート
  • 地方在住者にも使いやすい
約91,000件
+非公開求人

約1,200件

年間5,408人約95%丸丸バツ
4位 Geekly公式サイトIT・Web・ゲーム業界
スピード内定
(平均30日)
首都圏
  • 大手企業から成長中のベンチャーまで幅広く対応
  • 書類選考免除のスカウトあり
約21,000件
+非公開求人
約2,600件横棒横棒丸丸丸
5位 レバテックキャリア公式サイトITエンジニア・SE、
デザイナー職種
  • 重要ポジションの案件や好待遇の非公開求人が豊富
  • 精度の高い求人紹介に定評あり
約25,000件
+非公開求人
約2,200件年間2,064人約99%丸丸バツ

※2024年2月時点

人気ランキングの根拠について

本ページの人気ランキングの順位は、当サイト内の「アクセス数」と「申込数」を基準にイーデスで独自算出しています。

1位 リクルートエージェント|業界トップクラスの求人数を誇る

リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

成長中のベンチャー企業やスタートアップ企業の求人が充実しており、全国の求人にも対応しています。

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 58万件を超える圧倒的な求人保有数(2024年2月時点)
  • 経歴・スキルを活かせるベンチャー企業を提案してくれる
  • 全国16か所に拠点があるため地方在住者にも利用しやすい

リクルートエージェントは、北海道から九州まで全国各地に拠点を置いているため、都市部だけでなく地方の求人も探しやすいです。

U・Iターン転職の支援にも注力しているので、地方ベンチャーへの転職を検討している方にもおすすめです。

リクルートエージェントの特徴・サービス

得意分野幅広い業界・業種
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング、キャリアプランの提案、応募書類の添削・作成サポート、職務経歴書エディターの利用、面接対策、面接力向上セミナー、面接日程の調整、業界・企業情報の独自分析の提供、給与や条件の交渉代行、退職交渉のアドバイス、入社後のサポート、入社後のキャリアアップ

キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸丸

リクルートエージェントでは、電話・メール・オンラインでの転職支援を実施しているため、面談拠点に足を運ぶことが難しい場合や、仕事が忙しくてまとまった時間が取れない方でも安心して利用できます。

リクルートエージェントの拠点(2023年11月時点)

東京本社、北海道支社 (札幌)、東北支社 (仙台)、宇都宮支社、さいたま支社、千葉支社、西東京支社(立川)、横浜支社、静岡支社、名古屋支社、京都支社、大阪支社、神戸支社、中四国支社 岡山オフィス、中四国支社 広島オフィス、福岡支社

(参照:拠点一覧|リクルートエージェント

なお、リクルートエージェントでは、ITエンジニア向けの転職支援サービスも展開しています。

リクルートエージェントの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたリクルートエージェントの評判・口コミをご紹介します。

リクルートエージェントの良い評判リクルートエージェントの悪い評判
面接の日程調整や書類作成のサポートが助かった期待したような手厚いサポートは得られなかった
求人紹介のおかげで転職の可能性が広がった希望とは異なる求人を紹介された

面接の日程調整や書類作成のサポートが助かった

40代/男性(会社員)

リクルートエージェントを実際に利用した友人から「非常に良かった」という感想を聞いて、それならばという気持ちで利用したのが最初のきっかけでした。

転職サイトには登録して求人を探していたのですが、なかなか希望に合った求人が見つからず焦っていたこともあり、友人も利用したということで安心感もあり、リクルートエージェントを利用しました。

キャリアアドバイザーのサポートの良かったところは、面接のアポを取り日程調整を行ってくれたり、必要になる各書類の作成を手伝ってくれたことでした。

一人でこうした作業をやるのは地味に大変ですので本当に助かりました。

(イーデス調査)

求人紹介のおかげで転職の可能性が広がった

40代/女性(会社員)

紹介された求人が自身の前職のスキルを活かしやすい職種が中心で、興味の持てる、また応募につながるものが多かったです。

自身では想定していない、おそらく個人では探しきれない求人も紹介してくださり、自身の可能性の幅を広げられました。

(イーデス調査)

期待したような手厚いサポートは得られなかった

30代/女性(会社員)

大手さんに任せておけば大丈夫だろうとか、手厚いサポートが受けられるだろうと思って、安易に考えていた私も悪かったのでしょうが…

あまりにも放置プレイが多くて「一体どうなっているのだろう」と本当に会員登録したのかと疑うほどでした。

こちらから質問をしても、メールによる返信も遅いだけでなく、あまりにも抽象的で誰にでも当てはまるような決してこちらが望んでいるような回答や、アドバイスがもらえなかったことも残念な点でした。

(イーデス調査)

希望とは異なる求人を紹介された

20代/男性(会社員)

私の担当アドバイザーの方は、提示していただけた求人情報に偏りがあったように感じました。

当初メーカーへの就職を考えていた私にとって、サービス業界の求人情報をたくさんいただいたときは少し複雑な気持ちになりました。

(イーデス調査)

リクルートエージェントの実績・信頼できる理由

リクルートエージェント 利用者の傾向

就職者数 

※1 事業者合算

非公開
年収アップ成功率

48.2% ※出典:公式サイト

転職先への定着率 ※2非公開

リクルートエージェントは、1977年の創業以来40年以上にわたって人材紹介サービスを行ってきた老舗エージェントです。

転職支援実績の豊富なエージェントのため、各業界の転職事情や企業情報など多くの情報を持っている点が魅力です。

 高野さん

高野さん

リクルートエージェントは、日本ナンバーワンの圧倒的な求人数を誇ります。最も歴史もあり伝統、信頼もあり求人が多い人材紹介会社です。幅広く求人を見たい方におすすめです。

リクルートエージェントに登録する際は、登録フォームに転職にあたっての希望条件や簡単なプロフィールを入力するだけと非常に簡単です。

2位 doda|20代利用者の満足度が高い

doda
(引用元
doda

doda」は、人材業界大手の「パーソルキャリア株式会社」が運営する転職エージェントです。

ベンチャー企業やスタートアップ企業の求人を多く保有しており、ベンチャー転職に関するオンラインセミナーも不定期で開催しているので、ベンチャー企業の転職を検討しているならぜひ参加してみましょう。

dodaのおすすめポイント

dodaは、転職支援を受けられる「エージェントサービス」と、自分自身で自由に求人を検索できる「転職サイト」の両方の機能を持っています。

そのため、本格的に転職活動を始める前にひとまず情報を収集したい方にもおすすめです。

dodaの特徴・サービス


得意分野幅広い業界・業種
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング、キャリアプランの提案、応募書類の添削・作成サポート、職務経歴書作成ツール「レジュメビルダー」、企業への推薦、面接対策、面接力向上セミナー、面接日程の調整、退職交渉のアドバイス、給与や条件の交渉代行、転職イベント・セミナーの開催
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸丸

dodaでは、企業から直接オファーが受けられるスカウトサービスを利用できます。

Web履歴書に興味を持った企業からスカウトが届くため、効率よく条件に合った求人を探せる上、優良ベンチャー企業からのオファーも期待できます。

書類選考を省略できる「面接確約オファー」や、内定の可能性が高い「プレミアムオファー」などもあるため、これまでの経験・スキルを活かせる転職先をお探しの方は、うまく活用して転職成功につなげましょう。

dodaの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたdodaの評判・口コミをご紹介します。

dodaの良い評判dodaの悪い評判
質の高い求人ばかり紹介してくれた幅広い求人を紹介され絞り込むのが大変だった
書類選考通過後の面接対策に満足継続的な転職支援を得られなかった

質の高い求人ばかり紹介してくれた

40代/男性(会社員)

紹介された求人のほとんどが自身の希望条件とマッチしていて、雇用条件も良く質が高かったです。

紹介数が多くても質が悪い求人だと意味がないですし、検討する価値もないので、本当に雇用条件の良い質の高い求人ばかりで助かりました。

(イーデス調査)

書類選考通過後の面接対策に満足

30代/男性(会社員)

応募した求人が書類を通過した場合には、詳細な面接対策・企業紹介のレポートをくれた。

過去の登録者の面接情報をまとめたレポートを開示した面接対策は非常によかったと思う。

(イーデス調査)

幅広い求人を紹介され絞り込むのが大変だった

20代/男性(会社員)

幅広い求人を紹介してくれるので、さまざまな企業を目にできる反面、少し絞り込むのが大変だった。

中には自分の希望にあっていない企業のものも含まれていたので、そういったものがもう少し減るとよいと思いました。

(イーデス調査)

継続的な転職支援を得られなかった

20代/女性(会社員)

次第に連絡の頻度が落ちていき、現状確認だけで終わることも多かったので、継続してしっかりリードしていただけると心強かったなと感じています。

もちろん、連絡をすれば応えてくださるのですが、もう少し頻度を高くして連絡をもらいたかったです。

(イーデス調査)

dodaの実績・信頼できる理由

doda 利用者の傾向

就職者数 

※1 事業者合算

年間31,414人
転職先への定着率 ※2約94%

dodaは、とくに20代の利用者の満足度が高い転職エージェントです。(参照:ORICON

doda 実績 顧客満足度
(引用元
doda

20代の方がベンチャー企業への転職を目指す場合にも、手厚い転職サポートを期待できるでしょう。

会員登録は、Web登録フォームに名前や生年月日、お住まいの都道府県など基本的なプロフィールを入力するだけで完了します。

3位 ワークポート|IT業界専門のコンシェルジュが転職をサポート

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポート」は、幅広い業種・職種の求人を保有する総合型エージェントですが、保有求人の半数以上がIT・Web系の案件です。

IT業界専門のコンシェルジェ(キャリアアドバイザー)のサポートを受けられるため、ITベンチャー企業への転職を目指す方にはとくにおすすめです。

ワークポートのおすすめポイント

  • IT・Web業界への転職支援に強い
  • ベンチャー・スタートアップ企業の求人が充実
  • 全国38か所に拠点があるため地方での転職にも強い

IT・Web・ゲーム業界のベンチャー企業への転職ならば、ワークポートを優先的に利用することをおすすめします。

ワークポートは、業界とのつながりも強く、他社にはない独自の求人案件も多く保有しています。

ワークポートの特徴・サービス


得意分野未経験、幅広い業界・業種
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング、転職セミナー、CUBIC適性検査、職務経歴書作成ツール「レジュメ」、履歴書・職務経歴書テンプレート、応募書類の添削・作成サポート、応募の代行、面接対策、面接後のフィードバック、給与や条件の交渉代行、入社日の調整、退職交渉のアドバイス、入社後のサポート
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸バツ

ワークポートは、全国38か所に拠点を置いています。

ワークポートの拠点所在地(2023年11月時点)

東京本社、札幌、青森、仙台、郡山、茨城、宇都宮、高崎、埼玉、千葉、横浜、新潟、金沢、山梨、長野、岐阜、静岡、名古屋、三重、滋賀、京都、大阪、神戸、姫路、和歌山、岡山、広島、高松、松山、高知、福岡、小倉、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

(参照:面談拠点一覧|ワークポート

各拠点では、対面だけでなく電話やオンラインでの面談も可能です。

そのため、遠方にお住まいの場合や、地方のベンチャー企業へのU・Iターン転職を検討している方にもおすすめです。

ワークポートの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたワークポートの評判・口コミをご紹介します。

ワークポートの良い評判ワークポートの悪い評判
ベンチャー企業の求人が多かった希望する年収を大きく下回る求人を紹介された
今後のキャリアを考慮して求人を提案してくれた担当アドバイザーのレスポンスが遅かった

ベンチャー企業の求人が多かった

20代/女性

優良企業が多く、福利厚生がしっかりしている会社が多いイメージです。

年間休日、各種休暇に関しては一定の条件を満たしておりました。

またベンチャー企業も多く、企業理念がしっかりしており、創業者の考えや価値観を理解しやすかったです。

(イーデス調査)

今後のキャリアを考慮して求人を提案してくれた

20代/男性

こちらの就職条件をしっかりと吟味した上で求人を提案してくれました。

それだけでなく、今後のキャリアを考慮し、自分が成長できる求人や、自分の仕事に対する意識にあった企業の求人、未経験からでも受け入れてくれる求人などを多数出してくれた。

担当の方もとても親切でていねいで、しっかりと話を聞いてくれることが何よりも良いところだと思います。

初めての転職で右も左も分からない中、初めての方は皆さんそうですよ、と励ましてくださり、1からすべきことをしるしてくれてとても気持ちが楽になりました。

(イーデス調査)

希望する年収を大きく下回る求人を紹介された

20歳/男性

希望する年収を大きく下回る求人が多く入っていた。

未経験スタートなので仕方ない部分があるかもしれませんが、意思表示で「興味なし」にしたのに似たような求人を紹介されることが多くありました。

(イーデス調査)

担当アドバイザーのレスポンスが遅かった

30代/女性

最初の電話面談以外は、こちらが個人的に相談したいことに関しても少しアクションが遅いように感じることがありました

電話もつながらない、メールでの連絡も3、4日後ということがあり、その点はもう少しレスポンスを早くしてほしいと思ったことがあります。

(イーデス調査)

ワークポートの実績・信頼できる理由

ワークポート 利用者の傾向

就職者数

※1 事業者合算

年間5,408人
転職先への定着率 ※2約95%

ワークポートは、『GOOD AGENT RANKING ~2023年度上半期~』において、転職決定人数部門の第1位を受賞しています。

20年にわたって人材紹介サービスを行い、これまでに67万人の転職相談に対応してきたため、その実績を活かした手厚いサポートが期待できるでしょう。

公式サイトの「転職成功者の声」にも、ベンチャー企業への転職経験談が掲載されているので、気になる方はチェックしてみてください。

ワークポートへの登録の際は、フォーム上の職歴に関する選択肢を選び、名前や連絡先などの基本情報を入力するだけで完了します。

4位 Geekly|クリエイター転職に強いコンサルタントが在籍

Geekly
(引用元
Geekly

Geekly(ギークリー)」は、IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェントです。

知名度の高い大手から成長中のベンチャーまで幅広い求人を保有しているため、転職の選択肢が広がるでしょう。

Geeklyのおすすめポイント

  • 各職種別の専門コンサルタントがマンツーマンでサポート
  • マッチングの精度が高い求人紹介
  • 平均30日のスピード内定

Geeklyには、職種別にコンサルタントが在籍しているため、専門性の高いサポートを受けられます。

各職種の転職事情を熟知したコンサルタントが、求職者の強みを見抜いて求人を提案してくれるので、よりマッチしたベンチャー求人が見つかる可能性が高いでしょう。

「スキルを最大限に活かせる場所で活躍したい」という方は、Geeklyの利用がおすすめです。

Geeklyの特徴・サービス


得意分野IT業界、ゲーム業界、WEB業界、スピード内定(平均30日)、首都圏
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング、レジュメ作成ツール、応募書類の添削・作成サポート、キャリアプランの提案、企業への推薦、面接対策、給与や条件の交渉代行、入社日の調整、退職交渉のアドバイス、入社後のサポート
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸丸

Geeklyでは、「一次面接確約サービス」を提供しており、利用者の登録情報にマッチする企業がある場合に、面接が確約されたスカウトメールが届きます。

書類選考が免除され、すぐに面接に進めるため、転職活動をスピーディーに進められます。

Geeklyでは、内定までの期間が平均30日というデータもあるので、「すぐにでも転職したい」という方はぜひ活用してみてください。

Geeklyの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたGeeklyの評判・口コミをご紹介します。

Geeklyの良い評判Geeklyの悪い評判
登録後すぐに求人を紹介してもらえた希望条件と異なる求人を紹介された
書類や面接の選考対策が手厚かった大手企業の求人は少ない

登録した数時間後に電話やメールで求人を紹介された

30代/女性

紹介される会社の数が圧倒的だった記憶があります。

基本的な名前や性別などの個人情報を登録しただけなのに、さまざまなゲーム会社を紹介してもらいました。

登録した数時間後には電話があり、業務中に出られなかったのですが、メールで紹介したい会社がありますと言われ数社リストをいただきました。

対応の速さ、紹介される会社の多さに圧倒されました

(イーデス調査)

経験豊富なコンサルタントからのサポートに満足

30代/女性

コンサルタントの方がとても経験豊富で、ご自身の経験も交えていろいろとアドバイスをしてくれた。

また、履歴書対策や面接対策もしっかりと時間をとって、具体的な回答案なども提案してくれた。

忙しい中だったので時短になって助かった。

(イーデス調査)

希望に沿わない求人を多く紹介された

30代/男性

自身の希望していない分野の求人案内がかなり多かったです。

私自身、前職での経歴やこれから需要が見込めるゲーム業界への転職を希望していたのですが、紹介される求人案内の大多数がそういった希望には沿わないものが多かった印象です。

(イーデス調査)

中小企業の求人が多く大手企業は少なめ

30代/女性

大手企業というより下請けの会社やデバック専門などの中小企業の会社が多かったです。

会社名だけを聞いてもピンとこないことが多く、そこがどのくらいの規模で、有名タイトルは何かを聞かなければならず、たくさん紹介してくれるのはありがたいのですが一社一社ここどこ?とサーチするのが手間でした。

(イーデス調査)

Geeklyの実績・信頼できる理由

Geekly 利用者の傾向

就職者数

※1 事業者合算

非公開
年収アップ成功率

81.0% ※出典:公式サイト

転職先への定着率 ※2非公開

Geeklyは、『GOOD AGENT RANKING ~2023年度上半期~』において、満足度・IT・Web部門・総合部門・高年収部門・首都圏部門のすべてで第1位を獲得しています。

IT・Web・ゲーム業界でのベンチャー・スタートアップ転職を目指す方は、ぜひGeeklyに登録しておきましょう。

Geekyへの会員登録は、経験職種や連絡先などフォーム上の質問に答えていくだけと簡単です。

登録後は、1営業日程度で担当コンサルタントから面談の日程調整に関するメールが届きます。

5位 レバテックキャリア|ITエンジニア・Webデザイナーに特化

レバテックキャリア」は、ITエンジニア・Webデザイナー経験者におすすめの転職エージェントです。

ベンチャー企業への転職は、エンジニアやデザイナーにとって技術力とポジションの両方をアップさせる絶好の機会です。

各業界の転職事情に精通したキャリアアドバイザーからのサポートを受けて、企業選考を優位に進めていきましょう。

レバテックキャリアのおすすめポイント

  • ITエンジニア・Webデザイナー向けのベンチャー・スタートアップ求人が充実
  • 現場の雰囲気や労働環境など企業の内情を知ることができる
  • 企業別の選考対策で内定獲得率が上がる

レバテックキャリアは、重要ポジションの案件や好待遇の非公開求人が充実しています。

また、精度の高いマッチングには定評があり、初回の求人提案での内定率が90%というデータを持っています。(参照:レバテックキャリア

エンジニア・デザイナーとしての経験・スキルを活かしてキャリアアップや年収アップを狙う方は、ぜひ求人紹介を受けてみましょう。

レバテックキャリアの特徴・サービス


得意分野ITエンジニア・SE、デザイナー、プロダクトマネージャー、ITコンサル、IT経験者のキャリアアップ・異業界への転職、フリーランス
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング(平日21時迄・土曜日も可)、応募書類の添削・作成サポート、面接対策、給与や条件の交渉代行、入社日の調整、退職交渉のアドバイス、入社後のサポート
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸バツ

レバテックキャリアは業界のトレンドや企業側のニーズを把握しているため、応募企業に合わせて適切な選考対策を行えます。

とくにベンチャーやスタートアップ企業が公開している情報は限られているため、レバテックキャリアを活用したほうが、自分一人で情報収集を行うよりも多くの情報を集められるでしょう。

また、レバテックキャリアは、平日夜間や土曜日の面談にも対応しています。

レバテックの面談対応時間

  • 平日 10:00~21:00(20:00開始が最終)
  • 土曜日 10:00~17:00(16:00開始が最終)

そのため、仕事が忙しく転職のための時間をなかなか取れない方でも利用しやすいでしょう。

レバテックキャリアの評判・口コミ

当サイトが独自調査やネット上で集めたレバテックキャリアの評判・口コミをご紹介します。

レバテックキャリアの良い評判レバテックキャリアの悪い評判
紹介求人の質にも量にも満足できたアドバイザー間の情報共有ができていないと感じることがあった
担当アドバイザーの転職サポートが熱心だった担当アドバイザーの押しが強かった

紹介された求人の質が良かった

40代/男性

レバテックキャリアで紹介された求人の質や量は、個人的には満足いくものでした。

質に関しては有名企業の求人もあり良かったですし、ひとつひとつの求人の条件内容も福利厚生はしっかりとしていて給与や休日等も条件の良いものでした

量に関しても、多数の会社を比較できるほどの十分な量だったので良かったです。

(イーデス調査)

担当アドバイザーのおかげでスムーズに転職活動を行えた

40代/男性

担当になったキャリアアドバイザーの対応は非常に良かったです。

終始転職活動のサポートを熱心にして下さり、必要書類作成も手伝ってくれて、模擬面接もしてくださいました

おかげさまでスムーズに転職活動が行えて、とても満足できました。

(イーデス調査)

アドバイザー間の情報共有ができていないと感じることがあった

匿名

(前略)LINEでコミュニケーションを取る際、担当以外の方からも連絡がくることがありサービスを受ける側としては下記2点不便に感じたので星4つとさせていただきます。

  • 誰からのメッセージか不明
    ※担当の方からのメッセージは末尾に名前が記載されている
  • 連絡をしてくださる方々の情報共有がされていない時がある

(引用:Google Map

担当アドバイザーの押しが強かった

匿名

案件はすごくよかったんだけど、担当の「俺の紹介で決めてくれ感」が強すぎて、電話とかすごい迫力で嫌だった。

時間が経てば経つほど圧迫感が強くなっていて後半はもう電話に出たくなかった。

もうちょっとのびのびやらせてもいいのかなと思う。(後略)

(引用:Google Map

レバテックキャリアの実績・信頼できる理由

レバテックキャリア 利用者の傾向
年収アップ成功率

80.0% ※出典:公式サイト

転職先への定着率 ※2約99%

レバテックキャリアは、求人紹介において利用者の満足度が94%と非常に高いです。(参照:レバテックキャリア

そのため、エンジニアやデザイナーの方がベンチャー企業への転職を目指すなら、優先的に登録しておくことをおすすめします。

転職目的とスキルセットに合わせた最適な求人を紹介されるので、入社後のギャップも避けられるでしょう。

高野さん

レバテックキャリアは、エンジニアを中心に圧倒的な過去実績を誇り、求人も豊富です。
エンジニア転職の第一想起と言ってもよい転職エージェントです。

会員登録は、フォーム上の質問に答えていくだけです。

登録の際は、「転職したい」と「情報収集したい」のどちらかの意思表示ができるため、担当アドバイザーとのやりとりもスムーズに行えるでしょう。

ベンチャー転職に強い転職エージェントの選び方

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を目指す場合は、いくつかの転職エージェントを併用して多角的に情報を集めることがおすすめです。

ここでは、ベンチャー転職向けの転職エージェントを選ぶ方法を詳しく解説します。

ベンチャー転職に強い転職エージェントの選び方

求人数が豊富な大手転職エージェントを選ぶ

人材業界でトップクラスの求人を保有する大手転職エージェントは、ベンチャー企業の求人も多く保有しています。

そのため、優先的に登録してより多くの求人情報を確認し、転職の選択肢を広げることをおすすめします。

実際に当サイトでベンチャー企業の求人数を調査したところ、「リクルートエージェント」では約8,200件、「doda」では約4,800件の公開求人が掲載されていました。(2024年2月時点)

大手転職エージェントは、メガベンチャー求人を保有しているケースも多いため、チェックしてみるとよいでしょう。

ベンチャー・スタートアップに特化した転職エージェントを選ぶ

ベンチャー転職を目指すなら、特化型転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

なぜなら、ベンチャー企業とのつながりが太いため情報量が多く、専門性の高いアドバイスを得られるからです。

とくに、ベンチャーやスタートアップ企業では公式ホームページが存在しない場合もあり、一般公開されている情報が少ないため、特化型エージェントの利用は企業の情報収集にも有効です。

キャリア相談やオンラインイベントなども頻繁に行われるため、積極的に参加するとよいでしょう。

スカウト型の転職サービスにも登録しておく

経験やスキルを存分に活かしたい方には、スカウト型の転職サービスに登録しておくことをおすすめします。

基本的なプロフィールや職務経歴を登録しておくだけで、ベンチャー企業やヘッドハンターから直接スカウトが届くので、自分の市場価値を知ることにも役立ちます

また、自分では思いつかなかったような仕事が見つかったり、思わぬ好条件のオファーが届くこともあるため、スカウト型転職サービスを利用するメリットは大きいでしょう。

転職活動を始める際には、「ビズリーチ」や「リクルートダイレクトスカウト」といったスカウト型の転職サービスにも登録し、どのようなベンチャー企業からスカウトが届くかを確認してみてください。

とくに、実績が豊富なハイクラス人材の方には、ヘッドハンティング型の転職サイトの利用を強くおすすめします。

ベンチャー・スタートアップ転職の特化型転職エージェント・転職サイトを徹底比較

ベンチャー企業やスタートアップに特化した専門の転職エージェントは、大手の総合型エージェントと比べて保有求人数は多くありませんが、自分の希望に合う企業に的を絞った転職活動を行えます。

ベンチャー・スタートアップ特化型転職エージェントを比較

サービス名対象年齢特徴求人数キャリア相談求人の提案スカウト機能
キープレイヤーズ
公式サイト
全年代
  • 4,000社以上の経営者とのコネクション
  • 精度の高いマッチングに定評あり
非公開丸丸バツ
Goodfind Career
公式サイト
全年代
  • 厳選企業150社による求人募集
  • 社員数名のスタートアップから上場ベンチャーまで幅広く対応
横棒丸丸バツ
プロコミット公式サイト全年代
  • メガベンチャーの求人も保有
  • 質の高いキャリアコンサルタントが在籍
約330件
+非公開求人
丸丸バツ
アマテラス公式サイト20代後半~30代前半がメイン
  • 創業フェーズの企業が中心
  • 8割の利用者がスカウトをきっかけに転職
横棒バツバツ丸

※2024年2月時点

キープレイヤーズ|専門性の高いサポートが魅力

キープレイヤーズ」は、転職業界での知名度が高い高野秀敏さんが代表を務めるベンチャー専門の転職エージェントです。

転職者のキャリアに寄り添った質の高い転職サポートを提供しているため、ベンチャー企業を目指すすべての方におすすめのサービスです。

キープレイヤーズのおすすめポイント

  • 代表である高野さんの経験・実績に基づくていねいなマッチング
  • 第二新卒のベンチャー転職にも注力
  • オンラインコミュニティ「ベンチャー・スタートアップサロン」を運営

代表を務める高野さんは、ベンチャー・スタートアップ・成長企業における4,000名以上の経営者とのつながりを持ち、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資なども行っています。

ベンチャー企業の経営者とコネクションが強く、信頼も厚いため、高野さんの推薦を受けて応募できること自体が、選考の通過率などにもプラスに影響するでしょう。

キープレイヤーズの特徴・サービス

Keyplayers 利用者の傾向

就職者数 

※1 事業者合算

非公開
転職先への定着率 ※2非公開

キープレイヤーズは、「ベンチャー・スタートアップサロン」というオンラインコミュニティを運営しています。

最新の人事トレンドやキャリアアップ転職のポイントなどの情報を得られるため、情報収集の場を探している方は積極的に参加してみましょう。

キープレイヤーズの評判・口コミ

当サイトがネット上で集めたキープレイヤーズの評判・口コミをご紹介します。

キープレイヤーズの良い評判キープレイヤーズの悪い評判
高野さんとの話が勉強になった
経営者からの信頼が厚いので採用が決まりやすい

高野さんとの話が勉強になった

匿名

別に転職を今すぐ検討している訳ではないのですが、今後のキャリア形成のために先輩に紹介いただいてキープレイヤーズ高野さんとお話ししたら大変勉強になった、、!!

転職検討している方も、今すぐ転職はしないがスタートアップに興味がある人も、ぜひ一度お問合せしてみてくださいー!

(引用:X

経営者からの信頼が厚いので採用が決まりやすい

匿名

転職活動をするにあたり、キープレイヤーズの高野さんには大変お世話になりました。

エージェントさんとしてだけではなく、ご自身の経営者や投資家の目線からもアドバイスいただきました。

経営者からの信頼も厚く、「高野さんが紹介してるなら間違いない。」と何度も言っていただきました。

(引用:X

キープレイヤーズの実績・信頼できる理由

Keyplayers 利用者の傾向

就職者数 

※1 事業者合算

非公開
転職先への定着率 ※2非公開

キープレイヤーズの代表取締役である高野さんは、これまでに11,000人以上のキャリア面談実績を持っています。

スタートアップ・ベンチャー転職のメリットだけでなく、リスクやデメリットも客観的かつ正直に伝えてくれるので、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。

LINEでの無料相談にも対応しているので、本格的に転職活動を始める前に気軽に相談してみましょう。

また、キープレイヤーズの公式サイトには、高野さんのコラム記事も掲載されているため、転職活動時に確認しておくのがおすすめです。

たとえば、「大企業からスタートアップ転職する際、90%の人が陥る7つの後悔と失敗」の記事では、大手からベンチャーに転職する際に起こりやすい失敗などがまとめられています。

高野さん

キープレイヤーズではスタートアップ、ベンチャー企業の経営者と4,000社以上ダイレクトでつながっているのが強みです。
代表の私が20年以上の人材紹介の経験と実績をもとにていねいにマッチングしております。
役員や投資家として4回ほどすでに上場。エンジェル投資の実績からも、成長する企業のミキワメが得意です。

キープレイヤーズに登録する場合は、LINEやFacebookなどのSNSから申し込むことでスピーディーな返信を期待できます。

Goodfind Career|優良ベンチャー企業のみを紹介

GoodfindCareer
(引用元
GoodfindCareer

Goodfind Career」は、独自に厳選した優良ベンチャー企業だけを紹介してくれる転職エージェントです。

今後高い成長率が期待できる市場を選定した上で、マーケットでのポジションやビジネスモデルをはじめ、経営者の人柄や差社内の雰囲気といったさまざまな要素から、紹介企業を絞り込んでいる点が魅力です。

Goodfind Careerのおすすめポイント

  • 厳選した150社のスタートアップ・ベンチャー企業の求人を紹介
  • 転職を前提としないキャリア相談を歓迎
  • Goodfind Career独自の求人も豊富

Goodfind Careerでは、転職を前提としないキャリア相談を歓迎しています。

キャリア相談の解決方法が「転職」だけではないので、自分が求めるキャリアのために何をすべきかを知りたい方におすすめです。

公式サイトによれば、キャリア相談後に転職したり、現職を続ける決意をする方もいれば、Goodfind Careerから投資家を紹介されて起業する方もいます。

Goodfind Careerの特徴・サービス 

Goodfind Careerは、小規模のスタートアップ企業から上場ベンチャー企業まで幅広い求人を保有しています。

また、ベンチャーの経営陣と経営戦略・事業計画を共有しながら、採用する人材について一緒に考えるスタイルをとっているため、他の転職エージェントや企業の採用ページにも載っていない求人情報の紹介が可能になります。

GoodfindCareerならではの独自求人が多いので、ぜひ求人紹介を受けてみましょう。

Goodfind Careerの評判・口コミ 

当サイトがネット上で集めたGoodfind Careerの評判・口コミをご紹介します。

Goodfind Careerの良い評判Goodfind Careerの悪い評判
自分に合った企業を提案してくれた

自分に合った企業を提案してくれた

匿名

転職する時に、Goodfind Careerが一番あっている企業をちゃんと提案してくれた(今いるとこもそこ紹介)

(引用:X

Goodfind Careerの実績・信頼できる理由

Goodfind Careerは、自信を持って紹介できる企業のみを厳選しています。

市場の将来性や、経営メンバー、会社のカルチャーなどのさまざまな観点から見て成長が見込める優良企業を取り扱っています。

また、Goodfind Careerでは、ベンチャー・スタートアップ転職に役立つコラムを掲載しており、中でも「ベンチャー転職バイブル」や「ベンチャー転職1年目の教科書」は、ぜひ目を通してみることをおすすめします。

Goodfind Careerへの登録は、公式サイトトップページのフォームに基本的なプロフィールと学歴・職歴などを入力するだけです。

プロコミット|キャリアアドバイザーの質に定評あり

プロコミット
(引用元
プロコミット

プロコミット」は、ベンチャー・スタートアップ企業に転職してキャリアアップしたい方におすすめの転職エージェントです。

大手の転職エージェントでもベンチャーやスタートアップの求人紹介を受けられますが、より専門的なサポートを希望するならば活用することをおすすめします。

プロコミットのおすすめポイント

  • 創業間もないスタートアップから上場したメガベンチャーまで幅広い求人に対応
  • 受賞歴や資格を持つコンサルタントが転職をサポート
  • 転職希望者のポテンシャルを引き出す求人紹介が魅力

プロコミットのキャリアコンサルタントは、ベンチャー企業のビジネスモデルや経営課題まで把握しているため、求職者の経歴や要望にマッチした企業を厳選してくれます。

ベンチャー企業へのさまざまな転職支援事例を持っているので、気になる方は確認してみましょう。

プロコミットの特徴・サービス


得意分野ベンチャー、スタートアップ
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング(電話・Web)、キャリアプランの提案、企業への推薦、勤務条件の交渉、面接日の調整、面接対策、職種別キャリアガイドの提供、退職交渉のアドバイス
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸バツ

プロコミットは、ベンチャー・スタートアップ企業とのつながりが強いため、最新の企業情報を把握しています。

ベンチャー企業は変化が激しく、応募する際には企業の状況などを詳しく知っておく必要があるので、プロコミットから細かなアドバイスをもらいましょう。

プロコミットの評判・口コミ

当サイトがネット上で集めたプロコミットの評判・口コミをご紹介します。

プロコミットの良い評判プロコミットの悪い評判
信頼できるエージェントに出会えた面談時に確認した内容と実際の年収に相違があった
アドバイザーが親身に対応してくれた

信頼できるエージェントに出会えた

匿名

(前略)エージェントの方に、業界やそこで得られる自身のキャリアについて沢山勉強させて貰った。

次の転職の際も同じエージェントの方に相談。

そんな関係が築けた。

(引用:X

アドバイザーが親身に対応してくれた

匿名

(前略)とても親身になってくださったエージェントでした。

小さな超マイナーな会社なので求人数は少ないかと思いますが、大量に送り付けて受けさせるというようなこともなく、説明も丁寧にしてくださいました。

紹介されていない会社でも、この会社気になると伝えれば調べていただけますし、エージェントを使用してもじっくり転職活動できたと思います。

(引用:Google Map

面談時に確認した内容と実際の年収に相違があった

匿名

(前略)オファー面談やエージェントとの最終面談ではボーナスは3か月出ると言われ(口頭のみ)、給与もあがったのでトータルの年収は上がる見込みで転職しました。

ただ、実際に内定先に数年間務めましたが、ボーナスが出たのはその数年で2か月分程度でした。

本当に後悔しかありません。(後略)

(引用:Google Map

プロコミットの実績・信頼できる理由

プロコミット 利用者の傾向

就職者数

※1 事業者合算

非公開
転職先への定着率 ※2非公開

プロコミットのキャリアコンサルタントは、リクルート主催の「GOOD AGENT AWARD」や、ビズリーチ主催の「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」などで高い評価を得ており、サポート力に定評があります。(参照:NEWS|プロコミット

また、専任のコンサルタントだけでなく、プロコミットに在籍するコンサルタント全員がひとつのチームとして転職を支援してくれます。

そのため、ベンチャー転職に関する知識の少ない方でも安心して転職活動に臨めるでしょう。

プロコミットを利用したい方は、まずは公式サイトから「無料転職相談」を申し込んでください。

登録フォームに簡単なプロフィールや職歴などの必要事項を入力するだけで、申し込みが完了します。

アマテラス|厳選したスタートアップ企業を紹介

アマテラス ベンチャー スタートアップ
(引用元
アマテラス

アマテラス」は、優良スタートアップ企業とスタートアップ幹部を目指す人材を直接つなげる、ダイレクトリクルーティングサービスです。

マネージャー・幹部候補となる20代後半~30代前半の利用者が多く、そのほとんどがマネージャー以上の経験者です。

アマテラスのおすすめポイント

  • 事業内容・ビジネスモデル・経営者の人間力で紹介企業を厳選
  • 企業から直接スカウトが届く
  • プレミアム会員は企業への直接応募が可能

アマテラスに登録すると、厳選されたスタートアップ企業から直接スカウトを受けられます。

取り扱う求人は、経営者直下のCXO、マネージャーといったコアメンバーポジションが中心であり、職種は事業開発、マーケ、エンジニア、財務・経理など多岐にわたります。

とくに、創業フェーズの企業の求人に強みを持っているため、創業5年以内・社員数50名以下のシード・アーリー・ミドルステージのスタートアップ企業を目指す方におすすめです。

アマテラスの特徴・サービス 

アマテラスへの登録後に、スタートアップ・ベンチャーで経営幹部および候補人材として活躍できる判断された場合、通常の会員からプレミアム会員にアップグレードします。

会員・プレミアム会員ともに利用料金は無料ですが、プレミアム会員になることで利用できるサービスの幅が広がります。

たとえば、求人情報を見て気になる企業に直接応募できたり、AI面談による企業紹介を受けられる点は大きなメリットです。

なお、プレミアム会員の審査には、職務要約・過去5年以上の職務経歴情報の入力が必要です。

アマテラスの評判・口コミ 

当サイトがネット上で集めたアマテラスの評判・口コミをご紹介します。

アマテラスの良い評判アマテラスの悪い評判
興味深い企業が多かった
プレミアム会員にアップグレードされていた

興味深い企業が多かった

匿名

シードからアーリーステージのスタートアップへ転職検討しているならアマテラスは登録しておこう。

掲載企業も面白そうなところ多いし紹介記事も面白い。

思わずジョインしたくなる企業多い。

(引用:X

プレミアム会員にアップグレードされていた

匿名

スタートアップ転職のアマテラスというサービス登録したら、自動でプレミアム会員にアップグレードされてた。

説明読んだら自己肯定感高まりそうなこと書かれてて嬉しい。

せっかくだししっかりサービス活用してみようかしら。

(引用:X

アマテラスの実績・信頼できる理由

アマテラスでは、スタートアップやベンチャー経営者を実際に面接し、志やビジネスモデルを確認しています。

厳しい審査を通過した企業の求人のみを掲載しているため、初めてのスタートアップ・ベンチャー転職に臨む方でも安心して利用できるでしょう。

なお、アマテラス代表取締役CEOの藤岡清高さんは、『スタートアップ「転職×副業」術』という著書を出版しています。

アマテラス スタートアップ「転職×副業」術
(引用元
X

スタートアップ企業についての入門書と言えるため、スタートアップ転職や副業を検討中の方はぜひ参考にしてみましょう。

アマテラスの登録は、公式サイトの新規会員登録フォームへの入力のほかに、Google・Facebook・LinkedInのアカウントを利用することも可能です。

メガベンチャーへの転職におすすめのハイクラス向け転職サービスを徹底比較

さらなるキャリアアップ・年収アップを目指す方は、メガベンチャーへの転職にもおすすめのハイクラス向け転職サイト・転職エージェントをご活用ください。

ベンチャー転職・ハイクラス向け転職サービスを比較

サービス名サービスの種類特徴求人数ベンチャー企業の求人数キャリア相談求人の提案スカウト機能
ビズリーチ公式サイトヘッドハンティング型転職サイト
  • 年収800万円以上の案件が豊富
  • より多くのスカウトを受けられる有料プランあり
約106,000件+非公開求人約3,400件丸丸丸
リクルートダイレクトスカウト公式サイトヘッドハンティング型転職サイト
  • 完全無料のスカウト型転職サービス
  • 年収800万円〜2,000万円の求人多数

約221,000件+非公開求人

※リニューアルにより順次求人追加中

約10,200件丸丸丸
LHH転職エージェント公式サイト転職エージェント
  • ハイクラス層の転職支援に強い
  • 外資系ベンチャー企業への転職事例あり
約17,000件+非公開求人約2,000件丸丸バツ
クライス&カンパニー公式サイト転職エージェント
  • ミドル層のマネージャー以上の支援に強みあり
  • IT・コンサルティング業界における支援実績が豊富
約8,000件+非公開求人 約18,000件約100件丸丸丸

※2024年2月時点

ビズリーチ|ハイキャリア人材向けの高年収求人が豊富

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

ビズリーチ」は、国内最大級のヘッドハンティング型転職サイトで、すべての年代のハイクラス人材におすすめのサービスです。

事業を加速させるにあたって先導役となる人材を求めるスタートアップ企業の求人や、高年収が期待できるメガベンチャーの求人も保有しているため、ぜひ活用してみましょう。

ビズリーチのおすすめポイント

  • 年収1,000万円を超える求人が3分の1以上
  • 企業やヘッドハンターから好条件のスカウトが届く
  • 確認できるスカウト数が増える有料プランあり

(参照:ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス転職に特化しており、経営幹部・管理職などのプロフェッショナル人材向けの高年収求人を多数保有しています。

利用者の経歴に興味を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届くため、自身の市場価値を測りたい方にもおすすめです。

ビズリーチの特徴・サービス


得意分野ハイクラス
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング(Web)、応募書類の添削・作成サポート、面接日程の調整、面接対策、入社日の調整、給与や条件の交渉代行、内定承諾時のお祝い、複数の転職エージェントやヘッドハンターと面談可能
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸丸

ビズリーチは無料での利用も可能ですが、有料プランを利用するとさらに多くのハイクラス案件のスカウトが受けられます。

プラン別|ビズリーチで利用可能なサービス

無料プラン
  • 求人の検索・閲覧(企業名を除く)
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトのみ閲覧・返信
有料プラン
(プレミアムステージ)
  • Web決済料金:30日間コース 5,478円(税込)※一括払い
  • すべての求人の検索・閲覧・応募
  • すべてのスカウトの閲覧・返信
  • ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用

(参照:ご利用ガイド|ビズリーチ

プレミアムステージの利用は30日単位であり、解約や再購入は自由に行えます。

転職活動を始めるにあたっての自己分析の一環として、どのようなスカウトが届くかを確認してみるとよいでしょう。

ビズリーチの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたビズリーチの評判・口コミをご紹介します。

ビズリーチの良い評判ビズリーチの悪い評判
有料サービスの利用価値が高い希望にマッチした求人が見つからなかった
ヘッドハンタ―の質が良い求人のレベルが高すぎた

有料サービスの利用価値が高いと感じた

30代/女性(会社員)

ビズリーチのプレミアステージ(有料会員)に申し込むと、全求人を検索できたり、全スカウトに返信・受信できる点がいいと思いました。

サービスの質が高いほど、より質がいい求人やマッチング率の高い求人が多い印象でしたので、利用する価値はあると思いました。

(イーデス調査)

質の良いリクルーターを探しやすい

30代/女性(会社員)

実績のあるリクルーター(転職活動の支援者)は、利用者のアンケートデータや実績をもとに5段階評価で可視化できるので、転職サポートを依頼する際に分かりやすくて安心感がありました。

(イーデス調査)

希望とかけ離れた求人が送られてきた

30代/男性(会社員)

最初のうちは個別の希望条件にマッチするような案件が多く含まれていました。

そのうちに、段々と希望とかけ離れたような求人も多く送られてくるようになり、最後は登録している方に送信する「一斉送信メール」のような形になりました。

(イーデス調査)

レベルの高すぎる求人を紹介された

30代/女性(会社員)

自分のレベル感が紹介された求人と合わないことがあり、苦しい思いをしました。ビズリーチは「ハイクラス」といったキャッチコピーがあるからかもしれませんが…

(イーデス調査)

ビズリーチの実績・信頼できる理由

ビズリーチ 利用者の傾向

就職者数 

※1 事業者合算

非公開
転職先への定着率 ※2非公開

ビズリーチでは、20代から50代まで幅広い世代に対応しており、さまざまな職種においてベンチャー企業への転職支援実績を持っています。(参照:転職成功談|ビズリーチ

これまでの経歴やスキルを活かしてベンチャーやスタートアップ企業で活躍したい方は、ぜひ登録してスカウトを受けてみてください。

高野さん

ハイクラス転職の新しいスタンダードといえばビズリーチ。
転職サービスの新興勢力の中では最も勢いがあります。
求人数も多い。ダイレクトもあればエージェントの案件もあります。

ビズリーチを利用する際は、メールアドレスでの登録のほかに、Facebook・Google・LinkedIn・Yahoo! JAPANのアカウントを利用して簡単に登録できます。

リクルートダイレクトスカウト|完全無料のヘッドハンティング型サービス

リクルートダイレクトスカウト」は、ハイクラス求人に特化したヘッドハンティング型転職サービスです。

「自分自身の市場価値を知ることができる」「自分では考えつかなかったような企業を紹介される」など多くのメリットがあるため、ハイクラス転職を目指すなら上手に活用することをおすすめします。

中規模のベンチャー企業からメガベンチャーまで幅広い求人を保有している点も魅力です。

リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント

リクルートダイレクトスカウトは、多くの優秀なヘッドハンターと提携しており、スカウトを受けた後はヘッドハンターから直接転職支援が受けられます

そのため、選考対策や条件交渉に不安のある場合でも、安心して転職活動を始められるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの特徴・サービス


得意分野ハイクラス、管理職・エグゼクティブ、幅広い業界・業種
対象年齢全年代
転職支援サービスヘッドハンターによる仕事の提案、業界情報の提供
キャリア相談求人提案スカウト機能
バツ丸丸

リクルートダイレクトスカウトに登録すると、利用者の経歴をまとめた情報(レジュメ)が企業やヘッドハンターに公開されます。

ハイクラス求人は一般公開されないケースが多いため、スカウトサービスを利用して求人情報を集める必要があります。

企業の採用担当者やヘッドハンターの目に留まりやすくするためには、レジュメに書かれた経験や実績、アピールポイントなどをできるだけ細かく記載し充実させましょう。

なお、レジュメは匿名であり、特定の企業に対して非公開にもできるため、勤務先に知られることなく転職活動を行えることも大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたリクルートダイレクトスカウトの評判・口コミをご紹介します。

リクルートダイレクトスカウトの良い評判リクルートダイレクトスカウトの悪い評判
リクルーターから頻繁に声がかかる現在の年収が低いと利用しにくい
転職先を検討する際の視野が広がったヘッドハンターの質が悪い場合もある

面談を申し込んでくれる頻度が高い

40代/男性(会社員)

他の大手とは違う案件があるのではと思い登録。

かなりの頻度でリクルーターの方が面談を申し込んできてくれる点が良かったです。

本気で職を探しているときは非常にありがたかったです。

(イーデス調査)

ジョブクリエイト型のリクルーターと出会えた

40代/男性(会社員)

マッチング形式だけでは無く、ジョブクリエイト型のリクルーター(またはその組織)と出会えたことが面白かった。

結局それを利用しての転職には至らなかったが、利用する側もおもしろいし、リクルーター側もクリエイティブになれて良いのではと思いました。

(イーデス調査)

転職前の年収が600万円以下では利用が難しい

30代/男性(会社員)

求人は最低年収600万円を想定したもので、この数字をかなり下回る人に取っては、利用が難しいサービスになっています。

(イーデス調査)

粗悪なサービスを行うリクルーターもいる

40代/男性(会社員)

リクルーターやその方々が所属するオーガニゼーションの体質もいろいろあるのでしょうが、中にはごく稀に粗悪と言わざるを得ないサービス内容で、事業展開されている会社さんもあるんだなと思いました。

100%そういった会社を排除するのは難しいとは思うものの、できる限りのフィルタリングは運営側にぜひお願いしたいです。

(イーデス調査)

リクルートダイレクトスカウトの実績・信頼できる理由

リクルートダイレクトスカウト 利用者の傾向

就職者数 

※1 事業者合算

非公開
転職先への定着率 ※2非公開

リクルートダイレクトスカウトは、利用者から高い評価を得ているスカウトサービスです。

オリコン顧客満足度調査「転職スカウトサービス」部門においても、2022年から2年連続1位を獲得しています。(参照:ORICON

リクルートダイレクトスカウトへの登録は、メールアドレスとパスワードを入力するだけで完了します。

すぐに転職する予定が無くても登録可能なので、高年収求人に巡り合うチャンスを期待していつでも転職できるように登録しておきましょう。

LHH転職エージェント|各業界・職種専門のコンサルタントが在籍

LHH転職エージェント(旧Spring転職エージェント)」は、世界最大級の総合人材サービス企業「アデコグループ」が運営する転職支援サービスです。

外資系企業や大手グローバル企業の求人紹介が得意であり、ベンチャー転職においてはとくにIT・Web業界に強みを持っています。

LHH転職エージェントのおすすめポイント

  • 外資系ベンチャー企業の求人も保有
  • 職種や産業・業界に特化したコンサルタントによる専門性の高いサポート
  • 最新の求人ニーズや業界動向などの情報収集が可能

LHH転職エージェントのコンサルタントは、職種別の担当制になっており、さらに産業や業界ごとのチームに細分化するという体制をとっています。

特定の領域に特化したコンサルタントが、市場価値を判断した上で求人を提案してくれるため、求人紹介の精度が高くなります。

幅広い業界・職種の外資系求人を保有しており、独自求人も豊富なので、ぜひ求人紹介を受けてみましょう。

LHH転職エージェントの特徴・サービス


得意分野幅広い業界・業種、ハイクラス、ミドルクラス
対象年齢全年代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング、理想の職場診断、キャリアプランの提案、応募書類の添削・作成サポート、面接対策、面接対策講座、面接日程の調整、応募・推薦手続きの代行、面接日程の調整、面接日程の調整、退職交渉のアドバイス・サポート
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸バツ

LHH転職エージェントでは、ひとりのコンサルタントが人材を求める企業と候補者の両方を担当する「360度式コンサルティング」を採用しているため、ミスマッチが起こりにくく、ポイントを押さえた選考対策が可能になります。

とくに初めての転職を目指す方にとっては心強いサポートとなり、安心して選考に臨めるでしょう。

LHH転職エージェントの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたLHH転職エージェントの評判・口コミをご紹介します。

LHH転職エージェントの良い評判LHH転職エージェントの悪い評判
レベルアップできる求人を紹介してくれた内定を辞退しようとしたら引きとめられた
求人数がとにかく多く、興味深い求人も少なくない求人の情報提供が不十分だった

レベルアップできる求人を紹介してくれた

30代/男性(会社員)

自分の今までやってきたことが発揮、レベルアップできそうな求人を中心に紹介してきた点が良かった。

一般的なサイトだとあまり一人一人へのケアができないのか、あまり自分が求めていないような求人も紹介してくることが多かったので、その点は良かったと思う。

(イーデス調査)

求人数がとにかく多く、興味深い求人も少なくない

30代/女性(会社員)

求人数がとにかく多いです。

また、開拓経路が日系のエージェントと異なるのか、おもしろい事業をやっているベンチャーや中小企業を紹介されたりして、面接に行くだけでもおもしろいなと思うこともありました。

農作業用の機械のメーカーや、アーティストのチケット物販会社などいろいろな会社があって面白かったです。

(イーデス調査)

内定を辞退しようとしたら引きとめられた

30代/女性(会社員)

外資系のエージェントですので、日系よりも営業数字に厳しいようです。

そのため、内定を複数もらったのですが、そのうちの一社の内定を辞退しようとしたときに引きとめにあいました

自身の営業数字のための引きとめであることが露骨に分かるやり方で、多少強引だったことがそれまでのサポートが良かっただけにとてもがっかりしました。

(イーデス調査)

求人の情報提供が不十分だった

20代/女性(会社員)

あまり求人数の多くない業界での転職活動だったので、求人は持っていても内容を良く把握していなかったり、情報不足で転職サポートができないような求人も紹介されました。

「面接で確認してきてください」と言われて、エージェントを利用している意味がないと思いました。

(イーデス調査)

LHH転職エージェントの実績・信頼できる理由

LHH転職エージェント 利用者の傾向

就職者数

※1 事業者合算

年間2,505人
転職先への定着率 ※2約97%

LHH転職エージェントを運営するアデコグループは、1957年の設立以来、世界60の国と地域において実績と信頼を培ってきました。

さまざまな国籍のコンサルタントが在籍しているため、海外の文化や慣習などを踏まえた上で、外資系ベンチャー企業への転職もサポートしてくれるでしょう。

LHH転職エージェントは、ベンチャー企業への転職支援に注力しているので、転職先を決める際の情報収集や転職相談の機会として活用することをおすすめします。

会員登録は、名前・生年月日と連絡先を記入するだけと簡単です。

クライス&カンパニー|30代以上のマネージャー・経営幹部クラスの転職に強い

クライス&カンパニー」は、約30年にわたりハイクラス転職に特化したサポートを行っている転職エージェントです。

とくに、30代~40代のマネージャーから経営幹部クラスの転職サポートを得意としているので、ベンチャー企業で活躍したいミドル層の方におすすめのサービスと言えます。

クライス&カンパニーのおすすめポイント

  • 年収800万円以上のハイクラス案件に特化
  • マネージメントクラスの転職成功実績が豊富
  • 中長期のキャリアプランの相談が可能

クライス&カンパニーを通して採用が決定した方の約79%が30~40代で、特に現場のマネージャー層の転職実績が豊富です。(参照:クライス&カンパニー

また、経営幹部やコンサルタント向けの高年収求人も数多く保有しており、年収1,200万円を超えるケースも少なくありません。

求人の傾向としては、IT・コンサルティング業界の求人が多く、支援実績も豊富です。

クライス&カンパニーの特徴・サービス


得意分野経営幹部、コンサルタント、ハイクラス、未経験業界への転職
対象年齢全年代、20代、30代
転職支援サービス個別相談・カウンセリング、中長期的なキャリアプランの提案、応募書類の添削・作成サポート、面接対策、面接日程・内定時期の調整、条件交渉、退職手続きのアドバイス、入社日の調整、入社後フォロー
キャリア相談求人提案スカウト機能
丸丸丸

クライス&カンパニーのコンサルタントは、年間100時間以上の研修を受けており、コンサルティング力が高いことに定評があります。

アドバイザーの多くが「キャリアコンサルタント」の国家資格や、数ある世界のキャリア関連資格の中でも信頼と歴史のある「GCDF」を取得しているため、質の高い転職サポートを期待できるでしょう。

クライス&カンパニーの評判・口コミ

当サイトが独自調査やネット上で集めたクライス&カンパニーの評判・口コミをご紹介します。

クライス&カンパニーの良い評判クライス&カンパニーの悪い評判
優良企業を紹介してくれた自分で応募したほうが年収は上がると感じた
応募書類の添削がきめ細かい経験の浅いコンサルタントにあたってしまった

優良企業を紹介してくれた

40代/男性(会社員)

IT系の営業マネジメントまたは営業推進系バックオフィスへの転職を考えていたところ、非常に近い業界で、かつ大手から中堅まで幅広いレンジの企業の求人を保有していた点がとても良かったです。

また、私がまだ知らない優良企業をご紹介いただけたこともありがたかったです。

(イーデス調査)

応募書類の添削がきめ細かい

40代/男性(会社員)

私のレジュメに対して、専門家としての立場からきめ細かいご指導・修正アドバイスをいただけたことが良かった点です。

当時転職に不慣れだった自分は、転職を有利に進めるテクニックなどをまったく身につけておらず、一つの書類選考を通じて親身に指導いただけたことは勉強になりました。

(イーデス調査)

自分で応募したほうが年収は上がると感じた

匿名

(前略)ここにある求人は他にもあるので確認したほうがいい。

自分の年収の何%かを転入先から持っていくので、正直自分で応募してその分のインセンティブを上乗せしてもらう方が良い(外資なら特に)。

(引用:Google Map

経験の浅いコンサルタントにあたってしまった

匿名

ハイクラス転職をサポートと言うが、キャリアコンサルの方がハイクラスでの経験が浅くて話にならなかった。

(引用:Google Map

クライス&カンパニーの実績・信頼できる理由

クライス&カンパニー 利用者の傾向

就職者数

※1 事業者合算

非公開
転職先への定着率 ※2非公開

クライス&カンパニーのサポートを受けて転職した方の平均年収は1,077万円と高く、多くのハイクラス人材に支持されていることが分かります。(参照:転職支援の実績|クライス&カンパニー

公式サイトによれば、採用決定者の80%が30~40代であり、最近では50代以上のエグゼクティブ・マネジメント層の支援も増えてきているとのことです。

クライス&カンパニーに転職サポートやキャリア相談を申し込む際は、Web上のフォームに基本的なプロフィールを入力するだけと簡単です。

幅広いベンチャー企業の求人を手軽に探せる転職サイト

ベンチャー企業の求人は、求人情報を掲載している転職サイトで探すことも可能です。

転職サポートはないため、求人の選定や選考対策などを自分で行う必要がありますが、自分自身で自由に求人を検索して応募できる点がメリットと言えるでしょう。

ここでは、ベンチャー企業を自分で探す際に使い勝手の良い2サービスをご紹介します。

ベンチャー企業の求人探しにおすすめの転職サイト

Green|IT・Web業界の求人に特化した求人サイト

Green
(引用元
Green

Green」は、IT・Web業界の求人を掲載している転職サイトです。

職種・業界、希望勤務地や希望年収などの基本的な条件のほかに、企業の従業員数や設立年数といった細かな条件に絞って求人を検索できます。

会社を立ち上げて間もないスタートアップ企業やベンチャー企業を探してみましょう。

Greenのおすすめポイント

  • 細かな条件に絞って求人検索ができる
  • スカウト機能が充実
  • 気になる企業の担当者と面接前に会える「カジュアル面談」

Greenはスカウト機能が充実しているため、登録しているだけでも転職のチャンスが生まれます。

実際に「利用者の60%以上がスカウトがきっかけで転職を成功させている」というデータもあります。(参照:Green

登録情報を見て興味を持った企業の人事担当者が直接オファーを送るので、採用につながりやすいと言えるでしょう。

Greenの特徴・サービス


得意分野IT業界、ゲーム業界、上場企業、外資系企業、ベンチャー、システム・ネットワークエンジニア、デザイナー、営業、マーケター、営業、企画未経験、キャリアアップ転職
対象年齢全年代
転職支援サービスマッチングサービス、メールマガ配信、企業担当者との直接連絡、カジュアル面談
キャリア相談求人提案スカウト機能
バツバツ丸

Greenの求人票には企業の写真が多数掲載されているため、応募前に会社の雰囲気を知ることが可能です。

業務内容や応募条件だけでなく、「会社PR」や「社員へのインタビュー」が記載されており、自分では調べることが難しいベンチャー企業の情報を収集できます。

また、Greenを利用すれば、本格的な面接の前に企業との「カジュアル面談」をすることも可能なので、気軽に企業の採用担当者の話を聞ける上、転職の選択肢も広がるでしょう。

Greenの評判・口コミ

当サイトが独自調査で集めたGreenの評判・口コミをご紹介します。

Greenの良い評判Greenの悪い評判
ベンチャー企業だけでなく上場企業の求人も多かった求人票の記載内容と実際の業務に相違があった
「気になるボタン」の機能を使って気軽にアプローチできた転職支援は受けられないため初心者には不向き

ベンチャー企業だけでなく上場企業の求人も多かった

30代/女性

掲載の求人を見ていると、ITベンチャーにとても強く、特化していると感じました。

上場企業も少なからずありますし、これから上場を目指している、上場準備中のITベンチャーがよく掲載されていると感じましたし、そのようなスタートアップにjoinをしたい方はとてもいいと思います。

(イーデス調査)

「気になるボタン」の機能を使って気軽にアプローチできた

20代/女性

「気になる」「話を聞いてみたい」機能のようなマッチング要素が良かったように思います。

応募をするまでではないけどもし先方に興味があれば…といった軽い気持ちで押せたのは良かったです。

話を聞いてみて応募をしようと思い立った企業も何社かありました

(イーデス調査)

求人票の記載内容と実際の業務に相違があった

30代/女性

リモートワークを行なっているかの記載が、求人によってあったりなかったりするので、わざわざ問い合わせないといけない点が不便だった。

また、求人によっては面接をしてみると記載内容と業務が異なるといったこともあった。

(イーデス調査)

転職支援は受けられないため初心者には不向き

20代/男性

企業と求職者がフラットに接点を持ち、お互いに縁があれば採用となるわけですが、そこにサポートなどは特にないため、初心者には向きません

(イーデス調査)

Wantedly|仕事探しに便利なビジネスSNS

wantedly
(引用元
wantedly

Wantedly」は、興味のある企業の担当者と会う機会を作れる転職サービスです。

ビジネスSNSとも呼ばれており、本格的に応募する前に企業を訪問して採用担当者と気軽に話ができるため、転職希望者と企業側の双方にとってメリットがあります。

Wantedlyのおすすめポイント

  • 気になる企業と気軽につながれる
  • 中小規模の優良ベンチャー企業の求人が充実
  • 20代・30代向けの利用者が多い

Wantedlyは、中小規模のベンチャー企業の求人を多く保有しています。

各企業の募集要項には、業務内容はもちろん社内の雰囲気や社員の様子などが詳しく記載されているため、自分に合いそうな企業が見つかりやすいでしょう。

Wantedlyの特徴・サービス

Wantedlyで興味のある募集が見つかったら、「話を聞きに行きたい」ボタンを押して応募します。

その後、企業側も応募者に興味を持った場合には、数日以内に返信が届くので、カジュアル面談の日程を決めます

面談では会社の採用担当者と話せるため、選考前の相互理解の場として活用しましょう。

Wantedlyには若手層向けの求人が多く、20代・30代の方にとくにおすすめです。

Wantedlyの評判・口コミ

当サイトがネット上で集めたWantedlyの評判・口コミをご紹介します。

Wantedlyの良い評判Wantedlyの悪い評判
柔軟に働ける案件が多い給与の低い企業が多かった
企業の情報はもちろん社員の経歴などもチェックできる

柔軟に働ける案件が多い

匿名

ITベンチャーやスタートアップが多い。

カジュアル面談できる。

フルリモフルフレ案件多い。時短は交渉次第。

(引用:X

企業の情報はもちろん社員の経歴などもチェックできる

匿名

会社の情報だけじゃなく社員の方の経歴とか見れるので参考にさせていただいてました。

(引用:X

給与の低い企業が多かった

匿名

Wantedly使ってみたけどまあ使いづらい

あと薄給で働かせようとする企業が多すぎて萎えた

(引用:Google Map

ベンチャー企業に転職してよかった・後悔した体験談【メリット・デメリット】

ベンチャー転職には、メリットもあればデメリットもあります。

ベンチャー転職のデメリットに対して不安がある場合は、企業の採用担当者に会社の実情や今後の展望について、よく確認しておくことをおすすめします。

ベンチャー転職のメリットベンチャー転職のデメリット
裁量権を与えてもらいやすい大手企業の仕組みやノウハウを学べない
経営層との距離が近い研修制度が整っていないケースも多い
働き方が自由なケースが多い福利厚生が充実していない可能性がある
実績に応じて評価をしてもらえる社長や社員と相性が悪いと居心地が非常に悪い
ストックオプションをもらえるケースがある倒産のリスクが高く、ローンなども組みにくい場合がある

実際にベンチャー企業に転職をした人の体験談をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ベンチャー企業に転職してよかった体験談

自分がやりたいことをすぐに始められる

20代/男性(企画・マ-ケティング)

転職して入社した会社は社員数30人足らずの小さい会社だったので、前職と違い「この業務だけやっていればよい」という境目がほとんどなく、自分がやりたいと思ったことは比較的すぐに始められるという柔軟な環境でした。

また、結果を出せばすぐに社長に認められて昇進していける、風通しの良い職場でした。

昇進していくと、企画や商品開発だけだはなく経理的な業務も理解する必要が出てくるなど、会社経営のイロハを学べたのが良い経験になりました。

(イーデス調査)

給与交渉を行いやすい

30代/女性(事務)

経営者が近い存在なので、給与など交渉の余地がありました。

私は入社してから求人票と違う給与と勤務形態を示されてしまいましたが、社長が身近にいたため直接交渉し給与について見直してもらえました。

また、周りの社員も若い方が多く、気さくな感じがして過ごしやすかったです。

古参の先輩がいないのも、私の知る企業の形態から少し外れていて働きやすく感じました。

(イーデス調査)

社員のモチベーションが高い

20代/男性(営業・販売)

すぐに役職をもらえ、それが自信となっていろいろなプロジェクトに着手できました。

自分がやることで成果を上げやすく、それに伴いチームのメンバーのモチベーションが上がることで新たな取り組みを円滑に行えました

遅い時間まで勤務をすることもありましたが、会社を大きくしたいと思うメンバーが多く、率先する立場として責任感を継続して待ち続けられました。

(イーデス調査)

自分で整備していく楽しさを感じられた

20代/女性(会社員)

10名以下の企業で社長とも机を共にして仕事をしているので、すぐ意見を言えたり、フィードバックをもらえた。

何も整備されていないので、自分で整備する楽しさがあった。

裁量権が大きいため、自分でチャレンジしてみたいと思ったら、すぐ実行できる。(もちろん自分主導だが)

シリーズAの段階で、資金調達の内情や社内のお金の動きもある程度見せてくれていたので、勉強になった。

(イーデス調査)

自分の頑張りが結果に反映される

30代/男性(広報・広告・デザイン)

単純に給料が上がりました。

経営は不安定ですが、自分の頑張りで結果を出せるという部分にやりがいを感じています。

くだらない組合の付き合いなどもないし、上司の理不尽な言動に堪え忍ぶ必要もありません。

使える時間も増えて、副業をしながら働くことも簡単になりました。

任せられる仕事の幅も広がるので、スキルも向上して良かったです。

(イーデス調査)

人間関係が非常に良かった

20代/女性(営業・販売)

ベンチャー企業に転職して良かったことは、社長・部長クラスの方との距離が近いところです。

不安に思ったり悩んだ時に、上司がすぐに相談に乗ってくれたので、人間関係はとても良かったです。

社長と直接話せ、業務的に改善したいことや提案を気軽にできました。

どんどん上に向いていこう!とみんなで頑張る姿勢もとても良かった。

(イーデス調査)

ベンチャー企業は人手が不足しているからこそ、裁量権を与えてもらいやすい

ベンチャーに転職した方の体験談でとくに目立ったのが、裁量権を持って働けることです。

人手が少ないからこそ、戦略から実行まで幅広く関わらせてもらえるケースが多く、働く上でのやりがいにつながっているという声も散見します。

積極的に周囲の仕事を巻き取っていくことができれば、事業の成長と合わせてスピード出世を狙えるのも魅力的です。

「事業の成長に広く関わっていきたい」「自分が事業を引っ張っていきたい」と考えるアグレッシブな方には、ベンチャー企業が向いている可能性が高いでしょう。

イーデス

イーデス編集部

高野さんが考える、ベンチャー企業で働くメリットは何でしょうか?

ベンチャー企業で働くメリットは以下の通りです。
1:圧倒的に幅広い仕事を任される
2:早く昇進することができる
3:上場経験とSOの付与
4:自分ブランドで勝負できるようになる
5:ワークライフバランスが充実する
6:経営の失敗、資本の失敗を目の当たりにし、自分の糧とすることができる
7:自身のキャリアの成長・成功に貪欲になる
それぞれのメリットの詳細については、
YouTube動画にて解説を行なっていますので、ぜひこちらもご確認ください。

イーデス

高野さん

ベンチャー企業に転職して後悔した体験談

ルールが何も決まっていない

20代/男性(営業・販売)

ルールが決まっていなくて、ルールを発案する人がいなければ何も決まっていかないですし、経営者が経営を率先して行うことや経営判断をすることがいまいちな会社なので、そこは不満です。

そのほかにも、ローンなどの際に会社の信頼度(金融機関信頼)が低く、一般企業や大手企業・一部上場企業などよりは借りにくいなどもあるので、失敗したと思いました。

(イーデス調査)

求人票と実態が異なる

30代/女性(会社員)

事務についていい加減な面があり、入社してから求人票と違う給与と勤務形態を示されてしまいました。

理由を尋ねると、求人票に載せたものは書き間違いだと言われました。

交渉して給与は求人票の通りに訂正してもらいましたが、勤務形態はこちらが譲歩するかたちになり不満が残りました。

事務職での採用でしたが、人手が足りず専門職として他社へ出向させられました。

結局、専門職の業務ばかりをすることになってしまい後悔しました。

(イーデス調査)

給料が少ない

30代/男性(企画・マーケティング)

ベンチャーゆえに仕方がないことですが、入社した当初はあまり給与がいいとは言えない状況でした。

銀行に勤務していたときに比べると、おおよそ半分程度の手取りしかない状況でした。

朝から深夜まで仕事をしていたため、お金を使うことも少なく、生活に困ることもなかったのですが、額面を見ると少し不安な気持ちにもなりました。

その後実績が積み重なるにつれて給与は上がっていったので、当初の不満は解消されました。

(イーデス調査)

相性が悪い社員がいるとつらい

20代/女性(会社員)

社員数が少ないことはデメリットにもなりました。

知識のある1番年上の社員が、社長の元先輩だったようで、何をしても社長からしっかり注意してもらえず、その社員が好き勝手に言いたい放題という状態になっていました。

また、1人でも人間関係がうまくいかないと替えがきかないため、非常にストレスが大きかったです。

狭いオフィスで少ない人数の中に嫌いな人が出てきてしまうと避けようもなく、上手に対応することが難しかったです。

(イーデス調査)

チームの目標が機能していない

20代/男性(営業・販売)

目標が高すぎて、未達者が半数ほど出てしまう月もあった。

未達者が多くなると達成しているものの負担となり、達成しているものも徐々にモチベーションが下がってしまい、結果として徐々に全体の成績が下がってきてしまう。

また、それをカバーしようとさらに目標を上げ続けるため達成する月が少なくなってしまい、未達が慢性的なものと感じるようになってしまう。

(イーデス調査)

研修がなかった

20代/女性(総務・人事)

「こういう風に絶対やってくれ」っていう決まりがあまりないぶん、急に仕事内容が変わったり臨機応変にその場で対応しないといけないことが多く、頭を使うことがとにかく多かったです。

あと、ちゃんとした研修が無くて入社してすぐ実践業務って感じだったので、フォロー体制があまり整っていなくて入社当初はとにかく不安な日々でした。

もう少し研修がある会社にすればよかったと思いました。

(イーデス調査)

ベンチャー企業は人間関係やカルチャーとの相性が重要

ベンチャー企業で働く中での不満で多かったのが、「ワンマン社長が合わない」「合わない同僚がいるのでつらい」といった声です。

社長との距離が近いことや、社内の連携を取りやすいのはベンチャーのメリットでもありますが、一方で相性が悪い場合は大きな不満につながります

大企業であれば、部署移動を試みたり、割り切って働くという手段も取れる可能性がありますが、人数の少ないベンチャー企業ではそのような解決策を取りにくいのが難点です。

また、ベンチャー企業は社内研修が整っていない場合もあり、「働きながら吸収してほしい」と放任されることもあります。

ていねいな指導を期待しすぎると、ギャップを感じてしまうかもしれません。

ベンチャー・スタートアップ企業の探し方

どのようなベンチャー企業で働きたいかによって、おすすめの転職活動の方法は異なります。

ベンチャー・スタートアップ企業の探し方

ベンチャーは成長スピードが速く、入社したばかりでも即戦力や活躍が求められることが多いです。
早く成長してスキルやキャリア、実績を積みたい人には良い環境と言えます。
ただし、ミスマッチも起こりやすいので、副業や業務委託でジョインして雰囲気や内情を知るのも効果的です。

メガベンチャー・中規模のベンチャー企業なら「転職エージェント」

メガベンチャーや中規模のベンチャー企業への転職を目指すなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

メガベンチャーは、転職エージェントを経由して多くの人材を採用していることが多いです。

そのため、メガベンチャー企業への転職支援実績が豊富なエージェントは、企業の人事担当とのつながりも強く、採用事情にも精通しています。

また、中規模のベンチャー企業について、経営や職場環境に不安を感じる場合にも、転職エージェントが持つ情報が頼りになります。

リクルートエージェント」や「doda」といったベンチャー企業への転職支援実績の豊富な大手転職エージェントや、「キープレイヤーズ」のようなベンチャー・スタートアップ特化型の転職エージェントをうまく活用し、転職先を検討しましょう。

転職エージェントは3~4社の併用がおすすめ

転職エージェントは1社に絞るのではなく、必ず複数のエージェントに登録しておきましょう。

なぜならば、転職エージェントを併用することで間口が広がり転職を成功させやすくなるからです。

たとえば、複数のエージェントから求人紹介を受けることで、現時点で市場に上がっているベンチャー企業の求人情報を網羅できます。

また、各エージェントのアドバイザーから多角的な意見をもらうことで、転職に対する知見も広がります。

転職エージェントを利用して転職活動を行うならば、3~4社の転職エージェントに登録して求人紹介を受けてみましょう。

小規模のベンチャー企業なら「SNS」や「リファラル採用」

小規模のベンチャー企業をお探しの方は、SNSの利用や人脈を活用したリファラル採用などを検討しましょう。

中小のベンチャー企業は採用にコストをかけられないこともあり、人材を募集するにあたって成果報酬が必要になる「転職エージェント」を利用していない場合もあるからです。

「人脈が無い…」という場合には、ビジネスSNSと言われる「Wantedly」などを利用して、理想の企業を探すという方法もあります。

また、すでに興味のある企業があるならば、公式サイトやSNSなどで人材を募集していないかをチェックしてみましょう。

経営者やマネジメント層とのカジュアル面談を受け付けている企業も見つかります。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職を成功させるポイント

ベンチャー・スタートアップ企業への転職を成功させるためには、転職事情や企業選びのポイントなどを事前に把握しておくことが大切です。

転職後に後悔しないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

ベンチャーへの転職は。「これから大きく成る企業で活躍できる」「短期間に成長できる」「今後上場等を果たした時のストックオプションに期待が持てる」などの夢が多くあります。

その一方で、事業基盤が固まっていないベンチャーも多く、会社が吸収合併や事業譲渡されたり、なくなってしまうリスクも大きいです。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職を成功させるポイント

転職理由を明確にし課題を解決できる企業を探す

ベンチャー転職に限りませんが、転職活動を始める際は転職理由を明確にして、課題を解決できる企業を探していくことが重要です。

転職活動の軸がぶれが生じてしまうと、企業選びに時間がかかったり、転職後に現在と同じ悩みを繰り返したりといったリスクが多くなります。

自分に合ったベンチャー企業を見つけるには?

転職失敗を避けるためには、「今の職場の何に課題を感じているか」を具体的に挙げ、現状の不満の解像度を高めておきましょう。

ベンチャー企業の事業フェーズに着目して選ぶ

ベンチャー企業は、フェーズによって仕事の進め方や求められる経験・スキルが大きく異なります。

そのため、これまでの経験やスキルはもちろん、自身の特性と合う適切なフェーズを選ぶことが、ミスマッチを防ぐための重要な要素と言えます。

ベンチャー企業 フェーズ
(引用元
アマテラス

たとえば、創業初期のシード・アーリーの場合は、戦略部分から人事のような仕事まで、幅広く仕事を任されることが多くなります。

一方で、上場を果たした「メガベンチャー」と呼ばれるような企業となると、社内のマニュアルなども整備されており、大手企業と働き方に差がない場合もあります。

転職後に「こんなはずでは…」と後悔しないためには、実力とキャリアビジョンに合うフェーズの企業を選びましょう。

自分が転職によって何を叶えたいかを踏まえた上で、どのフェーズにフィットするのかが判断できない場合は、ベンチャー・スタートアップ企業への転職に強い転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

今後伸びていく可能性のある業界を見極める

ベンチャー企業には、軌道に乗って伸び続けていく企業もあれば、結果が出ずに倒産してしまう企業もあります。

そのため、転職に失敗しないためには、今後伸びていく可能性のある企業を見極めて応募することが大切です。

たとえば、ベンチャーが複数参入している領域は、今後ますます成長していく可能性が高いと言えます。

企業の伸びしろを見極める際には、「業界地図」で確認できる業界動向や、競合企業の事業状況が判断材料になるでしょう。

イーデス

イーデス編集部

着実に成長していくベンチャー企業を見極めるために、どのような点を確認しておくのがよいでしょうか?

業界の上位の上場している会社を調べ決算説明資料を読む。その中で業界自体が成長していればその会社も成長する可能性は高いです。
さらには業界上位の会社の経営陣と比較して、その企業の経営陣の顔ぶれを見て戦えそうかどうかも大事です。
その企業がテクノロジーをからめていける場合はさらにチャンスが大きいです。
またベンチャーキャピタルやエンジェル投資家が投資している場合は、投資家に聞いてみるのもよいでしょう。

イーデス

高野さん

イーデス

イーデス編集部

もし高野さんが25歳でベンチャー企業に転職するとしたら、どのような企業に転職したいと考えますでしょうか?

成長する産業、会社を自分なりに調べて挑戦します。
日本国は残念ながら低成長であり、米国、中国はもちろん、新興国のように成長する可能性は低いです。
ですので、個別の業界や会社をみて成長するマーケットだと考えられ、その中で勝てそうな経営陣かどうか。さらには競合が強すぎないか。
優秀な人材ばかりいる業界だと転職後活躍しにくいので、就職人気業界ではないようなところも狙い目だと考えています。

イーデス

高野さん

スタートアップ企業の資金調達データベース「ウメキワークス」

ウメキワークス

ウメキワークス」は、「The Startup」代表の梅木雄平さんが運営するnoteマガジンです。

国内スタートアップに関する独自の考察がまとめられており、ビジネスモデルの解説や資金調達の状況など、転職を考えていない人にも有益な情報をチェックできます。

企業の情報収集のポイントなどを知る点でも役立つため、ぜひnoteマガジンを確認いただき、気になるコンテンツを購読してみましょう。

社長の考え方に共感できる企業を選ぶ

ベンチャー企業は、良くも悪くも社長の思想が色濃く反映されるので、「社長の考え方に共感できるか」が企業との相性を決める大きなポイントとなります。

もちろん、良し悪しの判断は人によって変わるため一概には言えませんが、「社長が社員や現場に目を向けているか」は、必ず確認しておくのがおすすめです。

たとえば、売上が伸びていく中で「利益を社員に還元していくか」「事業の成長のために拡大を続けるか」などは、考え方の違いが生まれやすい部分です。

入社後にギャップが起きないように、気になる企業の取材記事を読み込んだり、社長と面談する機会を作ってもらったり、給与や業務内容といった条件以外も念入りに情報収集しておきましょう。

組織が小さければ小さいほど社長との相性は大切

規模の小さいベンチャー企業は、事業の方向性や社風など何もかもが社長の意向で決まります。

そのような企業において、社長との相性が悪いことは致命的と言えるため、人柄はもちろん理念や仕事の進め方などが自分に合っているかをしっかりと確認しておきましょう。

応募を避けるべき企業の特徴を知っておく

転職先となるベンチャー企業を選ぶ際には、応募を避けるべき企業の特徴を把握しておきましょう。

大前提として、希望条件を満たしていない企業に妥協して応募したり、そもそも希望が曖昧な状態で転職することはおすすめしません

そのような例を除き、大多数の方にとって「避けておくべき企業」として挙げられるのは、以下のような企業です。

応募を避けるべき企業の特徴

オフィスの雰囲気が異様に悪い

ベンチャー企業は社員同士の距離が近いため、「企業の雰囲気」は念入りに確認しておくべきです。

「雰囲気が良い」という状態はなかなか気付きにくいものですが、異様に悪い場合は違和感にすぐ気付けるはずです。

社内の雰囲気が暗い・挨拶がない・掃除が行き届いていないなど、直感的にネガティブな印象を受けた場合は、たとえ内定が出たとしても慎重に考え直してみることをおすすめします。

求人サイトなどで常に人材募集を出している

求人サイトなどを確認した際に、常に募集を出している企業も注意が必要です。

人材募集を出し続けているのは、社員の定着率が悪いことが影響している可能性があります。

退職者が続出し、人員が常に不足しているような企業に転職するのを避けるためには、「転職会議」「OpenWork」などの企業口コミサイトを活用して、退職者の口コミを調べてみることをおすすめします。

イーデス

イーデス編集部

「こんなベンチャー企業への転職は避けるべき」といった例があれば、お教えいただきたいです。

これまでの経験では、応募を避けておいたほうがよいとまで思うことはなかったです。
ただし、口コミサイトの評判があまりにもひどすぎる場合は、私の場合は受けようとは思いません。
多少ひどいのはいいにしてもあまりにもひどい場合そこまでリスクをとって転職したく無いからです。

イーデス

高野さん

企業研究におすすめの企業口コミサイト「転職会議」

転職会議
(引用元
転職会議

転職会議」は、375万件以上の口コミが掲載されている日本最大級の企業口コミサイトです。(2023年11月時点)

実際に働いた経験がある社員のリアルな評判が掲載されているため、ベンチャー企業の雰囲気や条件を事前に確認する上で役立ちます。

転職エージェントで紹介された企業の口コミは、ぜひ転職会議でも確認してみてください。

転職会議|基本情報

運営会社株式会社リブセンス
口コミ登録企業数約204,000社
口コミ数375万件以上
求人数約390,000件
料金

・口コミ1件以上投稿で30日間無料

・口コミパス980円(税別)で30日間無料

(最終更新:23年9月時点)

ベンチャー・スタートアップ企業への転職に関するよくある質問

最後に、ベンチャー・スタートアップ企業への転職に関するよくある質問にお答えします。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職に関するよくある質問

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違いは?

回答

ベンチャーとスタートアップはどちらも「起業」「新しい事業」というイメージがありますが、企業の成長スピードに大きな違いがあります。

ベンチャー企業は、既存のビジネスモデルをベースとして、そこに独自の変化や工夫を加えて新たなサービスを生み出します。

一方スタートアップは、これまでの常識を壊して新たな価値観を生み出し、過去に事例のない新規ビジネスを展開する企業です。

他にも、成長率や出口戦略、資金調達方法などにも違いが見られます。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違い

比較項目ベンチャー企業スタートアップ企業
成長率長期的で安定した成長を目指す急成長を目指す
革新性既存のビジネスモデルをベースとし、独自の変化や工夫を加えて新たなサービスを生み出す新たな価値観を生み出し、過去に事例のない新規ビジネスを展開する
出口戦略
(EXIT)
  • EXITにたどり着くまでの時間が長め
  • IPOでのEXITが多く、上場したあとも売却せず経営陣が変わらず、成長していく企業も多い
  • 短期間での利益回収を目指す
  • M&AでのEXITが増えており、スタートアップを成功させてすぐに売却することを繰り返す起業家も多い
資金調達法銀行からの融資や助成金などベンチャーキャピタルやエンジェル投資家など

(参照:転職コラム|ビズリーチ

ユニコーン企業とは?

回答

ユニコーン企業とは、「創業10年以内」「未上場」「評価額10億ドル以上」「テクノロジー企業」の条件を満たす企業を指します。

なお、日本では「未上場」かつ「評価額10億ドル以上」という条件を満たすことが非常に難しいため、その数はそれほど多くはありません。

スタートアップ企業の中でも著しい成長を遂げながら、なおかつ一定の基準を満たすユニコーン企業は、時価総額では大企業やメガベンチャーと同等の規模と言えます。

日本の注目ユニコーン企業

  • 株式会社Preffered Networks
  • 株式会社ADVASA
  • GVE株式会社
  • スマートニュース株式会社
  • SmartHR株式会社

(参照:転職ノウハウ|Geekly

スタートアップ企業が多い業種は?

回答

スタートアップ企業数が多い業種は、「情報通信業」や「学術研究、専門・技術サービス業」です。

スタートアップ企業と全企業の企業数を比較してみると、スタートアップ企業数でのみ上位に入る「情報通信業」と「学術研究、専門・技術サービス業」はスタートアップ企業の割合が比較的多い産業であることが分かります。

スタートアップ企業と全企業における企業数上位産業

企業数順位スタートアップ企業全企業
1卸売業、小売業建設業
2建設業卸売業、小売業
3サービス業(他に分類されないもの)製造業
4情報通信業不動産業、物品賃貸業
5学術研究、専門・技術サービス業サービス業(他に分類されないもの)

(参照:帝国データバンク

成長が著しい注目のベンチャー企業を知るには?

回答

注目のベンチャー企業の情報は、東洋経済新報社による「すごいベンチャー100」や、世界的経済紙Forbesの「日本の起業家ランキング」などで確認できます。

情報収集におすすめの媒体

すごいベンチャー100
  • ベンチャー企業の資金調達額の大きさや事業・技術の独自性などを基準に、有望なベンチャー企業100社を毎年選定
  • 「生成AI」「ESG」「モビリティー」「ものづくり」「食品・農業」「経営管理」「公共」など、18のカテゴリーに分類して掲載
日本の起業家ランキング
  • 未上場のスタートアップの起業家が審査対象
  • 業界を代表する投資家・起業家が審査
ベストベンチャー100
  • ベンチャー通信編集部が運営
  • 「ビジョン」「成長理由」「売上高」「営業利益」などの審査や直接面談によって掲載企業を決定

ベンチャー・スタートアップ企業への転職を成功させるには?

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を目指すなら、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めましょう。

複数のエージェントを併用して多角的に情報を集めたり、選考対策に関する専門性の高いサポートを受けるなど、ベンチャー転職に強い転職エージェントを上手に活用することで、転職の成功率を高められます。

キャリア相談や求人紹介が得意な転職エージェントや、経験・スキルを最大限に活かせるヘッドハンティング型転職サイトなどを利用して、自分に合ったベンチャー・スタートアップ企業を探してみてください。

ベンチャー企業向けの転職エージェント
おすすめ3選

1

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数を誇る。

ベンチャー・スタートアップ企業の求人が豊富。

20代から50代まで幅広い年代に対応。

2

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア・Webデザイナー専門。

ベンチャー企業の求人が豊富。

経験者向けの優良案件を保有。

3

キープレイヤーズ logo

キープレイヤーズ

ベンチャー・スタートアップの転職支援に特化。

経営者とのコネクションが強い。

LINEでの無料相談が可能。

※画像は公式サイトから引用(リクルートエージェントレバテックキャリアキープレイヤーズ

本記事で提供している情報について

ベンチャー企業への転職体験談|株式会社エイチームライフデザイン調べ

調査期間2021年9月21日~2021年10月19日
調査機関クラウドワークス
調査地域全国
調査対象ベンチャー企業への転職経験がある男女
調査人数50名
調査方法インターネット調査

人気ランキングの根拠について

本ページの人気ランキングの順位は、当サイト内の「アクセス数」と「申込数」を基準にイーデスで独自算出しています。

転職エージェント おすすめランキングの関連記事

30代のハイクラス転職におすすめのエージェント・転職サイト!選び方も解説
転職エージェント おすすめランキング

30代のハイクラス転職におすすめのエージェント・転職サイト!選び方も解説

2024年3月1日

イーデス編集部

イーデス編集部

無職・ニートの就職におすすめの転職エージェント・転職サイト比較ランキング!
転職エージェント おすすめランキング

無職・ニートの就職におすすめの転職エージェント・転職サイト比較ランキング!

2024年3月1日

イーデス編集部

イーデス編集部

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント・転職サイト!未経験向けサービスも紹介
転職エージェント おすすめランキング

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント・転職サイト!未経験向けサービスも紹介

2024年3月1日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.