Operated by Ateam Inc.

イーデス

UCプラチナカードは初めてプラチナカードを持つ人向け!特徴や魅力的なメリットを紹介

最終更新日:

UCプラチナカードは初めてプラチナカードを持つ人向け!特徴や魅力的なメリットを紹介
プラチナカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

UCプラチナカードの年会費は16,500円(税込)持ちやすい金額のため、初めてプラチナカードを持つ人におすすめのクレジットカードです。

プラチナランクならではの特典やサービスはもちろん、スタイリッシュなカードフェイスも魅力的です。

年会費の高さがハードルになってプラチナカードを作成できなかったという方でも、UCプラチナカードなら気軽に申込めるでしょう。

この記事では、UCプラチナカードについて紹介していきます。
特徴やメリットを知って、申込みの検討に役立ててください。

岩田昭男

岩田昭男 / 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。
【専門家の解説】

ユーシーカードが発行するはじめてのプラチナカードなので期待感が膨らみます。
豊富なメニューからいざという時に役立つ保険まで特典の多さも際立っています。

プラチナカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

  • 消費生活ジャーナリスト / 株式会社岩田昭男事務所

    監修者岩田昭男さん

    1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

    主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

    主な著書としては、

    Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
    「信用力」格差社会」(東洋経済新報社)
    信用偏差値」(文春新書)
    クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
    「ドコモが銀行になる日」(PHP)
    キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
    また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

    ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

    2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

    趣味は「猫」と「キートン」

    • SNS
    • YouTube
    • Facebook
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

UCプラチナカードは初めてのプラチナカードに最適な1枚

UCプラチナカードは、維持しやすい年会費でプラチナランクの充実した特典を活用できるワンランク上のクレジットカードです。

以下にUCプラチナカードの基本情報をまとめましたので、参考にしてください。


UCプラチナカード
申し込み資格安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方
(学生・未成年を除く)
年会費(税込)16,500円
家族カード年会費(税込)3,300円/1枚
ポイント還元率1.0%
ETCカード無料
支払日10日締め翌5日払い
支払い方法1・2回
分割
リボ
ボーナス払い
国内旅行保険最高5,000万円
海外旅行保険最高1億円

UCプラチナ

UCプラチナの券面
年会費初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
ポイント還元率1.0%
国際ブランド
  • visa
電子マネー
  • visaTouch
  • googlePay
  • id
  • quicpay
  • edy
発行スピード最短5営業日
追加カード

ETCカード

ETCカード年会費無料
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険

注目ポイント

  • ポイント還元率1%!ボーナスポイントあり!
  • 国内主要空港のラウンジが無料
  • 海外・国内旅行傷害保険あり
  • 会員限定優待サービスあり
  • 24時間対応のコンシェルジュつき
公式サイトへ

次の章では、UCプラチナカードのメリットを詳しくご紹介していきます。

UCプラチナカードのメリット11選

UCプラチナカードには、主に次のようなメリットがあります。

UCプラチナカードのメリット

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

岩田昭男

岩田昭男 / 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。
【専門家の解説】

特徴は何といってもポイントが高還元で貯まること。
利用額1000円毎にUCポイントが2ポイント貯まります。
ポイント還元率は1.0% です。

ただし、カードに付帯する国際ブランドはVisaしか付きません。
そのかわりにVisaの持っているプラチナ向けの豪華な特典をそっくり使うことができます

コンシェルジュサービスもそのひとつ。
国内外のホテルやレストラン、レンタカーの手配などをしてくれます。
また海外では現地の情報提供や道案内、紛失物の探索といったサポートが受けられます。
まるで秘書のように利用することができるので便利です。

付帯する保険も充実しています。
海外旅行傷害保険は最大1億円の補償。国内旅行傷害保険は5000万円、年間300万円まではショッピング保険が付いてきますから見逃せません(いずれも利用付帯です)。
通信端末を落としたり、水没させた場合は修理費用を年1回、年間最大3万円まで補償してくれます。

プライオリティ・パスが付帯

UCプラチナカードには、海外空港ラウンジを利用できる会員制サービス「プライオリティ・パス」が付帯されており、世界1,300カ所以上の海外空港ラウンジを年6回まで無料で利用できます

なお年6回まで無料で利用できるのは本人・家族会員のみで、年7回以上の利用や、同伴者の利用には別途料金がかかるため要注意です。

また「プライオリティ・パス」のほかに、UCプラチナカードと航空券を提示するだけで、国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)、仁川国際空港(韓国)のラウンジを無料で利用できるサービスも付帯しています。

国内空港ラウンジであれば家族会員も無料で利用できるため、夫婦や家族旅行などでも活用できるでしょう。

年会費が1万円台

プラチナカードの年会費は比較的高額ですが、UCプラチナカードは16,500円(税込)という割安なコストを実現しています。

家族カードの年会費も3,300円(税込)と低価格に抑えられているため、ファミリーでプラチナカードを所有したいという方でも大きな負担にはならないでしょう。

1.0%の高還元率を実現

UCプラチナカードは、利用額1,000円ごとにUCポイントが2ポイント貯まります。

1ポイントで5円相当で利用できるため、ポイント還元率は1.0%です。

UC一般カードとUCゴールドカードの還元率は0.5%なので、UCプラチナカードの還元率の高さが際立ちますね。

ETCカードは発行手数料無料

ETCカードの発行手数料は無料、年会費も永久無料です。

料金所をキャッシュレスでスムーズに通過できるだけではなく、有料道路の利用料金でもポイントが貯まるので、車を使う機会が多い方はぜひ作成しておきましょう。

高品質なコンシェルジュサービス

年会費1万円台でも、プラチナカードの代表的なサービス「コンシェルジュ」が付帯しています。

国内外のホテルやレストラン、レンタカーの手配などもしてくれるので、秘書のように利用することが可能です。

海外では現地の情報提供や道案内、紛失物の探索といったサポートを受けられます。

ワンランク上のVisaプラチナゴルフ

国内の有名ゴルフコースで利用できる割引クーポンや、会員制ゴルフコースでプレーができるGDOプレミアム倶楽部」への入会優待を受けられます。

予約が取りづらい名門コースでのプレーもできるので、ゴルフが好きな方ならUCプラチナカードを作成する価値は充分にあるでしょう。

高級車も借りられるVisaプレミアムカーレンタル

プレミアム輸入車のレンタカーを、一般料金の約15%オフで利用できます。

自家用車を所有していない方や、高級車を割安価格で利用したいという方は要チェックです。

ホテル・飲食店でのグルメサービス

UCプラチナカードに付帯しているホテル・飲食店でのグルメサービスには、以下の3つが挙げられます。

  1. Visaラグジュアリーダイニング
    対象の星付き飲食店をはじめ、厳選されたレストランで利用できる5,000円相当の割引クーポンが利用できます。
  2. Visaプラチナホテルダイニング
    対象のレストラン内レストランで利用できる3,000円相当の割引クーポンが利用できます。
  3. グルメクーポン
    東京・大阪を中心とした全国200店舗以上の一流レストランでコース料理を利用した場合、会員1名分が無料になる優待サービスが利用できます。

最高1億円補償の旅行傷害保険が付帯

UCプラチナカードの海外旅行傷害保険は、死亡後遺障害の補償が最高1億円</span>で、傷害治療と疾病治療も最高200万円が補償されます。なお国内旅行傷害保険は、死亡後遺障害の補償が最高5,000万円、入院日額5,000円・通院日額2,000円が補償されます。

ただし国内外のどちらも利用付帯となっているため、対象の旅行代金をカードで支払う必要があります。

また補償限度額300万円のショッピング保険も付帯されており、UCプラチナカードで購入した商品が破損や盗難などに遭っても年間上限300万円まで補償してもらえます。

補償対象となる金額は1万円以上で、補償期間は商品購入日から90日です。

最大3万円が補償される通信端末修理費用保険

落下による破損や水没、盗難などによる通信端末の修理費用を年1回、最大3万円まで補償してもらえる保険も付帯されています。

スマートフォンのほか、下記の通信端末も補償の対象です。

  • スマートウォッチ
  • タブレット端末
  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • モバイル音楽プレーヤー
  • モバイルゲーム機

また、UCプラチナカードの通信端末修理費用保険は家族会員も補償の対象です。さまざまな種類の通信端末を所有している方も、万が一の事態に備えられるでしょう。

ポイントが貯めやすいプラチナポイント特典

UCプラチナカードは、通常利用でもポイント還元率が常時2倍となるお得なカードです。そのうえ、以下のようなプラチナポイント特典によりさらに多くのポイントを獲得できます。

シーズナルギフト

UCプラチナカードでのショッピング利用の請求金額に応じて、3か月に一度(3月・6月・9月・12月)ボーナスポイントがプレゼントされます。なお1ポイントは5円換算です。

  • 3か月ごとの請求金額合計50万円以上の場合、ボーナスポイント2,500円分進呈
  • 3か月ごとの請求金額合計55万円以上の場合、ボーナスポイント10,000円分進呈

ボーナスポイント

通常ポイントに加えて、プラチナカードの利用に応じてボーナスポイントがもらえる特典もあります。

  1. Bonus1:500円分
    当年10月~翌年9月の12か月間にポイントが付く月が10回以上ある場合、500円分(=100ポイント)のボーナスポイントが進呈。
  2. Bonus2:750円分
    Bonus1を達成し、かつ「UCポイント」の累計が1,000ポイント以上になると、さらに750円(=150ポイント)のボーナスポイントが進呈。

UCプラチナ

UCプラチナの券面
年会費初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
ポイント還元率1.0%
国際ブランド
  • visa
電子マネー
  • visaTouch
  • googlePay
  • id
  • quicpay
  • edy
発行スピード最短5営業日
追加カード

ETCカード

ETCカード年会費無料
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険

注目ポイント

  • ポイント還元率1%!ボーナスポイントあり!
  • 国内主要空港のラウンジが無料
  • 海外・国内旅行傷害保険あり
  • 会員限定優待サービスあり
  • 24時間対応のコンシェルジュつき
公式サイトへ

次の章では、UCプラチナカードの限度額と審査基準について解説していきます。

UCプラチナカードの利用限度額と審査基準

UCプラチナカード利用限度額と審査基準を詳しく見ていきましょう。

UCプラチナカードの利用限度額

UCプラチナカードの利用限度額に関する公式なアナウンスはありません

しかしランクがプラチナであることを考えると、150~300万円前後になるものと思われます。

最初は限度額が低く感じられるかもしれませんが、きちんと返済をしながら継続利用をしていけば、限度額の大幅アップも期待できるでしょう。

UCプラチナカードの審査基準

UCプラチナカードの申込資格は下記となっています。

  • 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方※く

※学生・未成年を除

安定した収入」とあるため、無職や専業主婦、起業したばかりの自営業者などは審査の通過が難しいかもしれません。

「社会的信用を有する」の部分については、過去に支払い遅延や大幅な滞納などを起こしていなければ、とくに問題はないと思われます。

UCプラチナ

UCプラチナの券面
年会費初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
ポイント還元率1.0%
国際ブランド
  • visa
電子マネー
  • visaTouch
  • googlePay
  • id
  • quicpay
  • edy
発行スピード最短5営業日
追加カード

ETCカード

ETCカード年会費無料
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険

注目ポイント

  • ポイント還元率1%!ボーナスポイントあり!
  • 国内主要空港のラウンジが無料
  • 海外・国内旅行傷害保険あり
  • 会員限定優待サービスあり
  • 24時間対応のコンシェルジュつき
公式サイトへ

次の章では、UCプラチナカードを作成する前にチェックしておきたい注意点について見ていきます。

UCプラチナカードの2つの注意点

ここからは、UCプラチナカードを作成する前にチェックしておきたい注意点を3つご紹介します。

注意点

  • 国際ブランドがVisaのみ
  • ポイントの付与単位が1,000円

それぞれ詳しく見ていきましょう。

国際ブランドがVisaのみ

UCプラチナカードで選択できる国際ブランドはVisaだけです。

選択肢は限られてしまいますが、Visaは世界シェアNo.1の国際ブランドなので、カードが使えなくて困るということはないでしょう。

ポイントの付与単位が1,000円

UCプラチナカードのポイントの付与単位は1,000円です。

そのため、100円利用ごとにポイントが付与されるクレジットカードに比べると、ポイントの貯めにくさを感じるかもしれません。

次の章では、さまざまなメリットや注意点を考慮したうえで、UCプラチナカードがおすすめな人をご紹介していきます。

UCプラチナカードはこのような人におすすめ

ここからは、UCプラチナカードの作成に適している人をご紹介していきます。

申込みを迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

プラチナカードを初めて所有する人

プラチナカードは付帯特典やサービスが充実していますが、年会費が高いという大きなハードルがあります。

また、付帯している特典やサービスを使いこなせないのではないか、と心配になる方も少なくないでしょう。

しかし、UCプラチナカードの年会費は16,500円(税込)に抑えられているため、初めてプラチナカードを作成する方でも、お試し感覚で申込むことができます。

ステータス性の高いクレジットカードを持ちたい人

カードの左上に記されている「PLATINUM」の文字が目立つので、利用するたびにステータス感を味わえます

ゴールドカードのステータスに不足を感じているという方も、この機会にアップグレードを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

UCプラチナカードは、1万円台の年会費で、プラチナランクのステータスを手に入れられるクレジットカードです。

年会費は割安でもワンランク上の特典やサービスが付帯しているので、保有する価値は十分にあるでしょう。

これまで年会費の高さがネックとなってプラチナカードに申込めなかったという方も、ぜひこの機会にUCプラチナカードの作成を検討してみてください。

UCプラチナ

UCプラチナの券面
年会費初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
ポイント還元率1.0%
国際ブランド
  • visa
電子マネー
  • visaTouch
  • googlePay
  • id
  • quicpay
  • edy
発行スピード最短5営業日
追加カード

ETCカード

ETCカード年会費無料
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険

注目ポイント

  • ポイント還元率1%!ボーナスポイントあり!
  • 国内主要空港のラウンジが無料
  • 海外・国内旅行傷害保険あり
  • 会員限定優待サービスあり
  • 24時間対応のコンシェルジュつき
公式サイトへ

プラチナカードの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE