Operated by Ateam Inc.

イーデス

25歳の転職が有利な3つの理由を解説!転職成功のポイントも紹介

最終更新日:

25歳の転職が有利な3つの理由を解説!転職成功のポイントも紹介
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「25歳で転職するのは早すぎる?」
「25歳の転職は、成功しやすい?」

25歳はまだ若手に該当する年齢であり、転職成功に向けて、今動くべきなのか答えを出すのは難しいです。

ただし、25歳は求人を見つけやすいタイミングのため、悩んでいる場合は転職活動をはじめることをおすすめします。

そこでこの記事では、25歳の転職が有利といえる理由や転職活動のポイント、25歳の転職で必要な情報などを幅広く解説します。

本記事を参考にして、25歳時点で転職すべきなのか判断しましょう。

【結論】なぜ25歳の転職は有利といえるのか?

25歳の転職は、タイミングとしては非常によいといえます。

なぜなら、25歳は将来性が武器になり、内定をもらいやすいからです。

また、仮に転職に失敗しても年齢的にやり直しがききます。

一方で20代後半に転職がずれ込むと、スキルや経験が求められるようになり、転職のハードルが上がってしまいます。

そのため、転職に興味があるのなら「25歳の今」、行動を起こすことが大切です。

なお、転職活動をはじめるならば、キャリアアドバイザーのサポートを受けられる「doda」の利用がおすすめです。

doda
(引用元
doda

担当のキャリアアドバイザーがあなたの希望に近い求人を紹介してくれるので、自分に合う企業を見つけやすいです。

転職活動をはじめたからといって必ず転職する必要はありませんので、まずは情報収集からはじめましょう。

気になる内容をタップ

なぜ25歳の転職は有利なのか?3つの理由を解説

なぜ25歳の転職は有利なのか? 3つの理由を解説

25歳になると「もっとキャリアアップしたい」「年収を高めたい」と、本格的に転職を意識する人は多いです。

現状を変えるのは怖いかもしれませんが、25歳は転職に有利な年代なので、積極的にアクションを起こすことをおすすめします。

25歳の転職が有利と言える理由としては、主に以下の3つが挙げられます。

25歳の転職が有利な理由

それぞれ順に見ていきましょう。

理由1.ポテンシャル採用の可能性がある

25歳は「ポテンシャル採用」をしてもらいやすい年代です。

第二新卒の枠に入るほど若く、これからスキルを身につけていく時間も十分にあるため、将来性を見込んで内定をもらいやすいです。

また、ポテンシャル採用に期待できる25歳は、異業種・異職種転職にもチャレンジしやすいといえるでしょう。

30代になると、経験や即戦力をより強く求められるようになります。

より有利に採用のチャンスを掴みたいのであれば、ポテンシャル採用に期待できる25歳のうちに行動を起こすことをおすすめします。

理由2.3年間働いた忍耐力や経験を認めてもらえる

大卒は3年間、高卒は7年間会社に勤めた経験を認めてもらいやすいことも、転職が有利な理由です。

25歳は、大学を卒業してから3年目の「第二新卒」として扱われるタイミングになることが一般的です。

この場合、25歳の社会人は第二新卒の中でも長く企業に務めていることになるため、 忍耐力や最低限の社会人スキルを評価してもらいやすくなります

第二新卒は新卒の学生とは異なり、社会人として働いた経験があり、これから成長するポテンシャルもあるため、企業にとって貴重な人材です。

積極的に第二新卒の社会人を採用する企業も多いため、スムーズに転職活動をおこなえるでしょう。

理由3.転職に失敗してもやり直しがきく

25歳での転職に失敗したとしても、やり直しがききやすいです。

転職先が自分に合わない会社だったとしても、25歳の若さであれば、新しい職場を見つけやすいです。

30代で転職に失敗すると、キャリアに傷がついてしまい大きな痛手となることもありますが、25歳は思い切ったチャレンジができる年齢です。

転職に興味があるのなら、やり直しがきく若手のうちに行動を起こすことをおすすめします。

ナビナビ

藤井さん

25歳は、30代に比べて転職に失敗してもやり直しがききやすい年齢です。
30代になると、仕事だけでなくライフイベントなど、様々なことで忙しくなります。
会社や仕事に納得していないけれど、慣れた職場の方がライフイベントとの両立がしやすそうだから、自分の成長のための転職を諦めた、とおっしゃる30代もいます。
転職に失敗したと思っても、30代より25歳の方がチャレンジしやすい身軽さがあるかもしれません。

25歳で転職すべき2つのケース

25歳で転職すべき2つのケース

25歳は転職に適している年齢であり、思い立ったらすぐに行動することがおすすめです。

特に以下のようなケースに直面している場合は、転職することを視野に入れましょう。

25歳で転職すべき2つのケース

ケース1.新しくやりたいことができた場合

まず1つ目は、新しくやりたいことができた場合です。

25歳は、ポテンシャル採用に期待できる年齢なので、新しい挑戦もしやすいです。

たとえば、「営業をしていく中で商品開発に興味を持ったので、開発職に就きたい」など、別の業務に興味を持った場合は、転職に踏み切ってしまうことをおすすめします。

自分が本当にやりたいことが明確に見えてきたならば、早めに行動に移したほうがよいでしょう。

ケース2.今の会社で解決できない悩みや問題がある場合

2つ目は、今の会社で解決できない悩みや問題がある場合です。

今の会社で将来的に問題が解決するか熟考し、解決する望みがないなら、早いうちに転職すべきです。

具体的には、下記のような問題が考えられます。

解決できない悩みや問題例

  • サービス残業や休日出勤が当たり前のブラック企業
  • 社内の人間関係の修復が難しい
  • どうしても今の会社ではやりたい仕事ができない など

こういった状況は、自分の力で打開することが難しいです。

そのまま働いていても時間の無駄になってしまう可能性が高いため、早めに転職活動を開始しましょう。

注意が必要なケース

「体力的につらい」「上司と相性が悪い」という場合は、部署を変えてもらったり、信頼できる社内の仲間に相談することで解決する可能性があります。

上記の問題を抱えているのなら、まずは人事部に「社内異動できないか」相談することをおすすめします。

社内異動できず状況が改善しなければ、あらためて転職を検討するとよいでしょう。

ナビナビ

藤井さん

今やキャリアと私生活は、セットで考える時代です。
今はよいけれど、自身の理想のライフスタイルを実現するためにこの会社では難しい、と思うケースもあります。
例えば、「転勤が多い」「子育てや介護をしながら仕事を続けることが不可能」などです。
今のうちに転職して、新しい環境で実績を積んでライフイベント突入、というプランもありでしょう。

25歳で転職を勧められないケース

25歳で転職を勧められないケース

25歳で転職すべきケースだけではなく、転職を勧められない場合もあります。

以下に当てはまるのであれば、転職を見送ることも検討しましょう。

転職を勧められないケース

ケース1.「何となく合わないから」という漠然とした理由の場合

「仕事や会社が何となく合わないから」という漠然とした理由の場合、転職はおすすめできません。

「何となく合わない」程度の軽い気持ちで転職してしまうと、転職先でも同じ悩みを繰り返してしまう可能性があります

もし今、漠然とした悩みを抱えているなら、まずはその悩みの原因を明確にするところからはじめてください。

そのうえで、「転職するのが一番よい解決策だ」と判断した場合は、あらためて転職を検討してみましょう。

ケース2.仕事のミスや同僚とのケンカで転職を考えている場合

仕事をするうえで、失敗や同僚とのケンカなどで人間関係が悪化するケースは少なくありません。

このような一時的な理由で、すぐに転職を決断するのは避けるべきです。

たとえ大きな失敗をしたとしても、誠意を尽くして謝罪すれば状況を変えられます。

また、時間が経てばネガティブな気持ちも収まるはずです。

仕事のミスや同僚とのケンカを理由に転職を考えているのなら、まずは「今の会社で改善できないか」落ち着いて考えてみてください。

ナビナビ

藤井さん

今の仕事が自分に合わないから転職したい、という相談も少なくありません。
その時、確認させていただくのは、他の部署でやりたいことがないかどうかです。
異動したことで解決した、という方は過去たくさんいらっしゃいました。
しかし、自社について知らない方が多いことも実感します。
まずは社内にどんな部署があるのか、自分がやりたいことは本当にないのかのリサーチや、相談することが大切です。

25歳の平均年収・月収はどれくらい?

25歳の平均年収・月収はどれくらい?

転職して年収を上げたい人は、25歳の平均年収を把握する必要があります。

求人情報において、平均年収以上の年収モデルを提示していれば、転職して年収アップを目指せます。

ここでは、25歳の平均年収・月収や、25歳でもっとも稼げる仕事についてご紹介します。

25歳の平均年収・月収

大手転職サイト・エージェント「doda」の調査によると、25歳の平均年収は、約341万円(平均月収約28万円)です。

男女別では、以下のように男性の平均年収のほうが30万円以上高くなっています。

性別平均年収
男性358万円
女性323万円

(引用:平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】|doda

同調査では、20歳は271万円、29歳は398万円となっており、20代のうちは年収200~300万円台であることが一般的です。

25歳の平均年収の中央値

少し古い調査となりますが、「doda」の2012年の調査結果によると、25歳の年収の中央値は300万円です。

平均値の場合、25歳で500万円や600万円稼いでいるようなトップ層の影響を受け、数字が釣り上げられる傾向にあります。

中央値は、ひとり一人の年収を上から並べたとき、真ん中になる数字のことです。

中央値とは

データを小さい順もしくは大きい順に並べて真ん中にくる値のこと。

200万円・300万円・350万円・400万円・600万円・1,000万円・2,000万円

⇒中央値は400万

トップ層の年収の影響を受けず、実態をより反映できるため、平均値と中央値を比較した場合、一般的な感覚に近いのは中央値です。

25歳高卒の平均年収

25歳高卒の平均年収は、約346万円です。

性別平均年収
男性約358万円
女性約308万円
全体約346万円

(引用:令和3年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

高卒は18歳から仕事をはじめ、7年ほど経っているため、25歳の全体平均とそれほど差がありません。

ただし、女性の平均年収は、25歳の全体平均よりも20万円近く少なくなっています。

25歳大卒の平均年収

25歳大卒の平均年収は、約378万円です。

性別平均年収
男性約381万円
女性約374万円
全体約378万円

(引用:令和3年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

大卒の場合、高卒よりも初任給が高い傾向にあり、全体の平均年収が高めです。

また、女性の平均年収も高卒より70万円近く高くなっています。

一番稼げる25歳の職種とは?

25歳で稼げる仕事は、専門職や企画・管理、営業などです。

大手転職サイト・エージェント「doda」の調査による20代の職種別平均年収は、以下のとおりです。

職種平均年収
専門職(コンサルティングファーム/ 専門事務所/監査法人)472万円
企画/管理系390万円
営業系371万円
技術系(電気/電子/機械)368万円
技術系(IT/通信)361万円
技術系(建築/土木)361万円
金融系専門職356万円
技術系(メディカル/化学/食品)339万円
クリエイティブ系313万円
事務/アシスタント系303万円
販売/サービス系293万円

(引用:平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】|doda

専門職の平均年収は472万円になっており、同調査の30代の平均年収437万円よりも高いです。

また、企画・管理や営業、技術職、金融専門職は、25歳全体の平均年収を上回っています。

20代のうちから高年収を狙いたい場合は、裁量の大きい仕事や専門知識が必要な職種を選ぶとよいでしょう。

スキルなし・未経験でも25歳で転職できる?

スキルなし・未経験でも25歳で転職できる?

25歳の場合、他の世代よりも未経験業種に転職しやすいです。

大手転職サイト・エージェント「doda」の調査によると、25~29歳の異業種転職の割合は、67.2%と高い傾向にあります。

25歳に対して、将来性や成長を期待して採用する「ポテンシャル採用」をおこなっている会社がたくさんあるため、未経験やスキルがなくても転職できます。

ただし、24歳以下よりも、未経験業種へ転職するハードルは高くなっています。

そのため、転職を成功させるためには、スキルアップしてどのように貢献できるのかアピールすることが大切です。

取得しておくと今後役立つ資格

スキルアップするためには、資格を取得することが有効です。

資格取得を目標にすることで、漠然と勉強するよりも短期的にスキルを磨きやすいです。

また、希望する業種や職種に関連する資格を取得すれば、即戦力として活躍できることをアピールできます

スキルアップにおすすめの資格は、以下のとおりです。

資格名身につくスキル・知識
MOS検定基礎的なパソコンスキル
TOEICビジネス英語
ITパスポート体系的なITの基礎知識
Webデザイン技能検定Webデザインの知識や技能
マーケティング検定マーケティングの知識
中小企業診断士経営に関する知識
秘書検定事務作業に役立つスキル・知識
ファイナンシャルプランナーお金や法律の知識

昨今では、ITスキルを求められることが多いため、MOS検定やITパスポートなどの資格を取得すると、評価を高められる可能性があります。

また、スクールに通わなくても、通信講座やオンライン講座を受けることで資格取得可能です。

「独学では資格を取得できそうにない」「忙しくてスクールに通学できない」という人は、通信講座やオンライン講座を受講しましょう。

資格取得にはユーキャンがおすすめ

資格を取得したいときは、「ユーキャン」を利用することがおすすめです。

ユーキャン
(引用元
ユーキャン

ユーキャン」は、ビジネス系やパソコンスキル、デザインなどの通信講座を多数取り揃えています。

わかりやすいテキストに加えて、動画でも説明してくれるのではじめて勉強する人でも安心です。

少しでも気になる人は、ぜひ資料を無料請求してみてください。

ユーキャン|基本情報

運営会社株式会社ユーキャン
取扱講座数130以上
対応地域全国

(最終更新:23年8月時点)

決断が難しいなら転職エージェントに相談しよう

決断が難しいなら転職エージェントに相談しよう

25歳で転職すべきなのか判断が難しい場合は、転職エージェントに登録して、コンサルタントに相談しましょう

転職エージェントを利用すれば、希望に合う求人の紹介や、転職の相談にのってもらうことが可能です。

ほかにも、転職エージェントの利用には以下のようなメリットがあります。

転職支援を求めるなら転職エージェント

自分一人で転職を考えるよりも、第三者からのアドバイスをもらったほうが客観的に判断できますので、ぜひ活用してください。

ここでは、転職エージェントを利用するコツや手順を見ていきましょう。

転職エージェントは複数利用しよう

転職活動の際は、1社ではなく複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントを利用することで、より多くの求人をチェックできるだけではなく、複数の担当者からアドバイスを受けられるため、偏った考え方をして転職を失敗するリスクを軽減できます。

また、3~4社程度であれば、管理に手間がかからず大きな負担なく利用できます。

合わないエージェントはすぐに退会しても問題ないため、気軽に登録しましょう。

転職エージェントを活用して内定をもらうまでの全手順

転職エージェントを利用して内定を得るまでの流れは、以下のとおりです。

転職エージェントを利用する流れ

ステップ1.会員登録

まずは、各転職エージェントの公式ホームページから登録をおこないます。

登録情報をもとに転職エージェントと面談するため、 経歴や保有スキルなど、自身の情報はできるだけ詳しく丁寧に書くようにしてください

登録を終えると、転職エージェントから数日以内にメール、もしくは電話で連絡がきます。

この段階では、簡単な質問に答えたり面談の日程を決めたりするだけなので、10分もかからずに終わるはずです。

ステップ2.キャリアアドバイザーと面談

続いて、キャリアアドバイザーとの面談です。

面談は、対面もしくは電話、オンラインでおこないます。

面談で聞かれる内容は、主に以下のような内容です。

面談で聞かれる内容

  • 転職の動機と目的
  • キャリアやスキル
  • 転職の希望条件
  • 希望の転職時期 など

キャリアアドバイザーと話をすることで、 客観的な視点から自分の市場価値を確認できるでしょう。

ステップ3.求人紹介

面談の内容を踏まえて、キャリアアドバイザーがあなたに合いそうな求人を紹介してくれます。

各転職エージェントの公式ホームページには掲載されていない、非公開求人や独占求人を紹介してくれるケースもあるでしょう。

希望に合わない求人を紹介される場合もありますが、視野を広げられる可能性もあるため、紹介された求人はすべて目を通すことをおすすめします。

ステップ4.応募・面接

気になる求人を見つけたら応募し、履歴書や職務経歴書を作成します。

履歴書や職務経歴書は転職エージェントに添削してもらえるため、書き方で悩む部分があればキャリアアドバイザーに相談しましょう。

添削が完了したら、面接に向けてキャリアアドバイザーと面接練習をおこないます。

ステップ5.内定・退職・入社

内定が決まったら、入社日の調整や年収交渉などをキャリアアドバイザーにお願いしましょう。

また、面接時に聞きそびれたことも、キャリアアドバイザーに伝えることでヒアリングしてくれます。

なお、多くの転職エージェントでは、退職・入社手続きに関してもサポートしています

1から10まで手厚くサポートしてくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

25歳が転職で利用すべき3つの転職エージェント

ここからは、25歳におすすめの転職エージェントを厳選してご紹介します。

転職するべきか悩んでいる人も、転職を決断して求人を探そうとしている人も、以下の転職エージェントの利用をおすすめします。

サービス名特徴
doda
  • 転職サイトとしても利用できる
  • 幅広い業種・職種の求人を保有している
マイナビジョブ20’s
  • 20代・第二新卒・既卒の転職に特化
  • 職歴に不安がある人でも使える
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 豊富な求人から幅広く探せる

今回紹介している転職エージェントは、「20代前半/後半におすすめの転職エージェント18社を徹底比較!女性向けも紹介」でも紹介しているので、気になる人はこちらも確認しましょう。

自分のペースで転職活動を進めたいなら「doda」

doda
(引用元
doda

dodaの特徴

  • 幅広い業種・職種の求人を保有
  • 転職サイトとしても利用可能
  • 実践的な面接対策で評判が高い

doda」は、幅広い業種・職種の求人を保有している転職エージェント。

首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴です。

登録後は、アドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けできるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という人は、ぜひ利用してください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年3月時点)

職歴に不安があるなら「マイナビジョブ20’s」

マイナビジョブ20’sの特徴

  • 大手マイナビで唯一の20代・第二新卒・既卒に特化
  • すべてての求人が20代対象で職歴が浅い人も安心
  • 職種・業種未経験OKの求人が豊富

マイナビジョブ20’s」は、20代・第二新卒・既卒向けの求人を保有する転職エージェントです。

すべての求人が20代を対象としているので、25歳の転職なら効率よく求人を探せるでしょう。

また、職種・業種未経験OKの求人が豊富なので、キャリアチェンジしたい25歳にもおすすめです。

マイナビジョブ20’s|基本情報

運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

求人・実績数No.1の「リクルートエージェント」

リクルートエージェントの特徴

  • 求人数が業界で圧倒的に多い
  • 面接対策等を丁寧に行ってくれる
  • 年収・条件交渉が得意

リクルートエージェント」は、リクルートが運営する日本最大級の転職エージェント。

日本全国の求人を網羅しており、 非公開求人を含めると50万件以上の案件を保有しています。(2022年9月時点)

20代や第二新卒向けの求人も充実しているので、十分な数の案件を比較できるでしょう。

「たくさんの求人をチェックしたい」「地方で転職を考えている」という人におすすめです。

※ITエンジニア向けの公式ページはこちら

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

25歳の転職を成功させるためのポイント

25歳の転職を成功させるためのポイント

25歳の転職を成功させるためには、以下3つのポイントをおさえておくことが大切です。

25歳の転職を成功させるためのポイント

それぞれ順に見ていきましょう。

ポイント1.仕事をしながら転職活動を進める

退職を決断して今すぐ辞めたい場合でも、仕事を続けながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職活動は3ヶ月~半年ほどかかることが多く、内定をもらう前に会社を退職すると、収入源がなくなってしまうためです。

収入がなくなると、焦って転職先を決定してしまう可能性が高くなります。

焦って転職先を選んだ結果、 「ミスマッチな企業に転職しまう」「またすぐに辞めたくなる」という事態に陥ってしまうケースも少なくありません。

転職活動で失敗しないためにも、心に余裕がある状態で転職活動に臨めるようにしておきましょう。

ポイント2.自分の強みをしっかり伝える

25歳での転職では、経験やスキルよりも「自分ならではの強み」を強調して伝えましょう。

25歳のキャリアでは、即戦力として活躍できる30~40代と比較した場合、企業に対して印象的なアピールをすることは難しいです。

3年程度の実務経験をアピールするならば、経歴をなぞるだけではなく、自分の強みや自分なら何ができるかといった自己アピールをすべきです。

自分の強みを伝えるときは、以下のポイントをおさえておきましょう。

自分の強みを伝えるときのポイント

  • 結論から先に述べる
  • 強みを発揮したエピソードを細かく伝える
  • 応募企業と自分の強みをマッチングさせる
  • 強みがどのように仕事で活かせるのか具体的に伝える

なお自己アピールの仕方がわからない場合は、「doda」や「リクルートエージェント」などの転職エージェントに相談すれば、職務経歴書や履歴書の書き方などを指導してもらえます。

ポイント3.前向きな転職理由を伝える

前向きな転職理由を採用担当者に伝えることも、大事なポイントです。

面接で転職理由を聞かれたときに、ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうと、あなたの印象が悪くなってしまう恐れがあります。

そのため以下のように、ネガティブな転職理由はポジティブな理由に変換して伝えることが大切です。

ネガティブな転職理由ポジティブな理由に変換した例
やりがいがない新しい職場でスキルアップしたい
人間関係がよくない周りと協力し、チームで成果を上げたい
給料が低い成果が正当に評価される職場で働きたい

転職理由を考えるのが難しい場合は、退職のきっかけになったエピソードなどを可視化させましょう。

紙やメモ帳などに書き出すことで、退職を決意したきっかけを整理できるだけでなく、ポジティブな理由に変換すべき部分を把握できます。

ナビナビ

藤井さん

若手の人が転職の面接での失敗例としてよくあるのが、「色々教えてほしい」「育ててほしい」というアピールです。
もちろん企業は、若手採用をするからこそ、若手を育てるつもりです。
しかし、面接でそれをアピールしてしまうと、「依存的で主体性がない」ととらえられてしまいます。
アピールしていただきたいのは、自身が貢献できることです。
若手でも、前職では必ず貢献したことがあるはずです。
大きな結果はまだ出せていない方が多いと思いますが、貢献はしてきたはずです。
周囲からの評価を思い出し、「自分を採用したらこんなことで貢献できる!」と伝えましょう。

【Q&A】25歳の転職で気になる疑問を解決

【Q&A】25歳の転職で気になる疑問を解決

25歳のはじめての転職では、何かと不安なことも多いでしょう。

そこでここでは、25歳の転職に関するQ&Aをご紹介します。

25歳の転職に関するQ&A

Q1.女性でも問題なく転職できる?

回答

女性でも転職することは可能です。

性別関係なく、25歳の第二新卒を欲しがっている企業は多いです。

女性向けの転職サービスである「type女性の転職エージェント」においては、25歳から一気に求人数が多くなっています。

25歳以降は、ビジネスマナーや基礎スキル、実務経験があると判断され、20代前半よりも転職しやすいといえるでしょう。

また、「type女性の転職エージェント」などの転職サービスを活用するとよりスムーズに転職できる可能性が高まります。

Q2.25歳で2回目や3回目の転職でも大丈夫?

回答

可能ですが、不利になってしまう場合もあります。

即戦力として活躍できるスキル・経験を身につけている人であれば、転職回数が多くても内定をもらえます

一方で、転職エージェント「doda」の調査では『転職回数が増えるほど、転職成功率が下がる』というデータも出ています。

25歳で3回以上転職している場合、一般的にあまり印象がよくないので、転職先を慎重に選ぶことが大切です。

Q3.高卒の場合は転職しないほうがいい?

回答

高卒で転職しても問題ありません。

高卒から7年以上の経験があれば、即戦力として採用してもらえる可能性もあります。

転職活動を進める際は、実務経験やスキルをアピールすると内定を近づけられます。

ただし、大卒以上を募集条件にしている求人も多いため、よりスムーズに転職するためには「doda」や「リクルートエージェント」などの転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

25歳の転職は、タイミングとしては非常によいといえます。

25歳の転職が有利と言える理由は、主に以下の3つです。

25歳の転職が有利な理由

  • ポテンシャル採用の可能性がある
  • 3年間耐え抜いた忍耐力と経験を認めてもらえる
  • 転職に失敗してもやり直しがきく

20代後半に転職がずれ込むと、経験やスキルを求められるようになり、転職のハードルが上がってしまいます。

転職に興味がある場合は、「25歳の今」行動を起こすことをおすすめします

転職活動をおこなう際は、最初に転職エージェントに登録し、求人をチェックするところからはじめましょう。

【おすすめの転職エージェント】

サービス名特徴
doda
  • 転職サイトとしても利用できる
  • 幅広い業種・職種の求人を保有している
マイナビジョブ20’s
  • 20代・第二新卒・既卒の転職に特化
  • 職歴に不安がある人でも使える
リクルートエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 豊富な求人から幅広く探せる
  • ITエンジニア向けの公式ページはこちら

転職活動についての関連記事

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.