Operated by Ateam Inc.

イーデス

知らないと損!転職を成功に導くツールやサイトを厳選して紹介

最終更新日:

知らないと損!転職を成功に導くツールやサイトを厳選して紹介
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

やるべきことが多い転職の効率をアップさせてくれるのが、転職ツールです。

しかし、質の良くないツールを使うとかえって手間が増えたり、誤った情報に踊らされて不利になってしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、多くのツールの中から転職で本当に役に立つツールを厳選してご紹介します。

自己分析・求人探しなど様々な場面で役立つツールを紹介するので、ぜひ転職活動に役立ててください。

気になる内容をタップ

転職の成功率を高めるツールまとめ

まずはじめに、記事内で紹介している転職に役立つツールを一覧で紹介します。

ツール名をクリックすると各ツールの見出しに飛ぶので、希望に合わせてチェックしてみてください

【自己分析に役立つ診断ツール】

グットポイント診断約300問の質問に答えて自己分析が手軽にできるツール
ミイダス自分の転職市場価値が分かるツール

【求人探しに役立つ企業とのマッチングツール】

リクナビNEXT年齢や職種を問わず、全ての人におすすめの転職サイト
Wantedly応募前から気軽に企業に話を聞きに行ける転職サイト
GLIT効率的に自分に合った企業を探せる転職マッチングアプリ

【企業・業界調査に役立つツール】

転職会議320万件以上の企業口コミを閲覧できるサイト
業界動向サーチ気になる企業・業界の動向が一目で分かるサイト

【応募書類作成や面接対策に役立つツール】

レジュメスマホで履歴書や職務経歴書が簡単に作れるアプリ
履歴書・職務経歴書テンプレート応募書類のテンプレートをダウンロードできるリクナビNEXTのコンテンツ

【自己分析編】転職に役立つ診断ツール2選

まずは、自己分析に役立つ診断ツールをご紹介します。

自己分析の方法に悩んでしまう方も多いですが、ここで紹介する2つのツールを使えば、簡単に自分の強みを確認できます。

気軽に本格診断できる『グッドポイント診断』

グットポイント診断」は、転職サイト「リクナビNEXT」が提供する無料自己分析ツールです。

質問に答えていくだけの簡単な診断ですが、質問数は約300問あり、他の診断ツールよりも精度の高い自己分析ができます。

実際の診断では、以下のように「あなただけの強み」と「強みの活かし方」を詳しく知ることが可能です。

【グッドポイント診断|診断結果の一例】

自分の強みを客観的に把握することで、企業選びの軸が見えてきたり、選考で自己アピールしやすくなるケースも多いです。

本格的に転職活動を始める前に、ぜひ一度試してみてください。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約107,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

自分の推定年収を把握できる『ミイダス』

ミイダス
(引用元
ミイダス

ミイダス」は、自分の経歴から推定年収を確認できる転職アプリです

簡単な質問に答えていくだけで自分の市場価値を測れるので、自分の価値に見合った企業を探す参考になります。

また、あなたの経歴や市場価値にマッチした企業から「面接確約オファー」が届くこともあります。

様々な企業からオファーをもらえる可能性があるため、求人探しの視野を広げられるでしょう。

推定年収の測定は3分ほど完了するので、少しでも気になる人は、年収診断を受けてみてください。

ミイダス|基本情報

運営会社ミイダス株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

丸井沙紀さん(監修者)

丸井さん

「なかなか受からない」「面接が通らない」「書類が通らない」というご相談を頂く方のほとんどは、自己分析をしっかりできていないケースが多いです。
自分の強みや適性はもちろん、「何のための転職なのか?」「今回の転職で叶えたいこと」など、転職の軸を整理しておくことで転職活動をスムーズに進められます。
ここを飛ばしていきなり転職活動をしてしまうと、決まるまでに時間がかかるか、決まっても納得いかない転職になってしまう危険があります。
時間も手間もかかりますので、自己分析ツールもうまく利用すると良いでしょう。

【求人探し編】転職に役立つ企業とのマッチングツール3選

続いては、転職において重要な企業探しを効率的に進められるツールをご紹介します。

  • リクナビNEXT
    …年齢や職種を問わず、全ての人におすすめの転職サイト
  • Wantedly
    …応募前から気軽に企業に話を聞きに行ける転職サイト
  • GLIT
    …効率的に自分に合った企業を探せる転職マッチングアプリ

業界トップクラスの求人数『リクナビNEXT』

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

リクナビNEXT」は、転職者の8割が利用している転職サイトです。

他の転職サイトと比べても求人数多く、求人検索機能の操作性にも優れています

登録しておくだけで企業からオファーが来ることもあるため、転職に本腰を入れていない場合や忙しくて求人情報をゆっくり確認できない場合でも、効率的に案件をチェックできます。

他にも、転職に役立つコンテンツが充実しているため、転職活動の様々な場面で活用できます。

【リクナビNEXTのコンテンツ】

適職診断あなたが企業選びで重視している価値観やあなたの強みが分かる
転職ガイド転職活動のステップごとに、するべきことが詳しく解説されている
転職ケーススタディ過去に転職を経験した人の体験談が紹介されている
転職コラム転職を成功させるためのコツがコラム形式で掲載されている
転職Q&Aよくある転職に関する疑問に一問一答形式で答えている

リクナビNEXTは総合的に利便性が高いので、転職を考える全ての人におすすめの転職サイトです。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約107,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

SNSのように企業と繋がれる『Wantedly』

wantedly
(引用元
wantedly

Wantedly」は、応募する前から気軽に企業に話を聞きに行ける転職サイトです。

多くの転職サイトやアプリでは、掲載されている求人の中に気になるものがあれば、そのまま応募するのが一般的です。

一方、Wantedlyでは掲載されている企業に興味があれば、応募前に採用担当者と話せます。

気になった企業には気軽に面談を申し込める!
(参考元
Wantedly

社風や業務内容を詳しく把握できるので、自分に合った企業を見つけるのに便利なツールです。

ただし、Wantedlyでは、サイト内で企業の給与や福利厚生などの情報の確認はできません。

企業の待遇などを確認したい場合は、他の転職サイトや口コミサイトなども併用しましょう。

wantedly|基本情報

運営会社ウォンテッドリー株式会社
公開求人数約40件
登録会社数約39,000社
対応地域全国
料金

無料
●Premium Career(プレミアム会員)
1ヶ月プラン:3,300円(税込)

(最終更新:24年3月時点)
※登録会社数は2022年11月時点(2024年1月に公式サイトにて確認)

出会い系アプリの転職版『GLIT』

出会い系アプリの転職版『GLIT』人気サイトからまとめて検索
(引用元
GLIT

GLIT(グリット)」は、日本初のAI(人工知能)転職マッチングアプリです。

2022年4月時点では、約30の転職サイトと提携しており、50万件以上の求人をまとめて閲覧できます。

また、GLITの最大の特徴は、「検索不要」である点です。

一般的な求人アプリとは異なり、おすすめされた求人を「興味あり」なら右に、「なし」なら左にスワイプするだけで、AIがあなたにおすすめの求人を紹介してくれます

使えば使うほど、あなたにマッチする求人を提案してくれるようになるので、ぜひ使い続けてみてください。

※大手サイトとも提携しており、簡単に複数の求人サイトに登録することが可能です。

GLIT|基本情報

公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

【企業・業界調査編】転職に役立つ調査ツール2選

気になる企業や業界があれば、事前に企業情報なども調べておきたいところです。

ここでは、企業・業界調査に役立つ2つのツールをご紹介します。

  • 転職会議
    …320万件以上の企業口コミを閲覧できる企業口コミサイト
  • 業界動向サーチ
    …気になる企業・業界の動向が一目で分かるサイト。

320万件以上の口コミを掲載『転職会議』

転職会議
(引用元
転職会議

転職会議」は、企業の口コミ情報を320万件以上掲載している企業口コミサイトです。

サイト内では、各企業の現役社員や過去に勤務していた方たちの口コミを閲覧できます。

転職会議口コミ 年収、評価制度
(引用元
転職会議

転職会議で得られる主な情報は、以下の通りです。

  • 評判・口コミ
  • 平均残業時間・有休消化率
  • 年収
  • 面接の体験談
  • 求人情報……など

口コミにおいては、社風や福利厚生など12のカテゴリーに分けられており、知りたい情報を入手しやすいです。

企業への応募前には、転職会議に寄せられた口コミを確認しておくことをおすすめします。

転職会議|基本情報

運営会社株式会社リブセンス
口コミ登録企業数約204,000社
口コミ数375万件以上
求人数約390,000件
料金

・口コミ1件以上投稿で30日間無料

・口コミパス980円(税別)で30日間無料

(最終更新:23年9月時点)

業界の動向を一目で確認できる『業界動向サーチ』

業界天気図(2020-2021年版)
(引用元
業界動向サーチ

業界動向サーチ」は、各業界の最新情報やトレンドをレポートしているサイトです。

業界動向サーチでは、以下のような各業界の情報を確認できます。

  • 現状
  • シェア
  • 売上高
  • 純利益
  • 平均年収……など

気になる業界の規模なども細かくチェックできるので、企業研究や面接の準備などに役立ちます。

金融業界の現状と動向
(引用元
業界動向サーチ

各業界の全体像が把握できるため、転職の際の業界選びにも参考になるサイトです。

丸井沙紀さん(監修者)

丸井さん

企業研究や業界研究は、応募企業の選択だけではなく、志望動機の作成や面接にも役立ちます。
その企業にとってのお客様は誰(どこ)か?どこからお金が入ってきて成り立っているのか、どんな価値(商品やサービス)を提供しているのかということにも目を向けてみましょう。
営業や販売など直接顧客と関わらない職種でも、目を向けてみることでその会社の動向・立ち位置・自分が担当した仕事の先がどんな人の役に立っているのかが見えてきます。
そこに自分が興味を持てるのかということも、長く働くうえで重要なポイントです。

【書類作成・面接対策編】転職に役立つツール2選

転職では、履歴書・職務経歴書などの書類作成や面接対策にも手間がかかります。

ここでは、履歴書・職務経歴書の作成や面接対策を手軽にできる転職ツールをご紹介します。

履歴書・職務経歴書が簡単に作れる『レジュメ』

レジュメ
(引用元
レジュメ

レジュメ」は、スマホで手軽に履歴書を作成できるアプリです。

企業に応募するたびに履歴書や職務経歴書を作るのは、なかなか手間がかかるものです。

しかし、レジュメには以下のような便利な機能があるので、書類作成を効率的に行えます

  • 生年月日を入力すると、学歴の入学年度や卒業年度が自動的に入力される
  • 豊富な例文を参考にできる
  • スマホで写真を撮ってそのまま履歴書に使える
  • プリンターがないときでもスマホからコンビニで簡単にダウンロードできる

iOS版とAndroid版は、それぞれ以下からダウンロード可能です。

アプリのダウンロード

リクナビNEXTの『履歴書・職務経歴書テンプレート』

リクナビNEXTの「履歴書・職務経歴書テンプレート」は、応募書類の作成をサポートしてくれるツールです。

キャリアに合わせてテンプレートを選び、そのまま活用できるので、応募書類の書き方が分からない方でも迷わず作成できるでしょう。

一人での転職が不安なら「転職エージェント」を活用しよう

ここまで転職に役立つツールをご紹介してきましたが、一人で転職を進めるのが不安な場合は転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーから以下のようなサポートを受けられます。

転職エージェントを利用するメリット

もちろん、ツールを使いながら転職エージェントを利用しても構いません。

転職エージェントは無料で使えますし、合わなければすぐに退会できるので、転職活動を始めるならひとまず登録しておくのがおすすめです。

ここでは、手厚いサポートに定評のある大手転職エージェント2社を厳選して紹介します。

エージェント名特徴
doda
  • サポートが手厚い
  • 転職サイトとしても使える
リクルートエージェント
  • 国内トップクラスの求人数を保有
  • 業界No.1の支援実績

手厚いサポートを受けたいなら『doda』

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人数と実績を誇る転職エージェントです。

ヒアリングの丁寧さにも定評があり、登録後はアドバイザーが親身に転職相談に乗ってくれます。

転職が決まっていない状態でも相談できるので、「辞めて転職すべきか迷っている」という段階でも利用できます。

また、dodaは「転職サイト」としても利用でき、登録後はサイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けられるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「どのような求人があるかチェックしたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

たくさんの求人から選びたいなら『リクルートエージェント』

リクルートエージェント」は、国内トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

業界・職種問わず豊富な求人があるので、希望条件にマッチする案件を効率良く見つけられます。

また、業界No.1の転職支援実績を持っていることも特徴のひとつです。

これまでに多くの求職者を支援してきたキャリアアドバイザーが、求人探しから内定まで手厚くフォローしてくれます。

書類作成や面接対策などのサポートも充実しているため、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

まとめ

これから転職活動を始める方のために、おすすめしたい転職ツールを厳選して紹介しました。

自分の状況に合った転職ツールを利用すれば、転職活動の強い味方になってくれます

本記事でご紹介したツールを活用して、転職活動をスムーズに進めましょう。

【自己分析に役立つ診断ツール】

グットポイント診断約300問の質問に答えて自己分析が手軽にできるツール
ミイダス自分の転職市場価値が分かるツール

【求人探しに役立つ企業とのマッチングツール】

リクナビNEXT年齢や職種を問わず、全ての人におすすめの転職サイト
Wantedly応募前から気軽に企業に話を聞きに行ける転職サイト
GLIT効率的に自分に合った企業を探せる転職マッチングアプリ

【企業・業界調査に役立つツール】

転職会議320万件以上の企業口コミを閲覧できるサイト
業界動向サーチ気になる企業・業界の動向が一目で分かるサイト

【応募書類作成や面接対策に役立つツール】

レジュメスマホで履歴書や職務経歴書が簡単に作れるアプリ
履歴書・職務経歴書テンプレート応募書類のテンプレートをダウンロードできるリクナビNEXTのコンテンツ

上記のツールは転職活動に役立ちますが、一人での転職活動に不安を感じる方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職のプロであるキャリアアドバイザーにいつでも相談できるため、安心して転職活動を進められます。

以下の転職エージェントは、手厚いサポートに定評があるため、優先的に登録しておきましょう。

本記事で紹介した転職エージェント


doda
  • サポートが手厚い
  • 転職サイトとしても使える
リクルートエージェント
  • 国内トップクラスの求人数を保有
  • 業界No.1の支援実績
丸井沙紀さん(監修者)

丸井さん

転職エージェントは基本的に無料で利用できます。
忙しかったり悩んでいて中々一歩を踏み出せなかったりする方も、転職エージェントに登録をすると、書類作成などの各種工程やツールを案内されるため、転職活動が前進します。
また、アドバイザーとの面談で質問に答えていくことで自分の本音が整理され、やるべきことが見えてくることもあります。まず一歩進めるための手段として、転職エージェントを活用してみましょう。

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.