Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職活動にかかる期間は3〜6ヶ月!転職を長引かせない方法も解説!

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職活動を始めようとしている方、特に初めての転職に臨む方にとって「転職にはどのくらいの期間がかかるのか」は気になるポイントだと思います。

厚生労働省の調査では、「転職期間が1か月から半年未満の方が多い」という結果が出ています。

【転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間】

期間割合
1か月未満18.3%
1か月以上3か月未満28.8%
3か月以上6か月未満15.7%
以下省略

(参照:令和2年転職者実態調査|厚生労働省

選考の進み具合などによっては、予定通りに行かないこともあるかもしれません。

しかし、大まかな期間が見えていれば、どのような行動をするべきかが明確になるため、安心して転職活動を進められます。

本記事では、転職活動のスケジュールの目安や、短期間で転職を成功させるポイントなどを解説しています。

転職エージェントの活用方法についても詳しく解説するので、ぜひお役立てください。

転職活動を長引かせないためには転職支援を受けるのがおすすめ!

「出来るだけ早く転職したい…」「転職活動が長引いたら困る…」と考えるならば、転職エージェントなどを利用して転職支援を受けましょう。

転職エージェントでは、キャリアの相談をはじめ、求人紹介や選考対策など、様々なサポートを受けられるため、つまづきがちな転職活動をスムーズに進められます。

例えば大手転職エージェントの「doda」は、アドバイザーの質が高く、親身なサポートで定評があります。

doda
(引用元
doda

登録後のキャリアカウンセリングでは、求職者の経歴や希望を踏まえたうえで、今後の転職活動の進め方をアドバイスしてくれます。

利用料金は無料ですので、まずは気軽に相談してみましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

気になる内容をタップ

転職活動にかかる期間は平均3〜6か月

厚生労働省が行った調査では、転職者の6割以上が半年以内に転職活動を終えているというデータがあります。

【転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間】

期間転職者割合
1か月未満18.3%
1か月~3か月28.8%
3か月~6か月15.7%
6か月~9か月5.9%
9か月~1年2.9%
1年~2年2.7%
2年以上1.2%
転職活動期間なし23.6%

(参照:令和2年転職者実態調査|厚生労働省

なお、同調査では、直前の勤め先から転職先で働き始めるまでのブランクを作らず入職している方が、全体の4分の1強を占めることが分かっています。

このことからも、在職中に転職活動を始め、転職先が決まってから退職している方が多いと考えられます。

転職活動のスケジュールの目安

転職活動のスケジュールの目安

転職活動を必要以上に長引かせないためには、前もって具体的なスケジュールを立てておくことが重要です。

ここでは、転職活動の大まかな流れと必要な期間をお伝えします。

転職活動の大まかな流れと必要な期間

準備期間:2週間~1か月

本格的に転職活動を始めるにあたって、最初にやるべきことは事前準備です。

時間をかけすぎる必要はないですが、手を抜かず、入念に準備しましょう。

準備期間にやること

  • 転職の理由を明確にする
  • 自己分析
  • スキルの棚おろし
  • 譲れない希望条件を決める
  • 企業研究・業界研究
  • 大まかなスケジュールを立てる

ここで大切なのは、転職目的を明らかにすることです。

「今の会社に不満があるから辞めたい」「なんとなく転職したい」といった漠然とした理由で転職してしまうと、結局転職先でも同じように転職を繰り返すことにもなりかねません

また、いつまでに転職したいという期限を設定し、スケジュールを立てることも大切と言えます。

無計画のままでは、時間ばかりが過ぎていってしまうという状況に陥る可能性もあるからです。

スケジュール通りに進むとは限りませんが、目的を持って行うことでモチベーションも維持できるでしょう。

転職活動の事前準備の具体的な方法は、次章で詳しく解説しています。

応募・選考・内定:約2か月

準備期間を終えたら、実際に求人に応募して選考に臨みます。

この期間は求人情報を頻繁にチェックし、気になる求人があればどんどん応募しましょう。

複数企業に同時応募した方が、1社ずつに応募するよりも効率的に転職活動を進められます。

面接がスムーズに進めば、1か月程度で内定を得られる場合もありますが、企業によっては複数回の面接が行われます。

在職中の転職は仕事と面接のスケジュール調整が必要となるため、面接日程が決まるまでに時間がかかることも想定しておきましょう。

内定の承諾・辞退の連絡は1週間以内が目安

内定の承諾・辞退の連絡は、可能であれば2〜3日以内、遅くとも1週間以内にしましょう。

他社の選考が終わらずに返事が遅くなる場合は、必ずその旨を伝え、いつまで返事を待ってもらえるか確認することも重要です。

退職交渉・引き継ぎ・入社:約1か月半~2か月

転職先が決定したら、現在の勤務先との退職交渉や業務の引継ぎを行います。

退職する際の流れ

  • 直属の上司に退職の意思を伝える
  • 退職願を提出
  • 受理されたら退職届を提出
  • 業務の引き継ぎ
    ※「退職願」「退職届」の提出が不要の場合もあるため、会社のルールを確認しましょう。

業務の引き継ぎは、会社の指示に従って行います。

事前にあなたが担当している業務のマニュアルを作成しておくなどの対策をしておけば、引き継ぎの担当者がいなかったり、複数人に引き継がなければいけない場合にも対処できるでしょう。

引き継ぎがうまくいかないと、転職先の会社の入社が遅れ、新しい会社に迷惑をかけてしまう場合もあるため、入念に準備しておくことをおすすめします。

どうしても退職を受け入れてもらえない場合は退職代行サービスの利用を検討しよう

「どうしても引き留められてしまう」「上司と顔を合わせるのが難しい」など特別な事情で退職が難しい場合は、「退職代行ガーディアン」を利用して退職する方法もあります。

退職代行ガーディアンは、退職に関わる全ての手続きを代行してくれるため、会社に出向くことなく退職することが可能になります。

退職手続きに問題を抱えている方は、利用を検討してみてください。

退職代行ガーディアン|基本情報

運営組合東京労働経済組合
対応エリア全国
料金29,800円(税込)
追加料金なし
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新:23年9月時点)

転職を成功に導く3つの事前準備

3つの事前準備

転職活動は事前の準備が重要です。

すぐに企業を探し出すのも悪いことではありませんが、あらかじめ自身の希望条件や転職の目的を整理しておくことで、その後の転職活動をスムーズに進められます

転職を成功に導く事前準備

①転職の目的を明確にする

転職活動を始める際は、転職の目的を明らかにして優先順位を付けておきましょう。

なぜならば、目的が明確になっていれば、転職先選びの際に軸がぶれないからです。

転職の目的が曖昧なまま転職を繰り返してしまうと、スキルを身に付けられず職を転々とする「負のスパイラル」に陥ってしまう危険性もあります。

「給料」「プライベートの時間」「仕事のやりがい」など、自分にとって何が一番重要なのかを深く考え、転職したい目的を明確にしましょう。

転職の軸となる希望条件の一例

仕事内容
  • 経験を活かせる
  • 経験を積める
  • 特定の業種・職種
  • 開発・研究環境
  • 語学を活かせる
  • 資格を活かせる
収入
  • 年収・月収
  • 賞与
  • 特別手当がある
  • インセンティブ制度がある
就業環境・雇用形態・働き方
  • 勤務地
  • 転勤が無い
  • 正社員
  • 契約社員
  • フレックス勤務ができる
  • 時短勤務ができる
  • 副業可能
  • テレワーク(リモートワーク)ができる
休日休暇・勤務時間
  • 休日(土日祝に休み、平日休み)
  • 休暇(5日以上の連続休暇がとれる、など)
  • 定時退社できる(残業がない)
  • 残業の有無
福利厚生
  • 退職金制度がある
  • 年金制度がある
  • 社宅・家賃補助がある
  • 育児・託児・介護支援制度がある
  • 企業独自の健康保険組合がある
  • 従業員持株会制度がある
昇給・昇進・異動
  • 評価制度が明文化されている
  • 教育研修制度がある
  • 人事制度(成果主義型、年功序列型)
  • ジョブローテーションがある
  • 異動希望の制度がある
会社組織・経営方針
  • 上場企業/非上場企業
  • 外資系
  • 社員数
  • 社員の定着率が高い
  • 管理職、役員の男女比率
  • 経営方針・経営理念に共感できる
  • 社風
  • 技術力・商品力が高い
  • 海外に事業を展開している

(参照:転職の軸とは?|doda

希望条件に優先順位をつける方法

転職先を決める基準をはっきりさせておくことも、転職を成功させる大切なポイントです。

自分の中で「妥協したくないポイント」を明確にしていないと、転職後の後悔につながってしまう恐れがあります。

数ある希望条件の中から「絶対譲れない条件」を明確にし、転職先企業を決める基準をはっきりさせておきましょう。

希望条件に優先順位をつける際は、以下の方法を参考にしてください。

希望条件に優先順位をつける方法

  • 希望条件をできるだけ具体的に書き出す
    (仕事内容・収入・雇用形態・勤務する場所・休日・労働時間・福利厚生・評価制度・会社の経営方針・職場の雰囲気など)
  • 希望条件を「必ず実現したいこと」と「できれば実現したいこと」に分類する
  • 「必ず実現したいこと」「できれば実現したいこと」それぞれの中で優先順位をつける
ナビナビ

監修者様

 転職の目的は面接用で話す内容ではなく、まずは「本音」で明確にしておきましょう。
たくさんある方はこれ以上ないというくらい、いくつでも書き出してください。
転職活動中に悩んだり判断がつかなくなったりした時には、「何のための転職なのか?」という事を自分自身に問いかけてみましょう。
また、条件だけではなくこんな仕事がしたい、人に喜ばれたいなど「価値観・やりがい」も大切です。条件だけに走るのではなく、価値観・やりがいとのバランスも見ながら優先順位を立てていきましょう。

②自己分析を入念に行う

転職活動における自己分析とは、自身の特性を理解するために、今までの経験や考え方を振り返って整理することを指します。

自己分析をする際は、「なぜ転職したいのか」「転職してどのように働きたいのか」をしっかり考えることが大切です。

自己分析のポイント

  • 自分はなぜ今の仕事を辞めたいのか?
  • 転職して何がしたいのか?
  • 転職してどのように働きたいのか
  • 得意なことは何か?
  • 新たな勤務先で何をしたいのか(採用側のメリット)
  • これまでに手がけてきた仕事
  • 身につけたスキル、資格
  • 成功体験、失敗体験
  • モチベーションが上がったこと、下がったこと……など

自己分析を通して、自分の特性や価値観が明らかになれば、仕事選びの軸となるポイントが見えてきます。

興味のある企業の特徴と自身の仕事選びの軸を照らし合わせることで、「なぜその企業で働きたいか」を明確に伝えられるようになるでしょう。

自己分析が苦手なら診断ツールの活用がおすすめ!

自己分析が苦手な場合は、「リクナビNEXT」が提供する無料自己分析ツール「グッドポイント診断」を活用しましょう。

グッドポイント診断では、約300問の質問に答えていくことで「柔軟性」「決断力」など18種類の中からあなたの強みを発見してくれます。

客観的な診断を受けることで、盲点になっていた自分の強みに気付けるケースも多いので、ぜひ活用してみてください。

③企業研究を入念に行う

企業の情報を事前に調べておくことで、企業理解が深まり、転職後のミスマッチを防げます

気になる企業があれば、公式ホームページや新卒採用ページを中心に情報収集をしましょう。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーや、志望する業界で働いている知人から話を聞けると、より詳しい情報を収集できます。

企業研究で最低限調べておきたい情報を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

企業研究で最低限調べておきたい情報

  • 会社概要
  • 企業理念
  • 事業内容:商品・サービスなど
  • 制度:人事・教育制度、休暇・休業制度、福利厚生など
  • 採用情報:採用人数、募集職種など
  • 有価証券報告書
  • 役員のSNSなど

実際に働く社員の声を知りたいなら企業口コミサイトがおすすめ!

転職会議」は、全国で700万人以上が利用している日本最大級の企業口コミサイトです。

転職会議
(引用元
転職会議

現社員や元社員の方の口コミが掲載されており、月の平均残業時間や有休消化率などの情報まで収集できます。

応募前に多くの情報を集めるために、ぜひ利用してみてください。

転職会議|基本情報

運営会社株式会社リブセンス
口コミ登録企業数約204,000社
口コミ数375万件以上
求人数約390,000件
料金

・口コミ1件以上投稿で30日間無料

・口コミパス980円(税別)で30日間無料

(最終更新:23年9月時点)

短期間で転職を成功させるために試してほしい行動

短期間で転職を成功させるために試してほしい行動

ここでは、短期間で転職を成功させるための具体的な行動を紹介していきます。

どれも転職活動を長引かせないために必要なことばかりですので、ぜひ参考にしてください。

短期間で転職を成功させるためのポイント

①ゴールから逆算してスケジュールを立てる

無計画に転職活動を始めてしまうと、何も進展せずに時間ばかりが過ぎてしまう危険性があります。

そのため、転職活動を始める時にはゴールから逆算したスケジュールを立てましょう。

逆算スケジュールの立て方

  • ゴール(転職予定日・入社時期)を決める
  • 退職のタイミングを決める
  • 内定時期から逆算し、求人応募を始める時期を決める
  • 応募に向けていつごろから情報収集や準備に着手するか決める

(参照:転職ノウハウ|マイナビ転職

「2週間後には自己分析と企業研究を終わらせる」「転職活動3か月目には面接に臨めるようにしておく」といったように、いつまでに何をするのかを明確にすることが重要です。

具体的な期間を設定することで、次に何をするべきかが明確になり効率よく転職活動を進められるでしょう。

②引き継ぎの準備をしておく

転職の際につまずきやすいポイントが、現職の引継ぎです。

転職が順調に進んでも、引き継ぎが上手くいかず退職に時間を取られてしまう場合もありますし、トラブルが発生して新しい勤務先の入社日が遅れてしまうケースも起こりえます。

そのような事態を防ぐためには、あらかじめ自分の仕事のマニュアルを作成しておくことが大切です。

できる範囲で準備を進めておけば、退職先にも転職先にも迷惑を掛けることなく、スムーズに退職できるでしょう。

業務引継書を作成する際のポイント

まずは、いつまでに業務引継書を作成する必要があるかスケジュールを確認しておきましょう。

企業や後任者の都合に合わせて日程を決めることになりますが、退職日の3営業日前までに終わらせるのが一般です。

引継書が完成したらすぐに後任者に渡すのではなく、見やすさや分かりやすさなどを上司・先輩・同僚に確認してもらうことをおすすめします。

なお、Microsoftでは無料のテンプレートも用意しているので、活用してみましょう。

③転職エージェントを活用する

できるだけ早く転職したい方は、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントとは、キャリアの相談をはじめ求人紹介や選考対策など、様々なサポートを行うサービスです。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが付きます。

求人を探す手間が省けるうえ、応募書類の添削や面接対策などもスピーディーに対応してくれるため、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進む可能性が高まります。

面接の日程調整など企業とのやり取りも任せられるので、日々の業務で忙しい方はぜひ利用してみてください。

ナビナビ

丸井さん

一旦退職をしてからの転職は、ブランク期間や無収入の期間ができてしまうというデメリットを生むことに加えて、中々決まらないと焦りから妥協して合わない会社に決めてしまう恐れもあります。
とはいえ、現職を続けながら転職活動するとスケジュール調整が大変です。
昼間の仕事中に、転職先企業からの電話に応対することは困難ですよね。
その点、転職エージェントを利用すると、面接の日時調整なども代わりに行ってくれます。
複数の企業への応募を進めている場合も、同じエージェントを利用していれば時期をそろえてくれたり、有休が取れる同じ日に面接を重ねてくえるなど、できる限り対応してくれます。

転職活動をスムーズに進めたい方におすすめの転職エージェント

ここからは、転職活動をスムーズに進めたい方におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

どれも丁寧なサポートに定評のあるエージェントですので、気になったエージェントがあればぜひ利用してみてください。

doda
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • 転職サイトとしてもエージェントとしても使える
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数を誇る
  • 幅広い業種・職種の求人を保有
マイナビエージェント
  • 20代の転職支援に強い
  • 女性の転職にも注力している

転職エージェントは2〜3社登録がおすすめ

転職エージェントは、得意分野や保有求人が異なるので、2〜3社に登録しておくのがおすすめです。

できるだけ多くの求人を確認することで選択肢が広がるうえ、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなるでしょう。

手厚いサポートを受けたいなら「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人数と実績を誇る転職エージェントです。

キャリア相談やヒアリングの丁寧さにも定評があり、登録後はアドバイザーが親身に転職相談に乗ってくれます。

転職が決まっていない状態でも相談できるので、「転職すべきか迷っている」という段階でも利用できます。

また、dodaは「転職サイト」としても利用でき、登録後はサイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けられるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「ひとまずどんな求人があるかチェックしたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

たくさんの求人から選びたいなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、国内で最も求人数が豊富な転職エージェントです。

業界・職種問わず豊富な求人を保有しており、希望条件にマッチする案件を効率良く見つけられます。

また、業界No.1の転職支援実績を持っていることも特徴のひとつです。

これまでに多くの求職者を支援してきたキャリアアドバイザーが、求人探しから内定まで手厚くフォローしてくれます。

書類作成や面接対策などのサポートも充実しているため、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

※ ITエンジニア向けの公式ページはこちら

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

20代の転職なら「マイナビエージェント」

マイナビエージェント」は、20代から30代前半の方の転職支援に強い転職エージェントです。

大手企業からベンチャー企業まで、幅広い求人を保有しており、マイナビエージェントならではの独自求人や非公開求人も豊富です。

女性の転職支援にも力を入れているため、「ライフスタイルに合った転職ができるのか」「今後どうキャリアを形成していけば良いのか」といった悩みがあるなら、まずは気軽に相談してみてください。

親身なサポートを受けられるので、転職に不安のある20代の方にはぜひ活用していただきたいサービスです。

マイナビエージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

すぐに転職するつもりはないならヘッドハンティング型サービスへの登録がおすすめ!

将来的に転職を考えている方には、「ビズリーチ」のようなヘッドハンティング型の転職サービスの利用をおすすめします。

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

経歴を登録しておくだけで、ヘッドハンターや企業から直接スカウトが届くシステムなので、自身の市場価値を知る良い機会にもなります。

ビズリーチが保有する求人には、年収600万円以上の案件が多いため、年収アップを目指す方にもおすすめです。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約109,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金

登録無料
【プレミアムステージへのアップグレード(有料)】
●Web版から(Web決済)
30日間コース :5,478円(税込)
●アプリから(App Store決済)
月額 :5,500円(税込)

(最終更新:24年3月時点)

【Q&A】転職活動についてよくある質問

転職活動についてよくある質問

最後に、転職活動に関してよくある質問に回答します。

転職活動に関してよくある質問

Q1.転職活動を始めるのにベストな時期は?

A.中途採用の求人は通年で出回っており、「この時期が一番おすすめ」というタイミングはありません。

転職市場の状況や求職者のライフスタイルなどさまざまな要素が絡み合っているため、誰にとっても最適のタイミングというのは存在しません。

ただし、1年の中で求人が増える時期はあります。

転職エージェント「doda」によれば、1~3月と7~9月に求人数が多くなるとのことです。

一般的に4月と10月の組織編成を見込み、それぞれ2~3か月前に求人ニーズが高まるためです。

とは言え、中途採用の求人は市場に出るタイミングを予想できないため、転職エージェントに登録するなどして、こまめに情報を入手すると良いでしょう。

Q2.今の仕事を辞めてから転職活動を始めても大丈夫?

A.どうしても辞めざるを得ない状況でなければ、可能な限り在職中に転職活動を始めることをおすすめします。

退職後の転職活動には、時間の余裕ができるというメリットはあります。

しかし、退職することによって、金銭・精神的な余裕がなくなってしまうのであればおすすめできません。

例えば、退職後の転職活動で転職先がなかなか決まらず、早く転職活動を終わらせようとして、間違った転職先を選んでしまっては本末転倒です。

忙しくて転職活動に割く時間が取れない場合は、転職エージェントのサポートを活用して時間や手間を省くこともおすすめです。

Q3.一度に複数の企業に応募しても大丈夫?

A.問題ありません。

1社に応募して不採用になったら次の会社に応募する進め方では、選考の結果を待つ時間ができるため非効率と言えます。

求人票を見て気に入った会社があればどんどん応募して、内定のチャンスを少しでも増やしましょう。

しかし、あまりにも多くの会社に応募すると、それぞれの会社の対策に十分な時間を取れなくなってしまいます。

5社程度に応募して、書類通過が難しければ次の5社に応募するなど、無理のないペースで応募を進めていくと良いでしょう。

まとめ

転職活動にかかる期間は、平均3〜6か月です。

転職活動の流れ期間
準備期間2週間~1か月
応募・選考・内定約2か月
退職交渉・引き継ぎ・入社1か月半~2か月

上記はあくまで目安ですので、もっと早く終わらせることもできますし、ゆっくり時間をかけて色々な求人を比較することもできます。

ただし、転職活動を必要以上に長引かせないためには、前もってスケジュールを立てておくことをおすすめします。

準備期間には、自身の希望条件や転職の目的を整理しておくことで、よりスムーズに転職活動を進められるでしょう。

「転職活動の進め方が分からない…」「忙しくて転職活動に割ける時間が少ない…」という場合は、転職エージェントのサポートを受けることもおすすめです。

本記事でご紹介した転職エージェントや転職サイトを活用し、理想の転職を叶えてください。

本記事で紹介した転職エージェント・転職サイト

doda
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • 転職サイトとしてもエージェントとしても使える
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数を誇る
  • 幅広い業種・職種の求人を保有
  • ITエンジニア向けの公式ページはこちら
マイナビエージェント
  • 20代の転職支援に強い
  • 女性の転職にも注力している
ビズリーチ
  • ヘッドハンティング型の転職サービス
    (※一部有料サービスあり)
  • 年収600万円以上の高年収案件が豊富
ナビナビ

丸井さん

今後の方向性や業種職種が決まっている方はそこまで準備時間はかかりませんが、どんな仕事をしていけばいいのか分からないという方は、自己分析や方向性の決定までに時間がかかります。
また、未経験業種や職種にチャレンジする場合は、業界研究や選考通過にも時間がかかる場合があるため、期間に余裕を持って準備を始めましょう。
転職エージェントは、基本的に無料で登録や相談ができます。
「実際どのようなスケジュールと手順で転職活動を進めていったらいいのか」をはじめ、自己分析の仕方や業界の情報や求人状況、自分の市場価値、他業界の話など、一人では分からない情報をたくさん持っています。
プロのアドバイスを受けながら、効率よく転職の準備をしていきましょう。

転職活動についての関連記事

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.