Operated by Ateam Inc.

イーデス

サラリーマンに向いてない人の特徴6選!会社員以外の生き方やフリーランスについても紹介

最終更新日:

サラリーマンに向いてない人の特徴6選!会社員以外の生き方やフリーランスについても紹介
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「もしかしてサラリーマンに向いていないかも…」と悩んでいませんか?

まわりの人は普通に過ごしているのに、なかには多大なストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

最近はワークスタイルが多様化しているので、1つの働き方に縛られる必要はありません。

本記事では、サラリーマンに向いていない人の特徴・向いている人の特徴、会社員以外の働き方などをご紹介します。

サラリーマン・会社員に向いていない人におすすめの職業も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

サラリーマンに向いてないと感じたら転職エージェントに相談してみよう

サラリーマンに向いていないと思っている人のなかには、ただ単に今の職場が合わないというケースもあります。

会社が変われば状況が変わる可能性もあるので、転職を検討してみるのも1つの選択肢です。

「そもそも転職すべきか」「自分に合った仕事はあるのか」などを相談したいなら、転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントとは、転職に関するさまざまな相談ができ、求人紹介などのサポートを無料で受けられるサービス。

とくにおすすめなのは、顧客満足度No.1に選ばれている「doda」です。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント20代第1位)

doda
(引用元
doda

「doda」は、キャリアアドバイザーの質が高く、親身なサポートをしてくれると定評があります。

求職者のキャリアや将来を考えたうえでアドバイスしてくれるので、転職に関する悩みを抱えている人におすすめです。

利用は完全無料なので、まずは無料登録をして相談してみることをおすすめします。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

気になる内容をタップ

そもそも「会社」っていったい何?

そもそも「会社」っていったい何?

「会社」という組織に所属して働いている人をサラリーマンといいますが、そもそも会社とはいったい何なのかご存知でしょうか?

組織という言葉には、以下のような意味があります。

一定の共通目標を達成するために、成員間の役割や機能が分化・統合されている集団。

引用元
Weblio辞書

上記を参考にすると、会社とは利益を得ることを目的として、個人が協力しあい、世の中に価値を提供する組織といえるでしょう。

つまり、会社は利益を生み出すことを目的としていて、そこで働くサラリーマンは会社の目的に協力した対価をもらっているといえます。

本当にサラリーマンに向いていない?

サラリーマンは労働の対価として「サラリー(給料)」をもらいますが、そのためには決められた役割を果たさなければいけません。

会社の方針にしたがって業務を行うため、自分の好きなように仕事を進めることはできないでしょう。

集団のなかで足並みをそろえて働くことに、大きなストレスを感じる人もいるかもしれません。

しかし、今の仕事にストレスを感じていても、「サラリーマンに向いていない」と判断するのは早いです。

「仕事でミスをした」「人間関係でつらいことがあった」という理由だけで判断しないようにしましょう。

今の会社や仕事内容が向いていないだけの可能性もあるため、本当にサラリーマンに向いていないのかどうか確認してみてください。

サラリーマン・会社員に向いてない人の特徴6選

サラリーマン・会社員に向いてない人の特徴

「もしかしてサラリーマンに向いていないかも…」と思う人は、以下の6つの特徴を確認してみましょう。

当てはまる項目が多い人は、サラリーマン以外の働き方のほうが向いている可能性があります

サラリーマンに向いていないと悩むのではなく、これからの働き方や生き方について考えるための参考にしてみてください。

特徴1.古い慣習やルールに納得がいかない

どこの会社にも、古い慣習や暗黙のルールなどがあります。

会社の一員であるサラリーマンは、慣習やルールにしたがって行動しなければいけません。

しかし、サラリーマンに向いていない人は、納得のいかない慣習やルールに縛られたくないと考える人が多いでしょう。

たとえば、上司から「こうあるべき」と言われると「なぜ?」という疑問を持ち、納得できる説明がない場合はルールにしたがうことを拒絶する場合も。

本人としては「自分が納得できることしかやらない」というポリシーを持っているだけですが、まわりから見ると厄介者扱いをされることもあります。

サラリーマンとしてうまくやっていくためには、まわりに歩調を合わせ、集団に馴染む努力をしていく必要があるでしょう。

特徴2.仕事ができない人にイライラする

会社には大勢のサラリーマンが働いているため、仕事ができる人とできない人が出てきます。

サラリーマンに向いていない人は仕事ができる人も多く、効率よく業務をこなすため、仕事が遅い人にイライラしてしまうことも少なくありません。

責任感が強い人も多いため、仕事ができない人をみると無責任に見えてしまう場合も。

しかし、人にはそれぞれ向き不向きや個性があるため、集団のなかで働いている以上は、お互いに尊重することが大切です。

とくに、仕事が遅い人は、能力が低くて仕事が遅い人と、丁寧な仕事をする人の2タイプいます。

たとえ仕事が遅くても、成果物が完璧であれば、決して仕事ができないわけではありません。

逆に、仕事が早い人のなかには適当に終わらせてしまう人もいるため、一概にスピードだけでは判断できないでしょう。

サラリーマンとしてうまくやっていくためには、一人一人の個性や性質を尊重し、足りない部分を補い合いながら協力していく必要があります。

特徴3.個人で行動したいタイプ

会社という組織では、集団行動が基本です。

会社員にはそれぞれに役割分担があり、チームで協力して行動することが求められます。

しかし、サラリーマンに向いていない人は、集団行動が苦手で個人で行動したいタイプの人が多いでしょう。

「自分のペースで仕事がしたい」「ペースを乱されるのが嫌い」という人は、自分一人のほうが効率が良いと思っている場合もあります。

サラリーマンとしてうまくやっていくためには、まわりと情報共有をしながら、歩調を合わせて仕事を進めることが必要です。

特徴4.理不尽や社内政治が嫌い

サラリーマンとして働いていると、理不尽な対応を受けたり、業務とは関係のない行事に参加させられたりすることが多々あります。

たとえば、上司から理不尽に怒られたり、取引先からクレームを受けたりすることは、サラリーマンなら良くあるでしょう。

また、業務時間外なのに、強制的に会社の飲み会に参加させられることもあります。

社内で派閥がある場合には、派閥争いに巻き込まれることもあるかもしれません。

サラリーマンに向いていない人は、このような理不尽な対応や無駄な行事、社内政治などを嫌う傾向があります。

同僚や上司からは「付き合いが悪い」「協調性がない」といわれ、評価に影響することもあるでしょう。

サラリーマンとしてうまくやっていくためには、長いものに巻かれる覚悟で上司のご機嫌をとることも、ときには必要です。

特徴5.意味のない作業をしたくない

サラリーマンとして働いていると、意味のない作業をさせられることもあります。

何も解決できない会議は、意味のない作業の代表格です。

会議をすると、長時間にわたって多くの社員の業務が停止するため、会社の利益にも損失を与えます。

資料を共有するだけで済むのに、毎週のように定例会議を開くのも無駄といえるでしょう。

また、社訓を読むだけの朝礼や、紙代が無駄になる資料作りなども、意味のない作業の1つです。

サラリーマンに向いていない人は、効率を重視して働く人も多いため、意味のない作業にストレスを感じる人が多いでしょう。

しかし、サラリーマンとしてうまくやっていくためには、意味のない作業も受け入れなければいけません。

風通しの良い環境であれば上司に提言することも可能ですが、長年にわたってやっている業務をいきなり削るような柔軟な会社は少ないのが現状です。

特徴6.実現したい目標・夢がある

今の会社に就職したときは、実現したい目標があった人もいるかもしれません。

しかし、実際に働いてみると理想とは程遠く、今の会社では夢を実現できないと感じている人も多いのではないでしょうか。

どうしても実現したい目標や、叶えたい夢がある人は、サラリーマンに向いていないといえます。

サラリーマンは所属している会社の利益を追求することが目的のため、自分が実現したい目標と一致するとは限らないでしょう。

どうしても叶えたい夢があるなら、サラリーマンを辞めて事業を始めるか、自分の目標と一致する会社に転職するしか方法はありません。

サラリーマンとして今後も長く働いていくためには、自分の夢よりも、会社の利益を優先させる覚悟も必要です。

サラリーマンに向いている人の特徴は?

サラリーマンに向いている人の特徴は?

では逆に、サラリーマンに向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?

自分に当てはまる項目があるかどうかを確認し、サラリーマンに向いていないと感じたら、別の選択肢も視野に入れてみましょう。

特徴1.経済的・精神的な安定を求めている

サラリーマンに向いている人の特徴は、とにかく安定を求めている人です。

経済的な安定はもちろん、精神的な安定も求めている人が多いでしょう。

今のご時世、正社員でも一生安泰とはいえませんが、少なくともフリーランスや非正規雇用よりは安定しています。

しかし、サラリーマンを辞めてフリーランスや起業した場合、安定した生活を送ることは一生できません。

複数のクライアントと良好な関係を築いていても、いつ何が起こるかわからないため、つねに危機管理が必要です。

サラリーマンに向いている人は安定志向の人のため、つねに不安定なフリーランスなどとは対極にいるといえます。

特徴2.出世を目指している

会社での出世を目指して頑張っている人は、サラリーマンに向いています。

とくに、高学歴の人は規律に従う傾向が強く、保守的な人が多いため、組織のなかで出世したいと考える人が多いでしょう。

実際、高学歴であれば大手企業に勤めている人が多く、今の地位を捨ててまで「冒険したい」「自由になりたい」と考える人は少ないです。

なぜなら、多くの高学歴者は、今の地位を手に入れるために子どもの頃から遊びよりも勉強を優先させて努力してきた人の可能性が高いから。

サラリーマンを辞めてしまうと、今までの自分の人生を否定することになってしまうため、今の会社での出世を目指す人のほうが多いでしょう。

特徴3.ルールが決まっていないと何をすれば良いかわからなくなる

サラリーマンに向いている人の特徴は、ルールが確立された組織のなかで働くことに安心感を抱くような人です。

ルールが決まっていないと何をすれば良いのかわからなくなり、不安になってしまう傾向があります。

いわゆる「指示待ち人間」に多い特徴ですが、規則を守る優等生タイプの人が多いといえるでしょう。

このタイプの人がサラリーマンを辞めてしまうと、何から手をつければ良いかわからずに、時間だけが過ぎてしまうことも。

気がつくと1日が終わり、「今日も無駄に過ごしてしまった」と自己嫌悪に陥る可能性があります。

フリーランスにはあまり向いていないタイプのため、一度は挑戦しても、結局サラリーマンに戻る可能性が高いでしょう。

特徴4.仲間と協力しながら仕事をするのが好き

仲間と協力しながら仕事をするのが好きな人は、サラリーマンに向いています。

サラリーマンとして生きていくには、組織のなかで上手に立ち回る必要があるため、集団行動が得意な人のほうが生きやすい世界です。

たとえば、フリーランス・起業した場合、一人で黙々と作業する時間が圧倒的に多いため、自分自身で仕事をコントロールしなければいけません。

もちろん、社会で生きていく限り、フリーランサーや起業家になっても周りと連携する必要はありますが、人と関わる機会は極端に減るでしょう。

「一人だとつまらない」「チームワークを大切にしたい」という考えの人は、サラリーマンのほうが向いています。

藤井さん

企業で働くには、自身のメリットと同時に、企業に求められる人物像であることが重要です。お互いがWINWINの関係でなければ、サラリーマンを続けられません。
例えば、企業側はチームワークよく仕事を進められる人を求めています。大きな組織になればなるほどチームで協力しながら成果を出していくことが必要なので、その傾向は強くなります。
大手の商社やメーカーでは、新卒採用で体育会系の人を採用する傾向がありますが、これはチームワークよく仕事を進められる人を求めているからです。
なかには合わないメンバーもいますが、それでも仲間と協力しあうプロセスを大切にできる人は、組織に向いているでしょう。

特徴5.人に評価されるとやりがいを感じる

サラリーマンに向いている人は、人に評価されることで仕事へのやりがいを感じる人が多いです。

自分の判断に自信がないため人からの評価に頼る人もいますが、「他人に認められたい」という願望が強い人が多い傾向があります。

人から評価されないと自信を持てず、自己満足感が低くなってしまうことも特徴です。

一方、サラリーマンに向いていない人は、人から評価されることを嫌うタイプが多いでしょう。

とくに、上司から理不尽な評価を受けることに納得できない人が多いです。

フリーランスや起業をしても人から評価される場面はありますが、基本的には自分自身で客観的に評価しなければいけません。

サラリーマンのように誰かがアドバイスをくれるわけではないため、「何が足りないか」「どのように改善すべきか」を自分で考える必要があります。

自分自身で道を切り拓いていくことに苦痛を感じる人は、サラリーマンのほうが向いているでしょう。

サラリーマン・会社員に向いてないのは社会不適合者だから?

サラリーマンに向いている人の特徴は?

サラリーマンに向いていないと感じる人のなかには、皆は普通にできることができなかったり、会社に行くだけで疲れてしまったりする人もいるでしょう。

しかし、「サラリーマンに向いていないから無能」「社会不適合者かも」と気にする必要はありません。

人にはそれぞれ異なる性質があり、その人に適した環境があります。

サラリーマンに向いていないと感じる人は、自分の性質を理解し、自分に合った環境で伸び伸びと働きましょう

もしかしたら「HSP」かもしれません

HSPとは、アメリカの心理学者「エレイン・N・アーロン博士」が提唱した心理学的概念のこと。

全人口の15~20%の人がHSPだと考えられており、神経が細やかで感受性が強い性質を持った人のことをいいます。

HSPの具体的な特徴は、以下の4つです。

  • 簡単に結論の出るような物事であっても、深くさまざまな思考をめぐらせる
  • 刺激に対する反応が強く表れやすく、疲れやすい
  • 他人との心の境界線が薄く、相手の感情の影響を受けやすい
  • 他の人が気づかないような音や光、匂いなど、些細な刺激にすぐ気づく
(引用元
サワイ健康推進課|沢井製薬

HSPの人は、他の人に比べると感覚的な刺激に強く反応し、不安や恐怖を感じやすい特徴があります。

いわゆる「空気を読むこと」が得意で、相手の気持ちを考えて行動できる人です。

また、探求心が強く、物事を深く突きつめて考えることができます。

その反面、ちょっとしたことで精神が不安定になりやすく、ストレスをためやすいことも特徴です。

これらの特徴からもわかるように、HSPの人は集団行動を強いられるサラリーマンには向いていないといえるでしょう。

自分がHSPに当てはまると感じた人は、サラリーマン以外の働き方も検討してみることをおすすめします。

サラリーマン・会社員以外の働き方・生き方

サラリーマン・会社員以外の働き方・生き方

自分に向いていない働き方を続けるとストレスがたまり、本来の自分の能力を発揮できない場合があります。

そのため、サラリーマンに向いていない人は、会社員以外の働き方をするほうが有意義な人生を送れる可能性が高いでしょう。

ここでは、サラリーマン・会社員以外の働き方や生き方をご紹介します。

さまざまな選択肢があることを知り、自分に合った働き方を見つけてみてください。

起業・フリーランス

サラリーマン・会社員に向いていない人は、起業・フリーランスとして働くことも検討してみましょう。

会社にいるだけでストレスがたまる人は、組織や集団のなかで働くよりも、個人で黙々と働くほうが向いています。

起業やフリーランスの場合、自分のペースで仕事を進められるうえ、誰からも干渉されることがありません

しかし、自分でプランを立て、自分自身でスキルアップし、目標に向かって進んでいく必要があります。

決して容易なことではありませんが、サラリーマン向きの人にはない能力があると信じて、起業やフリーランスも選択肢に入れてみましょう。

注意!フリーランスに向いてない人もいる

サラリーマンに向いていないすべての人が、フリーランスに向いているとは限りません。

なかにはフリーランスに向いていない人もいるため、仕事を辞める前に「フリーランスに向いているかどうか」を確認しておきましょう。

フリーランスに向いていない人の特徴は、以下の通りです。

  • 安定収入を求めている
  • 指示がないと動けない
  • 仕事に対して責任感を持てない
  • 自己管理能力がない など

フリーランスに向いているのかどうか、しっかりと見極めてから、自身の進むべき道を決めることをおすすめします。

フリーランスとして働くなら、クラウドソーシング専門の仕事紹介サイトに登録しておくと便利です。

クラウドソーシング専門の仕事紹介サイト

「クラウドワークス」や「ランサーズ」は、企業からオファーを受けたり、気になる案件に自分で応募したりできます。

また、「ココナラ」は自分のスキルを売る形式のため、魅力的なキャッチコピーなども考えておくのがおすすめです。

フリーランスを始めたら、まずはさまざまなサイトに登録して、仕事を受ける準備をしておきましょう。

副業を始めて個人で稼ぐ力をつける

サラリーマンからいきなり起業やフリーランスになるのは、不安を感じる人も多いでしょう。

その場合は、サラリーマンを続けながら副業を始めてみるのもおすすめです。

副業が解禁されたため、会社員のなかにも副業で稼いでいる人がたくさんいます。

まずは、副業で稼ぐ方法を模索し、スキルを身につけ、ある程度の収益が出てきたらフリーランスに転身すると良いでしょう。

以下のような副業なら、手軽に始めやすいです。

会社員として働きながらできる副業

  • Webライティング
  • データ入力
  • 翻訳
  • 食事宅配サービス

サラリーマンを続けながら副業をすれば、万が一副業がうまくいかなくなっても本業があるため安心です。

精神的・経済的な余裕を持って挑戦できることは、大きなメリットといえるでしょう。

ここでは、4つの副業についてご紹介します。

以下の記事は、システムエンジニアで稼ぐ方法を詳しく解説しているので、興味のある人はチェックしてみてください。

副業1.Webライティング

Webライティングとは、ネット上にあるさまざまなWebサイトの記事を執筆する仕事です。

Webサイトにはさまざまな種類があり、自社商品販売が目的のオウンドメディア、多数のブランドを扱っているECサイトなどはよく見かけるでしょう。

その他にも、広告収入を主としているコンテンツメディアやアフィリエイトサイトなど、さまざまなタイプのWebサイトがあります。

これらのWebサイトは、集客することを目的としてコンテンツ制作をしているため、多くの人に読まれる記事を作成しなければいけません。

Webライティングは、これらのWebサイトを運営している企業や個人の意向に沿った記事を執筆する必要があります。

書くことが好きな人、何かを調べることが好きな人は、Webライティングに挑戦してみると良いでしょう。

副業2.データ入力

データ入力とは、パソコンで数字や文字などのデータを入力する仕事です。

データ入力専門の会社に出向いて働くこともありますが、クラウドソーシングにもさまざまな案件があります。

自分で何かを考える必要はほとんどなく、ただひたすらキーボードを打ち続ける仕事です。

そのため、ブラインドタッチができることはもちろん、タイピングスピードが速い人に向いています。

最近では、画像処理やスキャン、プログラミングスキルなどが必要な仕事もあるため、自分のスキルに合った仕事を探してみましょう。

副業3.翻訳

翻訳とは、ある国の言語で書かれた文章を、他の国の言語に書き換える仕事です。

翻訳の仕事はおもに3つに分類され、文芸翻訳・実務翻訳・映像翻訳があります。

海外の小説やビジネス書などの書籍、商品の取扱説明書、映画の字幕など、普段から翻訳された文章を目にする機会は多いでしょう。

しかし、ただ単純に直訳するだけではなく、筆者の意図をくみ取って正確に読者に伝えなければいけないため、読解力も必要になります。

翻訳の仕事をするには、外国語の能力・読解力・文章力を基本として、表現力や専門知識などさまざまな能力が必要です。

高収入の売れっ子翻訳家は一握りですが、需要が高まっている仕事なので、副業としておすすめの仕事といえるでしょう。

副業4.食事宅配サービス

コロナ禍によって在宅勤務になった人や、外出せずにおうち時間を楽しんでいる人が増えています。

食事を作るのが面倒だったり、買い物に行けなかったりする人は、食事の宅配サービスを利用する場合が多いでしょう。

自社で作ったお弁当などを配達する場合と、さまざまな飲食店の注文を受ける場合の2パターンあり、いずれも個人宅などに食事を配達する仕事です。

食事宅配サービスは需要が増えている業界のため、求人が多く出ています。

宅配業者によって交通手段は異なりますが、自転車やバイク、車などを運転できれば特別なスキルは必要ありません。

また、アルバイトのように決まった時間・決まった場所で働くのではなく、自分で働く時間や場所を選べるケースが多いので、自由な働き方ができます。

「職種を問わず副業を始めてみたい」という人は、食事の宅配サービスがおすすめです。

サラリーマン・会社員に向いてない人におすすめの職業

サラリーマン・会社員以外の働き方・生き方

サラリーマン・会社員に向いてない人の働き方をご紹介しましたが、次は、どのような職業が向いているのかご紹介します。

以下は正社員の求人もありますが、フリーランスとして働くことも可能な仕事です。

3つの項目ごとに、具体的な職業を見ていきましょう。

在宅ワークできる職業

在宅でできる職業なら、時間や場所を選ばずに仕事ができるため、決まった時間・決まった場所に拘束されるのが苦手な人に向いています。

代表的な在宅ワークは、以下の3つです。

仕事内容も簡単に解説しているので、参考にしてみてください。

職種仕事内容
Webライター
  • 新聞や雑誌ではなく、Webサイト上の文章を書く
  • SEOの知識が必要な場合が多い
Webデザイナー
  • Webサイト設計の企画設定やコーディングなどを行う
  • Webサイトのデザインや機能的な構成を作る技術が必要
プログラマー
  • プログラミング言語を用いて、システム開発やソフトウェア開発を行う
  • IT市場の発展と共に需要が高くなっている

上記の職種は、会社によっては月に数回の出勤を求められることもありますが、在宅で完結できる仕事が多いのでほとんど出勤する必要はありません

何か問題が起きたり、話し合いたいことがあっても、基本的にはオンラインミーティングで解決できます。

また、スキルを磨き、実績を積んでいけばフリーランスとして独立することも可能です。

黙々と作業できる職人気質の職業

一人で黙々と作業できる人は、職人気質の職業が向いています。

クリエイティブ系の仕事が多く、在宅で始められる代表的な仕事は以下の2つです。

黙々と作業できる職人気質の職業仕事内容
イラストレーター
  • 依頼された内容に沿ってイラストを描く
  • デジタルでイラストが描けるとさらに可能性が広がる
動画クリエイター
  • 商業用の動画素材を制作したり、動画を編集したりする仕事
  • 動画の編集や作成には根気がいる

イラストレーターは絵を描くことが好きな人に向いていて、ライターやプログラマーよりもアート系に近いクリエイター職といえます。

ゲームやアプリ制作などの会社にも需要があるでしょう。

動画クリエイターはYouTubeの編集をはじめ、映画やテレビ番組の編集まで、スキルによって幅広く活躍できる仕事です。

最初は会社員として経験を積んでから、フリーランスとして独立するとスムーズに仕事を確保できる可能性があるでしょう。

どちらの仕事も、フリーランスであれば自由な働き方が可能です。

人と会話をする機会が少ない職業

コミュニケーションをとるのが苦手な人は、人と会話をする機会が少ない職業が向いています。

たとえば、以下の仕事がおすすめです。

項目説明
警備員
  • 巡回や点検をメインに行う
  • 場合によっては夜勤もある
配送業
  • 車を運転して荷物を届ける
  • 1人で運転する時間が長い

在宅勤務は難しいですが、一人業務が多いので自分のペースで働ける可能性が高く、人と接することも少ない仕事です。

また、警備員や配送業は未経験歓迎の求人が多いので、異業種からでも採用される可能性があるでしょう。

リクナビNEXT(2022年10月時点)には、警備員や配送業の「未経験歓迎」の求人がたくさんあります。

職種未経験歓迎の求人数
警備、守衛114件
ドライバー、セールスドライバー、配送スタッフ666件

(参考:リクナビNEXT|2022年10月時点

会社の人と長時間一緒にいたり、接したりすることが苦手な人は、上記のような仕事がおすすめです。

会社員に向いてない人の転職はリモートワークがおすすめ!起業も視野に

会社員に向いてない人の転職はリモートワークがおすすめ!

会社員に向いていない人が転職するなら、リモートワークが可能な仕事がおすすめです。

起業も視野に入れて、経験を積むつもりで仕事探しをしてみましょう。

今後のキャリアプランをイメージしながら、読み進めてみてください。

起業するならまずは経験を積む

将来的に起業したいと思っているなら、まずは会社員として転職し、経験を積むのがおすすめです。

起業する業界の会社で経験を積めば、業界事情や仕事の取り方なども学べます

現職のまま副業として始めるのも良いですが、経験・実績を作ったほうが起業しやすいので、会社員として働くほうが有益でしょう。

実績を作るための転職なら、自分が求める働き方に合った業界・職種を選択することは大前提です。

コンサルや営業などの人と接する仕事で起業する場合、起業後も人と接する機会は多いですが、働く時間を自由に調整できます。

エンジニアやプログラマー、Webマーケティングやコンテンツ制作などの仕事で起業する場合は在宅ワークが可能で、時間も場所も自由に調整できます。

まずは経験を積み、スキルや知識を武器にして起業を成功させましょう。

リモートワーク・フレックスタイムの会社もある

転職といっても、毎朝オフィスに出勤する仕事ばかりではありません。

自宅にいながら正社員の仕事ができる「リモートワーク」や、勤務時間を自由に調整できる「フレックスタイム」を採用している会社もあります

「9~12時」などとコアタイムが設定されている場合は、その時間帯は必ず仕事をしなければいけません。

しかし、コアタイムが決まっていない「フルフレックス」の会社もあります。

フルフレックスなら、早朝でも深夜でも、自分の好きな時間に仕事をすることが可能です。

必要稼働時間さえ満たせば、休日も自由に調整できる会社もあるでしょう。

藤井さん

コロナの影響でリモートワークを併用する企業が一気に増えました。仕事内容や会社の方針によっては、完全リモートワークにしているところもあります。販売や介護など、リモートワークにできない仕事もありますが、出社しなくても仕事ができるケースが増えています。
しかし、リモートワークを導入していても、会社方針によっては出社することを求める組織もあります。スタンダードをどうしていくのか、多くの企業があるべき姿を探っている状況です。もし、リモートワークやフレックス制を導入している企業を希望するなら、転職エージェントに確認してみましょう。どの程度のバランスでリモートなどを希望しているのかも明確にして聞いてみてください。
ただし、リモートワークの会社に転職すると、動き方がわからなくて悩む人もいます。誰に何を聞いたらいいのか、全体の様子が見えない、個人的な性格がわからない、という声があります。集団行動が苦手でリモートワークやフレックス制を希望する人は、全体の様子を見るためにも、自ら踏み込んでいく姿勢が大事です。

リモートワークの求人を探すなら転職エージェントを活用!

転職エージェントの仕組み

起業やフリーランスを視野に入れて経験を積むことは必要ですが、必ずしもオフィスで9~17時で働く必要はありません。

自由な働き方ができる求人はベンチャー企業に多いですが、最近は働き方改革で大手企業もフレックスタイムなどを導入しています。

リモートワークが可能な求人や、フレックスタイムの求人を探すなら、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに相談すれば、希望条件に合った求人をピックアップして紹介してくれます。

また、求人の紹介だけでなく、面接対策や応募書類の添削など、転職活動をサポートしてくれることがメリットです。

転職エージェントを利用するメリット項目

藤井さん

フリーランスを希望する人は、サラリーマンが向いていない人のほか、将来起業を考えている人もいます。
転職エージェントを利用すれば、サラリーマンが向いていない人でも安心して働ける組織や仕事は何かがわかります。また、起業を考えているのであれば、こんなことを組織の中で経験した方がいい、などのアドバイスをしてくれます。
以前、集団行動が苦手で会社員には向いていないのではないか、と悩んでいた大手企業勤務の人が、中小規模の会社に転職したら、イキイキと活躍できた例もありました。実は転職先の人たちの多くが、大手に向かない人の集まりだったのです。自分ひとりで悩んでいた時は、サラリーマンに向いていないと思い込んでいましたが、そうではなかった、とわかったそうです。
自分ひとりで解決しようとせず、まずは自分の辛い状況や将来のビジョンを伝えてみましょう。それに向けたアドバイスや、解決できる求人を紹介してくれるのが転職エージェントです。

利用料は無料なので、転職に関して不安なことやわからないことがあれば何でも相談してみましょう。

おすすめの転職エージェントは、以下の2社です。

転職エージェントは複数利用が基本

転職エージェントは求人数・得意分野・サービス内容が異なるので、複数登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見たほうが希望に合った転職先を見つけやすく、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

以下に紹介する2社は、利用者からの評判が良い転職エージェントなので、ぜひ登録しておきましょう。

サポート内容が充実している「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、サポート内容が充実していると評判の転職エージェントです。

キャリア相談やヒアリングの丁寧さに定評があり、登録後はアドバイザーが親身に転職相談にのってくれます。

そもそも退職するか迷っている人は、「本当にサラリーマンに向いていないのか」という悩みを相談してみると良いでしょう。

また、dodaは「転職サイト」としても利用でき、登録後はサイト上で自分で求人を検索することも可能です。

2022年10月時点、dodaには「フレックス勤務」の求人が45,759件もあります(参考:doda求人一覧)。

「マイペースに転職活動を進めたい」「起業前に実績を作れる会社が知りたい」など、状況に応じて使い分けてみてください。

まずはdodaに登録し、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

求人数が業界トップクラスの「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人数を保有している転職エージェントです。

一般に公開されていない非公開求人も豊富にあるので、リモートワークやフレックス制の求人も見つかる可能性があるでしょう。

2022年10月時点、リクルートエージェントには「フレックス勤務OK」「在宅勤務OK」の求人が379件ありました(参考:リクルートエージェント求人一覧)。

また、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントで、各業界に精通したアドバイザーが的確なアドバイスをくれます。

独自に仕入れた会社の情報なども提供してくれるので、入社後のミスマッチを防ぐことも可能です。

面接対策や書類添削などのサポートも充実しているので、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

たくさんの求人を比較検討したい人は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェント|基本情報

運営会社

株式会社リクルート

公開求人数

約404,000件

非公開求人数

約221,000件

対応地域全国+海外
料金すべて無料
登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年6月時点)

まとめ

会社員という働き方に苦痛を感じている人は、サラリーマンに向いていない可能性があります。

サラリーマンに向いていない人の特徴は、以下の通りです。

サラリーマンに向いていない人の特徴

  • 古い慣習やルールに納得がいかない
  • 仕事ができない人にイライラする
  • 個人で行動したいタイプ
  • 理不尽や社内政治が嫌い
  • 意味のない作業をしたくない
  • 実現したい目標・夢がある

逆に、サラリーマンに向いている人の特徴は、以下の通りです。

サラリーマンに向いている人の特徴

  • 経済的・精神的な安定を求めている
  • 高学歴で出世を目指している
  • ルールが決まっていないと何をすれば良いかわからなくなる
  • 仲間と協力しながら仕事をするのが好き
  • 人に評価されるとやりがいを感じる

世の中にはさまざまな働き方があるので、サラリーマンだけが選択肢ではありません。

サラリーマンに向いていない人は、起業やフリーランスという選択肢もあります。

起業するための準備として、リモートワークやフレックスタイムが可能な会社に転職し、実績を作ってから独立すると良いでしょう。

求人を探すなら、以下の2つの転職エージェントがおすすめです。

転職エージェント特徴
doda
  • サポートが手厚い
  • 転職サイトとしても使える
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 転職支援実績No.1

たとえサラリーマンに向いていなくても、フリーランスとして伸び伸びと働き、正社員以上に稼ぐことは十分に可能です。

自分に合った働き方を見つけて、豊かな人生を送りましょう。

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE