Operated by Ateam Inc.

イーデス

無職でもお金を借りる方法を徹底解説!

最終更新日:

無職でもお金を借りる方法を徹底解説!
お金を借りる方法
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「無職だけどお金を用意しなければならない…」という方も中にはいらっしゃると思います。

当然ながら、仕事をしている方よりも無職の方のほうが、経済的困難に陥る頻度は高いといえるでしょう。

しかしながら、無職の方が抱える大きな疑問としては、「お金を借りるのに無職でも大丈夫なのか」という点でしょう。

この記事では、無職でお金を借りたい方に向けて解説していきます。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

無職の場合、民間の企業からお金を借りるのはハードルが高いですが、方法がないわけではありません。専業主婦の方であれば、銀行系のカードローンを利用することができますし、高齢者であれば年金を担保として融資を受ける方法もあります。ただ、それぞれにメリット、デメリットがあり、また申し込みから融資までの時間も異なります。自分がどのような用途で利用したいのか、また、いつまでにお金が必要なのかといったそれぞれの状況に応じた借入方法を見つけてください。

▼お金を借りる方法をお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

気になる内容をタップ

無職でお金を借りる方法

「無職」と一言でいっても、全ての人が同じ状態ではありません。無職を大まかに分類すると以下のようにそれぞれ分かれます。

  • 配偶者が収入を得ている専業主婦
  • 年金受給者
  • 独身で、かつ無収入の状態

それぞれの状態によってお金を借りる方法は異なりますので、1つずつ解説していきましょう。

配偶者が収入を得ている専業主婦

配偶者が収入を得ている専業主婦の場合、消費者金融などの貸金業者でお金を借りることは原則できません。

なぜかというと、貸金業者は「貸金業法」という法律の対象になるため、申込不可または配偶者の同意を必須としているケースがほとんどだからです。

しかしだからといって、配偶者が「お金を借りたいので同意してください」と伝えたとしても、同意する方は少ないでしょう。

そのような場合に検討したいのが、「銀行カードローン」です。銀行カードローンは貸金業法の対象ではなく、銀行法が適用されます。

全ての商品で専業主婦が利用可能なわけではありませんが、商品によっては利用できるケースもあります。したがって、配偶者に収入のある専業主婦の方は、銀行カードローンの利用をまず検討するようにしましょう。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
基本的に専業主婦の方は消費者金融系のカードローンに申し込むことはできません。しかし、銀行系のカードローンであれば、利用できる可能性があります。配偶者に収入があり、それを証明できることが要件ですが、ネット銀行などは、専業主婦に向けた貸付が可能である旨、公式サイト記載しています。即日融資は難しいですが、ネット銀行であれば、手続きも比較的簡単に済ませることができますので、利用を考えてみてもいいかもしれません。

新井 智美さん

新井さん

年金受給者

年金受給者の方も、「職に就いていない」という意味で無職に分類される場合があります。しかし、年金での収入があるため、「完全な無収入」というわけではありません。

したがって商品の中には、年金受給者でも利用可能としているものも存在しています。ただし注意点として、消費者金融などの貸金業者においては、年金受給者の利用を不可としているケースが非常に多いです。

検討する際は、銀行の取り扱う商品を優先的にチェックすると良いでしょう。

独身で、かつ無収入の状態

結論からいうと、独身で、かつ無収入の状態でお金を借入するのは非常に難しいです。なぜかというと、貸付する業者から見れば、返済してもらえない可能性が非常に高いからです。

したがって、民間のサービスでお金を借りるのは難しいでしょう。

そこで代替案として、福祉系の制度である「総合支援資金」を利用するという方法もあります。

総合支援資金とは、経済的な事情により自立が困難な人に対し、自立のための経済的な支援を行う制度です。

貸付の対象は、以下6つの条件を満たしている方です。

  1. 低所得世帯で、収入の減少や失業により生活が困難になり、日常生活に支障が生じている
  2. 資金の貸付を受ける方の本人確認が可能であること
  3. 現に住居を有している、または、住宅手当緊急特別措置事業における住宅手当の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること
  4. 関係機関から、貸付後の継続的支援を受けることに同意していること
  5. 支援を行うことにより、自立した生活を営めることが見込まれ、償還を見込めること
  6. 失業給付、就職安定資金融資、生活保護、年金等の他の公的給付または公的貸付を受けることができず、生活費を賄うことができないこと

現状としてお金に困っている方は、こちらの制度を利用することも検討なさってください。

このように、同じ無職であったとしても、それぞれの対処法は異なるのです。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
無職の人がお金を借りるのは非常に難しいでしょう。ただ、無職といっても単に仕事をしていないわけではなく、病気などの理由で仕事ができない人もいます。そのような人に対して貸付を行っているのが、自治体が行っている「生活福祉資金貸付制度」です。低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯などが対象ですが、条件を満たせば無利子で借りることも可能です。返済期間も比較的長めに設定されていることから、条件が合うなら申し込んでみてはいかがでしょうか。ただし、申し込んでから融資が実行されるまでかなりの期間がかかる点は覚えておきましょう。

新井 智美さん

新井さん

無職でも即日でお金を借りられるのか

「無職でも即日でお金を借りられるのか」という疑問に対して回答するならば、非常に難しいと言わざるを得ません。なぜかというと、融資が素早いとされている消費者金融を、無職の方が利用することはできないからです。

したがって、無職という職業属性で利用できる商品が限られてしまう以上、即日の融資は非常に難しいといえます。

銀行カードローンなら専業主婦や年金受給者に対しての融資可能としている商品もありますが、銀行カードローンは即日での融資に対応していません。(2018年1月以降)

年金受給者は、お金は借りることができるのか

結論からいうと、年金受給者でもお金を借りることは可能です。

ただし、どのようなサービスや制度でもお金を借りることができるわけではなく、やはり通常のケースよりは選択肢が限られます。

年金受給者でも利用できる方法を挙げるとすれば、以下2つが該当するでしょう。

  • 年金担保貸付
  • 銀行カードローン

年金担保貸付とは、独立行政法人福祉医療機構が運営している制度で、年金を担保にすることで最大200万円までの融資を受けることができます。融資を受ける際の利率も低く、リスクの低い借入手段だといえるでしょう。

ただし、実際の融資までには少し時間を要しますので、「急いでお金を用意したい」という方には少し不向きです。

次に選択肢として挙がるのが、「銀行カードローン」です。銀行カードローンは消費者金融に比べて融資スピードは劣るものの、公的制度に比べるとスムーズに融資を受けることができます。

もちろん、全ての銀行カードローンが年金受給者の申込を可能としているわけではありませんので、商品はしっかり比較検討する必要があるでしょう。

このように、ご自身の状況に応じた商品を選択するようにしてください。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
最近では、高齢者向けのシルバーローンやシニアローンという商品を提供している金融機関があります。基本的にカードローンを利用するにあたり、年齢条件をクリアしなければなりませんが、多くの金融機関で70歳以下と規定されています。したがって、70歳以上の人が利用できるカードローンは限られているのが現状です。シルバーローンやシニアローンは利用エリアが限られているなど、一般のカードローンに比べると使い勝手が悪いかもしれませんが、カードローンよりも低い金利で借りることもできます。信用金庫などで取り扱っている可能性もありますので、近くにそのような金融機関がある場合は、一度相談してみることをおすすめします。

新井 智美さん

新井さん

無職でお金を借りる際の注意点

無職でお金を借りる際の注意点は、やはりキャッシングがokだったとしても「必要最小限の利用に留めること」です。無職である以上、過度に借入してしまった場合、返済不能に陥ってしまうリスクが高くなってしまいます。

したがって、無職でお金を借りるからこそ、より慎重に返済計画を立てる必要があるということです。

返済計画を立てるコツは、以下3つです。

  • ご自身の支出を紙に書き出し、毎月返済可能な金額を正確に把握すること
  • 完済時期を最初に決めてしまうこと
  • 余裕がある月を基準にするのではなく、余裕がない月を基準に計画を立てること

これらのポイントを押さえることができれば、返済不能に陥ってしまうリスクを最小限に抑えることができます。

特に、カードローンやキャッシングなど、繰り返し利用する際の自由度が高い商品は、借入癖がついてしまいがちです。普段はローンカードを持ち歩かないようにするなど、自己管理を徹底するようにしましょう。

また、返済計画を立てる際は、カードローン会社の公式ホームページ等に設置されている「返済シミュレーション」を活用すると良いでしょう。

返済シミュレーションを活用すれば、毎月の返済額や返済回数、完済までの利息額などを簡単に試算することができます。ぜひ活用してください。

まとめ

「無職だからどこもお金を貸してくれないだろう…」と諦めることはありません。ご自身の状況にもよりますが、場合によっては福祉系の制度を利用できるケースもあります。

返済計画をしっかり立てつつ、決して無理のないよう誠実に完済しましょう。

お金を借りる流れや、審査をスムーズに通す方法など幅広い視点でもっと知りたいという方は「お金を借りる理由とは?借金に対する価値観の調査&ケース別お金を借りる方法」もあわせてチェックしてくださいね。

お金を借りる方法の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.