Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職エージェントの退会方法!押さえておきたい注意点・伝え方も解説

最終更新日:

転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「転職エージェントをやめたいけど、いつ退会すべき?」
「退会の理由はなんて伝えるべき?」

転職エージェントを退会する際に、上記のような疑問を持つ方は多いです。

結論からお伝えすると、応募中・選考中以外であれば転職エージェントはいつでも退会してOKです。

本記事では、転職エージェントをスムーズに退会できるよう、おもに以下の内容について解説します。

本記事で解説するおもな内容

  • 転職エージェントを退会する方法
  • 退会時に押さえておきたい注意点
  • 担当アドバイザーに退会を伝える例文

退会を伝える例文はパターン別に4つ紹介しているので、転職エージェントを今すぐ退会したい方もぜひ参考にしてください。

転職活動を続けるなら別のエージェントを使ってみよう

「登録中のエージェントは退会するけど、転職活動は続ける」という場合は、別のサービスを利用してみましょう。

転職サービスはたくさんありますが、なかでもおすすめなのが「doda」です。

doda
(引用元
doda

doda」は業界トップクラスの求人数を保有しており、さまざまな案件を比較検討できます。

また、エージェントサービスを付けなければ「転職サイト」として利用できることも特徴です。

臨機応変に使い分けられるので「アドバイザーから頻繁に連絡がくるのが嫌」「マイペースに求人を探したい」という方もぜひ利用してみてください

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年5月時点)

    気になる内容をタップ

    【結論】転職エージェントはいつでも退会できる

    転職エージェントは、応募中・選考中を避ければいつでも退会して問題ありません。

    「転職しないと違約金が生じるのでは?」と思われる方も多いですが、退会によって費用が生じることはないので安心してください。

    ただし、履歴書・職務経歴書など登録した情報は削除されてしまうため、以下に当てはまる場合は退会ではなく「休止・停止」することも検討しましょう。

    「休止・停止」がおすすめな人

    • 一時的に転職活動を中断する
    • 今後もサービスを利用する可能性がある

    多くのエージェントでは、退会せずに求人紹介・サポートを停止することが可能です。

    詳しくは、記事中盤「転職活動中なら退会ではなく「休止」もおすすめ」で解説しているので、上記に当てはまる方はぜひご覧になってみてください。

    転職エージェントのおもな退会方法

    転職エージェントのおもな退会方法

    ここからは、転職エージェントの退会方法を3つ紹介します。

    一例として「doda」「リクルートエージェント」「ハタラクティブ」「マイナビエージェント」をご利用の方は、退会フォームから手続きが可能なので「方法1」をご覧ください。

    そのほかのエージェントをご利用で退会フォームがない場合は、「方法2」「方法3」をご覧ください。

    転職エージェントのおもな退会方法

    ※「パソナキャリア」「JACリクルートメント」「ワークポート」「レバテックキャリア」などは、退会フォームがないため、担当者や問い合わせ窓口に連絡する必要があります。

    方法1.退会フォームから手続きを行う

    退会フォームが設けられている転職エージェントでは、サイト上で退会手続きを行えます。

    手続きの流れはエージェントによって異なりますが、以下の流れで退会を申請するのが一般的です。

    • マイページにログインする
    • 退会フォームにアクセスする
    • 必要事項を入力する
      (登録情報、退会の理由など)
    • 送信(退会申請)する

    なお、以下のエージェントには退会フォームが設けられているので、ログイン後にリンク先から申請を行えば退会できます。

    転職サイトの退会方法


    転職サイトの場合、退会フォームから手続きを行うのが一般的です。

    先述した手順と同様に、「ログイン」⇒「退会フォームから申請」という流れで手続きを行いましょう。

    なお「リクナビNEXT」「マイナビ転職」では、以下の手順で退会手続きが可能です。

    サービス名退会手続きの流れ
    リクナビNEXT
    • ログインする
    • 画面下部にある「リクナビNEXTからの退会手続き」から手続きを行う
    マイナビ転職
    • ログインする
    • 「各種変更の設定」をクリックする
    • 「退会の手続き」から手続きを行う

    (参考元:各社公式サイト)

    方法2.担当アドバイザーに電話・メールで連絡する

    自分の担当アドバイザーがわかる場合は、アドバイザーに電話やメールで連絡を入れましょう。

    現在の状況を伝え、退会の旨を申し出ればスムーズに退会できます。

    吹き出し

    いつもお世話になっております。転職支援サービスを受けている○○です。
    大変申し訳ないのですが、転職活動の中断を考えているため、サービスを退会させていただきたいです。
    △△様にはお世話になり、大変感謝しております。
    お手数おかけしますが、退会の手続きをよろしくお願いいたします。

    状況によっては退会を引き止められる可能性もあるので、差し支えなければ退会理由もあわせて伝えることをおすすめします。

    記事後半「理由別|転職エージェントを退会する際の例文」では、退会理由の上手な伝え方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

    方法3.問い合わせ窓口に連絡する

    退会フォームがなく自分の担当者がわからない場合は、問い合わせ窓口から退会を申し出ましょう。

    以下の転職エージェントには退会フォームがないため、担当者がわからない場合はそれぞれの問い合わせ窓口から連絡してください。

    サービス名問い合わせ窓口
    パソナキャリア登録完了時にパソナキャリアより送信したメールアカウントに返信する形で退会を申請する
    JACリクルートメントメール:[email protected]
    ワークポートお問い合わせ
    レバテックキャリアメール:[email protected]

    (参考元:各社公式サイト)

    問い合わせ窓口に連絡を入れる際は、エージェント側が個人を特定しやすいよう「氏名」「生年月日」などを伝えるとスムーズです。

    なお「担当者に直接退会を伝えるのが気まずい……」という場合も、問い合わせ窓口から連絡して問題ありません。

    問い合わせ窓口から連絡する場合も退会理由を聞かれる可能性がありますが、差し支えなければ正直に伝えることをおすすめします。

    転職エージェントを退会する前に確認すべき注意点

    転職エージェントを退会する前に確認すべき注意点

    転職エージェントの退会方法について解説しましたが、退会前に確認しておくべき注意点もあります。

    不要な手間やトラブルが生じないよう、事前にしっかりと確認しておきましょう。

    転職エージェント退会時の注意点

    注意点1.履歴書などの登録情報は削除される

    転職エージェントを退会すると、登録した履歴書・職務経歴書などの情報は削除されます。(※一定期間情報が残るサービスもあり)

    退会後はマイページにログインできなくなり、登録した情報を閲覧できなくなるので、あらかじめ認識しておきましょう。

    なお、再度同じエージェントを利用する場合は新規登録扱いとなり、また1から情報を入力する必要があります。

    そのため、今後も同じエージェントを使う可能性がある場合は、退会ではなく「休止」することもおすすめです。

    休止の手続きについて詳しくは、記事中盤「転職活動中なら退会ではなく「休止」もおすすめ」をご覧ください。

    提出書類を返却してもらいたい場合は……

    提出書類の返却の可否は、エージェントによって異なります。

    提出した書類や写真を退会時に返却してもらいたい場合は、各社の問い合わせ窓口に連絡しましょう。

    サービス名問い合わせ窓口
    dodaお問い合わせ
    リクルートエージェントお問い合わせ
    ハタラクティブメール:[email protected]
    (参考元:ハタラクティブ

    なお「doda」では、書面原本での返却(手数料有料)と電子データでの返却を受け付けています。(参考元:doda

    注意点2.応募中・選考中の退会はNG

    転職エージェントはいつでも退会できますが、応募中・選考中の退会は避けましょう。

    応募中はエージェント・求人企業ともに選考や採用に関するさまざまな準備をしているため、退会すると各方面に迷惑がかかってしまいます。

    そのため、退会するのは求人に応募する前や転職活動が一段落ついたタイミングがよいでしょう。

    もし、やむを得ない事情で応募中に退会する場合は、選考を辞退する旨を早めにアドバイザーに伝えてください。

    いつもお世話になっております。転職支援サービスを受けている○○です。
    大変申し訳ないのですが、現在応募中の選考を辞退し、サービスを退会させていただきたいです。
    退会の理由は、家庭の事情で急遽転職を中止することになったためです。
    △△様には多大なご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ございません。
    何卒ご容赦お願いいたします。

    無用なトラブルを避けるためには、応募中・選考中の退会はできるだけ避け、やむを得ない場合は迅速な連絡を心がけましょう。

    注意点3.再登録時は担当者が変わる可能性が高い

    転職エージェントは退会後に再登録することが可能ですが、再登録の際には担当者が変わる可能性が高いです。

    先ほどもお伝えしたとおり、再登録の際には「1からの新規登録」となるため、アドバイザーも新たな担当者になることが多いのです。

    そのため、担当者を変えたくないのであれば、退会ではなく休止することも手段のひとつです。

    次の章では、退会と休止の違いについて詳しく解説しているので、ぜひ引き続きご覧ください。

    再登録時に担当者を指名したい場合は……

    再登録時に「前回と同じアドバイザーに担当してもらいたい」といった希望がある場合は、エージェント側に申し出てみましょう。

    必ずしも希望が通るとは限りませんが、指名したアドバイザーを優先して担当配置してくれる可能性があります。

    転職活動中なら退会ではなく「休止」もおすすめ

    「転職活動はまだ続ける予定」「一時的にサービスの利用を中断したい」という場合は、退会ではなく休止や停止することも手段のひとつです。

    休止・停止であれば、登録情報を残したまま求人紹介やサポートだけをストップできます。

    履歴書・職務経歴書などの情報もサイト上に残しておけるため、再度利用するときに手間がかかりません。

    担当アドバイザーが在籍していれば担当者も変わらないケースが多いので、スムーズに転職活動を再開できるでしょう。

    以下におもなエージェントの申請方法をまとめたので、退会ではなく休止・停止することも検討してみてください。

    サービス名休止・停止の申請方法
    doda
    • ログイン後、「登録情報設定」>「サービス利用状況」>「利用停止」から手続きを行う
    リクルートエージェント
    • 担当のアドバイザーに申し出る
    JACリクルートメント
    • 担当のアドバイザーに申し出る

    (参考元:各社公式サイト)

    そのほかのエージェントについても休止・停止を受け付けていることが多いので、希望する場合は担当アドバイザーに連絡してみましょう。

    不満があるなら担当者の変更も検討しよう

    「まだサービスを利用したいけど、担当者と合わない」という場合は、アドバイザーの変更を申し出ることも手段のひとつです。

    アドバイザーの変更は、転職エージェントの問い合わせ窓口に連絡を入れることで対応してくれます。

    理由別|転職エージェントの退会を伝える例文

    理由別|転職エージェントの退会を伝える例文

    転職エージェントに退会を申し出る際に、「どう理由を伝えればいいか」悩んでしまう方も多いと思います。

    悪い印象を与えてしまうと再度利用しづらく可能性もあるため、できるだけ角が立たないよう意識して伝えましょう。

    ここでは、退会を伝える例文を理由別に4つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

    退会を伝える際の例文

    例文1.内定獲得後に退会する場合

    利用している転職エージェントで内定が決まって退会する際は、そのまま伝えて問題ありません。

    吹き出し

    いつもお世話になっております。転職支援サービスを受けている○○です。
    この度、○○社への内定が決まったのでサービスを退会したくご連絡いたしました。
    転職活動をサポートしていただいた△△様には、大変感謝しております。
    末筆になりますが、△△様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

    これまで支援してもらった感謝の気持ちが伝わるよう、お礼をしっかり述べましょう。

    例文2.転職活動を終了する場合

    何らかの事情で転職活動を終了する場合は、お礼とあわせて謝罪の言葉も伝えましょう。

    吹き出し

    いつもお世話になっております。転職支援サービスを受けている○○です。
    この度、家庭の事情で転職活動を終了することにいたしました。
    △△様にはとても丁寧に支援していただいたのに、誠に申し訳ございません。
    また転職活動を再開する場合は、ぜひ△△様にお力添えいただきたいと考えております。
    末筆になりますが、△△様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

    無理に伝える必要はありませんが、差し支えなければ「転職活動を終了する理由」も伝えるのがおすすめです。

    納得感のある理由を伝えることで、退会を引き止められるリスクを軽減できます。

    例文3.サービスに不満がある場合

    サービスに不満がある場合は、批判的な伝え方にならないよう注意しましょう。

     吹き出し

    いつもお世話になっております。転職支援サービスを受けている○○です。
    この度、サービスを退会させていただきたくご連絡いたしました。
    理由といたしましては、自分の希望に合う求人をなかなか見つけられなかったためです。
    △△様にはご尽力いただきましたのに、大変申し訳なく思っています。
    末筆になりますが、△△様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

    角が立たないようにするには、退会に至った理由だけでなく感謝の気持ちを伝えることが大切です。

    なお、不満を正直に伝えたくないのであれば「諸事情で」と濁しても問題ありません。

    サービスに不満があるなら……

    今後も転職活動を続けるのであれば、別の転職エージェントを利用してみることも手段のひとつです。

    記事後半「いい求人が見つからない方へ|おすすめの転職エージェント3社」では、おすすめのサービスを紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

    例文4.別のエージェントで転職が決まった場合

    別のエージェントで転職が決まった場合は、嘘をつかず正直に伝えましょう。

     吹き出し

    いつもお世話になっております。転職支援サービスを受けている○○です。
    この度、別のサービスを通じて内定が決定いたしました。
    つきましては、貴社のサービスを退会させていただきたく存じます。
    △△様には親身に寄り添っていただいたのに、申し訳ございません。
    これまで手厚く支援してくださり、ありがとうございました。
    末筆になりますが、△△様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

    エージェント側は「求職者が他のサービスで転職する可能性があること」を理解しているので、無理に濁して伝える必要はありません。

    これまで支援してもらった感謝の気持ちをしっかり伝えることを意識しましょう。

    いい求人が見つからない方へ|おすすめの転職エージェント3社

    「利用中のエージェントは退会するけど、転職活動は続ける」という場合は、別の転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。

    というのも、転職活動では「担当アドバイザーとの相性」が転職の成功・失敗を左右するのです。

    1社だけでは満足のいく結果を得られないことも多いので、できれば複数社に登録して相性のよい担当者を見つけましょう。

    転職エージェント複数利用

    相性のよい担当者と出会えれば、自分に合う求人を紹介してもらいやすくなり、転職活動をスムーズに進められるはずです。

    ここからは「転職活動を親身にサポートしてくれる」と評判の3社を紹介するので、ぜひ利用してみてください。

    サービス名特徴
    doda
    • 転職サイトとしても利用可能
    • 幅広い業種・職種の求人を保有
    リクルートエージェント
    • 業界トップクラスの求人数を保有
    • 転職支援実績が豊富
    ハタラクティブ
    • 未経験の転職に強い
    • 既卒・フリーターでも利用可能

    ※本記事で紹介する転職エージェントは、すべて無料で利用できます。
    求人の選択肢を広げるためにも、2~3社のエージェントを併用するのがおすすめです。

    転職サイトとしても利用できる「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、幅広い業種・職種の求人を保有している転職エージェント。

    首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

    また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴です。

    登録後は、アドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

    状況に応じて使い分けることができるので「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    業界トップクラスの求人数「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、国内で最も求人数が多いエージェント。

    業界・職種問わず豊富な求人があるので、希望条件にマッチする案件を見つけやすいです。

    また、業界No.1の転職支援実績を持っていることも特徴のひとつです。

    転職活動中は、たくさんの求職者を支援してきたキャリアアドバイザーが求人探しから内定まで手厚くフォローしてくれます。

    書類作成や面接対策などのサポートも充実しているため、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

    できるだけ多くの求人を比較検討したい方や、手厚いサポートを希望する方は、ぜひ登録してみてください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約394,000件

    非公開求人数約219,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年5月時点)

    経歴に自信がない方におすすめ「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ
    (引用元
    ハタラクティブ

    ハタラクティブ」は、20代に特化した転職エージェントで、フリーターや既卒・第二新卒の転職支援に力を入れています。

    未経験OKの求人を多く保有しており、経歴に自信がない方でも正社員就職を目指すことが可能です。

    求職者の経歴や適正を丁寧にヒアリングしたうえで、ミスマッチの起きにくい求人を紹介してくれるため、自分に合う転職先を見つけやすいでしょう。

    面接対策や書類作成のサポートも入念に行ってくれるので、経歴に自信がない方はぜひ相談してみることをおすすめします。

    ハタラクティブ|基本情報

    運営会社レバレジーズ株式会社
    公開求人数約3,900件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    転職エージェントの退会に関するQ&A

    転職エージェントの退会に関するQ&A

    最後に、転職エージェントの退会についてよくある疑問をまとめました。

    これから退会手続きを行う方は、ぜひ参考にしてください。

    転職エージェントの退会に関するQ&A

    Q1.退会のペナルティはある?

    回答

    記事冒頭でお伝えしたとおり、ペナルティは一切ありません。

    転職エージェントを退会するにあたり、ペナルティが生じることは一切ありません。

    違約金などが発生することもないので、気兼ねなく退会できます。

    Q2.個人情報は退会後に削除される?

    回答

    個人情報は残る可能性があります。

    求職者側は登録した情報を閲覧・利用できなくなりますが、エージェント側に会員データが残る可能性はあります。

    気になる場合は、担当アドバイザーや問い合わせ窓口から削除を依頼しましょう。

    本記事で紹介したサービスの問い合わせ窓口

    Q3.退会後に再登録する場合はどうすればいい?

    回答

    新規登録の際と同様に手続きを行ってください。

    多くの転職エージェントでは、再登録する際に新規登録が必要です。

    氏名や電話番号などの基本情報も1から入力する必要があるので、今後も利用する可能性があるならば退会ではなく「休止」することも手段のひとつです。

    なお「リクルートエージェント」の場合は、前回の申し込みから5年以内であれば、前回登録した情報を利用して再登録できます。(参考元:リクルートエージェント

    まとめ

    転職エージェントは、求人に応募中以外であればいつでも退会して問題ありません

    「転職しないと違約金が生じるのでは?」と思われる方も多いですが、退会によって費用が生じることはないので安心してください。

    エージェントを退会したい場合は、以下いずれかの方法で手続きを行いましょう。

    転職エージェントのおもな退会方法

    • 退会フォームから手続きを行う
    • 担当アドバイザーに電話・メールで連絡する
    • 問い合わせ窓口に連絡する

    また、退会後も転職活動を続ける場合は「別の転職エージェント」を利用してみることをおすすめします。

    以下に「サポートが手厚い」と評判の3社をまとめたので、ぜひ気軽に登録してみてください。

    本記事で紹介した転職エージェント

    サービス名特徴
    doda
    • 転職サイトとしても利用可能
    • 幅広い業種・職種の求人を保有
    リクルートエージェント
    • 業界トップクラスの求人数を保有
    • 転職支援実績が豊富
    ハタラクティブ
    • 未経験の転職に強い
    • 既卒・フリーターでも利用可能

    転職エージェント おすすめランキングの関連記事

    転職エージェントから連絡がこない場合はどうしたらいい?対処法や理由を解説!
    転職エージェント おすすめランキング

    転職エージェントから連絡がこない場合はどうしたらいい?対処法や理由を解説!

    2024年5月23日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    転職エージェントとはどんなサービス?メリット・デメリットなどわかりやすく解説
    転職エージェント おすすめランキング

    転職エージェントとはどんなサービス?メリット・デメリットなどわかりやすく解説

    2024年5月23日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【比較】医師におすすめ転職サイトと転職エージェントランキング!医師の転職ならこれ!
    転職エージェント おすすめランキング

    【比較】医師におすすめ転職サイトと転職エージェントランキング!医師の転職ならこれ!

    2024年5月22日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    40代におすすめの転職エージェントランキング!男性・女性・未経験向けを比較
    転職エージェント おすすめランキング

    40代におすすめの転職エージェントランキング!男性・女性・未経験向けを比較

    2024年5月21日

    大島愼悟

    大島愼悟

    管理部門(総務・経理・人事・法務職)におすすめの転職エージェントを比較
    転職エージェント おすすめランキング

    管理部門(総務・経理・人事・法務職)におすすめの転職エージェントを比較

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE