なぜ仕事を覚えられないのか?今すぐ実践できる原因別の対処法や病気について解説

ナビナビ
転職

2022-07-26

「簡単な仕事でもすぐに忘れてしまう…」「物覚えが悪くていつもミスしてしまう…」と悩んでいませんか?

何度も同じミスを繰り返していると自信を失くしたり、周りからも「使えない人」「足手まとい」と思われているような気がして辛いですよね。

本記事では、仕事を覚えられない原因と、今すぐ実践できる対処法をご紹介します。

悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください。

「仕事が覚えられない」のは「仕事が合っていない」からかもしれない


「仕事が覚えられない」のは仕事のやり方が悪いのではなく、もっと本質的な原因として「仕事が合っていない」可能性があります


自分の適性に仕事が合っていないと、「ミスを繰り返す」「何度やってもスキルが上がらない」といった本末転倒なことになってしまう可能性があります。

合っていない仕事を続けても上達せず、時間と労力を搾取され、別の仕事を選ぶ機会を逃してしまうかもしれません

最近は、下記の「キャリドラ」のようなコーチングサービスが広まってきています。

キャリドラ
(引用元
キャリドラ

合っていない仕事に時間と労力を搾取される前に、一度カウンセリングに申し込んでみることも手段の1つです。

まずは無料カウンセリングで「自分の適性」や「求めている仕事環境」などを相談し、人生やキャリアについてもっと考えたいと思ったら、有料コースに申し込むとより効果的でしょう。

目次

仕事が覚えられないのはあなただけじゃない!

「仕事が覚えられない…」と悩んでいるのは、決してあなただけではありません。

ツイッターでは、以下のようなつぶやきが見られました。

日常生活や仕事上で、
「自分はミスが起きやすい、物を覚えられない」
「自分はADHD等の発達障害なのかな?」
と悩み始めたら
実際はわかりませんが、

いっそ障害があると思い込んでみるのも手かもしれません。

そうすればイヤでも問題に対して対策を立てようとする気持ちが沸いてきます。

— MANIA (@ryuadhdasd) October 7, 2019

今日で仕事始めて6日目。なかなか慣れないしメニュー覚えられないし、気が利かないし役に立ててるのかな…不安になる…

— エミコ (@um_em_so) July 15, 2021

も~~仕事やだ~~になってる。苦手なことになると不安すぎるし暗記が苦手だから仕事が覚えられない。脳みそ交換してくれ~

— シュナ子 (@Z2fQ6JyHB746ysa) July 18, 2021

仕事を覚えることに難しさを感じている方は、少なくないようです。

いつまでも仕事が覚えられずにいると「自分の要領が悪いから…」と自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、仕事が覚えられないのは、個人の能力だけが問題ではありません。

初めての仕事を覚えるには多少の時間がかかる

仕事を覚えるまでは、どんな人でもある程度は時間がかかるものなので、仕事を覚えられないからといって自分を過剰に責める必要はありません。

特に、仕事を始めて日が浅い場合は、仕事環境や人間関係に慣れていないこともあるので、仕事を覚えるのに時間がかかるのは当然です。

厚生労働省の調査によると、「70%以上の人が再就職後に仕事に慣れるまで3ヶ月以上かかっている」という結果も出ています。

このように、仕事に慣れるには時間がかかるものなので、「自分だけが仕事を覚えられない…」と焦る必要はありません。

しかし、仕事が覚えられないのは「慣れていない」ということ以外にも原因があります。

【原因】仕事を覚えられない人にありがちな4つの特徴

同期の社員がテキパキと仕事をこなしている姿を見て、「なぜ自分だけが仕事を覚えられないんだろう」と情けない気持ちになった経験がある人もいるかもしれません。

すぐに仕事を覚えられる人と、なかなか仕事が覚えられない人には、違いがあります。

その違いを知るためにも、まずは、仕事が覚えられない人にありがちな特徴から確認してみましょう。

仕事を覚えられない人の特徴

※先に実践的な方法を知りたい方は、「【仕事の覚え方】今日からでもすぐに実践出来る4つの方法」をご覧ください。

特徴1.仕事内容の目的・意図を理解していない

仕事を覚えられない原因の一つは、「仕事の内容を理解できていない」ということです。

仕事内容理解してない人が営業やってもパフォーマンス悪いと思うんだけどなー。後すっごい受注ミスしそう。でもよくいるよね。意味あるのかな?長続きしなさそう。人材も会社もw営業は仕事理解している役員系がやって、後はブランディングが出来てれば十分。まぁ全てに当てはまるかは分からないけども

— ばぶりん★(Nara Taiki) (@allis_tw) December 5, 2018

依頼された仕事の内容や目的を理解しないまま進めると、依頼者のイメージと違う成果物に仕上がってしまう可能性があります。

結果として怒られたり、やり直しになってしまうことで自信を失くし、仕事を覚えようとする意欲まで失ってしまうでしょう。

重要なのは、目の前の作業だけではなく、仕事全体の内容を理解することです。

仕事全体を理解すると、今自分がしている仕事にどのような意味があるのか分かります。

また、仕事を任された場合、「なぜ自分にこの仕事が割り振られたのか」を考えることも重要です。

例えば、仕事で意図を理解していないとマズいのが

バイトの店長がこの資料作っておいて!という仕事がきても

早くできたけど、めちゃくちゃ醜い資料を作ったり

丁寧に書いても、凄い遅めに作ってしまい店長をブチキレさせる可能性もある

ただ意図がわかればどのくらいやればいいかわかる

— きゃりあ屋ゴリラ (@JR8kuzu) July 14, 2016

言われるがままに仕事をこなしていると、上司の意図と違うことをしてしまう可能性があります。

例えば、「資料を100部コピーする」と言われた場合、社外用なのか社内用なのか、どこで使用する資料なのか、を理解していないとやり直しになる可能性もあるでしょう。

このように、目的ごとに取るべき対応は変わってくるため、マニュアルを暗記するだけではなく、「何のためにやっているのか」を理解しておく必要があります

特徴2.「自分が担当する」という責任が薄い

仕事を覚えられない人の特徴として、責任感が薄いことが挙げられます。

Kさんの「だろう運転」ならぬ「だろう仕事」が見てて凄い心配になる(>_<)

「見直さなくても大丈夫だろう」「自分がやらなくても誰かが解決してくれるだろう」「間違えても次工程が直すだろう」「重要じゃない作業はもう覚えなくてもいいだろう」「関係ないものは聞かなくてもいいだろ」等々…

— シロ (@WhiteTiger_0126) July 3, 2018

「少しくらい間違っても、誰かが助けてくれるだろう」と考えていては、なかなか仕事を覚えることはできません。

また、「これくらいならメモしなくても大丈夫」と軽く考えていると、仕事を覚えられないだけでなく、ミスにつながることもあるかもしれません。

ダメダメな人が身近にいる毎日。苦痛。ダメな理由は、多分、絶対、働く気が無い。物忘れのことを調べてたら、メモを取らないと覚えられない、とあった。まず、メモを取らないんだもの。問題外。

— la_rose (@la_la_rose) November 27, 2018

自分が任された仕事は最後まで責任を持ち、進捗状況をこまめに確認することも大切です。

些細なことでもメモを取り、うっかりミスを防ぐことが社会人の常識だと心得ておきましょう。

メモを取る際は、言われたことをそのまま書くのではなく、要点を押さえて書くと後で見返したときに分かりやすいでしょう。

特徴3.優先順位を決めるのが苦手

仕事を覚えられない人によくある特徴として、優先順位を決めるのが苦手なことが挙げられます

顧客から、質問や問い合わせがあった場合、回答までのスピードが信頼に繋がる。しかし、往々にして他の業務と重なってすぐに答えられないことがある。そのために日々優先順位を考えて仕事をすることが大切になってくる。

— 営業技術の伝道師@市原宏明 (@infotopsales) December 7, 2018

複数のタスクを抱えている場合、仕事の全体像をつかめていないと、優先順位を決めることはできません。

自分の処理が終わったら誰に渡す仕事なのか、いつまでに完成させるべき仕事なのか、などを考慮しながら優先順位を決めることが大切です。

優先順位を決めずに仕事を進めると、「まだ終わっていないのか」と上司に叱責されたり、納期ギリギリで焦ってミスをしたり、失敗につながることもあります。

仕事の優先順位を的確に見極めることが、仕事を覚えることにつながるでしょう。

特徴4.そもそも仕事内容に関心がない

そもそも仕事内容に関心がないと、仕事を覚えるためのモチベーションを保つことができません。

仕事の内容、何回聞いても覚えられないの、初めてだわまじ…
今まで動物の仕事しかしてこなかったからそれ以外の仕事だとどんな感じなのか全く知らなかったけど、興味ないこととなるとこうなってしまうんだ…こわ…
とりあえず仕事覚えなきゃ…やべえよ…

— 🐸けろなつ🐸 (@kerokero723) January 27, 2020

関心がないことは、なかなか覚えることができないのが人間です。

心から興味を持てる仕事に就いている人は少ないかもしれませんが、ある程度はその分野に興味・関心を持つことが仕事を覚えるためには必要です。

わからないことは本を読んで調べたり、ネットで最新情報を得たりすることで、少しずつ仕事に興味が湧いてくることもあるでしょう。

あなたは、今の仕事に満足しているでしょうか?

もしあなたが「仕事に興味がない」「不満がある」と感じているなら、転職をして職場環境を変えてみるのも一つの手段です。

転職することで、仕事に対して興味関心を抱けるようになるかもしれません。

転職活動をスムーズに進めるためには、さまざまなサポートを受けられる「doda」の利用がおすすめです。

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人数を保有しているので、希望条件に合う求人が見つかる可能性が高いです。

また、転職のプロによる面談や面接対策なども受けられるため、「転職活動に不安を感じる」という方でも安心です。

サービスはすべて無料で利用できるため、まずは希望条件に合う仕事があるのかを相談することから始めてみましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約150,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

dodaに登録すれば、書類添削や面接対策などのサポートを受けられたり、希望にあった案件も効率よく探したりできます。

他にもおすすめの転職エージェントを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

【仕事の覚え方】今日からでもすぐに実践できる4つの方法

「仕事ができない…」「仕事を覚えられない…」と悩んでいる方は、以下の4つの方法を実践してみてください。

仕事の覚え方

上記のポイントを意識すれば、仕事を覚えるスピードがアップする可能性が高いです。

どれも今日からすぐに実践できることなので、ぜひ試してみてください。

方法1.必ずメモを取る

挨拶できると好感度高くなるよ。
教わったことはメモを取る→習った仕事の手順書みたいなのを自分で作ると覚えが早くなるよ。
あと、できないかもしれないけど、やってみます!って気持ちを持つこと。
わからないことは必ず質問して確認すること。先輩のやり直しや二度手間を省くためにも!
頑張って♥

— ま・と・こ🌻🐶🦋 (@matoko_bookworm) March 26, 2021

絶対2度聞かない❗️
私の新人の頃の誓い🔒

教師とは違い、職場では私に教える事が仕事の人は居ない。

先輩は仕事を止め、無償で教えてくれる。

必ず1度で覚える🔥

☑︎ 細かくメモを取る
☑︎ スクリーンショットを残す
☑︎ 遠慮なく質問する
☑︎ 背景や理由まで聞く

1度で覚え、次は教える側📓

— おん🌱大企業を内側から変えたい人 (@ON_hibiaratani) June 2, 2020

仕事を覚えられない人は、どんな些細な仕事でも必ずメモを取るようにしましょう。

メモに残すことで情報を整理できる上、万が一忘れてしまっても後で見返すことが可能です。

また、メモを取っていることで、上司に「きちんと聞いている」という好印象も与えられるでしょう。

「メモを取っているのに忘れてしまう」という場合は、メモの取り方が悪い可能性があります。

メモの取り方のポイントを3つ紹介するので、参考にしてみてください。

メモの取り方のポイント

① ミニサイズのメモ帳にボールペンで書く

仕事中は、ミニサイズのメモ帳とボールペンを持ち歩くのがおすすめです。

ミニサイズのメモ帳は、ポケットやカバンにすっと入れることができるので、持ち運びに便利です。

以下のメモ帳は方眼がついているので、「メモするときに字が曲がってしまう」という人でもきれいに書くことができます。

また、メモを取る際には、芯が折れる心配のあるシャーペンよりもボールペンの方がおすすめです。

何色も使えるボールペンであれば、重要な箇所の色分けもできます。

以下のペンは、黒・赤・青・緑の4色ボールペンと、0.5mmのシャープペンが一緒になっているので、シャープペンを使いたい人にもおすすめです。

書き心地も滑らかで、ストレスなくメモすることができます。

② メモを取った日付と期限は忘れずにメモする

メモを書く際は、その日の日付を忘れずに書き添えておくようにしましょう。

毎日同じような業務をこなしていると、いつのメモだったのかが分からなくなってしまうこともあります。

また、仕事を依頼された場合は、期限を確認してメモしておくことが重要です。

「なるべく早く」「急いでいない」などと言われる場合もありますが、感覚には個人差があります。

期限については必ず「〇月〇日〇時まで」なのかを確認することが大切です。

後々問題にならないためにも、メモを取った日付と仕事の期日は必ず記載しておきましょう。

③ 要点とキーワードを押さえる

メモを取る際には、言われたことをだらだらと書くのではなく、要点やキーワードを押さえて書きましょう。

要点を見極めるためには、「何の目的で何をするのか」を理解することが重要です。

仕事内容を理解した上で、要点や後で思い出しやすいキーワードだけを書き留めておくと、後から読んでも分かりやすいメモになります。

方法2.優先順位の付け方を知る

仕事には、毎日のルーティンの仕事・急ぎの仕事・突発的な仕事などさまざまな種類があり、それぞれ「優先度」と「重要度」が異なります。

この「優先度」と「重要度」によって優先順位を付けると、仕事をスムーズにこなすことができます。

仕事の優先順位を付ける際に便利なのが、4つの基準で仕事の優先度を分けるテクニック「時間管理マトリクス」です。

このテクニックは、「世界で最も有名な自己啓発本」と言われるスティーブン・コヴィー博士の著書『7つの習慣』で紹介している考え方です。

【時間管理マトリクス】

第1領域→第2領域→第3領域→第4領域の順に優先順位を付けます。

緊急緊急でない
重要第1領域
  • 締め切りのある仕事
  • クレーム処理
  • 病気や事故
  • 事件や災害 など
第2領域
  • 人間関係の構築
  • 準備や計画
  • リーダーシップ
  • 品質の改善 など
重要でない第3領域
  • 突然の来訪
  • 突然の電話
  • 無意味な接待 など
第4領域
  • ダラダラ電話
  • 待ち時間
  • 暇つぶし など
(参考
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

時間管理マトリクスを活用すれば、簡単に仕事の優先順位を決められます。

実際に、今あるタスクを分類してみれば、何を優先すべきかがすぐに分かるでしょう。

優先順位ごとに仕事の予定を組むのを習慣化できれば、仕事を覚えるスピードも飛躍的に上がります。

仕事の優先順位の付け方についてもっと詳しく知りたい方は、『7つの習慣』を読んでみてください。

逆算手帳ツイ上セミナー45

昨日も2020年版 #逆算手帳 の仕込みはお休みして「時間管理マトリクス」のデザインがなんとなく気に入らなかったので、手持ちの付箋で作り直しました。

うん👍こっちの方がいい感じ😃

今日からまた2020年版の仕上げをします‼️ pic.twitter.com/iSckOJCyds

— きむら あきらこ|小さな相続専門税理士 (@k_tax) November 13, 2019

方法3.業界知識を身に付ける努力をする

業界知識を身に付けると仕事の内容を理解しやすくなるため、仕事を覚えるスピードも向上します。

インターネットや本・新聞などを利用したり、先輩や上司に積極的に質問することで知識が増えていくでしょう。

仕事に役立つスキル習得を目指せる「STUDYing(スタディング)」

仕事関連のスキルを身に付けたいなら、「STUDYing(スタディング)」がおすすめです。

STUDYing
(引用元
STUDYing

STUDYing(スタディング)」では、「宅地建物取引士」「公務員」「簿記」「TOEIC」などの仕事に役立つ資格講座をスマホから簡単に受講できます。

STUDYing(スタディング)
(引用元
STUDYing

「テーマ別の演習問題」を解くことができたり、「実力テスト」が定期的に行われたりするので、段階を踏みながら無理なく知識を増やすことが可能です。

忙しい方や効率よくスキルアップを目指したい方は、ぜひ活用してみてください。

方法4.分からないことを分からないままにしない

1on1しました!
ハイライトは、「わからないことをわからないままにしない」です。

仕事を頼まれた時に、期限だけでなく、重要度も把握する。そのために「どれくらい時間をかけるのか」を確認する。

締め切りのwhenに加えて、どれだけ時間をかけるかのhow longも確認しましょう、というお話でした☺️

— ひらともや (@hiratomoya) January 21, 2021

仕事の種類に関わらず、仕事内容を覚えるのは誰にとっても難しいことです。

分からないことや不安に思うことが少しでもあれば、「こんなことを質問しても大丈夫なのかな…」と迷わずに質問しましょう。

初歩的なことを何度も聞くのは良くありませんが、理解しようと前向きな姿勢で質問する人を怒る上司はいないはずです。

分からないことはしっかりと質問して、内容を理解した上で仕事を進めましょう。

また、「仕事を覚えるのが難しい」ということを、思い切って上司に相談してみるのもおすすめです。

素直に打ち明けることで、周りのサポートを受けながら、徐々に仕事に慣れていくことも可能になるでしょう。

仕事が合わないと感じるなら、早めに転職活動を行うべき!

どの対処法を試しても仕事を覚えられないなら、「そもそも仕事が合っていない」という可能性があります。

不得意な領域の仕事を続けていると、なかなか仕事を覚えられないのはもちろん、精神的にも苦痛に感じてしまうでしょう。

仕事の得意・不得意は人によって違うので、「今の仕事が合っていない…」と感じている方は、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

転職であっさりと解決することもある

いつまでも仕事を覚えられない場合、仕事自体があなたに合っていない可能性があります。

「我慢して今の仕事を続けている」という方も多いですが、合わない仕事を続けるのはリスクが大きいです。

なぜなら、合わない仕事を続けているうちに、転職が難しい年齢になってしまうからです。

仕事が合わないと感じているなら、早めに転職活動を始めることをおすすめします。

「今はまだ本格的に転職活動を始められない」という場合は、転職サイトを使って求人のチェックだけでも行っておきましょう。

転職サイトの求人は日々更新されているため、タイミングを逃すと自分に合う求人を見逃してしまう恐れがあります。

求人のチェックだけでも早めに行っていれば、「本気で転職したい!」と思った時にスムーズに動けるようになります。

まずは「doda」に登録するのが失敗しないポイント

doda
(引用元
doda

doda」は、人材業界でトップクラスの求人を保有している転職エージェントです。

業界・職種問わず幅広い種類の求人を保有しているので、希望に合う求人が見つかる可能性が高いです。

また、dodaは転職者満足度No.1に選ばれたことがあり、コンサルタントの質が高く転職のサポートが手厚いと高評価を得ています。

書類の添削や面接対策などをしっかりと行ってくれるので、初めての転職でも安心です。

自分の適正年収がわかる「年収査定」などのコンテンツも充実しているので、今すぐ転職しない方でも無料登録しておきましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約150,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

転職で悩みを解決した人の体験談

転職によって「仕事を覚えられない」という悩みを解決した人の口コミをご紹介します。

転職で悩みを解決した人 の口コミ

女性

転職したら仕事を覚えられるようになった

当時、新卒で入った飲食店の業務に全く興味が湧かず、全然仕事を覚えられないことに悩んでいました。

自分なりに仕事を覚える努力をしていたのですが、なかなか改善されず、さすがにこのままじゃまずいと思い「doda」を利用して転職活動を開始しました。

その結果、旅行系の会社に転職を成功させました。

現在の会社の方が業務内容は複雑なのですが、旅行が好きということが影響しているのか、仕事内容をスポンジのように吸収できるようになりました。

(ナビナビ調査)

【補足】仕事が覚えられないのは病気の可能性もあり

「こんなに仕事が覚えられないなんて、もしかしたら病気なのでは…?」と、不安に思っている方も多いでしょう。

「物忘れが激しい」「何度も同じミスをしてしまう」などの症状がある場合は、ADHDの可能性もあります。

ADHDとは、注意欠陥・多動性障害のことを指します。

ADHDの症状は、大人になってから初めて出現するものではなく、子供の頃からずっと悩まされている場合がほとんどです。

ADHDの特徴とは?

ADHDには、不注意・多動性・衝動性の3つの症状があります。

それぞれの症状の主な特徴を見ていきましょう。

【ADHDチェックリスト】

症状チェック項目
不注意
  • 仕事で間違いが多い
  • すぐに集中力が切れる
  • 指示に従えず、業務をやり遂げられない
  • 精神的努力が必要な仕事を避ける、いやいや行う
  • 仕事や作業を順序立てて行うことが苦手
  • 片付けるのが苦手
多動性
  • 貧乏ゆすりなど、目的のない動きをする
  • 落ち着きがない
  • 大声を出してしまうことがある
衝動性
  • 思ったことをすぐに口にしてしまう
  • 給料日前に高いものを衝動買いしてしまう
  • 思ったことはすぐに行動に移す
(参考
ADHD(注意欠如・多動症)|NCNP病院

上記のような症状に当てはまる人は、ADHDの可能性があります。

小さい頃から症状があったものの、親や学校の先生などのサポートによって自覚がなく、大人になって初めて気付く人も多いと言われています。

困っている症状がある場合は、一度医師の診断を仰ぐことをおすすめします。

ADHD脳のせいか「知らない仕組み」を理解するのに時間がかかる

仕事の説明受ける

半分しか理解出来ず、同期達より遅れやミスが目立つ

呆れられヘコむ

一年後、急に何もかもが繋がり理解する。同期達を追い越し、先輩に追い付き追い越せになる

毎回これ。急に来るのよ、全体像の理解が(続)

— むいたん (@yasmuimui) February 15, 2020

仕事を続けるのが難しい場合は、無理せず辞めることも考えよう

「上司に相談してもなかなか理解してもらえない」「職場の居心地が悪い」という場合は、無理に仕事を続けずに辞めることも考えましょう。

もし、「自分から辞めると言い出せない」「辞めたいと申し出ても、引きとめられる」と悩んでいるなら、退職代行サービス「退職代行ガーディアン」を活用してみてください。

退職代行サービスとは、依頼者の代わりに退職の手続きを行ってくれるサービスのことです。

退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、会社に一切出向かずに辞めることができます。

退職について悩んでいる方は、ぜひ退職代行の利用を検討してみてください。

退職代行ガーディアン|基本情報

料金29,800円(税込)
追加料金なし
労働組合名東京労働経済組合
対応エリア全国
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新
2022年1月時点)

まとめ

仕事を覚えられないという悩みは、ちょっとした心構えと対策だけで、あっさりと解決することもあります。

まずは、以下の4つのポイントを意識して仕事をしてみましょう。

仕事の覚え方

  • 必ずメモを取る
  • 優先順位の付け方を知る
  • 業界知識を身に付ける努力をする
  • 分からないことを分からないままにしない

上記の方法を試しても効果が実感できない場合は、その仕事自体が自分に合っていない可能性が高いです。

自分らしく働ける場所を見つけるためにも、思い切って転職活動してみることをおすすめします。

まずは、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談し、実際にどのような求人が掲載されているのか一度チェックしてみましょう。

おすすめのサービスおすすめのポイント
doda
  • 業界トップクラスの求人数を保有
  • 手厚い転職サポートを受けられる
退職代行ガーディアン
  • 退職手続きを代行してくれる
  • 即日対応可能
STUDYing
  • 仕事に役立つ資格取得を目指せる
  • 資格講座はスマホで簡単に受けられる

転職の関連記事