Operated by Ateam Inc.

イーデス

楽天証券のiDeCoはポイントがつかない?楽天カード払いでポイントは貯まる?

最終更新日:

監修者

伊藤亮太

編集者

小林 梨沙

楽天証券のiDeCoはポイントがつかない?楽天カード払いでポイントは貯まる?
楽天証券の評判・口コミ
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
  • 楽天証券のiDeCoはポイントがつかないってホント?
  • 楽天証券のiDeCoならポイントを貯めながら資産形成できる?
  • 楽天カードで楽天証券のiDeCoの掛け金の支払いはできる?

楽天証券のiDeCoは、投資信託の保有残高に応じた楽天ポイント付与サービスがなく、楽天カード払いの設定もできません。

iDeCoで楽天ポイントを貯めたい人は、iDeCoの掛金の引き落とし金融機関を楽天銀行にし、楽天銀行との連携「ハッピープログラム」にエントリーする必要があります。

この記事では、楽天証券でiDeCoを利用したい人向けに、楽天ポイントサービスや楽天カードとの連携等について、解説します。

最後まで読めば、楽天証券のiDeCoが、お得にポイントを貯めたり使ったりできるかを理解し、自分に向いているのかを判断する参考となるでしょう。

【掲載情報について】
2023年10月24日時点の情報を掲載しています。

総合口座/NISA口座
との同時開設がおすすめ!

楽天証券の
公式サイトはこちら
既に総合口座/NISA口座を
お持ちの方はこちら

楽天証券iDeCoの
公式サイトはこちら

気になる内容をタップ

楽天証券のiDeCoは楽天ポイントがつかない?

楽天証券では、ただiDeCoで投資信託を購入するだけでは、ポイントをもらうことができません。

iDeCoで投資信託の購入による楽天ポイントについて

一方で、iDeCoの掛け金の引き落とし金融機関を楽天銀行に指定すれば、ポイントが貯まります。

iDeCo専用チャットポット

【参考】iDeCo専用チャットボット|楽天証券

楽天ポイントを貯めるには、楽天証券と楽天銀行の連携プログラム(ハッピープログラム)にエントリーする必要があります。

auカブコム証券のiDeCoならPontaポイントが貯まる

auカブコム証券であれば、iDeCoで投資信託を買うだけで、保有残高に応じてPontaポイントが貯まります。

ポイント対象商品の
月間平均保有残高が100万円の場合
au通信契約ありau通信契約なし
ポイント1,000ポイント500ポイント

また、auカブコム証券のiDeCo加入期間ごとの累計還元ポイントは、40年間で累計337,789ポイントとなっています。

ただし、すでに楽天証券で投資を行っている楽天ユーザーの場合、iDeCoの金融機関は、同じ楽天証券でそろえた方が管理しやすいというメリットもあります。

auカブコム証券の
公式サイトはこちら

楽天カード払いにすれば楽天証券のiDeCoでポイントが貯まる?

楽天証券のiDeCoは、クレジットカード払いの設定ができません。

同じ楽天グループの楽天カードも使用できないため、クレカ払いによる楽天ポイント獲得は狙えません。

【参考】iDeCo専用チャットボット|楽天証券

楽天証券のiDeCoで楽天ポイントを貯める方法はあるのか?

楽天証券のiDeCoでは、楽天銀行との連携プログラム(ハッピープログラム)にエントリー後、iDeCoの掛金の引き落とし金融機関を楽天銀行に指定することで、楽天ポイントもらえます。

もらえるポイントは、1件の引き落としにつき、1~3ポイントです。

引き落とし1件ごとに付与される
楽天ポイント
サービスベーシック/
アドバンス
プレミアムVIP/
スーパーVIP
口座振替
(自動引落)
1pt2pt3pt

楽天銀行との連携で楽天ポイントをもらう設定方法

楽天証券のiDeCoで、掛け金の引き落とし金融機関を楽天銀行に指定しただけでは、楽天ポイントをもらえません。

マネーブリッジの登録とハッピープログラムへのエントリーまで完了して、楽天ポイントを獲得することができるので、すべての手続きを忘れないよう注意が必要です。

楽天証券のiDeCoで楽天ポイントを獲得する方法

  1. 楽天証券でiDeCoを申し込み
  2. 楽天銀行で口座開設
  3. 楽天証券のiDeCoで、掛け金の引き落としに楽天銀行を指定
  4. 楽天銀行でマネーブリッジとハッピープログラムにエントリー

楽天証券のiDeCoと楽天銀行の口座を開設できたら、iDeCoの掛け金の引き落とし口座の設定を行います。

最後に、楽天銀行と楽天証券を結びつけるために、マネーブリッジの申し込みと、ハッピープログラムへのエントリー手続きを行いましょう。

※引用元:
iDeCo(個人型確定拠出年金)の掛け金のお引き落とし|振込・支払|楽天銀行
ハッピープログラム | 銀行連携 | 楽天証券

楽天ポイントがつかなくても楽天証券のiDeCoがおすすめな理由

おすすめの理由①
一般の証券口座とiDeCo口座を楽天証券でまとめて管理できる

NISAの非課税口座、課税口座、iDeCoの口座を全て楽天証券で開設して取引すると、自分の資産を一括で管理しやすくなるのがメリットです。

全て楽天グループでそろえると、ポイントが分散されず、楽天ポイントが貯まりやすくなります。

10年20年と長期で行う資産運用では、普段の口座管理のメンテナンスの手間をいかにシンプルにするかが、長期運用を成功させるポイントです。

NISAも課税口座もiDeCoも1つの証券会社でまとめて取引すれば、アカウント管理や残高確認、書類の確認の窓口証券会社が1つになり、自分の資産管理が大きなストレスなく行えるでしょう。

総合口座/NISA口座
との同時開設がおすすめ!

楽天証券の
公式サイトはこちら
既に総合口座/NISA口座を
お持ちの方はこちら

楽天証券iDeCoの
公式サイトはこちら

おすすめの理由②
楽天証券のiDeCoは運営管理手数料0円

iDeCoでは、加入時にかかる手数料に加え、国民年金基金連合会や運営管理機関に毎月支払う手数料がかかります。

楽天証券でiDeCoを行う場合、楽天証券に支払わなければならない運営管理手数料は0円です。

運営管理手数料一覧
金融機関名運営管理手数料
ネット証券 楽天証券0円
SBI証券0円
総合証券野村證券0円
大和証券0円
銀行みずほ銀行0円
(残高50万円以上)

楽天証券は、SBI証券などと同様に、運営管理費用が0円と最安値なので、安心してiDeCoの運用が行うことができます。

総合口座/NISA口座
との同時開設がおすすめ!

楽天証券の
公式サイトはこちら
既に総合口座/NISA口座を
お持ちの方はこちら

楽天証券iDeCoの
公式サイトはこちら

おすすめの理由③
楽天証券のiDeCoは32本の商品から選べる

楽天証券の取扱商品の中には、日本や、先進国のインデックス投資信託や、商品の手数料が安いノーロードと呼ばれるものも含まれています。

iDeCoでは、先進国、新興国、債券、コモディティ、元本確保型などの中から、3~5つほどの商品を購入すれば、分散効果を高めることができます。

取扱商品数は5大ネット証券で比較すると、最大手のSBI証券や松井証券に劣ります。

しかし、楽天証券も32本の商品があるので、特に問題なく商品を選ぶことができ、自分に合った商品が見つかるでしょう。
※2023年10月24日時点

おもなネット証券の取扱商品数
金融機関名商品数
楽天証券32本
SBI証券87本
マネックス証券27本
auカブコム証券27本
松井証券 40本

※2023年10月24日時点

総合口座/NISA口座
との同時開設がおすすめ!

楽天証券の
公式サイトはこちら
既に総合口座/NISA口座を
お持ちの方はこちら

楽天証券iDeCoの
公式サイトはこちら

まとめ

楽天証券のiDeCoでは、iDeCoの掛け金の引き落とし金融機関を楽天銀行に指定する方法でしか、楽天ポイントを貯めることができません。

しかし、楽天証券は、日本を代表する最大手ネット証券として、サービスや使い勝手もよく、楽天ポイントだけではない、様々なメリットがあります。

これからiDeCoを始めようと考えている方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、楽天証券を一つの選択肢として、ぜひ検討してみましょう。

楽天証券の評判・口コミの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE