Operated by Ateam Inc.

イーデス

仕事を休みがちになるのは体からのSOS?原因と対処法をチェック

最終更新日:

転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

仕事が休みがちになっており、このままで大丈夫なのかと悩んでいませんか?

仕事を休んでばかりだと「周囲に迷惑をかけて申し訳ない」と罪悪感を抱いてしまうでしょう。

ただし、仕事を休みがちになってしまう原因を解明することで、対処することは可能です。

この記事では、仕事を休みがちになってしまう原因と対処法について詳しく解説していきます。

また、仕事を休みがちだと会社での立場が悪くなるのかや、心の状態をチェックする方法も取り上げます。

本記事を参考にして、今の状況を見つめ直す時間を作り、少しでもよい方向に向かうための一歩を踏み出してください。

「仕事を休みがち」になってしまうのは「仕事が合っていない」からかもしれない


体調不良や倦怠感などから「仕事を休みがち」になってしまうのは、もっと本質的な原因として「仕事が合っていない」可能性があります

仕事が合っていないと「業務がうろ覚えになる」「ミスを繰り返す」、その結果、体調不良を起こして仕事を休むといった悪いサイクルにつながってしまいます。

そんな体が危険サインを出している仕事を続けていても、時間と労力を搾取され、別の仕事や環境を選ぶ機会を逃してしまうかもしれません

最近は、以下の「キャリドラ」のようなコーチングサービスが広まってきています。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

合っていない仕事に時間と労力を搾取される前に、一度カウンセリングに申し込んでみることも手段のひとつです。

まずは無料カウンセリングで「自分の適性」や「求めている仕事環境」などを相談し、人生やキャリアについてもっと考えたいと思ったら、有料コースに申し込むとより効果的でしょう。

気になる内容をタップ

仕事を休みがちになる5つの原因

仕事を休みがちになる5つの原因

仕事を休みがちになってしまい、辛い思いを抱えている方はいます。

「朝起きると体調が悪い」「気持ちが沈んで仕事に行く気力が湧かない」など、どうしようもない事情でも、仕事を休むのは心苦しいものです

まずは、仕事を休みがちになってしまう5つの原因についてチェックしていきましょう。

仕事を休みがちになる主な原因

仕事を休みがちな状態への対処法を今すぐチェックしたい方は、「仕事を休みがちな状態への6つの対処法」をご覧ください。

原因1.人間関係のストレス

会社の人間関係に悩んでいたり、苦手な上司と顔を合わせるのがストレスになり、仕事を休みがちになることがあります。

会社での人間関係は、たくさんの人が一緒に働いている限り避けては通れない問題です

ストレスの原因となる人がいたり、ちょっとした行き違いからトラブルになることもあります。

「仕事に行くとあの人がいる…明日また出勤したくない」と考えて気持ちが落ち込んだり、最悪の場合、体がいうことを聞かなくなってしまうケースもあります。

ナビナビ

藤井さん

キャリア相談でも、「人間関係が理由で会社を辞めたい」「行きたくない」という内容は、多くいただきます。
その中でも「上司との相性」がもっとも多いと実感します。
上司がちゃんと目的や指示を提示してくれず、わからないまま実施した仕事を報告すると、ダメ出しをされて戻されるが、どうしたら正解なのかわからない、といった内容です。
どうしたらいいのかわからないし、聞いてもわからないのは辛いですよね。
このように報連相がうまく行かないことが、人間関係の悩み要因になっていることが多いようです。
コロナ禍、リモートワークが増えてから、よりそのようなお悩みは増えているのを実感しています。

原因2.長時間労働などによる疲労の蓄積

今まで溜まっていた疲労が、急に体の不調としてあらわれることもあります。

特に日常的に人よりも多く仕事を引き受けている方は、自覚なしに疲労が溜まっている可能性があるでしょう。

無自覚の疲労が溜まっている状態は、いわばコップいっぱいに水が注がれている状態です。

ちょっとしたきっかけで、溜まっていた疲れが一気にあふれてしまいます

その結果、体調を崩し、仕事に行けなくなってしまいます。

原因3.仕事でのトラブルやプレッシャー

責任のある仕事を任されたり、仕事での失敗が引き金となって精神的に追い詰められている状態も考えられます。

「周りの期待に応えなければいけない」「失敗したら迷惑がかかってしまう」など考え込んでしまい、朝起きると体が動かなくなるのです

また過去の失敗を思い出して、体調が悪くなったり、会社に行けなくなるケースもあります。

ナビナビ

藤井さん

仕事上でトラブルやプレッシャーはつきものですが、休みがちになる方は、相談する人がいない、あるいは相談しない傾向にある方です。
「相談できる人が職場にいるかどうか」がストレスに影響する、と言われています。
相談できる方は、その日のうちに解決できたりサポートしてもらうことで、軽減につながるのですが、相談できない方は翌日以降も引きずります。
そんな方たちの特徴は、責任感が強かったり、ちゃんとしなくてはダメな部下だと思われてしまう、と必要以上に自分にプレッシャーを与えてしまう傾向がみえます。

原因4.会社での仕事が合っていない

会社の仕事内容があなた自身に合っておらず、ストレスになっていることも考えられます

得意なことは人それぞれで、チームで協力する仕事に向いている人もいれば、一人でモクモクと行う作業が向いている人もいます。

また、苦手意識が高い仕事を任されたせいで強い疲労を感じるケースもあるでしょう。

その他「毎日のノルマがきつい」「頑張っても仕事がこなせない」と悩むことがストレスになっている可能性もあります。

あなたに合った仕事を探してみませんか?

業務が合わない場合は、転職を検討することもひとつの手段です。

環境を変えることで、自分の適職を見つけられたり、やりがいを感じられるようになるかもしれません。

自分に合った求人を探すならば、転職エージェントの「doda」がおすすめです。

doda
(引用元
doda

doda」は、幅広い業種・職種の求人を保有している転職エージェント。

首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴的です

登録後は、アドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けることができるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

原因5.体調不良

いくら自己管理をしていても、完全に体の調子をコントロールすることは不可能です。

「風邪をひきやすいから毎日しっかり体を休めよう」「お腹が弱いから冷たいものは控えよう」と気を付けていても、体調を崩す時は崩してしまいます

また、回復に時間がかかる人は、数日休んでしまうと「休みすぎて会社に行きづらい」と感じやすいです。

「こんなに休んだら会社に席がないかも…」と不安になってしまい、仕事への活力がなくなってしまうのです。

仕事を休みがちな人に共通する3つの特徴

仕事を休みがちな人に共通する3つの特徴

仕事を休みがちになる人は、いくつかのタイプに分けられます。

ここでは、仕事を休みがちになりやすい人に共通する3つの特徴について解説します。

真面目

仕事を休みがちな人は、真面目な性格です。

真面目に仕事に取り組んでいるからこそ、仕事で失敗したりすると「自分はダメな人間だ」「役立たずだ」と自分を責めてしまいます

また、「他人に迷惑をかけられない」という思いから人に相談できず、一人で問題を抱え込んでしまうケースもあります。

責任感が強い

責任感が強い人も、仕事を休みがちになる傾向にあります。

責任感が強い人は、真面目でもあり、自分に仕事を任せてくれた相手の気持ちを常に考えています

そのため、仕事が上手く進まなかったり、ミスをすると「自分のせいでい相手に迷惑をかけてしまった」と落ち込んでしまうのです。

責任感からくるプレッシャーで、体調を崩してしまうケースもあるでしょう。

頑張り屋

周りの期待に応えようと必要以上に無理をし、体調を崩してしまうケースもあります

自分では無理をしているという自覚はないため、励まされたり応援されたりすると「もっと頑張らなければ」と思ってしまうのです。

自分のできる限界以上に頑張ってしまい、ある日いきなり仕事に行けなくなるケースも目立ちます。

仕事を休みがちな状態への6つの対処法

仕事を休みがちな状態への6つの対処法

どんな原因であれ、会社を休みがちな現状は辛いものです。

ここでは、仕事を休みがちな現状を打破するための対処法をご紹介します。

会社に行きたくない原因と向き合う

会社に行きたくない原因がある場合は、それを解消することで仕事への活力を取り戻せる可能性があります。

職場に行きたくないと思う原因は人によってさまざまですが、最も多いと推測されるのが「人間関係の悩み」です

転職サイト「リクナビNEXT」によるアンケート『転職理由と退職理由の本音ランキングBest10』の結果では、「人間関係」を理由に転職・退職した人が約4割にのぼっています。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

引用元
転職理由と退職理由の本音ランキングBest10|リクナビNEXT

退職理由のトップ3のうち、2つが「人間関係」となっています。

もし上司や同僚とのトラブルを抱えているなら、早めに信頼できる相手に相談したり、相手と話し合いの場を作るのが得策です

また、人間関係のトラブルは、相手の立場になって物事を考えたり、しっかりと挨拶をおこなったりすることでも、改善する可能性があります。

あなたの悩みを本気でサポートしてくれる「ポジウィルキャリア」

「今の仕事がつらい」「今後のキャリアが不安」と、お悩みではありませんか?

仕事の悩みを抱えているならば、キャリアに特化したパーソナル・トレーニングが受けられる「ポジウィルキャリア」がおすすめです。

ポジウィルキャリア」では、キャリアデザインから企業研究・模擬面接など、専属のキャリアトレーナーがつきっきりで支援してくれるので、納得のいくキャリア設計や転職活動が行えるようになると人気です。

サービスは有料ですが、初回のカウンセリング(オンライン)だけなら無料で利用できるので、まずは一度キャリアカウンセリングを受けてみて、必要だと感じれば利用料金を支払い、キャリアのサポートを受けるのがよいでしょう。

少しでも気になっている方は、初回のカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

ポジウィルキャリア|基本情報

運営会社ポジウィル株式会社
特徴オンライン・チャットでトレーニング可能
対応地域全国
料金初回相談無料
385,000円(税込)~+入会金

(最終更新:23年8月時点)

長期休暇を取る・休職する

出勤しては休んでしまう状況を繰り返しているのなら、思い切って長期の休暇を取りましょう。

休んでいても会社や仕事のことが頭にあると、しっかり疲労を回復できません

リフレッシュして気持ちを切り替えるためには、一度ゆっくり心と身体を休めることが重要です。

長期休暇の取り方や申請方法は、以下のとおりです。

長期休暇の取り方

  • 長期休暇の取り方:有給休暇を取得する
  • 有給休暇の申請方法:口頭やメール、申請書の提出(会社によって異なる)
  • 取得を拒否されたときの対処法:いつなら取得できるのか相談する

長期で休みたい場合は、有給休暇を取得することが一般的です。

勤続期間が長いほど、会社を休める日数が多くなり、取得する理由を会社に伝える必要はありません。

ただし、有給休暇を取得する申請方法は、法律で定められていないため、職場ごとにルールが異なります。

詳しい申請方法やいつまでに申請するのかは、取得する前に確認しておきましょう。

まれに、有給休暇の取得を拒否されるケースもありますが、いつなら取得できるのか上司に相談すれば、時期をずらして休めます。

体調が崩れがちなときは休職を検討する

体調が崩れがちな場合は、休職して治療に専念することも大切です。

休職は、有給休暇のように仕事を休んでも給与の支払いはありませんが、本人都合で長期的に休める制度です。

給与の支払いはないものの、ケガや病気が理由であれば、全国保険協会に傷病手当を申請できます。

ただし、法律で定められている制度ではなく、会社の就業規則になければ利用できないため、注意が必要です。

どうしても会社を辞められずに悩んでいるならば…

中には「本当は今すぐにでも会社を辞めてしまいたい」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

上司から強い引き止めにあったり、そもそも退職を伝えられるような職場環境でない場合もあるでしょう。

自分ひとりで退職手続きを進めるのが難しい場合は、退職代行サービス「退職代行ガーディアン」を頼ることをおすすめします。

退職代行ガーディアン」は、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と顔を合わせたくない…」など、退職理由はどんな内容でも構いません。

サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞められます

どうしても会社を辞められずに悩んでいるならば、ぜひ活用してみてください。

趣味に没頭する時間を作る

業務以外の時間に仕事のことを考えてしまうのであれば、没頭できる趣味を見つけましょう。

仕事の後や休日に趣味に打ち込めば、仕事のことを考えて憂うつになることもありません

「仕事だけが私の人生じゃない」と、考えを切り換えられます。

趣味を見つけられない方は、以下の流れで趣味を探しましょう。

趣味の見つけ方

  • 「1人で楽しめる」「お金がかからない」などの外せない条件を決める
  • 自分の興味あるものや、過去に好きだったものを書き出す
  • 趣味の傾向がわかったら、共有できる人や体験できる場所について情報を集める

特にやりたいことがない方は、読書やDVD鑑賞、ウォーキングなど気軽に始められることがおすすめです。

ナビナビ

藤井さん

キャリア相談の際、休みの日は疲れてしまい家から一歩も出ていない、とお話しされる方もいらっしゃいます。
ストレス発散の仕方は人それぞれですが、人と会いたくもない、という人もいるでしょう。
でも、家に籠っていると、ますます精神的に落ち込んでしまう方も。
そこでおすすめしたいのが、外に出かけることや散歩です。
仕事のことは考えず、目の前の景色を楽しみながら一歩一歩丁寧に歩いてみましょう。
また、体のリズムを整えるためには、ヨガもおすすめです。

職場以外の友人に相談する

仕事で嫌なことがあるのなら、仕事とまったく関係のない職場以外の友人に気持ちを打ち明けてみましょう。

仕事と無関係な友人なら、愚痴のこぼしあいになることもなく、気楽に相談できるはずです。

相談してみると「そこまで深刻になることじゃなかった」「別に自分だけが悪いわけじゃない」と気づかされることもあります

相談する際は、LINEでやりとりしたり、電話で話したり、直接会って悩みを打ち明けたり、どのようなやり方でもかまいません。

また、友人に対処法をアドバイスしてもらうことで、「こういうやり方もあったんだ」と自分の考えや行動を改めるきっかけにもなります。

ナビナビ

藤井さん

職場以外の人であなたの置かれている状況を理解し、共感してくれる人がいれば、遠慮せずに話してみましょう。
仕事以外の人に聞いてもらうメリットは、話すだけでスッキリすることです。
あなたの性格を知っているからこそ、わかってくれることもあるでしょう。
もう一つのメリットは、自分とは異なる切り口で「私だったらこう考える」と考え方、解決策を教えてくれる点です。

新しいスキルを取得する

スキルがあれば、今の会社で任される仕事の範囲が広がります

スキルアップすることで、「頑張っても仕事をこなせない」「毎日のノルマがきつい」という悩みも解決できる可能性があるでしょう。

また、「スキルを取得するには学校に行ったり教材を買ったりしないといけないのでは?」と思いがちですが、最近ではネットでオンライン学習することも可能です。

気軽に勉強を始められるので、ぜひ気になる分野の情報をチェックしてみてください。

スキルを取得するのならユーキャンがおすすめ

新しいスキルを習得したいときは、「ユーキャン」を利用することがおすすめです。

ユーキャン
(引用元
ユーキャン

ユーキャン」は、ビジネス系やパソコンスキル、デザインなどの講座を多数取り揃えています。

また、テキストは初学者でもわかりやすく、資格取得も夢ではありません。

ユーキャン|基本情報

運営会社株式会社ユーキャン
取扱講座数130以上
対応地域全国

(最終更新:23年8月時点)

転職を検討する

仕事を休みがちな原因が自分ではなく職場環境にある場合、「環境を変える」ことが必要です。

真面目な人は「自分がここで逃げたら申し訳ない」と思い込んでしまいがちですが、職場を変えることで憂鬱な気持ちを改善できる可能性があります

違う会社に勤めることで労働環境が改善され、自分に合う業務を任される可能性もあります。

思い切って転職を検討し、仕事への意欲ややる気を取り戻しましょう。

仕事に不満があるなら、求人探しだけでも始めておこう

今の仕事に不満を感じているなら、早めに求人探しだけでも始めておくことをおすすめします。

まだ転職するべきか決めかねている段階かもしれませんが、そんな今だからこそ、転職サイトの求人をチェックしておくべきです

あとで転職サイトに登録しようと思っていると、情報収集に出遅れてしまい、大事な転職活動が失敗に終わる可能性があります。

いざ転職しようと思った時に焦らないためにも、早いうちから「世にはどんな求人が出回っているか」「他の会社で求められるスキルは何か」を確認しておくと安心です。

まずはdodaに登録してみよう

doda
(引用元
doda

求人探しを行うならば、まずは人材大手の「doda」に登録することをおすすめします。

その理由はシンプルで、求人数が多く、転職サービスとしての機能も優れているからです。

doda」は業界トップクラスの求人数を保有しているため、業種・職種関わらず、たくさんの求人をチェックできます。

サイト上では数万件もの求人を確認できるので、これだけたくさんあれば、希望条件にマッチした企業も見つかりやすいでしょう

一切お金はかかりませんし、合わなければすぐに退会できるので、今のうちに登録だけでも済ませておきましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

仕事を休みがちだと会社での立場が悪くなる?

仕事を休みがちだと会社での立場が悪くなる?

仕事を休みがちだと「会社での自分の立場がどうなるのか」不安になるかもしれません

たとえ体調不良など、やむを得ない事情であっても「今の会社で自分の立場が悪くなってしまうかも」「将来的にクビにされるのではないか」と心配になってしまうものです。

ここでは、休みがちな人の会社での立ち位置や、今後について説明します。

会社を休みがちなのは「甘え」と誤解されることも多い

会社を休みがちだと、どうしても会社内では「甘えているのではないか」と誤解されがちです。

耐えられないストレスやプレッシャーが原因であったとしても、周りの人が理解してくれるとは限りません。

休みがちな人の代わりに仕事をしなければならない人たちは、「すぐ休むなんて甘えている」「私たちは休まずに頑張っているのに」と迷惑に思う気持ちのほうが強くなってしまいます。

やむを得ない事情で仕事を休みがちになってしまうのは仕方がないことですが、「すべての人の理解を得られるわけではない」ことを覚えておきましょう

会社を休む理由が本人以外にある場合は理解を得やすい

会社を休みがちな理由が本人以外にある場合は、比較的周囲の理解を得やすいです。

理解されやすい理由の例

  • 妊娠
  • 子育て
  • 家族の怪我・事故
  • 家族の介護 など

休む際は「職場の人に迷惑がかかる」と気になってしまうかもしれませんが、妊娠中や家族の問題は誰にでも起こりえるため、周囲も理解しやすいようです

ただし「休んだ分の業務を他の誰かが行ってくれている」ということは、忘れないようにしましょう。

ナビナビ

藤井さん

会社を本人以外の外的理由で休む理由は色々ありますが、「ペットがなくなった」「実家の手伝いをしなくてはならないことが起こった」なども挙げられます。
理解を得やすいかどうかは会社によりますが、休む時は、会社の人が不振に思わないためにも正直に理由を伝えることと、どれくらいで戻れるのかや、休み中の連絡方法などを伝えておくことによって、迷惑がかからないでしょう。

会社を休みがちでクビになる可能性は低い

会社を数日休んだからといって、すぐにクビになることはありません。

労働契約法により「解雇には客観的理由が必要」と定められているのです。

(解雇)
第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

引用
労働契約法-電子政府の総合窓口(e-Gov)

客観的に見て「解雇せざるを得ない状況」であり「解雇する正当な理由」がなければ、会社側が労働者をクビにすることはできません。

そのため簡単に解雇されませんが、正当な理由なく長期間無断欠勤が続いた場合などは「解雇をする合理的な理由」と判断される可能性もあるので注意が必要です。

また、仕事を休みがちな状態は、他の人にも迷惑がかかってしまいます。

やむを得ない休暇が続く場合は、休職することも視野に入れましょう

仕事を休みがちなあなたの心の状態をチェック

仕事を休みがちなあなたの心の状態をチェック

「仕事に行けない」「どうしても会社を休んでしまう」といった状態は、精神的に追い詰められた心と体からのSOSかもしれません

以下は、心の健康などについて啓発を行うウェブサイト「みんなのメンタルヘルス」で紹介されている、うつ病の症状です。

周囲の人にもわかるうつ病のサイン

身体に現れるうつ病のサイン

少しでもうつの疑いがある場合は、仕事のことは後回しにして、まずは病院での診察・治療を最優先しましょう

ナビナビ

藤井さん

心の病は誰にでも起こりうることです。
あなたが思っている以上に、多くの人が病院での診療を受けたり、会社で保健士に相談したりしています。
眠れない日が何日も続いたり、疲れが取れなかったり、今までと違う状態が続いたら、気軽な気持ちで相談に行ってみましょう。
そして、まずは1日でもよいので、ゆっくり休んでみてください。
元気が戻ってきたら、また頑張れば大丈夫です。
頑張り方は、「もっと人を頼る」「100%の成果を目指さない」など、自分のルールを変えることをおすすめします。

まとめ

仕事を休みがちになると「自分が未熟だから…」と自分自身を責めてしまうことがありますが、仕事を休みがちになる人は、真面目で責任感が強いです

「最近仕事を休みがちでつらい」という方は、以下にあてはまる原因がないかチェックしてみてください。

仕事を休みがちになる5つの原因

  • 人間関係のストレス
  • 長時間労働などによる疲労の蓄積
  • 仕事でのトラブルやプレッシャー
  • 会社での仕事が合っていない
  • 体調不良

真面目な人は「仕事を休んだこと」に対しても自分を責めてしまい、より仕事を休みがちになってしまうでしょう。

休みがちな現状を打破するために、まずは以下の対処法を試すことをおすすめします。

休みがちな今の状態を改善するためにできる6つの対処法

  • 会社に行きたくない原因と向き合う
  • 長期休暇を取る、休職する
  • 趣味に没頭する時間を作る
  • 職場以外の友人に相談する
  • 新しいスキルを取得する
  • 転職を検討する

休みがちな精神状態や体調によっては、環境を変えることが改善につながることもあります。

転職に興味がある方は、一度「doda」で求人をチェックから始めてみてください。

本記事で紹介しているサービス特徴
doda
  • 転職サイトとしても利用できる
  • たくさんの求人数を確認できる
ポジウィルキャリア
  • プロの転職アドバイザーから、本気の転職サポートを受けられる
  • 初回相談無料
退職代行ガーディアン
  • あなたの代わりに退職を代行してくれる
  • 退職成功率100%

転職活動についての関連記事

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.