Operated by Ateam Inc.

イーデス

薬剤師は週休3日で働ける!具体的な働き方や注意点を徹底解説!

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

薬剤師として働くなかで、「働き方を変えたい」「プライベートを充実させたい」と思うのはよくあることです。

薬剤師はあまり休みを取れないイメージがありますが、働き方によっては「週休3日」で勤務することもできます。

ただし、場合によっては「年収が大幅に下がった」「シフトの組み方が不満」といった失敗もあるので、週休3日にする場合は注意点を把握しておくことが大切です。

そこで本記事では、実際の求人例をはじめ、薬剤師が週休3日で働く注意点・ポイント、週休3日の求人を探しやすい転職サイトなどをご紹介します。

本記事を読めば、その他の希望条件を妥協せず、週休3日で働けるはずです。

週休3日の求人の探し方

週休3日の求人を探す際は、転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイト「ファルマスタッフ」では、以下のように、「週休2.5日以上」を選択できます。

また、以下のようにフリーワードで「週休3日」と入力して検索する方法もあります。

どのような求人があるのか気になる方は、一度公式サイトをチェックしてみてください。

    気になる内容をタップ

    薬剤師は週休3日で働くことも可能!

    「社会人の休みは週2日」と考えている人もいらっしゃいますが、働き方が多様化している近年の日本では週休3日、つまり週4日のみ働くことも可能です。

    企業によっては、「週休3日にした方が勤務日の仕事効率がアップする」といった理由から、週休3日制を推奨しているところもあります。

    以下は、大手薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」に記載されている、「週休3日」の求人例です。

    週休3日求人例 ファルマスタッフ

    ※勤務地等はモザイク加工を施しています。

    (引用元
    ファルマスタッフ|2021年5月時点

    「週休3日」と記載のある求人であれば、週4日のみの勤務でシフト調整ができるため、プライベートの時間を確保しやすくなるでしょう。

    週休3日薬剤師のメリット

    • プライベートの時間を充実させられる
    • 気持ちに余裕が生まれる
    • 体力の負担を軽減できる

    とはいえ、週休3日の雇用形態を実現する方法はもちろん、デメリットについても知りたい方は多いと思います。

    そこで、ここからは週休3日で働くために押さえておくべきポイントを、さらに詳しく解説していきます。

    薬剤師が週休3日で働く方法

    薬剤師が週休3日で働く方法

    週休3日で勤務する際に、まず考えるべきは、正社員やアルバイトなど、どういった雇用形態を選ぶのかです。

    ここでは、「薬剤師が週休3日で働く方法」をご紹介します。

    薬剤師が週休3日で働く方法

    方法1.1日の労働時間を延ばして「正社員」として働く

    通常、薬剤師が正社員として勤務する場合は、週休2日であることが一般的です。

    しかし、職場によっては、1日の労働時間を延ばすことを条件に「週休3日」にできるケースがあります。

    たとえば、通常9時~17時勤務のところを、9時~18時に延ばして勤務日数を減らすという働き方です。

    現職の正社員として週4日のみ働く場合は、「1日の労働時間を延ばして週休3日にする」など、まずは職場と交渉してみると良いでしょう。

    交渉が難しい場合は、転職も視野に入れる必要があります。

    以下のように、「週休3日も相談可能」などの記載がある求人であれば、週休3日で働きたいという希望を叶えられるでしょう。

    ファルマスタッフの求人例

    週休3日求人例 ファルマスタッフ

    ※勤務地等はモザイク加工を施しています。

    (引用元
    ファルマスタッフ|2021年5月時点

    ただし、大手薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」でも、「正社員で週休3日」の求人は87件と、求人数は少ないのが現状です。(参考:求人詳細検索|ファルマスタッフ|2022年4月時点

    そのため、転職先を探すならば、複数のサイトを活用して粘り強く求人を探していく必要があります。

    なかなか求人が見つからない場合は、転職サイトのキャリアアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

    方法2.派遣社員として週休3日で働く

    派遣社員は、シフト調整の自由度が高いため、自分の都合に合わせて週休3日のスケジュールを組むこことも可能です。

    また、派遣は即戦力が求められることから「高時給」であるケースが多いので、正社員として週休3日で働くより、高収入を得られる場合もあります。

    以下は、時給3,000円の週休3日で働ける派遣求人例です。

    ファルマスタッフの求人例

    週休3日派遣求人例 ファルマスタッフ

    ※勤務地等はモザイク加工を施しています。

    (引用元
    ファルマスタッフ|2021年5月時点

    時給の高さに魅力を感じる方もいるかもしれませんが、派遣薬剤師には「短期間で職場が変わり安定性に欠ける」「キャリアアップしにくい」といったデメリットもあります。

    そのため、将来のキャリアや安定性を重視する方は、よく検討する必要があるでしょう。

    派遣社員と正社員の違い

    以下に、派遣と正社員の違いをまとめています。

    派遣正社員
    給料時給制月給制
    給与額時給
    2,500~4,000円
    平均年収
    約560万円
    雇用主派遣会社勤務先企業
    契約期間有期雇用無期雇用
    メリット
    • 働き方の自由度が高い
    • 短期間に複数の職場を経験できる
    • 収入が安定している
    • キャリアアップしやすい
    デメリット
    • 長期間同じ職場で働けない
    • キャリアアップしにくい
    • 働き方の自由度が低い
    • 残業などでプライベートが犠牲になりやすい
    ※平均年収の参照元
    マイナビ薬剤師

    「年収を大幅に下げずに、プライベートの時間を確保したい」という方は、派遣社員の求人も探してみることをおすすめします。

    以下の記事では、派遣薬剤師の働き方について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

    方法3.雇用形態を変更して現職で週休3日で働く

    パートやアルバイトに変更すれば、正社員よりも、ワークライフバランスを重視し「週休3日」で働ける可能性が高いです。

    というのも、「非正規雇用」の場合、ある程度シフトの融通が利くことが多いからです。

    ただし、パート・アルバイトとして転職すると、「ボーナスがもらえない」などの給与面で不利になりやすく、年収が100万円程度下がるケースもあります。

    慣れている現職を辞めたくない場合は、現職で雇用形態を変更し、週4日のシフト勤務調整を相談してみるのも一つの方法です。

    ​「どうしても仕事とプライベートの両立を最優先したい」という方は、雇用形態の変更を検討してみてはいかがでしょうか。

    【注意】薬剤師が週休3日で働くデメリット

    【注意】薬剤師が週休3日で働くデメリット

    薬剤師は、週休3日で働くことができますが、週休3日という働き方にはデメリットもあります。

    デメリットを知らずに転職すると、「こんなはずではなかった…」と後悔する可能性もあるので注意が必要です。

    ここでは、「薬剤師が週休3日で働くデメリット」をご紹介します。

    薬剤師が週休3日で働くデメリット

    デメリット1.求人が見つかりにくい

    週休3日で働きたい場合、求人が見つからずに転職活動がスムーズに進まないケースがあります。

    というのも、週5日勤務が望ましいと考えている職場が多く、募集要項で「週休3日」であることを公開している求人は少ないからです。

    実際に、大手薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」では、「週休3日」の求人は全国に114件しかありません。(参考:ファルマスタッフ|2022年4月時点

    「勤務地」「業種」「雇用形態」などの希望条件が加わると、選択肢はさらに少なくなるでしょう。

    そのため、週休3日で働くとなれば、場合によっては「週休2.5日で妥協する」「条件交渉を行う」などの工夫も必要です。

    「想像以上に転職活動に時間がかかった」という失敗を防ぐためにも、「週休3日」の求人は少ないことを把握した上で転職活動を行いましょう。

    記事中盤の「薬剤師が週休3日で働く際の求人探しのポイント」では、効率的に「週休3日」の求人を見つける方法を記載していますので、参考にしてください。

    デメリット2.場合によっては収入が下がる

    週休3日にすると、働き方によっては収入が下がります。

    たとえば、正社員で週5日働いていた人が、1日の労働時間を変えずに週休3日にすると、その分労働時間が減るので当然給料も下がります

    週休3日にすると、年収が100万円程度下がるケースもあるようです。

    収入を下げずに週休3日で働きたいのであれば、以下の方法を検討してみましょう。

    収入を下げずに週休3日ではたらく方法

    • 1日の労働時間を増やして週休3日にする
    • 時給の高い派遣薬剤師として働く

    ただし、雇用形態を派遣薬剤師にすると、「継続して勤務できない」「キャリアアップしにくい」といったデメリットもあるので、将来のキャリアも考慮する必要があります。

    週休3日にする場合は、「最低年収400万円以上は確保したい」など、最低限の収入ラインを決めておくと良いでしょう。

    デメリット3.3日連続で休めるわけではない

    「週休3日」と言っても、3日連続で休める求人は少ないです。

    薬剤師の仕事は、シフト制が多く、希望通りの休みが取りにくい職場もあります。

    ファルマスタッフの求人例

    フリーワード「週休3日」の正社員の求人検索結果

    ※勤務地等はモザイク加工を施しています

    (引用元
    ファルマスタッフ|2021年5月時点

    上記の求人にも「曜日をこだわらない方オススメ」との記載があり、希望通りのシフトにならない可能性が高いでしょう。

    たとえば、「水曜日、金曜日、日曜日」というように、飛び飛びの休みになるケースも多いです。

    週休3日で働く場合、必ずしも3日連続で休めるわけではないことを把握しておきましょう。

    薬剤師が週休3日で働く際の求人探しのポイント

    薬剤師が週休3日で働く際の求人探しのポイント

    これまでお伝えしたように、「週休3日」の求人は少ないのが現状です。

    効率的に「週休3日」の求人を見つけるためには、条件交渉や希望条件の妥協などが必要になってきます。

    ここでは、「薬剤師が週休3日で働く際の求人探しのポイント」をご紹介します。

    求人探しのポイント

    ポイント1.転職先に条件を交渉する

    週休3日を希望するならば、転職先に条件を交渉をすることをおすすめします。

    というのも、募集要項で「週休3日」と記載している求人数は少ないですが、交渉次第でシフト調整ができるケースもあるからです。

    また、「週休3日」と記載のある求人であっても、曜日の希望が受け入れられるとは限りません。

    たとえば、休みたい曜日がある場合は「家庭の事情があり、水曜日は固定で休みたい」、年収を下げたくない場合は「1日の労働時間を延ばして週4日にしたい」などの交渉が必要です。

    とくにこだわりの条件がある場合は、転職先とのミスマッチを防ぐためにも、あらかじめ条件交渉をしておきましょう。

    条件交渉をしたいなら転職サイトの利用がおすすめ

    週休3日で働く場合は条件交渉が重要ですが、個人ではうまく交渉できない可能性があります。

    薬剤師向け転職サイトは、「週休3日で働けないか」など、転職先に交渉してくれるので、希望に合わせた転職を実現しやすいです。

    記事後半の「週休3日で働きたい薬剤師におすすめの転職サイト」では、おすすめの転職サイトを紹介していますので、ぜひ利用してください。

    ポイント2.週休2.5日の勤務を検討する

    週休3日の求人が見つからない場合、週休2.5日の勤務を検討してみましょう。

    大手薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」では、「週休3日」の求人は114件のみですが、週休2.5日以上の求人は4,445件あり、求人数が圧倒的に多いです。(参考:求人詳細検索|ファルマスタッフ|2022年4月時点

    週休2.5日であれば、多くの求人の中から選べるので、「勤務地」「業種」「年収」など、その他の希望条件に合う求人が見つかりやすいでしょう。

    週休2.5日は週5日勤務ではありますが、半日勤務の日があることでプライベートの時間を増やせます。

    「週休3日の求人が見つからない」「こだわりの希望条件がある」という方は、週休2.5日の勤務を検討するのも手段です。

    ポイント3.薬剤師転職サイトを利用する

    週休3日で働きたい場合は、薬剤師転職サイトの利用をおすすめします。

    転職サイトとは、求人紹介や選考対策などの転職サポートをしてくれるサービスのことです。

    薬剤師転職サイトの仕組み

    薬剤師向け転職サイトの利用を推奨する理由は、週休3日の求人はまだまだ数が少なく、自力で見つけるのは大変だからです。

    また、週休3日で働く場合は条件交渉が重要ですが、個人ではうまく交渉できなかったり、抵抗を感じてしまうことも少なくありません。

    薬剤師向け転職サイトは、求人探しや条件交渉をサポートしてくれるので、希望に合致した求人が見つかりやすくなります。

    自力でなかなか週休3日の求人を見つけられないという方は、「薬剤師向け転職サイト」の利用を検討してみましょう。

    週休3日で働きたい薬剤師におすすめの転職サイト

    週休2日の求人数と比べると、週休3日の求人は少なく、転職活動がスムーズに進まない可能性があります。

    効率良く求人を探すためには、「薬剤師に特化した転職サイト」を活用することをおすすめします。

    転職サイトを利用すれば、アドバイザーが求職者の希望をしっかり汲み取って案件を紹介してくれるので、自分に合う転職先を見つけやすいです。

    サイト名おすすめの人
    ファルマスタッフ
    • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
    • 初めて転職する人
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックしたい人
    • 地方で転職を考えている人
    ファーマキャリア
    • オーダーメイド求人を紹介して欲しい人
    • 調剤薬局への転職を検討している人

    「週休3日」の求人は見つかりにくいので、ここで紹介するおすすめの転職サイト3社をまとめて登録してみても良いでしょう。

    週休3日で働く不安を解消したいなら「ファルマスタッフ」

    ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

    個別面談でじっくり相談に乗ってもらえるので、「週休3日で働きたいけれど不安がある…」と悩んでいる方におすすめのサービスと言えます。

    面談を受けたことで、「転職に関する不安を解消できた」「「週休3日で勤務する方法をじっくり検討できた」という利用者も少なくありません。

    また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

    じっくり相談に乗ってもらい、週休3日で働く不安を解消したいのであれば、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

    ファルマスタッフ|基本情報

    運営会社株式会社メディカルリソース
    公開求人数約51,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    地元で週休3日で働きたいなら「マイナビ薬剤師」

    マイナビ薬剤師
    (引用元
    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師」は、人材大手である株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

    全国15カ所に拠点があるので、地方在住の方でも使いやすいという特徴があります。

    また、マイナビ薬剤師は、企業・OTC専門ドラッグストアをはじめとした幅広い業種の求人を保有しています。

    多くの求人を比較できるので、週休3日の案件を効率良く探せるでしょう。

    地方で転職を考えている方や、幅広い業種の求人をチェックしたい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

    マイナビ薬剤師|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    週休3日の求人が見つからずお困りなら「ファーマキャリア」

    ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人にこだわりのある転職サイトです。

    単に求人を紹介するだけでなく、企業側と条件交渉をすることで求職者の希望にベストマッチする求人を作り上げてくれます。

    たとえば、「週休3日で年収400万円を実現したい」といった細かな要望にも、可能な限り対応してくれるでしょう。

    また、ファーマキャリアでは、コンサルタントの教育を徹底しているため、ヒアリング力が高い傾向にあります。

    他サイトで週休3日の求人を見つけられなかった方や、こだわりの条件がある方は、気軽に相談してみることをおすすめします。

    ファーマキャリア|基本情報

    運営会社エニーキャリア株式会社
    公開求人数約36,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    週休3日で働く薬剤師のQ&A

    週休3日で働く薬剤師のQ&A

    最後に、週休3日で働く薬剤師のQ&Aをまとめました。

    「週休3日」を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

    週休3日で働く薬剤師のQ&A

    Q1.週休3日で働きたい薬剤師に多い転職理由は?

    週休3日で働きたい薬剤師には、以下のような転職理由が多いです。

    週休3日で働きたい薬剤師に多い転職理由

    • プライベートな時間を確保したい
    • 体力的な負担を減らしたい

    他にも、親の介護を理由に週休3日を希望する方などもいます。

    私は親の介護をしている関係で、週4日という働き方で両立したいと考えています。

    面接などで週休3日を希望する理由を伝える場合は、相手がネガティブに受け取らないように注意しましょう。

    Q2.プライベートを重視したい場合の働き方は?

    プライベートの時間を確保するのが目的ならば、勤務時間を変えるだけでなく、「在宅ワーク」を選択するのも一つの方法です。

    薬剤師の在宅ワークには、以下のような業務があります。

    薬剤師の在宅ワーク

    • メディカルライター
    • 医薬翻訳
    • 書類作成・データ入力業務
    • 問い合わせ対応業務

    在宅ワークについては、以下の記事も参考にしてください。

    まとめ

    薬剤師は、働き方によっては「週休3日」で勤務することも可能です。

    週休3日で働きたい方は、以下の方法を検討してみましょう。

    薬剤師が週休3日で働く方法

    • 1日の労働時間を延ばして「正社員」として働く
    • 派遣社員として週休3日で働く
    • 雇用形態を変更して現職で週休3日で働く

    また、週休3日で働ける職場を効率良く探すには、求人紹介などのサポートを受けられる「薬剤師専門の転職サイト」の利用がおすすめです。

    以下の3社は、どれも無料で利用できるうえ転職サポートの手厚さにも定評があるので、ぜひ利用してみてください。

    本記事で紹介した薬剤師転職サイト

    ファルマスタッフ
    • 対面での面談を重視している
    • すべての雇用形態の取り扱いあり
    マイナビ薬剤師
    • 幅広い業種の求人をチェックできる
    • 地方の求人が豊富
    ファーマキャリア
    • オーダーメイド求人を作成してくれる
    • 細かい要望に応えてくれる

    薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

    薬剤師1年目の転職は慎重に!後悔を防ぐための判断基準を解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師1年目の転職は慎重に!後悔を防ぐための判断基準を解説

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師のアルバイト先まとめ!メリット・デメリットを徹底解説!

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師の転職成功の鍵は履歴書!正しい書き方や志望動機の例文を紹介
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師の転職成功の鍵は履歴書!正しい書き方や志望動機の例文を紹介

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師転職はコンサルタントに相談を!担当の見極め方や活用のコツを解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師転職はコンサルタントに相談を!担当の見極め方や活用のコツを解説

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    薬剤師の転職が厳しい時代に突入?市場価値を高めるポイントを徹底解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    薬剤師の転職が厳しい時代に突入?市場価値を高めるポイントを徹底解説

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【年収1,000万円稼ぎたい薬剤師へ】収入アップの方法を伝授!
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    【年収1,000万円稼ぎたい薬剤師へ】収入アップの方法を伝授!

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【必見】失敗しにくい薬剤師の転職方法|流れや職場選びのポイントを徹底解説
    薬剤師 おすすめ転職サイト

    【必見】失敗しにくい薬剤師の転職方法|流れや職場選びのポイントを徹底解説

    2024年6月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE