Operated by Ateam Inc.

イーデス

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは特典充実で安心のプラチナカード

最終更新日:

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは特典充実で安心のプラチナカード
プラチナカード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

三菱UFJニコスがアメリカン・エキスプレスと提携して発行しているクレジットカードが「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

年会費はプラチナカードとしては22,000円(税込)という価格に抑えられており、充実した特典やサポート、メガバンクならではの安心感が付いてくるカードとして人気があります。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットやデメリット、ポイント還元率を知り、自分が三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを作るべきか知りたいと思いませんか?

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの概要だけでなく、プラチナカードならではの充実した特典や海外&国内旅行保険についても具体的にご紹介していきます。

これで、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに興味のある人が三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの概要やメリット、デメリットを知り、自分が三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを作るべきか、持ち続けるべきかどうかの判断がつくようになります。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードの券面
年会費初年度:22,000円(税込)
2年目以降:22,000円(税込)
ポイント還元率0.4%〜1%
国際ブランド
  • american_express
電子マネー
  • suica
  • edy
発行スピード最短3日程度
追加カード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費
ETCカード発行期間通常2~3週間
マイル還元率(最大)1%
旅行保険国内旅行保険海外旅行保険
ポイント名グローバルポイント
締め日・支払日締め日:毎月15日・支払日:翌月10日
申し込み条件20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)。
必要書類本人確認書類以下いずれか1点 運転免許証または運転経歴証明書・パスポート・在留カードまたは特別永住者証明書・個人番号カード・各種健康保険証・住民票の写し

注目ポイント

  • 20代から申し込み可能なプラチナカード
  • 年会費は格安の2万円+税
  • プラチナ・コンシェルジュサービスが利用可
  • 海外旅行保険で最大1億円までの補償が可能
  • 海外や、記念月での利用でポイントが2倍に
公式サイトへ

プラチナカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

気になる内容をタップ

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの概要

まず初めに、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの概要として、

  • 年会費
  • 国際ブランド
  • ポイント還元率

の3つをお伝えしていきます。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードは、プラチナカードの中では比較的お得な年会費で保有できるため、特典を有効に使える人にとってはぜひ持っておきたいカードです。

特に「楽Pay」の登録で次年度の年会費を3,000円安い19,000円にできる点は魅力といえます。

ただ、国際ブランドがアメックスのみとなっているため、アメックスの付帯サービスを活用できる機会が少ない人には向いていないかもしれません。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードはグローバルポイントの貯まりやすさでも好評を得ています。

基本ポイント還元率は0.4%ですが、キャンペーン登録およびアプリへのログインで最大10%の還元率になります。

さらに「楽Pay」に登録することで、5%相当の還元が受けられるなど、お得なキャンペーンも実施されていますので、キャンペーン情報を随時確認してお得にポイントを貯めるようにしましょう。

さらに、プライオリティ・パスが本会員だけでなく、家族にも適用される点も嬉しいサービスです。

ただし、本文にも記載されているように1年ごとに更新手続きを行うことを忘れないように気をつけましょう。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は以下のようになっています。

  • 本会員:22,000円(税込)
  • 家族会員:1枚まで無料、2枚目以降は1枚につき3,300円(税込)
  • ETCカード:無料(新規発行手数料も無料)

本会員の年会費は、「楽Pay」というリボ払いを登録することで3,000円の割引が適用されます。「楽Pay」の登録判定は前年度の利用状況が対象となるため、初年度から割引優遇を適用させることはできません

また、年会費優遇は本会員のみとなっています。しかし、2年目以降の年会費を税込19,000円にすることができるため、2万円以下の年会費でプラチナカードを持つことが可能となります。

国際ブランドはアメリカン・エキスプレス

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの国際ブランドはアメックスのみとなります。

アメックスは加盟店が少なくて利用する場面があまりないのでは?とお思いになられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし国内JCB加盟店ではアメックスを使うことができますし、海外ではアメックスの加盟店が多くなっているため、それほど心配する必要はないと言えます。

グローバルポイントが貯まる

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、合計利用金額1,000円につきグローバルポイント1ポイント(4円相当)が貯まります。有効期限はポイント獲得月から2年間です。

基本ポイント還元率は0.4%ですが、入会初年度はポイント付与が1.5倍となる特典があるため、ポイント還元率は0.6%となります。

ポイント還元率は一般的ですが、ポイントアップ制度を使うとポイントが貯まりやすくなります。詳しい内容は、後述する「先に知っておこう!三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット」の「ポイント還元率重視派にはおすすめしない」でご確認いただけます。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費やポイント還元率について理解することができたら、次にプラチナカードならではの充実した特典について確認していきましょう。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの充実した特典

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの充実した特典には、

  • プラチナ・コンシェルジュサービス
  • プライオリティ・パスが付帯
  • 充実した手厚い保険
  • 手荷物空港宅配サービス

といったものがあります。

それぞれの特典の具体的な内容をご紹介していきます。

プラチナ・コンシェルジュサービス

プラチナ・コンシェルジュサービスを利用することで、

  • 海外主要都市のホテルやレストラン予約
  • 国内レストラン予約
  • 日本未発売商品の購入
  • ギフト商品の購入
  • 海外トラベルアシスタンス
  • 海外緊急アシスタンス

といったサービスを受けることができます。

プラチナ・コンシェルジュサービスがあれば、国内海外問わず最上級のサービスを受けることができるようになります。

プライオリティ・パスが付帯

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードがあれば、プライオリティ・パスを無料で付帯することができます。

本会員だけでなく家族会員にも無料付帯することができますから、同伴者料金を支払うことなくプライオリティ・パスの空港ラウンジ利用が可能となります。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに無料付帯できるプライオリティ・パスの有効期限は1年間となっているため、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの有効期限内であったとしても1年ごとに更新手続きが必要となる点で注意が必要です。

国内の空港カードラウンジも無料

もちろん三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードがあれば、国内の空港ラウンジを無料で利用することもできます。

プライオリティ・パスで利用できる空港は主に国際線利用時のみとなるため、国内線を利用する際はクレジットカード会社のラウンジの無料利用が可能です。

プラチナならではの手厚い保険

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに、プラチナならではの手厚い保険が付帯されています。

ここでは、

  • 海外・国内旅行傷害保険
  • 航空便遅延保険
  • ショッピング保険
  • 犯罪被害傷害保険

のそれぞれに分けて、詳しくお伝えしていきます。

海外・国内旅行傷害保険

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの旅行傷害保険について表でまとめました。

自動付帯分利用付帯分合計補償額
海外旅行傷害保険(本会員)最高5,000万円最高5,000万円最高1億円
海外旅行傷害保険(家族会員)最高5,000万円最高5,000万円最高1億円
国内旅行傷害保険(本会員)最高5,000万円なし最高5,000万円
国内旅行傷害保険(家族会員)最高5,000万円なし最高5,000万円

プラチナカードならではの特筆すべき点は、国内旅行の利用付帯条件がない点です。国内旅行におけるすべての事故や怪我が対象となり、最高5,000万円の補償額が適用されます。

航空便遅延保険

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの航空便遅延保険は、以下のようになっています。

保険金(自動付帯/海外、国内ともに同額)
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代)1万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)1万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)2万円限度

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで航空券やパッケージツアー代金を支払わなくても、航空便の遅延発生条件を満たせば上記の保険金を請求することができます。

ゴールド会員は利用付帯という条件付での航空便遅延保険の適用となりますから、自動付帯となるのはプラチナカードならではの特典と言えます。

ショッピング保険

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、年間最高補償額300万円のショッピング保険が付帯されています。

1事故に対して3,000円の自己負担金が必要となりますが、購入した商品の破損や盗難に対して購入日から90日間の補償範囲内で保険金を受け取ることができます。

このショッピング保険については、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで支払った商品が対象となるためプラチナカードであったとしても利用付帯となる点で注意が必要です。

犯罪被害傷害保険

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、犯罪被害傷害保険が付いています。

他のカードではなかなか見かけることのない保険ですが、犯罪被害(ひき逃げ等)による被害が補償されている保険です。

補償内容本会員と家族会員
死亡・後遺障害最高1,000万円
入院保険金(事故日から180日限度)日額7,500円
手術保険金(1事故につき1回)7,500円×(10~40倍)
通勤保険金(事故日から180日以内90日限度)日額5,000円

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの入会に合わせて生命保険の見直しをしてみてもいいかもしれません。

手荷物空港宅配サービス

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードがあれば手荷物空港宅配サービスを利用して、海外旅行をさらに快適にすることができます。

手荷物は往復1つまで無料となっており、出国時には自宅まで取りに来てもらうことができ、そのまま海外の到着空港で受け取ることができます。

帰国してからも到着空港から自宅まで荷物を無料で配送することができるので、行きも帰りも重たいスーツケースを引っ張る必要はありません。

また、コートなどの防寒具を出発空港で30日間預かってもらうことができますから、身軽に海外旅行をすることができるようになります。

グルメ好きに嬉しい特典

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、グルメ好きには嬉しい「プラチナ・グルメセレクション」という特典があります。

「プラチナ・グルメセレクション」とはどのような特典なのかを詳しくご紹介します。

コース2名以上で1名無料のプラチナ・グルメセレクション

「プラチナ・グルメセレクション」は、コース2名以上の利用で1名分が無料になる優待特典です。

この特典は国内レストランのみの利用となりますが、1名分が無料となるだけでなく人気のお店の予約も完了するというメリットがあります。

このように、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードにはプラチナカードならではの充実したメリットがあることが分かりました。

続いて、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットについて確認していきましょう。

先に知っておこう!三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、

  • 国際ブランドがアメックスのみ
  • ポイント還元率が標準的

というデメリットがあります。

2つのデメリットの詳しい内容と、デメリットを解消する方法をお伝えしていきます。

国際ブランドがアメックスのみ

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは国際ブランドをアメックスしか選ぶことができないため、

  • 国内利用がやや限定的となる
  • 海外利用でもVisaやMastercardに比べると加盟店がやや少ない
  • 海外利用時の為替手数料がやや高めに設定されている

といったデメリットが発生します。

もしVisaやMastercard、JCBの国際ブランドを選びたい場合は、デュアルスタイルでアメックス以外の国際ブランドカードを持つことができます。

もう1枚アメックス以外のカードを作ることになりますが、

  • 入会後3カ月間はポイント3倍(※三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率が1.2%)
  • 国内利用がいつでもポイント1.5倍

というメリットを受けることができ、2枚目のカード年会費は初年度無料(2年目以降は2,200円(税込))で持つことができます。

デュアルスタイルで2枚のカードを持つことで、

  • 加盟店での利用が幅広くなる
  • お得な為替手数料の国際ブランドで決済することができる

ということになり、国際ブランドがアメックスのみというデメリットを解消することができます。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

デュアルスタイルとは、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードと合わせて、もう1枚、三菱UFJカード保有できる新しいカードスタイルです。

ポイント還元率重視派にはおすすめしない

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、基本ポイント還元率0.4%と標準的であるというデメリットがありますが、以下のようなポイントアップ制度を使うとポイントが貯まりやすくなります。

  • グローバルPLUS(年間利用金額に応じて翌年のポイント還元率優遇)
  • アニバーサリーポイント(ポイント還元率最大2倍)
  • プレミアムスタープログラム(ファイブスターメンバーになるとプレミアムボーナスポイント付与)
  • 海外での利用(ポイント付与2倍/ポイント還元率0.8%)

このように、グローバルポイントにはさまざまなポイントアップ制度が用意されているので、ポイント還元率の低さをカバーすることが可能となります。

それでは最後に、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめしたい人をご紹介します。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはこのような人におすすめ

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、

  • 出張や旅行で海外へよく行く人
  • コスパの良いプラチナカードを求めている人

におすすめします。

それぞれの人へおすすめする理由をご確認ください。

出張や旅行で海外へよく行く人

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、出張や旅行で海外へよく行く人へおすすめします。

おすすめする理由は4つあります。

  • プライオリティ・パスの空港ラウンジの無料利用
  • 海外アシスタンスサービスの無料利用
  • 旅行傷害保険と航空便遅延保険の自動付帯
  • 手荷物空港サービスとコート預かりサービスの無料利用

出張や旅行で海外へよく行く人なら、プラチナカードならではの特典で年会費以上のお得感を感じることができるのでおすすめです。

コスパの良いプラチナカードを求めている人

コスパの良いプラチナカードを求めている人にも、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめします。

おすすめする理由は、

  • プラチナ・コンシェルジュサービスの無料利用
  • プライオリティ・パスの空港ラウンジの無料利用
  • 犯罪被害傷害保険といった手厚い保険の自動付帯
  • 国内レストランの1名分無料特典

があります。

これだけの特典がついて年会費22,000円(税込)は、プラチナカードとしてコスパ最高です。2年度以降も年会費が割引になる制度があるので、あっという間に年会費分の元をとることができるでしょう。

まとめ

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードでありながらコスパに優れたカードであることが分かりました。

ポイント還元率が低いこと国際ブランドがアメックスしか選べないというデメリットもありますが、デメリットを解決する方法が用意されていますから、メリットだけをお得に受けることができるようになります。

これで三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに興味のある人がカードについて理解することができ、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが自分に合っているのかを判断できるようになります。

プラチナカードの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE