Operated by Ateam Inc.

イーデス

一時的にお金借りる方法は?ケース別におすすめの方法も解説

最終更新日:

一時的にお金借りる方法は?ケース別におすすめの方法も解説
お金を借りる方法
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

一時的にお金を借りる方法には、クレジットカードのキャッシングや消費者金カードローンなど、さまざまな方法が存在しています。

そのため、どの方法を選べばよいのかわからないという方も多いでしょう。

そこで本記事では、一時的にお金を借りる方法にはどのようなものがあるのか、またそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

後半では、お金を借りたいときにやってはいけないことについても解説しているため、生活費の支払いや急な出費などで一時的にお金が必要という場合にはぜひ参考にしてください。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

一時的にお金を借りる方法としては、家族や友人から簡単に借りる方法が考えられますが、返済できないと気まずい関係になるので気をつけてください。消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングで借りた方がよいでしょう。但し、長期間借りると支払利息がかさむので、早く完済することを心掛けてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

一時的にお金借りる方法

ここでは、一時的にお金を借りる方法を6つ紹介します。

お金を借りる方法借りやすさ融資スピード審査の有無
クレジットカードでキャッシングする★★★☆☆最短即日
※すでにキャッシング枠を設定している場合
あり
※作成時に設定している場合には、無し
消費者金融カードローンを利用する★★★★☆最短即日あり
家族にお金を借りる★★★★★最短即日なし
友人にお金を借りる★★★★★最短即日なし
生命保険の契約者貸付でお金を借りる★★★☆☆最短即日なし
公的融資制度でお金を借りる★★☆☆☆数週間〜あり

一時的にお金を借りる方法は複数存在していますが、それぞれ借りやすさや融資スピード・審査の有無は異なります。これから紹介するそれぞれの特徴やメリット・デメリットを参考にして、どの方法で借り入れるか検討してください。

クレジットカードでキャッシングする

クレジットカードのキャッシングとは、キャッシング機能が備わったクレジットカードを使用してお金を借りることです。通常、クレジットカードは商品やサービスを購入する際に使用するものですが、キャッシング機能が備わったものであれば同じカードで借り入れも行えます。

クレジットカードを作成する際にキャッシング枠を設定していれば、すぐにATMでお金を借りられます。また、ローンカードを持ち歩く必要がないため、周りに財布の中のカードを見られても、借金がバレにくい点も魅力です。

しかし、クレジットカードのキャッシングはカードローンよりも金利が高めに設定されており、一時的な借り入れでも頻繁に利用すると利息が高額となります。気軽に利用できるが使い方によっては利息が高額となる点に注意が必要です。

消費者金融カードローンを利用する

消費者金融カードローンは、消費者金融が提供しているカードローンです。カードローンには銀行が提供しているものもありますが、ほとんどの場合、即日では融資を受けられません。

それに対し、消費者金融カードローンであれば最短即日で融資を受けられるため、できるだけ早く融資を受けたい場合の利用におすすめです。

消費者金融カードローンの中には、無利息期間を設けているものもあります。主に初めて利用する人を対象としたものであり、契約日や利用開始日などから一定期間無利息で利用できるというものです。その期間中に完済すれば利息が発生しないため、一時的な借り入れの場合は無利息で融資を受けられます。

「消費者金融はやばいのでは?」と気になる人も多いでしょうが、期日までにしっかりと返済すれば、大きな問題はありません。

しかし、返済が滞ると信用情報に傷がついてほかのローンの審査に影響するため、しっかりと返済計画を立てて利用する必要があります。

当サイトのおすすめサービス

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

家族にお金を借りる

一時的にお金を借りる方法には、家族にお金を借りるという方法があります。無利息・審査なしでお金を借りられる点が最大のメリットです。急な出費で返済が難しい場合には、返済期日を延長するなど、返済条件を柔軟に対応してもらえるでしょう。

しかし、家族に甘えすぎていると、借金を返済できずに自立できない状態が続いてしまいます。

また、金銭トラブルによって家族関係が悪化することもあります。そのため、家族からの借り入れでもしっかりと期日までに返済をし、もし期日までに間に合わない場合には理由を伝えて期日を延長してもらうなど、しっかりとした対応が必要です。

友人にお金を借りる

一時的にお金が必要となった際に友人から借り入れるメリットは、無利息でお金を借りられることです。カードローンのような金利は発生せず、出費を抑えられます。また、審査も行われず、希望する金額を友人が持ち合わせていればスムーズに借りられるでしょう。

ただし、無利息で借りられるからといって「きちんと返済すれば借りても問題ないだろう」という姿勢でいると、これまで築いてきた友人関係が悪化する可能性があります。友人からお金を借りた場合には、きちんと感謝を伝えて、別の形で恩返しをするなどの気遣いが必要です。

生命保険の契約者貸付でお金を借りる

生命保険の契約者貸付とは、解約返還金の一定範囲内でお金を借りられる制度です。保険を継続したまま借り入れできるため、解約や再加入の手続きはいりません。

もし解約して再加入となると、以前契約したときよりも年齢が上がったことから保険料も高くなるため、継続したまま借り入れできる点は大きなメリットと言えます。また、審査なしで借り入れできるため、カードローンの審査に落ちた人でも利用可能です。

借入額と利息を加えた金額が、解約返還金を上回る場合には、保険が失効する可能性があるというデメリットがあります。また、返済できていない貸付金と利息は保険金から差し引かれて支払われる点にも注意が必要です。生命保険を契約している人であれば手軽に利用できる制度ではあるものの、デメリットを理解して、使いどころを見極めましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
一時的にお金を借りる方法として、生命保険の契約者貸付があります。生命保険を契約している人は、解約返戻金の範囲内でお金を借りられます。生命保険を解約せずに借りられるのが魅力です。但し、借入額と利息が解約返戻金を超えると、保険が失効することや、保険金から差し引かれることがあるので気をつけてください。

塚越さん

塚越さん

公的融資制度でお金を借りる

公的融資制度とは、「失業で収入が減ってしまった」「低所得で生活が苦しい」など経済的に困っている人を対象に、国や地方自治体などが融資をしている制度です。生活困窮者の救済を目的としており、低金利で融資を受けられる点が公的融資制度のメリットと言えます。

しかし、融資を受けるには必要書類を提出し、審査を受ける必要があり、即日での融資には対応していません。「明日の生活費すらない」という場合には別の借り入れ方法を検討することがおすすめです。

ここでは、公的融資制度を3つ紹介する。

  • 住居確保給付金
  • 緊急小口資金
  • 総合支援資金

住居確保給付金

住居確保給付金は、離職・廃業した人や、個人の都合によらずに給与が減少した人を対象に、3カ月分の家賃を支給する制度です。給付金であり、返済の必要はありません。

対象者離職や廃業によって収入が減少し、住居を失う恐れがある人
資金の目的安定した住居の確保と就労自立
融資上限額市区町村が定める生活保護制度の住宅扶助額
返済の有無不要
利子の有無なし
相談先最寄りの自立相談支援機関

興味がある場合には、最寄りの自立相談支援期間に相談してください。

緊急小口資金

緊急小口資金は、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった人を対象に、少額のお金を借りられる制度です。保証人は不要で、無利子でお金を借りられます。ただし、期日までに返済できない場合には延滞利子が発生します。

対象者緊急かつ一時的に生活の維持が困難となった人
資金の目的自立支援
融資上限額10万円※
返済の有無必要
利子の有無なし
相談先市区町村の社会福祉協議会

※2022年度の融資上限額は特例で20万円

興味がある場合には、市区町村の社会福祉協議会に問い合わせてください。

総合支援資金

総合支援資金は、生活再建までに必要な生活費用を借りられる制度です。収入の減少や失業によって生活が困窮し、日常生活の維持が困難となっている人を対象としています。保証人は不要で、無利子で借りることが可能です。

対象者収入の減少や失業によって生活が困窮し、日常生活の維持が困難となっている人
資金の目的生活再建
融資上限額20万円以内※
返済の有無必要
利子の有無なし
相談先市区町村の社会福祉協議会

※二人以上世帯の場合

興味がある場合には、市区町村の社会福祉協議会に問い合わせてください。

無利息・審査なしでお金を借りたい場合には、家族や友人に相談することがおすすめです。しかし、人間関係が悪化するリスクがあるため、クレジットカードのキャッシングや消費者金融カードローンなどほかの方法も検討してみるのもよいでしょう。

【ケース別】一時的にお金を借りるおすすめの方法

これまで一時的にお金を借りる方法を紹介しましたが、どの方法で借りようか悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、ケース別にお金を借りる方法を紹介します。

紹介するケース

無職の人が一時的にお金を借りられるおすすめの方法は?

無職の人でも一時的にお金を借りるおすすめの方法には、以下のようなものが挙げられます。

  • 家族にお金を借りる
  • 友人にお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付でお金を借りる
  • 公的融資制度でお金を借りる

無利息・審査なしですぐにお金を借りたい場合には家族や友人に相談するという方法がおすすめです。お金が必要なものの、緊急性を要しない場合には公的融資制度で低金利で借り入れるという手もあります。

ただし、配偶者に安定した収入があったり、不労所得を得ていたりする場合にはカードローンでもお金を借りることは可能です。

即日で一時的にお金を借りられるおすすめの方法は?

即日で一時的にお金を借りるおすすめの方法には、以下のようなものが挙げられます。

  • クレジットカードでキャッシングする
  • 消費者金融カードローンを利用する
  • 家族にお金を借りる
  • 友人にお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付でお金を借りる

ただし、クレジットカードで即日でキャッシングするには、あらかじめキャッシング枠を設定しなければなりません。新たに枠を設定するのには数カ月かかり、即日でお金を手に入れることは不可能です。

審査が不安な人が一時的にお金を借りられるおすすめの方法は?

審査に通るか不安という人におすすめの借り入れ方法には、以下のようなものが挙げられます。

  • クレジットカードでキャッシングする
  • 家族にお金を借りる
  • 友人にお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付でお金を借りる

クレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合には、審査なしで融資を受けられます。しかし、クレジットカード作成時にキャッシング枠を設定しておらず、追加での設定が必要な場合には審査が実施されます。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
無職の人が一時的にお金を借りたいのであれば、公的融資制度の利用をおすすめします。その中でも、緊急小口資金は、生活の維持が困難になった人を対象に、少額のお金を保証人なし、無利子で借りることができるので頼りになります。但し、期日までに返済できないと、延滞利子が発生するので注意してください。

塚越さん

塚越さん

一時的にお金を借りる際にやってはいけないこと

一時的にお金を借りる際にやってはいけないことが存在しています。急な出費などで一時的にお金が必要になった際、焦って手を出してしまわないために、やってはいけないことを理解しておきましょう。

  • 闇金からお金を借りること
  • 個人間融資でお金を借りること
  • ギャンブルで稼ごうとすること

闇金からお金を借りること

闇金は、貸金業としての登録を行なっていない業者です。審査を受けることなく融資を受けられるため、カードローンなどの審査に落ちた人の中には魅力的に感じる人もいるでしょう。 

貸金業に登録している業者であれば、利息制限法で上限金利が設定されています。それに対し、闇金は違法な業者であることから、上限金利は設定されておらず、法外な金利で貸し付けられます。そのため、安易に手を出すと、利息が膨れ上がって借金が増える可能性が高いです。

また、返済が滞った際に、自宅や職場まで押しかけられることがあります。そのようなこととなれば、家族や職場の人に闇金の利用がバレるだけではなく、迷惑をかけることにもなるため、闇金には絶対に手を出してはいけません。

個人間融資でお金を借りること

個人間融資は、SNSやインターネットで知り合った人とお金の貸し借りを行うことです。審査や面倒な手続きは必要なく、手軽に融資を受けられる点を魅力に感じる人もいるでしょう。

しかし、個人間融資でお金を貸し付けている人は貸付業者ではないため、法外な金利で貸し付けられる可能性があります。また、借りる際に提示した個人情報を悪用されたり、お金を騙し取られたりする恐れもあり、リスクが高いです。

そのため、一時的にお金が必要になった際には個人間融資で面識のない人からお金を借りるのではなく、正規の貸付業者から借り入れましょう。

ギャンブルで稼ごうとすること

ギャンブルは勝つことも負けることもあるため、ギャンブルで稼いでお金を手に入れようとする人がいるでしょう。しかし、負けることでさらに経済的に苦しくなることがあるため、一攫千金を狙ってギャンブルに手を出してはいけません。

ギャンブルには中毒性があり、ギャンブルに負けても損失をギャンブルで取り返そうとする人が多いです。最初は一時的なお金をギャンブルで賄うつもりが、気づいたら高額な損失が出てしまい、ギャンブルで発生した損失をギャンブルで返済することが目的にすり替わることもあります。そのため、お金が必要な状況でギャンブルに手を出すことは非常に危険なのです。

どれだけお金が必要な場合でも、闇金や個人間融資、ギャンブルには手を出してはいけません。手を出す前より経済的に苦しくなるだけではなく、特に闇金と個人間融資は犯罪に巻き込まれるリスクもあるため、ほかの借り入れ方法を検討しましょう。

よくある質問

Q.市役所から即日お金を借りることはできる?

A.公的融資制度で市役所からお金を借りられます。

Q.無職でも一時的にお金を借りることはできる?

A.無職でも以下の方法でお金を借りられます。

  • 家族にお金を借りる
  • 友人にお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付でお金を借りる
  • 公的融資制度でお金を借りる

ただし、配偶者に安定した収入があったり、不労所得を得ていたりする場合にはカードローンでもお金を借りることが可能です。

Q.審査なしで10万円借りる方法はある?

A.ある。家族にお金を借りる、生命保険の契約者貸付でお金を借りる、公的融資制度でお金を借りる方法などは、審査なしで10万円借りることが可能です。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
一時的にお金を借りる方法の中でも、闇金から借りることは絶対にしないでください。闇金は違法な業者で、法外な金利で利息が高額になります。しかも返済が遅れると、厳しい取り立てがあり、家族や会社の人に迷惑がかかります。SNSで知り合った人から借りる個人間融資も、同様のリスクがあるので借りないでください。

塚越さん

塚越さん

まとめ

本記事では一時的にお金を借りる方法として、以下の方法を紹介しました。

  • クレジットカードでキャッシングする
  • 消費者金融カードローンを利用する
  • 家族にお金を借りる
  • 友人にお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付でお金を借りる
  • 公的融資制度でお金を借りる

それぞれ融資スピードや審査の有無などによって借りやすさは異なるため、自分の状況に合ったものを選ぶことが重要です。例えば、即日でお金を借りたい場合にはクレジットカードのキャッシングの利用や消費者金融がおすすめであり、一方、公的融資制度の利用は向いていません。

また、どうしてもお金を借りたいからといって、闇金や個人間融資、ギャンブルに手を出すと、さらに経済的に苦しくなる可能性が高いです。そのため、お金が必要になった際には本記事で紹介した方法を参考にして、お金を用意するようにしてください。

お金を借りる方法の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE