スマホでお金を借りる方法は大きく2種類!使っちゃいけない方法には気を付けて

スマホでお金を借りる方法は大きく2種類!使っちゃいけない方法も
お金を借りる方法

2022-06-22

スマホで手軽にお金を借りたいけど、安全な方法が分からないという人は多いのではないでしょうか。

お金を借りる方法を探すといろいろな情報があるので、

  • うっかり手を出してしまうと後で大変になるのでは……

なんて不安もありますよね。

最近では、PaypayやLINE payなど身近なキャッシュレス決済でもお金を借りられるサービスを始めていて、以前よりもお金を借りるハードルが下がっているようにも見えます。

この記事ではスマホでお金を借りる際、どのような方法があるのか、どんな注意点があるのかについて徹底解説!

絶対に使ってはいけない方法もあるので、スマホでお金を借りようと思っている人は必ずチェックしてくださいね。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

最近ではスマホアプリを利用して借り入れできるサービスが増えており、使いやすい反面、利用には注意しておくべき点もあります。カードローンのアプリを利用してお金を借り入れる際には、必ず契約手続き終了後に行うことを忘れないようにしてください。また、スマホのキャッシュレス決済を利用してお金を借りることもできますが、その際にも申し込みおよび審査が必要です。いざ使おうと思った時に慌てないよう、事前の準備は欠かさないようにしておきましょう。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

スマホでお金を借りる方法

スマホでお金を借りるには、以下の4種類の方法があります。

利用OK消費者金融や銀行のアプリをダウンロードしてお金を借りる
・PayPayやLINE、ドコモやauなどの既存アプリを利用してお金を借りる
利用不可・スマホのキャリア決済機能を利用してお金を借りる
スマホを担保にしてお金を借りる

上記4つの方法のうち、利用しても良いのは「利用OK」とした2つだけです。また、利用の際には審査に通過しないとお金を借りることはできません。

ただし、これは安全に利用するために最低限必要なことです。

一方の「利用不可」としている2つは、絶対に利用してはならない方法です。

スマホのキャリア決済機能を利用することに関しては、アプリもリリースされていて一見手軽そうに見えます。しかし、重大なトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

カードローンアプリは審査通過後のダウンロードでOK

消費者金融や銀行カードローンのアプリは、契約後の借入や返済だけでなく、申し込みや契約も行えます。ただし、冒頭でも言いましたが、アプリを利用してお金を借りられるのは審査通過後になります。

また、契約までの手続きはWebサイトからでも可能ですので、審査通過後にダウンロードしたほうが効率的と言えます。

あえて審査通過前にアプリを入れるメリットは、本人確認書類などのアップロードが手軽に行えることです。ただ過去に「画像が大きい」などで書類や写真を送れなかった経験がある人は、アプリから申し込みを行う方がスムーズでしょう。

それでも、借入も返済もスマホで行いたいなら、アプリの使い勝手は事前に知っておいたほうが好都合です。どのカードローンを選べばいいかの判断基準のひとつにもなるので、以下で確認してみましょう!

スマホでお金を借りられる消費者金融アプリを比較

ここでは、大手消費者金融5社のアプリを比較・紹介します。


消費者金融スマホATM取引振込融資借入状況確認返済日確認借入残高確認増額申請ストア評価※その他
プロミス
「アプリローン」
3.4アプリdeクーポン
アコム
「myac」

返済のみ
×××3.6よくある質問にアクセス可
アイフル
「公式スマホアプリ」
3.6生体認証
チャット機能
Push通知
SMBCモビット
「公式スマホアプリ」
3.5返済でTポイントが貯まる
レイクALSA
「e-アルサ」
3.8生体認証

※ストア評価はGoogle Playストアの2021年4月時点のものです

いずれのアプリもiPhoneとandroid どちらにも対応していて、申し込みや審査時の書類アップロード機能も備わっています。

加えて、所定の時間内であれば契約当日の借入も可能なので、消費者金融カードローンは急ぎで現金が必要な人には非常に便利ですね。

個別に見てみると、セキュリティ面では生体認証機能付きのレイクALSAやアイフルが、安全で便利な印象です。IDやパスワードの入力が面倒な場合は、この二つのアプリが使い勝手が良いでしょう。

サービス面を重視したいなら、プロミスやSMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビット
SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

プロミスのアプリでは、消費者金融のアプリであることが分からない状態で、いろいろなお店で使えるクーポンが利用できるサービスが付いています。SMBCモビットは、Tポイントの手続きを行えば返済でポイントが貯まってお得感があります。

一方で、アコムの「myac」はスマホATMで借入ができなかったり、返済日や借入残高の確認ができなかったりと、他社と比較して性能が若干低いです。そのため、スマホをメインで利用してローンカードを持ち歩きたくない人にとっては、不便な点もあります。

どの会社でもアプリを入れれば振込融資や借り入れ状況の確認などいつでも行えるので、手軽で便利なことには変わりありません。

上記の中でも特におすすめの3社について、より比較検討がしやすいようアプリ以外の特徴も加えてお伝えします!

アプリの満足度で決めるならレイクALSA

レイクALSAのアプリ「e-アルサ」は、生体認証ですぐにアプリを開くことができ、会員ページへのアクセスも簡単です。

スマホだけで当日の借入も可能なので、出先で急に現金が必要になった人の利用にも向いています。

レイクALSAを選ぶメリットとしては、初めての利用で60日や180日といった長期の無利息期間が選べる点が挙げられます。60日間であれば借入額200万円まで、180日間なら5万円までが無利息の対象となるので、計画的に借入・返済を行えば無利息で利用することも可能です。

アプリの使い勝手はもちろんですが、初めての利用者にとっては長期の無利息期間付きで安心してお金を借りられることもあり、全体的な満足度が高い会社と言えます。

借入や返済においては、レイクALSAなら「スマホATM取引(お借入れ)」ならびに「Web返済サービス」も利用可能です。

また、スマホを利用して会員サービスにログインし、自分の金融機関口座へ振込みする方法も可能なので、スマホを利用してお金を借りる際は口座振込を選んでください。

レイクALSA
レイクALSA
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間お申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

カードローン以外の特典ありプロミス

プロミスの「アプリローン」は、スマホATMがセブン銀行だけでなくローソン銀行にも対応しているのが大きなメリットです。

プロミスには会員特典としてさまざまな優待サービスがあり、グルメや宿泊が最大80%オフになったり、20万か所以上の施設が割引価格で利用できたりと、とにかくお得です。

うまく使えば、借入で発生する利息以上の割引で得する場合もあるので、特典を楽しみながら生活を充実させることができますよ。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

サポートの手厚さが魅力のアイフル

アイフルのアプリは、Webのマイページに移動しなくても、アプリを見れば一目で利用状況が確認できて操作性が非常に良いです。

また、チャット質問機能付きで動画Q&Aなどもあり、困った時はアプリ内で解決することができます。相談はLINEでも気軽にできるので、サポート機能はかなり充実していて初めての利用でも安心です。

申込から審査に関して、通常は在籍確認と言って職場に電話がかかってくるのですが、アイフルでは申込時の電話は原則無しとしている点も安心できます。

審査完了まで最短30分と短時間なので、急ぎの人にとっては便利です。プロミス同様、スマホATMはセブン銀行とローソン銀行に対応しているのも嬉しいポイントとなります。

アイフル
アイフル
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短25分※最短25分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%30日間

※WEB申込の場合

おすすめポイント

  • WEB完結!最短25分で審査完了!
  • 初めての方なら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
消費者金融系のカードローンは、審査時間が非常に短く、即日融資に対応している会社が多い点が特徴です。ただ、審査時間が短く終了するのは、提出書類やその人の属性に問題がなかった場合です。特に提出書類に不備があった場合、提出し直しなどでその分審査時間が長くなってしまいますので、事前にどのような書類が必要なのか確認し、スムーズに提出できるよう準備しておきましょう。

新井 智美さん

新井さん

スマホでお金を借りられる銀行カードローンアプリを比較

上記で紹介したのは消費者金融系のカードローンですが、銀行でもカードローンの取り扱いがあります。

一般的に消費者金融よりも金利が抑えられている点でメリットがあり、最近ではネットバンキングの普及により各銀行独自のアプリも開発されています。

そんな銀行系カードローンには、どのようなアプリがあるのでしょうか。大手やネットバンクを中心に確認してみましょう。


銀行カードローン振込融資借入状況確認返済日確認借入残高確認返済シミュレーション増額申請ストア評価※その他
三菱UFJ銀行カードローン×××××3.7申込専用アプリ
××××××2.3ネットバンクアプリ
カードローンは申込機能のみ
三井住友銀行 カードローン×××××3.7申込専用アプリ
ATM検索
りそな銀行カードローン×4.1ネットバンクアプリ
生体認証
カード機能
ロックプッシュ通知
楽天銀行スーパーローン
ワンタッチで会員ページへ
4.3ネットバンクアプリ
生体認証
※各種取引は、アプリからのクイックログイン
ジャパンネット銀行
(4月5日よりPayPay銀行)
ローンアプリ
×3.6ローン専用アプリ
生体認証
プッシュ通知
セブン銀行
Myセブン銀行
××××××3.9ネットバンクアプリ
スマホATM
auじぶん銀行××××××3.1ネットバンクアプリ
スマホATM
生体認証

※ストア評価はGoogle Playストアの2021年4月時点のものです

どの銀行のカードローンも、スマホだけで申込から借入・返済まで行うことができます。

ただし、アプリとなるとできることが限られてくる銀行が多くWebブラウザからマイページにログインする方が、機能が充実している場合がほとんどです。

特に申込専用アプリはWebでの申込と手続きに差がないので、あえてダウンロードする必要もないでしょう。

ただし、スマホATM機能はアプリをダウンロードしなくては使えないため、セブン銀行やau自分銀行を利用する場合は、アプリが必須と言えます。

数多くある銀行系カードローンの中で、スマホからでもお金が借りやすくておすすめの銀行について、より詳しく解説します!

セキュリティ面で安心できるりそな銀行

りそな銀行のネットバンクアプリは、カードローンに関する主な手続きや確認はほぼすべてアプリ内で完結します。

また、収支をグラフにして見える化したり、AIコンシェルジュによるアドバイスが受けられたりと、借り過ぎの抑制になり資金管理がしやすいのもメリットの一つです。

それに加えて、りそな銀行のアプリではセキュリティ面が特に優れており、生体認証や入出金時のプッシュ通知の他、ローンカードを悪用された場合のカード機能ロックも行えます。

クレジットカードや公共料金など、月々の引き落としで口座残高不足が心配な場合、オートチャージ機能で延滞の発生を防げる点も便利です。

ローン専用アプリで直感的に使いやすいジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のローンアプリは、ローン専用なので必要な操作がシンプルに行え、トップページで借り入れ状況などを一目で確認できます。

毎月の返済日を事前にプッシュ通知する機能も備わっているので、忘れっぽい人も安心です。また、初回の契約で1500円プレゼントや30日間無利息、借入額に応じて最大1万円のプレゼントなど、他の銀行には見られない特典の多さも大きなメリットといえるでしょう。

いつでもATM手数料が無料!現金派ならauじぶん銀行

auじぶん銀行のカードローンは、ネットバンクアプリだけではローンに関する手続きが行えませんが、スマホATM機能を使えばローンカードなしで借入が可能です。

また、セブン銀行やローソン銀行、ゆうちょ銀行など多くのATMで、時間帯や曜日によらずいつでも手数料無料で借入・返済ができます。セブン銀行とローソン銀行ではスマホATMも利用可能です。

通常ネットバンクで融資を現金化にするには、スマホ上で融資の手続きをしてからATMで引き出す必要があり、二度手間になってしまいます。

スマホATM機能を利用すれば、一度の操作で現金にできるので、現金が必要になることが多い人はじぶん銀行がおすすめです。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
銀行のアプリはどちらかというと振り込みなどの手続きの利用に特化しており、借り入れや返済といったカードローン利用の使い勝手は消費者金融が提供しているアプリの方がいいといった印象を受けるかもしれません。アプリによってはローンに特化しているものや、家計簿アプリのように利用できるものもあります。自分に合った使い道を探して有効に活用してみましょう。

新井 智美さん

新井さん

スマホのキャッシュレス決済でお金を借りる方法

普段の買い物で使い慣れている人も多いスマホのキャッシュレス決済にも、お金を借りる機能が付いています。

消費者金融や銀行系カードローンよりも身近な存在ですが、こちらも審査に合格しないとお金は借りることができません。

ここでは、利用者が多いキャッシュレス決済のサービスを中心にご紹介します。

PayPayローン、LINE Pocket Money、au Payスマートローンに加えて、今年7月から始まるFamiPayローンはそれぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。

サービス名即日融資運営融資可能金額金利借入方法借入金額単位その他
PayPay
ローン
×PayPay銀行※1~1,000万円年1.59~18.0%PayPayアプリで操作し、PayPay銀行の口座へ入金1円単位PayPayアプリからPayPay銀行カードローンを利用
LINE
Pocket
Money
LINE Credit株式会社5万~300万円年3.0~18.0%LINE Payに借入金がチャージ1円単位審査はLINEスコアを活用
au PAY
スマートローン
×auフィナンシャルサービス株式会社1万~100万円2.9~18.0%au PAY残高にチャージセブン銀行スマホATMで借入1万円単位au PAYアプリには、auじぶん銀行カードローンのサービスも掲載
FamiPay
ローン
--株式会社ファミマデジタルワン※1FamiPay翌月払いは最大10万円まで--ファミペイアプリから申込み、登録された銀行口座へ入金--FamiPay翌月払いは残高不足時でも最大10万円まで利用可能で、翌月以降にまとめて支払う機能

※PayPay銀行は旧ジャパンネット銀行です ※1.新生フィナンシャル株式会社、セカンドサイト株式会社との協業

なお大手携帯キャリアの中で、docomoが運営する「d払い」はローンサービスと連携していません。dカードを作り、クレジットカードローンを利用すればお金を借りることはできます。

また、それぞれのキャッシュレス決済と連携しているローンには以下のような特徴があります。

キャッシュバックなど特典豊富なPayPayローン

PayPayの「お金を借りる」機能は、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のカードローンを利用するものです。

カードローンを契約すると、利用していなくても1500円もらえるほか、借り入れで最大1万円プレゼントされる特典などが用意されています。(2022年3月情報)

少額から借入可能なので、特典をうまく利用すればお得にお金を借りることができます。

100日まで実質利息0円!LINE Pocket Money

LINE Pocket Moneyでは、契約から100日目までの利息をLINE Pay残高で全額キャッシュバックする特典があります。(2022年3月現在。特典は予告なく変更する可能性もあります)

そのまま買い物等で利用できるほか、LINE Payアカウントに登録済の銀行口座から現金として引き出すこともできるので、利便性が高いです。

auは金利やポイントでお得になるau Pay

au PAYのアプリでは、表で紹介したスマートローンとカードローンの、2種類のお金を借りられるサービスを掲載しています。

カードローンとは「auじぶん銀行カードローン」のことで、金利0.5%優遇です。

スマートローンの場合は最大2,000 Pontaポイントのプレゼントとなるので、auユーザーならカードローンの方がお得にお金を借りられます。

ちょっと足りない時に便利なFamiPayローン

キャッシュレス決済アプリのFamiPayを経由して申し込みできて、借りたお金は銀行口座へ直接振り込んでもらえます。

まだ詳細は発表されていませんが、同時にサービスを開始する「FamiPay翌月払い」は、10万円以内の残高不足をカバーするもので、チャージの手間がかかりません。

また、FamiPayを利用している人は登録している情報がそのままFamiPayローンに反映されるので、申し込み時の手間が大幅に短縮されます。

FamiPayはdポイント、楽天ポイント、Tポイントのうちから好きなポイントを選んで貯められるというメリットもあるので、これらのポイントを貯めている人にとっても魅力的です。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
キャッシュレス決済アプリでは、さまざまな特典が用意されている点が特徴です。もちろん審査は必要ですが、店舗利用実績なども評価されますので、比較的審査に通りやすいといえるでしょう。ポイントが貯まりやすい点が魅力ですので、ポイ活の一つとして取り入れてもいいかもしれません。

新井 智美さん

新井さん

スマホでお金を借りる方法で絶対にやってはいけないこと!

ここまで紹介してきた方法は、いずれも審査が必要なローンの契約になります。お金の貸し借りというのは双方の信用が第一なので、面倒でも審査は絶対に必要な手続きなのです。

だからこそ、最初にお伝えした「絶対に利用してはならない方法」は手を出してはいけません。

スマホのキャリア決済機能を利用した「現金化」は、専用アプリもあり一見問題なさそうですが、携帯会社の利用規則で禁止されている使い方です。発覚すれば利用停止となることも考えられます。

また、換金率が低く実質かなりの高金利なので、利用するメリットはないでしょう。

もう一つのスマホを担保にしてお金を借りる方法は、自分で契約したスマホを相手に送り、その報酬として現金を受け取るというものです。

携帯を譲渡すること自体が違法(携帯電話不正利用防止法違反)で、送ったスマホが犯罪に使用されて犯罪に巻き込まれたり、そもそも契約したスマホを送ってもお金が振り込まれないということも考えられます。

このように、簡単にお金を借りることができる方法はリスクが高く、禁止事項や法律に触れることなので、絶対に利用しないようにしましょう。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
本文でもお伝えしているとおり、ここに記載されている「やってはいけないこと」は絶対にやらないように気をつけましょう。直ぐに現金が手に入るメリットに比べ、デメリットがあまりにも大きすぎます。自分を守るという意味からも、このようなことは絶対に行わないようにしてください。

新井 智美さん

新井さん

まとめ

スマホからお金を借りるには、消費者金融や銀行のカードローンアプリを利用する他、キャッシュレス決済経由で少額のお金を借りることもできます。

いずれも審査が必要ですが、消費者金融は契約当日の借入が可能な点、銀行系は金利の低さ、キャッシュレス決済経由では特典が多いなど、それぞれに違ったメリットがあります。

一方で、審査不要な現金化やスマホを担保にお金を借りる方法は、決して利用してはなりません。

ローンの審査は短時間で終わるところも多く、プライバシーにも配慮してくれるので、お金を借りる必要がある人は信用できる運営会社を選ぶようにしましょう。

また、契約後は手軽さから使いすぎてしまわないよう、アプリの資金管理機能も活用してみてくださいね。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら