Operated by Ateam Inc.

イーデス

専門家が教える!おまとめローン・借金一本化の適切な相談先

最終更新日:

専門家が教える!おまとめローン・借金一本化の適切な相談先
おまとめローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「おまとめローンを利用したいけど、どこに相談すれば良いのかがわからない」「おまとめローンを利用しているけど、返済できなくなってしまった…」というように、おまとめローンに関する相談で悩んでいる方は非常に多いです。

もちろん、どちらの相談も弁護士等の専門家に相談すれば解決できる可能性はありますが、基本的に彼らの専門分野は「債務整理」です。つまり、おまとめローン商品自体の知識を有していない可能性もあるということです。

加えて、弁護士の報酬は債務整理を行ったり、借入先と交渉したりといった仕事に対して発生しますので、奨めるのはどうしても法的手段になってしまうわけです。

しかし中には、「おまとめローンで頑張って完済したい」という方や、「法的手段のリスクを取りたくない」という方もいらっしゃるかと思います。この記事では、おまとめローンのお悩みに対する解決策を様々な視点からお話していきたいと思います。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

おまとめローンの相談先はどこが良いか迷いますが、多重債務の相談であれば弁護士がよいでしょう。選び方や利用方法は、銀行や貸金業者になります。他にも、ファイナンシャルプランナーや行政機関の相談窓口がありますが、早く対策を立てて、早い解決を目指しましょう。

▼おまとめローンをお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

おまとめローンの相談はどこにするべき?

おまとめローンの相談、と一言でいったとしても、多種多様な内容があると思います。例えば、「おまとめローンをこれから利用したい」という方と、「おまとめローンを既に利用していて他の解決手段を探している」という方では、根本的な問題点が異なるのです。

したがって、ここではいくつかの悩みをピックアップし、それぞれの相談先を大まかに分けてみようと思います。

おまとめローンのよくある相談内容と相談先

  1. おまとめローンを利用しているが、返済できなくなりそうなので別の解決策を相談したい
    債務整理専門の弁護士へ
  2. おまとめローンの選び方がわからないから相談したい
    銀行や貸金業者へ
  3. おまとめローンの上手な使い方がわからない
    銀行や貸金業者へ

①おまとめローンを利用しているが、返済できなくなりそうなので別の解決策を相談したい

現状おまとめローンを利用していて、その返済にも困ってしまったケースです。このような場合の相談先は、やはり債務整理専門の弁護士でしょう。なぜなら、おまとめローンを一度契約した後は、他社ローンへの借換え等の手段も難易度から見て現実的ではないからです。

加えて、おまとめローンを利用している以上借入も高額になっているケースが多いため、精神的なプレッシャーに耐えかねているような状況も考えられます。債務整理専門の弁護士であれば、自己破産等の手段を含めた解決策を提示してもらうことができます。

ただし注意点として、債務整理にはリスクもあります。代表的なリスクでいえば、「一定期間ローン等の審査に通過できなくなってしまう」というものです。このようなリスクは私生活における影響も非常に大きいため、債務整理を行う前には必ず慎重に検討するようにしてください。

もし、「弁護士だけでなく、第三者の意見も聞きたい」という方は、「独立行政法人 国民生活センター」の多重債務相談窓口へ連絡してみましょう。窓口は全国に設置されており、ご自身の状況に応じたアドバイスを受けることができます。

②おまとめローンの選び方がわからないから相談したい

意外と多いのが、「おまとめローンの選び方がわからない」というケースです。このようなケースで相談するなら、おまとめローン商品を取り扱っている「銀行」や「貸金業者」などの相談先が適切でしょう。

しかし注意が必要なのは、「自社商品のことは悪く言わない」というポイントでしょう。当然といえば当然のことなのですが、自社商品に申し込んでもらえなければ、売上にならないからです。

したがって、業者に相談する際は、複数の業者に問い合わせつつ客観的に判断したほうが良いでしょう。

ちなみに、FPである筆者の立場から見解をお話すると、消費者金融が取り扱っているおまとめローン商品よりも、銀行が取り扱っている低金利なカードローンをおまとめローンとして利用するほうがメリットを得やすいです。

なぜかというと、おまとめローンの利用によって生まれる「利息の削減」や「返済期間の短縮」といった多くのメリットは、元契約との金利差によって生じるものだからです。金利面だけでいえば消費者金融よりも銀行のほうが有利ですので、おまとめローンにもその傾向があるということです。

「少しでもおまとめによって返済を楽にしたい」という方は、銀行の商品を優先的に検討すると良いでしょう。当記事でもおまとめ向けの銀行商品を1つピックアップしますので、詳細は後述の「おまとめローンの申し込みなら銀行もあり」という章をご覧ください。

③おまとめローンの上手な使い方がわからない

おまとめローンの上手な使い方がわからない場合に相談するなら、おまとめローン商品を取り扱っている銀行や貸金業者が一般的です。加えて、お金の専門家である「ファイナンシャルプランナー」に相談するのも良いでしょう。

これらの相談先であれば、返済シミュレーションの比較を含め、様々な視点からご自身に合った上手な使い方を提案してもらえるでしょう。

おまとめローンをもっと具体的に知りたい人はこちら!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
おまとめローンの相談先として考えられるのは、返済に困った場合は債務整理専門の弁護士、おまとめローンの選び方や使い方については、銀行や貸金業者がよいでしょう。また、使い方であれば、ファイナンシャルプランナーもお勧めです。銀行や貸金業者は、自社の商品を勧めるので、複数の業者に相談してみてください。

塚越さん

塚越さん

多重債務でのおまとめローンの相談は弁護士

多重債務によるおまとめローンの相談なら、専門家である弁護士へ相談しましょう。先述したように弁護士であれば、おまとめローン以外の手段も含めて提案してもらうことができます。

ただし、一言で「弁護士」といっても、多種多様な分野にそれぞれのスペシャリストが存在しています。したがって弁護士を探すときは、「債務整理」や「借金問題」を得意としている方に相談するようにしましょう。

万が一、「借金に関する内容も含めて相談したいけど窓口がわからない」という場合は、行政機関である「法テラス」を利用すると良いでしょう。法テラスでは、ご自身の状況に応じた法的制度や手続き、相談窓口を無料で案内してもらうことができます。

法テラスの相談先に関しても後述でまとめていますので、そちらもご覧ください。

おまとめローンの申し込みなら銀行もあり

おまとめローンの申し込みに関する相談なら、銀行等の金融機関を利用するのもアリでしょう。銀行等の金融機関であれば、返済シミュレーションを通じてよりお得な解決策を提示してもらうことができます。

また、「おまとめローンを利用するなら消費者金融よりも銀行を優先したほうが良い」とお伝えしましたが、銀行カードローンをおまとめとして利用できるケースがあります。

選ぶ基準としては、次の2つに当てはまると尚良いでしょう。

  • 上限金利が年12~13%台と低いカードローン
  • 借入額が大きな金額であるほど適用される金利が下がる仕組みのカードローン

上記条件を満たすカードローンは、おまとめによるメリットを得やすい内容になっています。これら条件と満たす商品の例として、銀行ではないですが三井住友カード カードローンがあります。

※三井住友カード カードローンは、おまとめローンという商品ではないが、資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能。また、総量規制対象。

60万円以上の借入で上限金利は年12.4%と大手銀行カードローンより低く、また、利用限度額が大きくなるほど適用金利が下がります。他にも、おまとめローンは様々な内容の商品がありますので、できるかぎり複数社を比較しつつ検討するようにしましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
多重債務によるおまとめローンの相談は、債務整理専門の弁護士がお勧めですが、行政機関の法テラスを利用するのも有効です。銀行のおまとめローンは金利が低いのでお得ですが、三井住友カード カードローンはさらに金利が低く、利用限度額が大きくなるほど金利が下がるので、一番のお勧めになります。

塚越さん

塚越さん

※三井住友カード カードローンは、おまとめローンという商品ではないが、資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能。また、総量規制対象。

公平な立場でアドバイスしてくれるおまとめローンの相談窓口

最後に、行政機関等の公平な立場でアドバイスしてもらえる相談窓口をご紹介しておきましょう。それぞれの特徴を簡単にまとめておきましたので、下記を参考になさってください。

公平な立場でアドバイスしてくれるおまとめローンの相談窓口一覧
相談窓口ワンポイント
独立行政法人 国民生活センター
多重債務の相談窓口
国民の消費生活や消費者問題に関する事例や対処法を紹介してくれる窓口。地域ごとの窓口も有り。
日本司法支援センター
「法テラス」
問題を解決するための法律制度や相談窓口を紹介してもらえる。場合に応じて、弁護士の紹介もある。
法的見解に基づいたアドバイスや、最寄りの窓口を親身に案内。
日本貸金業協会
「貸金業相談・紛争解決センター」
消費者金融や貸金業務に対する借入や債務の相談を行う窓口。
公平中立な立場からアドバイスをもらえる。消費者金融等の貸金業者が取扱う商品の返済相談がメイン。
一般社団法人 全国銀行協会
「カウンセリングサービス」
多重債務、個人向けローンを対象としてカウンセリングを受けることができる。
専門のカウンセラーも在籍。銀行が取扱う商品に対する相談がメイン。
多重債務を解決する対処法等も相談可。

まとめ

記事内でも触れたように、「おまとめローンをどこに相談すれば良いのかがわからない…」という方が非常に多いのも事実です。

しかしながら、できるかぎり客観的な意見を取り入れて手続きを進めなければ、状況をより悪化させてしまう可能性もありますので注意してください。

この記事のポイントをおさらいしておくと、

ここまでのおさらい

  • おまとめローンに関する相談は、ご自身の悩みに応じた窓口を利用する
  • 債務整理は弁護士、商品に関する相談は商品を取り扱っている業者へ
  • 場合により、公平な立場でアドバイスしてもらうことができる相談窓口も利用する
  • おまとめローンを利用するなら、消費者金融よりも銀行がおすすめ

という4つです。

しっかりと理解し、早期完済を目指しましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
おまとめローンの相談先として、行政機関の国民生活センターや日本司法支援センター、日本貸金業協会、全国銀行協会の相談窓口を利用するのも、公平なアドバスをもらえるので有意義です。おまとめローンの相談は、多重債務で困っていることが多いので、早く対策を立てて実行してください。

塚越さん

塚越さん

おまとめローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.