Operated by Ateam Inc.

イーデス

法人カードのコンシェルジュサービスでできることは?おすすめ付帯カード3選

最終更新日:

法人カードのコンシェルジュサービスでできることは?おすすめ付帯カード3選
法人カード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「法人カードを持つならコンシェルジュサービス付きにしたい」と思っても、具体的なサービス内容や付帯カードがわからなければうまく選べないですよね。

そこで今回は、法人カードのコンシェルジュにしてもらえるサービス内容を詳しく解説するとともに、コンシェルジュが付帯するおすすめカードを厳選してご紹介します。

コンシェルジュサービス付きの法人カードを使いこなせば、出張や会食などの手配がスムーズになり、仕事の効率化や取引先とのコミュニケーションの質向上にも役立ちます。

ぜひ最後まで目を通して、法人カードのコンシェルジュについて知識を深めましょう。

他の法人カードについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

気になる内容をタップ

コンシェルジュの役割は?サービスの基本をチェック

詳しいサービス内容を見ていく前に、まずはクレジットカードのコンシェルジュサービスの基本を確認していきます。 

面倒な手配を代行してくれる秘書のような存在

クレジットカードのコンシェルジュは、手間のかかるさまざまな手配ごとを自分の代わりにしてもらえる秘書のような存在です。

具体的なサービス内容は次章で詳しくご紹介しますが、航空券の手配や飲食店の予約などを代行してくれるため、仕事の効率化につながります。

コンシェルジュサービスは一般のクレジットカードだけではなく、法人カードにも付帯している場合があります。

忙しいビジネスパーソンをきめ細やかにサポートしてくれるので、コンシェルジュサービスは法人カードに付帯したいサービスのひとつです。

24時間365日対応している場合が多い

法人カードのコンシェルジュサービスのほとんどは、24時間365日対応可能です。

いつでも相談や依頼ができるので、空いた時間に気兼ねなく相談することができます。

コンシェルジュサービスが付帯していない法人カードにも、カードまわりの問合わせに対応するサポートデスクは用意されていますが、営業時間や曜日が限られていることも。

その点、ワンランク上のコンシェルジュサービスなら時間や曜日を気にする必要がないので大変便利です。

何度利用しても無料

法人カードのコンシェルジュサービスには基本的に料金がかかりません。コンシェルジュサービス付帯の法人カードは一般的なカードより年会費が高めに設定されているため、年会費にサービス料金が含まれていると考えてください。

つまり何度利用しても無料なので、積極的に活用することをおすすめします。

航空券や飲食店の手配を手伝ってくれる秘書や事務スタッフを雇うと人件費がかかりますし、すでにいるスタッフに手配してもらうにしても、他の仕事が後まわしになり非効率的です。

もちろん、コンシェルジュは自社スタッフではないので対応可能な範囲には限りがありますが、雑多な手配ごとを中心に外注すれば仕事の手間やコスト削減にもつながります。 

付帯するのは上位カードのみ

法人カードは一般的に以下のようなランクに分かれていますが、この記事でご紹介する内容のコンシェルジュサービスが付帯するのは主にプラチナランクです。

  •  プラチナ法人カード
  •  ゴールド法人カード
  • 一般法人カード 

プラチナランクは法人カードの最上位の位置付けで、年会費が少なくとも2万円以上かかり入会審査のハードルも高め。

カード会社から招待を受けないと入会できないカードもあるため、コンシェルジュサービスは限られた人しか享受できない特別なサービスなのです。

無料で手厚いサービスが利用できるのは、格上カードだからこその特権といえるでしょう。

次章では、具体的なサービス内容を詳しく見ていきましょう。

迅速かつきめ細やか!コンシェルジュの主なサービス内容

コンシェルジュにしてもらえる主なサービスは以下のとおりです。

  • 新幹線・飛行機のチケットやホテルの手配
  • レストランなど飲食店の手配
  • 手土産やお祝い品の提案・手配
  • コンサートや演劇などのチケット手配
  • 出張・旅行先でのトラブルサポート 

それぞれの詳細を確認していきましょう。

急な出張でも安心!新幹線・飛行機のチケットの手配

法人カードのコンシェルジュサービスで特に重宝するのが、新幹線や飛行機のチケットやホテルなど手配代行です。

出張や現地視察などで国内外を飛びまわるビジネスパーソンにとって、交通手段や宿泊先の確保は面倒なものです。

コンシェルジュサービスなら、日程や予算など必要事項を伝えるだけで手配を済ませてくれるので、あなたや従業員の時間や手間を省くことができます。

「予約は自分でするので候補をいくつかピックアップしてほしい」といった要望でももちろんOK。

コンシェルジュはそのような手配作業やリサーチ力に優れたプロフェッショナルなので、急な出張や予約が取りにくい時期でも可能な限り要望に応えてくれるでしょう。

法人カードで新幹線を予約できるスマートexの活用については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

会食・接待に最適なレストランの手配

コンシェルジュはレストランなど飲食店の手配も引き受けてくれます。

取引先の接待や同業者との意見交換など、ビジネスには会食を通したコミュニケーションが欠かせません。

しかし、ビジネス接待や会食に適したお店を見つけるのは簡単ではありませんし、人気店の場合は予約が難しいことも。

その点コンシェルジュであれば、日時・エリアに加えて「4人で個室利用ができる接待に適した和食店を、一人あたり1万円程度の予算で探してほしい」というようにお願いするだけで、最適なお店を提案してもらえます。

忘年会シーズンなど予約が取りにくい時期でも、コンシェルジュを通せば席を確保できるケースもあるため、自分で手配するよりスムーズです。

お店の手配にかける時間を商談の準備などにまわせば、交渉がいっそう充実したものになるでしょう。  

取引先への手土産やお祝い品の手配

接待や会食をする際は、主催者として手土産などを用意したい場合もあると思いますが、そのようなときもコンシェルジュなら適切なアドバイスをしてくれます。

あらかじめ取引先の好みなどがわかっている場合、コンシェルジュに伝えれば喜ばれそうな手土産や取扱店舗などを紹介してくれるでしょう。

また、開業祝いなどお祝いごとがある場合は、フラワーギフトの手配を代行してくれる場合も。

会食のセッティングに加えて手土産の用意ともなるとかなりの手間がかかりますが、要所要所でコンシェルジュを活用すれば効率的です。

人気コンサートや演劇チケットの手配

コンサートや演劇など、エンターテイメント系のチケットを手配してくれるところも、コンシェルジュサービスのうれしいメリットです。

出張や会食のときと同様に、希望するチケットの種類と日時・人数を伝えるだけでOK。

人気が高く入手しにくいアーティストのライブでも、コンシェルジュを通せば手配できる可能性もあるため、あきらめずに相談することをおすすめします。

トラブル時も心強い出張・旅行先でのサポート

法人カードに付帯するコンシェルジュサービスでは、出張時の航空券やホテルの手配に加え、出張先での事故・病気など突発的なトラブルが起こったときにも相談に乗ってくれます。

海外出張が多い方にとって頼りになるのが、現地でトラブルに見舞われたときのサポートです。

必要に応じて医師や弁護士を紹介してくれたり、病院の予約を代行してもらえると大変心強いでしょう。

語学力に不安がある場合は、電話口でコンシェルジュが通訳代わりになってもらえることもあるため、トラブルが起きたときはコンシェルジュに相談することをおすすめします。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、そのときの経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。
【専門家の解説】

24時間365日対応してくれる秘書のような存在ともいえるコンシェルジュサービス。
法人カードならどのカードでも使えるというわけではなく、プラチナランク以上のカードであれば受けることができます。
つまり、それだけ価値のあるサービスということです。
そういった意味からも、法人カードに付帯サービスとしてコンシェルジュサービスがついているのであれば、積極的かつ有効的に活用し、ビジネスライフをスマートなものにさせていくようにしましょう。
コンシェルジュサービスを使い慣れないうちは最初から全ての要望をうまく伝えられないこともあるかもしれませんが、直前の変更に対しても柔軟に対応してくれるので、思いついたらすぐにコンシェルジュサービスに連絡して伝えるとよいでしょう。
ただし、法人カードによってコンシェルジュサービスの対応が異なるケースもありますので、自分が望む対応を的確に行ってくれる法人カードを選ぶことも大切です。

この章では、コンシェルジュサービスの主な内容を確認しましたが、それ以外にもうれしい特典が期待できます。

次章では、コンシェルジュならではのワンランク上のサービスと注意点を解説します。

客室のアップグレードなどVIP待遇が受けられる場合も

コンシェルジュサービスを利用すれば、ホテルの客室のアップグレードなど、一般的な法人カードでは実現できないようなVIP気分を味わえることがあります。

コンシェルジュサービス付帯の法人カードは上位ランクなので、コンシェルジュを介した予約客はホテルにとって質の高い顧客とみなされる場合が多いです。

そのため、客室をアップグレードすることによって満足度を高め、リピートにつなげたいというホテル側の思惑もあるでしょう。

このことは飲食店においても同じで、コンシェルジュ経由で予約するとコース料理のアップグレードや、オーダーにはないサービス料理が出てくることも。

カード会社によっては、プラチナ会員向けにホテルの客室やレストランの席を常時キープしているため、通常は予約困難でもコンシェルジュなら予約可能な場合があるのです。

こんな依頼はNG!節度ある利用を心がけよう

コンシェルジュサービスは大変利便性が高いですが、どのような相談にも必ず対応してもらえるわけではありません。

例えば「朝7時にモーニングコールをしてほしい」とか「取引先にアポを取っておいてほしい」など度を越した要望はNGです。

クレジットカード付帯のコンシェルジュサービスは、あくまでもカード利用に付随するサービス提供がメインです。

また、秘書のような働きぶりではありますが、本当の秘書や自社スタッフではありません。

そのため、法人カードとは関係のないプライベートに関わる依頼や仕事の代行などは対象外であることを認識し、節度を守って利用するようにしましょう。

次の章では、コンシェルジュサービスの基本的な利用方法をご紹介します。

コンシェルジュサービスは電話1本で利用可能

コンシェルジュサービスは、専用デスクに電話をすればいつでも利用できます。

コンシェルジュデスクはほとんどの場合フリーダイヤルなので通話料は無料なうえ、基本的に24時間年中無休なので、コストをかけずに気兼ねなく相談可能です。

コンシェルジュデスクの電話番号は、たいていの場合カードの裏面に記載されています。

カード会社の公式サイトやカード送付時に同封されている案内でもチェックできます。

携帯電話に番号を登録しておけば、急いでいるときでもスムーズに連絡できるでしょう。

一般デスクのように待たされることがほとんどない

コンシェルジュデスクは、一般的なカードのサポートデスクのように担当者につながるまで電話口で待たされることがほとんどありません。

先述のとおり、コンシェルジュサービスは年会費が高い上位カードを保有している人だけが利用できるため、カード会社もそれに見合うだけの手厚いサービスを提供してくれます。

コンシェルジュも経験豊富で優秀な人員を配置し、いつでも速やかに対応できる体制を整えているので、電話口で待たされることがほとんどありません。 

メールにも対応しているコンシェルジュサービスは少ない

法人カードのコンシェルジュサービスは電話によるものがほとんどで、基本的にメールでの相談・依頼には対応していないことが多いです。

ただ、アメックス・ビジネス・プラチナのようにメールでのやり取りが可能なカードも存在します。

メール対応が可能であれば、深夜や早朝など電話をするのは気が引ける場合でも一報を入れておきやすいですし、回答もメールでもらえれば、いつでも内容を確認できて便利でしょう。

コンシェルジュサービスの内容や利用方法をひと通り見てきたところで、最後の章ではコンシェルジュサービス付帯のおすすめ法人カードを3枚ご紹介します。

手厚いコンシェルジュサービスが付帯したおすすめ法人カードTOP3

特にきめ細やかなコンシェルジュサービスが利用できるおすすめの法人カードを3枚、ランキング形式でご紹介します。

第1位 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

最もおすすめしたいのは、アメックスのプロパー法人カードで最上位のビジネス・プラチナ・カードです。

年会費165,000円(税込)と高額ですが、世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスをはじめ、プラチナにふさわしい豪華特典が満載なのでコスト以上のメリットを享受できます。

アメックスプラチナのコンシェルジュサービスは「プラチナ・セクレタリー・サービス」という名称で、コンシェルジュの質が高いと評判です。

電話だけではなくメール対応も可能なので、状況に応じて連絡手段を使い分けられるところも利点です。

まずはアメックス・ビジネス・ゴールドで実績を積もう

アメックス・ビジネス・プラチナ・カードはカード会社から招待を受けないと入会できないインビテーション制なので、まずはゴールドカードで実績を積むことをおすすめします。

ゴールドカードにはレストラン予約代行サービスや、海外での日本語サポートが可能な「オーバーシーズアシスト」が付帯しているため、コンシェルジュサービスに似たような手厚いサービスが利用できます。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードの券面
年会費初年度:36,300円(税込)
2年目以降:36,300円(税込)
ポイント還元率0.3~1.0%
国際ブランド
  • american_express
電子マネー
  • quicpay
発行スピード2~3週間程度
追加カード

ETCカード

ETCカード発行手数料無料
締め日・支払日登録された口座振替金融機関等の関係により、お客様ごとに個別に設定
申し込み条件20歳以上・会社経営者 または 個人事業主
必要書類

■本人確認書類を2点 運転免許証・運転経歴証明書・各種健康保険証・パスポート・住民票の写し・マイナンバーカード・写真付き住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書 ■法人確認書類を1点 登記簿謄本・登記事項証明書(履歴事項全部証明書・現在事項全部証明書)

■本人確認書類を2点 運転免許証・運転経歴証明書・各種健康保険証・パスポート・住民票の写し・マイナンバーカード・写真付き住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書 ■法人確認書類を1点 登記簿謄本・登記事項証明書(履歴事項全部証明書・現在事項全部証明書)

注目ポイント

  • 法人格のある法人代表者向けゴールドカード
  • 豊富なプロテクションサービス
  • 貯まりやすく使いやすいポイントプログラム
  • ビジネス・カード会員様向けイベント
《入会特典》条件達成で最大190,000ボーナスポイントプレゼント!
公式サイトへ
    新井智美

    新井智美 / トータルマネーコンサルタント

    年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、そのときの経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。
    【専門家の解説】

    最近ではメールでの対応を行っているコンシェルジュサービスも多くみられるようになりましたが、メールであるがこそ迅速かつ丁寧な対応が求められます。
    アメリカン・エキスプレスの法人カードは、ランクによっては非常に質の高いサービスを受けられることから、1枚は持っておいてほしいカードです。

    第2位 三井住友ビジネスプラチナカードfor Owners

    三井住友カードの最上位法人カードですが、インビテーション制ではないため自分で申し込んで入会することが可能です。

    個人事業主でも申込めますが、満30歳以上という条件がありプラチナ独自の審査基準が設けられているため、誰でも入会できるわけではありません。

    ステータス性ではアメックスプラチナに及ばないものの、充実した付帯サービスの他、Visa・Mastercard®を両方利用できるので汎用性が高いです。

    老舗の三井住友カードなのでコンシェルジュサービスの質も良好。年会費は55,000円(税込)です。  

    三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの券面
    年会費初年度:55,000円(税込)
    2年目以降:55,000円(税込)
    ポイント還元率0.5%~7.0%(※1)
    国際ブランド
    • visa
    • master_card
    電子マネー
    • applePay
    • googlePay
    • id
    • pitapa
    • waon
    発行スピード最短3営業日
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    締め日・支払日翌月10日(15日締めの場合)/翌月26日(月末締めの場合) ※選択可能
    申し込み条件満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方

    注目ポイント

    • カンタンに作れる最高級プラチナカード!
    • 最高1億円の国内/海外旅行保険自動付帯!
    • 会社設立間もないお客様でも申し込み可能!
    • VISAのゴールドカード向け優待付き
    • 全国28の空港でラウンジが利用できる
    • 1スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。
      iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
      商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
      一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
      通常のポイントを含みます。
      ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
    • 2前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料。

    第3位JCBプラチナ法人カード

    JCBプラチナ法人カードは、主に国内でカードを利用する方におすすめです。

    JCBは国内では加盟店数も多くサービスも豊富ですが、アメックスやVisaなど海外でも認知度の高いブランドと比べると使い勝手はやや劣ります。

    コンシェルジュサービスはハワイなど日本人が多い地域であれば利用しやすいですが、その他の地域では手厚いサポートを受けられない可能性も。

    ただ、コンシェルジュ自体は優秀なので、国内ではさまざまなサポートを受けられるでしょう。年会費は33,000円(税込)です。

    JCBプラチナ法人カード

    JCBプラチナ法人カードの券面
    年会費初年度:33,000円(税込)
    2年目以降:33,000円(税込)
    ポイント還元率0.49%~
    国際ブランド
    • jcb
    発行スピード通常2~3週間
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    締め日・支払日公式サイト参照
    申し込み条件法人または個人事業主。カード利用者は18歳以上のみ。

    注目ポイント

    • いつでも対応してくれるコンシェルジュデスク
    • プライオリティ・パスに登録可能
    • グルメ・ベネフィットの利用可能
    • 最高1億円の海外・国内旅行保険が付帯
    • カード利用でポイントが貯まる
    公式サイトへ

      まとめ

      法人カードのコンシェルジュサービスについて要点をおさらいしましょう。

      1. 法人カードのコンシェルジュは24時間365日、いつでも無料で対応してくれる
      2. 基本的にプラチナランクの法人カードに付帯している
      3. 航空券やホテル、飲食店などの各種手配を代行してくれる
      4. 海外出張先でトラブルに遭遇したときにも手厚くサポートしてくれる
      5. コンシェルジュの対応は電話が基本だけれども、メール対応が可能なカードもある

      コンシェルジュサービスが付帯した法人カードは多くありませんが、ご紹介したサービスを活用すれば、業務の効率アップや取引先との円滑な交流に非常に役立ちます。

      ぜひ本記事を参考にしながら、最適なコンシェルジュ付き法人カードを選んでください。

      法人カードの関連記事

      • Facebook
      • x
      • LINE
      クレカ診断はコチラ

      © 2022 Ateam LifeDesign Inc.