Operated by Ateam Inc.

イーデス

三井住友カード プラチナの審査基準や年会費、メリットを徹底解説

最終更新日:

三井住友プラチナカードの審査基準や年会費、メリットを徹底解説
三井住友プラチナカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

三井住友カード プラチナは、国内のクレジットカード会社最大手の三井住友カードが発行する最上位カードです。

ゴールドカードのさらに上を行く、特別なステータスを得ることができる1枚なので、「メリットやデメリットを詳しく知りたい」「自分に向いているカードか確認したい」と興味を持たれる方もいることでしょう。

ここでは、三井住友カード プラチナについて詳しく知りたい方のために、年会費やポイント還元率などの基本情報をはじめ、メリット・デメリットについてご説明していきます。

プラチナカードだけあって審査の難易度は高いですが、クリアすれば豊富な特典が得られるので、ハイステータスを求める方は必見です。

ぜひ最後まで読んでいただき、三井住友カード プラチナに入会するべきか、または保有し続けるべきかどうかを判断する材料にしてください。

プラチナカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

  • 消費生活ジャーナリスト / 株式会社岩田昭男事務所

    監修者岩田昭男さん

    1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

    主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

    主な著書としては、

    Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
    「信用力」格差社会」(東洋経済新報社)
    信用偏差値」(文春新書)
    クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
    「ドコモが銀行になる日」(PHP)
    キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
    また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

    ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

    2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

    趣味は「猫」と「キートン」

    • SNS
    • YouTube
    • Facebook
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

三井住友カード プラチナの概要

まず、三井住友カード プラチナの基本情報を押さえておきましょう。

この章では、年会費やポイント還元率の他、入会可否を左右する審査基準についても説明しています。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

このカードはクレジットカード最大手の三井住友カードが発行する最上位カード。
年会費は5万5000円と高額ですが、多くの特典があるうえ、ステータスの高さもあって、カードホルダーの間では、高い評価を得ています。

審査基準は満30歳以上で安定継続収入のある人。カード利用額は原則300万円となっています。

ですから、年収としては700万〜800万円が相当と思われます。そうなると企業の役職以上の人となるでしょうか。

他のプラチナカードにない特徴としては、家族カードが資格さえあれば、何人でも無料で持てることです。

ゴールドカードやプライムカードでは家族2人目以降は有料になるところ、このカードは条件をクリアすれば、何人でも無料で持つことができますから、家族みなでポイントを貯めることもできます。

年会費は5万円

三井住友カード プラチナの年会費は55,000円(税込)です。特典豊富なプラチナカードなので高い金額設定ですが、家族会員は何人でも年会費無料となります。

ゴールドカードやプライムカードだと家族2人目以降は有料になるところを、三井住友カード プラチナは以下に該当すれば4人でも5人でも家族カードが無料になるのは大きな魅力です。

  • 生計を共にする配偶者
  • 満18歳以上の高校生を除く子供
  • 両親

また、インターネット入会限定の新規入会キャンペーンなどを利用すれば、本会員の年会費を安くすることができる場合があります。

三井住友カード プラチナのポイント還元率

三井住友カード プラチナのポイント還元率は基本的に0.5%です。

基本的に、というのは三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」によって獲得できる部分で、カード利用金額200円(税込)につき1ポイント貯まります。

貯めたポイントは1ポイント=1円に相当するため、基本還元率は0.5%となります。(※)

※ ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

「カードご利用プレゼント」を加味した還元率は?

「カードご利用プレゼント」というサービスでは、6ヶ月間のカード利用金額が税込50万円以上になると、その金額の0.5%に相当する「三井住友カードVJAギフトカード」が贈呈されます。

VJAギフトカードは6ヶ月単位で年2回もらえるチャンスがあり、それぞれ税込2,000円から税込3万円までの範囲の金券が付与されます。

たとえば、6ヶ月間で税込200万円分利用するとVJAギフトカード1万円分となり、次の半年も同程度使えば年間2万円分もらえることになります。

還元率にすると0.5%に相当するので、Vポイントと合わせると還元率は実質1.0%にアップします。

三井住友カード プラチナの審査基準

三井住友カード プラチナに入会するための審査基準については、公式サイトでも「独自の審査基準」と記載されているにとどまり、詳細は明らかにされていません。

原則として、満30歳以上で安定継続収入のある方が申し込みの対象となっていますが、具体的にどれくらいの収入があれば入会できるのかは不明です。

とはいえ、最上位カードですから平均的な収入では入会は難しいかも知れません。カード利用枠が原則300万円ということを考えると、少なくとも年収は安定的に700〜800万円以上は欲しいところです。

ここまで、基礎知識として知っておきたい三井住友カード プラチナの概要についてご説明しました。

次に、このカードを持つとどのようなメリットが期待できるのかをチェックしていきましょう。

三井住友カード プラチナのメリット

三井住友カード プラチナには、コンシェルジュサービスやメンバーズセレクションなど、最上位カードにふさわしい多彩な特典が用意されています。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

●豪華な特典もあり
プラチナカードですから豪華な特典が色々と付いてきます。

その中で見逃せないのが、厳選された特別なサービスの中から、無料で一つだけ選べる「メンバーズセレクション」です。

海外によく行く人なら、「プライオリテイ・パス」がいいでしょう。
世界130カ国に点在する1000カ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

健康が気になる人なら「名医のセカンドオピニオンサービス」、お洒落やグルメに目がない人なら「ビジネスアイテムやグルメプレゼント」があり、この3つから一つだけ選んで無料で利用できます。

三井住友カードの良さを味わいたいという人には、関西生まれの「住友カード」だからこそできる特別の招待があります。

一つは「宝塚劇場の三井住友カード貸切公演」の優先販売です。
さらに大阪にある「USJ優待」も受けられます。

こうした大阪由来のイベントや公演については非常に強いところがあります。

ただ、残念なのは、せっかく近くに京都や奈良もあるのですからもう少し日本の伝統や歴史をテーマにしたイベントを考えてほしいことです。

例えば桜が咲く頃に京都の名刹の夜間拝観で楽しむといったイベントがあるとより特徴を生かすことができるでしょう。

コンシェルジュサービス

三井住友カード プラチナに入会すると、24時間365日いつでもサポートしてもらえるプラチナコンシェルジュデスクのサービスを受けることができます。

大切な食事会や接待、旅行やレジャーといったシーンに役立ちますが、たとえば以下のような要望に対応してくれます。

  • 航空券・ホテルの予約案内
  • ゴルフコースや演劇、コンサートなどレジャー関連の情報提供
  • 高級レストランや料亭の紹介
  • 手配 ・花などの贈り物の手配

年中無休なので、自分で調べたり手配する時間がないときや、急な接待が入ってしまったときにも心強いでしょう。

すでに保有しているのにあまり活用していなかった方は、上記を代行してもらったときに「会員で良かった」と思えるかもしれません。

空港ラウンジサービス

三井住友カード プラチナの本会員は、国内の主要な空港ラウンジを無料で利用できます。

ラウンジ受付で本カードと当日の搭乗券もしくは航空券を提示すれば、ゆったりとした快適空間でソフトドリンクや無線LANなどの無料サービスが受けられます。

また、他のカードでは有料となる同伴者については、三井住友カード プラチナは特別に1名までは無料なので、同僚や部下との出張時などにも活用できそうです。

後ほどご説明する海外空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」は、選べるプレゼント「メンバーズセレクション」の対象となっています。

なお、基本的に国内線・国際線にかかわらず利用できますが、利用できるタイミングは出発手続き前の場合と後の場合があるので事前に確認しておきましょう。

国際線手荷物宅配サービスが優待価格に

国際線のフライトを利用する場合、自宅と空港間の手荷物宅配サービスをプラチナカード会員の優待価格で利用できます。

往路・復路それぞれ手荷物1個あたり500円(税込)で2個まで対象となり、3個目以降は通常料金より20%オフになるので、重い荷物があるときなどに便利です。

海外・国内旅行傷害保険

三井住友カード プラチナの旅行傷害保険は、国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険、共に最高1億円まで自動付帯される手厚さです。

家族特約として、三井住友カード プラチナ会員(本会員・家族会員)以外の家族にも海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

特に、海外で病気や怪我をすると現地の医療費はかなり高額になることがあるため、カードを利用していなくてもしっかりと保険が適用されるというのは、プラチナカードならではの利点と言えるでしょう。

「カードご利用プレゼント」でVJAギフトカードがもらえる

先にも触れましたが、VJAギフトカードがもらえる「カードご利用プレゼント」もうれしいメリットのひとつです。

6ヶ月で50万円以上カード利用があれば、利用金額の0.5%に相当するギフトカードが贈呈される仕組みで、本カード以外では同じプラチナのMasterカードのみが対象となっています。

利用金額によっては、最高3万円までの金券が年2回、つまり6万円分もらえるので年会費5万円分を相殺することもできます。

選べるプレゼント特典

厳選された特別サービスの中からひとつだけ無料で利用できる「メンバーズセレクション」も、三井住友カード プラチナならではの特典です。

メンバーズセレクションには、

  • プライオリティ・パス
  • 名医によるセカンドオピニオンサービス
  • ビジネスアイテムやグルメプレゼント

などがあります。それぞれについて具体的にチェックしてみましょう。

プライオリティ・パス

世界130ヶ国に点在する1,000ヶ所以上もの空港ラウンジを、年会費無料で利用できるサービスです。

アルコールを含むドリンクサービスや軽食を楽しめる他、Wi-Fi接続や新聞の閲覧、シャワー設備など自由に過ごせる環境が整っているので、海外出張の多いビジネスパーソンなどにおすすめです。

名医によるセカンドオピニオンサービス

経験豊かで高度な専門知識を持つ、名医によるセカンドオピニオンを受けられるサービスも魅力的です。

担当するのは各専門分野の医大教授クラスで、健康面で不安に思っていることや、受けている治療法の疑問点などについて相談できます。

相談の結果、必要に応じて信頼できる専門臨床医を紹介してもらえるので、病気を患っている方や体調管理を徹底したい方におすすめです。

ビジネスアイテムやグルメプレゼントも

本革製のパスケースやスタイリッシュなLEDクロック付きUSBといった上質なビジネスアイテムの他、すき焼き用松坂牛や静岡産のうなぎ蒲焼など選りすぐりの食の逸品も特典対象です。

メンバーズセレクションには他にも豪華で多彩な選択肢があります。内容は年ごとに変わる可能性があり、年1回送られてくるダイレクトメールで確認することができます。

グルメサービス

グルメな方に重宝しそうなのが、「プラチナグルメクーポン」や「プラチナワインコンシェルジュ」といったグルメサービスです。

プラチナグルメクーポンは、都心や大阪エリアを中心とした約100店舗の一流レストランのコースを2名以上で利用した場合、会員1名分が無料になる贅沢な特典です。

ワイン通の方なら、有名ソムリエ田崎真也氏がプラチナ会員のために厳選したワインを購入できるプラチナワインコンシェルジュは見逃せないサービスです。

三井住友カード プラチナのユニークな特典

三井住友カード プラチナには、

  • USJで優待
  • 宝塚歌劇の三井住友カード貸切公演で優先販売
  • 三井住友太平洋マスターズのペア観戦入場券

などのプライベートをさらに充実させることができるユニークな特典も付いています。それぞれについて見ていきましょう。

USJで優待

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの、人気アトラクションの待ち時間を短縮できるユニバーサル・エクスプレス・パスを会員1名あたり1日1枚もらえます。

しかも、同伴者も最大4名まで対象です。人気アトラクションには混雑がつきものですが、この優待サービスを利用すれば効率よく回ることができます。

宝塚歌劇の三井住友カード貸切公演で優先販売

宝塚歌劇の三井住友カード貸切公演において、プラチナカード会員はSS席を優先的に購入することができます。

宝塚歌劇のチケットは入手困難なことがありますが、タカラジェンヌを間近で見られるSS席が取れる可能性が高まるのでファンにはたまらない特典ではないでしょうか。

三井住友太平洋マスターズ

ゴルフ好きな方におすすめなのが、国内を代表する男子プロゴルフトーナメントのひとつ、三井住友太平洋マスターズのペア観戦入場券がもらえる特典です。

トッププロのプレーを肌で感じられる他、食事券・飲み物券と大会記念品も進呈されます。

ここまで、三井住友カード プラチナの多彩なメリットについてご紹介してきました。

最上位カードにふさわしい充実ぶりですが、反対に注意しておくべき点もあります。次の章ではデメリットをチェックしていきましょう。

先に知っておこう!三井住友カード プラチナのデメリット

三井住友カード プラチナのデメリットとして挙げられるのは、ポイント還元率が標準的という点やプライオリティ・パスが選択式である点です。具体的に見ていきましょう。

基本のポイント還元率は0.5%と標準

基本のポイント還元率は一般的なカードと同程度の0.5%と特別高いわけではありません。「プラチナカードだから還元率も高いのでは?」と期待した方は物足りなさを感じることでしょう。

ですが、前述の「カードご利用プレゼント」を利用すればVJAギフトカードが付与され、実質的なポイント還元率は1%にアップできます。

また、前年度の利用額に応じてV1〜V3のステージに分類され、ボーナスポイントが付与される仕組みでは、さらに0.1〜0.3%上乗せされるため、利用額が多いほどうまみを感じやすいでしょう。

プライオリティ・パスは選択式

世界中の空港ラウンジの無料利用が可能なプライオリティ・パスは、メンバーズセレクションから選ばないと利用できません。

プラチナカード会員全員に付いてくるわけではないので、他にも興味のあるサービスがあると迷ってしまうでしょう。

とはいえ、海外によく行く方でなければ必要ないでしょうし、選択しない場合でも豪華特典や「カードご利用プレゼント」などを踏まえると、プライオリティ・パスの利用料金分をカバーできる価値があるといえます。

三井住友カード プラチナのメリット・デメリットをチェックしたところで、最後にこのカードがおすすめの方の特徴をご紹介しましょう。

三井住友カード プラチナはこのような人におすすめ

以下に当てはまる方は、三井住友カード プラチナを持つことをおすすめします。

  • 三井住友ブランドの最高ランクカードが欲しい
  • 三井住友独自の特典を受けたい
  • 海外に行く機会が多い

それぞれの特徴を見ていきましょう。

三井住友ブランドの最高ランクカードが欲しい人

三井住友カード プラチナは、国内最大手である三井住友ブランド最高ランクカードが欲しい方におすすめです。

カード会社トップとして確固たる地位を確立している安心感・信頼感がありますし、最上位にふさわしい豪華特典や、黒を基調にした高級感のあるカードフェイスも魅力です。

三井住友カード独自の特典を受けたい人

三井住友カードならではのオリジナリティある特典を受けたい方も、このプラチナカードを検討しましょう。

ボーナスポイントを稼げるポイントUPモールを含めて独自のポイントサービスが充実していますし、貯まったポイントの使い道は200種類以上もの選択肢があります。

プラチナカードを持つと、VJAギフトカードやメンバーズセレクションといったワンランク上の独自サービスも受けられるので、一層ステータス感やお得感を感じられるでしょう。

すでにこのカードを保有している方は、年会費に見合う特典が得られている実感があるかが判断のカギになるかもしれません。

ご紹介した特典をまだ活用しきれていない場合は、取りこぼしがないか改めて見直すと良いでしょう。

海外に行く機会が多い人

三井住友カード プラチナは、旅行や出張で海外に行くことが多い方にも適しています。主な理由としては以下のような点が挙げられます。

  • プライオリティ・パスを使えば世界中の空港ラウンジが無料で使える
  • 世界No.1シェアのVisaブランド
  • セキュリティ対策が万全 ・旅行傷害保険が充実している

VISAカードは世界200以上の国と地域で利用できますし、三井住友カードは不審なカード利用をいち早く見つけるために24時間365日モニタリングしているという安心感があります。

海外旅行傷害保険はすべての担保項目が自動付帯なので、盗難やケガなど何かとリスクの多い海外渡航には心強いカードです。

まとめ

ここまで、三井住友カード プラチナの概要やメリット・デメリットなど基本的な情報をひと通りお伝えしました。ポイントをまとめておきましょう。

  1. 三井住友カードの最上位カード
  2. 年会費は 55,000円(税込)で家族会員は何人でも無料
  3. 基本のポイント還元率は0.5%
  4. カードご利用プレゼントやメンバーズセレクションなどお得な特典が充実している
  5. USJや宝塚歌劇などユニークな特典も豊富

年会費は高いですが、それをカバーできるくらいの豪華特典が付いてくるので、最高グレードのカードが欲しい方は「このプラチナカードなら保有したい」と思えるのではないでしょうか。

また、すでに保有している方も持ち続けるべきかどうか判断しやすくなったと思います。

このカードに入会希望の方や、すでに保有していてさらに詳しく確認したい方は、入会案内デスクやプラチナ専用案内デスクに問い合わせてみることをおすすめします。

  • Facebook
  • x
  • LINE