Operated by Ateam Inc.

イーデス

質屋でお金を借りるには?仕組みやメリットをわかりやすく解説

最終更新日:

質屋でお金を借りるには?仕組みやメリットをわかりやすく解説
お金を借りる方法
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

お金を借りる方法にはさまざまな種類がありますが、その中でも返済の義務がないものに「質屋でお金を借りる」という方法があります。返済の義務がなく、さらに督促がないことから、利用を検討している人も多いでしょう。

そこで本記事では、質屋でお金を借りる流れや、借りられる金額、利息について解説します。後半では、質屋でお金を借りるメリット・デメリットについても説明しているため、質屋の利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

質屋でお金を借りても信用情報に記録が残らないので、カードローンや住宅ローンの審査に影響を与えないことがメリットです。質流れになると、持ち込んだ品物を返してもらえないことがデメリットですが、質流れになった品物は、持ち込んだ質屋で販売されますので、割高にはなりますが、指定のお金を払えば取り戻すことができます。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

質屋でお金を借りる仕組み

質屋では、持ち込んだ品物の査定額に応じた金額の融資を受けられます。カードローンのような審査は不要で、誰でも簡単にお金を借りられる点が特徴です。

また、品物を売却してお金を得る「買取」とは仕組みが異なります。質屋の場合、あらかじめ定められた期間内に返済できれば、担保として渡している品物は手元に返ってきます。期日内に返済できなければ、品物の所有者は質屋になる仕組みです。

質屋でお金を借りるには?借入から返済までの流れ

質屋でお金を借りる流れについて解説していきます。

  1. 査定
  2. 身分証の提出と書類記入
  3. 現金と質札の受け取り

1.査定

質屋でお金を借りるためには、まず担保にする品物の査定を受けます。オンラインで仮査定を受けられるサービスもありますが、実際にお金を借りるには質屋に足を運んで査定を受ける必要があります。

査定では、定価や製造年、人気、品物の状態などが確認されます。質屋によって査定基準は異なることから、査定金額に満足できなければ、ほかの質屋で再度査定してもらうことがおすすめです。

2.身分証の提出と書類記入

品物の査定が終わったら、身分証を提出します。質屋営業法と古物営業法では取引の際に本人確認義務を課しており、初めて質屋を利用する際には身分証を提出しなければなりません。

質屋で有効な身分証

質屋で身分証として認められる書類には、以下のようなものがあります。

身分証

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 学生証
  • 外国人登録証
  • 社員証 など

3.現金と質札の受け取り

身分証を提出し、契約に必要な書類を記入したら、現金と質札を受け取ります。質札とは、質入れした品物の預かり証のことで、以下の項目が記載されています。

  • 契約日
  • お客様番号
  • 合計質入れ金額
  • 代表商品
  • 利息金額
  • 流失期限
  • 延長期限
  • 利息振込口座

質札は品物を質入れした証拠という重要な書類であるため、無くさないように保管しましょう。万が一、質札を紛失してしまった場合には、質屋に問い合わせて再発行できるか確認してください。店舗によっては再発行してもらえる場合があります。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
質屋でお金を借りるときには、品物を持ち込んで査定してもらうので、品物はきれいな状態にして、家電製品の場合はリモコンなどの付属品も一緒に持ち込みましょう。身分証明書の提出を求められますので、事前に用意してください。査定後に現金と質札をもらいますが、質札は品物を返してもらうときに必要なので保管してください。

塚越さん

塚越さん

質屋でお金はいくら借りられる?

一般的に、質屋で借りられるお金は査定額の7割~8割程度です。借りたいお金よりも高く査定してもらえる品物を持ち込む必要があります。例えば、10万円を借りたい場合には、12万円~14万円程度の査定額の品物を持ち込まなければなりません。

以下は、査定額の8割の融資を受けられる場合の早見表です。

借入金額買取価格(査定額)
10万円12.5万円
15万円18.75万円
20万円25万円
25万円31.25万円

質屋でお金を借りる際にかかる金利

質屋でお金を借りる際、品物を預けるのに加えて、毎月金利を支払う必要があります。質屋営業法で定められている利息の上限は、年率109.5%です。貸金業法の上限金利は年20.0%であり、質屋はカードローンよりも金利が高いことがわかるでしょう。

基本的に、質屋の貸付期間は3カ月です。期限内に融資を受けた金額と利息を支払うことで、品物の返品を受けられます。また、3カ月よりも貸付期間を延長したい場合には、利息のみを支払うことで延長することも可能です。

質屋に預けられるもの

質屋に預けられるもの・預けられないものを紹介します。

質屋に預けられるもの質屋に預けられないもの
  • 貴金属
  • 腕時計
  • スマートフォン
  • 電化製品
  • ブランドのアイテム
  • ゴルフ用品
  • 楽器 など
  • ノーブランドのもの
  • バージョンの古過ぎるPC
  • 食品
  • 植物
  • 動物
  • 土地の権利書
  • 電子化された株券
  • 固定電話の加入権 など

スマートフォンは質屋に預けられる品物のひとつですが、赤ロムは預かってもらえない点に注意が必要です。

赤ロムとは

端末の分割金の滞納や盗難などによって、キャリアからネットワーク利用を制限されている端末のこと

何らかの理由でスマートフォンが赤ロムになっている場合には、キャリアで解除してもらう必要があります。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
質屋で借りられる金額は査定額の7~8割ですので、借りたい金額が決まっていれば、逆算して持ち込む品物を決めてください。質屋でかかる金利は年率109.5%とカードローンよりも高いので、品物を返して欲しいのであれば、利息を含めた返済資金の計画を立ててから借りるようにしてください。

塚越さん

塚越さん

質屋でお金を借りるメリット

融資を受ける方法にはさまざまな種類があり、どの方法を選ぼうか悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、質屋でお金を借りるメリットを説明します。

  • 審査がない
  • 返済の義務がない
  • 督促がない
  • 借入の履歴が残らない

審査がない

質屋は品物を担保として融資を受けられるものであり、カードローンのような返済能力を確認する審査はありません。カードローンの審査に落ちた人でも質入れできる品物があれば、利用できます。また、最短数十分で借入できることから、緊急でお金が必要というときにおすすめです。

返済の義務がない

質屋は、消費者金融や銀行から融資を受ける場合とは異なり、返済の義務はありません。品物を返してもらいたい場合には、融資金額と利息を返済する必要があります。しかし、品物を返してもらう必要がない場合には、返済しなくても問題ありません。

督促がない

質屋は返済がなされない場合、質入れの品物を売却することで損失を補います。また、返済があった場合には利息で利益を得られるという仕組みであり、返済の有無に関わらず、質屋は利益を得られます。そのため、カードローンのような督促がなく、督促のストレスを感じずに融資を受けられる点がメリットです。

借入の履歴が残らない

質屋でお金を借りても、信用情報には記録されません。信用情報とは、クレジットカードやローンの申込みや利用に関する情報のことで、利用履歴や延滞履歴などが記録されています。

信用情報に記録されている内容によっては、住宅ローンの審査などに影響することがあり、借入の履歴を残さずに融資を受けたいと考える人もいるでしょう。質屋は利用しても信用情報に記録されないため、利用履歴を残したくない人におすすめです。

質屋でお金を借りるデメリット

質屋での借入にはメリットだけではなく、デメリットも存在しています。ここでは、質屋でお金を借りるデメリットについて説明します。

  • 希望の金額で借りられるわけではない
  • 金利が高い
  • 質流れになった場合は預けた物を取り戻せない

希望の金額で借りられるわけではない

質屋での融資額は、預ける品物の種類や状態などに応じて決まるため、査定額が希望する金額に届かないことがあります。

そのため、質屋だけでは希望する金額の融資を受けられない可能性があるのです。「どうしても今日中に10万円が必要」という場合には、質屋だけではなく、カードローンなどほかの方法も検討することがおすすめです。

金利が高い

先述した通り、質屋の上限金利は年率109.5%で、カードローンよりも高めに設定されています。同じ金額を借りる場合、質屋のほうが多くの利息を支払うこととなります。

借りる金額が少額であったり、融資を受ける期間が短かったりする場合には、それほど金利の高さは気にならないでしょう。しかし、高額の融資を受けたい場合や、借入の期間が長い場合には高額の金利が発生して、金利の高さをデメリットに感じるでしょう。

質流れになった場合は預けた物を取り戻せない

質流れになった場合に、預けた物を取り戻せない点も質屋のデメリットです。質流れとは、質入れした品物が期限切れのために質屋の所有物となることです。

期日までに返済をして返してもらう予定だったとしても、期限を忘れていたり、突然入院してしまったりして、期日までに返済できなくなる可能性もあります。質流れしてしまった場合には、借入金額と利息を返済したとしても、手元に品物は返ってきません。

ただし、基本的に質流れした品物は、預け入れた質屋で販売されます。そのため、預け入れた品物が店舗に並んでいる場合には購入することで、手元に戻すことは可能です。

質屋に関するよくある質問

Q.質屋でお金を借りることと借金の違いは何?

A.返済の義務の有無が大きく異なります。質屋は返済の義務はなく、返済しない場合には担保としている品物は売却されます。一方、消費者金融や銀行からの借金の場合には、期日までに利息と合わせて返済しなければなりません。

Q.質屋での質入れと買取はどちらがお得?

A.一般的には、買取のほうがお得です。質入れは査定額の7割~8割程度のお金を受け取れるため、査定額で買い取ってもらう場合よりも2割~3割程度割安となります。

Q.質屋でスマホを預けてお金を借りられる?

A.質屋でスマホを預けてお金を借りられます。しかし、ネットワーク利用を制限されている赤ロムは預け入れできません。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
少額融資を受ける方法として、カードローンが考えられます。カードローンは銀行や消費者金融で取り扱っていますが、利便性を考えると消費者金融の方をお勧めします。即日融資が可能ですし、無利息期間サービスがお得です。ただし、金利が低いのは銀行のカードローンなので、何を優先するかを考えてから決めてください。

塚越さん

塚越さん

まとめ

質屋は預け入れた品物を担保として、お金を借りられる店舗のことです。カードローンのような審査はなく、誰でも品物があれば、融資を受けられます。お金を借りる際には身分証を提出しなければならないため、品物を持ち込む際はあわせて身分証も準備しておきましょう。

質屋には審査がない、返済の義務がない、督促がないという多くのメリットがあります。その反面、希望の金額を借りられない可能性がある、金利がカードローンよりも高いというデメリットがあるため、メリットとデメリットを総合的に考慮したうえで質屋の利用を検討してください。

お金を借りる方法の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE