Operated by Ateam Inc.

マジカドンペンカードのメリットはポイント還元率!利用前の注意点も解説

最終更新日:

ドン・キホーテのクレカ。わかりやすく比較
おすすめ クレジットカード

イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「マジカドンペンカード」は、ドン・キホーテ店舗でのポイント還元率が1.5%と、ドン・キホーテでの買い物が多い方にとって、とてもお得なクレジットカードです

マジカドンペンカードのメリット

しかし一方で、貯まったポイントをドン・キホーテ店舗でしか使えないなど、利用前の注意点もいくつか存在します

そこでこのページでは、「マジカドンペンカード」についてメリット・デメリットや、ドン・キホーテ店舗でお得なクレジットカードについて紹介していきます。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

クセのある店舗作りとユニークな品揃えで人気のあるバラエティショップのドン・キホーテ。この店が発行するマジカドンペンカードも店同様にぶっ飛んだカードです。

とにかくドン・キホーテで利用するとたくさんのポイントが貯まるので、毎日ドンキに行くファンなら絶対におすすめです。

年間利用額に応じて還元率がアップするランク制度もあります。ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナとあります。最高位のプラチナにいたっては年間利用100万円~500万円で獲得できて、5%の高還元になりますからポイントがザクザク貯まります。ドンキファン憧れの的です。

ただし月に一度~二度しか行かないという人にはおすすめしません。というのもせっかく高還元率で貯めたポイントもドンキグループ以外では使うことができないからです。さらに家族カードもないので、家族みんなでポイントを貯めるといった共同作業ができないのも残念です。そうした意味では本当に徹底したカードなのです。ですから月一、二回しか行かないという人には他のカードをおすすめしています。もう一枚のカードを持ってドンキのカードと合わせて使うといいでしょう

ドンキのカードは一店集中型ですから、利用は限定されますが、他のカードと組み合わせて使えばより豊かな生活を送ることができます。自分のライフスタイルに合わせてメインとサブでカードを選んで上手に使ってください。

ここまで汎用性を考えないカードは珍しいが、ここまで自分勝手にやると美しくもあります。ドンキのカードに合わせて持つカードが本当にでてきそうですね。

どのクレジットカードを選べば良いか迷っている人へ

専門家監修の評価方法をもとにイーデスクレカ編集部でクレジットカードを徹底的に評価しました!

63枚のクレジットカードのなかで一番おすすめは?上位にランクインしたカードをチェックする

クレジットカード会社やブランドに迷っている人はぜひ参考に!

岩田昭男さん
岩田昭男さん

消費生活ジャーナリスト
株式会社岩田昭男事務所

SNSYouTubeFacebook

1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

主な著書としては、

Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
「信用力」格差社会」(東洋経済新報社)
信用偏差値」(文春新書)
クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
「ドコモが銀行になる日」(PHP)
キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

趣味は「猫」と「キートン」

気になる内容をタップ

マジカドンペンカードとは

マジカドンペンカードは、「majica(マジカ)」にクレジットカード機能がついたカードです。

majica(マジカ)はドン・キホーテグループの店舗で使える電子マネーカードです。事前にお金をチャージして利用することで、ポイントが還元されます。

ドン・キホーテグループでのお買い物なら高いポイント還元率になっているなど、全国に300店舗以上あるドン・キホーテグループ全体で大変お得に使えるカードです

マジカドンペンカードの4つのメリット

マジカドンペンカードには、大きく4つのメリットが存在します。

マジカドンペンカードのメリット

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ドン・キホーテグループでのポイント還元率が高い

マジカドンペンカードの大きなメリットの1つは、ドン・キホーテグループでのポイント還元率の高さ。

全国のドン・キホーテ(*1)でmajicaアプリに登録したマジカドンペンカードでクレジットカード払いを利用すると、1.5%(200円で3ポイント)という高いポイント還元率となっています

支払い方法ポイント還元率
majicaアプリに登録したマジカドンペンカードで
全国のドン・キホーテ(※1)のレジにてクレジット払い
1.5%
(200円で3ポイント)
majicaへのクレジットチャージ0.5%
(200円で1ポイント)
アピタ、ピアゴ、ユーストアでのクレジット支払い0.5%
(200円で1ポイント)
公共料金や飲食店でのクレジット支払い0.5%
(200円で1ポイント)
国内のドン・キホーテ、アピタ、ピアゴでのmajica支払い(*2)1.0%
(100円で1ポイント)

※1.MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNY各店の直営店以外は各店舗に確認してください。QUICpay、ApplePayでの支払いは対象外です。ジャックス・セディナ発行のマジカドンペンカードは提携終了に伴い、サービスも終了しています。
※2.買い物時のポイント付与はアプリへの会員情報登録が必要です。会員情報の登録はアプリからできます。

ポイント還元率は一般的には1%以上が高還元率の部類に入ります。

そのため、マジカドンペンカードは、かなりポイントが貯まりやすいカードであると言えます。


majicaアプリへの登録はメリット大!マジカドンペンカードを持つなら登録を

マジカドンペンカードはmajicaアプリへ登録しておかないと高還元にはなりません。

クレジットカード払いの場合、1.5%ポイント付与の条件が「majicaアプリに登録したマジカドンペンカードで全国のドン・キホーテのレジにてクレジット払い」となっているためです。

よって、マジカドンペンカードを持つなら必ず登録したほうがよいでしょう。

また、majicaアプリへチャージできるクレジットカードは2種類しかなく、マジカドンペンカードとUCSカードのみです。

majicaアプリへクレジットチャージし、チャージによるポイント還元やランクアップ制度のポイント還元を受けるためにも登録しておくのがおすすめです。

登録しないとマジカドンペンカードのメリットが半減してしまいます。さらに、majica支払いでポイント還元を受けるためにも会員情報もしっかり登録しておきましょう。

ランクアップ制度でさらにお得に

マジカドンペンカードの還元率の高さは先ほどお伝えしましたが、実はドン・キホーテグループの「ランク制度」によって、さらにポイントが貯まりやすくなります

ランクは、ドン・キホーテグループでの年間の購入額によって決まり、適用されるランクは毎年見直されます。

ランクドン・キホーテ
購入実績
お支払い時の
ポイント付与率*1
ランク特典ポイント*2
一般会員20万円以下1%なし
ブロンズ20万円以下1%なし
シルバー50万円以下2%10ポイント
ゴールド100万円以下3%20ポイント
プラチナ-5%40ポイント

※1.ランク特典ポイントはマジカドンペンカード会員のみに付与されます。
※2.アピタ、ピタゴ各店舗はポイント還元率が異なります。

またポイント還元率が高くなるだけでなく、ランクに応じて以下のような特典も受け取れます。

ランク別の特典

  • ブロンズ以上…雨天時に傘の無料提供
  • シルバー以上…サンプル品の無料提供
  • ゴールド以上…有料駐車場の無料利用、スタッフ直通PHSの貸し出し(コンシェルジュフォン)、majica(マジカ)残高範囲内で希望商品のお届け(ご贔屓コールサービス)
    ※特典内容は店舗により異なります

ただし、ランクアック制度のポイント還元率が適用されるのは、majicaアプリを登録し、クレジットチャージをしたmajicaでお買い物をしたタイミングだけです

majicaに登録したクレジットカードで支払うだけでは、お買い物時の上乗せポイントは貯まらないため注意しましょう。

以上が、ランク制度の概要です。ドン・キホーテをよく利用する方は要チェックです。

年会費無料で使える

マジカドンペンカードは、年会費無料で利用できます。年会費は2年目以降も無料なので、コストをかけずに所持できます。

家族カードも年会費無料、ETCカードの発行手数料や年会費も無料です。

本体カードを含めて、全て年会費無料なので、安心して使い続けることができます。

また、ドン・キホーテグループでの利用はもちろん、ユーシーエスの提携施設を優待価格で利用できたり、提携施設でポイント還元率がUPしたりする特典があります。

majica会員のサービスが充実している

マジカドンペンカードでは、majica会員向けのサービスも利用できます。

サービス内容は次のように多岐にわたり、ドン・キホーテを普段から利用している方であれば、かなりお得なサービスだと言えるでしょう

majica会員向けのサービス例

  • 1,000円以上の買い物では1円単位の金額をカット(1円いらず円満会計)
  • 一部の家電製品やブランド品が会員価格で買える(店舗により対象商品が異なる)
  • 時計、ブランド品、宝飾品のアフターサービス料10%割引
  • 家電製品メーカー保証に1年間の無料保証を追加
  • 家電製品購入時の家電不用品無料回収(リサイクル家電などを除く)
  • 割引クーポンつきダイレクトメールや会員限定催事の案内、メルマガの送付
  • 会員限定の企画、キャンペーンへの参加可
  • アピタで毎月9日・19日・29日にマジカドンペンカードを使用して全額クレジット払いをすると5%OFF
  • 宇佐美鉱油直営店で灯油(店頭販売)・ガソリン・軽油を、マジカドンペンカードを使用してクレジット払いをすると2円/L割引
  • 宇佐美鉱油直営店で車関連商品がいつでも5%OFF
  • アトムグループ直営店でポイント2倍
  • HISやJALパックなどで旅行代金が最大7%OFF

    サービスプログラム「クラブオフ」も利用できる

    「クラブオフ」はマジカドンペンカード入会者を対象とした会員特典サービスプログラムです。「クラブオフ」で提供する優待対象施設国内外約200,000ヵ所で、さまざまなサービスを利用できます。

    例えば、下記のようなサービス特典が受けられます。

    • エッソ・モービル・ゼネラルでガソリン・軽油が1~3円/L値引き
    • 横浜・八景島シーパラダイスで入場料が大人・高校生3,000円→2,400円
    • リラクゼーションスペースRaffineギフトカード2,160円→1,940円
    • イオンシネマの映画鑑賞券が一般1,800円→1,300円
    • オリックスレンタカーで基本料金より最大55%OFF

    利用する際はインターネットの専用サイト「Club Donpen クラブオフ」から申し込みます。申込みの際はカード裏面に記載のmajica番号が必要です(すでにサービスを終了しているジャックス・セディナ発行のマジカドンペンカードは利用できません)。

    これまで説明してきた通り、マジカドンペンカードには数々のメリットがあります。

    ドン・キホーテを日常的に利用している方であれば、マジカドンペンカードを検討してみると良いでしょう。

    マジカドンペンカードの3つのデメリット

    マジカドンペンカードは多くのメリットがあるカードですが、デメリットも存在します。

    マジカドンペンカードのデメリット

    それぞれ具体的にお伝えします。

    ドン・キホーテ以外でのメリットが少ない

    マジカドンペンカードは、実はドン・キホーテ以外での利用では、特に目立ったメリットがないという弱点があります

    例えば、ドン・キホーテグループでは1.5%と高いポイント還元率が設定されていますが、ドン・キホーテグループ以外でのポイント還元率は0.5%。

    平均的なクレジットカードの還元率と同じなので、他の高還元率クレジットカードと比べると、劣ってしまいます。

    ポイントはドン・キホーテグループ店舗でしか使えない

    還元されたポイントは、ドン・キホーテグループ以外の店舗では使えません。

    つまりドン・キホーテをほとんど利用しない人の場合、せっかくポイントを貯めたとしても、そのポイントを有効に使えないのです

    また、ドン・キホーテグループのインターネットショッピングサイト「ドン・キホーテオンラインショッピングモール」でも、還元されたポイントは使えないため注意しましょう。

    ドン・キホーテ以外での買い物が多いのであれば、マジカドンペンカード以外のクレジットカードも検討してみてください

    旅行の付帯保険がない

    マジカドンペンカードは旅行の付帯保険がありません。ユーシーエスの保険に安価で加入できますが、別途料金が発生します。

    旅行の際に使用するカードとしてはやや心もとないため、旅行保険を付帯しているカードを別に持って行くのがおすすめです。

    旅行保険付帯のクレジットカードについては下記の記事も参考にしてください。

    ここまでマジカドンペンカードについて詳しく紹介してきましたが、ドン・キホーテ店舗での利用には他にもお得なクレジットカードが存在します。

    次の章では、マジカドンペンカード以外でおすすめのクレジットカードを見ていきましょう。

    ドン・キホーテでの利用におすすめのクレジットカード

    ドン・キホーテグループ店舗は、主要な国際ブランド(JCB、Visa、Mastercard®、アメックス、ダイナーズクラブ)に対応していて、基本的にどのクレジットカードでも利用できます

    そこでここでは、マジカドンペンカード以外のクレジットカードでポイントが高まりやすい高還元率カードを紹介していきます。


    カード

    JCB CARD W

    オリコカード・ザ・ポイント

    楽天カード
    年会費永年無料無料無料
    ポイント
    還元率
    国際ブランド
    電子マネー
    おすすめポイント年会費無料でポイント還元率1.0~5.5%の高還元基本のポイント還元率が1%、かつiDとQUICPayの同時搭載でポイントが貯まりやすい楽天系のサービス利用が多い人におすすめ

    ※カード詳細のレーディングの根拠については、「クレジットカードランキングの評価プロセスと根拠」をもとにしています。
    ※1.最大還元率はJCB PREMOもしくはnanacoポイントに交換した場合

    JCB CARD W

    JCB CARD Wは、39歳以下限定(※1)年会費無料でポイント還元率1.0~5.5%(※2)という高還元のクレジットカードです。
    ※1 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    ※2 最大還元率はJCB PREMOもしくはnanacoポイントに交換した場合。

    JCBのオリジナルシリーズパートナーとして、特定の店舗ではポイントが貯まりやすくなります。

    • Amazonやセブンイレブン…還元率最大2%(※)
    • スターバックス…還元率最大5.5%(※)
      ※最大還元率はJCB PREMOもしくはnanacoポイントに交換した場合。

    他に類を見ないくらいお得なクレジットカードなので、とにかくポイントが貯まりやすいクレジットカードが欲しい方に、自信をもっておすすめできます

    さらに、2022年11月からはナンバーレスカードが登場したので、セキュリティ―重視の方もチェックしておきたい1枚です。

    JCB CARD Wについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

    オリコカード・ザ・ポイント

    基本のポイント還元率が1.0%と高く、ポイントが貯まりやすくて使いやすいクレジットカードがオリコカード・ザ・ポイントです。

    500ポイントからAmazonギフトカード500円分に交換ができるのですが、申請をすればすぐにメールでギフトコードが送られてくるため、使いたい時にすぐに使うことができるのが特徴です。

    オリコカード・ザ・ポイントについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

    楽天カード

    年会費無料で、ポイント還元率が通常でも1%、楽天のサービスを使えば3%のポイントが還元され、高還元なクレジットカードです。

    楽天ユーザーに断然お得なクレジットカードと言えるでしょう。

    楽天カードについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

    ポイントの有効期限がないカードもおすすめ

    クレジットカード利用額がそれほど多くない人や、ポイントの有効期限を切らしてしまいがちな方もいるかと思います。

    そんな方におすすめなのが、ポイントの有効期限がないクレジットカードです

    クレディセゾンのクレジットカードでは「永久不滅ポイント」というポイントが貯まり、名前のとおり有効期限がありません。
    その上「セゾンカード インターナショナル」など、年会費が永年無料のカードもあります

    ポイント還元率は0.5%と平均的ですが、一般的なクレジットカードで還元されるポイントの多くが2年で消えてしまうことを考えると、何年経ってもポイントが消えることがなく、好きな時にポイントを利用できるクレジットカードは、人によっては大変お得であると言えるでしょう

    ところで、「ドン・キホーテではクレジットカードでギフトカードなどの金券が買える」という話もありますが本当でしょうか?

    次ではその点についてお話ししましょう。

    ギフトカードは原則クレジットカード払いできない

    ドン・キホーテでは、原則ギフトカード(商品券)をクレジットカードで買うことはできません

    にもかかわらず、インターネット上では「ドン・キホーテでギフトカードをクレジットカードが買えた!」という声が複数出ています。それはどうしてでしょうか?

    ここではその話の真偽について、実際にドン・キホーテで確認した結果などをふまえて詳しく説明します。

    過去にドンキでギフトカードが買えることがあった

    かつてドン・キホーテでは、商品券などのさまざまなギフトカードをクレジットカードで買えたようです。

    しかし、現在は店舗に問い合わせると「ギフトカードをクレジットカードでは買えない」という回答が返ってきます。公式ホームページのFAQにも「ギフトカードはクレジットカードで購入できない」とはっきり書かれています。

    一方で、「店によってはギフトカードが買える場合もある」という話も聞こえてくるため、さらに詳しく調査してみました。

    一部のプリペイドカードはドン・キホーテのクレジットカードでのみ購入可

    原則的にドン・キホーテではクレジットカードでギフトカードを買うことはできないとされていますが、実際には一部のプリペイドカード式ギフトカードを買えるケースがあります

    一般的に、商品券には「紙幣式(商品券)」と「プリペイドカード式」の2種類ありますが、ドン・キホーテでは紙幣式のギフトカードはクレジット払いで買えません。

    しかし、楽天ポイントギフトカードやiTunesカードなど、一部のプリペイド式カードをクレジット払いで購入することが可能な店舗があります

    ただし、そこには「マジカドンペンカード」「クラブドンペンカード(※)」以外では買えないという条件がつきます。
    ※クラブドンペンカードは2016年2月29日に新規発行を終了しました。

    なお、店舗によっては全てのギフトカードを現金払いのみとしているところもあるため、クレジット払いでの購入が可能かどうかについては最寄りの店舗に足を運んで確認することをおすすめします。

    マジカドンペンカードのメリットについてよくある質問

    マジカドンペンカードのメリットについてよくある質問をまとめています。

    ドン・キホーテでポイント高還元の他にメリットはある?

    本体カード・家族カード・ETCカードを年会費無料で所持できる他、majica会員向けのサービスが充実しています。

    例えば、1,000円以上の買い物では1円単位の金額をカット(1円いらず円満会計)してくれるなど、さまざまなメリットがあります。

    詳しくはこちらで解説しています。

    マジカドンペンカードのデメリットは?

    マジカドンペンカードのデメリットは下記の3つです。

    • ドン・キホーテ以外ではメリットが少ない
    • ポイントはドン・キホーテグループ店舗でしか使えない
    • 旅行保険の付帯がない

    詳しくはこちらで解説しています。

    Majicaアプリにカードを登録しなくてもマジカドンペンカードは使えるの?

    Majicaアプリにカードを登録しなくてもマジカドンペンカードは使えますが、1.5%ポイント付与の対象外となってしまいます。

    マジカドンペンカードを持つなら登録しておくのがおすすめです。旅行保険やショッピング保険は付帯している?

    詳しくはこちらで解説しています。

    ドン・キホーテが近くにないけれど、マジカドンペンカードを持つメリットはある?

    ドン・キホーテでの利用が少ないと、メリットが半減してしまいます。

    ドン・キホーテグループでは1.5%と高いポイント還元率が設定されていますが、ドン・キホーテグループ以外でのポイント還元率は0.5%。貯めたポイントもドン・キホーテグループ以外では使用できません。

    ドン・キホーテでなくてもポイントアップする店舗や優待特典などはありますが、やはりマジカドンペンカードはドン・キホーテを利用してこそメリットが大きいと言えるでしょう。

    旅行保険やショッピング保険は付帯している?

    ショッピング保険は自動付帯ですが、旅行保険はありません。

    ショッピング保険は、国内外を問わず、マジカドンペンカードで購入した商品について、破損・盗難・火災などによる損害を商品購入日より90日間補償してくれます。

    1品1事故・購入価格5,000円~100万円が補償されます(自己負担3,000円)。

    旅行保険は付帯していないため、旅行の際にメインで利用するのならば他のカードと併用したほうが良いでしょう。

    詳しくはこちらで解説しています。

    まとめ

    マジカドンペンカードは、還元率の高さやmajica会員向けサービスの充実などから、ドン・キホーテ店舗をよく使う方にとって、とてもメリットの大きなクレジットカードです。

    しかし一方で、ドン・キホーテ店舗での利用が少ない方にとっては、あまりメリットを受けられません。

    記事内で紹介したポイントを踏まえた上で、マジカドンペンカードを作るか、他のカードを作るかを検討なさってください。

    マジカドンペンカードのメリット

    • ドン・キホーテグループでの還元率が高い
    • ランクアップ制度でさらにお得に
    • 年会費無料で使える
    • majica会員のサービスが充実している

    マジカドンペンカードのデメリット

    • ドン・キホーテ以外でのメリットが少ない
    • ポイントはドン・キホーテグループ店舗でしか使えない
    • 家族カードが作れない

    本記事の編集者について

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

    おすすめ クレジットカードの関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE
    クレカ診断はコチラ

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.