ワークポートの評判・口コミは良い悪い?登録前の全注意点も解説

ナビナビ
転職

2022-06-28

ワークポートはさまざまな職種の求人を保有していますが、とくにIT業界・クリエイティブ系の職種への転職支援に強みがあります

未経験からの転職もサポートしてくれるので、これからIT業界に転職を考えている人はぜひ利用をおすすめします。

しかし、「本当に良い求人は見つかるの?」「コンシェルジュ(アドバイザー)のサポートは役に立つの?」など、気になることも多いですよね。

転職エージェント選びで失敗しないためにも、利用前に疑問点を解決しておきましょう。

本記事では、ワークポートの特徴や注意点・評判など、「利用前にこれだけは知っておくべき!」というポイントをまとめました。

実際に利用した人の口コミも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【結論】IT業界への転職なら、ワークポートは登録必須!

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポートは、IT業界への転職に強みを持つ転職エージェントです。

スピーディーな対応が特徴なので、効率的に転職活動をしたい人におすすめです。

以下では、ワークポートがおすすめの人をさらに詳しくまとめているので、登録の際の参考にしてみてください。

▼ワークポートはこんな方におすすめ

ワークポートの評価コメント
第二新卒・既卒の
おすすめ度
★★★★★
ワークポートは第二新卒・既卒歓迎の求人も保有している。さらに選択肢を増やしたいなら、20代の転職に強い「doda」も併用すると良い。
20代エンジニアへの
おすすめ度
★★★★★
ワークポートは20代向けのエンジニア求人が充実しているのでおすすめ。さらに選択肢を増やしたいなら、アドバイザーが専属2名体制で手厚いサポートをしてくれる「ウィルオブ・テックキャリア」と併用すると良い。
30代以上のエンジニアへの
おすすめ度
★★★★☆
ワークポートは35歳以上の転職支援実績も豊富で、40代以上の方でも応募可能な求人が増加傾向にある。エンジニア経験者なら「レバテックキャリア」と併せて利用するのがおすすめ。
女性のおすすめ度
★★★★☆
ワークポートはとくに女性に特化したサービスではないが、性別に関わらず問題なく使える。
地方転職の
おすすめ度
★★★☆☆
ワークポートは現在、関東以外の求人の取り扱いが増えているので地方転職を検討中の人にもおすすめ。さらに求人をたくさん見たいなら、全国の求人を多数扱っている「doda」と併用すると良い。

転職エージェントは数が多いので、「結局どれがいいの?」と悩んだ場合は、ひとまず「ワークポート」に登録してみましょう。

基本的には無料で登録・利用できるので、実際に使ってみて合わない場合には他の転職エージェントも検討してみてください。

上記で紹介した転職エージェントも基本的には無料なので、併せて利用してみるのもおすすめです。

合わない場合はすぐに退会できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

目次

実際どうなの?ワークポートの気になる評判・口コミまとめ

ワークポートの満足度調査
満足度調査の詳細
記事末に記載

ワークポートの良い評判

ワークポートの良い評判

キャリアアドバイザーの対応がスピーディー

「面談後にすぐに求人を30〜40社くらい紹介してくれた」「エンジニア求人が多く、スムーズに話が進んだ」など、キャリアアドバイザーの対応スピードの速さが評価されています。

求人紹介は何度でも受けられるので、もし希望に合わない場合には「再度求人を見つけておきます」など前向きな対応をしてくれたという口コミもあります。

転職についてわからないことが出てきた場合も都度アドバイスをいただけるので、フランクに何でも相談してみましょう。

対応が手厚い

「こまめな連絡をしてくれる」「面接対策が優しい」など対応の手厚さを評価する口コミもありました。

丁寧なサポートを行っていただければ、転職活動に不安を抱えていても安心して進められます。

ただし、担当者によって対応は異なるので、「対応が良くない」と感じたら、担当者の変更を申し出てみましょう。

ワークポート公式サイトから担当者の変更を申し出ることが可能

書類通過率が高い

「書類通過率が高い」という口コミも多く見られました。

実際に公式サイトにも、「ワークポートの書類作成アドバイスは書類通過率をアップさせる」との記載があり、サポートにも力を入れていることが伺えます。

ワークポート
(引用元
ワークポート

ワークポートでは、業界に精通したアドバイザーが履歴書・職務経歴書の添削をしてくれます。

頼れるアドバイザーに出会えれば、自力で書類作成するよりも選考の通過率をアップさせやすくなるでしょう。

未経験OKの求人が多い

こちらは「未経験の求人が多い」という口コミです。

ワークポートは、未経験からのキャリアチェンジも支援してくれる転職エージェントです。

実際に未経験向けの求人がどれくらいあるのかを職種別に調べたところ、未経験・第二新卒向けの求人は約6,000件掲載されていました(2022年6月時点)。

ワークポート求人数

とくに多いのは「営業」、次いで「ものづくり系」「建築・土木」の求人が多いです。

また、ワークポートは非公開求人の保有数も多く、全求人の70~95%を占めています。

登録すれば非公開求人を紹介してもらえる可能性があるため、ぜひ無料登録をしてチェックしてみましょう。

新型コロナウィルスの影響で研修をできない企業が多く、一時的に求人が減っている一面もありますが、企業側の状況が回復すれば求人数が増えたり、採用難易度が易しくなる可能性があります。

良い口コミ

25歳/女性

未経験でもレベルが高い求人が多かった

コロナ禍もあり求人数は少なかったようです。IT未経験者可の求人でも、事前に行われるテストの難易度がとても高い場合もあり、応募条件と実態が少し違うのかなという印象を受けました。未経験でもかなり自分で勉強していたり、アプリやサイトを作成している人が求められているような気がしました。

(ナビナビ調査)

まずはワークポートに登録しておき、希望の求人が出てくるのを待ってみるのも良いでしょう。

また、ワークポート以外にも、未経験転職に対応してくれる「リクルートエージェント」や「ハタラクティブ」などを併用すると、さらに効率よく求人を探しやすくなります。

ワークポートの悪い評判

ワークポートの悪い評判

地方の求人が少ない

ワークポートには「地方の求人があまりない」という口コミが多く見つかりました。

しかし、現在は関東以外の求人の取り扱いも増えているため、ワークポートでは全国のIT業界の求人を探すことが可能です。

ワークポート求人数
(最終更新
2022年6月時点の求人数)

地方転職を希望する人は、ワークポートで希望の転職先を見つけましょう。

さらに地方の求人を見たい人は、大手「doda」や「リクルートエージェント」なども併せて登録してみてください。

連絡がしつこい

悪い口コミ

30代/女性

連絡がしつこい

キャリアアドバイザーはとても友達みたいな感覚の方でしたが、唯一悪かった点と言えば電話の連絡数が多すぎる事です。

そして、電話に出れないとすぐ催促されていつ電話出来ますか?と沢山LINEが寄せられた時は正直困りました。

(ナビナビ調査)

連絡が多すぎる、すぐに催促されるなど、連絡のしつこさへの口コミも見られました。

転職エージェントは、転職者と企業をマッチングさせることで報酬(紹介料)を受け取るビジネスです。

そのため、中にはあなたのキャリアよりも、企業からの紹介料を得ることを優先するような担当者もいます。

こちらの意見を聞かず、強引に転職させようとしたり、連絡がしつこすぎたりするならば、早めに担当者の変更を申し出ましょう。

ワークポート公式サイトから担当者の変更を申し出ることが可能

キャリアアドバイザーの対応が適当だった

キャリアアドバイザーの対応が適当だったり、連絡が遅かったりすると、転職活動を進める上で信頼関係を築くことができません。

もちろん悪いアドバイザーばかりではないので、対応の悪い担当者に当たったらすぐに変更しましょう。

アドバイザーの対応に疑問や不満がある場合は、担当者を変更したい旨をすぐにワークポートに伝えてください。

もし変更できなかった場合は、そのまま退会しても問題ありません。

※ 担当者の変更を申し出る際は、公式サイト内の「問い合わせページ」から行いましょう。

なぜ選ばれるのか?ワークポートが人気な4つの理由

なぜ選ばれるのか?ワークポートが人気な4つの理由

ワークポートはIT業界への転職を目指す方に人気の高い転職エージェントです。

多くの転職者に利用されている理由は、以下の4つが挙げられます。

ワークポートが選ばれる理由

理由1.IT業界への転職に強い

ワークポートは、IT業界への転職サポートに強いのが特徴の転職エージェントです。

実際に、「楽天」や「CAPCON」「SEGA」などの大手IT・ゲーム企業が、ワークポートに求人を載せています。

ワークポートは創業以来、IT・ゲーム業界への転職支援に注力しているため業界とのつながりも強く、他社にはない独自の求人案件も多く保有しています。

「転職コンシェルジュ」と呼ばれるアドバイザーは各業界の転職事情に精通しているため、利用者は専門性の高いアドバイスをもらうことが可能です。

そのためワークポートは、IT・ゲーム業界への転職を目指す人から高い人気があります。

理由2.スピード感のある転職が可能

ワークポートは、「スピーディーに転職できる」と利用者から高評価を得ています。

転職エージェントの中には「登録したのに何日も連絡がない」という場合もありますが、ワークポートなら登録当日に連絡が来ると利用者から評判です

アドバイザーからのレスポンスが早いと、転職活動をスムーズに進めることができます。

前職を退職してから期間が空いてしまうと採用時の印象が良くないため、スピード感のある転職が可能なのは大きなメリットです。

「急かされているような気がする」という口コミもありましたが、キャリアアドバイザーのスピーディーな対応に満足している利用者は多いようです。

理由3.書類選考の通過率が高い

ワークポートを利用すれば、業界に精通したアドバイザーが履歴書・職務経歴書の添削をしてくれます。

書類添削を受けるメリット

  • 自分だけでは見落としがちなミスを防げる
  • 採用担当への訴求ポイントがわかる

また、経験やスキルの棚卸しを行ってくれるため、あなたは「伝える必要はない」と考えていたことでも、書類に盛り込むべきかを的確にアドバイスしてもらえます。

理由4.業界・実務未経験にも対応してくれる

ワークポートは業界未経験・実務未経験からの転職者にも対応してくれます。

ワークポートは会社として未経験求人の開拓に力を入れており、常に安定して未経験の求人を紹介できるように用意しています。

また、ワークポートは未経験からエンジニアになりたい人向けの無料スクール「みんスク」も運営しており、プログラミングを学びながら転職相談をすることが可能です。

みんスク
(引用元
みんスク

テキスト代・受講料・転職相談などすべて無料で利用できるうえ、オンラインで好きなだけ勉強することができます。

ワークポートは、エンジニアを目指す人向けのサービスが整っているので、未経験からエンジニアになりたい方はぜひ登録しておきましょう。

利用前に知っておきたい!ワークポートの全注意点

利用前に知っておきたい!ワークポートの全注意点

ワークポートには多くのメリットや強みがありますが、利用前に注意点だけはチェックしておきましょう。

転職エージェントは無料で利用できますが、登録後に後悔しないためにも事前に確認することは大切です。

ワークポート利用の注意点は、以下の2つです。

ワークポートの注意点

対応の悪い担当者に当たることもある

ワークポートには熱心にサポートしてくれるキャリアアドバイザーが多く在籍していますが、中には対応が良いとは言えない担当者もいます。

担当者も人間なので、性格や相性によってはコミュニケーションを取りにくい場合もあります

もし対応の悪い担当者や相性が合わない担当者に当たったら、早めに変更を申し出ましょう。

担当者の変更は伝えにくい内容かと思いますが、「別の担当者のアドバイスも聞いてみたい」などと伝えれば穏便に変更することができます。

※担当者に直接伝えるのが難しい場合は、「問い合わせページ」を利用してください。

希望と違う求人を紹介される場合もある

ワークポートをはじめとした転職エージェントは、数ある求人から条件に合う求人を厳選してくれるので、自分ひとりで転職先を探すよりも非常に効率的です。

しかし、希望条件に合わない求人を紹介されるケースも少なからずあります。

転職エージェントは求職者が企業に採用されると報酬を得られる仕組みのため、利益優先の担当者は無理やり面接を受けさせてくるケースもあります。

希望に合わない企業ばかり勧められるならば、担当者と話し合いの機会を設けるか、もしくは別の担当者への変更を行いましょう。

【結論】ワークポートはこんな方に向いている!

ワークポートを実際に利用した人の評判を踏まえて、どんな方にワークポートがおすすめなのかをまとめました。

ワークポートの評価コメント
第二新卒・既卒の
おすすめ度
★★★★★
ワークポートは第二新卒・既卒歓迎の求人も保有している。さらに選択肢を増やしたいなら、20代の転職に強い「doda」も併用すると良い。
20代エンジニアへの
おすすめ度
★★★★★
ワークポートは20代向けのエンジニア求人が充実しているのでおすすめ。さらに選択肢を増やしたいなら、アドバイザーが専属2名体制で手厚いサポートをしてくれる「ウィルオブ・テックキャリア」と併用すると良い。
30代以上のエンジニアへの
おすすめ度
★★★★☆
ワークポートは35歳以上の転職支援実績も豊富で、40代以上の方でも応募可能な求人が増加傾向にある。エンジニア経験者なら「レバテックキャリア」と併せて利用するのがおすすめ。
女性のおすすめ度
★★★★☆
ワークポートはとくに女性に特化したサービスではないが、性別にかかわらず問題なく使える。
地方転職の
おすすめ度
★★★☆☆
ワークポートは現在、関東以外の求人の取り扱いが増えているので地方転職を検討中の人にもおすすめ。さらに求人をたくさん見たいなら、全国の求人を多数扱っている「doda」と併用すると良い。

IT系企業と強いつながりのあるワークポートなら、優良案件を紹介してもらえる可能性が高いです。

下記の特徴に当てはまる方にはぴったりの転職エージェントなので、ぜひ登録して求人を確認してみてください。

ワークポートの利用が向いている方

  • IT・Web・ゲーム系に転職したい
  • 手厚いサポートを受けたい
  • スピード感のある転職活動をしたい
  • 業界・実務未経験だけど転職したい
  • 経験に不安がある

ワークポート|基本情報

運営会社株式会社ワークポート
公開求人数約54,000件
非公開求人数約21,000件
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年6月時点)

ワークポート以外の転職エージェントも併用すると成功率アップ!

ワークポートはIT・Web・ゲーム業界の求人を多数保有していますが、より多くの求人をチェックしたいなら3~4社の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

自分に合ったエージェントを選ぶのがポイント

もし担当者と相性が合わなかった場合、複数社に登録することで、相性の良い担当者と出会いやすくなります。

転職エージェントに複数登録する

転職成功者は平均4社程度のエージェントを併用していることが多いので、気になったエージェントはすべて登録だけでもしておきましょう。

良い求人が見つからない場合はすぐに退会すれば良いので、他のエージェントも気軽に登録してみてください。

まずは、自分の希望する求人を保有しているかを確認し、合わなければ変更して転職エージェントをフル活用しましょう。

エージェント名公開求人数特徴
ウィルオブ・テックキャリア

1,287件

(※2022年6月時点)

  • アドバイザーが専属2名体制でサポート
  • エンジジア経験のある20-30代利用者が多い
  • 首都圏+関西圏の求人が多い
レバテックキャリア

14,615件

(※2022年6月時点)

  • 8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 大手からWeb系、スタートアップまでを幅広く網羅
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
doda

141,879件

(※2022年6月時点)

  • トップクラスの求人数&転職サポート
  • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能
  • 地方の求人もバランスよく扱っている
  • 20代・第二新卒の転職にも強い

ワークポートの登録から転職までの流れ

ワークポートを利用して、転職するまでの手順をご紹介します。

以下の手順に沿って利用すれば、スムーズに転職活動が進むでしょう。

ワークポート|利用の流れ

STEP1.会員登録

ワークポートの公式サイトにアクセスし、転職相談サービスに申し込みます。

「<無料>転職サービスを利用する」というボタンを押すと以下の画面が表示されるので、必要な情報を入力します。

workport登録画面
(引用元
ワークポート

入力の必須項目は以下の通りです。

  • 氏名・生年月日
  • メールアドレス・電話番号
  • 現在住んでいる都道府県
  • 転職先の希望勤務地
  • 希望職種

※直近の経験職種は必須項目ではないので、経験がある人だけ入力します。

登録は3分ほどで簡単に完了します。

STEP2.キャリアアドバイザーと面談

登録が完了すると、申し込み当日~3営業日程度でワークポートから電話もしくはメールで連絡が来ます。

(※ワークポートは対応が早いため、登録後すぐに連絡が来て面談日の日程を組むことが多いとの口コミがあります)

転職コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)との面談の日程は、メールの案内に従って「面談予約画面」から決定します。

面談では、これまでの職歴や経験・転職理由・希望条件などを聞かれるため、あらかじめまとめておくと面談がスムーズに進みます。

「面接」ではなく「面談」なので、転職活動に関する悩みは何でも気軽に相談してみましょう。

【面談の様子例】

こちらは「doda」の面談風景ですが、ワークポートの面談も同じような進行のため、気になる人は確認しておいてください。

【キャリアカウンセリング全体の流れ】

【求人紹介の様子】

2022年6月時点では、コロナ対策のために3つの面談方法から選びます。

来社来社不要
  • 対面面談
  • オンライン面談
  • 電話面談

対面面談も可能ですが、オンラインや電話での面談も可能なので、自宅からでも受けることができます。

持ち物や服装について

  • 持ち物は基本的に必要ありませんが、事前に指定があった場合は、履歴書・職務経歴書・筆記用具などを持参します。
  • 服装は私服で問題ありませんが、迷った場合はスーツを着用すると良いでしょう。

面談可能なオフィス一覧

ワークポート|オフィスのエントランス
(引用元
ワークポート

転職コンシェルジュとの面談は、全国18拠点で行われています(韓国1拠点含む)

ただし、希望する職種によっては特定のオフィスでしか面談を行っていない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

面談拠点住所
本社オフィス東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F(転職面談は9F)
札幌オフィス北海道札幌市北区北6条西1丁目4-2 ファーストプラザビル2F
仙台オフィス宮城県宮城野区榴岡4-5-22 宮城野センタービル4F
千葉オフィス千葉県千葉市中央区弁天1-15-3 リードシー千葉駅前ビル7F
埼玉オフィス埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82 大宮大門町MIIビル 6F
横浜オフィス神奈川県横浜市西区北幸1-11-11 NMF横浜西口ビル6F
高崎オフィス群馬県高崎市八島町65 明石屋ビル3F
名古屋オフィス愛知県名古屋市中村区椿町15番19号 秋田学園名駅ビル 2F
大阪オフィス大阪府大阪市中央区平野町2-3-7 アーバンエース北浜ビル14F
京都オフィス京都府京都市下京区真苧屋町207番地 ネオフィス七条烏丸4F
神戸オフィス兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング11F
高松オフィス香川県高松市兵庫町8-1 高松兵庫町ビル6F
岡山オフィス岡山県岡山市北区本町6-30 第一セントラルビル2号館5F
広島オフィス広島県広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル9F
小倉オフィス福岡県北九州市小倉北区米町1-3-1明治生命北九州ビル5F
福岡オフィス福岡県福岡市中央区天神1丁目3-38 天神121ビル5F
熊本オフィス熊本県熊本市中央区安政町4-23 アクア熊本水道町6F
韓国(ソウル)オフィス

주소:서울 영등포구 경인로 775(문래동3가) 에이스하이테크시티 2동 1805호
가까운 지하철 역:1호선 영등포역, 2호선 문래역

STEP3.求人紹介

面談の内容をもとに、転職コンシェルジュが希望に合う求人を紹介してくれます。

早ければ面談後すぐに紹介してもらえますし、その場で見つからない場合は後日メールや電話などで求人の紹介が行われます。

ワークポートでは求人紹介だけではなく、企業の内部情報などの一般公開されていない情報を教えてもらうことも可能です。

STEP4.書類作成・応募・面接

応募したい求人が決まったら、まずは書類を作成します。

書類選考を突破するためには、その企業に合わせた書類の作成が必須です。

応募書類の作成は、転職コンシェルジュがしっかりサポートしてくれます。

そして、書類選考を通過したら、次は面接です。

面接の日程調整は転職コンシェルジュが行ってくれるため、あなたは都合の良い日程を伝えるだけでOKです。

転職コンシェルジュは、事前に面接対策も行ってくれるので、自信を持って面接に臨むことができるでしょう。

STEP5.内定・入社・アフターフォロー

ワークポートは転職活動だけでなく、現職の退職や転職先の入社まで一貫してサポートしてくれます。

内定が出た後は、給与条件や入社日の調整、円満退社するためのアドバイスなど、アフターフォローも充実しています。

転職活動で困ったことがあれば、遠慮なく何でも相談してみましょう。

ワークポートを最大限に活用するポイント

ワークポートを最大限に活用するポイント

ワークポートを利用するなら、最大限に活用して転職を成功に近づけましょう。

ここでは、ワークポートを最大限に活用するポイントを6つ紹介します。

良い転職先があればすぐ転職すると伝える

すぐに転職する予定がなくても、担当者には「希望の転職先が見つかればすぐに転職したい」という意思を伝えておきましょう。

担当者に「この人は転職する気がない」と思われると、求人の紹介が他の転職者より後回しになってしまうからです。

たとえすぐに転職する気が無くても、ワークポートに登録すること自体は問題ありません。

それでも担当者には、「情報収集のためだけに登録した人」と思われないようにすることが大事です。

担当者と2週間に一回は連絡をとる

担当者にはこまめに連絡を入れて、積極的に転職活動をしている意思を見せましょう。

担当者に連絡を入れないと「転職する気がないのかな?」と思われてしまい、求人紹介を後回しにされてしまいます。

2週間に1回程度は「新着で良い求人はありませんか?」「この企業の求人は出てますか?」など、自分から担当者に連絡を入れておきましょう。

推薦書を自分でもチェックする

求人に応募する際に、担当者は企業に向けて「推薦書」を書いてくれます。

第三者からの推薦のため、推薦書を見た企業は、あなたに対して良い印象を抱いてくれるでしょう。

しかし、中には推薦書を雑に作成する担当者もいます。

たとえば、経歴をそのまま写しただけだったり、誰にでも使い回しできる薄い内容だったりする場合もあります。

そのため、推薦書を出してもらう際は「面接時に推薦書の内容とずれがないようにしたい」と伝えて、内容を確認させてもらいましょう。

質の悪い担当者はすぐに変更する

もし「この担当者ダメそう…」と感じたら、早めに変更しましょう

希望条件に合わない求人ばかり紹介されたり、連絡が遅かったりすると、スムーズに転職活動を進めることができません。

「質の悪い担当者って具体的にどんな人?」と疑問に思う場合は、以下の特徴に当てはまるかをチェックしてみてください。

質の悪い担当者の特徴

  • 連絡が遅く、転職活動がスムーズに進められない
  • 今後のキャリアを考えず、内定しやすい企業ばかり紹介してくる
  • 求人の懸念点を聞いても詳しく答えてくれない
  • 「他にも求人を紹介してほしい」という要望に応えてくれない
  • 企業への年収交渉などを行ってくれない

もしこのような担当者に当たってしまったら、「問い合わせページ」からすぐに担当者を変更しましょう。

面接日程を近づけすぎない

1週間に何回も面接を入れるなど、複数の面接日程を近づけすぎるのはやめましょう。

面接の日程が近過ぎると、余裕を持って企業分析を行えません。

さらに、キャリアアドバイザーとの面接対策の時間も取れないので、ひとつひとつの面接が疎かになってしまいます。

企業研究が不十分だと、面接時に企業へうまくアピールできず、最悪の場合はすべての面接で不合格になってしまうかもしれません。

そのため、多くても面接は1週間に2回程度に抑えておくのがおすすめです。

他の転職エージェントも併用する

転職エージェントは、複数社まとめて利用するのがおすすめです。

複数の転職エージェントを併用することで、転職失敗のリスクを大きく減らせます。

転職エージェントを併用するメリット

  • 多くの求人の中から希望の求人を探すことができる
  • 各転職エージェントの独占案件もチェックできる
  • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる(質の悪い担当者を見分けられる)

「そんなに登録したら管理しきれない」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそこまで負担になりません。

それに、合わないエージェントがあっても、他のエージェントがあればすぐに退会できるので安心です。

転職エージェントは何社利用しても料金は無料なので、登録できるところはすべて利用して転職を成功させましょう。

【Q&A】ワークポートの気になる疑問を解決

【Q&A】ワークポートの気になる疑問を解決

IT・ゲーム業界への転職を目指す方におすすめのワークポートですが、利用方法に関して気になる点がある人もいるでしょう。

ここでは7つの疑問点について解答しているので、利用前にぜひチェックしておいてください。

Q1.他の転職エージェントとは何が違う?

A.ワークポートが他の転職エージェントと違うのは、IT業界への転職に強みがあることと、未経験転職の支援に強いことです。

ワークポートはさまざまな職種を扱う総合型の転職エージェントですが、もともとはIT専門だったため、今でもIT系の転職支援を得意としています。

また、IT転職に強いエージェントでは珍しく、業界・実務未経験者に対するサポートもしてくれることが特徴です。

そのため、エンジニア職にキャリアチェンジしたい人が多く利用しています。

Q2.利用を断られてしまうことはある?

A.断られてしまう場合もあります。

ワークポートは未経験やフリーターにも対応しているので、対象者層は幅広いですが、以下のような理由で断られてしまうこともあります。

  • アドバイザーとの面談を断った
  • 何らかの条件が合わず、紹介できる求人がない

ワークポートでは、幅広い年齢層向けの求人を多く保有しているので、対象者層は非常に幅広いです。

ただし、もし利用を断られてしまっても「doda」などの求人数の多い転職サイトがあるので利用してみてください。

Q3.ワークポートを退会する方法を知りたい

A.担当者に直接退会の連絡をしても問題ありませんが、抵抗がある場合は公式サイトのお問い合わせフォームを利用しましょう。

ワークポート退会フォーム
(引用元
ワークポート

『お問い合わせ項目』は「その他」を選択し、『お問い合わせ内容』には「転職先が決まった」「望んだ求人を紹介してもらえない」といった退会理由と、これまでの感謝の気持ちを伝えましょう。

【文面例】

いつも大変お世話になっております。(あなたの名前)です。

大変恐縮ですが、他転職エージェント経由にて内定をいただき転職を決意しました。

つきましては、ワークポートを退会させていただきたく存じますので、退会手続きと個人情報の削除をお願いします。

これまで(担当者名)様には大変お世話になり、感謝しております。

また機会があれば、よろしくお願いします。

Q4.ワークポートは再登録できる?

A.ワークポートは再登録可能です。

ただし、個人情報を削除した場合は再度情報を入力し直す必要があります

再登録の場合は「ワークポートの公式サイト」からの登録の手順に従って登録し直しましょう。

Q5.ワークポートのアプリ「eコンシェル」とは?

eコンシェル
(引用元
eコンシェル

A.eコンシェルは、ワークポートの利用者が使える転職サポートツールで、以下のような機能を利用できます。

  • 面接のスケジュール管理
  • 応募求人の管理
  • 希望に合う求人の自動表示
  • 転職コンシェルジュとのメッセージのやり取り

面接スケジュール管理は選考中企業の最新情報を自動表示してくれるので、ひと目でわかりやすいのが特徴です。

応募や選考状況の管理、求人情報もチェックできるため、効率よく転職活動を進められます

気になる求人があれば、アプリから直接担当アドバイザーへ問い合わせることも可能です。

Webだけではなくアプリ版もあるので、隙間時間をフル活用して転職を成功させましょう。

ダウンロードはこちらから

Q6.履歴書・職務経歴書が作れる「eレジュメ」とは?

ワークポート|「eレジュメ」
(引用元
ワークポート

A.「eレジュメ」は、ワークポートに登録すると使えるようになる履歴書・職務経歴書作成ツールです。

レジュメ作成ツール(「eレジュメ」)を使って、スマホ・PCどちらからでも無料で簡単にレジュメの作成をすることができます。

担当の転職コンシェルジュが各書類の添削を行なってくれます。

Q7.ワークポートがやってる「みんスク」って何?

みんスク
(引用元
みんスク

A.「みんスク」は、ワークポートが運営している完全未経験からプロを目指せる無料のエンジニアスクールです。

みんスクでは、教材費・受講料・転職相談などすべてのサービスを無料で受けられます

開発(PHP・Java)コース・インフラコースなどがあり、わからないことは講師に聞きながら自分のペースで学ぶことができます。

ワークポートでは「みんスク受講者限定の求人」もあるので、未経験からエンジニアに転職したい方は、みんスクとワークポートをセットで使うと良いでしょう。

受講してみて、もし合わなければいつでもやめることができるので気軽に利用してみてください。

まとめ

ワークポートは、IT・ゲーム業界への転職をスピーディーに叶えたい方におすすめの転職エージェントです。

以下のような方には、とくにおすすめです。

  • IT・Web・ゲーム系に転職したい
  • 手厚いサポートを受けたい
  • スピード感のある転職活動がしたい
  • 業界・実務未経験だけど転職したい
  • 経験に不安がある

ただし、ワークポートだけで転職活動を行うよりも、他の転職エージェントも併せて利用したほうが希望の求人が見つかりやすくなります。

ぜひ以下の複数の転職エージェントを併用して、万全の状態で転職活動を乗り切ってください。

エージェント名公開求人数特徴
ウィルオブ・テックキャリア

1,287件

(※2022年6月時点)

  • アドバイザーが専属2名体制でサポート
  • エンジジア経験のある20-30代利用者が多い
  • 首都圏+関西圏の求人が多い
レバテックキャリア

13,398件

(※2021年7月時点)

  • 8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 大手からWeb系、スタートアップまでを幅広く網羅
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
doda

88,223件

(※2021年7月時点)

  • トップクラスの求人数&転職サポート
  • 転職サイト・転職エージェントの両方が使用可能
  • 地方の求人もバランスよく扱っている
(最終更新
2021年7月時点の求人数です)

ワークポート利用者満足度調査

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:ワークポート利用経験がある20歳以上の男女
  • 調査地域:全国
  • 調査期間:2021年5月18日~2021年5月19日
  • 調査人数:83人
  • 調査機関:Fastask

関連記事