転職ドラフトの評判は?「指名なし」を回避するレジュメの書き方も解説

ナビナビ
転職

2022-03-11

転職ドラフト」は企業がITエンジニアを年収付きで競争入札する、スカウト型転職サイトです。

通常の転職サイトでは内定するまで年収は分かりませんが、転職ドラフトでは最初から年収が提示されているので、金額に納得した上で選考に進むことが可能です。

しかし、スカウトを受けるには審査に通過する必要があるため、利用をためらう方も多いと思います。

そこで、この記事では転職ドラフトの仕組みや評判、審査に通るレジュメの書き方のコツを解説します。

エンジニアの転職は、転職ドラフトを登録することをおすすめ!

転職ドラフト
(引用元
転職ドラフト

転職ドラフト」は、一般的なスカウト型の転職サイトと異なり、企業が年収を提示してエンジニアを指名する競争入札型のサービスです。

指名されたエンジニアは、年収を確認してから応募するか決められるため、年収を重視する方におすすめできます。

以下の表では、転職ドラフトをおすすめできる人とその特徴をまとめたので、自分にあっているか確認してみてください。

▼転職ドラフトはこんな人におすすめ

転職ドラフトの評価コメント
自分で転職先を
探したい人
★★★★☆
転職ドラフトはスカウトを受けた上で応募するか決められるので、自分で転職先を探したい人におすすめできる。ただし転職サポートは受けられないため、転職相談や面接対策などが必要なら「レバテックキャリア」も併用した方が良い。
IT業界未経験者
☆☆☆☆☆
転職ドラフトは非IT・Webエンジニアや実務未経験者は審査で落とされる可能性が非常に高い。未経験で転職したいなら初心者向けの「ワークポート」の方がおすすめできる。
高収入を目指したい人
★★★★★
転職ドラフトでは年収800万円以上で指名されているユーザーも多いので、おすすめできる。ただし審査があるので、万が一の時に備えて「レバテックキャリア」にも登録しておくのがおすすめ。
転職を急いでいない人
★★★★★
転職ドラフトはドラフト時期が決まっているので、転職を急いでいない人に向いている。急ぐ場合はこちらからアプローチする「レバテックキャリア」も併用すると良い。

もしどのサービスがいいか迷ってしまったら、とりあえず「転職ドラフト」に登録してみると良いでしょう。

転職ドラフトに満足できなければ、他の転職サービスにも登録するのがおすすめです。

上記で紹介した転職サービスは全て無料で利用できますし、合わなければ簡単に退会できるので、まずは気軽に試してみてください。

目次

転職ドラフトの仕組みとは?

転職ドラフト
(引用元
転職ドラフト

転職ドラフトは野球のドラフト指名のように、企業が欲しいエンジニアを指名してスカウトするサービスです。

その際、年収額で企業がエンジニアを奪い合うのがドラフトと似ているため、「転職ドラフト」という名前が付けられています。

転職ドラフトでは、レジュメを登録すると、あなたに興味を持った企業からスカウトが届きます。

企業に対して、現在の年収や希望金額は伝えなくても問題ありません。

転職ドラフト
(引用元
転職ドラフト

ドラフト期間は決まっており、全体の入札状況はサイトで公開されます。

年収と仕事内容は最初に提示されるので、年収と仕事内容を見た上で、選考に進むか決めることができるのが最大のメリットです。

また、企業が誰をいくらで指名したかも確認できるので、「自分のスキルや経験はどれくらいの価値があるのか?」という相場感を確認するのにも役立ちます。

一般的な転職サイトとの違い

転職サービスには大きく分けて、以下の3つがあります。

サービス特徴
転職エージェントアドバイザーに求人を紹介してもらい応募するワークポート
レバテックキャリア
転職サイト求人を自分で探して応募するリクナビNEXT
Green
スカウト型転職サイトスカウトが来たら自分で応募する転職ドラフト
ビズリーチ

それぞれの仕組みの違いは、以下の通りです。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントは企業と転職者の間に「キャリアコンサルタント」が入り、求人の紹介を行います。

一方、転職サイトは掲載されてる求人を転職者が閲覧し、自分で求人を探して応募するという違いがあります。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職ドラフト(スカウト型転職サイト)

スカウト型転職サイト(転職ドラフト)はユーザーが登録したレジュメを企業が確認して、スカウトする仕組みです。

スカウトの内容に納得できた場合は、実際に応募へと移ります。

転職ドラフトの特徴
(引用元
PR Time

転職ドラフトの口コミ・評判は?

転職ドラフトの仕組みがわかったところで、利用者の口コミ・評判を見ていきましょう。

良い評判・悪い評判どちらも紹介するので、利用する上での参考にしてみてください。

転職ドラフトの良い評判

転職ドラフトの良い評判

収入が大きく上がる可能性がある

転職ドラフトでは、企業側に年収希望額などを伝える必要はありません。

現在の年収をベースに金額交渉を行う転職方法に比べて、年収を大きくアップできる可能性があります。

また、転職ドラフトは以下のような制度を設けているため、内定してから安い金額で働かされるというリスクも回避することが可能です。

  • 内定年収が提示年収の90%を下回ることを禁止している。
  • 年収提示をした上で指名がはいる。
  • 企業が提示された条件を守らない場合、転職ドラフトへ参加できなくなる。

(参考:ドラフトルール|転職ドラフト

転職活動が楽になる

転職ドラフトの口コミで多かったのが、「転職が楽になる」という意見です。

転職ドラフトの利用にはレジュメ登録が必須ですが、一度作成すればあとは企業からスカウトを待つだけです。

そのため、「受け身で転職できるから楽」だと感じる人が多いようです。

また、報酬やポジションの条件に納得した上で面談へ進めるので、面談の回数を最小限に抑えられるため、楽になったという声もありました。

自分の市場価値がわかる

年収交渉は現在の年収をベースに交渉するケースが多いです。

しかし、転職ドラフトの場合は希望年収を空白にすることもできます。

企業側は、スキルをみて年収を提示してくれるので客観的な市場価値を判断するのにも役立ちます。

対応が早い

「審査の対応が早い」という口コミもありました。

転職ドラフトのようなスカウト型の転職サービスの場合、会員登録を行うために審査があります。

登録するのに何日もかかるとそれだけでストレスになってしまうため、対応が早いのは大きなメリットと言えるでしょう。

フリーランスも利用できる

転職ドラフトは正社員だけではなく、フリーランスとして業務委託などの契約も可能です。

上記の口コミのように、案件獲得のために毎回ドラフトに参加しておくのもおすすめです。

転職ドラフトの悪い評判

転職ドラフトの悪い評判

登録が面倒

企業が年収とポジションを提示するために、あなたの経歴やスキルなどの情報が必要になるので、転職ドラフトの登録ではレジュメの作成が必須となっています。

レジュメの作成は面倒ではありますが、一度作成してしまえばあとはスカウトを待つだけなので後の手間を考えれば、負担を軽減できるでしょう。

審査に通らない

転職ドラフトを利用するには、レジュメ審査を通過する必要がありますが、審査に落ちてしまうケースもあります。

審査に落ちる原因として考えられるのは、主に以下の2つです。

  • アピールできる経験がない
  • レジュメの書き方が悪い

アピールできる経験がない場合は、ワークポート」などの未経験者向けの求人も扱っている転職エージェントを使った方が、条件に合う求人が見つかりやすいです。

単にレジュメの書き方が悪いなら、書き直せば審査に通る可能性があります。

審査に通る書き方のコツは後半で紹介しているので、「書き方に問題があるかもしれない」場合はまずは書き方を確認してみましょう。

スカウトがこない

転職ドラフトは「スカウト型」サービスですが、企業の求めている人材に当てはまらない場合、スカウトがこない事もあります。

スキルやタイミングによっては転職活動が進まない場合もあるので、後述するスカウトを増やすコツを参考にしてスカウトが届く確率をアップさせてください。

参加企業の数は多くない

転職ドラフトには、以下のような企業が常時100社以上参加しています。

転職ドラフト参加企業
(引用元
転職ドラフト

同じくスカウト型の転職サービスを提供している「ビズリーチ」の場合、登録企業数は17,100社(※2021年7月時点)ですから、比較するとかなり少なく感じられます。

転職ドラフトの参加企業の数が極端に少ないのは、転職ドラフト独自の基準をクリアしないと参加できないからです。

数は少なく感じられますが、高い基準をクリアした企業のみ集まっていることを考えれば、求人の質は高いと言えるでしょう。

もし希望の企業が見つからない場合は、同じくスカウト型転職サイトの「ビズリーチ」も併用すると良いでしょう。

身バレのリスクがある

転職ドラフトはスカウト型のサービスのため、様々な企業があなたのプロフィールを閲覧します。

「氏名・住所・現在勤めている企業」などの情報はスカウト元の企業にも公開されませんが、もし転職を考えていることを知られたくない場合は、「レジュメ公開NGの企業」の設定が可能です。

設定は「基本プロフィール」の項目から簡単に行えます。

転職ドラフトはこんな人にはおすすめ

ここまでの口コミなどを踏まえて、転職ドラフトをおすすめできる人の特徴をまとめました。

▼転職ドラフトはこんな人におすすめ

転職ドラフトの評価コメント
自分で転職先を
探したい人
★★★★☆
転職ドラフトはスカウトを受けた上で応募するか決められるので、自分で転職先を探したい人におすすめできる。ただし転職サポートは受けられないため、転職相談や面接対策などが必要なら「レバテックキャリア」も併用した方が良い。
IT業界未経験者
☆☆☆☆☆
転職ドラフトは非IT・Webエンジニアや実務未経験者は審査で落とされる可能性が非常に高い。未経験で転職したいなら初心者向けの「ワークポート」の方がおすすめできる。
高収入を目指したい人
★★★★★
転職ドラフトでは年収800万円以上で指名されているユーザーも多いので、おすすめできる。ただし審査があるので、万が一の時に備えて「レバテックキャリア」にも登録しておくのがおすすめ。
転職を急いでいない人
★★★★★
転職ドラフトはドラフト時期が決まっているので、転職を急いでいない人に向いている。急ぐ場合はこちらからアプローチする「レバテックキャリア」も併用すると良い。

以下に当てはまるなら、特に転職ドラフトはおすすめです。

  • 転職サポートがいらない人
  • 現役IT・Webエンジニア、実務経験者
  • 高収入を目指したい人
  • 転職を急いでいない人
  • 東京や関西など首都圏で転職を考えている人

レジュメ登録・審査は面倒ですが、一度登録してしまえばあとはスカウトを待つだけなので、受け身で転職することができます。

スカウトによって自分の市場価値を把握するのにも役立つので、ぜひ活用してみてください。

転職ドラフト|基本情報

運営会社 株式会社リブセンス
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

転職ドラフト以外のサービスも利用しよう

転職ドラフトは年収を把握した上でスカウトに応募できるのが魅力ですが、利用前に審査があるなど利用のハードルがやや高いというデメリットがあります。

また、登録している企業が100社程度なので、たくさんの企業の求人を見たいという方には物足りないかもしれません。

そんな時は、その他の転職サービスも利用してみるのがおすすめです。

以下におすすめの転職サービスを3つ紹介するので、転職ドラフトと併用して選択の幅を広げてください。

エージェント名特徴
ビズリーチ
  • 転職ドラフトと同じくスカウト型のサービス
  • 年収1,000万円以上の求人が全体の1/3
  • 高年収を目指す、スキルに自信がある人向け
ワークポート
  • 転職サポートが受けられる
  • 業界・実務未経験でも利用できる
  • 対応が早いから急ぎの転職に最適
レバテックキャリア
  • 転職サポートが受けられる
  • 経験者向けのハイクラス求人がメイン
  • 利用者の60%が年収アップに成功

【例文付き】転職ドラフトで審査通過&指名を増やすレジュメの書き方

「審査に通らない」「スカウトが来ない」という口コミがありましたが、転職ドラフトで審査に通過したり、スカウトを増やすには書き方にコツがあります。

ここでは審査に通過するレジュメの書き方を例文付きで紹介します。

  • 【例文付き】審査員はここを見る!通過するレジュメの書き方
  • 審査に落ちても何度でも挑戦可能
  • スカウトを増やす3つのコツ

【例文付き】審査員はここを見る!通過するレジュメの書き方

レジュメを書く目的は、自分の技術力を企業に伝えることです。

審査に落ちてしまう原因の90%が、技術力に関する情報の不足です。

では何を書けば技術力が十分に伝わるかというと、審査員が見ているのは以下の項目です。

  • プロジェクトの概要
  • 担当
  • 使用した技術
  • 課題
  • ④解決のための取り組み
  • +α:工夫した点

①〜⑤は必須項目で、⑥の「工夫した点」まで書けると指名をもらえる確率が高くなります。

わかりやすいように、下記に架空のプロジェクト例を挙げたのでイメージを確認してみてください。

レジュメの書き方例

1.【プロジェクト概要】〜をしました。

大手食品卸業界の食品在庫管理システムの一部Webシステム化

クライアントサーバー構成の既存システムにおいて、 複数店舗管理機能の部分のみをWebシステム化しました。

2.【担当フェーズ】〜を担当しました。

プロジェクトメンバーとして、以下を担当しました。

基本設計、詳細設計、結合テスト、運用保守、既存システムからのデータ移行

3.【使用技術】こんな技術を使いました。

・言語:Java、JavaScript、React

・OS:Windows 10、Linux(RHEL)

・DB:SQL Server 2019、Oracle Database 19c

4.【課題】〜が課題でした。

既存システムでは、各店舗にあるWindows端末内のDB(SQLServer)にデータを保存し、 定期的にサーバー上のDB(Oracle Database)に電文形式で送信、データを登録していました。

このとき、クライアント内のDB(SJIS)とサーバー上のDB(UTF-8)で 文字コード形式が異なることが発覚しました。

このため、Webシステムによりサーバ上のDBを直接参照すると、文字化けが発生するのが課題でした。

5.【取り組み】課題解決のために〜をしました。

課題解決のためにWebシステムで参照するテーブルを別で作成し、電文形式で登録されるデータを UTF-8に変換したうえで登録するプログラムを作成し、一定間隔で複数店舗のデータを最新化しました。

その際、データのインサートにはSQLLoaderを使用しました。

6.【工夫した点】〜が工夫した点です。

複数店舗のデータをWebシステム上で表示すると、既存システムとくらべて 既存システムだと1秒かからず表示されるところが、10秒以上表示にかかり、パフォーマンス劣化が課題でした。

そこで、検索条件で1画面の表示件数を100件に制限し、 また画面側の表示はJavaScriptフレームワーク Reactを使用することで表示速度を改善。 既存システムと遜色ないパフォーマンスを実現したのが工夫した点です。

「審査に合格するレジュメ=企業にあなたの技術力が伝わるレジュメ」です。

そのため、どんな活躍をしてきたのか(貢献してくれるのか)がイメージできないレジュメは落とされる確率が高くなります。

プロジェクトの概要では、今まで関わってきたプロジェクトの内容をできるだけわかりやすく書きましょう。

複数ある場合は、審査に通るだけなら2〜3個メインのプロジェクトを書いておけば大丈夫です。

また、開発に至った経緯、内容は、審査で最も重視されるポイントなので、どのような課題があって、解決のためにどのような開発を行なったかをしっかり記載しましょう。

使用技術は、プログラミング言語やバージョン、フレームワーク、ツール、ミドルウェア、インフラなどをできるだけ詳しく記載します。

また、なぜその技術を使ったのか、以下のように背後にあるロジックが書けると、さらに良いです。

〜をすることになり、何を使うか悩みました。

〜なら〜〜がいいが、〜〜が良くなかった。

〜なら〜〜がいいが、〜〜がよくなかったので、総合的に考えた結果、〜を選択しました。

途中でトラブルがあったのならそれも書くことで、問題解決能力をアピールすることができます。

〜することになったが、〜ができずに困りました。

そのため、〜ではなく〜に変更しました。

審査に落ちてしまっても再挑戦できる

転職ドラフトの審査に回数の上限はないので、何度でも挑戦できます。

また、審査に落ちた時は「どこが審査基準に達していなかったのか」を教えてくれます。

すぐに直せそうならば、部分的に直してもう一度提出しましょう。

スカウトを増やす3つの方法

ここではスカウトを少しでも増やせるよう、おすすめできる方法をまとめました。

すでにレジュメを作成しているけどスカウトが中々こないという人も、参考にして改善してみてください。

①レジュメを見直す

転職ドラフトでスカウトを増やすには、レジュメで自分の技術を伝えることが大切です。

書き方や情報の不足がないかを見直して、修正するとよいでしょう。

②技術を伸ばす

レジュメを書き直しても思うようにスカウトが来ない場合、そもそものスキルが魅力的ではない可能性があります。

レジュメにかけるスキルを増やすか、GithubQiitaといった外部サイトに自身のスキルを積み上げていくのもおすすめできます。

③指名が入っている人を参考にする

転職ドラフトでは、他の参加者の「指名状況」を見ることができます。

公式サイトの「USERS」をクリックすると下記のような画面が表示されます。

「年収評価シートの公開」をクリックして検索すると、シートを公開しているユーザーだけ表示されるので、ランキングが高い人のレジュメを参考にしてみましょう。

指名が中々こない、希望の条件でスカウトがこない場合は、指名ランキングで上に入っている人を参考に、自分に何が足りていないのかを確認すると良いでしょう。

転職ドラフトの利用の流れ全4ステップ

ここでは、転職ドラフトを利用する流れを4STEPで紹介します。

利用する前に把握しておけば、スムーズに利用することが可能です。

STEP1.会員登録

はじめに転職ドラフト公式サイトの「ENTRY」をクリックし、アカウント作成を行います。

登録する項目

  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日
  • 好きなテキストエディタ

「好きなテキストエディタ」の項目はスカウトには影響しないので、普段使っているものを記載すると良いでしょう。

STEP2.年収評価シート(レジュメ)を記入して審査を待つ

ドラフトに参加するためには、「レジュメ」「年収評価シート」と呼ばれるシートに記入が必要です。

通常1営業日で審査が完了しますが、再審査になってしまった場合や作成方法に悩んでしまう場合は、レジュメの作成方法を参考にしてください。

また、審査が完了した後の指名期間の前でも、「ラブコール」という機能が使えます。

「ラブコール」はあなたが興味を持った企業に対して、アピールできる機能です。

ドラフトの開催回毎に10回使用できる機能なので、レジュメを見てもらう確率を上げるために積極的に利用すると良いでしょう。

STEP3.指名期間・返答期間

年収評価シートを作成し審査が完了すると、次回のドラフト期間から参加することができます。

約1ヶ月に一度、指名期間があるので、指名がきた場合は条件を確認しましょう。

その後1週間の返答期間があるので、興味がある企業に返答を行ってください。

返答は以下の4つの選択肢の中から選ぶことができます。

  • 興味があります(承諾)
  • 興味があるが相談や条件があります(条件付き承諾)
  • 申し訳ありませんが、今回は辞退します
  • 返答するに値しない

STEP4.面談

希望の条件で指名があった場合、面談へと進めることができます。

すでに年収やポジションの条件はスカウトが来た時点でわかっているはずなので、会社の雰囲気やその他の気になることを中心に面談を行うとよいでしょう。

その他・機能など

面談後評価

面談を行なった企業を匿名で評価することができます。

もし面談を行なった企業について報告したいことがあった場合は、ここで評価しましょう。

転職成功プレゼント

転職が成功した場合、マイページ内の「PRESENT」から申請を行うことでプレゼントがもらえます。

時期によりプレゼントの内容は変わる可能性がありますが、2022年3月時点では以下が用意されています。

転職成功プレゼントでもらえるもの

  • 正社員採用:「Appleギフトカード10万円分」「Amazonギフト券5万円分」「ワイドモニター」「ロボット掃除機」「ワークチェア」など
  • 業務委託採用:「Amazonギフト券1万円分」

(参考:転職プレゼント|転職ドラフト

転職ドラフトの利用でよくある質問

ここでは転職ドラフトを利用する上でよくある質問をまとめました。

転職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

Q1.指名が全く来ない!どうすればいい?

回答

レジュメやスキルの見直しをしましょう。

指名がこない場合、主に以下の理由が考えられます。

  • 企業が求める人材か見極める情報が記載されていない
  • 企業が求めている人材ではない

企業は求めている人材か見極めるために、レジュメの内容を参考にします。

レジュメに記載できる情報・スキルは、「レジュメの書き方」を参考にできるだけ詳しく記載するようにしましょう。

また、スキル的には問題なくても、希望のポジションや扱う言語などによっては募集している企業がいないタイミングもあります。

ドラフトは毎月行われているので、次回でスカウトを掴み取れるように、より魅力的なレジュメの準備をすることをおすすめします。

Q2.転職ドラフトは経験が浅くても利用できる?

回答

転職ドラフトは経験している期間・職歴は不問としているため、経験が浅くても利用は可能です。

例えば歴が1〜2年と経験が浅くても、技術力があれば現在の年収より大幅アップする可能性もあります。

Q3.転職ドラフトにはデザイナーの求人もある?

答え

転職ドラフトは企業がポジションを提示するため、エンジニア以外の職種でも指名が来る可能性はあります。

ただし、現在でも求人の大半はエンジニアとなっているため、デザイナーで転職を考えている方は同社が運営する「デザイナードラフト」を利用することをおすすめします。

Q4.転職ドラフト利用で料金はかからない?

答え

利用者には料金は発生しません。

Q5.転職ドラフトの「年収診断」って何?

答え

年収診断は、転職ドラフトを利用した場合の提示年収を予測してくれるサービスです。

使っている言語やフレームワークなどの質問に回答するだけで、会員登録なしで5分程度で年収を診断できます。

そのため、転職ドラフトを利用するか悩んでいる人は、まずは年収診断で予想提示額を確認することをおすすめします。

まとめ

スカウト型転職サイト「転職ドラフト」について紹介しました。

転職ドラフトは以下のような方にはぴったりの転職サイトなので、当てはまる方はぜひ使ってみてください。

  • 転職サポートがいらない人
  • 現役IT・Webエンジニア、実務経験者
  • 高収入を目指したい人
  • 転職を急いでいない人
  • 東京や関西など首都圏で転職を考えている人

ただし、転職ドラフトでは希望の会社から指名を受けられるわけではないことにも注意が必要です。

以下の転職エージェントも併用するなど、転職を成功させるための参考にしてみてください。

エージェント名特徴
ビズリーチ
  • 転職ドラフトと同じくスカウト型のサービス
  • 年収1,000万円以上の求人が全体の1/3
  • 高年収を目指す、スキルに自信がある人向け
ワークポート
  • 転職サポートが受けられる
  • 業界・実務未経験でも利用できる
  • 対応が早いから急ぎの転職に最適
レバテックキャリア
  • 転職サポートが受けられる
  • 経験者向けのハイクラス求人がメイン
  • 利用者の60%が年収アップに成功

関連記事