Operated by Ateam Inc.

イーデス
銀行のおまとめローンのおすすめは?メリットや申込方法、審査をわかりやすく解説

銀行のおまとめローンのおすすめは?メリットや申込方法、審査をわかりやすく解説

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトで紹介する商品・サービスは、イーデスが独自の基準で評価し掲載しております。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

おまとめローンとは、複数のローンをひとつにまとめるローンのひとつです。
おまとめローンを活用することで、返済日や返済額を集約できるため、ローンの管理が非常に楽になります。

また、月々の負担を軽減できるのもメリットですが、注意しなければならない点があるのも事実です。

では、どのような状況であればおまとめローンを利用するといいのでしょうか。
そして利用しようと思った際に、どのような手続きが必要なのか、気になる人もいると思います。

今回は、おすすめのおまとめローンと申し込み方法、メリット・デメリットや利用すべき人の特徴を紹介します。
おまとめローンを活用して、管理の手間や金利を減らせるように工夫しましょう。

少しでもオトクなカードローンを選びたいなら

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円(10万円単位)最短即日最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.5%~14.6%(変動金利)--

※横浜銀行の口座を持っていない場合は、契約までに作成が必要です。

おすすめポイント

  • Web完結対応で審査結果は最短即日に通知
  • 横浜銀行の口座がなくても申込可能!
  • 月々の返済は2,000円から!
塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

銀行のおまとめローンは、借入の返済を楽にしてくれるので、是非ご検討ください。審査は厳しくなりますが、金利が下がるメリットは大きいので、挑戦する価値はあります。また、返済件数が減り、返済日や返済総額を把握しやすくなるので、返済意欲も高まり、早く完済ができることになります。

▼おまとめローンをお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

銀行のおまとめローンの選び方

銀行のおまとめローンを選ぶ際は、次の4つの観点で選びましょう。

上記の条件がすべて該当している必要はありませんが、どれは一つにでも注目しておく必要があるでしょう。
それぞれどのような内容なのかを解説します。

金利で選ぶ

金利でおまとめローンを選ぶ場合、重視してほしいのは上限金利です
上限金利とは、その名の通り「最高でもこの金利になる」ということです。

金利は返済額に上乗せされる手数料のようなもので、金利が高いほど返済額が増えていきます
金利が少ないと返済総額も抑えられるため、低金利のおまとめローンを選択するようにしましょう。

金利は他社の借入額、本人の年収や勤続歴などによって上下します。
年収が低かったり、他社の借入額が多かったりすれば、金利は高くなってしまいます。

審査に通らないと実際の金利がいくらになるかはわかりません。
できる限り上限金利が低いおまとめローンを選ぶようにしましょう。

ただし、上限金利と下限金利のみでおまとめローンを決めるのは危険です。
一度審査をしてもらい、金利が明確になってから比較することをおすすめします。
あるいは、現在借りている金利と3%以上の差があれば、活用するメリットがあると言えます。

融資限度額で選ぶ

融資限度額とは、借入できる設定上の上限金額のことです。

おまとめローンを検討している人の中には、高額なローンをいくつか変えている可能性があります。
そのため、融資限度額が大きなおまとめローンを選んだほうが、複数のローンを一本化できるようになるでしょう。

銀行は消費者金融のおまとめローンよりも融資限度額が高めに設定されていることも多いため、額が大きくなりそうな場合は銀行のおまとめローンを選択すると良いかもしれません。

追加借入可能かどうかで選ぶ

追加借入可能かどうかも、おまとめローンを検討する際の基準のひとつです。

おまとめした後に完済したカードローンを解約してしまうと借入れることはできません
貸金業法における総量規制に含まれるためで、おまとめローン自体は例外貸付になりますが、借りている金額自体は総量規制の計算に入ってしまうためです。

病気や事故、結婚式のご祝儀など、緊急にお金が必要な状況はいくらでもあります。
そのような場合に、おまとめローンにて追加融資してくれるかどうかは重要です。

おまとめローンには追加融資が可能のローンもありますが、東京スター銀行「おまとめローン」のように追加融資できないものあります。

おまとめローンに切り替えたのちもローンを組む可能性があるのであれば、追加借入が可能なおまとめローンを選択するようにしてください。

一度おまとめした後は、絶対に借入しないという決意を持つことは大事ですが、緊急の借入がどうしても必要になることもあります。
できれば追加融資可能なおまとめローンを選ぶようにしましょう。

借換対象で選ぶ

借換対象をよく確認しておまとめローンを選択することも重要です。

借換対象とはローンの種類のことで、次の3つが代表的です。

  • 銀行ローン
  • 消費者金融ローン
  • クレジットカード会社のキャッシング

これらを含めたローンはすべてが一本化できるわけではありません。
それぞれの事業者によってローンの借換対象が異なるため、それらを合わせなければ一本化できないのです。

例えば、消費者金融の場合、多くのローンが借換対象となっているため、おまとめローンで一つにできます。
しかし、銀行ローンは借換対象となっているローン自体が少ないという特徴があるのです。

自分が抱えているローンが借換対象になっているかをよく確認するようにしましょう。

銀行のおまとめローンおすすめ6選

おすすめの銀行おまとめローンを6つ紹介します。

金利追加借入可否ショッピングリボ対象限度額おまとめ専用保証会社その他収入や職業の条件
東京スター銀行「おまとめローン」年9.8%、年12.5%、年14.6%※1
審査によっては不可
1,000万円※2株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス-満20歳~65歳未満で年収200万円以上の給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)
イオン銀行フリーローン年3.8%~年13.5%700万円-オリックス・クレジット株式会社-年収200万円以上
横浜銀行フリーローン年1.9%~年14.6%1,000万円-SMBCコンシューマーファイナンス株式会社居住地制限ありパート、アルバイトでも申し込み可能
紀陽銀行「おまとめローン」年3.8%~年13.8%
審査による
1,000万円株式会社オリエントコーポレーション居住地制限あり安定した収入のある人
りそな銀行フリーローン年1.7%~14.0%※3
審査による
10万円~1,000万円-りそなカード株式会社、オリックス・クレジット株式会社、株式会社オリエントコーポレーションのいずれか-安定した収入のある人
三井住友銀行 カードローン年1.5%~年14.5%800万円-SMBCコンシューマーファイナンス株式会社-安定した収入のある人

※1.東京スター銀行所定の審査により決定します。
※2.申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限ります。
※3.金利:通常金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは通常金利から年0.5%引き下げられます。
※3.金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。(独立行政法人住宅金融支援機構またはりそな住宅ローン【フラット35】のみをご利用されている方は、金利特典のお取扱いはできません。)

それぞれ条件はありますが、少なくとも安定した収入があることが求められています
学生や主婦など、収入が不安定な人はおまとめローンが利用できない点に注意しましょう。

では、この中から、自分にぴったりなおまとめローンを選ぶには、何を重視すればいいでしょうか?

どうしても下限金利や限度額に目がいってしまいがちですが、返済期間や月々の返済額、追加借入の有無などもよく確認の上選ぶようにしましょう。

東京スター銀行「おまとめローン」

東京スター銀行の「おまとめローン」は、銀行・消費者金融・クレジットカード会社のローンをすべてまとめることができるおまとめローンです。

安定した収入があれば、正社員でなくても契約社員や派遣社員でも利用できます。

また、Web完結対応のため手軽かつスムーズな申し込みも可能です。

おすすめポイント

  • 銀行・消費者金融・クレジットカード会社のローンをすべてまとめられる
  • 固定金利が年9.8%、年12.5%、年14.6%から決定されるため返済シミュレーションが立てやすい※1
  • 限度額が最大1,000万円※2と高く、融資期間は最大10年

※1.東京スター銀行所定の審査により決定します。
※2.申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限ります。

基本情報
実質年利年9.8%、年12.5%、年14.6%のいずれか
※東京スター銀行所定の審査により決定します。
利用限度額1,000万円
※申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限ります。
審査時間最短2日
※土日祝・年末年始は除きます。
土日祝の取り扱い◯(一部店舗のみ)
在籍確認有(電話)
郵送物の有無
申し込み条件

●満20歳~65歳未満
●前年度の年収200万円(税込)以上
●給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)
●過去に債務整理や自己破産をしていない
●現在ご利用中のローンを延滞していない
●過去(6ヵ月以内)に東京スター銀行ローンの審査で否決されていない方

●保証会社の保証を受けられる

銀行口座開設の要否
返済方法

●口座振替

●インターネットバンキング

毎月の返済額7,318円
※借り入れ額50万円、金利年率12.5%、返済年数10年の場合。

東京スター銀行「おまとめローン」

東京スター銀行「おまとめローン」
利用限度額審査時間融資までの時間
1,000万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年9.8%、年12.5%、年14.6%※--

※東京スター銀行所定の審査により決定します。

おすすめポイント

  • 複数のローンをまとめて毎月1回の返済に
  • 融資限度額は最大1,000万円
  • 来店不要でお手続き可能

イオン銀行「フリーローン」

イオン銀行の「フリーローン」は、上限金利が13.5%と低いのが特徴です。
融資上限額も700万円と、おまとめローンとして活用するには十分な上限額であると言えます。

もっとも大きなポイントは、資金の使用目的が自由であること。
おまとめローンというサービスではありませんが、自分でローンを一本化できるのが大きなメリットです。

なお、利用する際にはイオン銀行の普通預金口座が必要です。

おすすめポイント

  • 上限金利が13.5%と低い
  • 資金の使用目的に制限がない
  • 来店不要で申し込みが完了できる
基本情報
実質年利年3.8%~年13.5%
利用限度額700万円
審査時間最短3日
土日祝の取り扱い
在籍確認有(電話)
郵送物の有無
申し込み条件

●満20歳~満65歳未満

●日本国内に居住している(外国籍の場合は永住許可を受けている)

●継続安定した収入がある(原則は前年度の年収200万円(税込)以上)

●イオン銀行に普通預金口座がある
●保証会社の保証を受けられる

※年金受給者、学生、専業主婦は不可

銀行口座開設の要否
返済方法

●口座振替

●イオン銀行ATM
●提携ATM

毎月の返済額1,209円~

横浜銀行「フリーローン」

横浜銀行の「フリーローン」は、満20歳~69歳の人が対象で、横浜銀行との取り引きがない人でも申し込めます。
審査結果は最短翌日、借入までは最短2営業日で完了します。

また、申し込み条件の1つである「安定した収入のある方、およびその配偶者」の年収に年金も含まれる点は、横浜銀行「フリーローン」の特徴の1つです。

おすすめポイント

  • 横浜銀行との取り引きがない人でも申し込める
  • 年金受給者も申し込める
  • 来店不要で審査結果は最短翌日にわかる
基本情報
実質年利

年1.9%、年2.5%、年3.0%、年3.5%、年4.0%、年4.5%、年4.8%、年6.8、年8.8%、年11.8%、年14.6のいずれか

利用限度額1,000万円
審査時間最短2営業日
土日祝の取り扱い-
在籍確認
郵送物の有無-
申し込み条件

●満20歳以上~69歳以下

●住居または勤務先が、神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の市
前橋市、高崎市、桐生市

●継続安定した収入がある(パート・アルバイト、年金受給者も対象)
●保証会社の保証を受けられる

※学生は不可

銀行口座開設の要否
返済方法

●口座振替

●セブン銀行ATM

●ローソン銀行ATM

●インターネットATM

毎月の返済額4,000円~

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円(10万円単位)最短即日最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.5%~14.6%(変動金利)--

※横浜銀行の口座を持っていない場合は、契約までに作成が必要です。

おすすめポイント

  • Web完結対応で審査結果は最短即日に通知
  • 横浜銀行の口座がなくても申込可能!
  • 月々の返済は2,000円から!

紀陽銀行「おまとめローン」

紀陽銀行の「おまとめローン」は、完済時の年齢が80歳を越えなければ貸付対象になるおまとめローンです。
綿密な返済計画は必要ですが、高齢者でも比較的契約しやすい点が特徴と言えます。

また、審査結果の通知先が自宅・勤務先・携帯電話から選択できるのも大きなメリットです。
家族や会社の人に会話を聞かれたくないという人にはありがたいサービスでしょう。

おすすめポイント

  • 審査結果の連絡先が任意で設定できる
  • 完済時の年齢が80歳までが対象
基本情報
実質年利年6.5%、年8.5%、年11.0%、年12.5%、年14.0%のいずれか
利用限度額500万円
審査時間最短即日
土日祝の取り扱い
在籍確認有(電話)
郵送物の有無
申し込み条件

●満20歳以上~完済時の年齢が満80歳以下

●住居または勤務先が当行営業区域内(東京支店を除く)

●継続安定した収入がある
●保証会社の保証を受けられる

※学生、専業主婦は不可

銀行口座開設の要否
返済方法

口座振替

毎月の返済額6,887円~

りそな銀行「フリーローン」

りそな銀行のフリーローンは、継続した収入があればパートやアルバイトでも申し込みができる(学生は除く)柔軟性の高さが魅力です。

安定した収入が原則として求められますが、ほかの金融機関では断られてしまうような人でも対象になっているのはありがたいポイントです。

また、りそな銀行では、利用残高に応じてポイントが貯まるポイントサービスがあります。
VポイントやWAONポイントなど、いろいろなポイントに交換できるのがメリットと言えるでしょう。

おすすめポイント

  • 継続した収入があればパートやアルバイトでも借りられる
  • ポイントサービスで利用残高に応じたポイントがもらえてお得
  • 住宅ローンがりそな銀行の場合、金利が0.5%下がる
基本情報
実質年利

年1.7%~14.0%※

利用限度額10万円~1,000万円
審査時間1週間程度
土日祝の取り扱い
在籍確認有(電話)
郵送物の有無
申し込み条件

●満20歳以上満70歳未満(最終返済時が満80歳未満)

●日本国内に在住
●継続安定した収入がある
●保証会社の保証を受けられる

※無職、学生、専業主婦は不可

銀行口座開設の要否
返済方法

●口座振替
●マイゲート(インターネットバンキング)
●店頭窓口

毎月の返済額8,606円~

※金利:通常金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは通常金利から年0.5%引き下げられます。
※金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。(独立行政法人住宅金融支援機構またはりそな住宅ローン【フラット35】のみをご利用されている方は、金利特典のお取扱いはできません。)

三井住友銀行「カードローン」

三井住友銀行のカードローンは、下限金利が1.5%になっている点が特徴です。
他の銀行が3%以上で設定していることが多いのに対し、1.5%という金利はほとんどありません。

住宅ローンを三井住友銀行で組んでいる場合は、上限金利が8.0%になるのもうれしいポイントです。

申込もローン契約機を用いて土日でも可能なため、平日が忙しい人にもおすすめです。

また、銀行口座の開設は不要ですが、持っていると入力項目が少なくできるメリットもあります。

おすすめポイント

  • 下限金利が1.5%
  • 住宅ローンも三井住友銀行なら上限金利が8.0%
  • 銀行口座があると手続きがラクラク
基本情報
実質年利

年1.5%~年14.5%

利用限度額800万円
審査時間最短翌日
土日祝の取り扱い
在籍確認有(電話)
郵送物の有無
申し込み条件

●満20歳~満66歳以下

●継続安定した収入がある
●保証会社の保証を受けられる

銀行口座開設の要否
返済方法

●口座振替
●SMBCダイレクト(インターネットバンキング)
●三井住友銀行ATM
●コンビニATM
●ゆうちょATM

毎月の返済額1,582円~

そもそも銀行のおまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の借入先を1つにまとめるローンのことです。

例えばA社に20万円、B社に20万円借りている人がいるとします。合計すると40万円になりますよね。

▼ おまとめローン利用前の状況
借入先借入金額
A社20万円
B社20万円
合計40万円

新しくC社から40万円を借りて、A社とB社に対して全額返済します。このC社から借りた40万円こそが「おまとめローン」です。

▼ おまとめローン利用後
借入先借入金額
A社0円
B社0円
C社(おまとめローン)40円
合計40万円

合計の借入金額は40万円と変わっていませんが、A社とB社という2つの借入先が、C社の1つだけに減っています。
2つのローンを1つのローンに「まとめた」わけです。

この例ではわかりやすく2つのローンをまとめましたが、3つでも4つでも同じことになります。

銀行のおまとめローンの対象になる借入の種類

銀行のおまとめローンは、どのような借入も対象になるわけではありません。

「銀行のカードローン」「消費者金融のカードローン」などはおまとめの対象になります。一方で、マイカーローンなど金利が低い使途限定ローンや、個人同士の貸し借りは対象外です。詳しくは以下の表を参考にしてください。

▼ 銀行のおまとめローンの対象になる借金(実際は各銀行によって異なります)
借入先おまとめ対象かどうか備考
銀行のカードローン
消費者金融のカードローン
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードのショッピングリボ対象外のおまとめローンもある
使途限定ローン
(マイカー、教育ローン等)
×金利が低い使途限定ローンは対象外
個人同士の貸し借り×
闇金融、ヤミ金×正規の業者以外は対象外

注意しておきたいのは、クレジットカードのショッピングリボの残債です。
おまとめローンによっては審査によって対象外になることもあります。

メモ

おまとめの対象はあくまでも金融機関や事業者が行っている、比較的用途が自由なローンだけと覚えておきましょう。個人間のお金の貸し借りはそもそも対象外です。

銀行と消費者金融のおまとめローンの違い

おまとめローンは銀行だけのものではありません。アコムやプロミスなどの消費者金融でも扱っているローンです。

では、銀行と消費者金融のおまとめローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

銀行と消費者金融のおまとめローンには、決定的な違いがあります。
消費者金融では、銀行系カードローンをおまとめできないのです。

アコムやプロミスのおまとめ対象には、銀行からの借入れは含まれておらず、銀行系カードローンは対象外です。

また、銀行のおまとめローンの方が金利は低く、限度額も多い傾向にあります
銀行のおまとめローンの方がメリットが多いのは間違いありません。

そのため、まずは銀行のおまとめローンから先に申し込むべきでしょう。
銀行の審査に通らなかった場合のみ、アコムなど消費者金融のおまとめローンの利用を検討するようにしてください。

▼銀行カードローンの審査については、こちらの記事をご参考にしてください。

銀行のおまとめローンの申込方法について

ここからは、銀行のおまとめローンの申込方法について説明します。

普通のカードローンとの違いはほとんどありませんが「他社の借入額を証明する書類」を求められる場合もあります。

銀行のおまとめローンの申込に必要な書類や条件

基本的には普通のカードローンを利用する場合と同じです。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書(ほぼ必須)
  • 他社の借入額を証明する書類(場合によって必要)

おまとめ額が少ない場合は、収入証明書が不要となることもあります。
場合によっては、他社の借入残高明細の提出も求められます。

銀行のおまとめローンの郵送物の有無について

インターネット上だけで手続きが完結するおまとめローンであれば、郵送物は送られてこないのでしょうか?

残念ながら、ローン契約時には利用規約など何らかの郵送物が必ず送られてきます。郵送先を自宅以外に指定することはできません。

銀行のおまとめローンの在籍確認について

在籍確認はほぼ確実に行われると考えておいてください。

おまとめローンはその性質上、ある程度高額な融資を受けることになります。ほぼ確実に職場への在籍確認が行われると覚悟しておいた方がいいでしょう。

銀行のおまとめローンは家族や会社にバレる?

おまとめローンを利用すると、会社や家族にはバレてしまうでしょうか?

以下で解説します。

銀行のおまとめローンであれば会社にバレる可能性は低い

銀行のおまとめローンであれば、会社にバレる可能性は低いと言えます。

どんな人でも銀行との取引はあるものです。
在籍確認の電話がかかってきても「口座を開設したから電話がかかってきた」とごまかしやすいです。

そもそも、銀行が申込者の利用するサービスを他人に明かすことは絶対にありません。

家族にはバレるリスクが極めて高い

何らかの郵送物が契約時に自宅に届く関係上、家族にはバレると覚悟してください。

利用規約、申し込み確認書、カード類など、必ず申し込んだ後に郵送物が届いてしまいます。
郵送物を私書箱サービスなどの住所に送ることはできません。

すでに付き合いのある銀行でおまとめローンを利用した場合は、バレずに済むかもしれません。
郵送物が届いても「キャッシュカードを更新した」「マイカーローンの資料を請求した」などとごまかすことは十分可能でしょう。

その場合でも、郵送物の中身を見られてしまえばバレてしまいます。
おまとめローンを利用することは、あらかじめ家族に打ち明けておいたほうが無難でしょう。

銀行のおまとめローンの審査について

銀行のおまとめローンの審査の厳しさや、通りやすくなる方法などについて説明していきます。

それぞれの詳細を見ていきましょう。

銀行のおまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンの審査を申し込む人は、すでに複数社から借入しています。
返済額が負担になっているから、少しでも金利を下げるためにおまとめローンを申し込むわけです。

そのため、銀行側からすると、経済事情はそれなりに悪いと判断せざるをえない状況です。
当然ながら慎重に審査することが考えられ、審査結果も厳しくなりがちです。

また、おまとめローンで完済したはずの他社から再度お金を借りてしまって、余計に借入額が増えてしまう利用者もいます。
これも審査を慎重にさせる原因の1つです。

このような事情から、おまとめローンはそれなりに審査が厳しいものと考えておいてください。

銀行のおまとめローンの審査に通りやすくするための方法

一番確実なのは、しっかりと他社への返済をし、申し込み前に借入額を減らしておくことです。

例えば、合計200万円の借入がある人と、合計100万円の借入の人は、どちらが審査に通りやすくなるでしょうか?
当然後者の100万円の人ですよね。

なるべく事前に借入額を減らしておくことは、おまとめローンの審査に通りやすくなる鉄則です。

銀行のおまとめローンの審査に落ちる原因

銀行のおまとめローンの審査に落ちる原因は人によって異なりますが、考えられる原因として次の理由が考えられます。

  • 収入に対して借入が多すぎる
  • 過去に長期の延滞歴がある
  • 携帯電話の料金を延滞した

収入と借り入れのバランスや延滞歴など、黙っていればバレないと思っていることでも銀行にはお見通しです。

上記の3つの条件に該当していないかを確認して、落ちる要素がないかを確認しておきましょう。

収入に対して借入が多すぎる

一般的に、年収の3分の1を超える借入は避けましょう
なぜなら、毎月の返済のせいで生活が圧迫されてしまうからです。

あまりにも年収に対して借入が多すぎる場合は、おまとめローンで金利が下がっても返済が滞ってしまうかもしれません。

延滞されるリスクを考える銀行としては、あまり貸し出したくないのが本音です。
収入に対しての借入が多すぎるようであれば、銀行は審査に落としてしまうでしょう。

過去に長期の延滞歴がある

「他社の延滞はバレないのではないか?」と考える人もいるかもしれません。
しかし金融機関はそんなに甘いものではありません。

金融機関はお互いに延滞情報をやり取りする仕組みが整っています。
必ずあなたの延滞歴は銀行に把握されてしまいます。

消費者金融やクレジットカードの返済が滞っているような人は、審査で落とされやすくなるでしょう。

携帯電話の料金を延滞した

携帯電話の料金を長期滞納すると、審査に悪影響を及ぼすことがあります。

スマホの本体代金を、月々の通話料と一緒に分割で支払っている人は特に注意してください。

スマホ本体をローンで購入している扱いになるため、料金を延滞すれば信用情報機関に延滞歴が記録されてしまいます。

銀行のおまとめローンのメリット

数社からの借入を銀行のおまとめローンで一本化すると、どのようなメリットがあるでしょうか?
真っ先に思いつくのは金利が下がるということですね。

しかしそれだけではありません。他にも様々なメリットが得られるのです。

詳しく見ていきましょう。

金利が下がり返済が楽になる

最大のメリットは金利が下がって返済額が減り、返済が楽になることでしょう。
このメリットのためにおまとめローンを使うと言っても過言ではありません。

以下の2社から借入している場合でシミュレーションしてみましょう。

借入先借入額金利その月の利息
アコム50万年18%7,397円
プロミス50万年17.8%7,315円

2社合計で、7397円 + 7315円 = 14712円の利息が発生しています。

おまとめとしても利用できるカードローンで一本化するとどうなるでしょうか?

株式会社ジェーシービーの「JCB CARD LOAN FAITH」であれば金利は年12.50%です。

借入先(おまとめ先)借入額金利その月の利息
株式会社ジェーシービー
「JCB CARD LOAN FAITH」
100万年12.50%10,416円

利息は10,416円となりました。消費者金融2社から借入している時に比べると、利息が4,296円減っています。

消費者金融から借りている人は、銀行のおまとめローンを使うことでほぼ確実に金利を下げることができます。
月々数千円の利息の差であっても、数年かけて返済する場合は返済総額の差はかなりのものになります。

銀行のおまとめローンを使えば金利が下がり、確実に返済が楽になります
返済総額も少なくなり、返済期間も短くなるでしょう。

JCB CARD LOAN FAITH

JCB CARD LOAN FAITH
利用限度額審査時間融資までの時間
50万~500万円最短即日最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.40%~12.50%--

おすすめポイント

  • 最短数十秒で振り込み。振込手数料は無料!
  • 全国の金融機関や提携コンビニATMで利用可能
  • 審査完了後、最短即日で借入可能

返済日が把握しやすくなる

おまとめローンで借入先を1つにまとめると、返済日も1日にまとめることができます。

もし4社~5社から借りていると、返済日もそれだけ増えてしまい、返済の管理が難しくなってしまいます。

返済方法が銀行引き落としであれば返済し忘れることはないでしょう。
しかし、ATM支払いなどを利用している場合は、返済日を把握しておかないと延滞のリスクが生じてしまいます。

おまとめローンで返済日を1日に集約することで、延滞のリスクは限りなく減ります。
これは実際におまとめローンを利用してみないと実感しづらいメリットです。

借入総額が把握しやすくなり、返済意欲が高まる

借入先を1つにまとめることで「現在自分がいくら借りているか」が把握しやすくなります。
それに伴い、返済計画が立てやすくなり、返済意欲も高まるメリットが得られます。

例えば、ダイエットしている人は必ず毎日体重計に乗りますよね。
少しずつでも減っていく体重を実感すれば、もっとダイエットを頑張ろうという気分にもなります。

借金の返済も同じことなのです。

  • 今の自分の借入総額を正確に把握する
  • 毎月の借入額の減少を確認して、モチベーションにつなげる

この2点はなるべく早く完済するためには欠かせません。
銀行のおまとめローンで借入先を一本化すれば、返済意欲が確実に高まるのです。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
銀行のおまとめローンの最大のメリットは、金利が下がり支払い利息を減らせることです。しかも、銀行だけではなく消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングもおまとめできるのが利点です。但し、審査は厳しくなるので、借入額が年収の1/3を超えないようにするとか、延滞はしないとかの対策は必要です。

塚越さん

塚越さん

銀行のおまとめローンのデメリットや注意点

様々なメリットがある一方で、銀行のおまとめローンにはデメリットもいくつか存在します。
申し込む前にデメリットを必ず把握しておきましょう。

代表的なものは以下の通りです。

審査に落ちると他のローン審査に影響が出る

銀行のおまとめローンの審査はそれなり厳しいです。

もし審査に落ちてしまうと、 信用情報に審査落ちの履歴が残ってしまい、他のローンの審査に影響が出るかもしれません。

金利がそれほど下がらない可能性もある

おまとめローンを利用すると、必ず金利が下がるわけではありません。

申込者の年収や勤務状況、他社の借入総額などの条件によっては、金利がそれほど下がらないこともありえます。

返済専用で借入ができないローンもある

おまとめローンの中には「返済専用」のローンもあります。

もし緊急にお金が必要になっても、新規に借り入れることができません。申し込む前に新規借入ができるタイプかどうか必ずチェックしておいてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
銀行のおまとめローンのデメリットは、よく理解しましょう。審査はより厳しくなります。この審査に落ちると信用情報に履歴が残り、今後借入が難しくなるので要注意です。また、金利が思ったよりも下がらないことや、おまとめローンが返済専用のローンの為に、緊急の借入ができなくこともあるので注意が必要です。

塚越さん

塚越さん

どんな人が銀行のおまとめローンを利用するべきなのか

ここまで、銀行のおまとめローンについての基礎知識やメリット、デメリットについて詳しく解説してきました。

それを踏まえた上で、どのような人が利用したらいいのかを以下にまとめました。
条件に当てはまる人は、おまとめローンの活用を検討してみてもいいかもしれません。

それぞれどういうことなのか、詳しく解説します。

複数の消費者金融から借りている人

消費者金融系のカードローンは、銀行よりも金利が高くなっています。
その分返済の負担は大きくなります。

複数の消費者金融系カードローンを利用しているならば、銀行のおまとめローンを利用することで、返済利息を少なくすることができます。

特に、金利18%近くで借り入れしている人は、銀行のおまとめローンを使えば必ず金利が下がるでしょう。

クレジットカードのショッピングリボの残債が膨らんでいる人

クレジットカードでリボ払いの残債が膨らんでいる人も、利用をお勧めします。
リボ払いの金利は15%が大半です。

銀行のおまとめローンの上限金利は13%~14%台が多いので、金利を下げられるでしょう。

完済意欲が強い人

おまとめローンを利用すると、その後は新規借入がしづらくなってしまうこともあります。
「いざという時にはまた借りればいい」と考えている人には向きません。

完済しようという強い意志を持っている人は、おまとめローンをぜひ利用してください。

選び方のポイント

  • クレジットカードの残債をまとめるなら、ショッピングリボ対応を
    おまとめローンの中には、クレジットカードのショッピング枠のおまとめには対応していないものがあります。
    ショッピング枠を一本化するなら、必ず対応しているおまとめローンに申し込んでください。
  • 追加借入可能かどうか
    おまとめした後に完済したカードローンを解約してしまうと、もう借入れることはできません。
    病気や事故、結婚式のご祝儀など、緊急にお金が必要な状況はいくらでもあります。
    そのような場合に、おまとめローンにて追加融資してくれるかどうかは重要です。
    おまとめローンには追加融資が可能のローンもありますが、東京スター銀行「おまとめローン」のように追加融資できないものあります。
    一度おまとめした後は絶対に借入しないという決意を持つことは大事です。一方で、緊急の借入がどうしても必要になることもあります。
    できれば追加融資可能なおまとめローンを選ぶようにしましょう。
  • 上限金利が低いものを選ぶ
    金利でおまとめローンを選ぶ場合、重視して欲しいのは上限金利です。
    上限金利とは、その名の通り「最高でもこの金利になる」ということです。
    金利は他社の借入額、本人の年収や勤続歴などによって上下します。
    年収が低かったり、他社の借入額が多かったりすれば、金利は高くなってしまいます。
    審査に通らないと実際の金利がいくらになるかはわかりません。
    出来る限り上限金利が低いおまとめローンを選ぶようにしましょう。

銀行のおまとめローンで一本化した後の注意点

おまとめローンで借入を一本化した後に、注意すべき点が2つあります。

上記の条件を守れていないと、銀行が何らかの措置を講じたり、借金が増えてしまったりする可能性があります。
おまとめローンの活用を検討する際は、くれぐれも注意してください。

必ず元のローンは完済して解約する

銀行によっては、おまとめローンの利用後に元の借入先の「解約」まで求められることがあります。

完済だけでなく、解約までしなければいけないおまとめローンの場合は、必ず解約しましょう。元の借入先を解約しなければ契約違反として、銀行側から何らかの措置が取られることもありえます。

完済した元の借入先から、再度の借入はしない

もし銀行が元の借入先の解約を求めて来なくても、解約することをお勧めします。

解約しないままでいると、浪費癖のある人は、何かのきっかけで再度の借入をしてしまうかもしれないからです。

最悪の場合、おまとめ前よりも借金総額が増えてしまうことだってありえます。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
銀行のおまとめローンを選ぶときは、クレジットカードのショッピングリボ枠もおまとめの対象になっているローンを選択してください。また、おまとめローンで追加融資ができるローンの方が、将来緊急でお金が必要になったときに安心です。そして、完済した元のカードローンは、解約した方がよいでしょう。

塚越さん

塚越さん

まとめ

銀行のおまとめローンは借入額も大きく、金利も消費者金融より低めに設定されています。

しかし、おまとめローンを利用する前には以前のローンを完済する必要があったり、口座を作ったりしなければならなかったり手間がかかります。

金利が必ず下がるという保証もないため、おまとめローンへの切り替えは慎重に検討するようにしましょう。

本記事で紹介したおまとめローンの選び方も参考にして、自分のローン返済で有利になる条件のものを選ぶようにしてください

上限金利や借入額だけではなく、銀行それぞれが設けているルールやサービスなどを比較・検討して申し込むことをおすすめします。

おまとめローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE