Operated by Ateam Inc.

イーデス

仕事を頑張れないのは甘えではない!15の理由と対処法を徹底解説

最終更新日:

転職
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「仕事を頑張れない」「やる気が出ない」と感じるのは、よくあることです。

仕事を頑張れないのには何らかの理由があるはずなので、まずは原因を把握する必要があります。

その上で必要な対処をとれば、仕事に対するモチベーションを回復させることができるでしょう。

そこで本記事では、仕事を頑張れない状態に対処できるよう以下の内容を解説します。

  • 仕事を頑張れない15の理由と対処法
  • どうしても仕事が合わない時の対処法
  • 原因が分からない時の対処法

記事後半では気軽に行える対処法も紹介するので、ぜひご参考ください。

頑張れないのは「仕事が合っていない」からかもしれない

仕事を頑張れない原因としては疲労やモチベーションの低下が考えられますが、もっと本質的な原因として「仕事が合っていない」可能性もあります。

仕事が合っていないと「業務が覚えられない」「ミスを繰り返す」など、しんどい状況になってしまいやすいでしょう。

「今の仕事が自分に合っているのか分からない……」と悩んでいる場合は、「キャリドラ」のようなコーチングサービスを利用してみるのがおすすめです。

キャリドラでは、専任のトレーナーが「あなたに合う仕事やキャリア」を一緒に考えてくれます。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

合っていない仕事に時間と労力を搾取される前に、一度カウンセリングに申し込んでみることをおすすめします。

まずは無料カウンセリングで今抱えている悩みについて相談し、「人生やキャリアについてもっと考えたい」と思った場合は、有料コースに申し込むと良いでしょう。

キャリドラ|基本情報

運営会社株式会社カメレオン
受講期間3ヶ月~
受講方法オンライン
対象年齢10代~30代
料金有料相談は無料

(最終更新:23年9月時点)

気になる内容をタップ

まず確認!仕事を頑張れないのは甘えではない

「なんだかやる気が出なくて仕事を頑張れない」というのは、誰もが一度は抱いたことがある感情です。

実際に、ビジネスに関する情報を提供している「株式会社ビズヒッツ」が行った調査でも、20~30代の約9割が「仕事のやる気が出ない時がある」と回答しています。(参考元:20代調査30代調査|BiZ Hits)

やる気がでなかったり、仕事を頑張れないことは誰にでもあるため、決して甘えではありません。

モヤモヤとした感情は簡単な対処法を試すだけで改善することもあるので、まずは「仕事を頑張れない理由」を把握しましょう。

ここからは、以下3つのカテゴリーに分けて「仕事を頑張れない理由と必要な対処法」を解説していきます。

仕事を頑張れないのは限界を感じている心のサイン?

仕事を頑張れない状態が長期間続く場合は、メンタルの不調を抱えている可能性があります。

気分の落ち込みが続く場合は、心療内科や精神科の受診を検討することをおすすめします。

【職場環境】仕事を頑張れない8つの理由と対処法

働いている環境に不満を感じていると、仕事に対するやる気も削がれてしまいます。

個々の力で環境を大きく変えるのは難しいですが、自分のモチベーションは自分自身で改善することが可能です。

ここでは職場環境が原因で仕事を頑張れないケースと必要な対処法を紹介するので、ぜひ実践してみてください。

職場環境が原因で仕事を頑張れないケース

理由1.仕事を頑張っても評価されない

「成果を評価してもらえない」という理由から、仕事を頑張れない方は多いです。

どんなに仕事を頑張っても、その頑張りが評価されないとモチベーションが低下してしまいます。

以下のような状況に不安や焦りを感じている方も多いのではないでしょうか。

  • しっかり仕事をこなしているのに昇給しない
  • 成果を上げているのに昇進できない
  • 実績がボーナスに反映されない……など

仕事を頑張っても評価されない場合は、「なぜ評価されないのか」を考える必要があります。

対処法:評価されない原因を客観的に考える

仕事を評価されない原因が自分自身にあることも多いため、まずは「なぜ評価されないのか」を客観的に考えてみましょう。

以下に仕事を評価されない主な原因と必要な対策をまとめたので、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

原因対策
周囲からの信頼を得られていない協調性やコミュニケーションの向上を図る
仕事を選り好みしている状況に応じてやりたくない仕事も引き受ける
求められていることを勘違いしている自分のポジションや業務の意義を客観的に見直す
自己判断のみで仕事を進めている報告・連絡・相談を徹底する

日々の仕事に対する姿勢を客観的に見直すことで、評価されない要因が自分にあると気づくケースも多いです。

一方で、「評価制度が機能していない」「人事が不公平な評価をしている」など会社側に問題がある場合もあります。

自分だけでなく周囲の人への評価も適当でないと感じる場合、会社側に問題があると考えられるでしょう。

会社側に問題がある場合、自分ひとりの力で状況を改善するのは難しいため、転職を検討することも手段のひとつです。

理由2.業務内容が自分に合っていない

業務内容が自分に合っていない場合も、仕事を頑張れなくなることが多いです。

  • 何年たっても仕事を覚えられない
  • 周囲と比較して極端にミスが多い
  • 仕事をしている時間が常に苦痛に感じる
  • 自分のスキルを活かせていない

業務内容が自分に合わないと感じる場合は、状況に応じて「仕事を変えてもらう」か「継続して頑張ってみるのか」を考える必要があります。

対処法:合わないことが明確な場合は業務を変更してもらう

今の業務内容が合わないとはっきり分かる場合は、上司に相談して業務を変えてもらうことをおすすめします。

その際は「どういった点が合わないのか」や「改善する見込みがないこと」もしっかりと伝えましょう。

また、就業して間もない場合は単に不慣れなだけの可能性もあるので「1年は続ける」など期限を設けて様子を見るのがおすすめです。

悩んだ場合はコーチングサービスを利用してみよう

今の仕事が自分に合っているか分からない……という場合は、コーチングサービス「キャリドラ」の利用がおすすめです。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

キャリドラ」では専任のアドバイザーがつき、あなたの強みやキャリアを一緒に考えてくれます。

無料カウンセリングも行っているので、まずは気軽に現状の悩みを相談してみてはいかがでしょうか。

理由3.業務量が多い

業務量が多いことも、仕事を頑張れないと思う要因のひとつです。

終わりが見えない業務と向かい合っていると、仕事のモチベーションが下がってしまうでしょう。

また「自分は要領が悪いのでは?」と気持ちが塞ぎ込んでしまうことも少なくありません。

与えられた仕事を思うように遂行できない状況は、自分を追い詰めてしまう原因にもなり得ます。

いつも仕事が追い付かない状態ならば、今一度自分の仕事の状況を確認して今後の進め方を考えてみてください。

対処法:仕事の進め方を見直す

業務量が多く作業が追い付かない場合は、仕事の進め方や管理の仕方を見直す必要があります。

以下のポイントを意識し、余裕を持ってスケジュールを管理しましょう。

  • タスクに優先度をつけて作業する
  • 余裕がない場合は仕事を断る
  • 上司に相談する

現在100%の力で完璧な仕上がりを目指している場合、力を出しすぎて余裕がなくなっている可能性があります。

常に完璧を求めすぎるのではなく、80%の完成度を目指すことも時には大切です。

また明らかに業務量が多くキャパオーバーな場合は、自分ひとりでの解決が難しいため、上司に相談することをおすすめします。

理由4.仕事中に暇な時間が多い

暇な時間が多く、仕事に対するモチベーションが下がってしまうケースも多いです。

出社しても手持ち無沙汰な状態が続けば、どうしても仕事に対する意欲が削がれてしまうでしょう。

特に繁忙期と閑散期のギャップが大きい会社では、「閑散期は何もすることがない」といった状況になりやすいです。

しかしながら、無駄にダラダラと時間をかけて仕事を進めるのは、周囲に「サボっている」と思われる恐れがあります。

手持ち無沙汰な状態が続く場合は「暇な時間=他のことに手を付けられる時間」と考えてみましょう。

対処法:能動的に動く

暇な時間が多いのであれば、能動的に動くことを心がけてみてください。

受動的では暇な時間を過ごすだけになってしまうので、以下のように「自らアクションを起こすこと」が大切です。

  • 周囲に「手伝えることがないか」声をかけてみる
  • 身の回りで効率化できそうな業務を考えてみる
  • 会社や部署の雑務を行う
  • 先の仕事に関する計画を立てる
  • 仕事に役立つ情報収集や勉強をする

周囲に仕事がある場合は、積極的に声をかけて仕事を引き受けましょう。

また閑散期で仕事がないのであれば、後回しにしていた雑務を片づけたり、今後の仕事に関する準備を行うことをおすすめします。

理由5.同僚と仕事に対する温度差がある

上司や同僚の士気が低い場合も、仕事を頑張れなくなる要因につながります。

時には自分ひとりが頑張っているような錯覚に陥り、虚しさを感じることもあるでしょう。

仕事への向き合い方や熱意には個人差があるため、社内や部署内で温度差がある企業は多いです。

しかし、周囲にあわせてやる気を失ってしまうのは非常にもったいないことです。

周囲との温度差を感じてつらい場合は、視点を自分に向けてみましょう。

対処法:自分自身に目を向ける

他人の考え方を変えるのは難しいため、周囲を変えようとするのではなく、自分自身に視点を向けてみましょう。

「自分は自分、人は人」と割り切り、自分に与えられる仕事と向き合ってください。

周囲のモチベーションの低さが気になってしまう場合は、以下のようなアクションを起こして視点を「自分」に切り替えることをおすすめします。

  • 個々の仕事に目標を設ける
  • キャリアアップの目標を立てる
  • 会社だけでなく自分の成長に目を向ける
  • 熱意がある人と積極的に関わる

周囲に流されず努力を続ければ、スキルや知識も増え、成長していけるはずです。

なお「どうしても周囲とのギャップが気になる」という場合は、転職を検討することも選択肢のひとつです。

理由6.新しいことにチャレンジできない

日々の業務に変化がなく、「仕事を頑張れない」と感じるケースもあります。

毎日同じ仕事を続けていると、どうしてもマンネリになりモチベーションが下がってしまうものです。

特に仕事に慣れてきて余裕が出てくるタイミングは、飽きや停滞感を感じやすいでしょう。

なかなか新しい仕事が振られない場合は、自分自身でマンネリを解消する必要があります。

対処法:自発的にアクションを起こす

仕事にマンネリを感じているのであれば、新しい仕事が振られるのを待つのではなく、自発的にアクションを起こしましょう。

受動的に新しい仕事が振られるのを待つことも手段のひとつではあります。

しかし仕事にマンネリは付きものなので、今後同じような状況になった時に対応できるよう、自分なりの対処法を身につけておくのがおすすめです。

対処法の例としては、以下が挙げられます。

  • 仕事の効率化を考えてみる
  • 新しいやり方で作業してみる
  • 日々の業務の意義を見直してみる
  • 自主的に新しい勉強をはじめてみる

今ある仕事を違う視点から見直してみることで、新たな発見があったり、新たにチャレンジしたい作業が見つかるケースも多いです。

なお「どうしてもやりたい仕事がある」という場合は、上司に相談してみることをおすすめします。

理由7.仕事の目標がない

仕事に対して目標がないことも、仕事を頑張れない理由になり得ます。

毎日与えられた仕事を淡々と遂行していると「仕事をしている」という感覚から「させられている」といった感覚に変わり、苦痛に感じてしまいやすいです。

社内や部署内で目標があっても「どこか他人事に感じる」という方も多いのではないでしょうか。

仕事の目標がなかったり、目標に対する意識が低い場合は、自分自身で目標を設けてみることをおすすめします。

対処法:自身で仕事の目標を設ける

他人から与えられた目標は、どうしても「やらされている」という感覚になりやすいです。

モチベーションを高めてやる気を引き出すためには、自分自身で仕事の目標を設けることをおすすめします。

例えば、以下のような目標を設けてみてはいかがでしょうか。

  • タスクに制限時間を設けてこなしていく
  • 効率よく作業して月の残業時間を10時間以内にする
  • 売上を前年比1.5倍にする
  • 再来年までに昇進する

まずは小さな目標を立て、徐々に目標の規模を上げていくと挫折しづらくモチベーションを維持しやすいです。

目標をクリアした時は大きな達成感を得られるので、ぜひ実践してみてください。

理由8.給与が少ない

給与が低いと「仕事を頑張れない」「頑張っても意味がない」と感じてしまいやすいです。

給与額は生活の質を大きく左右するため、満足のいく額をもらっていなければ仕事に対するモチベーションも上がらないでしょう。

また、あまりに昇給しないことにストレスを感じるケースも少なくありません。

給与に関しては「上が決めることだから……」と諦めてしまう方も多いですが、自発的にアクションを起こすことで昇給する可能性があります。

対処法:給与アップのためのアクションを起こす

給与を上げたい場合は、以下の順番にアクションを起こしましょう。

  • 成果を出して評価してもらう
  • 賃金交渉をする
  • 転職を検討する

まずは、成果を出すことが大切です。

評価・昇給制度がしっかり機能している会社であれば、成果を出すことでおのずと給与も上がるはずです。

その上で思うように評価を受けられない場合は、上司や人事に賃金交渉(賃上げ交渉)をしてみてください。

客観的な視点から昇給に見合うだけの成果を提示できれば、昇給に応じてもらえる可能性があります。

上記のアクションを起こしても給与が上がらなかったり、昇給する余裕がない会社と考えられる場合は、転職を検討することも視野にいれましょう。

給与額が妥当かどうか分からない場合は……

「もらっている給与額が自分に見合っているのか分からない」という場合は、転職エージェントで求人をチェックしてみることをおすすめします。

転職エージェント「doda」には、20万件を超える求人が掲載されているので、同じ業種・職種・ポジションの給与相場を確認してみると良いでしょう。(2023年3月時点、非公開求人を含む)

丸井さん

丸井さん

職場環境に問題がある場合、まずは労働基準法違反に該当しないかを調べてください。

また別の会社や同業界の人など外部の人に相談し、自分の置かれている状況を客観視することも大切です。

その上で会社側に問題があったり、自分ひとりで状況を改善するのが難しいと考えられる場合は、転職を検討したほうが良いでしょう。

【人間関係】仕事を頑張れない2つの理由と対処法

仕事を続ける上で重要なのが人間関係です。

職場の人間関係が悪いと、仕事のモチベーションにも影響が出てしまいます。

そのため人間関係が原因で仕事を頑張れなくなっている場合は、早めに対処する必要があります。

ここでは以下2つのケースについて解説するので、自分に当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

人間関係が原因で仕事頑張れないケース

理由1.ハラスメントを受けている

ハラスメントを受けることで、仕事を頑張れない状況に追いやられるケースは少なくありません。

職場のハラスメントの種類はさまざまで、一例として以下が挙げられます。

  • セクシュアルハラスメント
    ⇒性的な言動により、労働者の就業環境が害されること
  • パワーハラスメント
    ⇒優越的な関係を背景とした言動により、労働者の就業環境が害されること
  • マタニティハラスメント
    妊娠や出産により、労働者が不当な扱いを受けること

(参考元:あかるい職場応援団 - 厚生労働省

ハラスメントを受けている場合、一人で解決しようとするのは危険です。

指摘をしてハラスメントがエスカレートしたり、行為を隠蔽される恐れもあるので、慎重に対処する必要があります。

対処法:まずは第三者に相談する

上司・同僚・部下などからのハラスメントで苦しんでいる場合は、まず第三者に相談しましょう。

具体的な相談先としては、以下が挙げられます。

ハラスメントを打ち明けるのは勇気がいると思いますが、相談することで実態を調査して適切な対処をしてもらえる可能性があります。

その上で解決が難しかったり、職場にいづらくなってしまった場合は、退職や転職を検討することをおすすめします。

今すぐ会社を辞めたい場合は……

「精神的に限界で会社の人と話したくない」「退職を引き止められる」という場合は、退職代行サービス「退職代行ガーディアン」を利用する方法もあります。

退職代行ガーディアン」は、は、退職の手続きを代行してくれるサービスです。

「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と顔を合わせたくない…」など、退職理由はどんな内容でも構いません。

サービスに申し込むと、会社への連絡・有給消化の交渉など退職に関する手続きを代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞めることができます。

「退職代行ガーディアン」は退職成功率100%の実績があるため、ほぼ確実に会社を辞められます。

また、追加料金が一切かからない点も安心です。

どうしても会社を辞められずに悩んでいるならば、ぜひ利用を検討してみてください。

退職代行ガーディアン|基本情報

運営組合東京労働経済組合
対応エリア全国
料金29,800円(税込)
追加料金なし
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新:23年9月時点)

理由2.職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪いことも、仕事を頑張れなくなる要因ひとつです。

ギスギスとした雰囲気では、ストレスが蓄積して仕事へのモチベーションも下がってしまうでしょう。

以下のような職場の雰囲気に苦痛を感じる方は多いです。

  • コミュニケーションが極端に少ない
  • 社員同士の協力がない
  • いつも納期に追われていて空気が悪い
  • 悪口や噂話が多い

職場の雰囲気が悪い場合は、状況に応じて対処する必要があります。

対処法:まずは自分から!挨拶や声かけを意識してみる

「職場の雰囲気をなんとかしたい」と考えているのであれば、まずは自分から変化を起こそうとする意識も大事です。

具体的には、以下のような行動を心がけると良いでしょう。

  • 率先して挨拶をする
  • できるだけポジティブな発言をする
  • 笑顔でいることを心がける
  • 他人の意見を尊重する

一人が変わることで、職場全体の雰囲気が変わる可能性があります。

ただし、ギスギスとした雰囲気が長年続いている職場などは自分ひとりで状況を変えられない場合も多いです。

一向に状態が改善しないのであれば、異動を申し出たり転職を検討することも視野に入れましょう。

丸井さん

丸井さん

上記で紹介した対処法を試しても状況が改善されない時は、頑張りすぎず転職を検討することも手段のひとつです。

ただ、どの職場でも人間関係で悩む場合、改善策を考えなければ転職先でも同じような問題を抱えてしまう可能性があります。

転職を決断するのであれば、原因を探り「仕事の選び方や業界を変える」「人との付き合い方を見直す」などの対策を考えた上で行動しましょう。

【心身の原因】仕事を頑張れない5つの理由と対処法

仕事を頑張れないのは、心身に原因があることも少なくありません。

無自覚のうちに自分を追い詰めてしまうことが多く、気付けないままでいると精神的な疾患につながる恐れもあるので、注意が必要です。

ここでは、心身の状態が原因で仕事を頑張れないケースについて解説します。

心身の状態が原因で仕事を頑張れないケース

理由1.仕事でプレッシャーを感じている

重圧感や過度なプレッシャーは、仕事を頑張れなくなる要因のひとつです。

責任感が強い人ほど「失敗してはいけない」「仕事を完璧にこなさなければいけない」と考え、気づかぬうちに心身に負担が蓄積しやすいです。

失敗へのプレッシャーがストレスとなり、仕事に対する意欲が低下してしまうケースも少なくありません。

「ミスしたらどうしよう……」という思いが強いのであれば、失敗に対する考え方を変える必要があるでしょう。

対処法:「失敗しても大丈夫」という気持ちを持つ

「失敗=してはいけないもの」と思い込んでいる方は多いですが、仕事にミスはつきものです。

多くの人は失敗から打開策や解決策を見つけて学び、同じ失敗を繰り返さないようにしています。

失敗は悪いことではないので、「失敗しても次に活かせば大丈夫」と思うようにしましょう。

それでも重圧感を感じてしまう場合は、以下のようにプレッシャーを感じていることを整理したり、失敗した時の対応を考えておくのがおすすめです。

  • 何をプレッシャーに感じているのか整理する
  • すべきことを明確にする
  • 不測の事態への対応を考えておく

「失敗しても対処法がある」と思えれば、気持ちも楽になるはずです。

理由2.無自覚で頑張りすぎている

自分がすでに頑張っていることを自覚できないまま、自責の念に捉われているケースもあります。

できないことばかりに目が行き「自分はなんでこんなに頑張れないんだ……」と考えてしまうのです。

理想を求めすぎて、一生懸命頑張っている自分をないがしろにしていると、仕事を頑張るのがつらくなってしまうでしょう。

現状を責めてしまうことが多いのであれば、今の自分の頑張りに目を向けてみてください。

対処法:自分の頑張りを認める

自分にダメ出しばかりしてしまう場合は、些細なことでもいいので自分の頑張りを振り返ってみてください。

頑張りを認めることで、心が楽になり仕事への意欲が回復する可能性があります。

「頑張ったこと」は、以下のように小さな出来事で構いません。

  • 納期までに作業を完了できた
  • 1件でも契約を取ることができた
  • アポイントを取ることができた

「何ができていないか」ではなく「何ができたか」に目を向けることで、自分の頑張りが見えてきます。

一日の終わりにできたことを振り返り、仕事を頑張っている自分を認めてあげましょう。

理由3.努力しているのに成長を感じられない

自分自身の成長を感じられないことも、仕事を頑張れなくなる要因のひとつです。

努力をしているにも関わらず、一向に変化や成長を感じられないと仕事に対するモチベーションも低下しています。

中には「何度もしている仕事なのに効率が上がらない」「同じところでつまづいてしまう」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

努力に対する成果が見られない場合は、いったん「できること」に目を向けてみることをおすすめします。

対処法:できることに目を向ける

できないことばかりに目を向けるとネガティブな気持ちになってしまうため、「できること」に目を向けてみましょう。

小さなことでも構わないので、以下のようにできることをピックアップしてみてください。

  • 電話対応
  • Excelの操作
  • 発注業務

上記をあらためて確認すると「入社した時はできなかったこと」も多いはずです。

今あたりまえにできていることに目を向けることで、見逃していた成長を実感できます。

大きな変化は見られなくとも、日々成長していることを実感できれば、仕事のモチベーションを回復できるでしょう。

理由4.ストレスが溜まっている

日々のストレスが溜まっていることも、仕事を頑張れなくなる原因につながります。

ストレスを解消できずにいると心身に大きな負担がかかり、仕事への意欲が低下してしまいます。

「最近怒りっぽくなった」「眠れなくなった」といった変化がある場合は、ストレスが溜まっている可能性があるでしょう。(参考元:みんなのメンタルヘルス-厚生労働省

ストレスの蓄積を放置すると状態が悪化する恐れもあるので、「ストレスが溜まっているかも……」と感じた場合は早めにセルフケアを行ってください。

対処法:自分に合う方法でストレス解消を図る

ストレス解消の方法はさまざまですが、自分が「リラックスできる」「すっきりする」と思うことを行いましょう。

例えば、以下のような方法がおすすめです。

  • 友人と話す
  • 趣味に興じる
  • 旅行に行く
  • 思い切り泣く

ストレス解消のための行動を取ることで、気持ちがリフレッシュできる場合も多いです。

定期的に自分の状態を確認してストレスを解消できれば、毎日を健やかに過ごすことができるでしょう。

理由5.うつ病を患っている

「ひどく気分が落ち込む」「何をしても楽しくない」といった状態が長期間続く場合は、うつ病の可能性があります。

以下のような症状が出ているのであれば、注意が必要です。

  • 何をしても楽しめない
  • イライラしたり、焦る気持ちがある
  • 食欲がない
  • 眠れない、寝すぎてしまう
  • 疲れやすい

(参考元:みんなのメンタルヘルス-厚生労働省

うつ病と疑われる症状がある場合は、一人で対処しようとせず周囲を頼ることが大切です。

対処法:病院を受診する

少しでもおかしいと感じた場合は、早めに心療内科や精神科を受診することをおすすめします。

「病院に行くのはこわい」と感じるかもしれませんが、うつ病の多くはしっかり治療を受けることで以前の状態に回復するといわれています。(参考元:こころの耳-厚生労働省

心身の不調を放置していると悪化してしまう恐れもあるので、決して無理せず専門家に相談することが大切です。

専門窓口に相談することも手段のひとつ

病院に行くべきか迷う場合は、以下のような専門窓口に相談することも手段のひとつです。

こころの耳相談

いのちSOS

どうしても合わない場合は転職も検討しよう

「どうしても今の仕事を頑張れない」「仕事自体が自分に合わない」という場合は、転職を検討することも選択肢のひとつです。

転職して仕事を変えれば、心機一転して仕事に対するモチベーションを上げられる可能性があります。

なお、転職に少しでも興味があるのなら「転職エージェント」の利用がおすすめです。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントに登録するのはハードルが高いと感じる人も多いと思いますが、相談だけでも利用可能です。

今の仕事を続けるべきかどうか……」といった悩みに対しても客観的な視点でアドバイスしてくれるので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

ここからは、数あるエージェントの中でも特におすすめの2社を紹介します。

おすすめの転職エージェント

丸井さん

丸井さん

転職エージェントに登録すると、転職に詳しいキャリアアドバイザーが相談にのってくれます。

今の気持ちや状況などを人に話すだけで、気持ちが楽になったりモヤモヤの原因が整理されることも多いです。

また「今の状況が正常なのか」客観的な意見を聞ける点も、色々な会社の状況や働き方を知っているキャリアアドバイザーに相談するメリットといえます。

まずは気軽に相談してアドバイスをもらい、その上で転職するかどうかをじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

顧客満足度No.1「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、多様なジャンルの求人を保有している転職エージェントです。

業界・職種問わず、希望に合わせて幅広く求人を紹介してもらえるため、仕事選びに悩んでいる方にもおすすめです。

また、コンサルタントの質が全体的に高く、転職のサポートが手厚いことにも定評があり顧客満足度No.1に選ばれています。(※2024年オリコン顧客満足度Ⓡ調査転職エージェント20代第1位)

コンサルタントをつけず「求人をチェックするだけ」という使い方も可能なので、ぜひ気軽に利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

業界最多の求人数を保有「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は業界最多の求人数を保有しており、転職活動では定番ともいえるサービスです。

経験豊富なキャリアアドバイザーからサポートを受けられるため、初めてでも安心して転職活動を進められるでしょう。

また応募書類の作成・面接対策なども親身にフォローしてくれるので、選考に自信がない方にもおすすめです。

たくさんの求人を比較検討したい方や、大手ならではのサポートを受けたい方は、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約364,000件

非公開求人数約228,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年2月時点)

仕事を頑張れない時におすすめのリフレッシュ方法

仕事を頑張れない理由と対処法についてお伝えしてきましたが、「どの理由にも当てはまらない」「なんとなく気分がのらない」という方もいらっしゃるでしょう。

気分がすぐれず仕事を頑張れない時は、ちょっとしたリフレッシュをしてみることもおすすめです。

ここでは、手軽にできるリフレッシュ方法を3つ紹介します。

仕事を頑張れない時のリフレッシュ方法

方法1.生活習慣を改善する

1つ目におすすめする方法は、生活習慣を改善することです。

仕事を頑張れないのは、睡眠不足や不摂生が影響していることも少なくありません。

不規則な生活を送っている場合は、以下の改善を行ってみてください。

  • 毎日同じ時間に起床する
  • 1日3食バランスのよい食生活を心がける
  • 定期的な運動を心がける
  • 過度の飲酒を避ける

(参考元:大阪がん循環器病予防センター

生活習慣の改善は、ストレスへの対策や予防にもつながるといわれています。

一度に全ての生活習慣を見直すのは難しいので、少しずつできることから改善していきましょう。

手軽にできる生活習慣の改善

生活習慣を大きく改善するのが難しい場合は、ちょっとした改善を試してみることをおすすめします。

例えば「寝る前にスマホをいじる時間を短くする」「1駅分歩く」「いつもより30分早く寝る」などでもOKです。

チャレンジしやすいことから、徐々に改善してみてください。

方法2.読書をする

仕事を頑張れない時は、読書もおすすめです。

読書のジャンルは、読んでいて前向きな気持ちになる「自己啓発本」や、知識を習得できる「資格本」などが良いでしょう。

新しい知識を身に付けることで、仕事に活かすチャンスも得られます。

以下に仕事で活かせる有益な本を2冊ご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

方法3.頑張った時はご褒美をあげる

仕事を頑張った時は、特別な日でなくても自分にご褒美をあげましょう。

「仕事を頑張るのは当たり前だ」と毎日ひたすら頑張り続けていては、仕事に忙殺されて心身ともにまいってしまいます。

例えば大きな仕事が終わった時には、ずっと欲しかったものを買ってみたり美味しいものを食べに行ったり、自分にちょっとしたご褒美をあげてください。

普段から自分にご褒美をあげていない人は「これを頑張ったら○○をしよう!」と事前に決めておくことで、モチベーションアップにつながります。

悩んだ時は「コーチング」を受けてみよう

「今の仕事を続けるべきか分からない」「キャリアについて悩んでいる」という方は、コーチングサービスを利用してみるのがおすすめです。

コーチングサービスとは、相手を観察する・話を聞く・提案するといった工程を経て、相談者が行動や変化を起こせるようサポートしてくれるサービスです。

相談が主体のサービスなので、転職する・しないに関わらず気兼ねなく利用できます。

コーチングサービスは複数ありますが、キャリアに悩んでいる場合は「キャリドラ」がおすすめです。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

キャリドラ」は、専任のトレーナーがマンツーマンでキャリア形成のサポートを行ってくれるサービスです。

中長期的なキャリアアップが目的であるため、転職を一つのゴールとしている転職エージェントとは異なり、起業や副業を目指す方でも利用できます。

具体的には、自己分析を行い課題点や強みを把握した後、ロードマップを立案し、理想のキャリア実現に向けて行動を起こすまでサポートしてもらえます。

仕事の軸を固めるトレーニングを受けられるので、キャリアの方向性に悩んでいる人はぜひ無料セッションを受けてみましょう。

キャリドラの利用に向いている方

  • 転職や起業を成功させたい方
  • 年収アップやキャリアアップを目指す方
  • 現状を変えたいが、何をしたらいいか分からない方
  • 客観的な視点から将来設計のアドバイスをもらいたい方

まとめ

本記事で押さえておきたいポイントは、以下の通りです。

  • 仕事を頑張れないのは甘えではない
  • 状況を改善するには原因に応じた対処を取ることが大切
  • 心身に不調がある場合は早めに病院を受診する
  • どうしても頑張れない時は転職することも手段のひとつ

仕事を頑張れない理由は、人によってさまざまです。

「周囲の人はできているのに……」など人と比べたりはせず、自分が今どういう状態なのかを考えてみましょう。

また、転職や退職を検討している場合は、以下のようなサービスを利用するのもおすすめです。

本記事で紹介しているサービス特徴
キャリドラ日本初のマンツーマンコーチングサービス
無料体験セッション有り
退職代行ガーディアン退職を代行してくれる
doda業界屈指の求人数&顧客満足度No1
リクルートエージェント業界最多の求人数

「仕事を頑張れない」と感じた場合は、ぜひ本記事を参考に自分の状況に合う対処法を行ってみてください。

丸井さん

丸井さん

今の会社では頑張れず「転職したい」と思っても、先のことが不安になりますよね。

「転職先はあるのか?」「どんな仕事があるのか?」「給与は?」「転職活動の方法は?」など不安は尽きません。

上記のような不安を解消するためには、転職エージェントに登録して情報を教えてもらうのがおすすめです。

業界の情報・求人状況・自分の市場価値など必要な情報を細かく教えてくれるので、転職に対する不安を軽減できるでしょう。

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは相談をして情報を仕入れた上で、今後どうすべきかをゆっくり検討してみてはいかがでしょうか。

転職活動についての関連記事

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.