Operated by Ateam Inc.

イーデス

国からお金を借りるとは?どうしても10万円必要なときにすぐに借りるための7つの方法

最終更新日:

国からお金を借りるとは?どうしても10万円必要なときにすぐに借りるための7つの方法
お金を借りる方法
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「10万円を借りたい」

と思ったとき、まずやるべきことはなんでしょうか。

真っ先に思いつくのは「10万円を借りる方法」を調べること。本稿をご覧いただく方も、そういう目的でお読みいただいていることでしょう。

そのニーズにお応えするべく、本稿では10万円を借りる方法について比較検討していただけるようにご紹介します。

一方で、どの方法が自分に最適かを判断するためには、その10万円がなぜ必要なのか、どれくらい緊急を要するものなのか、返済についてはどのように考えているのか、といった視点が不可欠です。

金利の高い低いなど表面的な数字だけにとらわれるのではなく、自分にとってより良い方法は何か、ということを考えながらお読み下さい。

本記事の執筆者について

田中 裕晃さん

田中 裕晃 / 大峰FP事務所 代表

京都市出身、京都府立大学 文学部史学科卒業、京都府立大学大学院 文学研究科史学専攻 博士前期課程修了(文学修士(歴史学))、大手賃貸仲介業者に就職、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。その後、株式会社大峰の代表取締役に就任、大峰FP事務所を開設し、現在に至る。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

お金を借りる場合、まず思い浮かべるのは、家族や知人、銀行や消費者金融などの金融機関があります。その他にも忘れてはならないのは、国や自治体などの公的機関からお金を借りる方法です。特に国などの公的機関からお金を借りるときには、面倒なイメージが強いかと思いますが、低金利もしくは無利子で借りることができますので、利用しない手はありません。

▼お金を借りる方法をお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

気になる内容をタップ

急に収入が減ってしまったなら緊急小口資金

国からお金を借りる方法としての緊急小口資金貸付制度は、新型コロナの影響を受けて収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯を対象とした国の融資制度です。

貸出上限額は10万円ですが、下記該当の場合は20万円まで融資が受けられます。

  • 世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき
  • 世帯員に要介護者がいるとき
  • 世帯員が4人以上いるとき
  • 世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、臨時休業した学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
  • 世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある、小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
  • 上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要なとき

貸付期間は2年以内(据置き期間1年以内)、金利は無利息となっています。

申し込みから融資までは1週間程度と公的融資にしては早いといえますが、申込者が殺到している場合など時期によってはもっと時間がかかる可能性もあります。

無職や金融ブラックの人でも利用可能という点で他の選択肢とは一線を画していますが、現在債務整理中の方や住民税・所得税などを滞納中の方は対象外となります。

借金の返済や借り換え目的には利用できませんのでご注意ください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
コロナ禍で注目されたのが緊急小口資金です。基本の融資額は10万円までとなっていますが、家族構成や世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるときには、20万円まで融資を受けることができます。貸付期間は2年以内で、据置き期間1年以内。無利息で借りられるため、利用を検討しても良いですね。また、公的な融資は時間がかかると思いがちですが、緊急小口資金は1週間程度で融資可能なのも魅力です。

飯田道子さん

飯田さん

生活費などが必要なら生活支援費

生活支援費も同じく国の融資制度です。

対象者は細かく規定されていますが、主だった条件は次の通りです。

  • 失業や減収により生活の維持が困難となった低所得者世帯
  • 20歳以上65歳以下
  • 離職日から2年以内、減収の場合は6カ月以内の減収で3カ月以内に確実な増収が見込めること
  • 定職を有していなかった人、自営業者は対象外

貸し付け上限は20万円(単身世帯は15万円)を最大3カ月、返済は6カ月の据え置き期間を含む10年となっています。

連帯保証人がいる場合は無利息ですが、いない場合は年率1.5%の利息が付されます。

こちらの制度も、無職や金融ブラックの人でも利用可能ですが、債務整理中や税金などの滞納中は利用できませんのでご注意ください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
生活支援費の融資上限額は20万円まで。ただし、定職についていなかった人や自営業者やフリーランサーは対象外となりますので注意して下さい。利用できるのは、20歳以上65歳以下であり、失業や収入が少なくなってしまった低所得者等です。融資までは3週間程度。利息は、連帯保証人がいる場合は無利息となりますが、いないときでも年率1.5%の低金利で借りられるのは、大きなメリットです。

飯田道子さん

飯田さん

10万円を借りる7つの方法

10万円を借りる方法として、まずは以下の表をご覧ください。

10万円を借りる方法融資までに必要な時間金利(目安)難易度
緊急小口資金貸付1週間程度

0%

生活支援費3週間程度

連帯保証人有:0%

連帯保証人無:年1.5%

消費者金融最短60分~年18.0%
銀行カードローン2~3営業日~年15.0%
クレジットカードのキャッシング即日~年18.0%
キャッシュレス決済ローン2~3営業日~年18.0%
少額融資向けアプリ「CREZIT」1週間以上10万円まで0%(当初3カ月間)以降~年15.0%

※難易度は一般的な指針をもとにした目安です

融資実行までのスピードでいうと消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングが最も速く、最短即日でお金を手にすることができます。

次いでキャッシュレス決済ローンや銀行カードローンが2~3営業日程度、緊急小口資金は1週間程度が目安となっています。

それぞれの方法についての詳細は次節以降でご説明しますが、融資実行に時間がかかる方法ほど、金利面などで有利な条件となっている傾向があります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ここでは10万円借りる方法を7つあげています。無利息で借りられるのは、緊急小口資金のみですが、生活支援費なら高くても金利1.5%です。すぐに借りたい場合は、消費者金融を選ぶのがいいでしょう。大手消費者金融の中には、無利息期間を設けている会社があります。その場合は、30日以内で完済すれば利息は一切かかりません。表面的なデータにとらわれず、どこから借りるのがベストなのか、じっくりと考えてみましょう。

飯田道子さん

飯田さん

即日で10万円必要なら消費者金融カードローン

今すぐ10万円が必要であれば、消費者金融カードローンが選択肢のいちばん目になるでしょう。

消費者金融カードローンの最大の特徴は申し込みから融資実行までのスピードです。

申し込みのタイミングにもよりますが、申込内容や提出書類などに不備がなければ最短60分程度で借り入れすることも可能ですので、急な出費にも十分対応できますね。

さらに、初回の契約に限り30日間(もしくはそれ以上)の無利息期間が設定されている商品もあります。

金利自体は法定の上限利率に近く、他の方法と比べても高いといえますが、無利息期間をうまく活用すれば利息の負担を軽減することも可能です。

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

できる限りお得に借りたいなら銀行カードローン

銀行カードローンは消費者金融カードローンと比較すると金利が抑えられる傾向があります。

その分、審査に日数を要し、かつ審査基準も厳しめになっています。取り扱い銀行にもよりますが、早くて2~3営業日、場合によっては1~2週間以上かかることもあります。

今日明日にでも10万円が必要という状況には対応できませんが、比較的時間に余裕があり、また多少厳しい審査でもいけそうであれば、銀行カードローンに挑戦するのもいいでしょう。

ただし後述しますが、借入金額と借入期間によっては金利の差はあまり重要ではないこともあります。

審査なしで借りたいならクレジットカードのキャッシング

最短でお金を手にしたいのであれば、クレジットカードのキャッシングがオススメです。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、カード申し込みの時点で希望金額を設定します。

希望通りになるかどうかは審査次第ですが、契約およびカード発行時点で枠は確定されます。

もしお手持ちのクレジットカードのキャッシング枠が残っているのなら、その枠内であれば審査なしでいつでも自由に借り入れできます。

枠を限度額まで使い切っている場合は、返済して枠を復活させるか、もしくは枠を増額させる方法もあります。

ただし、増額するためには再審査が必要となりますので、1~2週間程度の時間がかかることも覚えておいてください。

もしクレジットカードがないなら、同じく信販系の以下のカードローンがおすすめです。

JCB CARD LOAN FAITH
利用限度額審査時間融資までの時間
50万~500万円最短即日-
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.4%~12.5%--

おすすめポイント

  • 最短数十秒で振り込み。振込手数料は無料!
  • 全国の金融機関のATM、提携コンビニATMで利用可能
  • 審査完了後、最短3営業日でカードが届く

特典などが受けられるキャッシュレス決済ローン

キャッシュレス決済ローンという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、最近になってできた新しい分野です。

具体的には「LINEポケットマネー」「PayPayローン」といった商品があります。

それぞれ名前の通り、LINEやPayPayと連携したサービスになっていて、どちらもアプリ内から申し込み手続きができ、2~3営業日内を目安に融資実行できる点は共通しています。

LINEポケットマネーはLINE・みずほ銀行・オリエントコーポレーションが出資するLINE Credit株式会社が運営するサービスです。

借り入れ金はLINE Payに入金され、返済もLINE Payもしくは指定口座からの引き落としになります。

PayPayローンはPayPay銀行のカードローンに申し込むことになります。PayPay銀行の口座とPayPayを連携させることで、特典が受けられる場合もあります。

10万円まで金利0円の「CREZIT」

※新規申込や新規借入の受付を停止中です(2021年4月現在)

CREZITは「デジタルネイティブ向けモバイルクレジット」と謳われる、スマホアプリ限定のローン商品です。

初回3カ月間は10万円以下に限り金利0円です。また、初回の与信上限が10万円ですが、審査内容によっては3万円や5万円からスタートすることもありますので、初めから10万円利用できるかどうかは不確定です。

借り入れと返済の実績を積むことで利用上限額が上がるというシステムですので、時間をかけて上限額を育てていくという使い方になります。

ただ、まだ運用開始から2年程度のサービスであり、運用会社自体の安定性は不明です。

審査も最短5分との記載がありますが、タイミングによっては1~2週間以上かかることもあり、少し不安定な側面もあるため、利用される場合は十分検討してからにしましょう。

10万円借りるときの金利について

お金を借りる以上、利息(金利)が発生します。

ここで、金利について少し考えてみましょう。まずは次の表をご覧ください。

10万円の借入先最高金利(目安)最低返済額利息※
消費者金融カードローン年17.8%4,000円25,864円
銀行カードローン年14.5%2,000円55,749円
クレジットカードのキャッシング年18.0%3,000円38,781円
キャッシュレス決済ローン

※利息に関しては計算方法により変動することがあります。
※初回無利息期間などは考慮していません。

それぞれ繰り上げ返済せずに最低返済額ずつ返済した場合、どれくらいの利息負担になるかを計算してみました。

利息が多いか少ないかは、金利(利率)が高いか低いかはもちろんですが、借り入れ期間が長いか短いか、借入金額が多いか少ないかという要素で決まります。

上記の比較はすべて借入金額10万円で統一されていますので、あとは利率と期間の差ということになります。

ここでは最低返済額での返済を前提にしていますので、最低返済額が低いほうが期間も長くなり、利息負担も大きくなります。

利率については各商品幅をもたせた表記になっていますが、初回の利用時は上限値が適用されるケースがほとんどです。

利率が低くても、返済額が低く返済期間が長いと利息負担が大きいことは一目瞭然でしょう。

つまり、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング、キャッシュレス決済ローンなど利率の高い商品を選択しても、銀行カードローンなど利率の低い商品を選択しても、返済期間、返済回数によって利息の負担額は逆転することもあるということです。

返済額の設定を大きくしたり、繰り上げ返済をしたりすることで、利息を大きく軽減することができます。

10万円を借りるために絶対にやってはいけないこと

どうしても10万円が必要と焦る気持ちは分かります。

しかしその焦りがかえって借りにくくなってしまったり、利用したことで後々までずっと後悔することになってしまいます。

以下にご紹介する項目に関しては、決して行わないでください。

複数の金融機関に同時に申し込む

カードローンなど複数の商品に同時に申し込むのはあまりよくありません。

というのも、ローン審査の段階でローン会社が個人信用情報の開示請求をします。

この開示請求は記録として残りますので、

  • 「短期間に開示記録が複数回ある=お金に困っている」

と判断され、審査に不利になってしまいます。

この状態を「申込ブラック」と言います。申し込みをする場合は1つずつ、結果を待ってから次に申し込むようにしましょう。

信用情報に関してもっと詳しく知りたい人は「カードローンの利用で信用情報に傷が付く? カードローンを利用する場合の注意点を紹介」を参照してください。

無審査で融資ができるなどに騙されない

「無審査融資」を謳う業者には絶対に注意してください。

審査に自信がない場合や金融ブラックになっている場合など、どうしても甘い誘いに惹かれてしまうかもしれませんが、現実にそんなうまい話はありません。

闇金など違法業者か、もしくは詐欺などの可能性があります。決して手を出さないようにしましょう。

携帯を担保にする借入は法律違反で刑罰対象にも

携帯電話を担保にしてお金を借りるのは厳禁です。

スマホなどを契約させて郵送で送らせるなど、手口はいくつかありますが、詐欺の被害者になるのみならず、携帯電話不正利用防止法などで刑事罰の対象になることもあります。

お金を借りるつもりが犯罪に手を出してしまう事になってしまいます。絶対にやめてください。

スマホのキャリア決済機能は携帯会社の利用規約違反に

キャリア決済機能とは、有料アプリの課金や、ネットショッピングの代金などを携帯電話の利用料金と一緒に支払うことができる機能のことです。

クレジットカードや代引きを使うことなく利用料金を携帯料金に上乗せされますので、気軽に使うことができますが、この機能を利用してお金を貸し出すという手口があります。

大雑把に言うと、ネットショッピングの形式をとり、無価値な商品を高額で購入させ、そのあと購入者にキャッシュバックするという手法です。

お金を貸し出す手口例.

10万円の商品を購入させる

8万円をキャッシュバックする

利用者は携帯料金として+10万円払う

つまり2万円が手数料(利息)の貸金行為と同等

こういう手法で融資している業者は違法業者ですし、利用する側も携帯電話の利用規約違反になります。

リスクしかありませんので、こちらも手を出さないようにしましょう。

TwitterやFacebookでの個人間融資は危険

SNSを利用した個人間融資も危険です。

相手が違法業者である可能性が高く、またどんな犯罪に巻き込まれるかわかりません。

手口は日々巧妙化していますが、知り合いでもない人からお金を借りること自体がまず不自然だと理解して、絶対にかかわらないようにしましょう。

総じて、オイシイ話には罠があるということを肝に銘じてください。

まとめ

ここまでのおさらい

  • 急ぎで10万円が必要なら消費者金融カードローンかクレジットカードのキャッシングがよい
  • キャッシュレス決済ローンは特典をうまく活用しよう
  • 緊急小口資金貸付制度など、公的融資の条件を満たしていないかチェックしよう
  • 利息負担は借入額・利率・借入期間で決まる
  • 利率が高くても影響は限定的な場合もあるので、シミュレーションしてみよう
  • 無審査融資、キャリア決済融資、個人間融資など、日々進化する詐欺行為にはかかわらないように

貧すれば鈍するの諺ではないですが、必要に迫られると冷静な判断力が失われます。

オイシイ話や都合のいい話があったときは、立ち止まって誰かに相談することをオススメします。

▼今日すぐに5万円を借りたい場合について、こちらでまとめて詳しく解説しています。

本記事の執筆者について

田中 裕晃さん

田中 裕晃 / 大峰FP事務所 代表

京都市出身、京都府立大学 文学部史学科卒業、京都府立大学大学院 文学研究科史学専攻 博士前期課程修了(文学修士(歴史学))、大手賃貸仲介業者に就職、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。その後、株式会社大峰の代表取締役に就任、大峰FP事務所を開設し、現在に至る。

お金を借りる方法の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.