金融業界に強い転職エージェント12社!選び方から利用の注意点までを解説

ナビナビ
おすすめ転職エージェント

2022-08-17

『金融業界で転職したいけど、どのエージェントを使えばいいのか分からない』と悩んでいませんか?

「キャリアアップのために転職したい」
「未経験から金融業界に転職したい」

様々な希望があると思いますが、エージェント選びを誤ると「転職しなければよかった…」と後から後悔することにもなりかねません。

転職失敗を避けるためには、自分の状況と目的に合わせて転職エージェントを選ぶことが大切です。

本記事では、金融業界に強い転職エージェントをはじめ、目的別におすすめのエージェントを紹介します。

記事後半では転職エージェントを活用するポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

気になる内容をタップ

金融業界の転職成功率を高める!エージェントの選び方

動向が変化しやすい金融業界での転職を有利に進めるためには、転職エージェントを上手く活用するのがポイントです。

エージェントを活用することで、業界・企業の内部事情を知ることができたり、専門性の高いサポートを受けられるため、転職活動を効率良く進められます。

ただし、「有名だから…」というような曖昧な理由でエージェントを選ぶと、本来の希望を叶えられなかったり、なかなか内定を得られない可能性があります。

金融業界での転職に失敗しないためには、自身の状況をふまえて、目的に合った転職エージェントを選びましょう

【例】目的に合った転職エージェントを選ぶ

  • キャリアアップを目指すなら、高年収案件が多いエージェントを選ぶ
  • 未経験から金融業界を目指すなら、サポートが手厚いエージェントを選ぶ など

ここからは、金融業界に強い転職エージェントを目的別に紹介していきますが、エージェントは最低2社以上併用することをおすすめします。

2~3社を併用することで、「希望に合った求人を見つけやすくなる」「業界の情報を網羅できる」といったメリットを得られます。

動向が変化しやすい金融業界の転職では「情報収集」が重要となるので、複数の転職エージェントに登録して幅広く情報を集めましょう。

本記事で紹介するエージェントに登録する場合は、「全転職者におすすめのエージェントから2社」+「目的別におすすめのエージェントから1社」を選ぶことをおすすめします。

複数登録の例(外資系金融希望者の場合)

気になるサービスの解説から読み進める

金融業界の全転職者におすすめ
マイナビ金融エージェント金融業界出身のキャリアアドバイザーから実践的なアドバイスをもらえる
リクルートエージェント求人数No.1!豊富な求人を比較できる
コトラハイキャリア向けのプロフェッショナル求人をチェックできる
外資系金融希望者向け
JACリクルートメント管理職などのハイクラス求人を確認できる
ロバートウォルターズ語学力を活かした転職に強い!英文レジュメの対策も支援
Sprin転職エージェントグローバルネットワークを活かした転職サポートを受けられる
ハイキャリア向け
ビズリーチ年収600万円以上の案件が豊富!高年収のスカウトが届く
リクルートダイレクトスカウトハイクラス求人が充実!ヘッドハンターを自分で選べる
iX転職年収800万円以上の求人が豊富!事業責任者や金融系専門職求人あり
金融業界未経験者向け
doda・豊富な「未経験可求人」をチェックできる
・転職サイトとしても利用可能
パソナキャリア・親身で丁寧なサポートを受けられる
・女性の転職に強い
金融業界から異業種転職を目指す方向け
リクルートエージェント転職実績・求人数業界No.1!幅広い求人をチェックできる
doda転職サイトとしても利用可能!気軽に求人を検索できる

【登録必須】金融業界で定番のおすすめ転職エージェント

まず最初に、金融業界で転職する全ての求職者におすすめのエージェントを、3社ご紹介します。

エージェント名特徴
マイナビ金融エージェント金融業界出身から実践的なアドバイスをもらえる
リクルートエージェント求人数No.1!豊富な求人を比較できる
コトラハイキャリア向けの「プロフェッショナルな求人」をチェックできる

上記3社は、どれも金融業界の転職実績が豊富なので、安心して利用できます。

特に、「マイナビ金融エージェント」は、業界に精通したアドバイザーが在籍しており、実践的なサポートを受けられると評判です。

3社のうち2社程度に登録しておくのがベストですが、面倒な方はマイナビ金融エージェントだけでも登録しておくことをおすすめします。

専門的なサポートを希望するなら「マイナビ金融エージェント」

マイナビ金融エージェント」は、金融業界に特化した転職エージェントです。

在籍するアドバイザーは、メガバンク・地銀・証券・生保など金融業界出身者が中心なので、転職に必要な情報をしっかり得られます。

フロント・バック・ミドルなど各部門を意識した選考対策でも定評があるので、内定獲得の可能性を高められるでしょう。

また、金融業界だけでなく大手事業会社や総合商社の案件も豊富なので、「金融業界での経験を活かして別の業種に転職したい」という方にも最適です。

専門性が高く、金融業界全般に強みを持っているため、最優先で登録しておくことをおすすめします。

マイナビ金融エージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

たくさんの求人をチェックするなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、業界トップの求人数を誇る転職エージェントです。

金融業界特化のエージェントではありませんが、「金融・保険業界」の条件で求人を検索すると、約18,000件の案件がヒットします。(2022年1月時点)

たくさんの求人があるので、希望に合った転職先を見つけやすいです。

また、金融業界以外の求人も豊富なので、転職の視野を広げることが可能です。

「異業種に転職するか迷っている」「転職の方向性に悩んでいる」という方は、幅広い求人を保有するリクルートエージェントに登録しておくことをおすすめします。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約258,000件
非公開求人数約288,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年8月時点)

金融のプロフェッショナルを目指すなら「コトラ」

コトラ
(引用元
コトラ

コトラ」は、金融業界の転職支援実績が豊富なエージェントです。

創業時から、金融業界出身のコンサルタントを中心として人材紹介を行ってきました。

これまで金融業界800社以上との取引実績があり、多くの企業から信頼されているため、他にはないエグゼクティブな求人が豊富です。

コトラ 求人企業例
(引用元
コトラ

求人の層もフロントからミドルまで幅広い案件があることはもちろん、FAS(財務系コンサルティングファーム)などのハイクラス案件も充実しています。

未経験者向けからプロフェッショナル向けの求人まで揃っているので、金融業界で転職したい全ての人におすすめのエージェントです。

コトラ|基本情報

運営会社株式会社コトラ
公開求人数約13,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

外資系金融に転職したい人におすすめのエージェント

エージェント名特徴
JACリクルートメント管理職などのハイクラス求人も保有している
ロバートウォルターズ・語学力を活かした転職に強い
・英文レジュメの対策も支援
Spring転職エージェントグローバルネットワークを活かした転職サポートを受けられる

ここで紹介する3社は海外に拠点を持っており、外資系企業とのコネクションがあるため、転職活動を有利に進められます。

特に、「JACリクルートメント」には大手外資系企業の求人が多く、キャリアアップを実現できる可能性も高いです。

また、ビジネスレベルの英語力があるなら、語学力を活かせる求人が多い「ロバートウォルターズ」の利用がおすすめです。

ハイクラス求人を中心に探すなら「JACリクルートメント」

JACリクルートメント」は、イギリス発祥の転職エージェント。

英国・ドイツ・アジアの8カ国に独自のグローバルネットワークを持っており、外資系企業の転職実績が豊富です。

在籍している約800名のコンサルタントの中には、金融業界に精通している担当者も多いので、専門的なことも気兼ねなく相談できるでしょう。

企業を直接訪問しているコンサルタントが転職をサポートしてくれるので「採用背景」「具体的な仕事内容」など、詳細な情報を教えてくれます。

また、ハイキャリアの転職に強く、管理職や役員クラスの求人を多数扱っていることも特徴の一つです。

キャリアを活かせる求人が豊富なので、マネジメント経験があるミドル層にはぜひ活用して欲しいエージェントです。

JACリクルートメント|基本情報

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数約8,400件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

外資系特化なら「ロバートウォルターズ」

ロバートウォルターズ」は、外資系・日系グローバル企業の転職に特化したエージェント。

語学力を活かせる求人が多く、英文レジュメの書き方・英語面接の対策など、実践的なアドバイスをもらえます。

また、ロバートウォルターズには経験やスキルを活かせるハイクラスな金融系求人も豊富です。

高収入の求人も多いので、年収アップを目指したい方にもおすすめの転職エージェントです。

「語学力と金融業界での経験を活かして転職したい」という方は、ぜひロバートウォルターズを利用してみてください。

ロバート・ウォルターズ|基本情報

運営会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
公開求人数約2,000件
非公開求人数非公開
対応地域関東+関西
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

質の高いキャリアカウンセリングを希望するなら「Spring転職エージェント」

Spring転職エージェント」は、世界的にも有名な総合人材サービス企業『Adecoグループ』が運営する転職エージェント。

世界60カ国でサービスを展開しており、グローバル企業との強いコネクションを持っています。

10万を超える取引先があるので、あなたにぴったりの外資系企業を紹介してもらえるでしょう。

また、コンサルタントはそれぞれが専門領域を持っており、金融業界を専門に扱う担当者も在籍しています。

コンサルタントの国籍は様々なので、外資系金融機関での文化や商習慣など、密度の濃い情報を入手可能です。

専門的な支援を受けられるため、質の高いキャリア相談ができるでしょう。

Spring転職エージェント|基本情報

運営会社アデコ株式会社
公開求人数約18,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

金融業界でキャリアアップしたい人におすすめのエージェント・サイト

エージェント名特徴
ビズリーチ・年収600万円以上の案件が豊富
・高年収のスカウトが届く
リクルートダイレクトスカウト・ハイクラスな求人数が充実
・ヘッドハンターを自分で選べる
iX転職

・大手パーソルキャリアが運営

・年収800万円以上の案件が豊富

事業責任者や金融系専門職求人あり

ここで紹介する3社は、高年収の求人が多く、ヘッドハンターやコンサルタントの質も高いと評判です。

また、「ビズリーチ」と「リクルートダイレクトスカウト」は、ヘッドハンティング型の転職サービスなので、レジュメを登録しておくだけでスカウトを受けられます。

忙しくても転職活動を進められるので、ぜひ利用してみてください。

高年収を狙いたいなら「ビズリーチ」

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

ビズリーチ」は、高年収の求人を中心に取り扱っている、ヘッドハンティング型の転職サービス。

3,000人以上のヘッドハンターが在籍しており、あなたの希望条件にあった求人を提案してくれます。

受け身の姿勢で転職活動を進められるので、現職が忙しい方にも最適です。

ビズリーチの仕組み

また、ビズリーチは求人の質が高く、年収1,000万円を超える案件も多数あります。

ヘッドハンターへの相談など一部有料のサービスもありますが、公募求人の閲覧は無料なので、まずは気軽に登録してみてください。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約81,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金

登録無料

【有料プラン】

・タレント会員30日間:3,278円(税込)一括

・ハイクラス会員30日間:5,478円(税込)一括

(最終更新:22年8月時点)

ハイクラスなスカウトを受けたいなら「リクルートダイレクトスカウト」

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)」は、人材紹介大手のリクルートが運営するハイクラス特化型の転職サービスです。

先ほどご紹介したビズリーチと同様に、「ヘッドハンティング型」のサービスを採用しています。

求人の質も非常に高く、キャリアを活かせる高年収案件が豊富です。

また、ビズリーチとの大きな違いが「利用料」です。

ビズリーチは一部サービスが有料ですが、リクルートダイレクトスカウトは全てのサービスを完全無料で利用できます

スカウトを受け取ることはもちろん、自らヘッドハンターを選んでサポートをお願いすることも可能です。

「受け身で転職活動を進めたいけど、お金を払うのはちょっと…」という方は、リクルートダイレクトスカウトを利用すると良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウト|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約108,800件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

好条件の金融系専門職に就きたいなら「iX転職」

iX転職
(引用元
iX転職

iX転職は、dodaの運営会社であるパーソルキャリアが運営するハイキャリア専門の転職サービス。職務経歴を登録すれば、待つだけでヘッドハンターからスカウトが届きます。

大手のコネクションを活かして集められた「年収800万円以上のハイクラス求人」が豊富で、履歴書の見せ方から面接対策までサポートしてもらえるのも嬉しいポイントです。

また、iX転職独自のハイクラス求人(年収600万円以上)を自分で検索し、応募することもできます。

面倒な交渉や手続きは専任の担当者が代行してくれるので、働きながらの転職活動でも安心です。

iX転職|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

未経験から金融業界を目指したい人におすすめのエージェント

エージェント名特徴
doda・豊富な「未経験可求人」をチェックできる
・転職サイトとしても利用可能
パソナキャリア親身で丁寧なサポートを受けられる

ここで紹介する2社は、サポートの手厚さで定評があるので、異業種からの転職でも安心して転職活動を進められるでしょう。

中でも、「doda」は業界トップクラスの求人数を保有している上、転職サイトとしても利用可能です。

エージェントサービスを利用しなくても求人をチェックできるので、「金融業界へ転職したいけど、まだ迷っている」という方でも気軽に利用できます。

気軽にたくさんの求人をチェックするなら「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、求職者への素早い対応や、質の高い面接対策に定評がある転職エージェント。

職歴に不安がある方や初めての転職でも、アドバイザーが丁寧にサポートしてくれるので安心です。

doda サポート
(引用元
doda

また、dodaには「未経験歓迎」の求人が数多くあります。

実際に求人を検索してみたところ、金融業界の公開求人数は約4,200件、そのうち業種未経験歓迎の求人が約200件、職種未経験歓迎の求人が約120件あります。(2022年1月時点)

dodaは、エージェントではなく転職サイトとしても利用できるので、ぜひ気軽に求人を検索してみましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約150,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

親身なサポートを希望するなら「パソナキャリア」

パソナキャリア
(引用元
パソナキャリア

パソナキャリア」は、サポートが親身で丁寧なことで評判のエージェントです。

2020年のオリコン顧客満足度調査では、『転職エージェント第1位』を獲得しました。

これまで約25万人を支援してきた経験を活かし、あなたの転職活動をサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。

また、未経験で金融業界に転職する場合、「面接でどんなことを聞かれるんだろう?」と不安になる方も多いと思いますが、パソナキャリアでは1から丁寧にアドバイスをしてくれます。

アドバイザーは金融業界に精通しているので、分からないことは何でも気軽に相談できます。

転職への不安が大きい方は、ぜひパソナキャリアを利用してみてください。

パソナキャリア|基本情報

運営会社株式会社パソナ
公開求人数約40,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

番外編|金融業界から別業界に転職したい人におすすめのエージェント

エージェント名特徴
リクルートエージェント
  • 転職実績・求人数業界No.1
  • 異業種転職の実績も豊富
doda
  • 実践的な面接対策を実施
  • 業界トップクラスの求人数

金融業界から別の業界に転職したい場合は、「求人数の量」や「取り扱っている業種の幅広さ」に着目すべきです。

より多くの求人をチェックすることで、転職の視野を広げられるだけでなく、希望に合う案件を見つけやすくなります。

ここで紹介する2社は、業界トップクラスの求人数を保有しているので、ぜひ両方に登録しておくことをおすすめします。

数多くの求人を比較するなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、業界No.1の求人数を誇る転職エージェントです。

他大手転職エージェントと比較しても圧倒的に求人数が多く、自分にぴったりな企業を見つけられる可能性が高いでしょう。

大手転職エージェントの総求人数
(最終更新
2021年7月時点)

また、リクルートエージェントは転職を支援してきた実績も豊富です。

同業種はもちろん、異業種転職や未経験者の支援実績も多いので、金融業界から別の業界に転職したい場合でも安心してサポートを任せられるでしょう。

転職を考えているのであれば、ぜひ最優先で登録してみてください。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約258,000件
非公開求人数約288,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年8月時点)

実践的な面接対策を希望するなら「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、リクルートエージェントに次いで多くの求人数を保有する転職エージェントです。

2022年1月時点では、業種未経験歓迎の求人が約5,000件もあり、転職の選択肢を広げられます。

また、dodaは「面接対策の質」や「サイト内のコンテンツが充実していること」でも定評があります。

公式サイトには、転職に役立つコンテンツが豊富なので、ぜひ利用してみてください。

doda 転職お役立ちコンテンツ
(引用元
doda

ちなみに、dodaはエージェントサービスを付けず、「転職サイト」としても利用できます。

自分のペースで求人をチェックすることも可能なので、まずは気軽に登録してみてください。

「まだ転職を迷っている…」という方も、実際に求人をチェックすることで、転職を具体的にイメージできるはずです。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約150,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

転職エージェントの利用方法!登録から内定までの流れ

転職エージェントの利用方法!登録から内定までの流れ

ここでは、転職エージェントを活用した転職までの流れを説明します。

転職エージェントを利用する流れ

もしも不明な点があっても、担当のキャリアアドバイザーが丁寧に教えてくれるので、安心して利用してください。

ステップ1.転職エージェントへの登録

まずは、各エージェントの公式サイトから会員登録を行います。

登録はとても簡単で、3分程度で手続きが完了します。

登録された情報を元に、転職エージェントからキャリアカウンセリング(面談)の案内が来るので、初回面談の日程を調整しましょう。

なお、直接会って面談することが難しい場合は電話面談も可能です。

ステップ2.面談

担当者との面談では、これまでの経歴や職歴、現在の状況などを聞かれます。

ここで希望する職種を伝えつつ、譲れない条件やどのような環境で働きたいか等を伝えましょう。

また、現在はコロナウイルスの影響もあり、ほとんどのエージェントがWeb面談・電話面談に対応しています。

直接の面談が難しい場合は変更可能なので、あらかじめ連絡を入れておきましょう。

面談時の持ち物や服装は?

特に必要な持ち物はありませんが、面接できる日程を確認されることが多いので「スケジュール帳」を持っていくとスムーズです。

また、服装は私服で問題ありませんが、面接時の服装についてアドバイスをもらいたい場合は「スーツ」を着用していくことをおすすめします。

ステップ3.求人の紹介

面談で得た情報を元に、担当のアドバイザーが求人を紹介してくれます。

基本的には面談の場で求人を紹介してもらえますが、面談後に条件に合う求人が見つかった場合は、電話かメールで求人情報を受け取れます。

急な電話や何度もしつこい電話が嫌な場合は、メールで求人紹介を受けたいという希望を担当者に伝えておくと良いでしょう。

気に入った求人があれば、応募へと進みます。

応募や面接日の調整等もアドバイザーが行ってくれるので、忙しい方でもスムーズに転職活動を進められます。

ステップ4.面接・内定

書類選考を通過した後は、面接へと進みます。

転職エージェントでは、応募書類の添削や面接対策なども実施してくれるので、安心して選考に臨めるでしょう。

面接の結果は、基本的に担当アドバイザーから報告があります。

内定後の給与交渉・入社日調整等もアドバイザーが代行してくれるので、手続き面での負担も軽減できます。

このように、転職エージェントを利用すると1から10まで転職活動をサポートしてくれるため、初めての転職でも安心です。

3.転職エージェントを最大限に活用するポイントと注意点

金融業界への転職を成功させるためには、エージェントを上手に活用することが大切です。

ここでは、エージェントを最大限に活用するポイントと注意点を紹介します。

エージェントを最大限活用するポイント・注意点

それぞれ詳しく解説していきます。

ポイント1.複数の転職エージェントを併用する

記事前半でも述べていますが、転職エージェントは複数まとめて利用することを推奨します。

エージェントを複数使うことで、転職失敗のリスクを減らすことが可能です。

エージェントを併用すべき理由

  • 多くの求人数の中から希望の求人を探すことができる
  • 各転職エージェントの独占案件もチェックできる
  • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる(質の悪い担当者を見分けられる)

「そんなに登録したら管理しきれない」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそれほど負担になりません。

また、合わないと感じたエージェントはすぐに退会しても問題ありません。

エージェントは何社利用しても料金はかからないので、利用できるものは全て利用し、転職失敗のリスクを1%でも減らしましょう。

応募の重複には注意!

転職エージェントを複数利用する場合は、複数社から同じ求人に応募しないよう注意してください。

複数のエージェントから同じ求人に応募した場合、トラブルが発生するリスクがあります。

場合によっては以後、以後求人を紹介してもらえなくなったり、登録解除につながる可能性もあります。

ポイント2.経歴やスキルは正確に伝える

転職エージェントを利用する際は、正確な情報を伝えることでより自分に合った求人を紹介してもらえるので、経歴やスキルは漏れなく正確に伝えるようにしてください。

また、できないことを出来るといったり、嘘のスキルを伝えていた場合、入社後にトラブルが発生してしまう恐れがあります。

とくに金融業界は専門性の高い分野なので、キャリアの棚卸しを行い「できること」や「経験」をまとめておくことをおすすめします。

キャリアの棚卸しの方法

  • 経験を書き出す
    ⇒新卒から今までの経験を振り返ってまとめる
  • スキルや強みをまとめる
    ⇒経験から身についた技術・資格等をまとめる
  • 業務での成果を書き出す
    ⇒〇%売上アップ等、定量的なデータも踏まえてまとめる

ポイント3.担当者とこまめに連絡を取る

担当者とは、できるだけこまめに連絡を取り、転職への意欲をアピールしましょう。

多くの転職エージェントは、求職者の転職が決まることで企業から報酬を得ているため、転職への意欲が強い求職者を優先します。

転職エージェントの仕組み

サポートを優先してもらうことができれば、好条件の求人や高収入の非公開求人を紹介される可能性が高くなります。

転職に積極的な姿勢を見せるためには、週に1回程度を目安に担当者と連絡を取ると良いでしょう。

ポイント4.自身でも情報収集を行う

転職活動中は、自分でも情報収集を行いましょう。

エージェントは各業界の情報を提供してくれたり、求人票には記載されていない企業の内部情報を教えてくれますが、情報収集を任せきりにするのは良くありません。

担当者の情報だけを鵜呑みにした結果、入社後に「自分には合っていなかったかも…」と後悔するケースも少なくありません。

自ら情報収集・企業研究を行うことは、転職のミスマッチを防ぐためにも重要です。

とくに金融は動向が変化しやすい業界なので、自ら情報をリサーチしましょう。

金融業界の情報リサーチにおすすめのサイト

金融業界は状況が激しく変化することも多いので、普段から情報をチェックしておきましょう。

状況を常時把握しておくことで、「今転職すべきなのかどうか」見極める判断材料にもなります。

以下のサイトには金融業界の豊富な情報が掲載されているので、ぜひご覧になってみてください。

ロイター国内株式・海外株式・外国為替・投資信託情報等の情報を入手できる
The Financ 金融業界のビジネスに関する記事をチェックできる

企業研究におすすめの口コミサイト

企業研究の際は、会社の口コミが掲載されているサイトを利用することをおすすめします。

以下の2社には、現社員・元社員からのリアルな口コミが投稿されているので、ぜひご覧になってみてください。

転職会議320万件以上の口コミを掲載(※2021年12月時点)
openwork20代からの口コミが豊富

ポイント5.担当者との相性が合わない場合は変更を申し出る

担当者が自分に合わないと感じた場合は、アドバイザーを変えてもらうようにしてください。

相性が合わない状態でサポートを受けても、良い結果は得られません。

特に、以下に当てはまる場合は早めに変更を申し出たほうが良いでしょう。

アドバイザを変更したほうが良いケース

  • 求職者の経歴やスキルを正確に理解していない
  • 的外れな求人案件を紹介される
  • 求人案件を紹介する理由を教えてもらえない
  • 求職者の意見を無視する

担当アドバイザーの変更は、電話やメールで連絡を入れることで対応してもらえます。

ただ、理由なく変更を申し出た場合、「気まぐれで変更している?」「仕事もすぐ変えてしまうのでは?」と思われてしまう恐れがあります。

誤解されることがないよう、変更を申し出る場合は「アドバイザーを変更して欲しい理由」も併せて伝えることをおすすめします。

担当者変更を申し出るメールの文面例

お世話になっております。

転職を支援していただいております○○(氏名)です。

現在担当の○○様にとても丁寧にサポートをしていただいておりますが、他の担当者様のご意見も参考にさせていただきたいと思っております。

もし可能であれば、○○業界の情報に詳しい担当者にご相談させていただけますと幸いです。

大変お手数おかけしますが、ご検討よろしくお願いいたします。

金融業界の転職事情や転職エージェントの利用に関するQ&A

金融業界への転職に関するよくあるQ&A

最後に、転職についての気になる疑問点についてまとめました。

転職活動を迷いなく進めるためにも、疑問点は全て解消しておいてください。

金融業界の転職事情や転職エージェントの利用に関するQ&A

それぞれ順番に確認していきましょう。

Q1.非公開求人ってどのくらいあるの?

扱っている非公開求人の数は転職エージェントによって異なりますが、一般的に求人の8割〜9割が非公開求人といわれています。(参照:転職エージェントの非公開求人とは|リクルートエージェント

非公開求人には好条件の案件も多いので、ぜひ積極的にチェックしてみてください。

Q2.転職エージェントを利用した人の実際の声が知りたい

ここでは、実際に転職活動した方の声をご紹介していきます。

「誰にも打ち明けられなかった転職の悩みを相談できて良かった」「親身にサポートしてくれたおかげで、安心して転職活動を進められた」という声は、SNSでも多く挙がっていました。

転職エージェントは、転職活動の強い味方となってくれます。

上手に活用することで、効率的に転職活動を進められるでしょう。

ぜひ本記事の情報を参考に、自分に最適な転職エージェントを見つけてください。

Q3.未経験でも金融業界に転職できる?

未経験でも金融業界に転職することは可能です。

dodaの調査では「金融業界への転職者のうち、5割近くが異業種からの転職者」という結果が出ています。

ただ、上記のグラフをよく見ると、金融業界は他の業界と比較して異業種からの転職者割合が少ないことも分かります。

未経験から金融業界への転職は決して不可能ではありませんが、簡単でもありません。

一般的に難易度が高いと言われる異業種への転職を有利に進めるためには、転職エージェントを活用して、転職活動をサポートしてもらうことをおすすめします。

転職エージェントを最大限に活用して、効率的に転職活動を進めるのが「未経験からの転職を成功させる近道」と言えるでしょう。

まとめ

金融業界での転職は、目的に合わせて最適なエージェントを選ぶことが重要です。

本記事でご紹介したのは、どれも金融業界に強みを持つエージェントばかりなので、気になるエージェントがあれば、ぜひ登録してみてください。

「全転職者におすすめのエージェント2社」と「目的別のエージェント1~2社」を併用すれば、効率良く転職活動を進めやすくなります。

複数の転職サービスを併用して、万全の状態で転職活動を乗り切ってください。

こんな人におすすめサービス名
【登録必須】
金融業界で転職したい
すべての人におすすめ
外資系金融
希望者におすすめ
キャリアアップ転職に
おすすめ
未経験から金融業界へ
転職したい人におすすめ
金融業界から異業種へ
転職したい人におすすめ

おすすめ転職エージェントの関連記事