Operated by Ateam Inc.

イーデス

仕事についていけないから退職はNG!対処法や原因について解説

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

自分だけ仕事が遅かったり、周りの社員のスキルが高かったりすると、自信を失くして会社に行くのが嫌になりますよね。

仕事についていけない悩みは、自分に足りない能力や知識を把握し、正しく対処すれば解消できます

この記事では、「仕事についていけない原因」や「仕事についていけないときの対処法」について紹介します。

仕事に対する自信をつけて、前向きな気持ちで仕事に取り組むために、ぜひ参考にして下さい。

「仕事についていけない」のは「仕事が合っていない」のかも?

「仕事についていけない」のは能力的な問題ではなく、根本的に「仕事が合っていない」可能性があります

仕事が合っていないと「業務がうろ覚えになる」「ミスを繰り返す」「勉強が進まない」という状況になりがちです。

合っていない仕事を続けた結果、自分に合う仕事に就くチャンスを逃してしまう人も

適職を探す方法として、以下の「キャリドラ」のようなコーチングサービスの活用が広まっています。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

合わない仕事に時間と労力を搾取される前に、一度カウンセリングに申し込んでみてはいかがでしょうか。

まずは無料カウンセリングで「自分の適性」や「求めている仕事環境」などを相談してみましょう。

気になる内容をタップ

「仕事についていけない」状況に陥る原因は?

「仕事についていけない」と感じると、仕事に行くのがつらくなってしまうので、なぜ仕事についていけないのかを考えてみましょう。

仕事についていけない原因として、以下の5つが考えられます。

疑問点を解消せずに仕事をしている

業務で疑問点があっても質問できず、理解できないまま放置すると仕事が進みません。

仕事がわからないまま進めてしまうとミスにつながり、結果的に仕事についていけなくなります

わからないことが少しでもあれば、「こんなことを質問しても大丈夫なのかな…」と迷わずに質問しましょう。

すでに「わかりました」と言ってしまった場合は聞きにくいと思いますが、わからないまま進めてトラブルになることは避けられます。

上司に質問するときは、具体的に何がわからないのかを伝え、メモを取るなどして同じことを質問しないように心がけましょう。

能力以上の仕事を任せられている

任される仕事に対して、自分の能力が追いつかないケースもあります。

能力以上の仕事を振られるのは、会社や上司に問題がある場合も多いです。

もし自分の能力以上の仕事を任されているのなら、まずは上司に相談してみるのもよいでしょう。

ただし上司によっては、あえて高度な仕事を任せることで能力向上を期待している場合もあります。

能力以上の仕事を振られたら、どうやったらできるのかを一度考えてみましょう。

知識が不足しているならリサーチすればできたり、一人でできない場合は誰かに応援を頼めばできるかもしれません。

本当に自分の能力ではできない仕事なのか、一度冷静になって考えてみるのもおすすめです。

経験やスキル不足

未経験職種への転職や新卒入社の場合、経験やスキル不足によって仕事についていけない場合があります。

最初から完璧に仕事をこなせる人はいないので、仕事についていけなくても心配する必要はありません。

しかし、自分の能力を上げる努力をすることで、仕事がスムーズに運ぶこともあるでしょう。

たとえば、その仕事を効率よく進める方法を本やインターネットでリサーチしたり、先輩や上司にやり方を相談するのがおすすめです。

経験やスキルが足りていないと感じるのであれば、スキルを上げる努力をしつつ、日々の業務をコツコツ積み重ねていきましょう。

完璧主義すぎる

完璧主義の人は仕事のペースが遅くなりがちのため、「仕事についていけない」と感じやすいです。

何でも完璧にしないと気が済まないタイプの人は、100%完璧にするという意識を捨ててみましょう

完璧にこだわり過ぎると、業務が滞って周りに迷惑をかけてしまうこともあります。

仕事はチームで行うものなので、自分だけで完璧に仕上げるのではなく、仲間に頼りチームで作り上げるという意識も大切です。

仕事量が圧倒的に多すぎる

仕事を頼まれると拒否できない性格の人は、仕事量が圧倒的に多くなっている可能性があります。

業務が終わらないことが原因で、仕事についていけないと感じる場合もあるでしょう。

本来自分の仕事ではない業務を任されているなら、上司に相談したり、周りに協力を求めたりすることが大切です。

自分のスキルやキャパシティー以上のことを引き受けていると、仕事が溜まってミスの原因になります。

結果的に周りに迷惑をかけてしまうなら、最初から協力を求めるほうが、会社にとっても有益でしょう。

仕事についていけないときは意識を変えてみる

仕事についていけないときは意識を変えてみる

「仕事についていけない」と感じている状況自体は、悪いことではありません。

難しい業務にチャレンジしている証拠でもあるので、ストレスをうまく見方につけながら、自分を成長させていくことが大事です。

ここでは、「仕事についていけなくてもう無理…」と思っている人におすすめの考え方を紹介します。

誰もが通る道だと考える

最初から何でも完壁にこなせる人はいないため、経験者と同じようにこなそうとしても無理が生じるのは当然です。

社内異動や転職先などで前任者から仕事を引き継いだ場合、同じように作業できなくても落胆することはありません。

あなたが今感じている疑問や、あなたのミスは、前任者も経験しているはずです。

周りの人も、最初から完璧にできるとは思っていないので、自分のペースで少しずつ失敗を減らしていけば良いでしょう。

人材に恵まれた最高の環境だと考える

優秀な人が多すぎて仕事についていけないと感じている場合、考え方を変えるととても恵まれた環境だと気づきます。

優秀な人が多いと自分に能力がないことを痛感しますが、近くで仕事のやり方を学ぶことができるのは大きなメリットです。

疑問点が出てきたときも、優秀な人がそばにいれば質問しやすいでしょう。

「自分も仕事ができる人になりたい!」と思っているなら、その最高の環境を活かして一流のスキルを身につけてみてください。

成長できる環境だと考える

仕事についていけないと感じている場合、できない仕事や難しい仕事が多くてモチベーションが下がることもあるでしょう。

しかし、成長するためには自分に負荷をかけて、辛いことを乗り越えなければ一歩前には進めません。

知らなかった知識を身につけ、できなかった技術を習得すれば、どんどん成長していくことができます。

仕事についていけないと感じている現状は、成長するためのチャンスだと思って全力で取り組みましょう。

丸井さん

仕事についていけないと焦ると視野が狭くなってしまいます。木だけを見ずに森を見るように、自分が与えられた業務だけではなく、会社全体のサービスや商品、業界全体のこと、自分の仕事の先にいるお客様や、世の中に対する貢献度といったことに目を向けてみましょう。自分の役割や仕事をする意義を再確認する事でやりがいがでてきて視野も広がります。自分の仕事が好きになると、仕事に関する事を積極的に調べたり勉強したりするようになるので、スキルアップにも繋がるでしょう。

体力がもたなくて仕事についていけないときの対処法

仕事についていけないときは意識を変えてみる

体力的にもたないために、仕事についていけないケースもあります。

体力がない人におすすめの対処法を紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

業務量や時短勤務について相談する

「こんなに疲れるのは体力がないせいだ…」と思っているかもしれませんが、体力のなさだけが原因ではない可能性もあります。

人材不足で業務負担が増えていたり、他の人より割り振られる仕事が多い可能性もあるので、一度上司に相談してみましょう。

また、転職後など入社してすぐの場合は、慣れない仕事に気を使って体力が消耗しているのかもしれません。

勤務時間を相談できる職場であれば、最初は勤務時間を短くして、慣れてきたら長時間勤務に変えてもらうのもよいでしょう。

プライベートな時間に疲れを取る

体力がもたない人は、プライベートな時間に疲れを取る工夫が大切です。

仕事に慣れるまでは家族に家事を任せるなど、頼れる人の協力をお願いしてみましょう。

頼れる人がいない場合は、料理をかんたんに済ませるなど、省略できる家事は省略してプライベートの時間は体を休めることを優先してください。

また、身体が疲れているのに無理に外出したり、アクティブに過ごすのはやめましょう。

リフレッシュするのも大切ですが、活発に動くと仕事と同じようにエネルギーを消費します。

体力がなくて仕事についていけないときは、プライベートの時間をゆっくり過ごすのがおすすめです。

仕事についていけないときに試したい方法

仕事についていけないときに試したい方法

考え方をポジティブに変えるのは、そう簡単に誰にでもできることではありません。

ここでは「考え方は変えられないけど、なんとか改善したい」と考えている人のための対処法を紹介します。

仕事についていけない時は、以下のことを試してみましょう。

仕事についていけないと感じたときの対処法

行動していくうちに、新しい打開策を思いついたり、経験したことのない新境地にたどり着いたりするかもしれません。

ついていけないことを認める

まずは、自分が仕事についていけない状況を認めましょう。

ついていけないことはダメなことではないので、客観的な事実として捉えてみてください。

他人と比較して自己否定していると、何もかもネガティブな方向に向かい、前向きな対処法を試そうという気持ちになれません。

そのため、まずはありのままの状況を受け入れ、自分を認めることが大切です。

上司に相談する

信頼できる上司がいるなら、今の状況を伝えてみるのも良いでしょう。

タスクが多すぎたり、スキル以上のことを求められたりして辛いなら、それは個人の問題ではなく会社全体の問題です。

同じように悩んでいる人がいる可能性も高いので、辛い現状を1人で抱え込まずに1度相談してみましょう。

また、会社によっては産業カウンセラーが常駐している場合もあります。

カウンセリングでは、ストレスチェックや人間関係の悩み、キャリア形成などについて相談できます。

もしカウンセリングが受けられる環境があるのなら、一度相談してみるとよいでしょう。

疑問があるときはその場で解決する

疑問を解決しないまま後回しにしていると、ミスに繋がったり、仕事についていけなくなったりすることがあります。

疑問があるときはその場で解決するようにしましょう。

質問して「そんなこともわからないのか」と言われるのが嫌だと思う人もいるかもしれませんが、聞く恥は一瞬で終わります。

質問をするときには、以下のポイントを押さえると嫌な顔をされにくいです。

仕事がわからないときの質問のしかた

  • まず自分で調べてみて、わからないときは質問する
  • 「お忙しいところすみませんが、今ちょっといいですか?」と声をかける
  • 「ここまでは自分で調べたけれど、ここから先がわからない」など、具体的に何がわからないのかを伝える
  • 教えてもらう時はメモをとる
  • 教えてもらったらお礼を言う

後で苦労するのは自分なので、疑問は放置せずに解決するようにしましょう。

業務を細かくタスク化する

仕事が多すぎて終わらないなら、業務を細かくタスク化すると良いでしょう。

タスク化してみると、業務プロセスや業務量が目に見えてわかるようになります。

業務を細分化する方法

1つのタスクをどのようなプロセスで進めるのかを細かく分解します。

例えば「シチューを作る」というタスクであれば、「材料を揃える⇒材料を切る⇒材料を炒める⇒水を入れて煮詰める…」というように、細かく分解できます。

分解した1つ1つのタスクを見れば、自身が何をすれば良いのか明確になります。

仕事の進め方が間違っていたり、仕事の効率が悪かったりなど、原因を見つけやすくなります。

次は、各タスクをどう処理したら良いのか、どの順番で作業したら効率的なのか、優先順位を決めていきましょう。

タスクの優先順位の付け方

おすすめの優先順位の付け方は、「緊急度・重要度の高い順」で整理する方法です。

例えば「今日の12時までにメールを送る」と「明後日のプレゼンの用意」だったら、前者から取り掛かるというように決めていきます。

手当たり次第にやるのではなく、緊急度の高いタスクや重要なタスクから先に手を付けていきましょう。

優秀な人の真似をしてみる

周りの人が優秀で「自分だけがついていけてない」と感じているなら、その環境を成長のために利用してみましょう。

優秀な人はどんな風に仕事を進めているのか、どんな手順で作業を進めているのかを観察してみてください。

自分との違いを発見し、盗める技術があるのであれば、積極的に真似をして自分のスキルにしていきましょう。

以下に、優秀な人に多い仕事の進め方や考え方をまとめたので、実践できそうなものから試してみて下さい。

優秀な人に多い仕事の進め方

  • 仕事の本質的な目的を考え、質の高い成果を目指す
  • 作業効率を上げることを常に考えている
  • 問題が起きたら根本原因を探し対策を考える
  • 社内、社外への根回しが徹底している
  • 会議の前に内容を予習し、疑問点や発言する内容をまとめる
  • 常に一歩先を想像し、仕事がうまくいくケースと、いかないケースそれぞれの対策を考える

「現職での改善が難しいなら」転職を考えるのもアリ

現職での改善が難しいなら転職を考えるのもアリ

仕事についていけないことが大きなストレスになっていたり、対処法を試しても改善されなかったりする場合は、思い切って転職してみるのも良いでしょう。

ただし、転職を成功させたいなら、まずは今の会社で「仕事についていけない」と感じている原因を明確にしてから動き出すのが重要です。

原因がわからないと次の転職先でも同じ失敗をする可能性があるため、最悪の場合は転職を繰り返すことになります。

希望通りの転職をするためにも、まずは自分自身と向き合ってみましょう。

転職するなら、以下の転職サービスの利用がおすすめです。

転職サービス特徴
リクナビNEXT
  • 求人数がトップクラスに多い大手転職サイト
  • 自分のペースで求人を探せる
ハタラクティブ
  • 未経験でも応募できる求人あり
  • 学歴や職歴に関係なく利用できる

求人をたくさん見たいなら「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

リクナビNEXT』は、人材業界大手のリクルートが運営する転職サイトです。

「求人数の多さ」と「使いやすさ」が特徴で、どの地域の求人数も他社より充実している傾向があるので、地方に住んでいても求人を探すことが可能です。

たくさんの求人に触れることで視野が広がり、選択肢を増やすことができるでしょう。

求人のチェックだけでも早めに行っておけば、希望に合う転職先を見つけやすくなり、本格的に転職活動を始めるときにスムーズに進みます。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約107,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

自己分析ツール「グッドポイント診断」を使ってみよう(※登録無料)

リクナビnextに無料登録すると、自己分析を行える『グッドポイント診断』が利用できます。

グッドポイント診断』は、無料で自己分析を行えるツールで、18種類の資質からあなたの強みを知ることが可能です。

30分間・293問の本格的な診断を行うので、自分では気付けていない強みも明確にすることができます。

診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できるので、気軽に無料登録してみましょう。

経歴に不安がある方は「ハタラクティブ」

ハタラクティブ
(引用元
ハタラクティブ

ハタラクティブ」はスキルや経歴に自信がない方に特化した就職・転職エージェントです。

正社員経験のない方や短期離職した若い世代の支援に特化しており、学歴や職歴に関係なく利用できる点は大きな魅力といえます。

未経験でも応募可能な求人も多く、正社員として働いたことがないニートの方など、経歴に不安がある方におすすめです。

また、LINEでキャリアアドバイザーと気軽にやり取りできる点もメリットの一つです。

登録も利用も無料なので、気軽に登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブ|基本情報

運営会社レバレジーズ株式会社
公開求人数約3,500件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

丸井さん

次の職場探しに失敗しないために、仕事についていけなかった原因を外的要因・内的要因問わず徹底的に洗い出しましょう。仕事には向き不向きがあります。例えば1つの事に集中する事が得意でもくもくとこなしたいタイプの方がマルチタスクを求められる仕事に就いてしまうと、ついていけないと感じる事も。自己分析や診断ツールを使って「合った仕事」を見つけられたら一番良いですが、見つからない場合には「合わない仕事・業務内容を避ける」という方法もあります。自分自身の得意苦手を理解した上で、なるべく得意分野が活かせる転職先を選ぶようにしましょう。

それでも嫌…仕事についていけないときの退職理由は?

仕事についていけないときの退職理由は?

今の仕事についていけず、退職を考える人もいるでしょう。

しかし、仕事についていけないことを退職理由にすると「もう少し続ければ慣れるはずだ」など、引き止められる可能性があります。

仕事についていけずに辞めたい場合は、仕事を退職理由にするのではなく、以下のような理由にすると引き止められにくいです。

会社から引き止められにくい退職理由

  • やりたい仕事がある
    「もともと○○業界の仕事に興味があり、やりたいと思っていたことにチャレンジするには今しかないと思い転職を考えています。」
  • スキルアップしたい
    「関心のあった分野で、よりスキルアップするために資格取得を目指したいと考え退職を考えています。」
  • 体調が悪い
    「ここ半年ほど体調を崩しており、業務を続けることは難しいと考えています。治療に専念するため退職させてください。」

本当の退職理由がネガティブな人も多いと思いますが、前向きな内容にした方が円満に退職しやすいです。

上記はあくまで例文ですので、参考程度にとどめ、自分なりの退職理由を考えてみましょう。

まとめ

仕事についていけない、と感じる辛い状況を乗り越えるには、まずは自分自身と向き合うことが大切です。

どんな時に辛いと感じるのか、原因はどんなことなのかを明確にしましょう。

原因が明確になれば、どの対処法を実践すれば良いのか見えてくるはずです。

仕事についていけないときに試したい方法

  • ついていけていないことを認める
  • 上司に相談する
  • 疑問があるときはその場で解決する
  • 業務を細かくタスク化する
  • 優秀な人の真似をしてみる

対処法を試してもうまくいかない場合は、転職を考えるのも1つの手です。

しかし、「ついていけない」と感じた原因を明確にしておかないと、転職しても解決されずにまた悩んでしまうかもしれません。

自分の中にある気持ちとしっかり向き合って、ベストな解決法を選択しましょう。

本記事で紹介しているサービス特徴
グッドポイント診断
  • あなたの魅力を無料で診断できる
リクナビNEXT
  • 求人数がトップクラスに多い大手転職サイト
  • 自分のペースで求人を探せる
ハタラクティブ
  • 学歴や職歴に関係なく利用できる
  • 未経験でも応募できる求人あり

丸井さん

しっかり自己分析をして、「どのような仕事内容が得意」で「どのような仕事は避けたい」などを明確にエージェントに伝える事で、合った求人の紹介がされやすくなります。エージェントに相談する事で、自分ではわからなかった新たな視点や思いもよらなかった職種が合っているという気づきも得られるかもしれません。ただ、できない事ばかりを伝えてしまうと、仕事の紹介がされにくくなってしまいます。「これができない」よりも「これならできる」「これならやりたい」「どうやったらできるか」などポジティブな言葉を選びましょう。

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.