無理せず仕事を休もう!仕事に疲れて会社を休みたい時の対処法を解説

ナビナビ
転職

2022-02-16

「寝ても全然疲れが取れない…」「仕事に行く気が起きない…」

疲れが溜まっていたり、気分が落ち込んでいたりする時、「仕事を休みたい…」と思ってしまいませんか?

しかし、社会人ともなれば、休みたくても休めない事情はあるでしょう。

そんな時こそ一度自分を見つめ直し、本当に辛い時は勇気を持って「休む」ことをおすすめします。

この記事では、「仕事を休みたい」とモヤモヤした時にどうすれば良いのか、本当に辛い時はどのように休めばいいのか、解説していきます。

後半では、「どうしても仕事が辛い…」という人に向けて「退職の手続きを代行してくれるサービス」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

※精神疲労状態をチェックして、心身にうつの兆候がある際は、早めに医者や相談機関に相談することをおすすめします

仕事がキツい時は転職も視野に入れてみては?

仕事を休みたい理由は他にありませんか?

「今の仕事が合っていない…」
「職場の人間関係が悪い」
「残業が多い割に給料が低すぎる…」

ただ、自分のプライドや周りの目を気にしてしまって、なかなか辞められずにいるかもしれません。

そんなときは一人で悩まずに誰かに相談してみましょう!

オンライン面談

上司や友人に相談しにくい時は、転職エージェントに相談してみるのも一つの手段です。

転職エージェントは、求人紹介や面接対策、入社までのサポートなど転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。

さらに、意外と知られていないのですが、退職サポートもしてくれる特徴があります。

例えば、なかなか辞めさせてくれないときの対処法(メールの内容や伝え方)を教えてくれたり、エージェントによっては現職に電話してサポートしてくれることもあります。

まずは、転職エージェントに「今の仕事をやめるべきか?続けるべきか?」と聞いてみましょう。

相談したからといって転職する必要もないですし、むしろ相談した結果、現職で働き続けることを選んだ方も多いくらいです。

相談しないことで後悔するなら、まずは無料で利用できる転職エージェントに相談してみることから始めてみましょう。

目次

仕事を休みたいと感じたら無理せず休んでみよう

朝起きて、「仕事を休みたい…」と感じた場合、無理をせず1日休みを取る勇気を持ってみて欲しいです。

「そんなことしたら、周りに迷惑がかかる」「上司や同僚から嫌な目で見られる」など、休めない理由は様々あると思いますが、たった1日休んだからと言って、大きな問題が起きることはありません。

「仕事を休みたい…」という気持ちは、心からのSOSです。

まずは、ゆっくりと身体を休めながら、どうして仕事に行きたくないと感じるのか、自分の気持ちに向き合う時間を作ることが大切です。

仕事を休むと決めた後にするべきこと

「今日は休む!」と決めたら、まずは会社の上司に休む旨を伝えましょう。

無断欠勤は絶対にしてはいけませんが、きちんと休む旨さえ伝えておけば、休むことに罪悪感を持つ必要はありません。

なお、休みの連絡を入れる際は、以下2点を必ず抑えておいてください。

①休む連絡は始業の10分前までにする

上司に休む連絡をする際は、始業の10分前までにしましょう。

電話をするタイミングは、早ければ良いというものではありません。

タイミングを狙えるならば、上司が会社に到着しているであろう時間がベストです。

②上司に電話で連絡をする

当日の朝に欠勤する場合は、上司に電話で報告をしましょう。

上司に連絡しないで休んでしまうと、「事件や事故に巻き込まれたのでは?」と心配をかけたり「寝坊したのでは?」と遅刻を疑われる可能性があるからです。

上司に電話をする際は、次の例文を参考にしてください。

【電話で休むことを伝える際の例文】

お忙しい中、失礼いたします。

本日、お休みをいただけますでしょうか。

体調が優れず、出社するのが難しい状況です。(出社できない理由)

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

現在抱えているタスク状況は〇〇になります。(緊急のタスクについて言及)

明日の出社については、体調次第で改めてご連絡いたします。

よろしくお願いいたします。

会社を休む場合は、その理由を出来るだけ具体的に述べましょう。

休む時に使える理由や連絡の仕方について詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

ケース別対処法|精神的に疲れて仕事を休みたい場合

仕事を休んでみたものの、「明日には本当に仕事の疲れがとれるのか…」「また明日の朝も仕事を休みたいと感じたらどうしよう…」と不安になる方も多いでしょう。

ここでは、仕事のストレスなど、精神的な理由が原因で仕事を休みたいと感じている場合の対処法をお伝えします。

体に鬱の兆候が出ていないかチェック

まずは、あなたの精神疲労状態をチェックして、 体に鬱の兆候が出ていないか確認します。

次のチェックリストの項目に、当てはまるものはありますか?

  • 何をやっても楽しくなく、ずっと気分が落ち込んでいる
  • 今まで興味があった物や趣味に対して興味がなくなった
  • 常に不安を感じている
  • 夜眠れない
  • 頭痛やめまい・腹痛などの体調不良が続いている
  • 食欲が無い
  • 朝から疲れが取れない

(参考:うつ状況のチェック|こころのひだまり

上記のチェックリストの項目に1つでも当てはまるものがあり、またそれが2週間以上続いている場合は鬱の可能性があります。

そのような場合は、早めに精神科を受診することをおすすめします。

鬱病は、「心療内科」や「精神科」「精神神経科」と掲げている医療機関で診断してもらうことが可能です。

他にも「メンタルヘルス科」「メンタルクリニック」といった医療機関でも受診できます。

家から一番近い医療機関で構いませんので、まずは病院に向かって、診断を受けてみてください。

休職する

精神的な問題で働くことが困難な場合は、病気を悪化させないためにも必ず休職しましょう。

労働者の申し出と診断書によって、ほとんどの会社は休職することが出来ます。

精神的につらい状態で仕事を続けると、いつも通りの仕事が思うようにこなせないことでストレスを溜めてしまい、いつまで経っても完治しません。

まずはしっかり休みを取って心と体を休めましょう。

休職をする際の手順は、以下の通りです。

①就業規則にある「休職の規定」を確認する

休職の規定は会社によって異なるため、まずは就業規則を確認します。

もし分からない場合は、総務や人事担当者に相談すると良いでしょう。

労働基準法19条の「解雇の制限」によれば、「療養の為に休業する期間及び、その後30日間は解雇を禁止」されています。

療養期間中に解雇される心配がないのは、安心です。

②医師に診断書を出してもらう

心や体の不調で休職をする場合は、休職願いの他に医師の診断書や意見書が必要な場合もあります

診断書の費用は医療機関によって異なりますが、3,000円〜10,000円くらいかかります。

もし出社が困難な場合は、診断書は郵送しても問題ありません。

休職願を出す場合は、医師の診断書も併せて提出することになります。

診断書が必ずしも必要でない場合でも、医師の診断書を総務や人事担当者に提出した上で療養に努めるようにしましょう。

③直属の上司に相談する

職場へ復帰をすることを視野に入れている場合は、診断書の内容を踏まえて、直属の上司にも相談しましょう。

なぜならば、復職するのであれば、鬱に対する上司の理解や周りのサポートが必要だからです。

ただし、上司のパワハラ等が原因で鬱になった場合は、上司に報告しなくても問題ありません。

そのような場合は、無理に上司に相談せず総務や人事担当者に相談しましょう。

④傷病手当金を申請する

休職期間中は傷病手当金を申請しましょう。

傷病手当金制度とは、休職中会社から給与が貰えない場合に、健康保険が標準報酬月額の3分の2を補填する制度です。(※標準報酬月額とは、「毎月の給料などの報酬の月額を、区切りがいいところで分けたもの」です)

受け取れる金額の目安は、いままでの月給のだいたい2/3くらい(ただしボーナスはなし)です。

傷病手当金を申請すると、健康保険組合の審査後、傷病手当金の支給が可能かどうかの通知書が届きます。

傷病手当金を申請できる条件は、次の通りです。

傷病手当金を申請できる条件

  • 社会保険の健康保険加入者である
  • 病気などにより4日間以上仕事を休んでいる
  • 休職中の給与支払いが無い

上記の条件に一つでも当てはまる場合は、傷病手当金を申請しましょう。

傷病手当金の申請に必要な書類は、医師の意見書と傷病手当金支給申請書です。

傷病手当金支給申請書の「事業主記入欄」は、会社に記入してもらう必要があるため、総務や人事部に提出してください。

出勤が困難な場合は、会社宛てに医師の診断書と傷病手当金支給申請書を郵送しましょう。

傷病手当金が支給可能と判断された場合は、申請してから1〜3ヶ月後に入金されます。

時間がかかる場合もあるので、その点は注意が必要です。

毎月の振り込み日は10日、20日、末日(土日、年末年始含む祝日は覗く)のいずれかになっています。

■ 会社を辞めたいけど辞められない場合は…

「会社が嫌でたまらない。でも自分から辞めると伝えられない」

こんな悩みを抱えているならば、退職代行サービスを活用してみてください。

詳しくは後半で解説していますが、退職代行サービス「退職代行ガーディアン」を利用すれば、辞めるための手続きを全て代行してもらえます。

そのため、嫌な上司や同僚と顔を合わせる必要がありません。

精神的に追い込まれている人には、救いになるサービスだと思いますので、ぜひ活用してみてください。

退職代行ガーディアン|基本情報

料金29,800円(税込)
追加料金なし
労働組合名東京労働経済組合
対応エリア全国
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新
2022年1月時点)

疲れ・体調不良で仕事を休みたい場合の対応

ケース別対処法|疲れ・体調不良で仕事を休みたい場合

疲れや体調不良が原因で休みたい場合の対処法は、以下の対処を行ってください。

それでは、順に解説していきます。

① 「体調不良」を理由に堂々と休む

仕事の疲れによる体調不良の場合、無理をして仕事をすべきではありません

「疲れているだけで休むなんて社会人失格?」などと考えてしまう方もいるかもしれません。

しかし、疲れた体で働き続ければ、いずれあなたの身体だけでなく、仕事にも何らかの支障をきたしてしまいます。

疲れが原因の急性疲労は、1日しっかり休むだけでも大きく改善します。

疲れがひどい場合は、「体調不良」を理由に堂々と仕事を休んでも良いのです。

② 有給休暇を取ってリフレッシュする

有給休暇は、申請者の希望日に休暇が取れるよう法律で定められています。

今後の人生を考えながらゆったり過ごしたり、旅行に出かけたりと、あなたがリフレッシュするために長い休みを取りましょう。

ただし、休みを取りたい日の前日までに申請をする必要があるので、必ず前日までに上司に申請してください。

会社によっては1ヶ月前までに申請しなければいけないという場合もあるため、有休をとるならば会社の就業規則を事前に確認しておきましょう。

あなたが仕事を休みたいと感じる本当の理由は会社にある!?

仕事を休みたいと感じる原因は、あなた自身だけではなく、働く会社にもあることが多いです。

厚生労働省が、新たに転職した方々がなぜ前職を辞めたのかを調査したところ、以下のような理由が挙げられました。

転職入職者が前職を辞めた理由男性(%)女性(%)
労働条件が悪かった12.414.7
給料等収入が少なかった11.010.5
会社の将来が不安だった8.93.5
職場の人間関係が好ましくなかった7.213.0
仕事の内容に興味を持てなかった5.55.2
能力・個性・資格を活かせなかった4.64.4

(引用:平成29年雇用動向調査|厚生労働省

上記の調査結果にて上位に入っている理由は、仕事に行きたくない理由、すなわち「仕事を休みたいと感じる理由」と言えます。

仕事を休みたいと感じる理由

  • 労働条件が悪い
  • 給与に満足できていない
  • 職場の人間関係に問題がある
  • 仕事にやりがいを見出せない

上記の理由は、日々ストレスを抱えながら仕事をしている方には、心当たりのあるものばかりでしょう。

仕事を休みたいと感じる原因が解消できない場合は?

職場の状況をあなたの力だけで変えることは簡単ではなく、労働条件や給与に関しては交渉することが難しい場合も多いです。

仕事を休みたいと感じる原因を職場で解消出来ないのであれば、退職や転職を検討してみましょう。

心機一転、新たな職場で輝けるチャンスがあるかもしれません。

環境を変えるだけで状況がガラッと変わることもあるため、今の職場でどうすることもできない問題は、転職という方法も検討してみてください。

自分で辞められないなら退職代行サービスを活用する

「今の会社が合わないなら、早めに会社を辞めるべき」と伝えましたが、それが出来ないから困ってるんだよ…という人もいると思います。

上司に辞めると言えない」「上司や同僚と二度と顔を合わせたくない

そんな場合におすすめなのが、退職代行です。

退職代行サービスとは、あなたの代わりに退職の旨を会社に伝えてくれるサービスです。

数万円の料金を払ってサービスを利用すれば、「辞めたいけど会社に顔を出したくない」という悩みを一発で解決できます。

退職代行サービス「退職代行ガーディアン」

退職代行ガーディアン」は、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と顔を合わせたくない…」など、退職理由はどんな内容でも構いません。

サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞めることができます。

退職代行ガーディアン」は退職成功率100%の実績があるため、ほぼ確実に会社を辞められます。

追加料金が一切かからないのも安心です。

会社を辞められずに悩んでいるならば、ぜひ気軽に活用してみてください。

退職代行サービスはたくさんありますが、中には運営元が怪しい業者も多いです。

その点、退職代行ガーディアンは労働組合が運営しており、安心してサポートを任せられます

価格も退職代行ではトップクラスに安いため、「なるべく安い方が良い…」という人にもおすすめです。

「退職代行ガーディアン」の概要

退職代行ガーディアン|基本情報

料金29,800円(税込)
追加料金なし
労働組合名東京労働経済組合
対応エリア全国
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新
2022年1月時点)

退職代行を使う前の不安を解決!

退職代行を利用するにあたり、まだまだ不安な点もあると思いますので、利用前の気になる疑問点を以下にまとめました。

Q1.退職代行って法的には大丈夫なの?

退職代行サービスは、決して違法なサービスではありません

退職代行サービスはあくまでも、あなたの意思を会社に伝える「仲介役」となるだけです。

会社に対して反論したり、有給の交渉をしたりは行わない(干渉しない)ので、違法なサービスにはならないのです。

Q2.就業規則に「○ヶ月前までに報告」とあるけど問題ない?

就業規則に書かれている内容はあくまでも会社が決めたルールであって、法律では2週間前までに退職を伝えれば辞められます。

会社側も、辞める社員の社会保険料などを払うのがもったいないと考え、ほとんどの場合で即日退社を認めてくれます。

もし辞めさせてもらえない場合も、2週間欠勤扱いにして退職できるので、ほとんどのケースで即日退職が可能です。

Q3.会社側から引き止めの連絡はこない?

会社からの連絡は、全て退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます

会社側が退職の引き止めをしてきても、「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」というように、状況に応じてうまく話を流してもらえます。

Q4.退職代行に登録した後の流れは?

退職代行に連絡したあとは、次の流れで退職を進めていきます。

  • 無料相談
  • 料金支払い
  • 退職代行サービスと打ち合わせ
  • あとは退職代行サービスに全てお任せ

退職代行を使えば、会社とのやりとりを全て退職代行サービスが代わりに行ってくれます

自分で行うのは退職届の郵送のみ。

詳しいやり方も、全てスタッフが丁寧に教えてくれます。

退職代行ガーディアンならば、即日で辞めることもできるので、「今日中に辞めたい!」という状況でも利用できます。

退職代行ガーディアンの口コミ

40代 男性 会社員(正社員)

こんなに早く辞められるんだ…

正直こんなに早く解決出来るんだ‥と驚きました、私の場合は2日で解決したので今まで退職をしたいと会社側に自分で告げてきた期間は何だったのだろうと呆気に取られてしまいました。

退職代行ガーディアンの口コミ

20代 女性 会社員(正社員)

余計なやりとりがなく辞められた

何より対応が早く、余計なやりとりが何一つなく辞められました。夜中でもきちんと返信が来ましたし、利用者を第一に考えているのがものすごく伝わってきました。退職後も、転職についての心配をしてくださいました。

「退職すると言い出せない…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。

どうしても退職を伝えられずに悩んでいるのなら、相談だけでも試してみてください。

転職活動を行うなら「転職エージェント」を活用しよう

今の仕事に不満がある方は、「転職エージェント」に相談してみましょう

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが担当に付いてくれます。

キャリアアドバイザーは、あなたの現状や希望を考慮した上で適切な求人を紹介してくれるので、不安の多い転職活動も安心して進められます。

サービスはすべて無料で利用できるため、まずは希望条件に合う仕事があるのかを相談してみるところから始めてみましょう。

業界大手の「doda」が安心

doda
(引用元
doda

doda」は、人材紹介トップクラスの求人を保有している転職エージェントです。

業界・職種問わず、希望に合わせて幅広く求人紹介してもらえるのが強みです。

また、豊富な求人数以外にも、コンサルタントの質が全体的に高く、転職のサポートが手厚いことに定評があります(転職者満足度No.1)。

履歴書などの書き方や面接対策にも親身に対応してくれるため、初めての転職でも安心です。

あなたの適性年収がわかる「年収査定」のコンテンツがあったり、今すぐ転職しない方も求人チェックで利用しているので、まずは無料登録してみましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

dodaに登録しておけば、書類添削や面接対策ができますし、希望にあった案件も効率よく探すことができます。

他に詳しく知りたい方は「人気の転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【2021年比較版】」をご覧ください。

まとめ

朝起きて「仕事を休みたい…」と感じたら、無理をせず1日休んでみましょう。

身体を休めることはもちろん、どうして仕事に行きたくないと感じるのか、自分の気持ちに向き合う時間を作ってみてください。

また、仕事を休みたいと感じる理由に以下のような理由が挙げられるならば、今後どうしたら良いかを考えていく必要があります。

  • 労働条件が悪い
  • 給与に満足できていない
  • 職場の人間関係に問題がある
  • 仕事にやりがいを見出せない

1日ゆっくり休んでも心や体の不調が治らない場合は、仕事に行きたくないという素直な気持ちにじっくりと向き合って、退職や転職を検討すると良いでしょう。

ひとりで様々な手続きを行うのに自信の無い方・不安のある方は、退職や転職をサポートしてくれるサービスを利用することをおすすめします。

サービス特徴
退職代行ガーディアン
  • 退職を代行してくれる
  • 24時間365日対応
  • 退職成功率100%
doda
  • 手厚い転職サポートが無料
  • 転職者満足度No.1
  • 幅広い求人を確認できる

勇気を出して今の状況から抜け出すことで、あなたがより良い環境で働けるチャンスを得られる可能性が高まります。

自分らしく働ける未来を、心より願っています。

関連記事