Operated by Ateam Inc.

イーデス

法人カードの審査期間はどれくらい?審査期間や短縮するコツを徹底解説

最終更新日:

法人カードの審査期間はどれくらい?審査期間や短縮するコツを徹底解説
法人カード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

出張が迫っているなどの事情があれば、時間や労力を割いてしまう経費精算を効率よくするためにもはやく法人カードが欲しいと考えるもの。

たとえ急いでいなくても、法人カードの審査期間はどのくらいなのか疑問に思うことがあるでしょう。

法人カードの審査期間の目安や、はやく持てる法人カードはどんなカードなのか知りたくありませんか。

今回の記事では、法人カードの審査期間の目安や審査期間を短縮するコツを解説していきます。

記事を読むことで、法人カードの審査期間の目安や審査期間を短縮するコツを理解し、適切な法人カードを申し込めるようになりますよ。

法人カードの審査については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

気になる内容をタップ

法人カードの審査期間

法人カードの審査に要する期間は、4日から1カ月と、大きな幅があります。

この章では、法人カードの審査期間がどのような理由で左右されるのかを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

法人カードの審査期間はカードの種類やカード会社によって異なる

法人カードの審査に必要な期間は、カードによって異なります。

法人カードごとにどの程度の返済能力が求められるのかが異なることがその理由です。

具体的には、下記のような点によって審査期間が左右されます。

詳しく見ていきましょう。

カードのランク

同じ法人カードでも、カードのランクが上がると限度額が上がるのが一般的です。

限度額が上がることでより高い返済能力が求められるため、厳格な審査が行われ、審査期間も長くなります。

具体的には、一般カードが一番審査期間が短く、ゴールドカード、プラチナカードの順に時間がかかるのがほとんどです。

カードのランクに応じた限度額に見合う返済能力があるのかどうかを審査されることが、審査期間に影響を及ぼします。

カードの種類

法人カードの種類によっても、審査期間が異なります。

申し込みをするカードが個人事業主が対象なのか法人が対象なのかで審査項目が大きく異なることが理由です。

法人が対象のカードは代表者個人と会社の信用を審査する必要がありますが、個人事業主が対象であれば代表者個人の信用のみが審査されます。

審査される項目が少ないことから、個人事業主が対象になっているカードのほうが審査期間が短くて済みます。

発行会社

どのカード会社が発行するのかによっても、審査期間が変わります。

カード会社によって審査基準や求める返済能力の高さが異なるからです。

審査の厳しさは、下記のような属性でおおむね判断できます。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

銀行系は厳しい

法人カードには、銀行や銀行の関連会社が発行しているカードがあります。

銀行系のクレジットカードは貸し倒れを防ぐために高い審査を設けているカードが多く、比較的審査が厳しいです。

例えば、三菱UFJ銀行系列のMUFGカード ビジネスは一般カードでも黒字決算であることを求めるなど、他のカードに比べて基準が高くなっています。

銀行によって差はありますが、他のカードと比べると審査が厳しく、発行までに時間がかかりがちです。

銀行系法人カードについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

信販会社は比較的審査期間が短い

法人カードのなかで信販会社が発行しているカードは、銀行系に比べると審査の難易度が低いです。

いわゆる信販系のカードとよばれるもので、難易度が低い分審査期間も短くて済みます。

なかでも、クレディセゾンやライフカードなどが発行するカードは審査難易度が低く、審査期間も短いです。

審査期間を短くしたい人は、信販系の法人カードを選ぶといいでしょう。

会社関連の書類の提出が多いと期間が長くなる

法人カードの審査は、会社の信用とともに経営者個人の信用も審査の対象です。

法人カードの種類によって、どちらの比重が高いかが異なりますが、経営者個人の信用は必ず審査されます。

審査の比重がどこに置かれているかは、申し込みの際提出する書類である程度判断可能です。

本人確認資料だけでいい場合

法人カードの一部は、申し込みの際提出する書類は、経営者個人の本人確認資料のみで、会社の謄本などは必要ありません。

経営者個人の信用が主な審査対象である法人カードでは、このようなパターンになっています。

会社の信用よりも経営者個人の信用が重視されるため、謄本の提出が求められていません。

会社の信用を重視する法人カードに比べて審査対象項目が少なく、審査にかかる時間も短くて済みます。

本人確認資料と会社の謄本が必要な場合

法人カードは事業費決済のためのクレジットカードです。

個人と同じように法人が実在しているかどうか判断するために、会社の謄本の提出を求める法人カードもあります。

審査で確認されるのは、申込書の内容と謄本の内容が一致しているかです。

経営者個人の信用に加えて会社についても審査対象なので、本人確認資料のみでいい場合に比べると、少し審査に時間がかかります

決算書も必要な場合はさらに厳格に審査され時間もかかる

法人カードの種類によっては、決算書の写しなどの提出が必要です。

会社としての返済能力があるかどうかを決算書によって判断します。

決算書の郵送や審査などに時間がかかるため、さらに審査に時間がかかります。

審査項目が増え、書類のやり取りに時間がかかる分、カード発行までの期間が長くなるでしょう。

法人カードの即日発行については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

この章では、法人カードの審査期間がどのような理由で左右されるのかを紹介してきました。

次の章では、どうすれば審査期間を短縮できるのかを紹介していきます。

審査期間を短縮する5つのコツ

法人カードは会社としての信用も審査する分、個人カードに比べると審査期間が長いです。

しかし、できるだけはやく手に入れられたほうが、支払いや付帯サービスを利用できます。

この章では、法人カードの審査期間をどうすれば短縮できるのかを紹介していきます。

審査期間を短縮する5つのコツ

詳しく見ていきましょう。

本人確認資料の住所と現住所を一致させておく

法人カードに申し込む際は、本人確認資料の写しも提出する必要があります。

申し込んだときに申告した住所や名前などが一致しているかを判断するためです。

もし本人確認資料の住所と申告した住所が違っていると追加で書類を提出するなどの手間がかかり、審査に時間がかかってしまいます。

住所が変わっているなら本人確認資料の住所変更手続きをしてから申し込みましょう。

ポイントカードやマイレージカード機能が付帯していないカードを選ぶ

法人カードにはクレジットカード機能以外にも、ポイントカードやマイレージカードなどの付帯機能が付いているカードがあります。

その場合、クレジットカードの発行手続きのほかにポイントカード等の発行手続きも行わなければならず、発行に時間がかかりがちです。

例えばANAカード〈法人用〉は、クレジットカード機能以外に、ANAマイレージカード機能も付帯しています。

できるだけはやく法人カードを発行したければ、マイレージカードやポイントカード機能が付いていないカードを選ぶといいでしょう。

申し込みの際正確な情報を申告する

法人カードの申し込みは、ネットや申込書で行うのが一般的です。

現在の正確な情報を申告すれば審査は比較的スムーズにすすみます。

しかし、記入の誤りや嘘の情報を申告してしまうと、審査が中断する要因となってしまい、時間がかかる原因になってしまいます

審査をスムーズにすすめ、はやく法人カードを手に入れるためにも、正確な情報を申告しましょう。

事業の実態をわかるようにしておく

ある程度名の知れた会社であれば、比較的審査がスムーズにすすむことは多いです。

しかし、個人事業主や設立直後の法人の場合、実際どんな事業を行っているのかが外からあまりわかりません。

その場合固定電話を導入したり、ネットショップや公式サイトを公開したりなどして、事業が安定していることを示すのが大切です。

事業がうまくいっている印象を与えやすいよう、第三者から見て事業の実態がわかりやすい状態を作っておきましょう。

審査に通過しやすいカードを選ぶ

法人カードをはやく手に入れるためには、カード選びも大切です。

経営者だからランクが高いカードが欲しいと思う人は多いかもしれませんが、現在の経営状態に合わないカードを選んでしまうと、審査に時間がかかり、最悪の場合審査落ちしてしまうこともあります。

審査に通過しやすい法人カードは、下記のような基準で選ぶのがおすすめです。

詳しく見ていきましょう。

経営者個人の信用が重視されるカードを選ぶ

法人カードの一部は、経営者個人の信用が重視されます。

提出するのは本人確認資料のみで、会社の謄本などは提出の必要がありません。

経営者個人の信用に問題がなければ、経営者個人の信用を重視する法人カードを選ぶことで、設立直後など会社の信用に自信が持てない状態でも審査に通過しやすいです。

提出書類が少ない法人カードを選ぶ

法人カードの種類ごとに、審査の際提出すべき書類が異なります。

本人確認資料だけでいい場合もあれば、会社の謄本や決算書などを提出しなければならない法人カードもあり、さまざまです。

提出すべき書類が少ないほうが、審査の際チェックされる項目が少なくて済みます。

提出書類が少ないと審査項目が少なく、提出書類が多く厳密に審査されるタイプの法人カードに比べて審査に通過しやすいでしょう。

赤字決算や設立直後でも申し込める法人カードを選ぶ

法人カードのなかには黒字決算やある程度の業歴が必要なカードもあり、審査が厳しいです。

しかし、法人カードには赤字決算や設立直後でも申し込める、比較的審査に通過しやすいカードもあります。

例えば、三井住友ビジネスカード for Ownersは、ある程度の収入があり延滞がなければ、赤字決算や設立直後でも審査に通過できる場合が。

赤字決算や設立直後でも審査に通過しやすい法人カードを選ぶことで、審査がスムーズにすすみやすく、はやく手に入れられるでしょう。

この章では、法人カードの審査期間をどうすれば短縮できるのかを紹介してきました。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。
【専門家の解説】

クレジットカードの審査内容や審査期間を具体的に公表しているカード会社はほぼ存在しません。審査内容や期間については、代表者の属性や会社の経営状態によって異なることから、一概に判断できるものではないからです。

ただ、事前に書類を準備しておくなどの対策を取ることで、審査時間を短縮することは可能です。審査時間を短縮するための有効手段の一つが「固定電話の設置」です。

最近では携帯電話が普及しているため、事務所に固定電話を設置しないという法人も見られますが、カード会社によっては審査の際に固定電話があるかどうかを重視することもあるようです。

また、最近ではインターネットから申し込むケースがほとんどだと思いますが、その際、申告内容にミスがないかどうかもきちんとチェックするようにしましょう。単なる入力ミスであればいいのですが、虚偽の申告とみなされるとカードが発行されないばかりか、詐欺に問われることもありますので厳重な注意が必要です。

法人カードであっても、代表者の属性はきちんとチェックされます。逆に言えば、経営状態が芳しくなくても代表者の属性がきちんとしていれば審査に通る可能性は大いにあります。

次の章では、長い審査期間をかけたくない人におすすめの法人カードを紹介していきます。

長い審査期間をかけたくない人におすすめの法人カード4選

法人カードをつくるのであれば、少しでも審査期間が短いほうがはやく使えて助かります。

ここでは、法人カードを申し込む際、長い審査期間をかけたくない人におすすめの法人カードを紹介していきます。

長い審査期間をかけたくない人におすすめの法人カード

詳しく見ていきましょう。

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズは信頼性の高い老舗の三井住友カードが発行する法人カードです。

申し込みから最短3営業日でカード到着まで約1週間(※)かかります。

※金融機関サイトで口座振替設定が完了しなかった場合、書面によるお手続きが必要です。書面の場合は1ヵ月程度お時間がかかります。

三井住友カード ビジネスオーナーズの概要は下記の通りです。

年会費永年無料
従業員カード年会費永年無料

付帯サービス

  • 海外旅行傷害保険が利用付帯
    ※2022年4月14日より開始された「選べる無料保険」により、「旅行安心プラン(海外旅行傷害保険)」を選択された場合。
  • 会員専用サイト「ポイントUPモール」でお得に買い物
  • 東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレスサービス
  • 福利厚生代行サービス

年会費は永年無料ですが、付帯サービスが充実しています。

審査に登記簿謄本や決算書は必要ありませんので、起業1年未満の場合でも申し込みしやすいカードです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会&利用で最大8,000円相当のVポイントプレゼント!

    • カード利用で入会月+2ヶ月後末までの合計利用額+10%分のVポイント(最大8,000円相当)プレゼント!

    終了期間未定

三井住友カード ビジネスオーナーズの券面
年会費初年度:永年無料
2年目以降:永年無料
ポイント還元率0.5%~1.5%(※1)
国際ブランド
  • visa
  • master_card
電子マネー
  • applePay
  • googlePay
  • id
  • pitapa
発行スピード1週間程度
追加カード

ETCカード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費初年度:550円(税込)※3
2年目以降:550円(税込)(※2)
ETCカード発行期間約3週間
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名Vポイント
締め日・支払日15日締め・翌月10日/月末締め・翌月26日 ※選択可能
申し込み条件20歳以上の法人代表者・個人事業主(フリーランス・副業を含む)
必要書類

法人代表者の本人確認資料(運転免許証など)

注目ポイント

  • 新規入会&利用で最大8,000円相当Vポイントプレゼント!
  • 年会費永年無料!
  • 特定の加盟店(ETCなど)でポイント最大1.5%還元!(※1)
  • 申込時の登記簿謄本や決算書が不要!
  • Freee会計や勘定奉行、弥生会計など、多くの会計ソフトとデータ連携可能! 
新規入会&利用で最大8,000円相当のVポイントプレゼント!
公式サイトへ
  • 1対象の三井住友カードと2枚持ちすることが条件です。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • 2前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料。

三井住友カード ビジネスオーナーズの審査については、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

UPSIDER

UPSIDERはスタートアップ企業向けに、”挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームをつくることをミッション”にした利用継続率99%以上(※)を誇るカードです。
※ UPSIDER公式サイトより

急ぎ法人カードが必要な場合も、Web申込により最短即日発行~1営業日で発行することができます

また、プリペイドカードとして利用することも可能で、その場合は与信審査が不要。

年会費永年無料で、ポイント還元率が1.0%~1.5%と高還元です。

付帯サービス

  • Zoom有料プラン約25%OFF+3ヶ月無料
  • AWSからのクレジットを最大5,000ドル付与
  • 各種会計ソフト(会計freee、マネーフォワードクラウド会計、マネーフォワードクラウド会計プラスなど)とのAPI連携が可能 など

旅行傷害保険や福利厚生サービスなどは付帯していませんが、日々業務を進めるのに便利なビジネスサービスをお得に利用することができます。

限度額が10億円という点も大きなメリットで、これから事業を展開するスタートアップ企業にも高い限度額が期待できます。

UPSIDER

UPSIDERの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~1.5%
国際ブランド
  • visa
発行スピード最短即日
ポイント名UPSIDERポイント
締め日・支払日締め日:毎月末・支払日:翌月20日(※銀行振込の場合は、月末締め、翌月15日払い)
申し込み条件法人のみ(個人事業主は不可)
必要書類

①顔写真付き身分証 運転免許証・マイナンバーカード(画像が不鮮明となる可能性が高いです。ご注意ください)・パスポート(2020年以降に発行された住所記載が無いパスポートはご利用になれません)・住基カード・在留カード・運転経歴証明書・特別永住者証明書 ②委任状(申込者が代表者以外の場合のみ)

注目ポイント

  • 年会費、発行手数料無料!
  • 利用限度額は最大10億円!
  • 発行枚数は無制限!
  • お申し込みはWebで完結&最短即日発行!
  • 最高2,000万円の不正利用補償付帯!
公式サイトへ

    ライフカードビジネスライトプラス

    ライフカードビジネスライトプラスは、信販会社のライフカードが発行する法人カードです。

    申し込みから最短3営業日で発行できる、スピード発行をウリにしています。

    ライフカードビジネスライトプラスの概要は下記の通りです。

    年会費永年無料
    従業員カード年会費初年度無料
    2年目以降2,200円(税込)/枚
    (最大3枚まで)

    付帯サービス

    • クラウド会計ソフトfreee優待
    • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」優待
    • 弁護士無料相談サービス
    • 海外アシスタンスサービス など

    スピード発行ができるので、出張が控えているなど急いで発行したいときにもおすすめです。

    ライフカードビジネスライトプラスの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率0.5%
    国際ブランド
    • visa
    • master_card
    • jcb
    電子マネー
    • applePay
    • googlePay
    発行スピード最短3営業日
    追加カード

    ETCカード

    ETCカード発行手数料無料
    ETCカード年会費無料
    ETCカード発行期間お申し込み後最短6営業日
    締め日・支払日締め日:毎月5日・支払日:当月26日~29日または翌月3日
    申し込み条件法人代表者または個人事業主
    必要書類

    本人確認書類

    注目ポイント

    • 申込はWEB完結!
    • 最短3営業日発行が可能!
    • 決済書不要で本人確認資料のみで申込可能
    • 会社設立・企業すぐでも申込OK
    • 副業やフリーランスの方におすすめのカード
    公式サイトへ

      セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

      セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行している法人プラチナカードです。

      プラチナカードとしては年会費が安く、信販系なので審査にも比較的通過しやすいです。

      セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの概要は下記の通りです。

      年会費22,000円(税込)
      追加カード3,300円(税込)/枚
      9枚まで発行可能

      付帯サービス

      • カードデスク・サービス
      • プライオリティ・パス無料
      • 国内外旅行傷害保険
      • 提携スポーツクラブ優待
      • 弁護士サービス優待などのビジネスサポート

      プラチナカードならではの充実した付帯サービスは、日常生活で使いやすく、審査に通過しやすい法人プラチナカードが欲しい人におすすめです。

      セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

      3.57
      セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの券面
      年会費初年度:22,000円(税込)
      2年目以降:22,000円(税込)(※1)
      ポイント還元率0.5~1.0%(※2)
      国際ブランド
      • american_express
      電子マネー
      • applePay
      • id
      • quicpay
      発行スピード最短3営業日
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      ETCカード年会費無料
      ETCカード発行期間3〜10日程度
      マイル還元率(最大)1.125%
      旅行保険国内旅行保険海外旅行保険
      ポイント名永久不滅ポイント
      締め日・支払日締め日:毎月10日・支払い:翌月4日
      申し込み条件高校を卒業した満18歳以上
      必要書類

      登記簿謄本 or 印鑑証明書 ・代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

      注目ポイント

      • 様々な業種の経費支払いが「優待価格」で!
      • 一流ホテルの宿泊など、プラチナ会員限定サービスがあり!
      • 追加カードも本会員とほぼ同条件のサービスを享受!
      • 上質の空港関連サービスを受けながら最大1.125%でマイレージが貯まる!
      • クラウド型経費精算サービス「Staple」の月額料金が6ヵ月無料になるクーポンがもらえる!
      • さまざまなfreee限定優待特典あり!
      公式サイトへ
      • 1年間200万円以上カードご利用で次年度年会費が11,000円(税込)
      • 2永久不滅ポイントは通常1,000円(税込)のご利用毎に1ポイント貯まります。
        1ポイント5円相当のアイテムと交換の場合となります。
        交換商品によっては、1ポイントの価値は5円未満になります。

      この章では、法人カードを申し込む際、長い審査期間をかけたくない人におすすめの法人カードを紹介してきました。
      審査に通過しやすい法人カードを選ぶ際の参考にしてください。

      まとめ

      今回の記事では、法人カードの審査期間の目安や審査期間を短縮するコツを解説してきました。

      記入ミスや虚偽申告をしないなどの基本的なことはもちろん、どんな法人カードを選ぶかでも、審査期間が変わってきます。

      設立初年度でも持ちやすい法人カードを選ぶと、審査がスムーズです。

      法人カードの審査期間について、ご理解いただけましたか。

      >今回の記事を参考にしながら、自分に合う法人カードを選んで申し込んでみてください。

      法人カードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

      法人カードの審査の関連記事

      • Facebook
      • x
      • LINE
      クレカ診断はコチラ

      © 2022 Ateam LifeDesign Inc.