Operated by Ateam Inc.

イーデス

仕事の辞め時の8つのタイミングと円満退職実現の注意点を解説!

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「そろそろ仕事の辞め時かな…」「ほかの会社に転職しようかな…」と悩んでいませんか?

仕事に不満があり、辞めたいと考えることは誰にでもあるでしょう。

一度辞めたくなると、どうしてもほかの会社に惹かれてしまうものですが、退職してから後悔しないよう、辞め時はしっかり見極めなければなりません。

そこで本記事では、仕事の辞め時である8つのタイミングと辞める際の注意点を解説します。

仕事を辞める前にチェックすべきことや、おすすめの転職エージェントも取り上げます。

最後までお読みいただけば、今転職するべきなのか判断でき、スムーズに転職できるようになるでしょう。

必ず内定を獲得してから辞める

本記事では仕事を辞めるタイミングについて解説していますが、辞める時は必ず内定を獲得してから辞めましょう。

内定を獲得してから辞めないと「焦って次の転職先を探す」「転職先が見つからない」というリスクがあるからです。

また次の転職先では「どんなスキル・経歴が必要なのか」を明確にして、キャリアアップに繋げることも大切でしょう。

転職エージェントを利用すれば、幅広い選択肢の中から次の転職先を探すことができます。

キャリア相談だけの利用も可能なので、理想とする職場環境や必要なスキル、経歴を相談して、次の転職に備えましょう

転職エージェント選びで迷ったら、まずは「doda」を利用すると良いでしょう。

人材業界屈指の求人を保有しているので、都心部から地方まで幅広い求人を見ることができます。

キャリア相談なしで、求人を見ることも可能なので、自分のペースで転職活動ができることも特徴的です。

無料で使えるので、気軽に登録だけでもしておきましょう。

doda
(引用元
doda

    気になる内容をタップ

    仕事の辞め時と言えるタイミング

    「仕事の辞め時」は本人の状況や仕事に求めるものによって変わるため、一概に「このタイミングが良い」と言えるものはありません。

    その上で考えるべきは、転職はあくまでも現状の問題を解決する手段の一つということです。

    もし、今の会社で解決できる方法があるならば、リスクを取って転職する前に、現職で解決する方法を試してみるのがよいでしょう。

    今の会社で問題解決が難しかったり、自身の努力ではどうすることもできないならば、それは仕事の辞め時と言えるはずです。

    以下では、一般的に自身での解決が難しい状況の一例をまとめましたので、仕事の辞め時を考える際の参考にしてください。

    ①新しいことを学ぶ機会がない

    新しいことを学べず、成長している実感もなければ、転職を検討しても良いでしょう。

    「若い間の苦労と経験は買ってでもした方がいい」という言葉もあります。

    何も身につかないまま歳だけとってしまい、「会社が倒産しそうだけど、今さら転職なんてできない…」といった状況にならないよう、自己成長し続けられる環境で働く方がよいでしょう。

    ただし、新しいことを学ぶ機会がないのは、自身の受け身な姿勢に問題がある可能性もあります。

    その状態では、転職後も同じ悩みを繰り返してしまう危険があるため注意が必要です。

    本当に今の会社で学べることはないのか、まずは現職で積極的にチャレンジした上で転職に踏み出すのがよいでしょう。

    ②昇進・昇給が見込めない

    昇進・昇給が見込めないのは、退職の決定打となり得るでしょう。

    頑張っても評価や待遇に反映されないのは、社会人として辛いものです。

    ただし、転職する前になぜ昇進・昇給が見込めないのか、自分の言動を振り返ることも大切です。

    自分の仕事内容や質、上司との連携の仕方などを振り返ると、昇進や昇給できなかった原因が見えてくる可能性があります。

    自分の弱みに気がつけば、改善して昇進・昇給できるかもしれないので、わざわざ転職する必要はありません。

    しかし「親族しか出世させない」「経営が傾いている」など会社側に問題があるなら、昇進や昇給をあきらめるか、転職するかを選ばなければならないでしょう。

    ③経営方針・評価制度への不満

    経営方針や評価制度に満足できない場合も、退職を考えるべきケースと言えます。

    社長や役員などでない限り、経営方針や評価制度を1人の力で変えるの難しいです。

    会社が決めたルールに沿って頑張らなければならないため、会社の体制が合わなければ辛い社会人生活になるでしょう。

    例えば強引な営業を苦手としていても、会社が「とにかく売って数字を上げるのが正しい」という方針を掲げてた場合、会社の方針ごと変えるのは大きな労力を必要とします。

    経営陣に疑問を呈して改善を図るのも一つの方法ですが、労力に見合わないのであれば転職に踏み切ってしまった方が早いかもしれません。

    ④顧客を騙さないといけない

    顧客を騙すような契約の取り方をする会社もあるので、「うちの会社はおかしい」と感じたら早めに退職した方が良いでしょう。

    詐欺的な行為は、企業文化として根付いている場合が多く、社員も感覚が麻痺して会社のやり方に疑問を抱いていないこともあります。

    入社して違和感を感じたときは、早々に別の職場を探しましょう。

    ⑤社風がどうしても合わない

    社風がどうしても合わなければ、転職を考えた方が良いでしょう。

    合わない職場に毎日出勤しなければならないのは、大きなストレスになります。

    例えば体育会系の社風や、飲み会を頻繁に行う社風が肌に合わないと感じる人は多いです。

    経営方針と同じく、社風も一人の力で変えられるものでもないので、改善できそうにない場合は転職に踏み切ってしまうのもおすすめです。

    ⑥人間関係に問題があり改善が難しい

    職場の人間関係に問題があるため転職する人も多いです。

    上司からパワハラを受けたり、同僚が悪口や不満を言う人ばかりだと、精神的に追い込まれる可能性があります。

    仲の良くない人たちと一緒にいると居心地も悪いため、苦手な人とはできるだけ関わらずに動くべきです。

    異動などで解決できなければ、転職して環境を変えることもおすすめです。

    ⑦仕事のストレスで体調不良が生じている

    仕事が原因で心身に問題が起きたら、早急に仕事を休むか退職をすべきです。

    無理して働き続けると、症状がさらに悪化する可能性があります。

    体調が優れず憂鬱な気分の時は、仕事や将来に関する冷静な判断もできないかもしれません。

    次の転職先を考える前に、まず心と身体をゆっくり休めることが大切です。

    ※「不安な気持ちが消えず仕事に集中できない」「夜眠れない」など、うつ病と思われる症状が出ている場合は、心療内科などを受診し医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

    ⑧プライベートと両立できない

    「プライベートが第一」と考えているにも関わらず、ワークライフバランスを保てない会社に勤めていたら、退職したくなっても仕方ありません。

    仕事は大事ですが、趣味や家族との時間も大切にすべきものですし、プライベート面で大きな目標を立てる人もいます。

    実際に、私生活面を充実させたいので退職・転職する人はたくさんいます。

    ワークライフバランスは、仕事を長く続ける上で大切なので、仕事を辞める理由として珍しくありません。

    仕事を辞める前にチェックすべきこと

    仕事を辞める前にチェックすべきこと

    いざ仕事を辞めるとなると、「本当に辞めて大丈夫かな」と不安になるものです。

    また、漠然とした理由で退職してしまうと、転職先でも同じことで悩む可能性があります。

    ここで紹介する内容を確認し、仕事を本当に辞めるべきかをもう一度考えましょう。

    辞めたい理由を整理する

    まず、なぜ仕事を辞めたいのかを再度整理してみましょう。

    辞めたい理由を整理すれば、本当に辞めるべきか判断しやすくなります。

    おすすめの方法は、紙のノートやスマホのメモ帳などに辞めたい理由を箇条書きし言語化することです。

    辞めたい理由の書き方例

    • ルーチンワークばかりで成長できない
    • チームの雰囲気に馴染めず、疎外感を感じる
    • 経営方針に疑問を感じる

    人間関係や経営方針など、自分の力では解決できない理由であれば、転職も一つの手段です。

    しかし、自分の努力や意識の持ちようで解決できそうであれば、今の職場で頑張ることも検討しましょう。

    仕事をやめるデメリットを考えてみる

    仕事を辞めるデメリットを整理すると、辞めた後にどのような生活になるか想像できます。

    あと先考えずに退職すると、収入がなくなり生活できなくなるリスクがあります。

    社会的な信用もなくなるため、クレジットカードを作れなかったり、一時的な出費のためにキャッシングをしたくてもできないという状況にもなりかねません。

    転職活動が長引くと、精神的な負担も日増しに大きくなるので、勢いで退職を決断する前に、辞めた後のデメリットもしっかり考えておきましょう。

    休暇をとって心身の回復を図る

    有休などで長めの休暇をとり、心と身体をリフレッシュすることも大切です。

    仕事を辞めたい思いが強すぎるあまり、物事を冷静に判断できなくなる人もいます。

    例えば、パワハラのある職場で毎日ストレスにさらされていたら、「辞めたい」という思いに強く支配され、退職後のリスクを考えたり、落ち着いて転職活動の準備はできないはずです。

    心身が落ち着いて冷静になれば、退職以外の解決策を見つけられるかもしれません。

    心身ともに疲れ切っていたり、気持ちが高まりすぎている時は、一度冷静になる時間を持ちましょう。

    仕事を辞める際の注意点

    いざ仕事を辞めるとなると、引継ぎや退職の引き止めなど、さまざまな問題が出てきます。

    ここで紹介する注意点を参考にして、スムーズに辞められるよう準備をしておきましょう。

    上司への報告は早めに済ませる

    仕事を辞める決断をしたら、上司への報告はできるだけ早めに済ませましょう。

    業務の割り振りやクライアントへの連絡など、社内調整が多く発生するからです。

    退職の報告が遅くなったことで会社に損害が出れば、損害賠償を請求される可能性もあります。

    会社に残っている従業員に迷惑をかけないためにも、早めの退職報告を心がけましょう。

    引継ぎはしっかり行う

    業務の引継ぎは、漏れなく行うようにしましょう。

    クライアントや社内の従業員からすれば、担当が変わるだけでも大変です。

    その上業務の引継ぎがされていなければ、さらに大きな負担をかけることになります。

    残された人たちのことを考え、引継ぎはしっかり行いましょう。

    挨拶回りは忘れずに

    社内でお世話になった人や、クライアントへの挨拶回りは必ず行うようにしましょう。

    会社を辞めても、どこかでご縁があるかもしれません。

    どのような退職理由であれ、お世話になった人に挨拶するのは基本的なマナーなので忘れずに行うようにしましょう。

    補足|どうしても退職が難しい場合は退職代行サービスを利用する

    仕事を辞めるときには「引き止め」に合う可能性があります。

    上司は現場の指揮・管理を任されているため、部下が退職すると管理責任を問われるからです。

    すんなり退職を承諾してもらえることもありますが、しつこい上司であれば部署異動を提案してきたり、「君がいないと困る」と情に訴えかけてくるなど、さまざまな手段を使って引き止められることもあります。

    内定の保留期限が迫っていたり、「退職したら損害賠償を請求する」などと脅され、どうしても退職が難しい場合は、退職代行サービスを使うのも一つの手段です。

    おすすめは「退職代行ガーディアン」

    退職代行サービスは数多くありますが、おすすめは「退職代行ガーディアン」です。

    退職代行ガーディアンなら、サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かず辞められます。

    自分の口で「退職したい」と伝えずに済むので、精神的負担を軽減できるでしょう。

    退職代行ガーディアンは退職成功率100%の実績があるため、ほぼ確実に退職可能です。

    料金は、業界最安の29,800円(税込)で、追加料金が一切かからないのも安心です。

    退職が難航しそうな時は、最後の手段として退職代行ガーディアンの利用も検討してみてください。

    退職代行ガーディアン|基本情報

    運営組合東京労働経済組合
    対応エリア全国
    料金29,800円(税込)
    追加料金なし
    相談方法LINE・電話
    支払方法クレジットカード
    銀行振込
    (最終更新:23年9月時点)

    退職代行を使う前の不安を解決!

    退職代行を利用するにあたり、まだ不安な点もあると思いますので、利用前の気になる疑問点を以下にまとめました。

    Q1.退職代行って法的には大丈夫なの?

    退職代行サービスは、決して違法なサービスではありません。

    中には運営元が怪しいサービスもありますが…退職代行ガーディアンは労働組合が運営しているため、法律的な心配はありません。

    Q2.就業規則に「○ヶ月前までに報告」とあるけど問題ない?

    就業規則に書かれている内容はあくまでも会社が決めたルールであって、法律では2週間前までに退職を伝えれば辞められます。

    会社側も、辞める社員の社会保険料などを払うのがもったいないと考え、ほとんどの場合で即日退社を認めてくれます。

    もし辞めさせてもらえない場合も、2週間欠勤扱いにして退職できるので、ほとんどのケースで即日退職が可能です。

    Q3.会社側から引き止めの連絡はこない?

    会社からの連絡は、全て退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます。

    会社側が退職の引き止めをしてきても、「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」というように、状況に応じてうまく話を流してもらえます。

    Q4.退職代行に登録した後の流れは?

    退職代行に連絡したあとは、次の流れで退職を進めていきます。

    1.無料相談

    2.料金支払い

    3.退職代行サービスと打ち合わせ(ラインや電話など)

    4.あとは退職代行サービスに全てお任せ

    退職代行を使えば、会社とのやりとりを全て退職代行サービスが代わりに行ってくれます。

    自分で行うのは退職届の郵送のみで、詳しいやり方も、全てスタッフが丁寧に教えてくれます。

    退職代行ガーディアンならば、即日で辞めることもできるので、「今日中に辞めたい」という状況でも退職できます。

    退職代行ガーディアンの口コミ

    40代/男性(会社員|正社員)

    こんなに早く辞められるんだ…

    正直こんなに早く解決出来るんだ‥と驚きました、私の場合は2日で解決したので今まで退職をしたいと会社側に自分で告げてきた期間は何だったのだろうと呆気に取られてしまいました。

    (イーデス調査)

    退職代行ガーディアン の口コミ

    20代/女性(会社員|正社員)

    余計なやりとりがなく辞められた

    何より対応が早く、余計なやりとりが何一つなく辞められました。夜中でもきちんと返信が来ましたし、利用者を第一に考えているのがものすごく伝わってきました。退職後も、転職についての心配をしてくださいました。

    (イーデス調査)

    「会社をバックレたい…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。

    どうしても退職を伝えられずに悩んでいるのなら、相談だけでも試してみてください。

    退職前に転職活動を始めよう

    転職活動は仕事を続けながら行うのがおすすめです。

    転職先を決めてから退職すれば、無職期間がないので収入が途絶える心配がありません。

    しばらく生活できるだけの貯金があったとしても、なかなか次の仕事に就けなければ精神的な不安・負担は日増しに大きくなるはずです。

    心身ともに限界なら離職後に生活費に困らないよう、退職前に転職活動を始めるようにしましょう。

    転職エージェントの利用がおすすめ

    退職前に転職活動をするのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

    転職エージェントは転職の専門家であるキャリアアドバイザーに相談ができ、希望に合った求人を紹介してもらえるサービスです。

    転職エージェントの利用がおすすめ

    転職エージェントに登録すれば、自分の希望に合った求人を紹介してもらえるだけでなく、退職の意向相談をしてもらえたり、必要書類の添削などさまざまなサポートを受けられます。

    転職エージェントを利用するメリット

    転職エージェントのサービスは全て無料で使えますし、合わなければすぐに退会できるのでまずは気軽に相談してみましょう。

    仕事の辞め時を感じた時におすすめの転職エージェント

    ここでは、仕事の辞め時を感じた時におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

    転職エージェントを選ぶ基準は「丁寧に相談に乗ってくれるか」と「求人数の多さ」の2点です。

    まず登録をしてみて、あなたの意向を汲み取ってくれるか、希望の求人を取り扱っているかを確認してから転職サポートを依頼しましょう。

    転職エージェント特徴
    doda
    • サポートが手厚い
    • 転職サイトとしても使える
    リクルートエージェント
    • 国内最大級の求人を保有
    • 転職成功実績No.1
    レバテックキャリア
    • IT・Web転職専門
    • アドバイザーの専門性が高い

    転職エージェントは複数利用が基本

    転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

    多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

    ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

    手厚いサポートを受けたいなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、顧客満足度No.1の転職エージェントです。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント20代第1位)

    面接対策や書類添削などのサポートが手厚いと評価されているため、初めて転職する方には特におすすめできます。

    「転職サイト」の機能も持ち合わせており、登録後はアドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索して応募することも可能です。

    そのため「求人情報を見て自分のペースで転職を進めたい」「アドバイザーと一緒にしっかり転職活動を進めたい」など、用途に合わせて利用できます。

    求人をチェックするだけでもOKなので、転職を迷っている段階の方もぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    豊富な求人を確認したいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、国内最大級の求人数を保有する転職エージェントです。

    経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており「いつ辞めたらいいか」など、転職に関する悩みや不安なら何でも相談できます。

    また相談だけではなく、書類添削や面接対策、条件交渉の代行など、転職関する全てのことをサポートしてくれます。

    求人保有数も日本で最大級なので、たくさんの求人をみて自分に向いている仕事を探したいという方は、ぜひ利用してみてください。

    リクルートエージェントの基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約364,000件

    非公開求人数約228,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年2月時点)

    IT・Web業界で転職するなら「レバテックキャリア」

    レバテックキャリア」はエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェントです。

    IT業界全般の求人を扱っており、エンジニアからデザイナーをはじめ、事務やコンサルなど、幅広い職種の求人を保有しています。

    おすすめする1番の理由は、担当アドバイザーの業界知識の深さ。

    年間3,000回以上も各企業に対してヒアリングを行なっており、現場感を知っています。

    企業対策や面接対策時に準備する細かい対策を相談できるのは大きなメリットになります。

    経験者も未経験者もまず転職先の現場感を知るという意味で相談してみることをおすすめします。

    レバテックキャリア|基本情報

    運営会社レバテック株式会社
    公開求人数約25,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    まとめ

    仕事の辞め時のタイミングや仕事を辞める時の注意点は、以下の通りです。

    • 現職で解決できない問題がある時は、仕事の辞め時と言える
    • 心身に悪影響が出てたら迷わず休職や転職をする
    • 仕事を辞める時は「デメリット」を考え、問題が起きた時に備える
    • 転職活動は、在職中に行う

    仕事を辞めたくなった時は、辞めることばかり考えず、本当に退職するかどうかをまず冷静に考えましょう。

    退職や転職をスムーズに行うためには、本記事でご紹介したサービスの活用もご検討ください。

    退職代行サービス特徴
    退職代行ガーディアン
    • 退職手続きを代行してくれる
    転職エージェント特徴
    doda
    • サポートが手厚い
    • 転職サイトとしても使える
    リクルートエージェント
    • 国内最大級の求人を保有
    • 転職成功実績No.1
    レバテックキャリア
    • IT・Web転職専門
    • アドバイザーの専門性が高い

    この記事が、仕事の辞め時を判断できず、悩んでいる方の参考になれば幸いです。

    転職活動についての関連記事

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.