Operated by Ateam Inc.

イーデス

20万円~30万円を審査なしで借りることはできない!でも今すぐお金が必要な時の対処を紹介

最終更新日:

20万円~30万円を審査なしで借りることはできない!でも今すぐお金が必要な時の対処を紹介
お金を借りる方法
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「今すぐ20万~30万のお金を審査なしで、手っ取り早く借りられるところがあるのでは?」

もし、そんなことを考えているのなら、残念なお知らせがあります。

親や友人以外で、審査なしに20万~30万ものお金を貸してくれるところはありません。

後でお話しますが、クレジットカードのキャッシング枠も審査があったからこそ利用できます。

一見すると審査がなさそうに見えるものも、お金の貸し借りというビジネスである以上、必ず返済ができるか確認されます。

そこで審査はあるけど、「今すぐ20万必要」「どうしても30万必要」といった状況のとき、どこでどんな借り方ができるのか詳しく解説します。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

20万~30万円を借りるのに、支払い利息を少なくしたいのであれば、金利が低い銀行のカードローンがお勧めです。
早く借りたいのであれば、消費者金融がお勧めです。消費者金融から借りることに抵抗がある方もいますが、現在の大手消費者金融は銀行グループの会社が多く、経営基盤がしっかりしているので、安心して借りることができます。

本記事の執筆者について

馬場 愛梨さん

馬場 愛梨 / AFP(日本FP協会認定)

関西学院大学商学部卒業後、銀行にてカードローンやクレジットカード、投資信託などの金融商品を扱う窓口営業部門に所属。 その後、保険営業や不動産業界での社長秘書業務などを経て、独立。 元「貧困女子」で金銭的に苦労したことから、過去の自分のような、 お金や仕事の悩みを抱えながらも毎日がんばる方の良き相談相手となれるよう邁進中。

▼お金を借りる方法をお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

20万円~30万円を借りるための条件

どの借入方法であっても、以下の条件を満たしていれば20万円~30万円のお金を借りることができます。

  • 成人である
  • 継続安定した収入がある
  • 90万円以上の年収がある
  • 金融事故の経験はない

金融機関でお金を借りるなら、審査以前に「申し込みできる人」に該当しているのか確認しておきたいところです。

以下のような条件をクリアできていない場合、お金を借りられない可能性が高いです。

申込時の年齢は満20歳以上69歳以下

金融機関のローンには年齢制限があります。設定される年齢は会社ごとに違いますが、未成年や高齢の方は申し込みすらできないケースが多いです。

18歳や19歳であれば「学生ローン」なら利用できるかもしれません。未成年がお金を借りるための方法については「未成年がお金を借りる方法は4つ!親にバレずにお金を借りられるのは10万円程度」の記事を参照してください。

継続安定した収入

安定した収入が毎月あることも、お金を借りるために必要な条件です。ただ、正社員でなくても、派遣社員やアルバイトなど非正規雇用でもこの条件はクリアできます。

年金収入のみの方や、配偶者に収入がある専業主婦(主夫)の方も、利用するサービスによってはクリアできる場合があります。

また、今回のように借入希望額が20万円~30万円であれば、90万円以上の年収があれば審査に申し込む資格はあります。

今まで返済の滞納などをしていない

今までに借りたお金を返せなかったことがある人は、審査に通過しにくくなります。

債務整理や自己破産の経験がある人はもちろん、スマホの料金延滞やクレジットカードの支払遅延を起こした場合も、その情報が信用情報機関に登録されます。

よくある例として、携帯本体代金をスマホ料金と一緒に支払っている場合です。

通信費よりも携帯本体代金の未払いの方が重く見られます。

そういった過去の支払いについての信用情報機関の情報は、各社が審査の過程で必ずチェックするポイントです。

こうした「金融事故」を起こしている(金融ブラックになっている)と、大手消費者金融や銀行の審査に通過するのはかなり難しくなります。

中小消費者金融などなら通過できるかもしれませんが、通過率が低いことには変わりありません。

20万円~30万円を借りる方法

20万円から30万円くらいの金額を借りたい場合、以下のような選択肢があります。

借りる方法融資に必要な時間(目安)金利(目安)審査の有無
消費者金融最短20分程度~~年18.0%あり
銀行カードローン翌営業日~~年15.0%あり
キャッシュレス決済やスマホアプリのローン即日~~年18.0%あり
クレジットカードのキャッシング枠即日~~年18.0%あり
質屋即日~~年109.5%

あり(査定により金額が決定する)

生命保険の契約者貸付即日~~年6.0%なし※1

※1.利用にあたり、「解約返戻金のある保険を契約している」と「契約者本人であること」を満たしている必要があります。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2024年1月24日時点の数値です。

カードローン

お金を借りるときの選択肢としてまず思い浮かぶのが、消費者金融や銀行のカードローンではないでしょうか。

消費者金融は、申し込んでから実際に借りたお金を手にするまで最短20分ほどで完了できることもあり、「急ぎでお金が必要になった」「今日中に用意したい」などスピード重視の方に特に役立つでしょう。

銀行も、消費者金融と同じようにカードローンのサービスを提供しています。

消費者金融よりお金を借りられるようになるまでに時間がかかるのが一般的です。

ただ、金利は消費者金融より低いことが多いので、急ぎではない方やできるだけ利息の負担を抑えたい方向きです。

また、近年はスマホだけで申込みも借り入れも返済もすべて済ませられる個人向け融資サービスも続々と登場しています。

消費者金融や銀行に比べて利用上限額が低めの傾向がありますが、必要な金額が20万~30万円ならカバーできるでしょう。

キャッシュレス決済やアプリの画面から気軽にお金を借りられると人気です。

これらのローンの利用には必ず審査があります。「審査なしで誰でも貸せます」などと宣伝している業者は違法ですので、利用しないよう気を付けましょう。

クレジットカードのキャッシング

「審査なしで、急ぎで借りたい」といったときに便利なのが、クレジットカードでのキャッシングです。

手元にキャッシング枠付きのクレジットカードがあれば、その枠の範囲内でお金を借りることができます。

申込みも審査もクレジットカードを作った時点で完了しているので、必要なタイミングでATMに行けばすぐに借り入れができます。

ただ、便利な反面、金利は高めです。「利息の負担が重すぎて返済できない」という事態にならないよう計画的に利用する必要があります。

親や友人に借りる

親や兄弟など親族や友人・知人に借りるという方法もあります。お金がなくて困っていることを正直に家族に相談すれば、審査も返済期限も金利もなく、助けてくれるかもしれません。

ただ、家族仲が悪い、頼れる知人がいないといった場合は難しいですし、20万、30万貸してくれる人に甘えて返済を怠ったり何度も借りたりすると人間関係が壊滅的になるリスクもあります。真摯で誠実な対応を心がけましょう。

国の支援制度

お金がなくて生活に困っている人向けに、国は「生活福祉支援貸付」という制度を用意しています。

「生活福祉資金貸付」のなかにも以下のように、いくつもの種類があります。

  • 緊急で一時的に困窮した場合に利用できる「緊急小口資金」
  • 生活再建までの費用を借りられる「総合支援資金」
  • 子どもの進学や就学に必要な費用を借りられる「教育支援資金」

これらは、金融機関など民間のローンと違い、借り入れできる人の条件として「年収が低い人」「失業して困窮している人」などが定められています。

いずれも審査があり、借り入れまで時間がかかるのですが、民間企業のローン審査に通過できない人でも借りやすく、無利息または低金利で借りられる点がメリットです。

また、貸付の申込み期間が設けられている場合もあるので、各詳細サイトで確認が必要です。

▼国の融資制度についてはこちらでまとめて詳しく解説しています。

その他の方法

そのほか、自分が持っている資産を利用して借り入れる方法もあります。

ブランド品や貴金属など価値の高いものを持っている場合は、質屋に持っていって預ければ、それを担保として即日でお金を借りれる場合もあります。

ただし、金利はカードローンなどと比べてもかなり高いです。返済できない場合、預けた品物は没収され売却されてしまいます。

貯蓄性のある生命保険に加入している人は、保険会社の契約者貸付を利用できるかもしれません。

加入している保険の解約返戻金の決められた範囲内で、カードローンなどほかの方法に比べて低い金利でお金を借りることができます。

しかも審査は不要です。借り入れ中に保険金が発生したら、借りている元本と金利分を差し引かれた金額を受け取ることになります。

一見すると審査なしで借りれる方法も存在しますが、これらを利用するには「すでに持っているもの」が必要です。

キャッシングなら、すでに審査通過済みのキャッシング枠付きクレジットカードが手元に必要ですし、親や友人は今までの人間関係や信頼、質屋はブランド品など高価なもの、生命保険は契約者貸付を利用できる保険にあらかじめ加入しておくことが必要です。

いずれも持っていない場合は、審査をクリアしてお金を借りることを考えましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
借りてはいけない方法が2つあります。
一つ目は闇金です。闇金から借りると高額な利息を請求され、怖い取り立てを受けることもあります。
二つ目はクレジットカードの現金化です。商品をクレジットカードで購入し、その商品を販売業者に買い取らせて現金にすることです。規約違反ですので、絶対にやらないでください。

塚越さん

塚越さん

20万円~30万円を即日で借りたいなら大手消費者金融カードローンがベスト

「今日中にお金を借りたい!でも、クレジットカードなどほかのスピーディーな借り入れ方法を利用できない」といった場合は消費者金融カードローンの利用を検討しましょう。

申し込んだその日のうちにお金が借りられる「即日融資」ができる消費者金融カードローンは、アイフル、プロミス、アコム、SMBCモビット、レイクの大手5社が代表的です。

即日融資に関しては「【FP解説】即日融資可能なおすすめカードローン5選!審査は甘い?選び方も解説」の記事でも詳しく紹介しているので、そちらをチェックしてみてください。

20万円から30万円は初めての人でも即日融資可能な金額

銀行や消費者金融のカードローンは、借りられる金額の上限を「500万円~1,000万円」と明示しているケースが多いです。

ただし、それはカードローン全体の話で、個人が借りられる上限額は審査の結果に応じて個別に決められます。

初回契約時には、限度額は低めになるのが一般的です。30万円程度が目安と言われることもありますが、10万円の人もいれば100万円の人もいるなど個人差が大きいです。

契約後、何度か借りたり期日どおりに返したりして信用を積み重ねれば、徐々に上げていくことは可能です。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
20万~30万円を早く借りたいのであれば、消費者金融のカードローンがお勧めです。
しかも、インターネットで申し込めば、最短20分でお金を借りることも可能です。
消費者金融各社の借入れ条件をよく見比べて、一番自分に合った消費者金融からお金を借りてください。

塚越さん

塚越さん

消費者金融カードローンや銀行カードローンで20万円・30万円を借りる場合の金利一覧

金融機関で借りるとき、必ずチェックしておきたいのが金利です。
低いほど返済の負担が軽くなります。金利は各社ごとに違い、審査の結果によっても違います。

一般的に、借入額が高いほど低くなる傾向があります。以下はその一例です。

限度額別限度額20万円と限度額30万円のときの金利
アイフル年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
レイク年15.0%~18.0%
三菱UFJ銀行カードローン年13.6%~14.6%
みずほ銀行カードローン年13.5%~14.0%※1
三井住友銀行 カードローン年12.0%~14.5%
楽天銀行スーパーローン年14.5%
PayPay銀行カードローン年18.0%

※1.みずほ銀行住宅ローン利用者は、基準金利より年0.5%引き下げとなります。
※2024年1月24日時点の数値です。

借入額が20万円と30万円では金利に差はなく、100万円を超えてくると変わってくる(低くなる)ことが多いです。
そのため、利用限度額が20万円や30万円の場合は、そのカードローンの最大金利が適用されることが多いです。

アイフル
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

おすすめポイント

  • WEB完結!最短20分で審査完了!
  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

消費者金融カードローンや銀行カードローンで20万円・30万円を借りる場合の最低返済額

毎月の最低返済額も見ておきましょう。借入額が20万円と30万円とで変わる金融機関が多いです。

最低返済額借入残高20万円時の毎月の最低返済額借入残高30万円時の毎月の最低返済額
アイフル8,000円11,000円
SMBCモビット8,000円11,000円
プロミス8,000円11,000円
アコム9,000円13,000円
レイク8,000円12,000円
三菱UFJ銀行カードローン4,000円※16,000円※1
みずほ銀行カードローン4,000円6,000円
三井住友銀行 カードローン4,000円6,000円
楽天銀行スーパーローン5,000円5,000円
PayPay銀行カードローン

返済方式により異なる(選択可)
3,500円or6,000円or10,000円

返済方式により異なる(選択可)
5,000円or6,000円or10,000円

※1.借入利率が年8.1%超の場合です。
※2024年1月24日時点の数値です。

毎月の返済額が少ない方が、返済しやすくてありがたいと思うかもしれません。
しかし、少しずつしか返済していかないということは、そのぶん返済期間が長くなり利息の負担が重くなって総返済額が高くなります

銀行系のカードローンは、返済が進んで借入残高が少なくなってくると、最低返済額も連動して少なくなるしくみになっていることが多いです。
そのため、余計に返済が長引きやすいので要注意です。

金利の低さを活かすには、できる限り多く追加返済して少しでも早く返し終わるようにするのがコツです。

20万円・30万円を借りる場合の利息の算出方法

利息の算出方法は以下の通り。借入額、金利、返済回数で異なります。

利息 = 利用残高(借入額)× 契約年率(金利)÷ 365日 × 利用日数(返済回数)

例えば、以下の条件における利息は4,438円となります。

借入額:30万円
金利:年18.00%
返済回数:30回

※参考元:アイフル公式サイト

もし、返済回数を20回に減らした場合の利息は2,958円となるので、可能な限り1回の返済額は多くすることをおすすめします。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金を借りたときに、一番気になるのは支払利息です。元本と利息でいくら支払えばよいのか、心配になるものです。
最低返済額で返していては支払い利息が減らず、いつまでも返済が終わりません。
支払利息を減らすためには、金利の低い金融機関から借りることも大事ですが、節約して余裕があるときに、どんどん繰り上げ返済することがもっと重要です。

塚越さん

塚越さん

▼お金を借りることについてはこちらで詳しく解説しています。

まとめ

20万円~30万円借りるための方法はいくつもあります。

審査の有無、スピード、金利などが違い、それぞれ特徴がありますので、メリットやデメリットを把握したうえで、自分の希望に合った方法を選ぶことが大切です。

たとえば、収入が少なく生活に困っているなら国の支援を、審査なしでお金を借りたいならクレジットカードや生命保険など、急ぎでお金を借りたいなら消費者金融、日数に余裕があれば銀行カードローンといった選び方ができます。

利息の負担も考慮し、借りるときだけでなく返しきるところまで想定して計画的に利用しましょう。

▼今日すぐに5万円を借りたい場合について、こちらでまとめて詳しく解説しています。

本記事の執筆者について

馬場 愛梨さん

馬場 愛梨 / AFP(日本FP協会認定)

関西学院大学商学部卒業後、銀行にてカードローンやクレジットカード、投資信託などの金融商品を扱う窓口営業部門に所属。 その後、保険営業や不動産業界での社長秘書業務などを経て、独立。 元「貧困女子」で金銭的に苦労したことから、過去の自分のような、 お金や仕事の悩みを抱えながらも毎日がんばる方の良き相談相手となれるよう邁進中。

お金を借りる方法の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.