Operated by Ateam Inc.

イーデス

動画編集副業の始め方!未経験・初心者が案件獲得する方法やおすすめのソフトを紹介

最終更新日:

ITエンジニア転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「動画編集の副業を始めたいけど、何から手を付けていいかわからない」
「スキルのない初心者でも動画編集の副業で稼げるの?」

動画編集はすきま時間に在宅で行える自由度の高さから、本業と両立しやすい副業として注目を集めています。

しかし、経験やスキルのない未経験者は、何から始めるべきかわからない方も多いでしょう。

そこで本記事では、下記の内容に沿って動画編集の副業の始め方を解説します。

本記事で解説するおもな内容

  • 動画編集の仕事内容
  • 動画編集の副業を始める方法
  • 動画編集スキルを身に付ける方法

これから動画編集の副業を始める方は、ぜひ参考にしてください。

動画編集を学ぶなら「ウェブフリ」がおすすめ

ウェブフリ
(引用元
ウェブフリ

ウェブフリ」は、未経験からWeb業界のフリーランスを目指すためのオンラインスクールです。

動画編集コースも設けられており、Premiere Proを用いた動画編集スキルを習得できます。

また講義で知識を付けるだけでなく、講師監修のもと案件獲得~納品までの流れを経験できることも特徴です。

相談は無料なので、興味がある方はまずカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

ウェブフリ|基本情報

運営会社株式会社HATCH
受講形態オンラインのみ
対象地域全国どこでも
年齢制限

なし

受講料(税込)

非公開

学べる言語

HTML5・CSS3・Sass

受講期間目安
  • ベーシックプラン:4・6・10ヶ月
  • スピードプラン:3・5・9ヶ月

(最終更新:23年8月時点)

    気になる内容をタップ

    動画編集ってどんな仕事?副業に適した案件を紹介

    まずは、動画編集がどのような仕事なのかを解説していきます。

    漠然としたイメージしか浮かばない方は、この章を読んで具体的な仕事内容を把握しましょう。

    動画編集の副業とは?

    動画編集は撮影した動画を見やすく編集する仕事

    動画編集とは、スマートフォンやビデオカメラで撮影した動画を見やすく編集する仕事です。

    動画内の不要な部分をカットしたり、テロップや音楽を入れたりすることで、単調な動画にメリハリがついて見やすくなります。

    <動画編集の一般的な工程>

    素材をPCに取り込む
    • 撮影データやSE素材を動画編集ソフトに取り込む
    画質や音量を調整する
    • 映像の明るさや音量を調整する
    カット編集する
    • 不要なシーンをカットする
    テロップを入れる
    • セリフをタイミングよく表示させる
    画像やイラストを挿入する
    • 素材を使いながら画像やイラストを入れていく
    BGMや効果音を入れる
    • 動画の雰囲気に合ったBGMを入れる
    書き出しをする
    • ファイル形式を変えて、動画を保存する

    なお、動画編集の案件にはさまざまな種類がありますが、副業として受注する場合は下記のような「単発の案件」がおすすめです。

    副業に適した動画編集案件

    • YouTuberの撮影した動画の編集(1本あたり3000円~5000円)
    • YouTubeの解説動画の編集(1本あたり3000円~5000円)
    • 結婚式のムービー(1本あたり1万円~2万円)
    • 企業の紹介動画(1本あたり2万円~5万円)

    (単価の参考元:クラウドワークス

    初心者のうちは、作業工程が少なく尺の短い動画から挑戦するとよいでしょう。

    動画編集の副業は未経験でもできる

    動画編集の副業は、スキルを身に付ける意欲さえあれば未経験からでも始められます。

    未経験でも動画編集の副業ができる理由

    • スキルがあれば職務経歴などは重視されない
    • WebサイトやYouTubeなどで動画編集のやり方を学べる
    • オンラインで学習できるスクールが数多く存在している
    • 初期費用があまりかからない

    特に誰でも簡単に動画編集のスキルを学べる環境がある点は、未経験からでも始めやすい大きな理由です。

    動画編集の報酬の目安

    動画編集には、さまざまな案件があり、案件によって報酬の目安は異なります。

    たとえば、Youtubeで掲載する動画編集であれば、1本あたり3,000円〜5,000円が相場です。

    一方、結婚式などで流す動画の作成は1本10,000円と相場が高く、需要度によって異なるでしょう。

    とくにYoutubeの動画編集などは初心者でも作成できるため、未経験者が入りやすいジャンルです。

    しかし、結婚式などのイベントで流す動画は報酬が高い一方、求められるセンスやクオリティも高いため、初心者で受注するのは難しいでしょう。

    動画編集の案件例

    動画編集には以下のような案件があります。

    動画編集の案件例

    • Youtube動画
    • 結婚式などのイベントで流す動画
    • PR動画
    • 講座関連の動画

    今では誰でもYoutubeで収入を得ることができるため、Youtube関連の動画編集は豊富です。

    しかし、簡単に作成できるため報酬は低いのが一般的とされています。

    一方、企業の商品をPRするPR動画などは報酬が高い一方、クオリティも求められます。

    1本でたくさん稼ぎたいと考えている方は、スキルを増やす必要があるでしょう。

    動画編集の副業をはじめるメリット

    動画編集の副業には、以下3つのメリットがあります。

    メリット

    在宅でできる

    育児や家事を優先させたい人でも、両立させることができるでしょう。

    わざわざ出勤する必要がなく、自分が働きやすいと感じている場所で働けるため、QOLも上がります。

    自分の好きな場所で働きたいと考えている人にとっては、動画編集の副業はメリットが高いでしょう。

    今後も需要がある

    Youtubeを使って収入を得ている人が増えているため、今後も動画編集の需要は高くなります。

    今からはじめても遅くはなく、充分に稼ぐことはできるでしょう。

    しかし、Youtubeなどの動画編集は誰でも簡単にはじめられるためライバルが多いのも事実です。

    今後の需要が低くならないように、自分の強みを伸ばしたりスキルを増やすことが求められます。

    初心者でもはじめやすい

    動画編集はソフトやアプリがあれば誰でもはじめることができます。

    実務経験がなくても、動画作成の経験があれば比較的案件にも応募しやすいです。

    近年は、簡単に動画が作成できるアプリなども増えているため、はじめやすいでしょう。

    動画編集に興味がある人は、アプリからはじめてみるのもおすすめです。

    動画編集の副業をはじめるデメリット

    動画編集の副業には、メリットのほかに以下3つのデメリットもあります。

    デメリット

    動画編集の副業を考えている方は、デメリットについても確認しましょう。

    単価が低い案件も多い

    動画編集の副業は、報酬が低い案件も多いです。

    とくに、Youtube向けの動画編集は1本あたり3,000円と単価が低く、数をこなしても多額を稼ぐことはできません。

    一方、単価が高いとされているイベントや企業向けの動画編集は求められるクオリティが高く、簡単には受注できないでしょう。

    多額を稼ぎたいと考えている人には、動画編集の副業はおすすめできません。

    ライバルが多い

    動画編集は誰でもはじめることができるため、ライバルが多いのがデメリットです。

    ライバルと差をつけるためには、スキルを身につけるしかありません。

    動画編集は、誰でもできる仕事と、編集者のセンスやスキルが問われる仕事があります。

    ライバルと差をつけるためには、個人のスキルアップも必要です。

    初期費用・初期投資が必要

    動画編集をするためには、ソフトなどのダウンロードが必要であり、初期費用が必要となります。

    ソフトのなかには無料のものもありますが、多くのクライアントは有料のソフトを使用した動画を求めているため、初期投資は必須です。

    無料ですぐに始められるわけではなく、ある程度の資金が必要となるところが、動画編集のデメリットといえます。

    まずは無料で作成できるソフトを利用し、動画編集を体験してみることも大切です。

    動画編集の副業に向いている人

    動画編集の副業に向いている人は、以下4つの特徴があります。

    向いている人

    在宅で副業をしたい

    在宅で副業をしたい人は、動画編集が向いています。

    動画編集はパソコンさえあればどこでも働ける仕事です。

    そのため、主婦にもおすすめできます。

    平日は仕事があり、土日でがっつりと副業したいと考えている人にも、おすすめです。

    PCの扱いに慣れている

    動画編集は、ソフトをつかって動画を作成します。

    そのため、ある程度パソコンが使いこなせている人に向いているでしょう。

    パソコンの扱いに慣れていれば、動画編集ソフトも扱いやすいです。

    また、問題が生じた場合の処理も柔軟に対応できます。

    パソコンがなければ作業ができない仕事なので、パソコンの知識がある人は動画編集の副業が向いています。

    デスクワークが苦ではない

    動画編集は基本的に素材を組み合わせて1本の動画を作成します。

    撮影するわけではないため、デスクワークがメインです。

    常にパソコンと見つめ続ける必要もあるため、気分転換などを臨機応変にできる人であれば、作業効率を下げることなく作業ができます。

    外に出なくても問題なく、作業を進められる人は動画編集が向いているでしょう。

    細かな作業が得意

    動画編集は、動画の素材を切り貼りするだけではありません。

    視聴者が飽きないための工夫をしたり、音や動画にノイズがないか細かいところまで確認したりなど、細かな作業が多いです。

    簡単には気づけない部分に気づける人でなければ、クライアントを満足させられる動画は作成できないでしょう。

    細かく確認でき、視聴者の目線に立った編集ができる人であれば、動画編集は向いています。

    動画編集の副業に必要なソフトやアプリ

    動画編集に必要なのは、パソコンと動画編集ソフトです。

    動画編集ソフトはさまざまな種類があり、どのソフトを利用するかどうかで作業効率や動画の完成度が変わります。

    自分にあっている動画編集向けのソフトを選びましょう。

    たとえば、動画編集には以下のソフトが使われています。

    動画編集で使うソフト

    • PowerDirector
    • Vegas Pro
    • Adobe Premiere Pro

    どれも動画編集でよく使われるソフトですが、とくにAdobe Premiere Proは多くのクライアントが編集ソフトとして指定するほど有名です。

    サブスクリプション型のソフトなため毎月の固定費が必要となりますが、動画編集をやりたいと考えている方は、まずはAdobe Premiere Proを使うとよいでしょう。

    動画編集の副業に必要なスキル

    動画編集には、基本的に以下の基礎的なスキルが備わっていれば編集をおこなうことができます。

    基礎スキルの例

    • カット
    • テロップの挿入
    • BGMや効果音の挿入
    • 色や音の調整

    初心者からでもはじめられるYoutube動画などは、上記のスキルがあれば作ることができます。

    一方、より報酬の高い動画編集をおこなうためには、以下の応用的なスキルを身につけましょう。

    応用スキル

    • アニメーションの作成
    • モーションの作成
    • サムネの作成

    動画編集を続けていけば、自然と身につくスキルばかりです。

    まずは、副業として動画編集をはじめ、いくつかこなしながらスキルアップしていきましょう。

    初心者・未経験者向け!動画編集の副業の始め方

    初心者・未経験者向け!動画編集の副業の始め方

    ここからは、初心者・未経験者から動画編集の副業を始める方法について解説します。

    ステップごとに紹介していくので、始め方がわからない方はぜひ参考にしてください。

    動画編集の副業の始め方

    ステップ1.必要な機材やソフトを準備する

    動画編集を始めるためには、PCと動画編集ソフトを揃える必要があります。

    ハイスペックなPCでなくても大丈夫ですが、下記のスペックを満たすものだと作業がしやすいです。

    プロセッサ(CPU)Intel Core i7以上、またはAMD Ryzen 7以上
    メモリ(RAM)16GB以上
    ストレージSSD(256GB以上)
    ハードディスク容量500GB以上の空き容量
    ディスプレイ解像度1920x1080以上、または4K解像度のモニター

    すでにPCを持っている方は、まずはお手持ちのPCではじめてみてもよいでしょう。

    また、おすすめの動画編集ソフトは下記のとおりです。

    おすすめの動画編集ソフト

    (※2023年6月時点)

    動画編集ソフトには有料版と無料で利用できるものがあるので、機能面を比較しながら予算に合わせて選びましょう。

    動画編集はスマホでもできる?

    最近ではスマホで動画編集できるアプリも登場していますが、副業として始めるならPCで作業するのが望ましいです。

    スマホは画面サイズが小さく作業がしにくいことに加え、機種によっては動作が重くなる場合もあります。

    効率よく作業するためにも、スマホではなくPCで作業するようにしましょう。

    ステップ2.動画編集に必要なスキルを身につける

    必要な機材やソフトを準備したあとは、動画編集に必要なスキルと知識を身に付けましょう。

    動画編集に必要なスキル・知識

    • 動画の基礎知識
      (フレームレート、コーデック、ビットレート、解像度……など)
    • 動画編集ソフトを使用するスキル
      (Premiere Pro、PowerDirector、After Effects……など)
    • 画像加工ソフトを使用するスキル
      (Illustrator、Photoshop……など)

    動画編集スキルは独学でも習得可能ですが、効率よく学習するならスクールに通うのがおすすめです。

    おすすめのスクールが知りたい方は、次章「動画編集のスキルを身に付けるならスクールがおすすめ」をご覧ください。

    独学で学ぶなら「Udemy」がおすすめ

    独学で動画編集スキルを身につけたい場合は、オンライン学習プラットホーム「Udemy」を利用するのもおすすめです。

    Udemy
    (引用元
    Udemy

    Udemy」には200,000件以上の講座があり、動画編集を学べる講座も多くあります。

    数ある講座の中から自分のレベルに応じたものを選べるので、ぜひ利用してみてください。

    Udemy|基本情報

    運営会社株式会社ベネッセコーポレーション
    対象地域全国どこでも
    年齢制限なし
    対受講形態オンラインのみ
    勉強時間の目安1コース1時間〜
    料金(税別)2,000円~

    (最終更新:23年8月時点)

    ステップ3.副業案件を探してみる

    必要な機材を揃えてスキルを身につけたあとは、実際にどんな案件があるのか探してみましょう。

    動画編集の副業は、おもに下記の方法で探すことができます。

    副業案件を探す方法

    方法1.クラウドソーシングサービスで案件を探す

    クラウドソーシングサービスは、案件を発注したい人と仕事を請けたい人をマッチングさせるサービスです。

    幅広い案件を扱っており、動画編集の案件も数多く募集しています。

    クラウドソーシングサイトには比較的小規模な案件が多いため、未経験者でも挑戦しやすいでしょう。

    なお、代表的なクラウドソーシングサービスとしては「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。

    どちらのサービスでも動画編集の案件が募集されているので、まずはどんな案件があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

    方法2.スキルマーケットで依頼を募集する

    スキルマーケットは、個人のスキルを売り買いできるサービスです。

    先ほど紹介したクラウドソーシングサイトとは、下記のような違いがあります。

    仕事を受注する方法
    スキルマーケット
    • スキルを販売(出品)して依頼を待つ
      ⇒受動的なスタイル
    クラウドソーシング
    • 募集されている案件に応募する
      ⇒能動的なスタイル

    価格や納期などは自分で設定できるため、納得した条件でスキルを販売することが可能です。

    なお、代表的なスキルマーケットとしては、日本最大級のスキルシェアマーケット「ココナラが挙げられます。

    初心者でも案件を募集することができるので、受け身で依頼を待ちたい方はぜひ利用してみてください。

    方法3.求人サイトで案件を探す

    動画編集の案件は、求人サイトでも探すことができます。

    副業向けの案件は限られますが、まれに成果報酬型の業務委託募集が掲載されています

    副業として始めるなら、時間の縛りがない業務委託案件を探してみるとよいでしょう。

    なお、おすすめの求人サイトは下記のとおりです。

    リクナビNEXT
    • リクルートが運営する転職サイト
    • 日本最大級の求人データベースから検索できる
    マイナビ転職
    • 20代・30代向けの求人が充実している
    • 求人票の情報量が多くてわかりやすい

    いずれのサイトも求人検索で「業務委託」の絞り込みができるので、ぜひ副業案件を探してみてください。

    方法4.SNSで案件を探す

    TwitterなどのSNSで動画編集者を募集していることもあります。

    気軽に副業を始めてみたい方は、SNSをリサーチして案件を探してみてもよいでしょう。

    ただし、SNSでの受注は運営者などを挟まず個人でやり取りを行うことになるため、トラブルになったときは自力で対処する必要があります

    トラブルを回避するためにも、支払い方法や納期、作業内容などの詳細をきちんと確認しておくことが大切です。

    動画編集のスキルを身に付けるならスクールがおすすめ

    動画編集のスキルを身に付けるならスクールがおすすめ

    「動画編集を始めたいけど今はまだスキルがない」という方は、動画編集を学べるスクールに通ってみることも手段のひとつです。

    スクールではわからないことを講師に質問できるため、独学よりも効率的に学習できます。

    ここからは、動画編集を学べるおすすめのスクールを4つご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

    ウェブフリ
    • リアルに稼ぐ力が身に付くオンラインスクール
    • 案件獲得から納品まで体験できる
    ヒューマンアカデミー
    • 案件応募の際に役立つポートフォリオの制作ができる
    • オンラインや通学などライフスタイル合った学び方ができる
    studio US
    • 受講期間中に最大50本の動画が作れる
    • 連携している企業から案件を請けることも可能
    デジハク
    • 未経験から独学でプロになった講師陣から学べる
    • わからないことはマンツーマンで質問できる

    リアルに稼ぐ体験ができる「ウェブフリ」

    ウェブフリ
    (引用元
    ウェブフリ

    ウェブフリ」は、リアルに稼ぐ力が身に付くオンライン型のフリーランス育成スクールです。

    講師監修のもと案件獲得から納品まで体験できるため、実践力が身につきます。

    また、学習期間は3ヶ月~となっており、スタートミーティングでは目標収益や理想のキャリア像を明確化できます。

    継続率は93%(※2022年5月時点)と高く、隔週の進捗会議などオンラインでも挫折しにくい環境が整っていることも魅力です。

    ウェブフリ|基本情報

    運営会社株式会社HATCH
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    なし

    受講料(税込)

    非公開

    学べる言語

    HTML5・CSS3・Sass

    受講期間目安
    • ベーシックプラン:4・6・10ヶ月
    • スピードプラン:3・5・9ヶ月

    (最終更新:23年8月時点)

    案件獲得に役立つポートフォリオが作れる「ヒューマンアカデミー」

    ヒューマンアカデミー」には、未経験から動画編集の基礎を学べる動画クリエイター講座があります。

    カリキュラムでは現役動画クリエイター監修の映像講義のほか、案件応募の際に役立つポートフォリオ制作も体験できます

    また、学び方は「オンラインスタイル」「通学クラス担任スタイル」「ブレンドスタイル」の3種類から選ぶことが可能です。

    自分のライフスタイルに合った学び方ができるため、無理なく継続できるでしょう。

    ヒューマンアカデミー|基本情報

    運営会社ヒューマンアカデミー
    資格講座数800以上
    受けられる講座
    • プログラミング・DXエンジニア
    • ITパスポート
    • MOS など

    (最終更新:23年8月時点)

    受講中に最大50本の動画が作れる「studio US」

    studio US
    (引用元
    studio US

    studio US」は、動画クリエイターになるスキルを効率よく学べるオンラインスクールです。

    受講期間中に15~50本もの動画を制作することが特徴で、本数をこなす中で実践力が身に付きます。

    また、卒業後はstudio USと連携している企業から案件を請けることも可能で、制作した動画は実績としてアピールできます。

    質の高いポートフォリオを1日で作ることも可能なので、早く副業を始めたい方にもおすすめです。

    studio US|基本情報

    運営会社株式会社AHGS
    受講形態オンライン
    対応地域全国
    受講料55,000円(税込)~

    (※2023年6月時点)

    マンツーマンだから挫折しにくい「デジハク」

    デジハク
    (引用元
    デジハク

    デジハク」は、オンライン完結でスキルが身に付く動画編集スクールです。

    未経験から独学でプロになった講師陣から学べることが特徴で、動画編集を仕事にするまでの最短距離を指導してくれます。

    わからないことはマンツーマンで質問でき、講座についてはもちろん、受注した案件の相談も気軽にできます。

    未経験者でも挫折しにくいようサポート体制が充実していることもデジハクの魅力です。

    デジハク|基本情報

    運営会社UNIT BASE株式会社
    受講形態オンライン
    対応地域全国
    受講料148,000円(税込)~

    (※2023年6月時点)

    スクール選びに迷った場合は「スクマド」がおすすめ

    スクール選びで迷った時は、「スクマド」を利用するのがおすすめです。

    スクマドでは、専任のカウンセラーがマンツーマンでスクール選びをサポートしてくれます

    サポート内容や料金形態を分かりやすく比較できるため、予算に合ったスクールを見つけられるでしょう。

    料金は完全無料でオンラインで相談できるため、スクールの利用を検討している方はぜひ気軽に相談してみてください。

    未経験から動画編集の副業で稼ぐためのロードマップ

    未経験から動画編集の副業で稼ぐためのロードマップ

    せっかく動画編集の副業を始めるなら、毎月まとまった収入を稼ぎたいと考える方も多いでしょう。

    未経験者でもいくつかのポイントを押さえることで、安定して稼ぎやすくなります。

    ここからは、未経験から動画編集の副業で稼ぐためのロードマップをご紹介します。

    未経験から動画編集の副業で稼ぐためのロードマップ

    ポイント1.実績を作る

    副業未経験者は、まず実績を1つ作ることが大切です。

    発注者は「安心して仕事を任せられるか」を判断するために、応募者の過去の実績をチェックするためです。

    とくにクラウドソーシングサービスで受注する場合は、実績なしと実績ありで採用率が大きく変わります。

    実績のある人材に仕事が集中する傾向にあるため、未経験者はまず実績作りをすることから始めましょう。

    たとえば「初心者OK」「未経験可」などと記載してある案件であれば、初めてでも採用される可能性があります。

    なお、いきなり案件を受注するのが不安な方は「ウェブフリ」など、案件獲得~納品までを体験できるスクールを利用するのもおすすめです。

    ポイント2.編集スキルを上げる

    動画編集の副業で稼ぐためには、編集スキルを上げて高品質な動画を納品することも大切です。

    動画のクオリティが高ければ、発注者からリピートして依頼をもらえる可能性があります

    クオリティが高い動画のおもな特徴

    • 伝えたい情報がわかりやすくまとまっている
    • 目的に応じた構成がなされている
    • 動画に適した効果音やBGMを使用している
    • エフェクトを効果的に取り入れている
    • テロップが見やすく工夫されている

    独学で編集スキルを上げるためには、編集が上手い動画を参考にしてテクニックを応用するのがよいでしょう。

    たとえば、下記のような動画をチェックするのもおすすめです。

    YouTubeには、基礎から応用までさまざまな動画編集コンテンツが公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

    また、独学では限界を感じた場合はスクールの利用も検討してみましょう。

    おすすめのスクールについては、こちらをご覧ください。

    ポイント3.複数のクライアントを確保する

    動画編集の副業で安定して収入を得るためには、複数のクライアントを確保することが大切です。

    クライアントと直接雇用関係を結んでいない業務委託契約では、クライアント都合で突然仕事の依頼がストップすることもあります。

    そのため、1つのクライアントしか確保していなかった場合は、収入が0になってしまう恐れがあります。

    リスク分散をするためにも、複数のクライアントを確保しましょう。

    なお、複数のクライアントを確保するためには、いくつかのクラウドソーシングサービスに登録して人脈を増やすのがおすすめです。

    注意

    複数のクライアントと契約をするとスケジュール管理が難しくなるデメリットがあります。

    納期を守る体制を作るためにも、スケジュールアプリなどで納品日を管理するとよいでしょう。

    【Q&A】動画編集の副業によくある質問

    【Q&A】動画編集の副業によくある質問

    最後に、動画編集の副業に関するよくある質問をまとめました。

    動画編集の副業に関するネットの意見や収入事情についても解説するため、動画編集の副業を始めるか迷っている方は参考にしてください。

    動画編集の副業によくある質問

    Q1.「動画編集は稼げない」と言われる理由は?

    回答

    単価の割に作業時間がかかることが理由として挙げられます。

    動画編集は、作業時間が多い割に単価が低い案件も少なくありません。

    たとえば、1本3,000円の動画編集に作業時間が10時間かかった場合、時給換算すると300円です。

    時給換算すると割に合わないと感じる方も多いため、稼げないという意見が挙がっています。

    とはいえ、単価が上がって作業時間が短くなれば収入アップも期待できるため、一概に稼げないとは言えないでしょう。

    Q2.いまから動画編集の副業を始めるのは遅い?

    回答

    いまからでも遅くはありません。

    動画編集の副業はライバルが多いため、「いまから始めても遅い」と感じる方もいらっしゃると思います。

    しかし、動画編集のニーズは高まっているため、今後も案件が極端に減ることはないと予想できます

    いまから始めても遅くはないので、やりたいと感じたらまずは動き出してみましょう。

    Q3.未経験から月5万円稼ぐことは可能?

    回答

    すぐには難しいですが、実績を積めば不可能ではありません。

    これから副業を始める人の中には「月5万円は稼ぎたい」と目標金額を定めている方もいらっしゃると思います。

    未経験者がいきなり月5万円稼ぐことは難しいですが、実績を積んで高収入案件を獲得できれば実現は十分可能です。

    たとえば、1本1万円の案件をコンスタントに受注できるレベルになれば、月5本で5万円に届きます。

    週に1本ペースで動画を納品することを考えれば、決して難しいことではないと言えます。

    Q4.動画編集の副業は確定申告が必要?

    回答

    副業の所得が20万円を超える場合は必要です。

    副業で年間20万円を超える所得を得た場合は、確定申告が必要になります。(参考元:確定申告が必要な方|国税庁

    これはクライドソーシングサイト・スキルマーケット・SNSなど、どのサービスを利用していても共通です。

    自分が確定申告の対象者か確認するためにも、月々の収益をまとめた帳簿をつけておくとよいでしょう。

    Q5.プログラミングと動画編集はどちらがおすすめ?

    回答

    「自分に向いている」と感じるほうを選ぶのがよいでしょう。

    副業を始めようと考えている方の中には、プログラミングと動画編集のどちらを始めるべきか悩んでいる方も多いと思います。

    一概にどちらがおすすめとは言えませんが、それぞれの副業には下記のような特徴があります。

    動画編集
    • 比較的スキルを習得しやすい
    • 1ヶ月など短期間の学習で副業に挑戦することも可能
    • プログラミングと比較すると単価が低い傾向
    プログラミング
    • プログラミングの専門知識が必要
    • 副業に挑戦できるレベルに到達するまでには、3ヶ月~などある程度の時間がかかる
    • 動画編集と比較すると高単価の傾向

    動画編集は短期間でスキルを習得しやすいですが、単価が低い案件も少なくありません。

    一方、プログラミングはスキルを習得するまでに時間がかかりますが、動画編集と比較すると高単価の案件が多い傾向にあります。

    それぞれ一長一短があるため「学習時間をどのくらい確保できるのか」「将来的にどのくらい稼ぎたいのか」といった点を考えて検討してみてください。

    また、どちらも少しだけ勉強してみて「向いている」「続けられそう」と感じるほうを選ぶのもおすすめです。

    プログラミングを学ぶならテックアカデミーがおすすめ

    テックアカデミー」は、完全オンラインでプログラミングやアプリ開発などのスキルを学べるスクールです。

    未経験から副業を始めたい方向けの「はじめての副業コース」も設けられており、入門的なカリキュラムからスタートできます。

    1ヶ月以内の副業案件保証もあるので、実績作りをしたい方にもおすすめです。(※諸条件あり)

    テックアカデミー|基本情報

    運営会社キラメックス株式会社
    受講形態オンラインのみ
    対象地域全国どこでも
    年齢制限

    なし

    ※エンジニア転職保証コースは32歳以下に限り転職を保証

    受講料(税込)

    174,900円(税込)〜

    ※12週間Liteプラン139,700円(税込)~もご用意

    学べる言語

    PHP・Java・Ruby・HTML5/CSS3・SQL・JavaScript・Python・Swift・Kotlin・Unity・C#・Scala

    勉強時間の目安週20~25時間(8週間コースの場合)

    (最終更新:23年9月時点)

    まとめ

    動画編集の副業は、スキルや経験のない未経験者でも挑戦することが可能です。

    始め方については、下記を参考にしてください。

    動画編集の副業の始め方

    • 必要な機材やソフトを準備する
      ⇒ PC、動画編集ソフト(Premiere Pro、PowerDirectorなど)を準備する
    • 動画編集に必要なスキルを身につける
      ⇒ サイトやスクールで学ぶのがおすすめ
    • 副業案件を探してみる
      ⇒ クラウドソーシングサイトやスキルマーケットの利用がおすすめ

    なお、独学が不安な場合は、動画編集のスキルを学べるスクールを利用するのがおすすめです。

    下記に本記事で紹介したスクールをまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

    ウェブフリ
    • リアルに稼ぐ力が身に付くオンラインスクール
    • 案件獲得から納品まで体験できる
    ヒューマンアカデミー
    • 案件獲得で役立つポートフォリオの制作ができる
    • オンラインや通学などライフスタイル合った学び方ができる
    studio US
    • 受講期間中に最大50本の動画が作れる
    • 連携している企業から案件を請けることも可能
    デジハク
    • 未経験から独学でプロになった講師陣から学べる
    • わからないことはマンツーマンで質問できる

    自分に合った副業を見つけて、スキルアップや収入アップを目指しましょう。

    副業に関する関連記事

    【副業】お役立ち情報

    ITエンジニア転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE