おまとめローンの利用には返済シミュレーションが必須!

借金返済効率的に行うおまとめローンの返済シミュレーション
おまとめローン

2022-06-14

借金を完済するために、一番簡単にできて、効果的な方法をご存知でしょうか?

「仕事を頑張って収入を増やす」
「ボーナスを全て返済に費やす」
「節約して返済金額を増やす」

もちろん、これらも大事なことです。でも収入はなかなか簡単には増えません。
節約し続けるのも精神的に大変です。
もっと簡単にできて、効果的な対策はないのでしょうか?

それが「返済シミュレーション」です。
返済シミュレーションを利用せずに返済し続けるのは、例えるなら地図を持たずに目的地に向かうようなものです。
やみくもに道を歩いていても、目的地にはなかなか到着することはできませんよね。

借金返済も同じことです。
返済シミュレーションとは、借金返済を効率的に行える、最も手軽な方法なのです。

特におまとめローンを利用するうえでは、返済シミュレーションの利用は必須です。
なぜならおまとめローンは使い方を誤ると、逆に返済総額が増える可能性があるからです。

この記事では、

  • おまとめローンの返済シミュレーションの重要性
  • 返済シミュレーションの行い方
  • 返済シミュレーションから読み取れること

を解説しています。

数字があまり得意ではない人には、金利や利息計算など理解しにくいところもあるかもしれません。でも安心してください!
もし計算方法がわからなくても、自動的に返済シミュレーションを行える方法も紹介しています。

JCB CARD LOAN FAITH
JCB CARD LOAN FAITH
利用限度額審査時間融資までの時間
50万~500万円最短即日-
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.4~年12.5%×-

おすすめポイント

  • 最短数十秒で振り込み。振込手数料は無料!
  • 全国の金融機関のATM、コンビニATMで利用可能
  • 審査完了後、最短3営業日でカードが届く
新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

おまとめローンを利用するメリットは、これまでよりも低い金利が適用されることです。それにより、毎月の返済額が負担になっている場合は返済額を下げることもできます。ただし、最終的におまとめローンを利用する効果を得られるのは、シミュレーションを行い、しっかりとした返済計画を立ててそのとおりに返済を続けていくことができてからです。適用金利が下がる、毎月の返済額負担を抑えることができるといった目先のメリットにとらわれることなく、完済までのシミュレーションをしっかりと行い、無理のない返済計画を立てることがポイントです。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

おまとめローンって何?

おまとめローンとは、下の例のように複数ある借入先を1つにまとめることです。

おまとめ前

  • アコムから20万円
  • プロミスから20万円
  • クレジットカードで20万円
    →合計60万円の借入総額

おまとめ後

  • おまとめローン業者1社から60万円
    →合計60万円の借入総額

おまとめローンを利用することで、借入総額は60万円と変わりはありませんが、借入先を1社に減らすことができます。
おまとめローンで借金を一本化することで、金利が下がったり返済が楽になったりと、さまざまなメリットがあります。

▼おまとめローンについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
おまとめローンと通常のローンの違いは、おまとめローンが原則として返済専用のローンであることです。つまり、現在利用しているローンをおまとめローンに借り換えることで、今よりも低い金利が適用され、返済額を抑えることができます。ただし、返済専用という特徴から、通常のカードローンのように追加の借り入れなどはできない点に注意が必要です。

新井 智美

新井さん

おまとめローン返済シミュレーションから得られる3つのメリットとは

借金を少しでも早く完済するには「返済シミュレーション」を行うことが重要です。
複数の借入先がある人が、シミュレーションを行うことで得られる3つのメリットを見ていきましょう。
特におまとめローンの利用を検討している人は、多くの恩恵を受けられるでしょう。

完済時期や返済総額が明確になり返済意欲が高まる

返済シミュレーションを行うことで、

  • いつ完済できるのか
  • 返済総額がいくらになるか

といった情報を把握できます。

特に毎月の返済額を約定返済(最低返済額)にしている人は、なかなか元金が減りません。
驚くほど完済までに時間がかかってしまいます。

返済シミュレーションを行えば、完済を早めるために、毎月少しでも追加返済しようという意欲が湧くはずです。

  • 返済金額を知りたい
  • 返済期間を知りたい
  • 借入可能額を知りたい

借入希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出します。

万円
ヶ月
%
あなたの毎月の返済金額予想
9,167円になると思われます
  • ※最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • ※実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • ※このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

おまとめローンを利用すべきかどうかの判断材料にもなる

他社のローンで「おまとめ」「借り換え」した場合に、現在の返済状況がどう変わるかを事前に知ることができます。
つまり、おまとめローンを利用するかどうかの判断材料となるのです。

例えば現在金利18%で借りている人が、おまとめローンに借り換えることで金利を13%に下げられたとしましょう。
この時に返済がどのぐらい楽になるかは、返済シミュレーションを行ってみれば一目瞭然です。

おまとめローンは手続きが面倒で、利用するハードルが少し高いローンです。
申し込むのが面倒と感じる人もいるかもしれません。

しかし、返済シミュレーションを行った結果、返済が確実に楽になることがわかれば、申し込みの面倒くささなどは吹き飛ぶはずです。

おまとめローンの毎月の返済額を決める指針になる

通常、おまとめローンを利用すると、適用される金利は下がります。
同時に、毎月の返済額も下がるのが一般的です。

「金利が下がって毎月の返済額も下がれば、返済総額も下がる」

こう考えてしまいがちなのですが、ここに怖い落とし穴が待ち受けています。

毎月の返済額を下げ過ぎると、元金がなかなか減らなくなってしまいます。
返済期間は延びに延びて、その結果、返済総額が逆に増えてしまう場合があるのです。

返済シミュレーションを行わずに返済額を決めてしまうと、この落とし穴にハマってしまいがちです。
必ず完済までのシミュレーションを行った上で、毎月の返済額を決めるようにしてください。

それでは次の章から、実際に返済シミュレーションを行う上で必要な情報や、計算式などを説明していきましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
おまとめローンを利用することで、適用される金利が低くなったとしても、借入金額がよほど高額でない限り10%を下回ることは無いでしょう。仮に100万円の元本に対して10%の金利が適用される場合、毎月ある程度の額を返済しないと利息分の支払いばかりに充てられ、おまとめローンを利用する前と比べて元本の減りが変わらないという結果を招きかねません。おまとめローンを利用する際は、その目的をしっかりと理解したうえで毎月の返済額を決め、計画的に返済していくようにしましょう。

新井 智美

新井さん

おまとめローンのシミュレーションに必要な情報

おまとめローンの返済シミュレーションを行うには、以下の情報が必要です。

  • 金利
  • 借入総額
  • 毎月の返済額

厄介なのは金利です。
おまとめローンの金利は、審査に通らないとわからない場合があるのです。

貸出額や借り手の年収などを総合的に判断して金利が決まる場合、借りる前に金利を予測するのは困難です。
下限金利と上限金利の間で、いくつかの金利で返済シミュレーションを立ててみるしかありません。

おまとめローンのシミュレーション方法

お金を借りれば必ず利息が発生します。
もし10万円を借りていて、毎月1万円返済しているとしましょう。

もし利息が1円も発生しないのならば、毎月返済している1万円は全て元金に充てられます。
1万円返済すれば、借入残高が1万円減るのです。

しかし実際は利息が発生します。
1万円返済したとしても、借入残高がまるまる1万円減るわけではないのです。

返済額 - 返済利息 = 元金充当額(借入残高から減る金額)

となります。

実際に自分でシミュレーションを行うためには、まず「返済利息」の求め方を理解する必要があります。

返済利息の求め方

返済利息は以下のように求めます。
利息を計算することが、返済シミュレーションを自力で行う第一歩です。

借入残高 × 金利 × 前回返済日からの経過日数 ÷ 365 = 利息

  • 借入残高が10万円
  • 金利年10%
  • 前回返済日からの経過日数は30日

この条件だと具体的に以下の数式で利息が求められます。

100,000 × 0.10 × 30 ÷ 365 = 821円
※金利10%は0.10

10万円を1ヶ月間(30日)借りると、返済利息が821円発生することがわかります。

元金充当額と、返済後の借入残高の求め方

もし1万円を返済すれば、以下の金額が元金に充当されます。

10,000円 - 821円 = 9,179円(元金充当額)

借入残高が10万円であれば、返済後の借入残高は以下のとおりです。

100,000円 - 9,179円 = 90,821円(返済後の借入残高)

自力でシミュレーションするより、アプリやサービスを利用しよう

自力でシミュレーションを行うには、上の計算を借入残高が0円になるまで繰り返さなければいけません。
完済までに数年かかるならば、大量の計算回数が必要です。
したがって、自力で返済シミュレーションを行うのはあまり現実的ではありません。

返済シミュレーションを簡単に計算できるサービス・アプリを利用しましょう

例えばみずほ銀行では、金額を半角で入力し、いくつかの情報を選択するだけで、簡単に返済シミュレーションを行ってくれるサービスを提供しています。
また、スマホから利用できるシミュレーションアプリもいくつか存在します。

おまとめローンを利用するべきかどうかを判断する上で、返済シミュレーションは重要です。
自力でやるよりも、正確に計算してくれるサービスやアプリを利用しましょう。

▼詳しい計算方法や各社の返済シミュレーションについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

おまとめローンの実際の返済シミュレーション例

実際に返済シミュレーションを行ってみましょう。
おまとめローンで金利を下げると、返済が楽になることが実感できるはずです。

金利が高い消費者金融からの借入を、低金利のおまとめローンで一本化するパターンの具体例を見てみます。

おまとめ前の状況
借入先金利借入額毎月の返済額
アコム年18%50万円15,000円
アイフル年18%50万円15,000円
合計年18%100万円30,000円

年率18%が適用された消費者金融カードローンで、それぞれ50万円を借りている状況です。
この総額100万円の借入を一本化して、金利を下げてみましょう。

おまとめ後の想定
借入先金利借入額毎月の返済額
株式会社ジェーシービー
「JCB CARD LOAN FAITH」
年4.40~12.50%100万円20,000円

※実際の返済は毎月30,093円で計算しています。

おまとめとしても利用できるカードローン商品として、「JCB CARD LOAN FAITH」を想定してみました。

実際に審査に通らなければ金利はわかりませんので、希望的観測で低い金利にするのは、やめておきましょう。
今回はJCB CARD LOAN FAITHの金利である、年4.40~12.50%で計算することにします。

また、おまとめ前後の借入残高の差をわかりやすくするために、月々の返済額はそれぞれ3万円とします。

実際の返済シミュレーション結果はこちらです。
完済までにかかった返済期間、返済総額、返済利息を求めることができました。

完済までの返済シミュレーション
返済期間返済総額返済利息
おまとめ前46ヶ月1,388,052円388,052円
おまとめ後41ヶ月1,233,793円233,793円
5ヶ月154,259円154,259円

※毎月の返済間隔を簡易的に30日としています

返済シミュレーション例から読み取れること

おまとめ前後で、返済期間にあまり差はありません。
しかし、返済総額・返済利息は10万円以上差がついています。

毎月の返済額は変わらなくても、金利が下がることでこれだけの返済総額の差がつきます。

実際に返済シミュレーションを行ってみると、おまとめローンのメリットが一目瞭然です。
たとえ数%でも利率を下げられれば、返済は大幅に楽になるのです。

ぜひご自分でも返済シミュレーションを行ってみて、完済時の状況を比べてみてください。

株式会社ジェーシービー「JCB CARD LOAN FAITH」の利用条件

上記シミュレーションで使用したおまとめとしても利用できるカードローン「JCB CARD LOAN FAITH」の利用条件は以下の通りです。

  • 満20歳以上、58歳以下の方
  • 給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)

JCB CARD LOAN FAITH
JCB CARD LOAN FAITH
利用限度額審査時間融資までの時間
50万~500万円最短即日-
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.4~年12.5%×-

おすすめポイント

  • 最短数十秒で振り込み。振込手数料は無料!
  • 全国の金融機関のATM、コンビニATMで利用可能
  • 審査完了後、最短3営業日でカードが届く

また、アイフルで借入を一本化したいと考える人・おまとめローンについて詳しく知りたい人は、

▼その他のおまとめローンについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、おまとめローンの返済シミュレーションの重要性と、利用方法について説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

金利・利息・元金・借入残高の関係は、直感的にはわかりづらいものです。
例えば、同じ借入総額100万円で、以下の返済方法のどちらが返済総額が多くなるでしょうか?

  • 金利年18%で毎月1.2万円返済
  • 金利年15%で毎月1万円返済

ぱっと見てわかる人はまずいません。
お金のプロでも返済シミュレーションを行ってみないと、完済時のことは見通せないのです。

返済シミュレーションを行わずに返済し続けるのは、地図を持たずに初めて訪れる街を歩くようなものです。
行きあたりばったりで歩いていても、なかなか目的地(完済)にはたどり着けません。

「計算するのが面倒」「計算式が理解できない」と感じた人もいらっしゃるでしょう。

そのような人は、スマホから簡単に利用できるアプリを利用してみてください。
電卓も紙もペンも必要ありません。
スマホさえあれば、1分もかからずに完済までの道のりを示してくれるはずです。

ぜひ手元のスマホやパソコンで、ご自分の完済までの道のりを計算してみてください。
必ずやあなたの借金返済は、これまで以上にはかどるでしょう!

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら