Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職したい時の判断基準とすべきことを解説!転職に必要な準備も紹介

最終更新日:

転職したい時の判断基準とすべきことを解説!転職に必要な準備も紹介
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「仕事に不満があり、真剣に転職したいと考えている」

「条件のよい会社を見つたので、転職しようか迷っている」

今の仕事にストレスを感じていたり、好条件の会社を見つけたりしたとき、「転職したい」と思うのは当然です。

しかし、転職のやり方がわからない場合、漠然と不安を抱いてなかなか仕事を辞められません。

また、転職を安易に決めてしまうと、今より給与や労働条件が悪くなって後悔するケースもあるため、慎重に決断することが大切です。

そこでこの記事では、転職すべきケースや転職体験談、転職に必要な準備などを解説します。

本記事を参考にして、転職したいときの判断基準とすべきことを理解し、スムーズな転職を目指しましょう。

【おすすめ】転職エージェントを活用する

転職活動に不安を感じている場合は、転職エージェントを利用することがおすすめです

転職エージェントを利用すれば、プロのキャリアアドバイザーに助言をもらいながら、自分に合った転職先を探せます。

おすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

おすすめの転職エージェント特徴
リクルートエージェント
  • 業界最多数の求人を誇る転職エージェント
  • さまざまなエリアや世代向けの求人がある
doda
  • 手厚い転職サポートを受けられる
  • 転職サイトとしても使える
レバテックキャリア
  • ITエンジニア・デザイナーに特化している
  • アドバイザーの質が高い

すべて無料で利用できるため、登録して求人だけでもチェックしてみましょう。

気になる内容をタップ

転職したいのか迷ったら?4つのポイントを解説

転職したいのか迷ったら?4つのポイントを解説

転職すべきかどうか迷っている場合、以下のポイントをおさえておきましょう。

それぞれ順に解説します。

ポイント①転職は甘えや逃げではないと知る

昨今、若い世代を中心に、転職することは当たり前の時代です。

ひとつの会社に勤め続ける「終身雇用」は影を潜め、転職に対して「甘え」「逃げ」と見られない風潮が定着しつつあります

マイナビ転職」による転職満足度の調査では、「不満」と答える人は20%未満で「満足」と答える人は81.6%と非常に多いです。

転職満足度の高さから、転職で今抱えている問題や不満を解消できる可能性が大いにあることが伺えます。

少しでも転職に興味があるのならば、一度真剣に転職すべきかどうか考えることをおすすめします。

藤井さん

転職すべきか迷っている時に、周囲から「せっかくいい会社に入ったのにもったいない」「我慢が足りない」など、転職することをマイナスにとらえて言われてしまうことがよくあります。
実際にそのように周囲に言われ、「自分が甘いのでは?」とキャリア相談に来られる方はたくさんいらっしゃいます。
しかし今の時代、転職しながらステップアップするのは普通のことです。
「逃げや甘えで転職したい」と思うことは、「きっかけ」と捉えていただくといいと思います。
その分、転職で「今の会社ではできないことを叶えたい」「自分の経験や持ち味を活かせ、評価されたり成長できる会社を探したい」と、これからについてしっかりと考えてみましょう。

ポイント②転職で解決できる問題か考える

転職すべきなのかどうかは、転職先で今抱えている問題を解決できるのか考えてから行動に移すべきです。

今の悩みを解決し、現状よりも満足できる職場環境にならなければ、転職する意味がありません

転職で問題を解決したり希望を叶えたりするには、以下の2つが重要になります。

  • 今の職場で悩みや不満を解決する努力をしたのか
  • 将来の目標や人生プランがしっかり立てられているのか

今の職場で問題を解決する努力ができない場合、転職しても同じ問題を抱える可能性が高く、転職先で同じことを繰り返すかもしれません。

また、将来の明確なビジョンや目標がないままでは、自分にとって有意義な仕事ができる転職先を選ぶのは難しいといえます。

転職活動を始める前に、現職のままで問題を解決できないか考えることが重要です。

以下より、今の職場でもできる「悩みや不満を解決する努力」の具体例をご紹介します。

信頼できる人に相談する

自分ひとりで判断できない場合には、客観的な判断ができる人に相談しましょう。

職場の上司や同僚、家族など信頼できる人であれば、誰でもかまいません。

「身近な人の場合、客観性がない」と考える人は、キャリアに特化したパーソナル・トレーニングが受けられる「ポジウィルキャリア」の利用をおすすめします。

ポジウィルキャリア」は、理想のキャリアを叶えるために併走してくれるサービスです。

有料トレーニングの申し込み前に無料相談を実施しており、カウンセラーと一緒に悩みを言語化するところから始まります。

自己分析から企業研究・求人探しまで、専属のキャリアトレーナーがつきっきりで支援してくれるため、納得のいく転職活動がおこなえると評判です。

また、初回のカウンセリング(オンライン)は無料で利用できます。

まずは一度キャリアカウンセリングを受け、本気で転職活動したい場合は、有料サービスを受けることがおすすめです。

ポジウィルキャリア|基本情報

運営会社ポジウィル株式会社
特徴オンライン・チャットでトレーニング可能
対応地域全国
料金初回相談無料
385,000円(税込)~+入会金

(最終更新:23年8月時点)

異動・転勤を打診する

現状の部署・オフィスがに合っていない場合は、会社に異動・転勤できるのか確認しましょう。

異動・転勤を実現できれば、退職する必要はありません

中規模~大規模の会社には、さまざまな部署・オフィスがあるため、異動・転勤を受け入れてくれる可能性があります。

異動や転勤の手続きは、社内の総務課や人事課などに確認しましょう。

同じ悩みを持つ人がいれば話し合う

社内に同じような「職場への不満」「人間関係の悩み」などを抱えている人がいるかもしれません。

そのため、会社終わりに仲のよい人たちと少人数で飲みに行く、あるいは食事に行くことがあった際は、正直に自分の悩みを打ち明けてみましょう。

もし同じ悩みを持つ人がいれば、悩みを共有しながら転職以外の最善策を導き出せるかもしれません

ポイント③転職に対する考え方のNG例を知る

転職は決して甘えや逃げではありませんが、転職理由や転職への考え方次第では、転職の成功確率は大きく下がります

ここでは、自分が転職すべき人間か確認するために、NGな考え方を紹介します。

今の職場で努力をしていない人はNG

今の職場で努力をしていない以下のようなタイプの人は、転職を避けましょう。

今の職場で努力をしていない人の特徴

  • スキルアップや成果を出すための努力をせず、仕事にやりがいがないと思っている
  • 協調性がないなどの原因で、人間関係が上手くいっていない
  • 転職によって、現職での問題が解決すると思っている

転職理由をすべて他人のせいにする「他責思考」は、転職先でも同じ問題を抱える可能性が高いです。

目標や人生プランがない人はうまくいかない

人生の目標が明確ではないまま、転職するのもNGです。

目標や人生プランがない人の特徴

  • 大きな不満はないが、なんとなく転職したい
  • 転職さえすれば給与や待遇が今よりよくなる
  • 今の職場で十分な経験を積まないで転職しようとしている

将来のビジョンがなく、新しい職場に都合のよい希望ばかりを抱いている人は、要注意です

安易に転職すると、後悔する可能性があります。

ポイント④転職の体験談を聞く(体験談あり)

可能であれば、実際に転職を経験した人に経験談を聞くことをおすすめします。

転職した理由やなぜその転職先を選んだのか、転職をするまでの経緯などを経験者から聞くのは参考になるためです。

転職活動の失敗談などを聞いておけば対策が立てられ、転職に成功している人に実際に会うことで迷いも振り切れる可能性があります。

ここでは、実際に転職を経験した人たちの体験談をご紹介します。

①やりたいことができるようになった

激務の会社やブラック企業からの転職を果たし、「やりたいことができるようになった」という転職成功の口コミ・体験談がSNS上に挙がっています。

時間や気持ち的な余裕ができたことで勉強や起業、なにより家族や恋人との時間が取れるようになったことを喜ぶ人は多く見られました。

今いる企業で時間やワークライフバランスの調整が難しいのであれば、転職でその希望が叶うかもしれません

②前職の方が社内の雰囲気はよかった

転職は必ずしも成功するわけではなく、転職しなければよかったとの声が一定数あるのも事実です。

「前の職場の方が働きやすかった」「パワハラ上司に当たってしまった」といった声もSNSには挙がっていました。

このようなミスマッチを防ぐためにも、事前に企業口コミサイトや転職エージェントを利用したり、実際にそこで働いている人などから内部情報を集めておきましょう

③年収が落ちたりキャリアアップもできなかったりと後悔

転職後に年収が下がったりキャリアアップできなかったりして、結果的に「転職に失敗した…」という口コミも失敗例として多いです。

しかし、たとえ年収が下がったとしても、職場環境がよくなったことで満足を得ているという声も少なくありません。

年収やキャリアに囚われず、「転職で本当に実現したいこと」を叶えてこそ、転職の真の目的は達成できるといえます。

転職の際には、果たしたい願いをはっきりさせておきましょう。

転職したいのはあなただけじゃない!転職理由で多いのは?

転職したいのはあなただけじゃない!転職理由で多いのは?

転職したいと思っていても、「こんな理由で転職するのはおかしい」「この転職理由は非常識かもしれいない」と悩む人はいます。

ここからは、転職理由として多いものをご紹介します。

自分に当てはまる転職理由があれば、真剣に転職すべきなのか検討しましょう。

給与が低い

「年収が低い」「働いても月給を上げられない」という理由で、転職する人は少なくありません。

給与が低いと仕事のモチベーションが上がらないだけでなく、実際に生活するのが困難なケースもあります。

働いた対価として納得のいく給与をもとめ、お金に余裕のある生活をしたいと願うのは当然でしょう。

年収が平均よりも低く、将来的にも昇給する見込みがない場合には、転職を考える人が多くなっています

労働条件が良くない

「残業や休日出勤が多い」「夜勤がある」「勤務時間が不規則」といった、労働条件が理由で転職を考える人もいます。

特に、過労で心身ともに疲れてしまったと感じるとき、転職したいと思う人が多い傾向にあります。

また、体を酷使する労働や危険をともなう作業がある職場から転職したいというケースも少なくありません。

残業の平均時間を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

人間関係に問題がある

上司のパワハラ、職場のいじめなどで人間関係に問題がある場合、転職して環境を変えたいと思う人が多いです。

ハラスメントやいじめを受けている場合、同じ職場で働き続けていると心身ともに疲れてしまいます。

また、人間関係が悪くなくても、社風に合わずに会社になじめないというのも転職したい理由になるでしょう。

人間関係を改善できない場合は、退職・転職を考えるべきかもしれません。

仕事のやりがいを感じられない

自分の希望に合う仕事をするために転職したいと思う人もいます

今の仕事にやりがいを感じられなかったり、本当にやりたい仕事ではなかったりするケースです。

また、今より高い地位や権限のある役職を求めて、キャリアアップのために転職をする人もいます。

仕事へのやりがいを見つけたいときは、以下の記事が参考になります。

家庭の事情による

結婚や子育て、親の介護など家庭の事情によって、転職を考える人もいます。

ハードワークな会社や労働時間の長い仕事では、家庭を大事にできません。

家庭にいる時間を長くとりたい場合、望に合った働き方ができる会社に転職する人は少なくありません

結婚や子どもの誕生で養う家族が増えた場合、もっと高い給与を求めて転職する人もいます。

仕事ができないから転職したい

仕事ができないと感じている人も、転職したいと考える傾向にあります。

仕事ができない場合、やりがいを感じられなかったり、上司から評価されなかったりするため、モチベーションを上げられません。

ミスの多い人は、上司から見放されてしまうと不安に思い、職場で居心地のわるさを感じることもあるでしょう。

また、仕事ができない人は、同僚の出世を目の当たりにして、自分だけが取り残されていく感覚に耐えられなくなるケースもあります。

仕事へのモチベーションを上げられず、メンタル面でダメージを受けやすいからこそ、仕事ができないという理由で、転職を検討する人はいます。

藤井さん

転職理由はおそらく、ひとつではないでしょう。
いくつかの理由が重なった時に「もう辞めよう」と考える方が多いのではないでしょうか。
理由の組み合わせとして多いのが、今の状況だけでなく、未来への不安です。
両方考えると、それが転職したい理由になる方は多いようです。
例えば、「会社の将来性に不安を感じた」だったり、「ここにい続けても成長していく自分がイメージできない」などです。
おそらく、「今が大変でも、これを乗り越えたら将来明るい」といったイメージにつながれば、押し留まることができる人もいるのでしょう。
会社を辞めたい理由を明確にしておくことで、どんな転職をしたいのかが見えてきます。
今だけでなく、未来のことも転職理由として考えてみてください。

厚生労働省の調査も参考にしよう

公的なデータによる転職理由も、自分の転職理由に妥当性はあるのか判断するために参考になります。

厚生労働省は、平成30年度雇用動向調査にて、転職者の転職理由を発表しています。

【転職入職者が前職を辞めた理由】
理由男性女性
給料等収入が少なかった10.2%8.8%
労働時間、休日等の労働条件が悪かった10%13.4%
職場の人間関係が好ましくなかった7.7%11.8%
仕事の内容に興味を持てなかった4.6%5.5%
結婚0.7%2.6%
出産・育児0.3%1.3%
介護・看護0.6%1.2%

(参考:平成30年度雇用動向調査|厚生労働省発表

男性は「給料が少ないこと」を理由に、女性は「労働条件が悪いこと」を理由に転職している人が多いようです。

転職すべき人・転職に向いている人まとめ!

転職すべき人・転職に向いている人まとめ!

転職すべき人や転職に向いている人の特徴を知ることで、あなたが転職した方が良いのかの判断材料になります

この章では、転職すべき人・転職に向いている人をまとめていきます。

転職をすべき人

転職活動を今すぐ始めるべき人は、以下のとおりです。

転職活動を今すぐ始めるべき人

  • 転職理由が明確に決まっている人
  • 今の職場では希望が叶えられない人

「今の職場にいると目的が叶えられない」「自分の人生が豊かにならない」と確信しているときは、すぐにでも転職活動を進めてよいでしょう。

転職を成功させるためには、しっかりと事前準備してください。

転職に向いている人

転職に向いている人は、以下のとおりです。

転職に向いている人

  • 自己分析が完璧にできている
  • 求人企業のニーズ・特徴を理解できる
  • 譲れない条件と妥協できる条件を決めている
  • 書類添削・面接対策の大切さをわかっている
  • 柔軟性があり、臨機応変に対応できる
  • 謙虚に学ぶ姿勢があり、自分の問題点にも向き合える
  • 将来のビジョンが明確で、キャリアアップに意欲的である
  • 前職で経験やスキルを身につけている

上記内容を網羅している人であれば、自分に合った会社からの内定を得られる可能性が高くなります。

転職に成功しやすい人は希望や目的がはっきりしているため、転職理由もスキルアップなどポジティブな内容が多い傾向にあります。

転職に向かない人

一方で、転職に向かない人の特徴は以下のとおりです。

転職に向かない人の特徴

  • こだわりが強く、柔軟な考え方ができない
  • 何でも他人のせいにする傾向が強く、謙虚な姿勢に欠ける
  • 将来についてのビジョンがなく、成長意欲が薄い
  • コミュニケーションが極端に苦手
  • 即戦力になるだけの経験やスキルがない

転職に向かない人は、ネガティブな理由で転職を考えることが多いです。

転職先でも同じ不満や問題を抱えやすい傾向にあり、すぐに退職してしまう可能性があります。

藤井さん

「転職したい」と常に言っているのに、なかなか動かない人っていますよね。
慎重すぎて決断しきれない方がまさにそうです。
そういう方は、無理して動かずに、今の仕事にきちんと向き合っていくことも悪いことではありません。
「ここで頑張る」と決めたら、案外目の前の仕事の見え方が変わってきて自分ごとになるかもしれません。
そうではないと、いつまでも満足が得られず、不平不満ばかりで日々を過ごすことになります。
私が過去出会った中では、決断しきれなくて、転職エージェントを通して話が進めば進むほど不安になってくる、という方もいらっしゃいました。
焦れば焦るほど、決断することが怖くなると思いますので、自分に合うペースで活動されるといいでしょう。
そしてその間、今の仕事も積み重ねる意識で頑張ることで、転職への自信になることもあります。

転職したいけど勇気がない人はどう?

転職したいけれども勇気が出ず行動に移せない場合は、「本当に転職すべきかどうか」考える必要があります。

まだ転職することに悩んでいる状態のため、転職すべきかどうかを判断することは難しいです

十分に検討しないまま転職に踏み切ると、転職後の後悔につながる可能性もあります。

本当に転職すべきかどうか考えるときは、転職する目的に向き合いましょう。

「今よりも楽な仕事をしたい」「なんとなく相性が合わない人がいる」などの漠然とした転職目的の場合、転職先でもまた同じような状態に陥る可能性が高いです。

また、転職回数が同世代と比べて明らかに多い場合、選考で不利になる恐れがあるため、今の仕事を続けることを視野に入れることが大切です。

転職したいけれども勇気が出ない場合は、転職目的に向き合い、年相応の転職回数なのか確認して結論を出しましょう。

転職を決断できない場合は、転職エージェントに相談しよう

転職エージェントは、求職者の現状をヒアリングし、最適なアドバイスをしてくれます。

転職を見送ったほうがよい場合はその旨をアドバイスしてくれますし、職場を変えたほうがよい場合は転職を後押ししてくれるため、迷いを解消できるでしょう。

実績豊富な「リクルートエージェント」や「doda」などの転職エージェントに登録し、転職する勇気が出ない悩みを相談してみませんか。

「とりあえず転職したい!」はアリ?ナシ?

「とりあえず転職したい」という曖昧な理由で転職に踏み切る場合は、なぜ「とりあえず」と思ったのか、しっかりと向き合うことが大切です。

会社や仕事に対してストレスや不満を感じていなければ、転職を検討することはありません。

「とりあえず転職したい」という気持ちの真意は、人間関係や待遇面、仕事内容などへの不満です。

そのため、転職すべきなのかどうかは、転職理由の明確化や自己分析の結果から判断しましょう。

企業との面接で「とりあえず転職したかった」という理由をそのまま伝えても通用しないため、曖昧な部分の言語化に努めてください。

新卒で転職したいけど難しい?

新卒ですぐに転職を成功させることは、決して不可能ではありません。

厚生労働省の調査によると、大卒3年以内の離職率は30%以上と高めです

1年目まで2年目まで3年目まで合計
平成28年11.4%10.6%10%32%
平成29年11.6%11.4%9.9%32.8%
平成30年11.6%11.3%8.3%31.2%

(参考:厚生労働省「新規学卒者の離職状況」

1年面の離職率も11%以上になっているため、新卒で退職する人は珍しくありません。

また、新卒1〜3年目で退職した後に転職する人は「第二新卒」と呼ばれ、短期間とはいえ就労経験があるため、面接で経験・スキルをアピールすることが可能です。

第二新卒の将来性や伸びしろを期待して採用する会社も多く、しっかりと対策を立てれば内定を近づけられます。

転職を決断したらすべき準備一覧

転職を決断したらすべき準備一覧

転職を決断していきなり転職活動をはじめても、よい転職先が見つかる可能性は低いといえます。

ここからは、転職を決断したらすべき準備一覧をご紹介します。

転職活動を在職中か退職後に進めるか決める

転職活動には、今の職場で働きながらする場合と退職してからする場合の2通りがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に合ったほうを選びましょう

在職中の転職活動のメリット・デメリット

働きながら転職活動をするメリットとデメリットは、以下のとおりです。

在職中の転職活動のメリット・デメリット

  • メリット:生活費の心配をしないでじっくり転職活動ができ、妥協しないで納得のいく転職先を選べる可能性が高い
  • デメリット:転職活動が就業後や休日に限られ、有休を使う機会が多くなる場合、今の職場にいづらくなる可能性がある

働きながらの転職活動は、残業が少ない会社や普段から有給休暇が取りやすい会社に勤めている人に向いています

生計をともにする家族がいる人は、働きながらのほうが家族の理解も得られやすいでしょう。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

退職後に転職活動をするメリットとデメリットは、以下のとおりです。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

  • メリット:時間の制約がないため、転職活動に十分な時間をあてられ、失業保険で無課税の収入も得られる
  • デメリット:給与がないため、転職活動が長引くと生活に支障が出る。なかなか決まらないと妥協することになり、希望よりも条件の悪い会社に転職する可能性がある

転職活動の期間が長くなると、仕事をしていない期間も長くなり、再就職に不利になる恐れがあります

退職後に転職活動をする場合には、期間を決めて短期決戦で臨みましょう。

転職前にできることを進める

今の会社で転職のためにできることを進めるのも重要です。

ここでは、働きながらできる準備をご紹介します。

実績を作る

転職を有利にするためには、面接でアピールできるような実績を作ることが大切です。

社会人になって3年未満など実績や経験が少ない場合には、転職を延期することも考えましょう。

1年後に転職するような目標を立て、経験を積んだり、必要なスキルや知識を身につけたりする計画性も必要です。

スキルアップする

転職前に有利になる資格を取得するなど、働きながらスキルアップすることも重要です。

異職種に転職を希望している場合、転職後に必要な資格や知識を身につけることがおすすめです

仕事に必要なスキル・知識を事前に把握すれば、新しい職種に対する適性ややる気を示せるでしょう。

転職に必要な3つの準備をおこなう

転職を決めたあとは、以下の3つの準備をしていきましょう。

自分のセールスポイントになるのは何かをまとめ、転職先にどんな条件を求めるのかを決めてから企業の情報を集めると効率的です。

①自分の強みは何かを考える

自分のセールスポイントが何かを知るためには、以下の項目を紙に書き出しましょう。

自分の強みは何かを考えるための項目

  • 今までに経験した職種
  • 仕事で身につけた知識・経験
  • 持っている資格やスキル
  • これまでの実績
  • 性格のよい面
  • 得意なこと など

どんな些細なことでも、自身の強みはすべて書き出しましょう

その中から、転職に有利となる事柄や転職したい企業・職種にマッチするものをピックアップし、アピールで使える要素を見つけます。

②転職先の条件を決める

セールスポイントがまとまったら、転職先の企業に求める条件を書き出します。

条件は転職理由によって異なりますが、一般的には以下のような条件を可視化させます。

転職先の条件

  • 給与や労働条件
  • 家から通える範囲がいいのか
  • 転勤はあってもいいのか
  • 自分のキャリアや適性に合った職種か
  • 現職での悩みが解決できるかどうか

書き出した中から、どうしても譲れない条件と妥協できる条件に分けましょう

給与であれば、「年収〇〇〇円までならば妥協できる」など最低ラインについても考えます。

③情報を集める

上記の2つがまとまったら、転職サイトなどで自分の条件に合う企業の情報を集めましょう。

給与や労働条件、勤務地などの基本的なことのほか、企業理念や将来性などをチェックすることも重要です。

自分の悩みが解決できるような企業かどうかや、最低限必要と決めた条件を満たしているかは必ず確認しましょう。

情報収集には、口コミサイトや転職サービスも役立ちます。

口コミサイトであれば、知りたい会社の社員からの生の情報をチェックでき、転職エージェントならば、ネットでは検索できない非公開求人を確認できます。

とくに転職エージェントは、キャリアアドバイザーから無料でアドバイスやカウンセリングを受けられるため、おすすめです。

転職したいけどお金がない場合は?

転職したいけどお金がない場合は?

転職活動に必要なお金が用意できない場合、転職するチャンスを逃してしまうかもしれません。

応募書類のための写真撮影や交通費であれば多額になる可能性は低いですが、スーツや靴、かばんなどを新しく購入する場合、万単位の出費になるでしょう。

そこでこの章では、転職活動でお金がないときの対策法をご紹介します。

在職中に転職活動する

今の仕事を続けながら転職活動を進めれば、お金に困ることはありません。

正社員として働いている場合、毎月安定した収入を得られ、資金不足で転職活動を中断するリスクを回避できます。

転職活動は、求人応募から入社までに、3~6ヶ月程度かかることが一般的です。

退職してから転職しようと検討している場合、十分な貯金がなければ、転職活動にかかる費用だけではなく、日々の生活費も不足してしまいます

また、収入のない状態で転職活動を進めると、焦って内定を決めてしまい後悔する可能性もあります。

収入源に困ることがないように、在職中に転職活動しましょう。

短期間にまとめて面接する

1~2日程度にまとめてさまざまな企業と面接すれば、交通費をおさえられます

たとえば、同じ最寄り駅の企業と面接する場合、以下のように帰りの交通費を削減することが可能です。

  • 1日1社を2日で面接する場合:
    ⇒500円(行き)+500円(帰り)×2日=2,000円
  • 1日2社と面接する場合:
    ⇒500円(行き)+500円(帰り)×1日=1,000円

特に遠方にある企業と面接する場合は交通費がかさむため、できる限り短期間にまとめて複数社と面接するとよいでしょう。

ただし、企業とのスケジュール調整が必要になり、状況次第ではうまく面接日程を合わせられない可能性があります。

リクルートエージェント」や「doda」などの転職エージェントに相談すれば、日程調整を代行してもらえるため、安心です。

失業手当の手続きをおこなう

転職先が決まってない状態で退職したときは、失業手当(基本手当)をもらえます

失業手当(基本手当)とは

  • 再就職を支援するために国から支給される手当
  • 失業している状態でなければ対象外となる
  • みずからハローワークで申請する必要がある
  • 雇用保険に1年以上加入していなければならない
  • 1日当たりの上限金額は7,000~8,000円程度

(参考:基本手当について|ハローワーク

仕事をする意思・能力の有無や雇用保険加入期間などの条件をクリアすれば、誰でも失業給付を受けられます。

転職活動でお金に困りそうな場合は、退職後、近くのハローワークで手続きしましょう。

アルバイトをはじめる

退職後に転職活動する際は、アルバイトで転職活動費や生活費を賄う方法もあります。

深夜や土日祝日などの時間帯であれば、面接の日とかぶることはほとんどありません

また、夜間や休日のアルバイトは、平日・昼間よりも時給が高い傾向にあり、効率よく稼げるでしょう。

ただし、転職活動の期間が長引いてしまうと、アルバイト代だけでは生活できなくなってしまう可能性があります。

ある程度貯金がある人以外は、在職中に転職活動することがおすすめです。

【転職したい人へ】おすすめの転職エージェント3選

転職をスムーズに進めるためには、「転職エージェント」を活用しましょう。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーがあなたの担当に付いてくれます。

転職エージェントのサービスの流れ横フロー図

利用料金はすべて無料であり、具体的には以下のようなサポートを受けられます。

サポート内容

  • キャリア相談
  • 応募書類の作成や添削指導
  • 求人紹介
  • 企業への推薦
  • 面接時のアドバイスや模擬面接の実施
  • 面接のセッティング
  • 給料などの条件交渉
  • 内定後のアフターフォロー

キャリアアドバイザーは、あなたの現状や希望を考慮した上で適切な求人を紹介してくれるので、不安の多い転職も安心して進められます。

ここでは、おすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

おすすめの転職エージェント特徴
リクルートエージェント
  • 業界最多数の求人を誇る転職エージェント
  • さまざまなエリアや世代向けの求人がある
doda
  • 手厚い転職サポートを受けられる
  • 転職サイトとしても使える
レバテックキャリア
  • ITエンジニア・デザイナーに特化している
  • アドバイザーの質が高い

豊富な求人を確認したい人におすすめ「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、業界最多の求人数を誇る転職エージェントです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており、転職に関する悩みや不安をなんでも相談できます。

リクルートエージェントの口コミ

40代 女性 会社員

最初の面談で細かくヒアリングしてくれた

最初の面談今の仕事内容、今後のキャリアパス、希望する条件のほか、そもそもなぜ転職したいと思ったのか、自身の考える転職のメリットなど、徹底的に話を聞いてくれたのはリクルートエージェントです。

(ナビナビ調査)

相談だけではなく、書類添削や面接対策、条件交渉の代行など、転職に関するすべてのことをサポートしてくれます。

求人保有数も日本最大級なので、さまざまな求人をチェックし自分に向いている仕事を探したいという人におすすめです。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

手厚い転職サポートを受けられる「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、手厚い転職サポート受けられることで人気の転職エージェントです。

各企業から直接オファーを受け取れる「スカウトサービス」や「面接指導」など、転職で不安な悩みを解決してくれるシステムが整っています

また、企業情報・職場の雰囲気などを詳しく公開しているため、気になる企業があればスムーズに応募できます。

実際にサイトを見ても、dodaほど企業情報を詳しく掲載しているサイトはなかなか見つかりません。

doda
(参考
doda

上記のように、年収や業績などの企業情報を詳しく調べられ、情報収集だけの利用でもおすすめです。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

ITエンジニア・デザイナーに特化している「レバテックキャリア」

レバテックキャリア」は、エンジニア・デザイナーの転職に特化している転職エージェントです。

IT・通信系の求人が多く、エンジニア向けの求人をスムーズに探せます

アドバイザーの利用者満足度も高く、安心してサポートを依頼できるでしょう。

また、エンジニアが忙しい職種であることを知っているため、夜間や土日でも対応してくれることも特徴です。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約25,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

まとめ

転職することは、決して甘えや逃げではありません

「仕事がつらい」「今後のキャリアが不安」などと悩んだら、転職するのも手段です。

転職を成功させるためには、プロのキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けられる以下の転職エージェントを活用しましょう。

おすすめの転職エージェント特徴
リクルートエージェント
  • 業界最多数の求人を誇る転職エージェント
  • さまざまなエリアや世代向けの求人がある
doda
  • 手厚い転職サポートを受けられる
  • 転職サイトとしても使える
レバテックキャリア
  • ITエンジニア・デザイナーに特化している
  • アドバイザーの質が高い

これらの転職エージェントは「無料」で利用できるため、気軽に相談してみてください。

「転職したい」と悩むあなたが、自分に合った仕事を見つけられることを願っています。

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.