Operated by Ateam Inc.

イーデス

【2024】岡三オンラインの評判がやばい?手数料が高い岡三証券との違いとは

最終更新日:

監修者

伊藤亮太

岡三オンラインの評判がやばい?手数料が高い岡三証券との違いとは
岡三オンラインの評判・口コミ
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

岡三証券グループのネット証券「岡三オンライン」で実際に口座開設している人の評判・口コミは以下です。

岡三オンラインの悪い評判・口コミ

岡三オンラインの良い評判・口コミ

岡三証券グループの強みを生かした情報やツールの提供、取引に関しても定額プランなら1日の合計約定代金が100万円までなら株式手数料0円といった魅力があります。

一方、中国株取引のみ電話注文は可能なものの、基本、外国株の取扱がありません。

この記事では、岡三オンラインのサービスを実際に利用している方々からの評判・口コミを紹介します。

【たったの5分で申し込み完了】
最短翌日で購入可能 
最大3カ月間の国内株式の取引手数料を全額キャッシュバック!

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

気になる内容をタップ

岡三オンラインの悪い評判・口コミ

実際に岡三オンラインのサービスを使って取引している投資家が感じる悪い評判・口コミとして以下のような意見があります。

単元未満株の手数料が割高

岡三オンラインには「単元未満株の手数料が割高」という悪い口コミがあります。

岡三オンラインの口コミ

マニフィセント(男性/40代)

4

単元未満株についてもこの証券会社で利用する事ができますが、ほかの証券会社のサービスと比較すると、手数料などがかかってしまうので、それほど魅力を感じなかったです。
ミニ株等のサービスが充実しているほかの証券会社のようになってくれるとよいです。

  • 手数料 3.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 5.0
  • 銘柄検索のしやすさ 5.0
  • サポートの手厚さ 5.0

岡三オンラインの口コミ

たけっち(男性/40代)

4

岡三オンラインが単元未満株も取り扱っているというのは評価できるポイントだと思います。
ただ、大きなリターンを得るのが難しいですし取引手数料も2万円までなら税込で220円とそれほど高くはないものの馬鹿にならない手数料です。
通常の株式取引での手数料が100万円まで0円なのですから0円になったらちょっとは投資を考えます。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 3.0
  • 銘柄検索のしやすさ -
  • サポートの手厚さ 2.0

岡三オンラインの単元未満株の手数料は、以下のとおりです。

単元未満株の手数料

1注文の約定代金手数料(税込)
~2万円

220円

~3万円

330円

~10万円

660円

以降10万円増加毎に

660円ずつ増加

※2023年2月22日現在

大手ネット証券の単元未満株の手数料をみると、下記となります。

  • SBI証券の「S株」(※3)
    買付手数料は0円
    売却手数料は0円
  • 楽天証券の「かぶミニ」(※3)
    買付手数料は0円
    売却手数料は0円
    (別途スプレッド0.22%あり)
  • auカブコム証券の「プチ株」:
    約定代金の税込0.55%
    (最低手数料は税込52円)
  • マネックス証券の「ワン株」:
    買付手数料は0円
    売却手数料は約定代金の税込0.55%(※1)
    (最低手数料は52円)(※2)

※1:買いは無料のため、実質的には0.275%
※2:買いの最低手数料は無料
(2023年2月22日現在)
※3:SBI証券と楽天証券は単元未満株取引の売買手数料を0円に引き下げ(2023年10月時点)

例えばSBI証券のS株の場合、売買手数料が無料でスプレッドもかからないのでコストをかけずに取引することができます。

SBI証券のS株は取引コストをかかけずに、ワンコインで株の購入が可能なので初心者の方もはじめやすいでしょう。

このように、大手ネット証券は岡三オンラインより手数料が安いので、単元未満株のコストを抑えたい人におすすめです。

国内株式個人取引シェアNo.1!

SBI証券の
公式サイトはこちら

投資信託の取り扱い本数が大手ネット証券よりも少ない

岡三オンラインの投資信託のラインナップについて、「取り扱い本数が大手ネット証券よりも少ない」という悪い口コミがあります。

岡三オンラインの口コミ

玲子(女性/50代)

4

岡三オンラインで投資信託は利用していません。
理由としては、投資信託の取り扱っている銘柄が他社の大手ネット証券会社と比較すると少な目だからです。
大手ネット証券会社なみに多くなってくれればさらに選択肢が広がって投資しやすいのになと感じます。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 4.0
  • 取扱銘柄 4.0
  • 銘柄検索のしやすさ 4.0
  • サポートの手厚さ 5.0

岡三オンラインの口コミ

ひろばん(男性/40代)

5点

投資信託はここでは投資をしていません。
その理由は取り扱っている投資信託の本数が少ないからです。
投資をしたい投資信託がないこともありますので、投資信託に関しては取扱っている本数が多い他社のネット証券会社を利用しています。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 5.0
  • 銘柄検索のしやすさ 5.0
  • サポートの手厚さ 5.0

岡三オンラインの口コミ

大造じいさん(男性/20代)

4

投資信託の数が少し物足りなく感じます。
他社で取り扱われている投資信託を探しても見つからないことがよくありました。
購入手数料がかからないところは良心的だと思います。
今後も継続して投資し、長く続けていきたいです。

  • 手数料 4.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 4.0
  • 銘柄検索のしやすさ 4.0
  • サポートの手厚さ 3.0

岡三オンラインで取り扱う投資信託は、657本です。
※2023年2月22日現在

大手ネット証券5社が取り扱う投資信託の本数は、2023年2月22日現在で以下となっています。

いずれも岡三オンラインの取り扱い本数より大幅に多いため、「できるだけ多くの投資信託の中から選びたい」と考える人にとって、岡三オンラインのラインナップでは物足りなく感じてしまうでしょう。

もしも、より多くの選択肢の中から投資信託を選びたい場合は、大手ネット証券を利用することをおすすめします。

その中でも取り扱い本数が2,600本を超えるSBI証券楽天証券であれば、豊富な選択肢から投資信託を選ぶことが可能です。

SBI証券の
公式サイトはこちら

楽天証券の
公式サイトはこちら

岡三オンラインと岡三証券のオンライントレードとを間違えそうになり、紛らわしい

岡三オンラインには「岡三証券のオンライントレードと間違えそうになる」「岡三証券のオンライントレードと名前が似ていて紛らわしい」という不満の口コミがあります。

「オンライントレード」とは、同じ岡三グループの岡三証券が提供するオンライントレードサービスです。

岡三オンラインと岡三オンライントレードには、どちらも「オンライン」という言葉が入るため、混同する人がいるようですが、まったく関係ありません。

なお、岡三オンラインは、2022年1月1日に岡三証券と経営統合することから、社名が「岡三証券」に変わります。

岡三証券株式会社を存続会社とする吸収合併であることから、会社としての岡三オンラインは無くなりますが、岡三証券内の独立事業部門である「岡三オンラインカンパニー」としてサービスの提供を続けることになるのです。

そのため、統合後は、「岡三オンライントレードと間違えそうになる」ということは次第に無くなっていくでしょう。

岡三オンラインのアプリをアクティブにするとログインや出金のメールが来て煩わしい

岡三オンラインの悪い口コミに、「アプリをアクティブにすると、ログインや出金のメールが来て煩わしい」というものがあります。

岡三オンラインでは、2020年10月7日から、証券取引口座にログインした場合や出金手続きを行った場合に、登録の代表メールアドレス宛に、操作を行った内容を知らせるメール配信を行っています。

背景には、2020年9月に発生した、大手ネット証券への不正アクセス事件があると考えられます。

この時、第三者からの不正アクセスにより、顧客が保有する有価証券が売却されたうえ、顧客名義の出金先口座から第三者による出金が行われ、総額1億円近くもの顧客資産が流出したのです。

この事件をきっかけに、多くの証券会社がいっそうのセキュリティの強化に取り組みました。

岡三オンラインのメール配信も、本事件を受けたセキュリティ強化の一環であると考えられます。
なお、このメールの配信停止はできません。

登録メールアドレスを使用頻度の低いものに変更すれば、煩わしさは多少軽減されるかもしれません。

ただし、不正ログインや不正出金をすぐに把握できず、対応が遅れてしまう可能性があるため、やめた方が良いでしょう。

岡三オンラインの良い評判・口コミ

実際に岡三オンラインのサービスを使って取引している投資家が感じる良い評判・口コミとして以下のような意見があります。

 IPOは資金不要で申込める

岡三オンラインのIPOについて、「資金がなくても申込める点がメリット」という良い口コミがあります。

IPOでは、証券会社によって入金タイミングが異なり、マネックス証券やSMBC日興証券のように、IPOの申込時に購入資金を入金しなければならない会社があります。

しかし、岡三オンラインは購入資金を入金しなくても申込でき、当選または補欠当選した場合に入金することになります。

申込時に購入資金を入金しなければならない会社の場合、抽選結果が出るまで資金が拘束されてしまいます。

入金後、すぐに抽選が行われれば良いのですが、入金のタイミングによっては1週間ほど資金が拘束されることもあるのです。

少ない資金でIPOに申込む場合、資金拘束によって資金が足りず、同時期の他のIPOに申込めなくなるかもしれません。

しかし、岡三オンラインの場合、実際に当選(または補欠当選)した場合のみ資金が必要なので、同時期の他のIPOに資金を回すことができます。

少ない資金をうまく活用し、できるだけ多くのIPOに申込みたい投資家にとって、使いやすい証券会社であると言えるでしょう。

なお、野村證券、SBIネオトレード証券、松井証券も資金不要でIPOに申込めます。

【たったの5分で申し込み完了】
最短翌日で購入可能 
最大3カ月間の国内株式の取引手数料を全額キャッシュバック!

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

定額プランは、現物・信用ともに合計100万円までなら手数料無料

岡三オンラインには「定額プランは、現物、信用ともに、1日の約定代金の合計が100万円までであれば手数料無料なのが良い」という良い口コミがあります。

岡三オンラインの口コミ

藤巻(男性/20代)

4

定額プランで私には十分と思っております。というより大抵の人間であれば定額プランで十分な取引が出来るはずです。100万円までの取引なら手数料がかからないため,少額取引に強いトレードが出来るというのはかなり魅力な点といえます。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 3.0
  • 取扱銘柄 3.0
  • 銘柄検索のしやすさ 3.0
  • サポートの手厚さ 4.0

岡三オンラインの口コミ

ひろばん(男性/40代)

5点

1日の約定金額が100万以下までならば一切取引手数料がかからないようになっていますので、少額での取引ならば充分過ぎます。
100万円を超える現物の株取引をしなければ、このネット証券会社はかなり魅力的なものになっています。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 5.0
  • 銘柄検索のしやすさ 5.0
  • サポートの手厚さ 5.0

岡三オンラインの口コミ

りりい(女性/30代)

4点

特に定額プランでは、現物取引、信用取引ともに1日の約定代金合計が100万円以下の場合手数料がまったくかからないので、とてもありがたかったです。
手数料に関してはどこの会社にも負けなくいくらお得だと思います。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 4.0
  • 取扱銘柄 4.0
  • 銘柄検索のしやすさ 4.0
  • サポートの手厚さ 4.0

大手ネット証券5社の定額プランと比較した場合、SBI証券(※1)楽天証券(※2)auカブコム証券も、岡三オンラインと同様、現物、信用ともに1日の約定代金合計100万円まで手数料が無料となっています。
※1 25歳以下は現物の取引手数料が無料、インターネットコース・電子交付サービスの設定でも取引手数料が無料。
※2 手数料コースを「ゼロコース」に設定で手数料無料

SBI証券、楽天証券、auカブコム証券:
定額プラン(現物・信用)(※)

約定代金/日手数料
合計100万円まで

無料

(2023年2月22日現在。)
※ SBI証券:25歳以下は現物の取引手数料が無料、2023年10月1日よりインターネットコース・電子交付サービスの設定でも取引手数料が無料。
※ 楽天証券:2023年10月1日より、手数料コースを「ゼロコース」に設定で手数料無料

一方、松井証券は、現物、信用ともに50万円まで無料です。
25歳以下は株式取引(現物取引・信用取引)の取引手数料が無料、

マネックス証券は現物、信用共通で100万円までは550円(税込)で、同日に両取引をした場合でも全合計額で計算することができます。

他と比較しても、岡三オンラインの定額プランの方がこの2社より割安です。

松井証券(現物・信用)

約定代金/日手数料
合計50万円まで

無料

※ 2023年2月22日現在
25歳以下は株式取引(現物取引・信用取引)の取引手数料が無料、

マネックス証券(現物・信用)

約定代金/日手数料(税込)
現物・信用の合計100万円まで

550円

※ 2023年2月22日現在

そのため、岡三オンラインの定額プランは、現物、信用ともに大手ネット証券5社と比較しても、手数料は安い方であると言えます。

ただし、SBIネオトレード証券では、信用取引の手数料は1日の約定代金の合計額に関わらず無料です。

もしも信用取引で1日に100万円を超えることが多い場合は、岡三オンラインではなく、こちらを選んだ方が良いでしょう。

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

株の取引ツールが使いやすい

岡三オンラインには「株の取引ツールが使いやすい」という良い口コミがあります。

岡三オンラインの口コミ

Ari(男性/30代)

4

アンケートの結果を反映して日々進化するトレーディングツールということもあり、定期的に課題を修正していると思います。
他のツールよりもチャートが見やすいですし、情報量も多いのでこれ一つで全てカバーすることが可能です。

  • 手数料 4.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 3.0
  • 銘柄検索のしやすさ 3.0
  • サポートの手厚さ 4.0

岡三オンラインの口コミ

あろえ(男性/30代)

4

岡三ネットトレーダーシリーズを愛用しています。
初心者のころからこのツールを使用していますが、一度これになれてしまうと他社のツールは使えません。
高機能すぎて最初は面食らうかもしれませんがどれも便利な機能ばかりを集約したシステムなので大変お勧めします。

  • 手数料 5.0
  • 取引ツールの使いやすさ 5.0
  • 取扱銘柄 5.0
  • 銘柄検索のしやすさ 5.0
  • サポートの手厚さ 5.0

岡三オンラインでは岡三ネットトレーダーシリーズなどの取引・分析ツールやを24種類用意しています。
※ 2023年2月22日現在

岡三ネットトレーダーシリーズはプロのディーラーの意見やお客様へのアンケートの結果を反映して作っていることから、操作性が高く、情報量も豊富なのが特徴です。

利用者の総合満足度が85.3%と高く、次の2つがあります。

  • 発注から分析までワンストップでできる上級者向けの「プレミアム」
  • 日本株の発注機能に特化した中・上級者向けの「ライト」

岡三ネットトレーダーWEB2は、岡三ネットトレーダーよりはシンプルな初心者向けの取引ツールです。

岡三かんたん発注も初心者向けですが、画面の文字やアイコンを大きくし、見やすくしています。

また、岡三RSSはExcelを利用した自動取引ができるのが特徴で、Excelの関数を組み合わせることで自分好みのシステムトレードを行えます。

このように、岡三オンラインの株の取引ツールは使用者のトレードスキルに合わせたラインナップになっているのが特徴です。

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

FXの取引ツールやチャートが使いやすい

岡三オンラインでは、FXに関しても「取引ツールやチャートが使いやすい」という良い口コミがあります。

岡三オンラインの口コミ

けんた(男性/40代)

3点

岡三ネットトレーダースマホは、背景の色が黒色のため、ローソク足や移動平均線がくっきり表示されて見やすいです。まず、この点を評価したいです。
そのうえで、スマホのアプリでありながら、ローソクの上髭や下髭の長さをくっきりと明瞭に描画してくれるため、底値や天井圏の判断をしやすいです。
スマホアプリでのトレードですが、的確な売買判断がしやすくて重宝しています。

  • 手数料 4.0
  • 取引ツールの使いやすさ 4.0
  • 取扱銘柄 3.0
  • 銘柄検索のしやすさ 3.0
  • サポートの手厚さ 3.0

岡三オンラインのFXの取引ツールは「岡三アクティブFX」シリーズで、PCやスマートフォンなどの端末で取引できます。

インストール版は成行約定率が99.9%と高く、約定スピードも0.004秒と速いのが特徴です。

また、新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの全決済注文が1クリックで発注でき、手間取らないのもメリットと言えます。

注文画面に評価損益などの情報が掲載されるので、発注時に手間取ることなく、必要な情報をすぐ確認できます。

また、チャートは背景やローソク足の色も変えられるなど、自由にカスタマイズできる他、最大64個管理でき、チャート上でのポジション決済も可能です。

このように、インストール版は中上級者でも使いやすい作りになっていますが、岡三オンラインでは初心者向けに、複雑な機能や設定を省略したWeb版も提供しています。

このように、岡三オンラインのFX取引ツールやチャートは使いやすいよう工夫されています。

特にスピードに重点を置いた作りになっているので、デイトレードなど即座の判断と行動が求められる取引では岡三オンラインのツールの有用性を実感できるでしょう。

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

老舗証券会社が母体のため信頼度が高い

岡三オンラインには「老舗証券会社が母体のため信頼度が高い」「アプリや取引ツールが充実している」という良いクチコミがあります。

岡三オンラインの口コミ

H.O(女性/40代)

3点

岡三証券が母体となっている会社。証券会社としては約100年のノウハウがあるので、そんじょそこらの企業とは違う感じです。
最近はスマホやPCツールにも力を入れているので、シニアだけじゃなく株を始めたばかりの20代にもおすすめ。
手数料もギリギリまで頑張っていると思います。

  • 手数料 4.0
  • 取引ツールの使いやすさ3.0
  • 取扱銘柄 4.0
  • 銘柄検索のしやすさ 3.0
  • サポートの手厚さ 5.0

岡三証券は知名度の高い、老舗準大手総合証券です。

岡三オンラインはそのグループ会社のため、会社の実績や知名度を重視する人でも安心して利用できるでしょう。

また、岡三オンラインは、ユーザーのニーズに合わせた各種取引ツールを用意していますが、中でも株の取引ツールには力を入れていて、トレードスタイルやトレードスキルに合わせたラインナップをしています。

それだけでなく、顧客の年齢層を考慮したツール作りも意識しています。

例えば、「岡三かんたん発注」は文字やアイコンが大きいため、高齢者でも見やすい作りになっています。

一方、若者を中心にインターネット接続端末として利用されているスマートフォンでも取引できるよう、「岡三カブスマホ」等のスマホアプリを提供しています。

このように、岡三オンラインは、トレードスキルや経験値のみならず、年齢層、トレードスタイルなど、様々なタイプのユーザーニーズを想定したトレードツールを提供しているため、自分に合った取引ツールを見つけやすいでしょう。

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

岡三オンラインの利用が向いている人

岡三オンラインの評判・口コミを踏まえて、以下のような人には岡三オンラインがおすすめです。

岡三オンラインの利用が向いている人

  • 評判の良い取引ツールを使いたい人
  • デイトレードなど1日の株の取引回数が多い人
  • 少ない資金で多くのIPOに申込みたい人
  • 知名度が高く、信頼感のある証券会社で取引したい人

岡三証券の取引ツールは高評価で、2021年「オリコン顧客満足度ランキング」
「ネット証券 分析ツール」で3年連続1位(2022年は2位)に選ばれているため、評判の良い取引ツールを使いたい人に向いています。

また、岡三オンラインは現物・信用ともに1日の約定代金が合計100万円まで手数料無料なので、デイトレードなど1日の株の取引回数が多い人にも向いています。

ただし、信用取引の1日の約定代金合計が100万円を超える場合は、SBIネオトレード証券など信用取引の手数料が無料の他社を利用した方が良いでしょう。

また、岡三オンラインのIPOは事前入金不要なので、資金の少ない人に向いています。

IPOはできるだけ多く申込んで当選のチャンスを広げることが大切です。

事前入金不要であれば、当選した場合のみ資金を用意すれば良いので、事前入金が必要な会社のIPOよりも参加の機会が増え、資金の少ない人にとってメリットになります。

なお、野村證券など、同じように事前入金不要の会社で同時期にIPOがあるようなら、岡三オンラインのIPOと並行して申し込めば、少ない資金で効率的にIPOに参加できます。

また、岡三オンラインは、老舗証券会社の岡三証券のグループ会社なので、会社の知名度や信頼感を重視して証券会社を選びたい人に向いています。

2022年1月1日に岡三証券と経営統合し、取扱商品も拡充する予定なので、さらなるサービスの向上に期待できるでしょう。

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

岡三オンラインの口座開設の流れ・方法

岡三オンラインで口座開設をするには、下記の6STEPで行います。

岡三オンラインで口座開設する手順

  • メールアドレスの入力
    (24時間以内)
  • 口座開設フォームへの入力
  • 本人確認書類の提出
    (アップロード:最短当日)
    (郵送:1週間前後)
  • 口座開設完了
  • 詳細情報の入力
  • 取引開始

岡三オンラインの
公式サイトはこちら

メールアドレスを登録すると、口座開設専用のURLが送付されます。

そのURLを開いて、口座開設フォームに基本情報を入力してください。

本人確認書類は、オンラインの画像アップロードでの手続と郵送が可能です。

オンラインの場合は、個人番号カードや運転免許証、住民基本台帳カードが利用できます。

住民票の写しなどを本人確認書類として提出する場合は、郵送での提出となります。

オンラインであれば、最短で当日に口座開設手続きが完了します。

書類提出後、審査が完了すれば口座開設が完了し、メールで通知されます。

メール内には、認証キーとログインパスワード確認画面のURLが記載されていますので、確認画面を開き、ログインパスワードを確認したら職業などの詳細情報を入力します。

詳細情報の入力後、入金を完了したら、取引を開始できます。

岡三オンラインの詳細情報一覧

岡三オンラインの利用を検討する際、他社と比較したいのが手数料や取引ツールです。

取引コストとして他社と差が出やすい手数料がどのような体系になっているのか、よく確認してから決めたいという人もいるでしょう。

また、岡三オンラインは特に株の取引ツールに定評がありますが、他の商品の取引も考えている場合、その取引ツールのラインナップをチェックしておきたいところです。

そこで、ここでは岡三オンラインの取引手数料や取引ツール・アプリについて紹介します。

岡三オンラインを利用する前に、よく確認してください。

現物取引手数料(国内株式)

ワンショット

取引金額手数料(税込)
~10万円108円
~20万円220円
~50万円385円
~100万円660円
~150万円1,100円
~300万円1,650円
以降100万円ごと330円ずつ増加
上限:3,300円

定額プラン

取引金額/1日手数料(税込)
100万円まで0円
100万円~
200万円
1,430円
以降100万円ごと550円ずつ増加

※ 2023年2月22日現在

信用取引手数料

(国内株式)

ワンショット
(インターネット)

取引金額手数料(税込)
~10万円108円
~20万円165円
~50万円330円
~100万円550円
~150万円770円
~300万円1,100円
300万円超1,320円

定額プラン
(インターネット)

取引金額/1日手数料(税込)
~100万円0円
~200万円超プレミア・プレミアゼロ:0円
プラチナ:330円
通常:1,100円
200万円超

超プレミア・プレミアゼロ:0円
プラチナ:200万円ごとに330円ずつ増加

通常:100万円ごとに330円ずつ増加

※ 2023年2月22日現在

信用取引の定額プランは、4つのコース(超プレミア、プレミアゼロ、プラチナ、通常)によって料金が異なります。

コースは、信用建玉や日本株累計売買金額、投資信託の平均残高によって決まります。

取引ツール・アプリ

パソコン

岡三ネットトレーダーシリーズ

(プレミアム・ライト)

発注から分析まで可能な、初心者向けのものから上級者向けの最高峰ツールまで

国内株式
先物・オプション
岡三ネットトレーダーWEB2
シンプルな操作性で豊富な取引情報を備え、注文機能も充実
国内株式
岡三かんたん発注
簡単・お手軽な発注ツール
国内株式
岡三RSS
システムトレードが可能になるExcel用のアドインツール
国内株式
先物・オプション

岡三ネットトレーダーライトF

発注に特化した先物・オプション取引専用ツール

先物・オプション
岡三オンラインFX
WEB版
FX取引専用ツール
FX
ネットトレーダー365FX
シンプルな操作性とスピーディーな取引を実現
FX
RSS 365FX
システムトレードが可能になるExcel用のアドインツール
FX
e-profit FX、
e-profit+
FX用情報分析ツール
FX
岡三アクティブFX
インストール版
画面レイアウトが自在で、ワンクリック注文も可能
FX
岡三アクティブFX
WEB版
Webブラウザから気軽に利用できるツール
FX
岡三オンライン株365
Webブラウザから気軽に利用できるツール
国内株式
ネットトレーダー株365
アクティブな投資スタイルに最適
国内株式
RSS 365CFD
システムトレードが可能になるExcel用のアドインツール
CFD
e-profit 株365
岡三オンライン株365の口座開設者は無料で利用可能
くりっく株365

スマホ

岡三ネットトレーダーWEB2
シンプルな操作性で豊富な取引情報を備え、注文機能も充実
国内株式
岡三かんたん発注
簡単・お手軽な発注用アプリ
国内株式
岡三ネットトレーダースマホ
日本株取引専用のiPhone用アプリ
国内株式
岡三ネットトレーダースマホF
発注に特化した先物・オプション取引専用アプリ
先物・オプション
岡三オンラインFX
スマートフォンアプリ
くりっく365のFX取引専用アプリ
FX
岡三アクティブFX
スマートフォンアプリ
岡三アクティブFX専用アプリ
FX
岡三オンライン株365
スマートフォンアプリ
オ多機能でシンプル操作のアプリ
国内株式
岡三カブスマホ
シンプルな操作性で使いやすい国内株取引専用アプリ
国内株式

タブレット(iPad)
※下記以外はスマートフォンと共通

岡三ネットトレーダースマホF for iPad
発注に特化した先物・オプション取引専用アプリ
先物・オプション
岡三オンラインFX for iPad
くりっく365のFX取引専用アプリ
FX
岡三アクティブFX iPadアプリ
岡三アクティブFX専用アプリ
国内株式

岡三オンラインに関する口コミ

まとめ

岡三オンラインは、総合証券の岡三証券グループのネット証券です。

総合証券である岡三グループならではの情報力、企業分析力は、他の大手ネット証券にはない、岡三オンラインならではのメリットと言えます。

その一方で、ネット証券のメリットである取引手数料の安さや取引ツールの豊富さも兼ね備えています。

特に取引ツールには定評があるため、初心者から上級者まで使いやすいツールを見つけることができるでしょう。

岡三証券との経営統合により、サービス内容のさらなる充実にも期待できるでしょう。

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.