Operated by Ateam Inc.

イーデス

楽天ゴールドカードを持つメリットとは?損益分岐点で徹底解説!

最終更新日:

楽天ゴールドカードを持つメリットとは?損益分岐点で徹底解説!
ゴールドカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

これから楽天ゴールドカードを作ろうかと考えたとき、年会費2,200円を払ってでも楽天ゴールドカードを作る意味があるのか?元は取れるのか?

そもそも楽天カードでも良いのでは?と悩みますよね。

結論は以下になります。

楽天ゴールドカードの損益分岐点

楽天カードではなく、年会費を支払ってでも楽天ゴールドカードを選ぶ理由は、ほぼこの3点だけになります。

上記の根拠について詳細が記載されていますので、ご自身が楽天ゴールドカードを作るべきかどうかの判断にご活用ください。

北村滋郎

北村滋郎 /

知らなかったばっかりに人生で大きな損失を被むることがないように、金融機関では教えてくれないお金と心のホントの話をお伝えし、皆様に安心を提供できれば幸いです。
【専門家の解説】

カード選びの際の王道は、カードを発行する会社で買い物をするかどうかです。

いくら特典が素晴らしくても、楽天で買い物をしないのであれば、カードを作ってもそれは本末転倒。毎月、定期的に楽天で買い物をするのであれば、楽天ゴールドカードを持つ意味は十分にあるでしょう。

楽天カードの素晴らしさは、ポイントが貯まりやすいということと、いろんなお店で使えるという点です。楽天はさまざまなアプリのサービスが充実しています。

ローソンなどに入店するだけでポイント貯まる「楽天チェック」やクリックするだけでポイント貯まる「ポイントスクリーン」など楽天ポイントクラブというアプリを中心にポイント貯めるアプリがたくさんあります。これだけでもコツコツとやれば毎月200ポイント(年間で2500ポイント程度)以上貯めることができるのです。

また、いろんなお店でも使えるという点では、マクドナルド、くら寿司、串屋物語などという飲食店で使えるのも便利です。 ご自身のショッピングスタイルを振り返ってみて、楽天で買い物するタイプであれば、買い物とアプリでポイントを貯めて、家族のお食事を楽しむという生活も楽しいのではないでしょうか。

他のゴールドカードについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

  • ファイナンシャルプランナー / M&M企画

    監修者北村滋郎さん

    1961年京都府長岡京市生まれ、神戸市在住。大阪大学人間科学部卒。

    上場企業に人事として就職して最年少管理職に就任。その後、正論を振りかざして上司を論破しまくったため、組織で孤立という挫折を経験。

    阪神淡路大震災での被災を機に、日本古来の哲学・仏教等に関心を持ち、人は理屈だけで動くのでないことを学ぶ。自然哲学を活かした経営理論を多くの師匠から伝授され、成果を上げて、取締役に抜擢される。

    現在は、会社経営のみならず人生経営にも理論を発展させ、人生のビジョンを創造し、生きるチカラを育むアドバイザーとして就職する学生・終活シニア・経営者の方にビジネスモデル構築・採用定着率向上・社員のキャリア自律支援・起業指導にと成果を上げつつある。「人に関わる経営課題を家庭教師のように一緒に解決していく手法が実践的」と好評を得ている。

    特定社会保険労務士を始め複数の資格を保有している。

    • SNS
    • Facebook
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

楽天ゴールドカードと楽天カードとの違いを徹底比較!

楽天ゴールドカードと楽天カードの違いを表にして比較すると、下記のようになります。


楽天ゴールドカード楽天カード
年会費
(本会員・家族会員・ETCカード)
本会員 2,200円(税込)
家族会員 550円(税込)/人
ETCカード無料
本会員 無料
家族会員 無料
ETCカード550円(税込)※
ポイント還元率
(通常・楽天市場利用時)
通常 1.0%
楽天市場利用時 3.0%
楽天トラベル利用時 2.0%
利用限度額最高100万円最高200万円
空港ラウンジ国内主要28空港(年2回まで無料)
仁川空港
ダニエル・K・イノウエ国際空港
家族会員も使用可能
×
紙利用明細手数料無料毎月82円(税込)
年間合計984円
海外旅行保険の有無最高2,000万円補償利用付帯
国内旅行保険の有無×
投信積立における楽天カードクレジット決済でのポイント進呈率※10.75%0.5%
楽天カードのチャージ払い還元率※21.5%

※会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の方は無料
※1.代行手数料が年率0.4%(税込み)未満のファンドが対象で、他のファンドは券種に関わらず1%還元。
※2.楽天キャッシュでのコード・QR払いにおける還元率で、一部店舗での利用分はポイント進呈対象外。

ETCカードの年会費や紙明細も無料になったり、ETCカードが複数枚必要な場合など、使い方によっては楽天カードより少ない負担で持つことができる場合もあります。

楽天ゴールドカード

3.49
楽天ゴールドカードの券面
年会費初年度:2,200円(税込)
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
電子マネー
  • edy
発行スピード最短約1週間
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費無料
ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日
申し込み条件原則として20歳以上の安定収入のある方(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。)
必要書類

本人確認書類のコピーいずれか2点 住民表の写し・印鑑登録証明書・運転免許証・個人番号カード・在留カード・健康保険証・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
  • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
  • 充実したポイント制度でいつでも3倍
  • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
  • 楽天ETCカードの年会費永年無料
公式サイトへ

    楽天ゴールドカードのメリット

    楽天ゴールドカードと楽天カードには、年会費やサービス内容においてさまざまな違いがあります。どのような違いがあり、どのようなメリットがあるのかについて解説していきます。

    本カード会員2,200円(税込)
    家族カード会員550円(税込)

    たしかに他のゴールドカードを確認すると、そのほとんどの年会費が1万円程度のものが多いです。それに比べると、年会費2,200円(税込)で持てる楽天ゴールドカードはお得なカードのような気がするでしょう。

    しかし、本当にお得なのかは年会費に見合う優遇やサービスを受けられるか?という点になります。

    楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)なので、その損益分岐点を計算したものが以下。

    年会費 ÷ 追加ポイント還元率 = 損益分岐点

    2,200円 ÷ 0.03 = 73,333円

    つまり元を取るには、1年間で楽天市場にて73,333円(税込)以上の買い物をする。そうすれば年会費分のポイントを獲得でき、実質的な年会費がゼロになる計算です。

    国内主要空港・ホノルル空港・仁川空港のラウンジを無料利用できる

    楽天ゴールドカードの本カード会員と家族カード会員対象

    • 国内主要空港
    • 韓国の仁川空港
    • ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港

    年会費が似たような他のゴールドカードのラウンジ利用は下記のようになっています。


    年会費ラウンジ利用
    楽天ゴールドカード2,200円(税込)国内主要28空港、仁川、ダニエル・K・イノウエ国際
    ※国内線利用時でも可能
    オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD1,986円(税込)不可
    三菱UFJカード ゴールド2,095円(税込)新千歳の一部、成田、羽田国際線、中部国際、関西国際、福岡、ダニエル・K・イノウエ国際のみ
    ※国際線利用時のみ

    年会費が同程度のゴールドカードで、国内主要空港ほぼ全部のラウンジを利用できるカードは他にありません。「国際線搭乗時のみ」などの限定もありません。

    またLCCを利用していても、カードラウンジが利用できます。

    例えばエアアジアで格安で購入した「羽田⇔新千歳」の便を利用するときなどでも、往復カードラウンジでゆっくりと寛げます。

    セントレア(中部国際空港)にあるプレミアムラウンジ セントレアでは、生ビールなどのアルコールも無料で何杯でも楽しむことができます。
    到着時も利用可能です。

    このように空港ラウンジサービスが充実している点は楽天ゴールドカードのメリットです。

    ※2018年9月より、楽天ゴールドカードのラウンジ利用が改悪し、ラウンジサービスの回数制限がなかったところから、1年で2回までに変更となりました。

    楽天カード改悪については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

    ETCカードの年会費が無料

    楽天ゴールドカードを持っていると、ETCカードの年会費が無料です。

    楽天カードの場合、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員かプラチナ会員でなければ、ETCカードの年会費550円(税込)が必要です。




    名前ダイヤモンド会員プラチナ会員
    会員になる条件

    ・獲得ポイント4,000ポイント以上、

    かつ過去6か月間でポイント獲得の合計30回以上、

    かつ楽天カード保有

    ・獲得ポイント2,000ポイント以上、

    かつ過去6か月間でポイント獲得の合計15回以上

    普段からクレジットカードによる支払がない方にとって、会員ランクになる(キープも同条件)のは大変な条件。そのため、ETCカードの年会費を支払った方が簡単です。

    ETCカードの年会費が無料なのは、ETCカードが必要な人にとってのメリットです。

    【関連記事】ETCカードのおすすめ16選!年会費・手数料無料のクレジットカードを紹介!

    楽天ゴールドカードの良い評判と口コミ

    「楽天ゴールドカード」の好評な意見として圧倒的に多かったのは、楽天経済圏におけるポイントの貯まりやすさと使いやすさです。

    また、ゴールドランクならでは国内空港ラウンジやETCカードを無料で利用できる点も好評のようです。

    ユーザーから好評な点

    • 楽天での買い物時に還元率が高いのでポイントがあっという間に貯まります。無料で国内空港ラウンジが使えるところも気に入っています(50歳女性/ 専業主婦)
    • 海外の空港ラウンジが無料で使えるため利用している(38歳男性/会社員)
    • ETCカードの年会費が無料なので助かっています(53歳女性/パート)

    楽天ゴールドカードのデメリット

    では、楽天ゴールドカードを使うメリットないと思われる箇所について解説します。

    楽天カードと同じで楽天市場の利用で楽天ポイントが3%付与

    楽天ゴールドカード使用時の楽天ポイントのポイント付与率は下記のようになります。

    通常利用1%
    楽天市場利用時3%(楽天カードと同率)

    他にも以下のポイントが付与されます。

    • 楽天トラベルでポイント 2%
    • 楽天の保険でポイント 2%

    貯まったポイントは、1ポイント=1円として、楽天市場や楽天ポイント加盟店でのショッピングや、楽天Payで使用できます。

    また、他のポイントへの交換などに使うことができます。

    そのため、楽天ゴールドカードは楽天市場を利用する人にとってメリットが大きいカードです。

    その他にも、楽天ゴールドカードには、楽天系サービスの利用に応じて楽天市場利用時の還元率が最大13.5%までアップする、「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」が用意されています。

    詳しくはコチラをご覧ください。

    などのポイントの優遇がありますが、特に楽天ゴールドカードでなければ受けられないサービスや恩恵ではありません。

    楽天カードでも十分でしょう。

    楽天カードの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率1.0%~3.0%
    国際ブランド
    • visa
    • master_card
    • jcb
    • american_express
    電子マネー
    • visaTouch
    • edy
    発行スピード約1週間~10日前後
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    ETCカード発行手数料無料
    ETCカード年会費550円(税込)
    ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
    マイル還元率(最大)0.5%
    旅行保険海外旅行保険
    ポイント名楽天ポイント
    締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
    申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    必要書類

    ■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

    注目ポイント

    • 楽天ポイントがザクザク貯まる
    • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
      ※特典進呈には上限や条件があります
    • 電子マネー「Edy」搭載カード
    • トラブルに対応したあんしん機能が充実
    公式サイトへ

      楽天ゴールドカードの悪い評判と口コミ

      ユーザーが気になる点として一番多くあがっていたのは、デザイン面についてです。ゴールドカードということもあって、もっとカッコ良くしてほしいといった声が多数寄せられています。

      ユーザーが気になっている点

      • デザインがもっとカッコ良かったらいいのに(26歳女性/会社員)
      • 年会費を下げてほしい(31歳女性/契約社員)

      楽天ゴールドカードの審査基準

      楽天ゴールドカードの審査基準は公表されているわけではありません。

      入会資格は

      • 楽天ゴールドカード:20歳以上の安定した収入のある方
      • 楽天カード:18歳以上(高校生除く)

      ですので、楽天カードと比べると入会資格自体は制限されているため、厳しめです。

      しかし、楽天カード自体が作りやすいカードとして知られているため、楽天カードと比べただけでは審査が厳しいのかどうかは判断できません。

      他のゴールドカードと比較した入会資格

      クレジットカードの審査基準は、それぞれのクレジットカード会社が独自の基準を設けていて公表されていない場合が多いです。

      その中でも、公表されている入会資格をステータスカードであるJCBゴールド、三井住友ゴールドカードと比較すると、下記のようになります。

      年会費入会資格
      楽天ゴールドカード2,200円(税込)20歳以上の安定した収入のある人
      JCBゴールドカード11,000円(税込)
      • 20歳以上で、本人に安定継続収入のある人
      • 学生不可
      • ゴールドカード独自の審査基準あり
      三井住友ゴールドカード11,000円(税込)
      • 30歳以上で、本人に安定継続収入のある人
      • ゴールドカード独自の審査基準あり

      他のゴールドカードは学生が制限されていたり、「本人」に安定継続した収入があることを求めていたり、年齢制限が高めだったりしています。

      それに対して楽天ゴールドカードは20歳以上で安定した収入があれば申込可能なうえに学生不可とは記載されていません。

      楽天カードの審査についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

      楽天ゴールドカード

      3.49
      楽天ゴールドカードの券面
      年会費初年度:2,200円(税込)
      2年目以降:2,200円(税込)
      ポイント還元率1.0%~3.0%
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      • jcb
      電子マネー
      • edy
      発行スピード最短約1週間
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      ETCカード年会費無料
      ETCカード発行期間お申し込みから通常約2週間
      旅行保険海外旅行保険
      ポイント名楽天ポイント
      締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日
      申し込み条件原則として20歳以上の安定収入のある方(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。)
      必要書類

      本人確認書類のコピーいずれか2点 住民表の写し・印鑑登録証明書・運転免許証・個人番号カード・在留カード・健康保険証・パスポート(日本政府発行)

      注目ポイント

      • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
      • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
      • 充実したポイント制度でいつでも3倍
      • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
      • 楽天ETCカードの年会費永年無料
      公式サイトへ

        まとめ

        今回の記事では、楽天ゴールドカードについて解説してきました。ポイントをおさらいしていきます。

        まとめ

        1. 年会費2,200円(税込)、家族カード会員550円(税込)
        2. 基本のポイント付与率1%、楽天市場利用時は3%
        3. 国内主要28空港・ダニエル・K・イノウエ国際空港・仁川空港のラウンジを利用できる
        4. ETCカード年会費が無料
        5. 紙の利用明細発行が無料(楽天カードは82円(税込)/月)
        6. 海外旅行傷害保険最高2,000万円利用付帯

        今回の記事を参考にして、自身が楽天カードを作るべきかどうかの判断材料にしてみてくださいね。

        ゴールドカードの関連記事

        • Facebook
        • x
        • LINE

        © 2022 Ateam LifeDesign Inc.