今すぐお金借りるならおすすめなところはどこ?即日や安心の借入先まとめ

今すぐお金を借りるならおすすめは?
お金を借りる方法

2022-06-14

「関係性を考えてしまうと、親や知り合いからお金を借りるのは止めておきたい」

そんな時にお金を借りる相談する相手がいないなら、安心してお金を借りられるところは、なかなか思いつかないものです。

この記事ではそんな相談相手がいない方のために、

異なる状況下の人へ対応できるよう、 お金の借入先とその借入方法を一緒にまとめて紹介していきます。

是非この記事を読んで、あなたが安全にお金を借りることができる融資先を見つけてくださいね!

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

基本的に親や知り合いにお金を借りるのは最終手段だと認識しておきましょう。どうしても親や知り合いに借りることになった際には、必ず借用書を準備するなど、契約を交わしておくことが大切です。そうすることでこちらの誠意も伝わります。親や知り合いが貸してくれる場合はほとんどが無利息でしょう。その感謝の気持ちも込めて真摯に向き合う気持ちが大切です。契約書には返済期日を明記し、それまでにきちんと返済することも大切です。

「お金を借りたいけど審査がやっぱり不安...」という方必見!

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

すぐにお金を借りる方法を選ぶなら消費者金融

即日でお金を借入できるプロミス・アコムのおすすめ理由

「どうしても今日中にお金を用意したい」というような状態になった場合、そんなに多くの方法はありません。

即日でお金を借入できる金融機関としては銀行ではなく、やはり消費者金融が取り扱うキャッシング・カードローンサービスが最適でしょう。

たしかに消費者金融に比べてお金を借りるのには金利が安いという部分で銀行は魅力的です。ただし銀行ではすぐにお金を借りることができません。

一方、消費者金融が取り扱う商品は審査が早く、高い確率で即日融資を受けることができます。

その中でも特におすすめなのは「プロミス」と「アコム」です。
この2社がおすすめな理由は下記のとおりです。

  • 審査と融資スピードに定評がある
  • 無人契約機も多数設されている
  • 夜間や土日即日融資できる可能性がある
  • 初めての借入なら無利息期間がある

※.申込み時間によります

おすすめ理由の4番目「無利息期間」は、お金を借りるけどすぐ返すという方向きです。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

アコム
アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短30分最短30分
借入金利無利息期間サービス土日の借入
3.0%~18.0%30日間

※18歳、19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書の提出が必要になります。

おすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

お金を借りるための即日融資カードローン選びで悩んでいたら、「【FP解説】即日融資可能なおすすめカードローン2021年ランキング」を是非参考にしてください。

また消費者金融から土日祝日にお金を借りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

ORIX MONEY
ORIX MONEY
利用限度額審査時間融資までの時間
10万円~800万円最短1時間最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年2.9%~年17.8%-

おすすめポイント

  • 郵送物不要でWEB完結!
  • アプリやインターネットでスムーズに借り入れ・ご返済
  • オリックスグループのサービス優待が利用可能

消費者金融でお金借りる審査の流れ

金融機関でお金を借りる場合、商品によって手続きが大きく異なります。

大まかな流れをまとめると、下記のようになります。

  1. STEP.1

    消費者金融ごとに定められた方法で申込む

  2. STEP.2

    審査の実施

    (必要書類の提出)

  3. STEP.3

    審査結果の回答

  4. STEP.4

    契約手続き

  5. STEP.5

    カードローン業者ごとに定められた方法で融資実行

上記のように、基本的には申し込みから審査手続きに進みます。

注意点として、利用する商品によっては、申込と同時に必要書類を併せて提出しなければならないケースもあります。

事前に確認しておきましょう。

▼プロミスとアコムでの最短申込方法の解説はこちらでご確認ください。

消費者金融で審査に通りやすいところはあるのか

結論からいうと、「審査が甘い」、「在籍確認(あなたの会社への電話確認)がない」というようなカードローンはほとんどありません。

もちろん、カードローン業者によって審査基準は異なるため、審査を通過するための難易度にも差があるのは当然のことです。

しかしそれぞれの自社基準である以上、たとえお金借りれる口コミがあったとしても「甘い・厳しい」という基準を客観的に評価することはできません。

また、残念ながら、お金借りるのに審査なしの金融機関は存在していません。

借入金額のよってはと甘い気持ちを抱きたくなりますが、例えば30万円をキャッシングで借りる場合でも審査なしはありえないのです。

審査時の在籍確認も同様、原則として全てのケースで行われると考えておいたほうが良いでしょう。

審査内容や提出書類によっては内部事情的に在籍確認を簡略するケースがあるかもしれませんが、原則として在籍確認を実施しない消費者金融はほとんどありません。

カードローン審査の内容について、詳しく知りたい方は「カードローンの審査は甘い?通りやすくなるコツも合わせて紹介」を参考にしてみてください。

カードローンで在籍確認がされることに躊躇している方は、こちらの記事を参考にしてください。

お金を借りる相談ができる機関

本当にお金がなくて困っているにもかかわらず、さきほどの消費者金融や銀行など金融機関からお金を借りることができない方もいることでしょう。

それは消費者金融や銀行がお金を貸し出すことは「ビジネス」だからです。そのため、消費者金融や銀行は必ず安定した一定水準以上の収入があることをお金を借りる方へ求めます。

お金を借りる方にある程度の収入がないと、貸したお金を回収することができず、お金を稼ぐビジネスとして成り立たないのです。

そんな消費者金融や銀行などの金融機関と反対の立場でお金を貸してくれる機関があります。

それが国、市役所や民間の福祉団体です。

総合支援資金

お金を借りる相談ができる機関と内容

あまり知られていませんが、実は国からもお金を借りる方法もあります。それは、「総合支援資金」という制度です。

この制度では、失業などによって他からの資金確保が難しい方やお金を借りるのがブラックで不可能な方に対し、生活が軌道に乗るまでの生活資金を融資します。

また、資金難によって住宅の確保が難しい方に対しては、敷金や礼金などの住居費用についての貸付も行います。

融資金額は、

  • 生活支援費...原則3ヶ月間、月20万円まで
  • 住居入居費...敷金、礼金などの住居契約費用として40万円まで
  • 一時生活再建費...就職活動や家賃等の一時立て替え、債務整理費用などとして60万円まで

とそれぞれ規定されています。

これらの資金は、連帯保証人ありの場合は無利子、連帯保証人なしの場合は年1.5%の金利がかかります。

他の融資手段よりも借入条件が良いため、生活が困難な方はこちらを検討するのも1つ手段でしょう。

生活福祉資金

社会福祉法人全国社会福祉協議会が行っている貸付制度の「生活福祉資金」というのもあります。

こちらの貸付けの対象の1つが、「低所得世帯」となっています。つまり一定水準以上の収入がない方への貸付けなのです。
なぜ収入が少ない方へ融資をするのかといえば、必要な支援をすることでお金を借りる方の独立自活を目的としているからです。

福祉制度としての利用ですので、「生活はできているけど、商品やサービスを購入するためのお金がほしい」というケースには活用することができませんので、注意してください。

市役所・区役所でお金の相談が可能!困ったときの支援制度を解説」も参考にしてください。

障がい者の人がお金を借りるには

障がい者の人は健常者と比べると様々な面で不利になります。

特に仕事をしていない場合は返済能力が低く、民間企業からお金を借りるのが難しくなってしまいます。家族や親戚からの支援を受けられないと、非常に厳しい状況に陥ってしまいます。

そのような場合でも、生活福祉資金貸付制度であればお金を借りることができます。

生活福祉資金貸付制度は以下の使途が認められています。

  • 福祉用具等に必要な費用
  • 障害者用の自動車の購入に必要な費用
  • 生活を再建するまでの間に、一時的に必要な生活費
  • 高校、大学、高等専門学校に入学するための費用

資金は、一括と分割のいずれかで貸付されます。

生活福祉資金貸付制度の適用対象かどうかを知りたい場合は、住んでいる市町村の「社会福祉協議会」に問い合わせてください。

親族などの保証人がいれば、無金利で契約することもできます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
このような総合支援資金貸付や生活福祉資金貸付の制度は、要件を満たせば比較的低金利で借りることができ、返済期限も総合支援資金貸付の場合は最長10年、生活福祉資金貸付の場合は最長20年と寛大な対応を取っている点が特徴となっています。ただし、審査に時間がかかるため、融資までにある程度の資金の余裕が必要な点に注意が必要です。

新井 智美

新井さん

目的別にあったお金の借り方

目的別にあったお金の借り方

ここまでいますぐお金を借りたい方、本当にお金を借りるところがない方へ向けての情報について解説してきました。

ここでは、ちょっと視点を変えて「お金の目的別に合ったお金の借り方」を解説していきます。

生活費が足らなくなった場合

生活費が足りなくなった場合、

  • 民間金融機関や消費者金融のサービスを利用する
  • 行政の仕組みを利用する

のどちらかになります。

ただし、行政の仕組みを利用する場合は所得制限などがありますので、多くの方が利用しやすいのは民間のサービスでしょう。

生活費に利用できる民間のサービスとしては、「キャッシング、カードローン」があります。キャッシングやカードローンであれば、借入した資金を生活費に充てることができます。

注意点として、民間のサービスでお金を借入する場合、当然ながら利息が発生します。
利息を支払うことができないような状況であれば民間のサービスは利用せず、行政の仕組みを選択するようにしてください。

事業資金が足らなくなった場合

事業の資金繰りが上手く行かなくなった場合、

  • 日本政策金融公庫を利用する
  • 民間のビジネスローンを利用する

のどちらかの手段を選択することになるでしょう。

日本政策金融公庫の貸付は利率が低く返済期間も長いため、事業資金の確保手段としてまず検討したいところです。

しかしながら、日本政策金融公庫の貸付は融資までに時間を要するため、急ぎで事業資金を確保したいケースには不向きです。

融資をお急ぎの場合は、消費者金融や銀行が取り扱っているビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンについて、詳しく知りたい方は「厳選!ビジネスローンで検討したい事業社を紹介」を参考にしてみてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
即日融資に対応している会社が多いカードローンと異なり、ビジネスローンについては即日融資に対応している会社はかなり少ないという現状があります。資金繰りに悩んでいる場合であれば、ビジネスローン以外にもファクタリングといった手段もありますので、検討の候補に入れてみることをおすすめします。

新井 智美

新井さん

学費を担保したい場合

学費を確保したい場合、学生本人が学費を確保することのできる「奨学金制度」の利用を検討しましょう。
奨学金には、

  • 給付型
  • 貸与型(有利子タイプ、無利子タイプ)

という2通りの種類があり、それぞれ学生の成績などによる条件が定められています。

行政系の機関である「日本学生支援機構」の奨学金制度は、

  • 第一種奨学金...金利なし
  • 第二種奨学金...年0.01%~0.33%

という取り扱いになっています。

ちなみに、各都道府県、育英団体、大学などでも奨学金制度を運営しています。ご自身にとって都合の良い機関へ相談するようにしましょう。

また、2020年度から高等教育無償化が始まっています。詳しくは以下の記事をご参考にしてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
奨学金が振り込まれるのは、原則として大学に入学してからです。したがって、入学するまでの受験料や入学金、自宅外通学の場合の準備金などは自己資金で賄う必要があります。それらの費用が工面できない場合は以下に紹介されている国の教育ローンの利用も合わせて考えるようにしましょう。

新井 智美

新井さん

教育費を担保したい場合

子どもの教育費を確保したい場合、

  • 日本政策金融公庫の教育一般貸付を利用する
  • 民間の教育ローンを利用する

のどちらかを選択する形になるでしょう。

借入条件としては、日本政策金融公庫のほうが利率も低く、借入後の負担も少ないでしょう。

ただし、借入までの手続きや審査にかかる時間も日本政策金融公庫のほうが煩雑です。

したがって、「素早くスムーズに教育費を確保したい」という方は、民間の教育ローンのほうが適しているでしょう。

教育ローンは多くの金融機関で取り扱っていますので、比較検討しつつ、ご自身の希望条件に合った商品を選択してください。

車を購入したい場合

自動車を購入する場合、

  • ディーラーローン
  • 金融機関のマイカーローン

のどちらかを利用する場合が多いです。

金利等の利用条件は金融機関のマイカーローンのほうが有利でしょう。

ただし、ディーラーローンは新車購入時にキャンペーン金利を実施している場合もあります。ケースによってはディーラーローンを選択したほうが、メリットを得られる場合もあるでしょう。

どちらが一概にお得、というわけではありませんので、キャンペーン等を含めて総合的に比較検討するようにしましょう。
▼低金利でお得なマイカーローンについては以下をご参考にしてください。

▼学生がバレずにお金を借りる方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

家を購入する場合

家を購入する場合、

  • 住宅金融支援機構の住宅ローンを利用する
  • 民間金融機関の住宅ローンを利用する

のどちらかになるでしょう。

住宅金融支援機構の商品には「フラット35」などがあり、全期間固定金利型の商品がメインになっています。

対して民間金融機関が取り扱う商品は業者によって大きく異なり、中には実勢金利と連動する「変動金利型」の商品をメインに取り扱っている場合もあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、ご自身の今後のライフプランを想定した上で慎重に検討する必要があります。

▼住宅ローンについては以下をご参考にしてください。

大学生、フリーターでお金を借りるには

大学生やフリーターの人でもお金を借りることはできます。

毎月収入があれば、アルバイトであっても審査に通る可能性は十分あります。

審査で何よりも重視されるのは「継続的な収入源」なのです。
▼学生ローンについては以下をご参考にしてください。

ゆうちょ銀行からお金を借りる

ゆうちょ銀行では、いくつかの貸付制度を取り扱っています。

  • 貯金担保自動貸付け
  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 国債等担保自動貸付け

しかし、そのいずれもが特殊な貸付方法です。

利用するためにはまず担保となるお金や国債を、ゆうちょ銀行に預け入れなければいけません。

例えば最も一般の人が利用しやすい「貯金担保自動貸付け」を例に説明します。

ゆうちょ銀行で預けている定期預金を担保に、預入金額の90%以内だけ借入することができます。これでは借入というより、一時的に定期預金を取り崩しているようなものです。

ゆうちょ銀行でお金を借りるメリット、デメリット

ゆうちょ銀行でお金を借りるメリット・デメリットをまとめてみました。

【メリット】

  • 定期預金を解約しなくても、一時的に取り崩すことができる

【デメリット】

  • 定期預金を開設していなければ利用できない

ゆうちょ銀行からお金を借りるのは、基本的にはできないと考えておきましょう。
ゆうちょ銀行について、詳しく知りたい方は、「ゆうちょ銀行カードローンについてFPが紹介 メリットから弱みまで詳細解説!」を参考にしてみてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
その他にも、民間の保険会社の生命保険に加入している場合は、その保険の種類によっては「契約者貸付制度」を利用することもできます。終身保険や養老保険のような貯蓄性のある保険に限定されますが、借りる際の審査が不要なことや、カードローンよりも低金利で利用できるというメリットがあります。

新井 智美

新井さん

お金を借りる際の注意点

お金を借りる際の注意点は、

  • 毎月返済可能な金額を正確に把握しておく
  • 完済までの期間を決めてから借入する
  • 必要以上の金額を借入しない

の3つです。

全ての点に共通するのは、「計画を立てた上で借入すること」というポイントです。返済シミュレーションツールなど利用できるものは全て活用しつつ、短期的な完済を目指しましょう。

返済困難にならない方法

返済困難な状況に陥らないためには、やはり「自身の返済能力を正確に把握しておくこと」が必要不可欠です。毎月の家計を紙に書き出し、毎月返済に充てられる金額をしっかり把握しておきましょう。

その範囲内で借入すれば、返済困難な状況に陥ることはまずありません。ご自身の将来のためにも、借入は最低限に留めてください。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

まとめ

お金を借りなければならない状況は、精神的な負担も大きいでしょう。
記事内で触れた最適な借入手段を検討しつつ、計画的に借入するようにしてください。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の監修者について

北川 ワタル


北川 ワタル / 公認会計士 ・税理士


2001年、公認会計士第二次試験に合格後、大手監査法人、中堅監査法人にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。 上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、 学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。 2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。 スタートアップ企業の支援から連結納税・国際税務まで財務・会計・税務を主軸とした幅広いアドバイザリーサービスを提供。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら