Operated by Ateam Inc.

イーデス

おまとめローンは他社解約が必要?おまとめローンの基本ルール

最終更新日:

おまとめローンは他社解約が必要?おまとめローンの基本ルール
おまとめローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「借りすぎてお金を返すのがキツい…」という場合に、おまとめローンの利用を検討している方も多いでしょう。

おまとめローンは複数のローンを一本化することで、様々なメリットを得られる融資商品です。しかしながらその反面、見逃せないデメリットも事実として存在しています。

したがって利用する際は、メリット・デメリットを踏まえて慎重に検討する必要がありますね。さらに、おまとめローンを利用する際は他社との契約が絡んできますので、解約ルールについても確認しておきたいところです。

当記事では、

  • おまとめローンの特徴とメリット・デメリット
  • おまとめローン申込時のルール
  • 他社を解約しない状態で契約すると規約違反になるかどうか

など、利用者が疑問に感じてしまうポイントを中心に解説していきます。
「おまとめローンの利用を検討している」「おまとめローンの他社解約に関するルールを知りたい」という方は、参考にしてみてくださいね。

りそな銀行フリーローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.7%~14.0%※--

※金利:通常金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは通常金利から年0.5%引き下げられます。金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。(独立行政法人住宅金融支援機構またはりそな住宅ローン【フラット35】のみをご利用されている方は、金利特典のお取扱いはできません。)

おすすめポイント

  • おまとめローンとしても使える!
  • WEBで完結!担保・保証人不要
  • 住宅ローン利用者は金利年0.5%引下げ

【PR】Sponsored by りそな銀行

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

おまとめローンにはメリット・デメリットがあります。利用する前には、どのようなものがあるのかを知っておくことが大切です。また、気になるのはおまとめローンを利用する場合は、他社の解約が必要になるのかという点です。基本的におまとめをするローンは解約することが必要であり、守らない場合には借り換えたおまとめローンを一括返済しなければならないことがあります。決まりを守らない場合のリスクは、とても大きくなってしまいます。

気になる内容をタップ

そもそもおまとめローンとは?

 まずは、おまとめローンの基本的な特徴やメリット・デメリットについてご説明していきます。
ただ、「おまとめローンのことは知っているから、他社解約についてのみサクッと知りたい」という方もいらっしゃるかと思うので、その場合は次章まで読み進めてくださいね。

 おまとめローンとは、複数の借入を1つの契約にまとめることを目的に提供されている融資商品です。
カードローンやキャッシングと違い、「お金を借りる」という目的ではなく、「既存の借金を効率化する」という場合に活用する商品だということですね。

おまとめローンの特徴

おまとめローンの特徴を簡単にまとめると、下記のような点があります。

おまとめローンの特徴

  • 複数の借入を1本にまとめ、返済を効率化するためのサービス
  • 借入契約後は返済専用になる
  • 消費者金融が取り扱うおまとめローンは総量規制の例外として扱われる

おまとめローンの特徴の中で、通常のローンと大きく異なるポイントは「借入契約後は返済専用になる」という点ですね。通常のローンであれば、借入後も必要に応じて追加融資が可能です。

対しておまとめローンの場合、1度借入した後は返済専用になるので、追加で融資を受けることはできません。この点は、利用者からみてもかなり大きな違いだといえますね。

ただ、これらおまとめローンの特徴だけでは、利用を検討することはできません。

なぜかというと、おまとめローンにはメリット・デメリットがあり、どちらも利用者にとってかなり重要なポイントになっているからです。つまり、両方を把握した上で検討する必要があるということですね。
おまとめローンのメリット・デメリットについても触れていきます。 

おまとめローンの最大のメリットは「返済を効率化できる」!

おまとめローンのメリットには、下記のような点があります。

おまとめローンのメリット

  • 複数の借入を1つの契約にまとめるので、金利を下げられる場合がある
  • 返済日が1つにまとまり、管理も楽になる
  • 毎月の返済額負担を少なくすることも可能
  • 返済に集中できるので、着実に完済できる

おまとめローンの大きなメリットは、「返済を効率化できる」というポイントです。

例えば、金利年18.0%の消費者金融カードローン3社から50万円ずつ計150万円を借入している状態から、金利年15.0%のおまとめローンへ契約を変えたとしましょう。いずれも同金額の45,000円ずつ返済を行った場合、

  • ① 消費者金融3社を契約したまま完済した場合の合計利息…594,996円
  • ② おまとめローンを利用して完済した場合の合計利息…452,489円

【①と②の差額】

②のおまとめローンのほうが142,507円少ない
※金利18.0%と金利15.0%、毎月の返済額はどちらも45,000円で試算

という利息差が発生します。つまり、全く同じ借入金額だったとしても、おまとめローンの利用によって金利差が発生すれば、利息を節約できるというわけですね。

別の使い方として、「返済額を抑える」という活用方法もあります。

複数の借入契約をしている場合、それぞれに返済額が設定されています。つまり、2社から借入していれば2回、3社から借入していれば3回と、どんどん返済額も膨らんでしまうということです。

おまとめローンに返済を一本化すれば、返済を月1回にまとめられるだけでなく、返済額そのものも減少させることが可能になるわけです。

ただし当然ながら、返済額を減らせば完済までの期間が長くなるので、利息面で不利になる可能性もありますが、返済による重負担の軽減にはかなり効果的な対策だといえますね。

おまとめローンには、このようなメリットがあります。これらは利用者にとってかなり嬉しいメリットですし、返済に困っている人は検討の価値があるでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ローンをまとめるメリットは、毎月の返済額がおさえられたり、返済期日が管理しやすくなったりと、効率よく返済できるようになるという点です。ただし、返済期間を延ばしてしまうと、かえって返済総額が増えてしまうこともありますので、必ずシミュレーションを行い、返済計画を立てることが大切です。

飯田道子さん

飯田さん

おまとめローンのデメリットは「返済専用サービスになること」

対して、おまとめローンのデメリットは下記のとおりです。

おまとめローンのデメリット

  • 追加で借入できない
  • 基本的に他社契約を解約する必要がある
  • 場合によっては利息が多くなることもある
  • おまとめ後の他社審査で不利になる可能性も

おまとめローンのデメリットの中で特に注目すべき点は、「追加で借入できない」「場合によっては利息が多くなることもある」の2つです。記事内でも触れたように、おまとめローンは1度借入した後、返済専用のサービスになってしまいます。

つまり、「どうしよう!お金がない!」という状況に陥ってしまった場合でも、お金を借りることができなくなります。さらにいえば、おまとめローンの多くは他社契約の解約を前提とするものなので、他社の借入に頼ることもできなくなる可能性が高いです。

これらの点は、お金を借りている人にとってかなり大きなデメリットだといえますね。

また、「場合によっては利息が多くなることもある」という点にも注意してください。返済を効率化するためのおまとめローンでなぜ利息が多くなる可能性があるのかというと、毎月の返済金額が少なくなることにより、完済までの期間が長期化する場合もあるからです。

当然のことですが、毎月の返済額を少なくする=完済までの期間を長くするということと同じなので、利息が増えてしまうリスクがあるわけですね。この点も、おまとめローンのデメリットでしょう。

このように、おまとめローンにはメリット・デメリットがあります。

ただデメリットに関しては、しっかりと返済シミュレーションを比較することにより、回避できるものも多いです。おまとめローンを活用する際は、元契約との返済シミュレーション比較を必ず行ってくださいね。そうすれば、おまとめローンのメリットを最大限活かすことができますよ。

▼おまとめローンについて詳しく知りたい人は、

を参考にしてみてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ローンをまとめた場合のデメリットと言えるのが、おまとめローンは返済専用のローンのため、追加融資が受けられないという点です。また、まとめたローンカードは解約しなければならないなどの決まりがある場合もあります。まずは、自分がおまとめしたいと考えているおまとめローンにはどのような条件があるのか、必ず確認することが必要です。

飯田道子さん

飯田さん

おまとめローンに申し込む際の3つの条件

おまとめローンを申込する際の条件は、

  1. 申込条件をクリアしていること(年齢、職業など)
  2. 必要書類を提出できること(本人確認書類、収入証明書類など)
  3. 他社を解約可能なこと

という3つです。基本的にはこれら3つの条件をクリアできていれば、おまとめローンを申込することができます。

他社解約をしていないと契約違反になる?

「おまとめローンで借りて借入先を残しておけば、さらにお金を借りられる」とお考えの方も多いかもしれません。

実は、他社解約はおまとめローンの利用規約で規定されているケースも多く、規約を破ってしまうと当然ながら違反行為になります。違反行為に該当してしまった場合、一括での返済を求められる可能性があります。つまり、かなり高いリスクを伴うわけです。

ただし、規約で他社解約が規定されていないおまとめローンも中には存在しています。この場合、他社解約をしなくても問題がないように見えますが、そもそも業者から業者へ直接振込で完済されるケースも多いんです。つまり本人を通さず完済するので、規約に記載する必要がないということですね。

このように、おまとめローンを利用する際は、原則他社解約が伴うと認識しておいたほうが良いでしょう。

他社解約せずに、おまとめローンを契約する方法はない?

中には、「他社を解約しないまま、おまとめローンを契約したい」とお考えの方も多いと思います。

結論から言ってしまうと、おまとめ対象になっている他社契約に関しては、解約せずおまとめローンを契約することはできません。当然ながら業者から見れば、既存の借金が膨らんでしまうリスクがあるからですね。
ただし、「おまとめ対象に入れていないローン商品」に関しては、解約する必要はありません。対象とする借入契約をしっかり確認しておきましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
おまとめローンの対象となるローンカードは、基本的に解約しなければなりません。ただし、おまとめをしないローンカードであれば、解約する必要はありません。複数をまとめる場合、どうしてもローンカードを残しておきたいときには、低金利、借入限度額が高いローンカードを残すと良いでしょう。ただし、ローンカードが残っている場合、おまとめの審査に影響があるケースもありますので、注意して下さい。

飯田道子さん

飯田さん

おまとめローン申し込み後の他社借り入れは?

おまとめローンを申込した後に、「どうしよう…お金に困った…」という状況に陥ってしまい、他社から借入しようと検討しているケースもあるでしょう。

ここで問題になるのが、「おまとめしても他社から借入できるの?」というポイントです。

結論からいうと、返済能力の余力によります。

例えば、既に返済能力を超えた金額をおまとめしている場合、ローンの審査に通過することは難しいです。逆に、おまとめローンで返済が進んでいたり、もともと少額の借入だったりなど、返済能力に余裕があれば他社から借入することも可能になります。

ただし注意点として、1度おまとめローンを契約すると、業者からは「複数の債務を効率化した人」という目線で判断されることになります。したがって、審査にも通過しにくくなる可能性も考えられるわけです。この点も踏まえた上で、おまとめローンの利用を検討なさってくださいね。

まとめ

おまとめローンは、しっかりと返済計画を立てた上で活用すれば、あなたにとって強い味方になるサービスです。しかし逆に言えば、返済計画をおろそかにするとデメリットが生じてしまうリスクもあるので、慎重に検討する必要があるでしょう。

おまとめローンの他社解約に関しては、基本必要になるケースがほとんどです。「おまとめローンを使えばもっと借入できる」というのは誤解なので、注意してくださいね。

おまとめローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.