Operated by Ateam Inc.

イーデス

機械系エンジニアに未経験から転職したい人へ!仕事内容から必要資格まで解説

最終更新日:

ITエンジニア転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

機械系エンジニアは、工場や施設、設備に必要な機械の企画立案から製造・管理までを行う職種です。

もし機械系エンジニアとして働きたいと考えているのであれば、はじめに将来性や年収も考慮しつつ検討する必要があります。

そこでこの記事では、未経験から機械系エンジニアに転職するために必要な条件や、機械系エンジニアの仕事内容・年収までをわかりやすく紹介します。

本記事を読んでわかること

  • 機械系エンジニアの仕事内容・年収・将来性
  • 機械系エンジニアに必要なスキルや資格
  • 機械系エンジニアを目指す方法

キャリアチェンジの悩みは「doda」に相談しよう!

doda
(引用元
doda

機械系エンジニアに転職したいなら、転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職エージェントは無料で転職相談ができ、求人紹介などのサポートが受けられるサービス。

中でもおすすめなのは、国内最大級の求人数と転職支援実績を持つ「doda」です。

dodaは面接対策や書類添削などのサポートも受けられるため、初めての転職でも安心して進められます。

利用は完全無料ですし、合わなければすぐに退会できるのでまずは気軽に登録しておきましょう。

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

    気になる内容をタップ

    機械系エンジニアとは?

    機械系エンジニアとは、専門的な工学知識や技術を用いて機械や設備を作る技術者です。

    機械及び設備の製作は複数の工程を経ることから、担当する業務も様々です。

    ここでは、機械系エンジニアの仕事内容や種類について紹介します。

    仕事内容は機械の設計や作成

    機械系エンジニアの仕事内容は、食品生産用や運送用、工業用といった様々な分野の機械を作ることです。

    工場や倉庫などの設置場所によって、生産・出荷ラインの注文に応じて作り替える必要があり、基本的にはオーダーメイドとなります。

    具体的な仕事内容の一例は、以下の通りです。

    【機械系エンジニアの仕事内容】

    企画立案オーダーメイドの用途や課題に沿った性能・見た目など、製造する機械のコンセプトを決める。
    基本設計企画立案にて決めたイメージを実現するために必要な部品や素材などを考慮して機械の構造を決めていく。CADを使用して作図やトレース、作成までの所要期間や強度計算なども行う。
    詳細設計基本設計で作成した構造をもとにさらに詳細な設計図を起こしていく。寸法や部品接合箇所などまで細かく決定する。製造する機械の品質を保障するために必要不可欠な工程。
    プロトタイプ作成機械製造後に行う性能評価に利用するプロトタイプを作成する。企画立案にて決められた要件を満たせば合格となり、量産段階に入る。

    はじめから機械の仕様が決められているプロジェクトもあれば、一から設計を行うプロジェクトもあります。

    工学知識を活かして事故を起きにくくする必要があり、使う側への配慮が求められる仕事だといえるでしょう。

    機構設計とは?機械系エンジニアも担当する?

    機構設計とは、製品の形を決める作業のことを指します。

    機構設計は、機械系エンジニアのひとつである「機構設計エンジニア」が担当することが多いです。

    機械系エンジニアの種類は多岐に渡る

    機械系エンジニアの活躍範囲は広く、担当する工程・製作機械によっても異なります。

    例えば、以下のような機械の提案や設計、製造に携わります。

    機械系エンジニアの種類の例

    • 飲食料品の生産機械の提案・計画
    • 運輸送機械の改良
    • 倉庫の仕分け機械の設置
    • 電子精密機器の製造・組み立て
    • 溶接や組み立てを行う工業機器の運用管理

    このように、機械系エンジニアの種類は多岐に渡りますが「機械を製作する」という意味では共通しています。

    さまざまな業界で知見を活かして活躍できる点は、機械系エンジニアの強みと言えるでしょう。

    ロボットエンジニアは機械系?

    ロボット開発には機械工学の知識が必要ですが、一般的な機械系エンジニアとはわけて括られることが多いです。

    なお、ロボットエンジニアには機械工学だけでなく、電子工学・AI・CADなどの専門知識が求められます。

    機械系エンジニアの年収は477万円

    「求人ボックス」によると、機械系エンジニアの平均年収は477万円です。(参考元:求人ボックス|2023年4月時点

    専門性の高い仕事ではありますが、平均年収はそれほど高くないことがわかります。

    しかし、全体の給与幅は337〜878万円と広いため、年収には個人差があるといえるでしょう。

    なお「doda」に掲載されている職種別平均年収ランキングでは、技術系(電気/電子/機械)が第4位となっています。(参考元:doda|2021~2022年調査

    高年収を目指すには、中小企業で経験や技術を積んで業務理解を深めてから大手企業へと転職するのが理想のキャリアプランといえるでしょう。

    高年収を得たいなら「キャリアアップ」を目指そう

    高年収を得るためには、機械系エンジニアとして経験や技術を積むことが大切です。

    技術と経験を積むことで、主任や係長など役職へのキャリアアップも可能です。

    また、中小企業で役職につきマネジメントなどを経験することで、大企業への転職も目指せます。

    未経験として転職した後は、まず新人としてテストや評価業務などの下流工程を経験し、その後設計などの上流工程を担当していきます。

    下流と上流をそれぞれ経験しつつ、資格取得なども行いキャリアアップを目指していきましょう。

    機械エンジニアは需要が高く将来性に期待できる

    日本の医療機器は、高い安全性から信頼を得ており、国外からも人気があります。

    国内では少子高齢化の影響もあり、人間の命を預かる医療分野で特に需要増加の流れが強いです。

    また、日本の自動車業界も安全性や機能面などで高い評価を得ています。

    ハイブリッドカーや電気自動車の普及に伴って海外に進出した企業の多くが、日本からエンジニアを招いて製造ラインの設計開発を担当しています。

    機械系エンジニアになるには?

    機械系エンジニアに必要なスキル・資格とは?

    機械系エンジニアになるには、機械に関する専門知識はもちろん、経験や高い技術力が必要です。

    専門知識や技術力と聞くと、「転職のためにどんなスキルや資格を取得すればいいの?」と疑問を感じる人も少なくないでしょう。

    そこでここでは、未経験で機械系エンジニアに転職するために必要なスキルや有利になる資格、未経験転職の可否について解説します。

    機械系エンジニアに必要なスキル

    機械系エンジニアになるために、必要な技術や知識はいくつかありますが、中でも特に4大力学については必ず押さえておくべきです。

    機械力学機械の動作から生まれる力の学問。機械系エンジニアは、機械を正確かつ複雑に動かす設計力が求められるため、物体の釣り合いを扱う静力学と物体の速度と時間の幾何学関係についておさえておく必要がある。
    流体力学流体(気体・液体)の力関係や運動を扱う学問。油圧機器の仕組みや新幹線の形状は、流体力学の技術が利用されており、機械設計において必要不可欠な知識。
    熱力学熱エネルギーに関する学問。自動車のようにガソリンを燃やして熱を発生させ、エンジンを稼働させて走らせるなど熱エネルギーによって物体を動かすための代表的な技術。
    材料力学機械や構造物に力が加えられた際の変形・破壊が起こるかを研究する学問。機械系エンジニアは設計作業の際、壊れない部品・製品を設計するために材料力学の知識が必須。

    このように機械系エンジニアの仕事では、4大力学すべての知識が密接に関わってきます。

    機械系エンジニアに転職する際は、確実に押さえておきましょう。

    機械系エンジニアの転職に有利な資格

    機械系エンジニアの仕事内容は幅広いため、学習するといってもどの分野から手を付けていいか分からない人も多いでしょう。

    そこでここでは、機械系エンジニアへの転職で有利にはたらく「専門知識を体系的に学べる3つの資格」を紹介します。

    ①機械設計技術者

    機械設計技術者」は『一般社団法人日本機械設計工業会』が実施する試験です。

    安全で効率のよい機械を経済的に設計する機械設計技術者の総合能力を認定します。

    未経験からベテランまで幅広い年代の技術力向上を図ることを目的として実施されており、未経験者でも受験が可能です。

    機械技術者試験の詳しい情報については以下の通りです。

    • 試験レベルに応じて1級から3級まである
    • 3級は実務経験不問、2級以上は実務経験必須
    • 未経験者はまず3級取得を目標とするのがオススメ
    • 経験者はキャリアアップ転職に向けて2級、3級を取得しておくと◎

    ②技術士

    技術士」は『公益社団法人日本技術士会』が実施する試験です。

    科学技術に関する専門知識と応用能力及び豊富な実務経験があり、高い技術者倫理を備えた技術者を認定する資格です。

    国家資格であることから世間の認知度が他資格と比べて高く、機械系エンジニアとしての能力を証明できる資格として活用できます。

    試験に関する具体的な情報は、以下の通りです。

    • 試験レベルに応じて第一次試験と第ニ次試験まである
    • 第一次試験は経験・学歴不問、第二次試験は第一次試験合格者であることが受験資格
    • 未経験者はまず第一次試験の受験がオススメ
    • 経験者は第二次試験を合格しておくとキャリアアップ転職で有利にはたらく

    ③CAD利用技術者

    CAD利用技術者」は『一般社団法人コンピュータ教育振興協会』が実施する試験です。

    CAD(建築・機械業界で利用指される作図ツール)を利用した作図・トレースの技術力を認定する資格です。

    試験に関する具体的な情報は、以下の通りです。

    • 試験レベル別に「基礎(IBT)」・「2級(CBT)」・「1級(建築/トレース/機械)」がある
    • 受験資格は、基礎・2級は不問、1級は2級以上の有資格者であること
    • 未経験者は基礎→2級の順での取得を推奨
    • 経験者はキャリアアップ転職に向けて1級を取得しておくと◎

    3DCADの需要は?

    3DCADとは、設計図を3Dで作成できるソフトフェアのことを指します。

    近年では3DCADを導入する企業も増えているため、気になる方は知識を身につけておくとよいでしょう。

    3DCADの知識を測る資格には「3次元CAD利用技術者試験」があるので、ぜひ確認してみてください。

    未経験でも機械系エンジニアに転職可能?

    機械系エンジニアは、専門性の高さから未経験者が転職するにはハードルの高い職種です。

    しかし業界全体で人手不足が懸念されてることもあり、未経験者を積極的に採用し、基礎知識から実務まで教育してくれる企業もあります。

    実際に、転職エージェント「リクルートエージェント」では、未経験可の機械系エンジニア求人が5,000件以上掲載されています。(2023年4月時点)

    未経験でも機械系エンジニアに転職できる可能性は十分あるため、興味がある人は積極的に挑戦してみましょう。

    機械系エンジニアの求人に強い転職エージェント2選

    機械系エンジニアの求人に強い転職エージェント2選

    機械系エンジニアへ転職したい場合は、「転職エージェントの利用」がおすすめです。

    転職エージェントを利用すると、書類選考や面接に受かるためのコツを丁寧に教えてくれます。

    ここでは、機械系エンジニアの転職に役立つ転職エージェントを2社ご紹介します。

    転職エージェントは複数利用がおすすめ

    転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、複数登録しておくのがおすすめです。

    多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

    ここで紹介する2社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

    手厚いサポートを受けたいなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は国内最大級の求人数&転職支援実績がある転職サービスです。

    求人チェックのみで利用することも可能ですが、必要に応じてコンサルタントの転職サポートを受けられる「転職エージェント」の機能も兼ね備えています。

    状況に応じて必要なサービスを受けられるため、効率良く転職活動を進められます。

    保有している求人数は約16万件とトップクラスで、内80%~90%がサイトに掲載されていない「非公開求人」なので、無料登録して求人チェックするだけでも価値があります。

    書類添削・面接対策などのサポートも優れているので、必ず登録しておきましょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    技術に精通したアドバイザーに相談したいなら「メイテックネクスト」

    メイテックネクスト」は、製造系エンジニア支援の実績が多い転職エージェントです。

    機械・メカトロ、電気・電子・半導体など各分野のコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

    好条件が期待できる非公開求人の扱いが多く、2023年4月現在では、トヨタ自動車やデンソーといった大手企業の求人も見られます。

    大手から中小まで多くのものづくり系企業と取引実績があるため、ものづくり系のエンジニアとして転職したい人はぜひ登録しておきましょう。

    メイテックネクスト|基本情報

    運営会社株式会社メイテックネクスト
    公開求人数エンジニア求人常時10,000件以上
    (非公開含む)
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    まとめ

    ここまで、機械系エンジニアについてご紹介してきました。

    機械系エンジニアは人材不足ということもあり、未経験からでも十分転職できる可能性があります。

    未経験から機械系エンジニアに転職したい人は、以下のポイントを押さえておきましょう。

    未経験から機械系エンジニアに転職するポイント

    • 機械関連の知識を身に着ける
    • 機械設計技術者や技術士といった資格を取得する
    • 転職エージェントの利用もおすすめ

    また、転職エージェントについては、以下の2つのエージェントがおすすめです。

    転職エージェント特徴
    doda
    • 転職サイトとしても使える
    • 書類添削・面接対策を手厚く行ってくれる
    メイテックネクスト
    • 製造系エンジニア支援実績が多い
    • 大手企業の求人も扱っている

    転職活動についての関連記事

    【分野・言語別】ITエンジニアの転職お役立ち情報

    ITエンジニア転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE