サラリーマンに向いてない人の特徴6選!会社員以外の生き方やフリーランスについても紹介

ナビナビ
転職

2022-04-27

「自分はサラリーマンに向いていないかも」と悩んでいませんか?

仕事にはさまざまな選択肢があり、柔軟な働き方を実現できる社会になっています。

この記事では、あなたがサラリーマンに向いていないのか判断するための特徴や、会社員以外の選択肢を紹介していきます。

サラリーマン・会社員に向いてない人におすすめの職業も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

サラリーマンに向いてないと感じたら転職エージェントに相談してみよう

サラリーマンが向いてないわけではなく、単純に今の職場が合わないというケースもあります。

その場合は、転職を検討するのも一つの選択肢です。

そもそも転職して良いのか、もっと良い仕事はないかなど相談したいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントとは、無料で転職の相談ができ求人紹介なども受けられるサービス。

特におすすめなのは転職者満足度No.1と評価されている「doda」です。

doda
(引用元
doda

「doda」は、アドバイザーの質が高く、親身なサポートで定評があります。

求職者のキャリアや将来を考えた上でアドバイスをしてくれるので、転職に関する悩みを抱えている方におすすめです。

利用は完全無料で気に入らなければすぐに退会できるので、まずは無料登録して相談してみることをおすすめします。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

目次

そもそも「会社」っていったい何?

会社に所属して働いている人をサラリーマンといいますが、そもそも「会社」とはいったい何なのでしょうか。

まず、組織という言葉には、以下のような意味があります。

一定の共通目標を達成するために、成員間の役割や機能が分化・統合されている集団。

引用元
Weblio辞書

これを会社に置き換えてみると、企業理念や世の中に価値を提供するために、個人が業務を遂行し協力して仕事を行う集団といえるでしょう。

また、会社は「法人」や「わが社は…」と言うこともあるため、1つの人格としても扱われているのです。

本当にサラリーマンに向いていない?

サラリーマンとして働いていて何かの壁にぶつかったとき、「自分はサラリーマンに向いていないのでは」と感じることもあるでしょう。

これは誰しもがつまづいたり、辛いことがあったときに思うことなのです。

しかし、仕事で壁にぶつかったからといって「会社員に向いていない」と結論づけるのは、まだ早いでしょう

次の章では、詳しくサラリーマン・会社員に向いてない人の特徴を紹介します。

サラリーマン・会社員に向いてない人の特徴6選

診断】サラリーマン・会社員に向いてない人の特徴6選

どんな人がサラリーマンに向いていないのでしょうか。

この章では、サラリーマンに向いていない人の一例を解説していくので、自身の状況と併せて確認してみてください。

特徴1.古い慣習やルールに納得がいかない

古くから受け継がれてきた慣習やルールに納得がいかず、合理的な判断を得意とするタイプは、サラリーマンに向いていないかもしれません。

例えば、上司から「こうあるべき」と言われたときに、「どうしてそうあるべきなんだ?」と疑問を持ったり、会社のやり方に対して納得できなかったりする人です。

このようなタイプの方は、会社によっては「屁理屈」「反抗的」だと捉えられてしまい、周りから一線引かれてしまう可能性があるため、注意が必要です。

会社で働くのであれば、ある程度その社風や業務のルールに馴染むことが求められます。

特徴2.仕事ができない人にイライラする

他人の仕事の遅さや効率の悪さにイライラしてしまうタイプの人も、サラリーマンには不向きかもしれません。

このタイプの人は、自身が仕事ができるがゆえに、仕事ができない人や仕事が遅い人を見るとストレスが溜まってしまいます

イライラしているのが周囲に伝わると空気が悪くなったり、自他ともにストレスの原因になる可能性もあります。

会社員として働いていくのであれば、辛抱強さ・寛容さが必要になったり、仕事ができる人が集まっている環境を探したりすべきでしょう。

特徴3.個人で行動したいタイプ

集団行動が苦手で個人での行動を好むタイプの方も、サラリーマンに向いていない可能性があります。

一般的には会社では役割分担をし、チームで協力して行動することが求められます。

都合の悪いタイミングで呼び出されたり内線が鳴ったり、それほど重要ではない会議のためにわざわざ時間を割いて集まったりすることもあるでしょう。

個人での行動を好むタイプの方は、意味の感じられない集団行動をしていると、仕事における自分のペースが乱され、ストレスが溜まっていきます

特徴4.理不尽や政治が嫌い

理不尽なことを避けたい方も、サラリーマンに向いていない可能性があります。

会社で働いていると、会社の勝手な都合で理不尽な判断が下されることもあるはずです。

他にも、休日の付き合いや飲み会など業務に関係ないことを求められ、それが評価につながるケースも少なくありません。

仕事はきちんとこなしているのに、付き合いの悪さから評価が上がらないとなれば、仕事に意味を感じられなくなるでしょう。

特徴5.意味のない作業をしたくない

必要のない作業や意味のない作業に違和感がある人も、サラリーマン向きではないと言えます。

目的の決まっていない会議や誰も読まない資料を作る時間に対して、無駄と感じるタイプの人です。

決まった時間働けば決まった給料をもらえるため、その業務に意味があるのかどうか考えない人は少なくありません。

効率的に作業を進めることを重要視している人は、無駄な作業もしなくてはならないサラリーマンに向いていない可能性があります。

特徴6.朝が苦手で飽き性

朝が異常に苦手だったり、日々の生活にも刺激を求めてしまう人はサラリーマンとして働くのに向いていないでしょう。

サラリーマンとして働くのであれば、朝に起きて通勤することが基本ですが、世の中には夜型の生活リズムがマッチしている人も存在します。

夜型の場合、日中の仕事中は、パフォーマンスの低い状態が続いてしまう可能性があります。

また飽き性で、決まった場所に毎日同じ時間に行くことが苦痛に感じる人もいるでしょう。

朝が苦手だったり、毎日同じ生活に耐えられない人はサラリーマンとして働くのに向いていない可能性があります。

サラリーマン・会社員に向いてないのは社会不適合者だから?

サラリーマン・会社員に向いてないのは社会不適合者だから?

「偏差値の高い学校に進学し、給与の良い会社に就職して働く」という進路が正しいと感じている人は多いのではないでしょうか。

こうした価値観を持っていると、「サラリーマンというレールから外れてしまうのは、社会不適合者だからなのではないか」と不安になってしまう可能性があります。

最近では個人でビジネスを始める人や、特定の企業に属さないフリーランスの人が増えてきましたが、まだサラリーマンになるのが当たり前という人が大半です。

サラリーマンというレールから外れた場合、周りから「社会不適合者」と思われるかもしれませんが、それは個性であり、決して気に病むようなことではありません

サラリーマン・会社員以外の働き方・生き方

サラリーマン・会社員以外の働き方・生き方2選

サラリーマンに向いていない人は、個人で行うビジネスに向いている可能性があります。

もちろん、会社を辞めて個人で働くことは簡単ではありませんが、サラリーマン以外にも選択肢は様々ありますので、今の自分にあっている働き方をもう一度考えてみるのもおすすめです。

起業・フリーランス

サラリーマン生活が向いていない人間は、どう生きれば良いのだろう。
やはり起業しかないのだろうか。
あるいは…

— 沢庵@SV650A乗り (@taktakuan) January 20, 2016

会社員として働くのに向いていないのであれば、起業やフリーランスの道を選択するのもいいでしょう。

自分で人間関係を選ぶことができ、会社のルールに縛られることもありません。

会社員として働くうえでの違和感を自分の強みとして捉えて、自分にとって働きやすい環境を作り上げていきましょう

ただし、独立するためには準備が必要になります。

人脈を広げたり資金を集めたり、必要な資格を取得するなど、起業やフリーランスとして働いていくうえで必要なことに時間を使ってみてください。

注意!フリーランスに向いてない人もいる

「自分はフリーランスに向いている」「サラリーマンはごめんだ」とご自身で思っていても、フリーランスに不向きなタイプの人はいます。

例えば、安定収入を求める人はフリーランスに向いていません。

具体的には、以下のようなタイプの人はフリーランスとして仕事をするのは難しいでしょう。

フリーランスに向いてないタイプの人

  • 安定収入を求めている
  • 指示がないと動けない
  • 仕事に対して責任感を持てない
  • 自己管理能力がない など

フリーランスに向いているのかどうか、しっかりと見極めてから、自身の進むべき道を決めることをおすすめします。

副業で個人で稼ぐ力をつける

会社員である以上余裕のある生活を求めてはいけない❗️

副業して、脱サラして、独立した方がゆとりを持てる。

今の時代スマホ1台で稼げる時代だから、
一生、会社員でいる必要はない‼️

[email protected]副収入を得る会社員 (@Arata641) September 17, 2021

近年副業が解禁されたこともあり、さまざまな手法で稼いでいる人が増えています。

独立するのが不安な人は、会社員として働きながら副業を始めてみてはいかがでしょうか。

以下のような副業であれば、手軽に始めやすいです。

会社員として働きながらできる副業

  • Webライティング
  • データ入力
  • 翻訳
  • 食事宅配サービス

副業がうまくいかなくても本業があるため、余裕をもって挑戦できるでしょう。

中には副業で本業の収入を超えてしまう人もいるので、軌道に乗ってきたら本業を辞めても生活していける可能性は十分にあります。

サラリーマン・会社員に向いてない人におすすめの職業

サラリーマン・会社員に向いてない人におすすめの職業

サラリーマン・会社員に向いてない人は、以下のような仕事がおすすめです。

こうした職種は、人と接することが多くなく、個人での行動を好むタイプの方でも取り組めます

各職業を具体的に見ていきましょう。

在宅ワークできる職業

在宅ワークのような場所も時間も自由に選択できる仕事は、拘束されることが苦手な方向きです。

自宅でできる主な仕事は、以下の通りです。

職種仕事内容
Webライター
  • 新聞や雑誌などではなくWebサイト上の文章を書く仕事
  • 日本語の文章が書ければ仕事ができる可能性がある
Webデザイナー
  • Webサイト設計の企画設定やコーディングなどを行う
  • Webサイトを作る技術が必要
プログラマー
  • プログラミング言語を用いて、システム開発やソフトウェア開発を行う
  • IT市場の発展と共に需要が高くなっている

会社によっては週数回の出勤やWebミーティングを条件にテレワークを採用しているため、出勤する必要がありません。

またこうした職種は、実力を上げていくことでフリーランスとして独立することも可能です。

黙々と作業できる職人気質の職業

クリエイティブ系の仕事をしたい方は、職人気質の職業がおすすめです。

黙々と作業できる職人気質の職業仕事内容
イラストレーター
  • 依頼された内容に沿ってイラストを描く
  • デジタルでイラストが描けるとさらに可能性が広がる
動画クリエイター
  • 商業用の動画素材を制作したり、動画を編集したりする仕事
  • 動画の編集や作成には根気がいる

イラストレーターは、絵を描くことが好きな方に向いています。

動画クリエイターは、映像作品が次々と生み出される現在、ニーズも急速に広がっている職業です。

また、どちらも自由に働ける傾向にあります。

人と会話をする機会が少ない職業

コミュニケーションをとるのが苦手な方は、以下のような職種がおすすめです。

項目説明
警備員
  • 巡回や点検をメインにおこなう
  • 場合によっては夜勤もある
配送業
  • 車を運転して荷物を届ける
  • 1人で運転する時間が長くある

警備員も配送業も、リクナビNEXT(2022年4月時点)によると、以下のように「未経験歓迎」の求人がたくさんあります

職種未経験歓迎の求人数
警備、守衛73件
ドライバー、セールスドライバー、配送スタッフ518件

(参考:リクナビNEXT|2022年4月時点

長時間仕事仲間と一緒に過ごすのが苦手な方は、こうした職種にチャレンジしてみませんか。

今の会社が合わない人は転職を検討しよう

「サラリーマンが向いていないのかも」と感じているかもしれませんが、実は今の会社が合わないだけの可能性も大いにあります。

経営方針や働き方、評価制度、上司のマネジメントスタイルなど会社ごとに違ってくるので、ほかの企業で働くことを視野に入れてみてもいいでしょう。

転職を検討しているのであれば、転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。

転職エージェント

転職エージェントは、あなたにぴったりな求人を紹介してくれるだけでなく、面接対策や書類添削など転職活動のサポートを全面的にしてくれるサービスです。

転職エージェントを利用するメリット

利用料は無料なので、転職活動に不安を感じているのであれば、利用してみてはいかがでしょうか。

ここからはおすすめの転職エージェントを2社紹介していきます。

転職エージェントは複数利用が基本

転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、複数登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する2社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

手厚いサポートを受けたいなら「doda」

doda
(引用元
doda

dodaは業界トップクラスの求人数と実績を誇る転職エージェント。

キャリア相談やヒアリングの丁寧さにも定評があり、登録後はアドバイザーが親身に転職相談にのってくれます。

転職が決まっていない状態でも相談できるので「サラリーマンを辞めるか迷っている」という段階でも利用できます。

また、dodaは「転職サイト」としても利用でき、登録後はサイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けることができるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「ひとまずどんな求人があるかチェックしたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

たくさんの求人の中から選べる「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。

一般的に公開されている求人以外の非公開の求人も豊富なので、あなたの希望に合った求人を見つけられるでしょう。

また、各業界に精通したアドバイザーがいるため、的確なアドバイスをもらうことができ、スムーズに転職活動を進められます。

面接対策や書類添削はもちろんのこと、独自に仕入れた会社の情報なども提供してくれるので、入社後のミスマッチを防ぐことも可能です。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

世の中に働き方は色々あり、サラリーマンだけが選択肢ではありません

サラリーマンに向いていない人の特徴に自分は当てはまっているかを考えてみて、起業やフリーランス、副業を始めてみるのを検討してみてもいいでしょう。

サラリーマンに向いていない人の特徴

  • 古い慣習やルールに納得がいかない
  • 仕事ができない人にイライラする
  • 個人で行動したいタイプ
  • 理不尽や政治が嫌い
  • 意味のない作業をしたくない
  • 朝が苦手で飽き性

また、サラリーマンに向いていないのではなく、今の会社が合っていないという方は、転職エージェントの利用をおすすめです。

転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

あなたの希望や特性に合わせた求人を紹介してくれるだけでなく、面接対策や書類添削などのサポートも受けられます。

転職エージェント特徴
doda
  • サポートが手厚い
  • 転職サイトとしても使える
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 転職支援実績No.1

サラリーマンに向いていないということは、他の職業に向いているということでもあります。

自分に合った働き方を見つけて、豊かな人生を送りましょう。

関連記事