Operated by Ateam Inc.

イーデス

知らないと怖い!おまとめローンのデメリットと対処法

最終更新日:

知らないと怖い!おまとめローンのデメリットと対処法
おまとめローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

借金返済の強い味方である「おまとめローン」ですが、実はメリットばかりではなく、デメリットもあります。しかしながら、おまとめローン利用者の多くが、そのようなデメリットを把握しないまま商品を申し込みしてしまっているケースもあるのです。

デメリットを把握しないまま商品に申し込みしてしまった場合、おまとめ前よりも返済額が増加してしまう可能性も考えられます。したがって、おまとめローンを利用する前には、デメリットも把握しておく必要があるということです。

当記事では、以下についてFPの見解とともにわかりやすく解説していきます。

  • おまとめローンの基礎知識
  • おまとめローンのデメリット
  • おまとめローンを完済できなかった場合のリスク
  • おまとめローンのデメリットへの対処法

りそな銀行フリーローン

りそな銀行フリーローン
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~1,000万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.7%~14.0%※--

※金利:通常金利の場合。住宅ローン利用ユーザーは通常金利から年0.5%引き下げられます。金利引き下げ条件:本ローンを申込んだ時点で、りそな銀行所定の住宅ローンを利用中、かつ、住宅ローンの取引口座での申込みの場合に限ります。(独立行政法人住宅金融支援機構またはりそな住宅ローン【フラット35】のみをご利用されている方は、金利特典のお取扱いはできません。)

おすすめポイント

  • おまとめローンとしても使える!
  • WEBで完結!担保・保証人不要
  • 住宅ローン利用者は金利年0.5%引下げ

【PR】Sponsored by りそな銀行

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

複数の会社から借り入れている場合、1つの会社にまとめるローンのことをおまとめローンといいます。おまとめローンは、消費者金融でも基本的に総量規制の対象外となります。また、まとめられる借り入れの種類も会社によって違いがあります。便利なおまとめローンですが、必ずしもすべてのローンを1つにまとめられるわけではありません。ここでは、おまとめローンのメリット・デメリットについて、詳しく解説しています。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

複数社からの借り入れを1本化でき、今よりも低い金利が適用されることで利息負担額が軽減されるほか、返済管理が楽になる点がおまとめローンのメリットですが、もちろんデメリットも存在します。特に追加の借り入れができない点は理解しておきましょう。おまとめローンにはさまざまな商品があり、それぞれで特徴が異なります。商品の特性やメリット・デメリットを理解したうえで、自分に最適なおまとめローン商品を選ぶようにしましょう。

▼おまとめローンをお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

気になる内容をタップ

おまとめローンとは?

最初に、おまとめローンの基本的な知識に触れていきましょう。ただし、「おまとめローンのことは十分理解しているので、デメリットを早く知りたい」という方は、次章に進んでもらって問題ありません。

反対に、「おまとめローンの仕組みやメリットがよくわからない」というような方は、こちらの章から読んでいただければ幸いです。

おまとめローンとは、複数のローン契約を1つにまとめ、返済を効率化するための商品です。なぜ複数のローンを1つにまとめると返済を効率化できるのかというと、

  • 1つの商品で大きな金額を借入することで、適用される金利が下がる
  • 1つの商品に借入をまとめることで、毎月の返済額を減額できる

という2つのメリットを得られるためです。ここまでの説明だけでメリットを把握するのは難しいと思いますので、例を1つ挙げてみましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ローンをまとめることのメリットとしては、複数あるローンが1本化されるため、管理がしやすくなる、毎月の返済額が減らせる可能性があることです。また、まとまった金額で借り換えるため、適用される金利は低くなり、総返済額を下げられる可能性もあります。ただし、返済の仕方によっては、総返済額は増えてしまいます。借り換える前にはシミュレーションしておき、どのくらいのメリットがあるのか、確認しましょう。

飯田道子さん

飯田さん

おまとめローン活用の例

金利年18.0%の消費者金融3社から計210万円、各社から70万円ずつ借入していたAさんは、毎月の返済額が63,000円と高額だったことから、「返済が辛い…本気で完済したいから、おまとめローンを活用してみようか」とおまとめローンの活用を決意しました。

果たして、おまとめローンの活用でAさんの借金はどのように変化するのでしょうか。下記の試算をご覧ください。

※おまとめローンの適用金利は年12.5%と想定
※毎月の返済額は、さらに少額にも設定可能

活用前の状態

  • 合計借入額…2,100,000円
  • 毎月の返済額…63,000円
  • 完済までの合計利息…833,004円
  • 完済までの返済月数…47ヶ月(3年11ヶ月)

活用後の状態

  • 合計借入額…2,100,000円
  • 毎月の返済額…55,000円
  • 完済までの合計利息…591,106円
  • 完済までの返済月数…49ヶ月(4年1ヶ月)

おまとめローンの活用によって効率化できた利息額

241,898円

上記のように、ケースによっては毎月の返済額と合計支払利息額の両方を節約することも可能なのです。

また、複数の借入を1つにまとめることによって返済額を自身のペースに合わせることも可能なので、「借入先が増えすぎて延滞してしまいそう…」というような方にも大きなメリットがあるでしょう。このようにおまとめローンは、複数社からの借入金を返済中の人がメリットを得られるサービスなのです。

実際の融資の流れとしては、利用するおまとめローンの審査を受けた後、おまとめ元の業者に新たな借入先から直接振込で支払われるケースが多いです。

なぜ業者に直接支払われるのかというと、借金の返済に困っている利用者が、おまとめローンの融資額を使い込んでしまうリスクがあるからです。

このような流れはおまとめローン特有のものですので、申し込みを検討中の方は必ず覚えておきましょう。ここまでがおまとめローンの基礎知識です。

▼おまとめローンのメリットについては、こちらの記事をお役立てください。

ここからは、本題であるおまとめローンのデメリットに触れていきましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
おまとめローンは返済を目的としたローンですので、基本的に融資額はおまとめローンの利用先から既存の借入先に直接返済される方法が取られています。振り込む際には、ローン会社の名前ではなく、借り入れている本人の名義を利用します。なかには、直接借入先に振り込むのではなく、おまとめローン利用者の口座に振り込まれるケースもありますが、その場合は自分で既存の借入先に返済額を振り込まなければならないといった手間が発生することも覚えておきましょう。

新井 智美

新井さん

おまとめローンは借り直し・繰り返し利用ができない

おまとめローンのデメリットとして、基本的に「借り直し・繰り返し利用ができない」という点があります。キャッシングやカードローン等の融資商品では、あらかじめ設定された枠内で自由に借入・返済を繰り返すことができますが、おまとめローンは一度融資を受けた後、基本的に返済専用の扱いになります。

なぜこのような扱いになっているのかというと、おまとめローンは本来、「利用者の確実な完済」を目的としている商品だからです。

加えて、貸金業法の対象である消費者金融が取扱うおまとめローン商品は、借入額の制限制度である「総量規制」の例外項目に該当しています。おまとめローンに関連する総量規制の例外項目の具体的な内容は、「顧客に一方的有利となる借換え」というものです。

つまりわかりやすくいえば、おまとめローンの追加借入を可能にしてしまった場合、顧客の有利性を確保できない可能性があるということなのです。このような理由から、消費者金融が取扱うおまとめローンのほとんどは、融資後返済のみの取扱いになっています。

しかしながら、「生活状況に応じて借入したり、返済したりしたい」という方にとっては、おまとめローンで追加融資を受けられないポイントが不便に感じるのも無理はありません。

おまとめローンでおまとめした後に、万が一緊急で資金が必要になった場合でも、おまとめローンを利用して資金を借入することはできません。

加えてもう1つのデメリットとして、1社のおまとめローンを利用した後に新規で他社のカードローンを申し込みしたとしても、「この利用者は返済に困っている」と判断されてしまい、審査に落ちてしまう可能性があります。

したがって、おまとめローンを利用する際は、今後の生活状況を踏まえて検討する必要があります。

このような点は、現状借金を背負っている人にとって無視できないデメリットでしょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
総量規制の対象外となるため、今まで以上に借りられるなんて夢のようなシステムですよね。ただし、おまとめローンは、基本的に返済専用のローン。ローンの残高までしか借りられませんし、追加融資を受けることはできません。また、おまとめローン契約後に、隠れて新たにローンを契約した場合には、一括返済を求められることがあります。お金が必要になったときには、借りる前におまとめ先に相談して下さい。

飯田道子さん

飯田さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
おまとめローンでは、追加の借り入れはできません。おまとめローンは多重債務に悩んでいる人に向けた救済手段の一つです。それを利用しているにもかかわらず、新たにお金を借り入れるなどといった考えは論外です。おまとめローンを利用するからには、完済までは新たな借り入れは行わないといった固い決意が必要なことはもちろん、急な出費に耐えられるような返済額まで抑えておくなどの対策も忘れないようにしておきましょう。

新井 智美

新井さん

おまとめローン利用で金利が上がる可能性がある

「おまとめローンには返済を効率化できるメリットがある」と先述しましたが、当然ながら全てのケースでメリットを得られるわけではありません。なぜかというと、おまとめローンのメリットの多くは、金利差によって生まれるものだからです。

つまり、元契約の金利がおまとめローン商品よりも低い場合、逆に金利が上がってしまうケースもあるということです。金利が上がってしまった場合発生する利息額も多くなりますし、本来の目的である返済の効率化を実現することもできません。

したがって、メリットよりもデメリットのほうが、圧倒的に大きくなってしまう場合もあるということなのです。

おまとめローン利用で金利が上がってしまうケースの多くは、借入元の契約が銀行カードローン商品の場合です。

銀行カードローンのほとんどは金利の低さがメリットになっている商品ですので、万が一金利の高いおまとめローンを選択してしまった場合、元の契約よりも金利が上がってしまう可能性があります。

このように、おまとめローンを選択する場合には、「金利を比較するための知識」が必要になります。おまとめローンの利用で金利が上がってしまう可能性がある点は、利用者から見ても無視できないデメリットでしょう。

利息が上がって支払い総額が多くなる可能性

おまとめローンのデメリットとして、「利息が上がって支払総額が増えてしまう可能性もある」というポイントがあります。しかしなぜ、本来返済を効率化できるはずのおまとめローンなのにもかかわらず、利息が増えてしまう場合があるのでしょうか。

考えられるのは、下記のようなケースです。

おまとめローンの利用で利息が増えてしまうケース

  • おまとめローンのほうが、元契約よりも金利が高かった
  • おまとめローンへの契約変更により、返済回数を増やしすぎた
    (毎月の返済額を下げすぎて返済が長期化した)

上記のようなケースに該当した場合、おまとめローンの活用によるメリットが無くなってしまう可能性が高いです。特にありがちなのは2のケースです。複数のローンを返済中の多くの方は、返済に対しての負担が辛いと感じています。

そのような状態からおまとめローンへ契約を変更した場合、ついつい毎月の返済額を少額に設定してしまう場合があるのです。当然ながら、毎月の返済額を下げすぎてしまった場合、完済までの期間が長くなり、結果として発生する利息額が膨らんでしまいます。

このようになってしまっては、せっかく金利の低い商品を選択したとしても意味がなくなります。

このようなデメリットは、返済に苦しんでいる利用者だからこそ発生しやすいのです。

おまとめローンを完済できなかった時のリスク

おまとめローンを完済できなかった場合、他社からの借入も厳しい状況に陥っているでしょう。つまりわかりやすくいうならば、おまとめローンは自己の力で完済できる「最後の砦」とも言える手段なのです。

すなわち、おまとめローンを完済できないのであれば、債務整理等の法的手段を検討するしか手立てが無くなってしまうということでもあります。

おまとめローンは、1度借入してしまったら変更の難しい商品です。したがって、慎重に検討した上で申込しなければならず、加えて完済できなかった場合のリスクもしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

おまとめローンのデメリットへの対処方法

ここまで触れたように、おまとめローンにはメリットだけでなくデメリットもあります。しかしながら、当記事で触れたデメリットの多くは、事前に対処することが可能です。おまとめローンのデメリット対処法は、下記のとおりです。

おまとめローンデメリット対処法

  • あらかじめ利用する商品の返済シミュレーションを比較し、金利や返済額、利息のメリットを確認しておく。
  • 毎月の返済を少額にできる場合でも、元契約よりも過度に返済額を下げすぎない。
  • 返済中の追加融資を希望する場合消費者金融商品は避け、銀行等が取扱う商品を優先的に検討するようにする。

上記の3点を徹底すれば、おまとめローン利用による多くのデメリットを回避することができます。特に、おまとめローンを利用する際、返済シミュレーションを行うことが非常に重要です。

返済シミュレーションを行うだけで、金利が高くなったり利息が増えてしまったりといった、おまとめローン利用によるデメリットを事前に避けることができます。非常に重要なポイントですので、おまとめローンを検討中の方は必ず覚えておきましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
おまとめローンの利用に係わらず、各種ローンを利用する際には必ず事前にシミュレーションを行うことを忘れないようにしてください。できれば複数社で行うことはもちろん、金利や返済期間などのパターンを変えてさまざまなシミュレーションを行い、その結果で最終的な利用先や返済期間を決めることが大切です。利用先を決定するポイントは、適用される金利が今よりも低くなることはもちろん、毎月の返済額や返済期間によってどのくらいの利息削減効果があるのかを確認することです。それによって、最終的に自分に一番合った利用先を決定するようにしてください。

新井 智美

新井さん

まとめ

世間的に、「借金による負担を楽にできる!」と捉えられがちなおまとめローンですが、当記事で触れたようにメリットばかりではありません。しかしながら、返済に困っている方にとって魅力的な商品であることは事実です。

したがって、当記事のポイントである以下3点をしっかり理解した上で申込を検討するようにしましょう。

  • 利用する際は、「借り直し、繰り返し利用は基本的に不可」と理解しておく
  • 元契約とおまとめ先の返済シミュレーションを比較し、事前にメリットを把握
  • 毎月の返済額を元契約より下げすぎない

借入する際はご自身の家計を正確に把握して、計画的に利用なさってください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
おまとめローンがどのようなローンか分かって頂けましたか?おまとめローンの中には、少数ですが、追加融資が可能な会社もあります。追加融資が無いと不安な場合は、そのような会社を選ぶといいでしょう。いいとこ取りのようなおまとめローンですが、基本的に借金です。計画的に返済し、これ以上の借金を増やさないよう、ライフスタイルから見直すことも必要です。

飯田道子さん

飯田さん

おまとめローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE