HSPの人が活躍できる仕事36選!適職の探し方や仕事選びのコツを解説

ナビナビ
転職

2022-07-21

HSP(Highly Sensitive Person)とは、とても繊細な人のことです。

HSPの人は、対人関係や環境の変化に敏感すぎるという特徴があります。

また、感受性が豊かすぎるゆえに、仕事上での対人関係に悩み過ぎてしまい、大きなストレスを抱えてしまう人もいます。

しかし、これらの問題を抱えている人は「HSPの特性を活かせる仕事」に就くことで、悩みを解消できるかもしれません。

この記事ではHSPの人が活躍できる仕事や、特性を活かした仕事探しのコツを紹介します。

ぜひ最後まで記事をチェックしていただき、働きやすい環境を手に入れてください。

実際に今募集している求人を見るのもおすすめ

HSPの特性を活かせる仕事といっても、なかなか自己判断では難しいことも多いです。

そんな時は、自分と同じ状況の人が「どこで活躍しているのか」「どんな企業で働いているのか」実際の声を聞くことをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、HSPの人がどんなところに転職したのか、自分の経歴やスキルをもとに提案してくれるでしょう。

転職エージェント選びで迷うなら、最初は国内最大級の求人数を誇る「doda」を利用することがおすすめです。

求人紹介だけでなく、仕事に関する相談、キャリアプランも提案してくれます。

doda
(引用元
doda

また、まだ転職するつもりはないけど...という人は、相談なしで求人を見るだけでも利用できます

本記事を参考にどんな求人があるかチェックしてみるだけでも行動してみると良いでしょう。

目次

あなたもHSP?診断テストでチェック

もし、下記のような悩みを抱えていれば、あなたもHSPかもしれません。

  • 人の顔色を窺いすぎる
  • 人間関係にひどく疲れる
  • 人に見られているとミスを連発してしまう
  • 仕事が長く続かない
  • 「根性がない」と言われてしまう……etc.

心当たりのある方は次の診断テストでチェックしていきましょう。

HSPセルフ診断テスト

HSPとは、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士によって提唱された「人の性質」のことで、病名ではありません。

HSPは、下記のDOESという4つの特徴すべてを持つ人と定義されています。

  • 【D(Depth of processing)】考え方が複雑で、深く考えて行動する。
    例:「一を聞いて、十のことを想像し、考えられる」など
  • 【O(Overstimulation)】過剰に刺激を受けやすい 
    例:「人混みや大きな音が苦手」「芸術作品に感動して泣く」など
  • 【E(Empathy and emotional responsiveness)】感情反応が強く、共感力が高い
    例:「人のちょっとした仕草などに敏感で、機嫌がわかる」など
  • 【S(Sensitivity to subtleties)】あらゆる感覚が鋭い
    例:「強い光や日光のまぶしさなどが苦手」「カフェインや添加物に敏感」など

(参照:新宿ストレスクリニック

次に、アーロン博士の提唱に基づき、日本人に合わせて作られたセルフ診断項目をご紹介します。

「もしかしてHSPなのかな?」という場合は、以下のセルフチェックで確認してみましょう。

HSPセルフチェックリスト

  • 周囲の微妙な変化にすぐ気づき、空気を敏感に読む
  • 相手がどういう気分なのか、気になってしかたがない
  • 人にどう思われているか、とても気になる
  • 人と話しているとき、つい言葉の裏を考えてしまう
  • 人見知りで、初めて知り合った人となかなか慣れない
  • ひとりでいるのが苦手で、誰か頼れる人がいてほしい
  • 体を触られるのが苦手
  • 人前で仕事をするのは集中できないので苦手
  • おなかがすくと集中できなくなる
  • 間違いを指摘されると傷つき、なかなか立ち直れない
  • 約束をすると、とても気になって落ち着かない
  • カフェインに敏感で、お茶やコーヒーを飲むと眠れない
  • においや味などの好みが強く、苦手な食べ物も多い
  • 忘れ物やミスがないか、何度もチェックするほうだ
  • 他人に対して、とても良心的だと思う
  • ちょっとしたことにも、すごくびっくりする
  • 大きな音がとても苦手
  • 明るい光や交通音、時計の針の音が気になって眠れないことが多い
  • 動揺してしまうような状況をなるべく避けている
  • 想像力が豊かで、空想にふけることが多いと思う
  • 美術や音楽が大好きで、人より感動するほうだ
  • 勘がいいほうだ
  • 痛みに敏感
  • 暴力的、残酷なシーンのある映画やテレビは見ない
  • 短い時間に多くのことを同時にするのは苦手
  • 生活に変化があると混乱し、落ち着くまで時間がかかる
  • 人前で話すのが苦手でプレゼンテーションなどで緊張する
  • 肩こりや頭痛をよく感じる
  • ストレスで胃が痛くなることがある
  • 子どものころに、親や教師から「内気」「神経質」といわれていた

(引用:保坂隆著「敏感すぎる自分の処方箋」

20個以上が「YES」であれば、HSPであると言われています。

ただし、20個未満であっても該当するものが10個以上で、その特性が強ければHSPである可能性があります。

もしも、上記のチェックで20個以上該当したからといって、落ち込む必要はありません。

なぜなら、HSPには独自の個性があり、その長所が求められる仕事はたくさんあるからです。

次の章から、HSPの人におすすめの仕事をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

HSPに向いている仕事36選!

繊細で敏感なHSPの人には、以下のように「仕事で活かせる長所」がたくさんあります。

HSPの長所

  • 共感力が高く、人の痛みがわかる
  • 思いやりがあり、気配りができる
  • 「人を助けたい」「役に立ちたい」という感情が強い
  • 細かいところに気付く
  • こつこつ努力する
  • 記憶力がいい
  • 感受性や想像力が豊かでクリエイティブ
  • 共感力が高く、人に配慮ができる
  • 心配性(先のリスクを想像し、対策を考える)
  • 空気を読む力、察する能力が高い
  • 丁寧に仕事をする
  • 誰とでも平等に接することが出来る

次に、HSPの人が特性を活かせる「向いている仕事」の一例をご紹介します。

HSPに向いている仕事

それぞれの詳細について、順に確認していきましょう。

おすすめ1.人の心や体の悩みを癒す仕事

人の痛みに敏感で共感力の高いHSPの人には、下記のような仕事が向いています。

  • 整体師
  • マッサージ師
  • 鍼灸師
  • 介護福祉士
  • エステティシャン
  • セラピスト
  • カウンセラー
  • コーチング

人を助けたい気持ちの強いHSPの人にとって、上記のように「人の悩みを解決する仕事」は適職だと言えます。

共感力の高いHSPの人にとっては非常にやりがいもある仕事でしょう。

以下は「リクナビNEXT」に連載されていた「エステティシャン」の求人例です。

おすすめ2.植物や動物に触れる仕事

対人関係に疲れやすいHSPの人には、下記のような動植物に向き合う仕事もおすすめです。

  • 花屋の店員
  • 植物園の職員
  • トリマー
  • ペットシッター
  • ペットトレーナー
  • 動物園・水族館の飼育員

HSPの人は共感力が高いため、動物の気持ちに寄り添うことができます。

また、逆に自然や動物から癒されることもでき、心穏やかに仕事に取り組めるでしょう。

以下は「リクナビNEXT」に連載されていた「ペットトリマー」の求人例です。

共感力が高いHSPの人にとって、続けやすい仕事でしょう。

おすすめ3.正確さが求められるITエンジニア

仕事が丁寧で、ひとつのことを深く追求するHSPの人には、ITエンジニアといった正確さと集中力を要する仕事もおすすめです。

  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • プログラマー
  • ソフトウェア開発
  • システムアナリスト

ITエンジニアはコンピュータを相手にする時間が長いので、比較的人間関係のストレスが少ないと言われています。

また、経験を積むことで、独立して在宅で仕事をすることも可能になるため、「人間関係が面倒…」と感じるHSPの人におすすめです。

以下は「リクナビNEXT」に連載されていた「システムエンジニア(SE)・プログラマー(PG)」の求人例です。

仕事が丁寧で追究心の強いHSPの人にとって、ぴったりの仕事です。

おすすめ4.静かな環境で仕事ができるWEB系職種

下記のような、情報やデータを主に取り扱う仕事もおすすめです。

  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター
  • データ入力

これらの仕事は、「マイペース」で行う作業が多いため、チームワークで仕事をするのが苦手という人に向いています。

Web系職種は静かな環境のオフィスが多く、また在宅勤務をしている人も多い職業です。

そのため「賑やかな場所で仕事をするのが苦手…」というHSPの人におすすめです。

以下は「リクナビNEXT」に連載されていた「Webライター」の求人例です。

文章を書くのは繊細さが求められる仕事なので、HSPの人に向いている仕事でしょう。

おすすめ5.感性を活かせるクリエイティブ系

感受性豊かで、芸術的なことを好むHSPの人には、クリエイティブな仕事もおすすめです。

これらの仕事は、副業としても気軽に始められます。

副業OKの会社であれば、趣味を活かしてチャレンジしてみるのもおすすめです。

副業で始めた仕事が軌道に乗れば、独立も可能です。

「仕事にやりがいが感じられない」と悩んでいるHSPの人には、こうした個性を発揮する仕事の方が、やりがいをもって取り組みやすいでしょう。

以下は「リクナビNEXT」に連載されていた「デザイナー」の求人例です。

豊かな感受性を仕事に活かしたいHSPの人にとって、実力を発揮できる仕事でしょう。

おすすめ6.人との関わりが少ない仕事

そのほか、人に接する機会が少ない仕事として下記のようなものがあります。

これらは、掃除や荷物や書物、美術品といった「モノ」を対象にした仕事です。

そのため、「仕事をキチンとやりたいが人を相手にするのはしんどい」という人に向いています。

以下は「リクナビNEXT」に連載されていた「清掃員」の求人例です。

他人と関わるのが辛いのHSPの人にとって、負担がかかりにくい仕事でしょう。

HSPに向かない仕事とは?

HSPに向かない仕事8選!

HSPの人の短所を踏まえて、向かない可能性のある仕事もご紹介していきます。

HSPの人の短所として考えられるは次のようなものです。

HSPの短所

  • マイナス思考
  • 人の言動を過剰に気にする
  • 失敗を恐れて優柔不断になる
  • 些細なことで傷つく
  • 過去の失敗が忘れられない
  • 音、光、温度など、環境の変化に敏感すぎる
  • マルチタスクは苦手
  • 完璧主義
  • 割りきって仕事をすることができない
  • 丁寧なあまり、時間がかかりすぎる

このような短所を踏まえた、「向かない仕事」は、次のようなものです。

HSPに向かない可能性のある仕事

  • ノルマや競争の厳しい仕事:保険・不動産の営業
  • スピード感が求められる職場:飲食店の厨房
  • 不特定多数を相手にする仕事:接客業、営業
  • 人を采配する仕事:プロジェクトマネージャー、プロデューサー
  • 体育会系の社風:建設現場、不動産仲介業

ノルマやスピード感を求められ、自分のペースでできない仕事や、多くの人と積極的にかかわる仕事は、HSPの人にとって、とてもつらい仕事だと想定できます。

  • 上記のような仕事が、HSPの方に必ずしも合わないとは限りませんが、転職する際は注意して仕事を選ぶことをおすすめします。

もし現在、「仕事が向いていない…」と悩んでいるのなら、HSPの特性に合った仕事を中心に探してみてはいかがでしょうか。

HSPの人が快適に仕事をするためのポイント

HSPの人が快適に仕事をするにはどうしたらよいのでしょうか。

主なポイントは次の5つです。

早速、順に確認していきましょう。

ポイント1.自分を責めない

HSPの人は、周囲の人から「マイナス思考だ」「根性がない」などと否定されることが多いため、「自分がおかしいのかな」と思いがちです。

しかし、つらさの原因は、人一倍敏感だというHSPの特性から来るものです。

さらに、自分が短所に思っている所は、実は長所の裏返しでもあります。

例えば、「仕事が遅い」短所は実は「仕事が丁寧で質が高い」という長所だったりもします。

HSPには優れた能力がたくさんありますので、自身の特性を知り、自信をもって対処しましょう。

ポイント2.客観的に振り返ってみる

HSPの提唱者であるアーロン博士によると、HSPの人は「一を聞いて十のことを想像し考えられる」と言います。

そのため、他の人にとっては気にも留めないような事柄について、HSPの人は深く考えすぎて落ち込んでしまうことも。

あなたにとっては大きなトラブルに感じるかもしれませんが、もしかしたら「考えすぎ」という可能性もあります。

「自分にとっては大ごとだけど、他人にとっては大したことないのかもしれない」と時々、客観的に振り返ってみることが大切です。

ポイント3.周囲に相談し、働きやすい環境を確保する

積極的に自分の困っていることを周囲に相談し、働きやすい環境を確保しましょう。

HSPの人は、少数派のため、なかなか周囲には理解されません。

「音や光の位置のために人一倍過剰なストレスを抱えてしまう」といったHSPの症状は、言われないと気付かない人がほとんどです。

しかし、「職場に理解者がいると救われる」という意見が多数あります。

一人でも理解者を確保するため、信頼できる人を見つけたら「人目がつらい」「音が気になる」などを自ら相談し、働きやすい環境を確保していきましょう。

ポイント4.こまめにストレス解消をする

HSPの人は、人一倍、ストレスをためてしまう傾向にあります。

そのため、こまめにストレス解消をするよう心がけましょう。

HSPの人に、おすすめのストレス解消法を紹介します。

  • 静かな環境に身を置く、自然に触れる
  • 空想や深い考えにふける
  • ヨガや瞑想をする
  • 好きなアートや創作に没頭する

このように、静かな環境で、心を休める機会を積極的に作りましょう。

ポイント5.うつ病に注意する

HSPの人は、人一倍ストレスを抱え込む特性から、うつ病になりやすいと言われています。

うつ病を避けるために、こめにストレス解消をする、人に相談をする、快適な職場に移る、などの工夫をしましょう。

もし、仕事のつらさから、下記の症状が見られたら要注意です。

うつ病のサイン

  • 不眠(なかなか寝られない、夜中に何度も目が覚める、早朝に起きてしまう、眠りが浅い)
  • 疲労感や倦怠感(だるい、疲れやすい)
  • 自律神経症状(めまい、偏頭痛、動悸、便秘、下痢、微熱、耳鳴りなど)

(参考:知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス|厚生労働省

上記のような症状が続くようであれば、無理をせず、専門家やクリニックに相談をしましょう。

HSPの適職探し4つのコツ

HSPの人の、仕事を選ぶコツを紹介していきます。

さっそく順に確認していきましょう。

コツ1.自己分析で「自分の強み」を明確化する

HSPの人は、「自分の強み」を明らかにすることが大切です。

自己肯定感の低いHSPの人は、自分の強みや得意なことを意識できていないことが多いです。

個人によって差はありますが、例えば下記のような強みがあります。

  • 一つのことを深く考えることができる
    ⇒分析・考察する力がある。研究職に向いている。
  • 人の感情に敏感
    ⇒観察眼がある。人のニーズをよくとらえることができる。商品開発に向いている。
  • 共感力が高い
    ⇒人の心に寄り添う力が強い。カウンセラー、コーチに向いている。
  • 失敗を恐れる
    ⇒危機管理の意識が高い。リスク管理の仕事に向いている。
  • 美術や音楽が大好き
    ⇒美術・音楽の見識が深い。専門誌のライターに向いている。……etc

これらの長所をぜひ、仕事探しに活かしましょう。

コツ2.自分の「苦手な職場環境」を把握しよう

自己分析をして、自分が苦手な職場環境について、明確にしましょう。

HSPの人は、仕事選びの際に、あらかじめ耐えられない職場環境や労働条件を避けることで、仕事を続けやすくなります。

HSPの人がストレスを感じやすい職場の一例をご紹介します。

HSPの人が苦手な職場環境

  • 騒音が激しい職場
  • 長時間拘束される、残業が多い職場
  • 売上目標などのノルマがある職場
  • チームワークが必要とされる職場 など

転職活動の際には、上記のような職場を避けることで、働きやすい職場環境を手に入れることができるでしょう。

コツ3.転職サイトを利用する

仕事を見つけるには、まずは選択肢を増やすことが大切です。

そのために使いたいのが、転職サイトです。

転職サイトはたくさんありますが、求人数が多く検索しやすいサイトを使いたいなら、「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

リクナビNEXT」は、業界大手のリクルートが運営している国内最大級の転職サイトです。

圧倒的な知名度で人気があるため、転職者の8割が利用しています。

公開されている求人に加えて、リクナビNEXTでしか見つからない限定求人を求人全体の約85%も保有しています。

求人を幅広く確認できるので、これから転職活動を始める方は、ぜひ登録してみてください。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約54,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

転職エージェントを活用する

HSPの人が仕事探しをする際には、職場環境や労働条件をよく検討することが大切です。

そのためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

なぜなら転職エージェントは、 求職者が抱えるさまざまな悩みの相談にのり、求職者にとって最適な転職先を探すお手伝いをしてくれるからです。

転職エージェントを活用する

HSPの人に特におすすめなのが、自分のペースで転職活動を進められる「doda」です。

doda
(引用元
doda

doda」は、幅広い業種・職種の求人を保有している転職エージェント。

首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴です。

登録後は、アドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けることができるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

dodaに登録しておけば、書類添削や面接対策ができますし、希望にあった案件も効率よく探すことができます。

他に詳しく知りたい方は「【徹底比較】20代前半・後半におすすめの転職エージェント21選【女性にも対応】」をご覧ください。

まとめ

この記事では、HSPに向いている仕事や、仕事選びのコツなどを紹介しました。

HSPの人に向いている仕事は、次のようなものです。

  • 人の心や体の悩みを癒す仕事:整体師、マッサージ師、鍼灸師、介護福祉士、エステティシャン、セラピスト、カウンセラー、コーチング
  • 植物や動物に触れる仕事:花屋の店員、植物園の職員、トリマー、ペットシッター、ペットトレーナー、動物園・水族館の飼育員
  • 正確さが求められるITエンジニア:システムエンジニア、インフラエンジニア、プログラマー、ソフトウェア開発、システムアナリスト
  • 個人プレーが可能なWEB系職種:WEBライター、WEBデザイナー、WEBマーケター、ブロガー、データ入力
  • 感性を活かせるクリエイティブ系:デザイナー、イラストレーター、画家、ハンドメイド作家、カメラマン、ミュージシャン
  • 人との関わりが少ない仕事:家事代行、倉庫作業、新聞配達、清掃員、図書館司書、学芸員

HSPの人の仕事選びのコツは、次の4つです。

  • 自己分析で「強み」を明確にする。
  • 自分の「苦手な職場環境」を把握する。
  • 転職サイト「リクナビNEXT」を利用する。
  • 転職エージェント「doda」を活用する。

ぜひ、上記の仕事選びを参考に、働きやすい環境を手に入れてください。

関連記事