Operated by Ateam Inc.

イーデス

おまとめローンおすすめ比較!返済しやすい低金利なおすすめ業者をご紹介!

最終更新日:

おまとめローンおすすめ比較!返済しやすい低金利なおすすめ業者をご紹介!
おまとめローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「借金が多くなりすぎて返済が大変…」「利息を効率化したい」というような場合、「おまとめローン」を活用することで、大きなメリットを得られる可能性があります。

しかしながら、おまとめローンを取り扱っている業者は非常に多いため、「どの商品を選択すれば良いのかがわからない…」と悩んでしまうケースもあるでしょう。

この記事では、おまとめローンの基本知識を簡単に解説した上で、おまとめローンで審査に柔軟な業者について触れていきます。

少しでもオトクなカードローンを選びたいなら

横浜銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円最短即日最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.5%~14.6%--

※横浜銀行の口座を持っていない場合は、契約までに作成が必要です。

おすすめポイント

  • Web完結対応で審査結果は最短即日に通知
  • 横浜銀行の口座がなくても申込可能!
  • 月々の返済は2,000円から!
塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

おまとめローンを選択する理由は、借入金利を下げるという点と、返済を効率的にするという2点です。複数のローンの金利がそれぞれ年18.0%のとき、おまとめローンにすることで年18.0%よりも低い金利を適用させることができます。また、1つにまとめることで、効率的かつ確実に返済を進めることができます。

田尻 宏子 / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

証券会社営業、生命保険会社営業サポート、銀行コールセンターなど複数の金融機関勤務経験あり。
2016年末からライターとして活動しています。主に金融系サイトで執筆中。

【専門家の解説】

今よりも金利の低いローンに変更する借り換えローンと違い、おまとめローンは複数の借り入れを一本化できるという特徴があります。どのおまとめローンにするかを決定する時には各会社の金利だけでなく、限度額、追加で借り入れをしたい際に対応してもらえるかもチェックしておきましょう。また申し込み前には、クレジットカードのキャッシング枠の解約を行うなど、少しでも審査に通りやすくなるようにする努力も必要です。そして、おまとめローンの契約が成立してもそれで終わりではありません。返済計画をしっかり立てることや、余裕資金ができたら繰り上げ返済をするなどして少しでも早く借入金を減らすようにしましょう。

気になる内容をタップ

おまとめローンのおすすめを紹介する前に

おまとめローンのおすすめを紹介する前に、まずは以下の基本的な知識について触れていきます。

  • おまとめローンがオススメな人
  • おまとめローンと借り換えローンの違い
  • おまとめローンを選ぶときのポイント
  • おまとめローンの審査に通るコツ
  • おまとめの対象となるローン

これらのポイントはおまとめローン選びの際に非常に重要ですが、「既に知っている」という方は先に読み進めていただいても問題ありません。

逆に、「おまとめローンをいまいち理解できていない」という方は、今から触れる知識を把握した上で後半へ進んでください。

おまとめローンがオススメな人はこのような人

おまとめローンがおすすめな人を簡単にまとめると、下記のような状況に該当している方です。


  • 複数の借入先からリボ払いで借入している
  • 借入利率が年18.0%前後で、少しでも利息を軽減したい
  • 全額合わせると多額の借金で、月々の支払いが苦しい
  • 無理をせず真面目に完済が希望

上記に該当している方は、おまとめローンを活用することによりメリットを得られる可能性があります。まずは、ご自身の状況に照らし合わせてみましょう。

また、パート・アルバイト・学生は除き、担保や連帯保証人が不要で、正社員はもちろん個人事業主や契約社員の方でも申込可能。

特に毎月の返済時が苦しくて、返済が延滞しそうな状況に役立ちます。

おまとめローンと借り換えローンの違い

おまとめローンとよく似た商品に、「借り換えローン(乗り換え)」というものがあります。

これらの商品は内容も似ているのですが、以下のような取り扱いになっていることが多いです。

  • 複数社の契約を1つにまとめる…おまとめローン
  • 元契約から、より借入条件の良い契約に切り替える…借り換えローン

また、正しくはないですが、場合によっては以下のように分類されることもあります。

  • おまとめローン=消費者金融が取り扱う商品
  • 借り換えローン=銀行が取り扱う商品

つまり、明確な規定があるわけではありませんので、商品内容をしっかり把握しておきましょう。

▼カードローンの借り換えについては、更に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

おまとめローンを選ぶときのポイント

おまとめローンを選ぶ際のポイントは以下3つです。

おすすめポイント

  • 金利がどの程度か
  • おまとめによってどの程度返済を効率化できるのか
  • 追加融資は申込み可能なのかどうか

特に重視すべきは、安い金利で返済が楽になるだけでなく、返済時の手間が省けるなど「おまとめによって返済を効率化できるのかどうか」という大切なポイントです。このポイントを満たすことができれば、おまとめローンが成功したと言えます。

これらのポイントは返済シミュレーションの実施により把握することができます。おまとめローンを申込する前に必ずシミュレーションを行うようにしてください。

借入希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出します。

万円
ヶ月
%
あなたの毎月の返済金額予想
0円になると思われます
  • 最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • 実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

おまとめローンの審査に通るためのコツ

おまとめローンの審査は、通常の新規申込時より通過しにくいと想定されます。

なぜかというと、おまとめローンは新規申込時とは異なり、既に借入残高のある方が対象になっているからです。

借入残高があるということはすなわち、新規申込時よりも返済余力が少ない状態で審査を受けることになります。そうなると、必然的に審査も信用度が不利になってしまうケースが多いのです。

逆にいえば、おまとめローンの審査を申込する前に借入件数を整理したり、ローン残高を減らしておいたりと、ご自身の返済余力を確保しておけば、おまとめローンの審査面で有利になる可能性があるでしょう。

審査に通るためにすべきこと・やってはいけないこと

「おまとめローンの審査に通過したい」という場合でも、審査を通すためにすべきこととやってはいけないことがあります。

それぞれ簡単にまとめてみました。

すべきこと

  • 既存の借入件数を整理しておく
  • 借入残高をできるかぎり返済
  • 利用しないクレジットカードのキャッシング枠を解約

やってはいけないこと

  • 既存借入の滞納・遅延
  • 申し込み時に借入件数、借入残高の虚偽申告
  • キャッシング、カードローン商品の新規同時申込

上記は、おまとめローンの審査を受ける上で非常に重要なポイントです。しっかりと把握しておいてください。

おまとめローンの審査が厳しい理由

先述したように、既存の残高がある状態で審査を受けることになるため、正直おまとめローン自体の審査難易度は少し高めです。

特に生活が苦しくて返済不能であっても、事前に問い合わせ窓口から各カードローン会社へまず早めの連絡をしましょう。

遅延や延滞といった金融事故が指定信用情報機関の履歴に残ることで、今後おまとめローンからの借入れできる可能性がなくなるからです。

このような背景から審査は甘いわけでないので、不安要素が少ない状況で申込するのが望ましいでしょう。

▼おまとめローンの在籍確認についてはこちらで詳しく解説しています。

おまとめの対象となるローン

一言におまとめといっても、すべてのローンを対象にしているとは限りません。実はおまとめローンも商品によってまとめられるローンが違うのです。

せっかく融資申し込みをしても、おまとめしたいローンがその対象外であれば、貸付不可で無駄になってしまいます。そのため事前におまとめ対象ローンを確認することは必須になります。

おまとめローン対象となるローン
東京スター銀行「おまとめローン」金融機関(銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・信販会社・カード会社・消費者金融会社など)のローン
中央リテール貸金業者(みなし貸金業者を含む)
横浜銀行カードローン事業用資金以外のローン
第三銀行 おまとめローン「おまとめ上手」銀行・信用金庫・信販会社・カード会社・消費者金融会社などからの無担保個人ローンおよび各種商品購入ローン
紀陽銀行おまとめローン他社ローン
りそな銀行フリーローン
おまとめ専用の商品でないが、他社借入の返済を目的として申込可
他社ローン
福岡銀行フリーローン(ナイスカバー)他社ローン
中国ろうきん おまとめローン
[会員(1号・3号・4号特例会員)構成員さま限定]
他社ローン
アイフル 「おまとめMAX」アイフルおよび他社ローン
※ショッピングリボも対象として利用可能です。ただし書類提出が必要です。
プロミス おまとめローンほかの貸金業者からのローン
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン貸金業者債務のローン
レイク レイク de おまとめ他社ローン

※上記すべて事業性資金は除く

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
おまとめローンの審査に通るためには、事前に借入件数を整理することと、借入残高を減らすことが重要です。また、利用しないクレジットカードのキャッシング枠を解約しておくことも必要です。当然ですが、利用しているローンの滞納や、申込み時に借入件数や借入残高の嘘の申告は決してしないでください。

塚越さん

塚越さん

銀行か消費者金融どっちのおまとめローンがおすすめ?

おまとめローンを取り扱う主な業者は、以下の2つです。

  • 銀行
  • 消費者金融

基本的に銀行が取り扱う商品はおまとめ専用ではありませんが、おまとめローンとしても活用可能なものもありますので、選択肢として検討しましょう。

しかし、おまとめローンを選ぶ際にありがちな疑問として、「銀行か消費者金融か、どちらのおまとめローンがおすすめなのか」というポイントがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、1つずつ分けて解説していきます。

銀行のおまとめローンのメリット

銀行のおまとめローンのメリットは下記のとおりです。

  • 申込後も追加融資を受けることができる
  • 金利が低い
  • 商品により、毎月の返済額が小さい

銀行が取り扱うおまとめローンの大きなメリットは、やはり金利が低い点でしょう。おまとめローンを選ぶ際の重要なポイントとして、「金利差によるメリットを得られるかどうか」という点があります。

銀行が取り扱う商品は設定されている金利が低めですので、おまとめによるメリットを得やすいという特徴があります。この点は、銀行が取り扱うおまとめローンの大きなメリットでしょう。

銀行のおまとめローンのデメリット

対して、銀行が取扱うおまとめローンのデメリットは下記のとおりです。

  • 再度借入できてしまう
  • 毎月の支払額が小さいので、返済期間が長期化しやすい
  • 消費者金融商品より審査は厳しめ

銀行が取扱うおまとめローン商品のデメリットは、メリットの裏返しによるものが多いです。

例えば、契約した後も再度借入・返済できる点は銀行おまとめローンの大きなメリットですが、その反面、再度借入してしまって返済が長期化してしまうリスクもあるということになります。

また、銀行が取扱うおまとめローンは金利の低さが魅力ですが、金融業界全体の傾向として、一般的に金利が低くなればなるほど審査基準も厳しくなります。

このように、銀行のおまとめローンのメリットは、逆にいえばデメリットでもある場合が多いです。つまり、自由度が高い分、計画性を持って利用しなければならないということですね。

消費者金融おまとめローンのメリット

銀行の次に触れるのは、消費者金融が取扱うおまとめローンです。

消費者金融が取扱うおまとめローンのメリットには下記のような点があります。

  • 返済専用なので、計画的な管理のもと返済できる
  • 審査が早い
  • 返済額が標準的なので、最低返済額でも完済までの期間が短め

大手消費者金融が取扱うおまとめローンは銀行が取扱うおまとめローンとは異なり、一度借入すると追加で融資を受けることはできません。

例えば、既存の借入残高が100万円であれば、100万円が限度額になってそこから追加融資を受けることはできないということです。つまり、借入した後は返済専用になるということですね。

返済専用ということはすなわち、「無駄な借入をシャットダウンできる」ということでもあるので、計画的に返済を進めることができます。

また、毎月の返済額の少ない銀行カードローンと比較すると、消費者金融のおまとめローンは返済額が標準的です。

したがって、同じように最低返済額で完済した場合、短い返済期間で完済できるのは消費者金融でしょう。

もちろん、金利の面では銀行カードローンのほうが低いので一概に言うことはできませんが、少なくとも「計画的に完済する」という部分では、消費者金融のおまとめローンにもメリットはあるといえますね。

▼こちらで銀行カードローンの金利について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

消費者金融のおまとめローンのデメリット

対して、消費者金融おまとめローンのデメリットは下記のとおりです。

  • 金利が高い
  • 返済額が多額なので、返済に対するプレッシャーは強め
  • いざというときに追加で借入することができない場合もある

消費者金融のおまとめローンも銀行商品と同じく、メリットの反面がデメリットになっています。

返済額に関しては高いほうが返済期間も短期で済みますが、その反面、返済に対するプレッシャーも強くなります。

ただ、おまとめローンによっては追加借入することができない場合もあり、強制的に計画的な返済を実現することができます。

その反面、不測のピンチには対応することができません。このように、メリットの反面がデメリットにもなっています。

ただし、消費者金融が取扱うおまとめローンの大きなデメリットとして、「金利が高い」という点があるのは知っておいたほうが良いでしょう。

なぜかというと、そもそもおまとめローンで返済を効率化できるのは、元契約との金利差による部分も非常に大きいからです。したがって、金利が高いおまとめローンでは、そもそも返済を効率化できないケースも多くなるということです。

ここまで触れた背景を踏まえると、おまとめローンにおいては銀行商品のほうが、メリットは大きいといえるでしょう。

おすすめのおまとめローン4選

ここではおすすめのおまとめローンを4つ紹介します。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円最短即日最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.5%~14.6%--

※横浜銀行の口座を持っていない場合は、契約までに作成が必要です。

おすすめポイント

  • Web完結対応で審査結果は最短即日に通知
  • 横浜銀行の口座がなくても申込可能!
  • 月々の返済は2,000円から!

横浜銀行カードローンは、「横浜銀行」という神奈川県を中心に事業を関東圏へ展開している地方銀行が取扱う商品です。

基本情報は以下の通り。

申込対象者満20歳~69歳以下で※に在住または在勤されている安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます。)
※神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の市(前橋市、高崎市、桐生市)
金利年1.5%~14.6%
※借入限度額に応じて変動します。(例:借入限度額100万円以上200万円以下の場合は年11.8%)
限度額10万円~1,000万円
※10万円単位からの借り入れが可能です。
最低返済額2,000円
返済期限1年(1年ごとの自動更新)
  • ※満70歳以降は新規借り入れはできず、返済のみのお取り引きとなります。
融資時間最短即日
追加融資の可否
ローンの対象範囲クレジットカードでのショッピング、銀⾏のカードローン・住宅ローン・マイカーローン等を除く

おすすめする理由と特徴

横浜銀行カードローンは、金利が年1.5%~14.6%と低めに設定されている点と、月々の返済額が2,000円~という点が特長です。
月々の返済額を少ない額から設定できるので、無理のない返済計画を行いたい人におすすめです。

限度額も10万円~1,000万円(10万円単位)と大きいため、おまとめローンとしても活用しやすい商品内容になっています。

さらに、融資時間が最短即日という点も、お急ぎの方には必見のポイントです。

りそな銀行フリーローン

りそな銀行フリーローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.7%~14.0%※--

※金利:通常金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは通常金利から年0.5%引き下げられます。金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。(独立行政法人住宅金融支援機構またはりそな住宅ローン【フラット35】のみをご利用されている方は、金利特典のお取扱いはできません。)

おすすめポイント

  • おまとめローンとしても使える!
  • WEBで完結!担保・保証人不要
  • 住宅ローン利用者は金利年0.5%引下げ

【PR】Sponsored by りそな銀行

りそな銀行フリーローンはおまとめ専用の商品ではありませんが、他社借入の返済を目的とする借入が可能です。
対象地域は全国です※。
※離島など、一部対応できない地域があります。

基本情報は以下の通り。

申込対象者満20歳以上満70歳未満(最終返済時が満80歳未満)で継続安定した収入のある方(パート・アルバイトの方も可。学生、専業主婦・主夫の方は不可。)
金利年1.7%~14.0%※(固定金利)
限度額10万円~1,000万円
※1万円単位での借り入れが可能です。
最低返済額-
返済期限10年
融資時間-
追加融資の可否
ローンの対象範囲-

※金利:通常金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは通常金利から年0.5%引き下げられます。
※金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。(独立行政法人住宅金融 支援機構またはりそな住宅ローン【フラット35】のみをご利用されている方は、金利特典のお取扱いはできません。)

おすすめする理由と特徴

りそな銀行フリーローンは固定金利で返済期限も最大10年と長い点が特長です。
固定金利では返済額が一定のため、将来的な支払いの増加に不安を抱える必要がありません。

また、りそな銀行フリーローンの返済口座で所定の住宅ローンを利用している場合は、金利が年0.5%引き下げられるという点も注目です。

東京スター銀行 おまとめローン

東京スター銀行「おまとめローン」
利用限度額審査時間融資までの時間
1,000万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年9.8%、年12.5%、年14.6%※--

※東京スター銀行所定の審査により決定します。

おすすめポイント

  • 複数のローンをまとめて毎月1回の返済に
  • 融資限度額は最大1,000万円
  • 来店不要でお手続き可能

東京スター銀行のまとめローンは、利用満足度92%※と非常に満足度の高い、借り換えまたはおまとめ専用のローンです。
※参照元:東京スター銀行|東京スター銀行「おまとめローン」

基本情報は以下の通り。

申込対象者●満20歳以上65歳未満の方
●年収200万円以上の給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)
●保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスまたはアイフル株式会社)の保証が受けられる方※
※アイフル株式会社の保証の場合は商品名称はスターフリーローン となります。
金利年9.8%・年12.5%・年14.6%のいずれか(固定金利・保証料込)
※東京スター銀行所定の審査により決定します。
限度額30万円以上1,000万円以下
※1万円単位からの借り入れが可能です。
※申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限ります。
最低返済額-
返済期限10年
融資時間-
※仮審査期間は最短2日(土日祝・年末年始を除く)です。
追加融資の可否
ローンの対象範囲銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・信販会社・カード会社・消費者金融会社 等
※事業性資金は除きます。

おすすめする理由と特徴

東京スター銀行のおまとめローンは、限度額が最大1,000万円※、返済期限が最大10年という点が大きなメリットです。
大きな金額の利用を考えている方や、月あたりの返済額を小さくしたい方にはおすすめです。
※申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限ります。

さらに、24時間365日対応のWEB完結にも対応しているため、手軽かつスムーズな申し込みも可能です。

東京スター銀行実施のおまとめローン利用に関するアンケート調査では、満足度の高い理由がわかる結果となっているので、ぜひ参考にしてください。

  • 89%の方が「毎月の支払額が軽減された」と回答

  • 93%の方が「完済の見通しが立った」と回答

  • 92%の方が総合的な満足度は「満足」「やや満足」と回答

※参照元:東京スター銀行|メリットは?決め手は?おまとめローン利用に関するアンケート調査

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローンは、おまとめローンという商品ではありませんが、資金使途が自由なのでおまとめなど幅広い使い方が可能です※。
※総量規制の対象です。

基本情報は以下の通り。

申込対象者-
金利年1.5%~15.0%
限度額900万円
※本カードの総利用枠を超えない範囲での利用となります。
最低返済額5,000円~
返済期限※15年1カ月
※利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月返済額5万円、900万円利用の場合。
融資時間-
追加融資の可否-
ローンの対象範囲-

※返済期間は利用内容によって異なります。

おすすめする理由と特徴

三井住友カード カードローンのメリットは、最短5分※で審査が完了する点と、60万円以上の借入で上限金利が年12.4%と低金利になる点です。
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点での利用枠は50万円での申込となります。なお、受付時間は9:00~19:30です。

上限金利が年12.4%というのは、おまとめローンの中でもかなり低いので上限金利を気にしている方にはおすすめです。

おまとめローンの返済を比較

おまとめローンには様々な商品があり、商品によって金利や月の返済額が異なります。

ここでは、先程紹介したおまとめローンを利用した場合の返済シミュレーションを比較してみます。

前提として以下の借り入れ情報をもとに、各おまとめローンで完済した場合の返済額をシミュレーションしていきます。
なお、シミュレーションは約定返済額以上の追加返済をした場合を条件に加えています。

元契約の借り入れ情報

  • 借り入れ数:4社
  • 借り入れ額:各社30万円(合計120万円)
  • 金利:各社年18.0%
  • 毎月の返済額:9,000円×4社=36,000円
  • 完済までの期間:47カ月

横浜銀行カードローンでおまとめした場合

りそな銀行フリーローンでおまとめした場合

東京スター銀行 おまとめローンでおまとめした場合

  • 想定金利:年12.5% ※金利は年9.8%・年12.5%・年14.6%の3種類から、所定の審査により決定します。
  • 返済方式:元利均等月賦返済
  • 毎月の返済額:17,565円
  • 完済までの期間:120カ月

三井住友カード カードローンでおまとめした場合

すべてのおまとめローンにおいて、当初の完済状況よりも完済までの期間は長くなり、毎月の返済額は少なくなっているのがわかります。

なお、完済までの期間は金利と返済額によって変動するため、返済額を増やすことで期間を短くできます。
金利も審査によって決まることが多いため、上記の想定金利よりも低くなることは大いにあり得ます。

今回のシミュレーションからもわかるように、商品によって異なる部分が多いため、おまとめする際は事前にシミュレーションで比較するようにしましょう。

▼こちらで500万円までの借入を返済シミュレーションできるので、ご自身の希望する金利で是非試算してみてください。

借入希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出します。

万円
ヶ月
%
あなたの毎月の返済金額予想
0円になると思われます
  • 最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • 実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

返済しやすいおすすめおまとめローン

シミュレーションの結果を踏まえると、返済しやすくおすすめできるおまとめローンは、やはり「横浜銀行カードローン」ですね。

上限金利、毎月の返済額、返済期間といういずれの面で見ても、優秀な商品内容になっています。

したがって、「おまとめに活用しやすい商品を探している」という方は、横浜銀行カードローンを優先的に検討すると良いでしょう。

※横浜銀行カードローンはおまとめローン専用商品ではありませんが、資金使途が自由なのでおまとめなど幅広い使い方が可能です。

おまとめローンで一本化した後の注意点

無事におまとめできたとして、「そこですべてが終わり」というわけではありません。

当然ながら、おまとめで一本化した後にも注意点はあります。おまとめローンで一本化した後の3つの注意点にそれぞれ触れていきます。

【1】余裕ができたときは繰上げ返済を行う

おまとめローンの目的は、「返済を効率化すること」です。

しかしながら、おまとめローンごとに設定されている最低返済額だけに頼ってしまうと、ズルズルと長期間返済し続けることになってしまいます。

なるべく早く、無駄な利息を支払わず完済するため、余裕ができたときは「繰上げ返済」を行いましょう。

繰上げ返済とは、まとめた金額を返済することにより、その期間分の返済を短縮する手続きのことです。

繰上げ返済を行うことで完済までの期間が短くなるため、場合によっては利息を大幅に節約することも可能です。お財布の状況を見つつ、余裕があれば繰上げ返済を効率的に活用しましょう。

【2】他社の借入を増やさない

よくありがちですが、おまとめローン返済中に他社の借入契約を増やしてしまうのは非常によろしくないです。

というのも、借入契約が増えれば増えるほど、毎月の返済金額が高負担になってしまうからです。

さらに、多重債務になってしまえば、せっかくおまとめした意味が無くなってしまいます。

おまとめローン利用中は、返済に専念するようにしましょう。

【3】家計を見直して、毎月の返済額を少しでも増やせるようにする

おまとめローンは、返済を効率化する際に有効な商品です。

しかしながら、毎月の返済額が小さいままでは、完済までに長い時間がかかってしまいます。

そこで有効なのが、毎月の返済額を増やすことです。

これは大幅な増加というわけではなく、3,000円とか5,000円とか、ご自身にとって可能な金額の増加で問題ありません。そんな少しの増加でも、長い期間になると大きな差になります。家計をチェックし、なるべく返済にお金を回せるように工夫してください。

もしそれでも返済がままならないのであれば、弁護士さんに相談し、債務整理や任意整理・個人再生の検討をおすすめします。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
借りたお金は、利息を付けて返済しなければなりません。これは、おまとめローンでも同じです。効率的に返済できるおまとめローンにしたわけですから、余裕資金ができたらどんどん繰り上げ返済をしましょう。さらに、家計を見直し、積極的に節約して返済額を増やすことが、早い完済へつながります。

塚越さん

塚越さん

まとめ

おまとめローンは、商品によって大きな効果を発揮します。

しかし逆にいえば、商品の選択を間違えてしまうと、返済の効率を悪化させてしまう可能性もあるということです。

商品選びのコツとしては、やはり低金利な商品を選択することですね。低金利な商品であれば、おまとめによるメリットを受けやすくなります。

当記事のポイントをまとめると、以下6つです。

ここまでのおさらい

  • おまとめローンは商品選びが非常に大事
  • おまとめローンと借り換えローンは対象になる借入件数の違い
  • おまとめローンの審査通過には返済能力がキモ
  • おまとめローンを利用するなら、銀行が取扱う商品のほうがおすすめ
  • おまとめローンを利用する前は、必ず返済シミュレーションを実施しよう おまとめローンなら、「横浜銀行カードローン」が優秀

それぞれの要点をしっかり理解し、自分に合ったおまとめローンを見つけましょう。

また、ひとつ気になるおまとめローンを見つたら、そのローン会社へ電話または店頭でご相談ください。

おまとめローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.