Operated by Ateam Inc.

【保存版】楽天経済圏の始め方を解説!効率よくポイントを貯める裏技も紹介します

最終更新日:

【保存版】楽天経済圏の始め方を解説!効率よくポイントを貯める裏技も紹介します
楽天証券の評判・口コミ
専門家:

菊地崇仁

イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

  • 楽天経済圏のお得な始め方を知りたい!
  • どうすれば楽天経済圏を活用して生活できるの?
  • 楽天経済圏って結局お得なの?

楽天経済圏とは

楽天経済圏は、生活に関わるサービスを楽天に統一し、楽天ポイントを貯める・使うといったサイクルを作ること。

楽天経済圏で得られるポイントを使ってお得に投資ができるので、楽天証券で投資を始めるなら、楽天経済圏も併せて始めることをおすすめします。

例えば、月に得られるポイントが1,000ポイントの場合、1,000円分の投資商品を購入することができます。

ただし、SPUポイントは期間限定だったり、ポイント狙いでサービス申込んで無駄な出費が増えたりするなど、注意点も理解した上でお得に楽天経済圏を活用しましょう。

楽天ポイントがお得に貯まる

この記事では、楽天経済圏の特徴・始め方・注意点からシミュレーションまで、まるっと紹介します。

【掲載情報について】
2022年11月8日時点の情報を掲載しています。

最後にはよりポイントをゲットできる裏技も紹介しているので、最後まで読んで普段の生活をお得に過ごしていきましょう。

\ 動画で簡単解説! /

菊地崇仁
菊地崇仁

株式会社ポイ探 代表取締役

SNSXSNS

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。

2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。

約100枚のクレジットカードを保有、年間約150万円の年会費を支払っている、まさにクレジットカードの専門家。
一般カードからプラチナカードまで幅広い層のカードを実際に保有・利用し、日々様々なメディアにて、使った人にしか分からない信用できる情報提供を行っています。所有されているすべてのカードを月に1度は必ず利用しながら、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。

【主な著書】
新かんたんポイント&カード生活 (自由国民ムック)

気になる内容をタップ

楽天経済圏とは?

楽天はECサイトだけではなく、証券会社・銀行・でんき・携帯電話といった普段の生活に関わるサービスも展開しています。

そのため、それらを全て楽天に統一することで、ポイントを貯める・ポイントを使うといったサイクルを作り出すことができます。

これが楽天経済圏です。

楽天にはどんなサービスがある?

楽天は幅広くサービスを展開していますが、楽天経済圏で重要になってくるのは、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象になるサービスです。

SPUは、対象の楽天サービスを使うことで、楽天市場でのポイント還元率が上がるという仕組みです。

最大でポイントは+15.5倍になるため、楽天ポイントをお得に集めたい人はチェックしておきましょう。

サービス倍率達成条件
楽天モバイル
初利用でボーナスポイント
最大+3倍対象サービス契約+会員ランク特典
楽天モバイルキャリア決済+0.5倍月に2,000円以上の料金をお支払い

楽天ひかり
初利用でボーナスポイント

+1倍対象サービスをご契約
楽天カード
初利用でボーナスポイント
+2倍楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード+2倍楽天カード(プレミアム)を利用して楽天市場でお買い物
楽天銀行
+
楽天カード
初利用でボーナスポイント
最大+1倍楽天銀行の口座から楽天カードご利用分を引き落とし
楽天証券 投資信託
初利用でボーナスポイント
+0.5倍

当月合計3万円以上のポイント投資(投資信託)

楽天証券 米国株式+0.5倍

当月合計3万円以上のポイント投資(米国株式 )円貨決済)

※米国積立および買付手数料無料(海外ETF除く)

楽天ウォレット+0.5倍

暗号資産現物取引で月に合計3万円以上購入

(ポイント交換含む)

楽天トラベル+1倍対象サービスを月1回5,000円以上予約し、対象期間の利用
※バスのご予約は対象外
楽天ブックス
初利用でボーナスポイント
+0.5倍月1回1注文1,000円以上お買い物
※クーポン割引後の税込金額
楽天Kobo+0.5倍電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物
※クーポン割引後の税込金額
楽天Pasha+0.5倍トクダネ月に300ポイント以上獲得し、「きょうのレシートキャンペーン」にて審査通過レシート10枚以上達成
Rakuten Fashion
アプリ
+0.5倍Rakuten Fashionアプリで
Rakuten Fashion商品を月1回以上お買い物
楽天ビューティ+0.5倍月1回3,000円以上利用
※クーポン割引後の税込金額
楽天経済圏を始める

楽天経済圏を始めてみよう

それでは実際に楽天経済圏を始めていきましょう。

決まった順番はないので、自分が始めやすいものから始めることをおすすめします。

また、サービスによってはキャンペーンが開催されていて、契約するだけでポイントをゲットできる場合もあるので、最新情報は公式サイトを確認してください。

【+2倍】楽天カードを作る

楽天カードは年会費無料のクレジットカードですが、ショッピング利用で1.0%還元、楽天市場で利用すると3%還元という高還元率カードです。

後述する楽天証券では、楽天カードでの投資信託の購入が可能になっています。

そのため、楽天経済圏をフル活用する為には必須の1枚といえるでしょう。

クレカ積立におすすめのクレジットカード!

カード楽天カード

年会費永年無料

クレカ積立

ポイント付与率

0.5% or 1.0%
リンク
新規入会&利用で5,000ポイントもらえる!

【+4倍】楽天市場をよく使うなら楽天プレミアムカードがおすすめ

楽天カードには上位カードとして、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードが用意されています。

年会費はそれぞれ、2,200円(税込)、11,000円(税込)です。

しかし、SPUの対象になっているのは楽天プレミアムカードのみとなっているので注意しましょう。

楽天プレミアムカードは楽天カード利用分のポイント還元と合わせると+4倍のポイント還元を受けられます。

楽天市場を良く利用する人の場合、楽天プレミアムカードを作ることをおすすめします。

ただし年会費が11,000円(税込)かかってしまうため、年会費分のポイントを手に入れないと損になってしまいます。

年会費分のポイントを貯めるための利用額の目安は、年間55万円、月にすると約45,000円です。

この金額を楽天市場で利用するなら、楽天カードではなく楽天プレミアムカードをおすすめします。

【+1倍】楽天証券でつみたてNISAを始める

楽天証券は楽天ポイントが貯まるだけでなく、使うことができる証券会社です。

楽天証券もSPUの対象となっており、楽天ポイントコースの設定をして、月一回500円以上のポイント投資を行うことで、+1倍を得ることができます。

特には、投資商品の保有金額によって毎月ポイントが貰えたり、楽天カードでの決済が可能だったりとメリットが多いためおすすめです。

つみたてNISAできる投資信託は6月現在199本あり、証券会社によって選べる本数は変わります。

中には数本しか扱っていない証券会社もありますが、楽天証券は2022年4月8日時点で181本の中から選ぶことができます。
【参考】つみたてNISA取扱商品|楽天証券

また、つみたてのタイミングも毎月の他に、毎日も選ぶことができます。

より細かく分散投資したいという人にとっては嬉しいですね。

口座開設については以下の記事で実際の画面を使いながら紹介しています。

まだ口座を持っていない人は、この機会に初めてみてはいかがでしょうか。

取引手数料が安く、楽天ポイントが貯まる&使える!

おすすめな理由

    • NISA口座数No.1!2人に1人が楽天証券を利用(※)
    • 取引に応じて楽天ポイントが貯まる&使える
    • 日本経済新聞が無料で読める
※:証券会社でつみたてNISAを利用している2人に1人
投資信託外国株ミニ株IPOポイント投資
丸二重丸丸丸楽天ポイント
国内現物取引の手数料(税込)
取引金額約定ごと定額制手数料0円コース※
10万円99円0円
丸
30万円275円0円
50万円275円0円
100万円535円0円
※Rクロス・SOR利用が必要

【+1倍】楽天銀行を開設し楽天カード・楽天証券と紐づける

楽天銀行は楽天が運営するネット銀行です。

コンビニで入出金することができ、ATM手数料は最大月7回まで無料となっています。

楽天銀行の口座から楽天カードの利用金額を引き落とす設定にすることで、SPUの対象となり+1倍を得られます。

また、楽天銀行は楽天関連サービスと相性が良い銀行です。

例えば。楽天証券と口座連携のマネーブリッジを設定することで、入出金が簡単になるだけでなく、通常の5倍の金利となる0.1%の優遇金利を受けることができます。

2021年時点でメガバンクの金利は0.002%以下※となっており、金利面だけ見ても優れているといえるでしょう。

他にも返済口座を楽天銀行に設定して、楽天銀行の住宅ローンを組むことでポイントがお得に貯まるハッピープログラムのランクが1ステージアップします。

住宅ローンを検討している人は注目したいポイントですね。

※出典:みずほ銀行

【参考記事】

【+1倍】楽天モバイルに契約して固定費を削減

楽天モバイルは契約することでSPUの対象となり+1倍を得られます。

また楽天モバイルは、2021年6月現在、3,278円(税込)/月のプランが3ヶ月無料となっています。

大手通信会社と比較すると大きく費用を抑えることができるので、この機会に検討してみても良いかもしれませんね。

契約事務手数料だけでなく、契約解除料も無料となっているため、万が一の時にも安心です。

【+1倍】楽天ひかりでネットも楽天に

楽天ひかりは契約することでSPUの対象となり+1倍を得られます。

楽天ひかりの最大のメリットは、IPv6に対応しており、回線速度が最大1Gbpsとなる点です。

近年はコロナの影響もあり、自宅で仕事をする人も増えてきました。

その中でストレスを感じない回線スピードの重要性は上がってきているといえるでしょう。

楽天ひかりはフレッツ光の回線を利用するため、フレッツ光が導入済みの場合、回線工事が不要なのも嬉しい点です。

また、2022年7月時点で、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵの契約で楽天ひかりも月額基本料が1年無料になるというキャンペーンが開催されています。

楽天モバイルは3ヶ月間は無料なので、携帯料金・ネット料金を3ヶ月無料で過ごせるのは嬉しいですね。

楽天経済圏で余裕があれば検討したいサービス

ここまで楽天経済圏を始めるにあたって、おすすめしたいサービスを紹介しました。

上記のサービスを全て契約するとポイント還元率は基本の+1倍と合わせて9.5倍になります。

ここからは更にポイント還元率を上げたいという場合に、余裕があれば利用してほしいサービスを紹介します。

【+1倍】楽天トラベル

楽天トラベルは月1回5,000円(税込)以上予約した場合、申し込み月のポイント還元率が+1倍になります。

ただしバスの予約は対象外となるので注意しましょう。

【+1倍】楽天ブックス・楽天Kobo

楽天ブックス、楽天Koboで月一回1,000円(税込)以上の注文をすると、申し込み月のポイント還元率が+0.5倍になります。(合わせて1倍)

楽天ブックスは送料が無料なので、本を読むという人は他のECサイトではなく、楽天ブックスで購入してみてもいいかもしれません。

【+1倍】楽天ビューティー

楽天ビューティーは月一回3,000円(税込)以上の利用で申し込み月のポイント還元率が+1倍となります。

また、アプリ経由で予約するとポイントが2倍になるキャンペーンが毎月開催されているので、利用する場合はエントリーを忘れないようにしましょう。

【+0.5倍】楽天Pasha

楽天Pashaは対象の商品を購入し、そのレシートの写真を撮影し送ることでポイントを貯めるサービスです。

そのポイントを100ポイント以上獲得した場合、その月のポイント還元率が+0.5倍となります。

楽天経済圏で1年間過ごしてみたシミュレーション

ここまで紹介したサービスを活用した場合、どのぐらいのポイントを獲得することができるのか、シミュレーションをしていきます。

前提は以下の通りです。

前提条件


  • 保有カードは楽天プレミアムカード
  • 毎月1万円は楽天市場で買い物をする
  • 楽天市場はアプリを利用(+0.5倍)
  • 固定費は全て楽天カードで決済する
  • 不定期に開催されるスーパーセールはなしで計算する

この条件で計算すると得られるポイントはこのようになります。

費用/月還元率得られるポイント/年
楽天市場

¥10,000

8.50%10,200(SPUポイント)
¥10,0001%1,200(通常ポイント)
楽天証券¥30,0001%3,600
楽天モバイル¥3,0001%360
楽天ひかり¥1,8001%216
ガス・水道¥4,0000.2%96
コンビニなど¥30,0001%3,600
その他固定費¥10,0001%1,200
合計20,472

楽天市場と固定費のみで年間で約2万ポイントを得ることができました。

SPUポイントは投資信託には回せませんが、それ以外の通常ポイントは回すことができます。

ポイント内訳得られるポイント/年
SPUポイント10,200
通常ポイント10,272

年間で得られる通常ポイントは、10,272ポイント。

つまり約1万円分の投資資金を楽天経済圏で生活することで得られるのです。

また、実際の生活ではこのほかに、旅行や家電の買い替えなどの費用発生もあると考えられます。

不定期に開催される楽天スーパーセールと併せた場合、年間4万ポイントを得られる可能性も少なくありません。

楽天経済圏で得たポイントで投資信託をした場合

約1万円分ポイントを楽天証券のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)へ投資したとしましょう。

毎月のつみたて金額は800ポイント分です。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は5年投資した場合の年率が16.40%なので、5年後には73,635円となります。
※年率は2021年6月28日時点のもので計算

利益は25,635円です。

大きな利益は求められませんが、コツコツと投資することで利益を得られる可能性は高いでしょう。

楽天証券でおすすめの投資商品は以下の記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

※出典:eMAXIS Slim 米国株式 リターン(年率)楽天証券分類平均

楽天経済圏を始めるにあたっての注意点

楽天経済圏は活用することでポイントを多く貯めることができ、支払いもポイント優先にすることで家計の負担を減らすことができます。

しかし、以下の注意点には気を付けましょう

楽天経済圏を活用する際の注意点

それぞれ解説していきますね。

無理なサービスは利用しない

楽天SPUは多くのサービスは対象となっています。

そのため、あれもこれもとサービスを契約しがちです。

しかし、普段使わないサービスを契約してしまっても、使わなくなったり、出費が余計に増えてしまったりと本末転倒な結果になりかねません。

そのため、SPUの対象サービスを全て契約するのではなく、自分が利用する範囲で無理なくサービスを契約するようにしましょう。

SPUポイントは期間限定

SPUで獲得するSPUポイントは期間限定ポイントとなっており、有効期限が付与月の翌月末日23時59分となっていたり、ポイントの利用先が決まっていたりと制限があるので注意しましょう。

例えば、楽天証券ではSPUで獲得したポイントは利用することができません。

SPUポイントの使い道でおすすめなのは、楽天モバイルや楽天でんきといった固定費です。

せっかくゲットしたポイントを無駄にしない為にも、支払い方法の設定は忘れないように確認しておきましょう。

楽天経済圏にプラスしたい裏技

ここからは楽天経済圏にプラスして、より日々の生活をお得に過ごすための裏技を紹介します。

楽天経済圏と併せて使える内容なので、ぜひ取り入れてみて下さいね。

楽天ペイでポイント3重取り

楽天ペイは利用できる店舗数が少ないものの、場合によってはポイントを3重取りすることができるため、楽天経済圏で生活している人にはおすすめのQRコード決裁です。


ポイント3重取りの方法
STEP1楽天カードで楽天キャッシュにチャージ
STEP2楽天ペイで決済
STEP3提携ショップの場合、楽天カードかモバイル版も含めた楽天ポイントカードを提示

また、楽天ペイではSPUポイントを利用することができます。

期限切れでポイントを無駄にしがちな人は利用することをおすすめします。

楽天ふるさと納税でポイントをゲット

楽天ふるさと納税は、楽天市場を経由して申し込むため、SPUで上げた還元率を活かすことができます。

通常のふるさと納税では、大きなポイント還元はほとんどないので、税金の控除を受けつつ大きなポイント還元を受けられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、SPU以外にも楽天スーパーセールや5と0の日が付く日に合わせることで、最大30%のポイント還元を受けることも可能です。

まとめ

この記事では、楽天経済圏とは何か、始め方から実際のシミュレーションまで紹介しました。

楽天経済圏を始める場合は、以下のサービスから順番に始めていく事がおすすめです。

  1. 楽天カード
  2. 楽天証券
  3. 楽天銀行
  4. 楽天モバイル
  5. 楽天ひかり

中でも楽天証券はポイントで資産を増やせる可能性があるため、投資を検討している人はぜひ開設してくださいね。

楽天証券の評判・口コミの関連記事

楽天証券の株の買い方・注文方法は?初心者に分かりやすく解説【iSPEED/WEB】
楽天証券の評判・口コミ

楽天証券の株の買い方・注文方法は?初心者に分かりやすく解説【iSPEED/WEB】

2023年11月21日

イーデス編集部

イーデス編集部

楽天証券は日経新聞が無料で読める?通常版の日経テレコンとの違いは?
楽天証券の評判・口コミ

楽天証券は日経新聞が無料で読める?通常版の日経テレコンとの違いは?

2023年11月17日

佐藤 真奈美

佐藤 真奈美

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.