Operated by Ateam Inc.

イーデス

会社の人間関係に悩むあなたへ!悩みを解消するためにできることを紹介

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

会社の人間関係で悩んでいませんか?

「上司に嫌われている気がする」
「仲が良い人がいなくてランチはいつも一人…」

このような問題で悩んで退職まで考える人もいますが、いきなり辞めるのは得策といえません。

次の職場でも同様の問題が起こるかもしれませんし、人間関係は少しの工夫で改善することもあるからです。

そこで本記事では、会社の人間関係を良くするためにできることや、思い切って割り切る方法などを紹介します。

最後までお読みいただければ、人間関係での悩みが減り、職場で過ごしやすくなるでしょう。

一人で悩む前に…

「人間関係が嫌で転職したい」と感じたら、一人で悩まず転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントとは、無料で転職の相談ができ求人紹介なども受けられるサービス。

特におすすめなのは顧客満足度No.1と評価されている「doda」です。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント20代第1位)

doda
(引用元
doda

「doda」は、アドバイザーの質が高く、親身なサポートで定評があります。

求職者のキャリアや将来を考えた上でアドバイスをしてくれるので、転職に関する悩みを抱えている方におすすめです。

利用は完全無料で気に入らなければすぐに退会できるので、まずは無料登録して相談してみることをおすすめします。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

    気になる内容をタップ

    会社の人間関係に悩み退職する人は多い

    会社の人間関係で悩んでいるのはあなただけではありません。

    多くの人が、人間関係の悩みにより転職しているからです。

    大手転職サービス「doda」が公開している転職理由ランキングでも、人間関係による理由が上位にランクインしています。

    【転職理由ランキング】TOP5

    1位給与が低い・昇給が見込めない
    2位昇進・キャリアアップが望めない
    3位会社の評価方法に不満があった
    4位社内の雰囲気が悪い
    5位肉体的または、精神的につらい
    (参考
    転職理由ランキング(総合)|doda

    また、厚生労働省による「令和2年雇用動向調査結果の概況(P16)」でも、退職理由で「職場の人間関係が好ましくなかった」という回答が上位に挙がっています。

    人間関係の悩みは自分だけで対応できないケースもあり、大きなストレスになるものです。

    会社での人間関係の問題に対処するためには、まず原因を把握することが重要です。

    次の章では、会社の人間関係で問題になりやすい事柄や、多くの人が悩む原因を解説します。

    会社・職場の人間関係が辛い…よくある悩みのタネ

    会社・職場の人間関係が辛い…よくある悩みのタネ

    悩みは原因によって対処法が変わるため、まず悩む理由を突き止めましょう。

    ここでは、「会社の人間関係が辛い」と感じさせる、ありがちな原因を紹介します。

    上司に振り回される

    上司の態度や言動で悩む人は多いです。

    ネット上でも、上司が「ミスを部下になすりつける」「ありえない量の業務を押しつける」といった行動を取るため困っている人が散見されます。

    また、上司と根本的に考え方が違ったり、性格的に合わない人もいるでしょう。

    職場によっては部下という立場上何も言えないケースもあり、その場合は上司が変わらない限りストレスが溜まる一方です。

    苦手な人がいる

    「職場に苦手な人がいる」という悩みも良く聞かれます。

    仕事であれば苦手な人とも関わらなければならず、ストレスを溜める人は大勢います。

    会社では多くの人が一緒に働くため、馬の合わない人が一人や二人いるものです。

    プライベートであれば話をしたり連絡を取ったりする必要はありませんが、職場ならそういうわけにはいかず、悩みのタネとなるケースが多いです。

    派閥争いに巻き込まれる

    職場の派閥争いに巻き込まれ、人間関係が辛くなるケースもあります。

    普通に働きたいだけの人にとって、社内の派閥争いや権力争いはストレスの原因にしかなりません。

    派閥争いに巻き込まれないようにするには双方のグループに気を遣う必要があるため、人間関係を面倒に感じても仕方ないでしょう。

    無視・いじめを受ける

    職場で無視や仲間はずれといったいじめに遭い、人間関係が嫌になるケースもあります。

    「大人なのにいじめなんて…」と思うかもしれませんが、残念ながら下記のようないじめのある職場は少なくありません。

    職場でのいじめの具体例

    • 陰口や噂を広められる
    • グループから外される
    • 地方への不当な出向・異動 など

    このような状況に陥ると、仕事どころではありません。

    精神的な負荷が大きいため、早急に何らかの対処をする必要があります。

    いじめに遭っていて出社する気力すらない場合、休職や転職をするのも手です。

    会社に退職を言い出せなければ「退職代行」を利用する手もあります。

    仕事は大切ですが、心身を壊すほど無理する必要はありません。

    「朝起きられなくなってしまった」「何をしても楽しくない」など、すでにうつ病と思われる症状が出ている場合は、早めに心療内科などを受診しましょう。

    セクハラ・パワハラがある

    職場でセクハラやパワハラがあれば辛く感じるのは当然です。

    しかし「指導の一環だ」「単なる冗談だ」などと言われれば、コンプライアンス窓口や労働基準監督署に相談して良いか分からないでしょう。

    パワハラとセクハラの定義は、以下の通りです。

    【パワーハラスメント】

    (前略)職場のパワーハラスメントとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものであり、①から③までの3つの要素を全て満たすものをいいます。

    引用元
    ハラスメントの定義|あかるい職場応援団 厚生労働省

    パワハラはいじめと似ている点もありますが、職場の力関係を利用している違いがあります。

    また、パワハラに該当するかは「業務の適切な範囲だったのか」がポイントです。

    一方セクハラかどうかの判断は、「本人が不快に感じ仕事に悪影響が出ているか」が重要です。

    【セクシュアルハラスメント】

    (前略)「職場」において行われる「労働者」の意に反する「性的な言動」により、労働者が労働条件について不利益を受けたり、就業環境が害されることをいいます。

    引用元
    ハラスメントの定義|あかるい職場応援団 厚生労働省

    あなた自身が「社員の性的な言動や行動で業務に支障が出た」と感じれば、セクシャルハラスメントに該当する可能性が高いでしょう。

    部下から上司への攻撃もパワハラに該当する

    むしろ部下から俺に対する当たりがきつい。でも、これってどう解決したらいいんだろうか…。

    部下から上司への嫌がらせも、「逆パワハラ」「逆ハラ」とも呼ばれるパワハラに該当します。

    パワハラの定義では「上司から部下」といった立場の限定をしていません。

    つまり部下から「僕を注意したら、新人イジメだと部長に訴えますよ」などと言われ精神的苦痛を感じれば、パワーハラスメントに当たる可能性があります。

    孤立している

    職場で孤立するのも、人間関係の悩みとして少なくありません。

    孤立した人は、仕事が立て込んでもうまくヘルプを出せなかったり、雑談に入っていけないため、職場で心細く感じてしまうのです。

    孤立しないに越したことはありませんが、職場に話が合う人がいなかったり、そもそも人と話をするのが苦手であれば、馴染むまでに時間を要するでしょう。

    会社の人間関係を改善するためにできる具体的な方法6選

    会社の人間関係を改善するためにできる具体的な方法6選

    会社には多くの人が集まるため、人間関係の問題をゼロにすることは難しいですが、解決できるに越したことはありません。

    そこでこの章では、会社での人間関係を改善に導く方法を6つ紹介します。

    方法1.相手に対し好意的な態度を取る

    「会社の人間関係がうまくいかない」と思っている一方で、周囲もあなたと距離を近づけたいものの、きっかけが無く困っている場合もあります。

    例えば年配者ばかりの職場に若者が一人だけ入社してきたとしたら「どうやって近づいたら良いのだろう」と先輩たちも距離を図りかねてしまいます。

    このような場合は、自分から相手に好意的な態度を取ってみましょう。

    「好意の返報性(へんぽうせい)」という言葉があるように、自分が相手に好意を示すと、相手も自分に好意を返してくれるものです。

    具体的に、相手に好意を示す行動を見ていきましょう。

    挨拶を積極的にする

    軽視しがちですが、挨拶は大切にしたほうが良いです。

    ただのしきたりだと考えている方も多いですが、挨拶には下記のようなさまざまな意味が含まれるからです。

    • 相手の存在を認める
    • 相手に関心があることを伝える
    • 敵意がないことを知らせる

    恥ずかしがったり怖気づいたりせず、相手の顔を見て明るく挨拶をすれば、マイナスに捉えられることはまずありません。

    些細なことでも感謝の気持ちを述べる

    挨拶と同様、感謝の言葉も積極的に述べるようにしましょう。

    「ありがとうございます」と言われ、嫌な気持ちになる人はいません。

    どんな小さなことでも構わないので、相手に何かしてもらったら感謝の気持ちを伝えましょう。

    自分が悪い時は素直に謝る

    自分に非があれば素直に謝ることも大事です。

    ミスそのものより、ミスをした時の態度が重要だからです。

    言い訳したり失敗を隠そうとすれば、相手からの信頼はなくなります。

    信頼関係を築くためにも、「迷惑をかけたな…」と感じる出来事があれば、すぐ謝りに行きましょう。

    方法2.見た目や言葉づかいに気をつける

    見た目や言葉づかいに気をつけるだけで、職場の人間関係が好転する可能性もあります。

    外見も話す内容も、その人の印象を大きく左右するからです。

    例えば、下記の項目に当てはまっていたら改善してみましょう。

    見た目
    • 髪の毛がボサボサ
    • 爪が伸びている
    • 汗や口の臭いに気をつかっていない
    • シワだらけのシャツを着ている
    • 靴が汚れている
    話し方
    • 否定的な発言ばかりする
    • 何を言っているか聞き取れない
    • ボソボソ聞き取りづらく話す

    さまざまな人と関わるビジネスの場では、身だしなみや話し方を社会人らしく正す必要があります。

    自分ではなく相手のために、職場ではきちんとした服装と言葉遣いを意識しましょう。

    方法3.人によって態度を変えない

    人によって態度を変える人は、職場で嫌われてしまう可能性が高いです。

    このような人は、上司など利害関係が絡む相手にだけ印象よく振る舞おうとするため、見ている人は嫌な気持ちになるものです。

    できる限り職場の人へは同じ態度で接するように、日々の心がけが必要でしょう。

    方法4.ネガティブな発言を控える

    否定的な発言が多い人は、他者から距離をおかれます。

    ネガティブな発言は、聞く人を嫌な気持ちにさせるからです。

    例えば「めんどくさい」「やっても無駄」など否定的な発言をつい反射的にしてしまわないように注意しましょう。

    仕事をしていてネガティブになることは誰にでもありますが、否定的な言葉は職場の士気を低下させるので、極力避けるべきです。

    方法5.報連相を徹底する

    仕事上必須ともいえる報連相ができない人は、信頼を失ってしまいます。

    報連相を怠らない姿勢は、仕事に真剣に取り組んでいる証ともいえるからです。

    職場の人と信頼関係を築くには、「これぐらい黙っていて大丈夫だろう」という自己判断はせず、報連相を徹底する意識を持ちましょう。

    方法6.仕事ができる人になる

    事業に貢献できるようになれば、一目置かれて周りから認められるようになるケースもあります。

    自分のレベルが上がれば自然と人間関係の問題が解消できる場合も多いので、積極的に努力しましょう。

    毎日スキマ時間に仕事に関する本を読んだり、資格取得の勉強をする、日々の業務の改善点を日々振り返るなど、できることから始めていくのがおすすめです。

    会社を辞めたくなった時に試してほしい3つのこと

    「努力したけど人間関係が改善されない」「どうしても割り切れず、ストレスが溜まって我慢できない」という方もいるのではないでしょうか。

    退職も一つの手ですが、その先に理想の職場が待っている保証はありません。

    ここでは会社を辞める前に、やってみていただきたい行動を3つ紹介します。

    プライベートを充実させる

    私生活が充実していれば、ストレスが解消され仕事にも良い影響を期待できます。

    なお、マイクロソフトによる「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」の効果測定結果でも、週休3日にして休みを増やした結果、生産性が上がったというデータが出ています。

    私生活面を充実させる具体的な方法は、「家族の時間を大切にする」「趣味を持つ」「教室に通う」などが考えられます。

    人間関係で悩むがあまり、プライベートの時間もネガティブな気持ちに囚われてしまっている人は、心身をリフレッシュする時間を意識的に作ってみてください。

    信頼できる人に相談する

    会社の人間関係に悩んだら一人で悩まず、誰かに相談するのも良い方法です。

    例えば家族や友人といった身内に話すと気分が落ち着き、第三者の意見も聞けるため、客観的に職場の悩みを判断できる可能性があります。

    また先輩や同僚に相談すると、「自分も同じことで悩んでいた」という反応があるかもしれません。

    その場合、気持ちが楽になるだけでなく問題をどう乗り越えたかも聞けるはずです。

    身の回りに相談できる相手がいない場合は、有料のコーチングサービスを試してみるのもおすすめです。

    人事部に相談する

    上司からのパワハラや業務に支障がでるほどのイジメがあるなど、会社側で改善に取り組むべき問題は社内の人事部に相談しましょう。

    人事部に相談すれば、異動や転勤など、仕事を辞めなくても人間関係をリセットできる方法を打診してもらえる可能性があります。

    また、あなたの相談がきっかけで人事部側が社内の人間関係を改善させる動きをしてくれるかもしれません。

    自分一人では解決できない人間関係の問題に対し、人事側が動いてくれる可能性があります。

    「どう考えても自分は間違っていない」「人間関係を改善しないと会社に悪影響がある」という状況なら、思い切って人事に相談してみましょう。

    退職・転職するという方法もある

    人間関係が完全にこじれてしまい会社に居ることが辛ければ、退職・転職も検討しましょう。

    無理して心身を壊してしまっては、元も子もありません。

    この章では、会社の人間関係が原因で退職したい時や転職先の探し方を紹介します。

    どうしても辞められない場合は退職代行サービスを利用する方法も

    職場の人間関係が悪いと、退職を言い出すこと自体難しいものです。

    どうしても自身で退職を伝えるのが難しい場合は、退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

    退職代行ガーディアン」は、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

    「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と顔を合わせたくない…」など、退職理由はどんな内容でも構いません。

    同サービスを利用すれば退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、職場に一切出向かずに辞めることができます。

    「退職代行ガーディアン」は退職成功率100%の実績があり、ほぼ確実に会社を辞められます。

    利用料金の29,800円(税込)以外、追加料金が一切かからないのも安心です。

    「今の会社ではマニュアル通りの円満退社なんて無理」「すぐにでも辞めたい」と思う方は、利用してみてはいかがでしょうか。

    退職代行ガーディアン|基本情報

    運営組合東京労働経済組合
    対応エリア全国
    料金29,800円(税込)
    追加料金なし
    相談方法LINE・電話
    支払方法クレジットカード
    銀行振込
    (最終更新:23年9月時点)

    退職代行を使う前の不安を解決!

    退職代行を利用するにあたり、まだまだ不安な点もあると思いますので、利用前の気になる疑問点を以下にまとめました。

    Q1.退職代行って法的には大丈夫なの?

    退職代行サービスは、決して違法なサービスではありません。

    中には運営元が怪しいサービスもありますが…退職代行ガーディアンは労働組合が運営しているため、法律的な心配はありません。

    Q2.就業規則に「○ヶ月前までに報告」とあるけど問題ない?

    就業規則に書かれている内容はあくまでも会社が決めたルールであって、法律では2週間前までに退職を伝えれば辞められます。

    会社側も、辞める社員の社会保険料などを払うのがもったいないと考え、ほとんどの場合で即日退社を認めてくれます。

    もし辞めさせてもらえない場合も、2週間欠勤扱いにして退職できるので、ほとんどのケースで即日退職が可能です。

    Q3.会社側から引き止めの連絡はこない?

    会社からの連絡は、全て退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます。

    会社側が退職の引き止めをしてきても、「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」というように、状況に応じてうまく話を流してもらえます。

    Q4.退職代行に登録した後の流れは?

    退職代行に連絡したあとは、次の流れで退職を進めていきます。

    1.無料相談

    2.料金支払い

    3.退職代行サービスと打ち合わせ(ラインや電話など)

    4.あとは退職代行サービスに全てお任せ

    退職代行を使えば、会社とのやりとりを全て退職代行サービスが代わりに行ってくれます。

    自分で行うのは退職届の郵送のみで、詳しいやり方も、全てスタッフが丁寧に教えてくれます。

    退職代行ガーディアンならば、即日で辞めることもできるので、「今日中に辞めたい」という状況でも退職できます。

    退職代行ガーディアンの口コミ

    40代/男性(会社員|正社員)

    こんなに早く辞められるんだ…

    正直こんなに早く解決出来るんだ‥と驚きました、私の場合は2日で解決したので今まで退職をしたいと会社側に自分で告げてきた期間は何だったのだろうと呆気に取られてしまいました。

    (イーデス調査)

    退職代行ガーディアン の口コミ

    20代/女性(会社員|正社員)

    余計なやりとりがなく辞められた

    何より対応が早く、余計なやりとりが何一つなく辞められました。夜中でもきちんと返信が来ましたし、利用者を第一に考えているのがものすごく伝わってきました。退職後も、転職についての心配をしてくださいました。

    (イーデス調査)

    「会社をバックレたい…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。

    どうしても退職を伝えられずに悩んでいるのなら、相談だけでも試してみてください。

    転職先を見つけてから辞めたほうがいい

    退職するのは、転職先を見つけた後にするのがおすすめです。

    職歴にブランクがあると、転職に不利になる傾向にあるからです。

    また、仕事が見つかるまでの間は貯金でしのぐ必要があり、中々次が決まらないとお金の面が心配になります。

    その結果、焦って希望にそぐわない条件の企業に転職してしまっては、元も子もありません。

    転職エージェントを利用して次を探す

    転職先を決める際は、転職エージェントの利用をおすすめします。

    転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーに無料で相談できるサービスです。

    登録すれば、応募書類添削や面接対策など転職活動に関するさまざまなサポートを受けられます。

    転職エージェントを利用するメリット

    転職エージェントは無料で利用できますし、合わなければすぐに退会できるのでまずは気軽に登録しておくのがおすすめです。

    ここでは、サポートが手厚い転職エージェントを3つ紹介します。

    転職エージェント特徴
    doda
    • サポートが手厚い
    • 転職サイトとしても使える
    リクルートエージェント
    • 国内最大級の求人を保有
    • 転職成功実績No.1
    レバテックキャリア
    • IT・Web転職専門
    • アドバイザーの専門性が高い

    転職エージェントは複数利用が基本

    転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

    多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

    ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

    手厚いサポートを受けたいなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、顧客満足度No.1の転職エージェントです。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント20代第1位)

    面接対策や書類添削などのサポートが手厚いと評価されているため、初めて転職する方には特におすすめできます。

    「転職サイト」の機能も持ち合わせており、登録後はアドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索して応募することも可能です。

    そのため「求人情報を見て自分のペースで転職を進めたい」「アドバイザーと一緒にしっかり転職活動を進めたい」など、用途に合わせて利用できます。

    求人をチェックするだけでもOKなので、転職を迷っている段階の方もぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    豊富な求人を確認したいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、国内最大級の求人数を保有する転職エージェントです。

    経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており「人間関係で悩んでいる」などの悩みも相談できます。

    また相談だけではなく、書類添削や面接対策、条件交渉の代行など、転職関する全てのことをサポートしてくれます。

    求人保有数も日本で最大級なので、たくさんの求人をみて自分に向いている仕事を探したいという方は、ぜひ利用してみてください。

    リクルートエージェントの基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約364,000件

    非公開求人数約228,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年2月時点)

    IT・Web業界で転職するなら「レバテックキャリア」

    レバテックキャリア」はエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェントです。

    IT業界全般の求人を扱っており、エンジニアからデザイナーをはじめ、事務やコンサルなど、幅広い職種の求人を保有しています。

    おすすめする1番の理由は、担当アドバイザーの業界知識の深さ。

    年間3,000回以上も各企業に対してヒアリングを行なっており、現場感を知っています。

    企業対策や面接対策時に準備する細かい対策を相談できるのは大きなメリットになります。

    経験者も未経験者もまず転職先の現場感を知るという意味で相談してみることをおすすめします。

    レバテックキャリア|基本情報

    運営会社レバテック株式会社
    公開求人数約25,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点)

    まとめ

    会社の人間関係を改善する方法の例は、以下の通りです。

    • 相手に対し好意的な態度を取る
    • 見た目や言葉づかいに気をつける
    • 人によって態度を変えない
    • ネガティブな発言を控える
    • 報連相を徹底する
    • 仕事ができる人になる

    いくら努力しても人間関係が良くならないのなら、職場自体に問題があるのかもしれません。

    そういった場合は無理せず、退職するのも一つの手段です。

    退職代行サービスや転職エージェントも利用し、退職・転職を成功させましょう。

    退職代行サービス特徴
    退職代行ガーディアン
    • あなたの代わりに退職希望を伝えてくれる
    転職エージェント特徴
    doda
    • サポートが手厚い
    • 転職サイトとしても使える
    リクルートエージェント
    • 国内最大級の求人を保有
    • 転職成功実績No.1
    レバテックキャリア
    • IT・Web転職専門
    • アドバイザーの専門性が高い

    転職活動についての関連記事

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.