Operated by Ateam Inc.

イーデス

仕事がうまくいかない時はどうする?原因別の対処法を詳しく紹介

最終更新日:

仕事がうまくいかない時はどうする?原因別の対処法を詳しく紹介
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「仕事ができないのは自分だけ?」
「何でこんな事もできないんだろう…」

仕事がうまくいかないと悩むことは、誰にでもあることです。

特に、仕事自体に慣れていない1年目の場合や、新たな業務にチャレンジする際には不安になる方も多いです。

また、「完璧主義」「人付きあいが苦手」といった性格が邪魔をしている場合もあるでしょう。

しかし、落ち込んでばかりいては、あなたの本来の力を発揮できないどころか、状況が悪化してしまう可能性もあります。

そこで本記事では、「仕事がうまくいかない」という気持ちを解消できるよう、おもに以下の内容について解説します。

  • 仕事がうまくいかない原因を分析する方法
  • 仕事がうまくいかない原因別の対処法
  • 仕事がうまくいかないときに試してほしい考え方
  • 仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと

少しでも仕事がうまくいくようになるヒントが見つかるはずですので、ぜひ参考になさってください。

仕事がうまくいかない原因が職場にあるならば転職も検討しよう

仕事がうまくいかない本質的な原因として、今の職場があなたに合っていないことも考えられます。

たとえば、「人間関係が悪くて仕事がスムーズに運ばない」「激務によって体調が優れず能力を発揮できない」といった理由があるならば、早めに転職することも検討しましょう。

とは言え、「どうやって転職先を決めたらいいんだろう…」と悩む方も多いと思います。

そのような場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

転職エージェントでは、転職に関する相談だけでなく現職場の悩みなども相談できる体制が整っているため、気軽にカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

例えば、「doda」では、すぐに転職する予定が無くても、仕事の悩みやキャリアに関する相談に応じてくれます。

doda
(引用元
doda

登録・利用は無料なので、自分の適性や求めている仕事環境などを気軽に相談してみてください。

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

気になる内容をタップ

まずは仕事がうまくいかない原因を分析してみよう

「仕事がうまくいかない」と悩んでいるだけでは状況は変わりません。

仕事が順調に進むことを望むならば、「仕事がうまくいかない」と感じる根本的な原因をじっくり考える時間をとってみましょう。

曖昧だった悩みを言語化することで問題がクリアになり、解決に向けて動けるようになります

まずは、今感じている悩みや問題をできるだけ細かく書き出してみてください。

「仕事がうまくいかない」と一言で言っても、細かく分析するとさまざまな要素があることが分かります。

「仕事がうまくいかない」を細かく分析すると……

  • 仕事の進め方がいまいち分からない
  • 新しい業務を覚えることが大変
  • 人間関係にストレスを感じている
  • 労働環境が過酷すぎる
  • 頑張っているつもりだが成果が出ない……など

自分・相手・環境など多角的に見ることで、不安の正体が明らかになります。

そして、モヤモヤした気持ちを整理できれば、解決可能な課題に変えられるでしょう。

イーデス

藤井さん

うまくいかない原因は、自分ではなかなか分かりづらいもの。
というのは、原因は一つではなく、色々なことが重なっていることがあるからです。
そこで、一旦現状を整理するために、いつからうまくいっていないのか、その時何か変化があったのか、など振り返ってみましょう。
「そういえば・・・」と自分では気づけていないことを思い出すことがあります。
また、原因の起点は、外的要因か、内的要因か、に分けてみても良いでしょう。

言語化が難しい場合は他者の力を借りてもよい

自分ひとりで考えていても、堂々巡りになってしまう場合も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、言語化のスペシャリストに相談することです。

相談窓口は、公的な機関から民間のサービスまで多岐にわたります。

【キャリアカウンセリングを受けられるサービス・機関】

サービス・機関名利用料金特徴
キャリアコーチングサービス有料
(初回カウンセリングは無料の場合が多い)
専任のコーチにキャリアについての悩みを相談できるサービス。自己分析やキャリア設計を丁寧にサポートしてくれる
転職エージェント無料キャリア相談をはじめ、求人紹介や選考対策のサポートを行う民間の転職支援サービス
ハローワーク無料厚生労働省による公共職業安定所。職業紹介のほかにも職業相談や面接指導なども行う
キャリア形成サポートセンター 無料職場定着やキャリアアップに向けた支援を行う厚生労働省委託事業。キャリアコンサルティングがメインで、職業紹介は行っていない

他者に自分の気持ちを話すことにより頭が整理され、「自分が何にストレスを感じているのか」が明確になることも多いです。

そのうえ、他者の意見を聞くことで視野を広げられる可能性もあります。

専門的なアドバイスならコーチングサービスがおすすめ

仕事の悩みについて専門的なアドバイスが欲しいなら、コーチングサービスのカウンセリングがおすすめです。

ポジウィルキャリア」は、専属のキャリアトレーナーからキャリアに特化したパーソナル・トレーニングを受けられるサービスです。

ポジウィルキャリアでは、有料トレーニングの申込前にキャリアの無料相談を実施しています。

無料カウンセリングはZoomを使って行われ、所要時間は45分ほどです。

「自分に合う道が分からない…」「今の環境が辛いから抜け出したい」といった悩みをどのように解決するべきかを、カウンセラーが一緒に考えてくれます。

ポジウィルキャリアの公式サイトでは、サービス利用者の体験談も公開されているため、ぜひ参考になさってください。

ポジウィルキャリア|基本情報

運営会社ポジウィル株式会社
特徴オンライン・チャットでトレーニング可能
対応地域全国
料金初回相談無料
385,000円(税込)~+入会金

(最終更新:23年8月時点)

仕事がうまくいかない6つの原因とその対処法

現状を改善するためには仕事がうまくいかない原因を明確にしたうえで、慎重に対処することが大切です。

ここでは、主な原因を6つ挙げ、それぞれの対処法を解説していきます。

仕事がうまくいかない6つの原因

原因1.そもそも経験が不足している

どのような仕事であっても、知識や経験を持ち合わせてなければ、初めからうまくできないものです。

例えば、「顧客からのクレームに対応しろ」と言われたとしても、クレームの対象になっているサービスそのものについての理解が乏しかったり、正しい対処法が分からないこともあるでしょう。

先輩や上司からの丁寧な指導やマニュアルを踏まえたうえで、経験を積まないことには、予想外の事態にも対処できるようにはなれません。

特に、入社は間もない場合や、移動先や転職先で新しい仕事を覚えなくてはならない場合は、仕事が上手くいかないと感じるのは当然と言えるでしょう。

また、経験が不足しているにもかかわらず、「仕事がうまくいかない」と感じてしまうケースは、プライドが高い人が陥りがちです。

【対処法】地道に経験を積む、そして常に努力は怠らない

仕事をうまくこなせるようになるためには、地道に経験を積み、学べることをすべて吸収するような意識をもちましょう。

経験不足に悩む方に試してもらいたい行動

  • 社外のセミナーや勉強会に参加してみる
  • 出社前・退社後に予習や振り返りを行う

積極的に知識やスキルを得たいと考えるならば、社外のセミナーや勉強会に参加することもおすすめです。

最新の知識や専門的な情報を得られたり、同じ志を持つ参加者と交流することで視野が広がるでしょう。

以下のようなセミナー検索サイトを活用すれば、自分の希望に合ったセミナーや勉強会が簡単に見つかります。

また、学んだことを脳に定着させるためには、予習や復習が効果的です。

ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスの研究では、人間の脳は記憶した直後から徐々に忘れていき、1日後には74%、1週間後には77%を忘れてしまうことが分かっています。(参照:記憶を定着させたい! 効果的な復習のタイミングを医学博士が解説

問題点や対処法についての記録は必ず残し、同じ失敗をしないように何度も振り返りを行いましょう。

原因2.頻繁にミスを繰り返してしまう

「ミーティングの時間を間違えた」、「メールを誤送信してしまった」など小さなミスを繰り返してしまうことも、仕事がうまくいかないと感じてしまう原因のひとつです。

周囲からの評価が下がってしまったり、自己嫌悪に陥ってしまう方も多いでしょう。

会社に損害を与えるような大きなミスではなく小さなものであったとしても、そのたびに対応・改善は必要です。

また、対応に時間がかかることで余裕がなくなり、焦りから更なるミスをしてしまうという悪循環になるケースも少なくありません。

【対処法】仕事のやり方を理解するように努める

ミスを無くすためには、仕事の方法をしっかりと理解している必要があります。

そのため、マニュアルが頭に入っていない場合や、一度上司から説明を受けただけで曖昧なままになっている業務などがある場合はミスが多くなるでしょう。

業務において分からないことを分からないままにしないためには、自分が完全に理解できるまで説明してもらう、大切なことは必ずメモに残すなど、ミスの原因をひとつひとつ解消していくことが大切です。

ミスを繰り返さないためのポイント

  • マニュアルは積極的に覚える
  • 業務の進め方に曖昧な部分があるなら解消しておく
  • 説明を受ける際は完全に理解できるまで説明してもらう
  • メモをとる習慣をつける

仕事に対する理解が深まれば、どのような場合にも落ち着いて対応できるようになるはずです。

原因3.仕事への理想が高過ぎる

「仕事がうまくいかない」のは、理想が高すぎるのが原因かもしれません。

仕事のレベルを高めるのは良いことですが、毎回最高のレベルを求めていたら疲れてしまいます。

特に、理想が高い人は「全て完璧じゃないとダメだ!」と考える傾向にあります。

常に完璧を求めることが他の仕事に悪影響を与えることになり、仕事がうまくいかなくなっている可能性もあるでしょう。

【対処法】小さな成功体験を積み上げる

うまくいかない時は、小さな成功体験を積むことが自信につながります。

例えば、以下のような些細なことで構いません。

  • 早起きして朝から良い気分で出社できた
  • 気になっていた仕事を片付けられた
  • 納期までに作業を完了できた
  • 契約を1件取れた
  • アポイントを取れた

大切なのは、自分の成功を認めてあげることです。

自己肯定感が高まれば、心に余裕が生まれます。

落ち着いて物事を考えられるようになりますし、失敗にも強くなるでしょう。

完璧主義の人は「仕事は8割できたらOK」と考えよう

完璧主義で仕事がうまくいかない人は、仕事は8割できたらOK」と考えてみると楽になります。

例えば、参考資料の作成する際に、自分にとっては8割程度の完成度であったとしても、上司は満足する可能性があります。

「完璧な資料を作成しなければ」と張り切って作ったのに、「こんなに綺麗に作らなくてもよかったのに」と言われるようなケースです。

スピード重視で仕事を進めた方が、相手から感謝される場合もあります。

もし普段から「ここまでやらなくても…」と言われることが多い人は、「仕事は8割できたらOK」という考え方をしてみましょう。

原因4.失敗を恐れている

適度なプレッシャーはやる気につながりますが、過度なプレッシャーは大きなストレスの原因になります

プレッシャーによって仕事がうまくいかなくなる人は、責任感が強すぎる可能性も高いです。

周囲の期待に応えようとすることは大切ですが、逆にストレスになってしまえば、思うようにパフォーマンスを発揮できないでしょう。

【対処法】失敗は成長するチャンスと捉える

「周囲の期待を裏切るような失敗はできない……」と感じているならば、「失敗」に対する考え方を変えてみましょう。

失敗は誰でもするものですし、失敗からは多くのことを学べます。

失敗してしまったのであれば、失敗を素直に認め、改善する努力をすれば良いだけです。

また、失敗を自分自身が成長できる貴重な経験と捉えることができれば、必要以上に自分を責める必要もありません。

原因5.単純にスケジュールに余裕が無い

「いつも締め切りギリギリ」「納期は滑り込みセーフが日常茶飯事」といった状況ならば、それが仕事が順調に進まない原因かもしれません。

スケジュールに余裕があれば、完了した仕事をもう一度見直すこともできますが、ギリギリの締め切りではそのような余裕はありません。

一度も見直していない成果物を提出すれば、悪い評価を受けて落ち込む可能性も高くなるでしょう。

あまりにも仕事量が多すぎて仕事が雑になったり、残業が増えてしまうような場合は、一度上司に相談することをおすすめします。

【対処法】優先順位のつけ方を身につける

仕事をスムーズに進めるためには、限られた時間の中で自分に割り振られた業務の全体像を把握する必要があります。

それぞれの業務の緊急性や重要性を理解し優先順位をつけることで、自分自身がどう動くべきかを明確にすることが大切です。

仕事の優先順位を付ける方法

  • 仕事を全て書き出す
  • 自分だけでできることと、他人にお願いする必要があることを明確にする
  • 仕事の量・完了までにかかる時間を確認する
  • 重要度・緊急度を設定する

優先順位をつけた時点で予定に無理があることが分かれば、早めに上司に報告しスケジュールの調整を行いましょう。

原因6.職場の人間関係が良くない

長時間一緒に過ごす職場の人たちとの関係が悪いことで、仕事がうまくいかないこともあります。

職場の人間関係が悪いことで起き得る状況の一例

  • 上司にミスを報告しづらいため報告が遅れ、被害が拡大してしまう
  • 同僚と協力できずプロジェクトが失敗する……など

人間関係が悪く、お互いに仕事を円滑に進めるという意識がない場合は、仕事に支障が出やすくなります

また、「仲が悪い」「性格は合わない」というだけならまだしも、いじめやパワハラにあっているならば事態は深刻といえるでしょう。

【対処法】改善が難しいならしかるべき機関に相談する

人間関係に問題があるならば、まずは上司や社内の相談窓口に相談してみましょう。

そのうえで、それでも改善できない場合は、状況が悪化する前にしかるべき相談機関に連絡することをおすすめします。

【仕事の悩みを受け付けている相談機関】

悩み相談機関
職場のトラブル全般
ハラスメント

悩みを一人で抱え込まないよう、さまざまな相談機関を活用して専門的なアドバイスをもらうことをおすすめします。

仕事がうまくいかない時は考え方を変えてみよう

仕事がうまくいかなくて落ち込んでいると、仕事に対するやる気はどんどん無くなってしまいます。

自分ひとりの力で環境を大きく変えるのは難しいですが、自分のモチベーションは自身の考え方で変えられます

ここでは、3つの考え方を紹介するので、ぜひ実践してみてください。

考え方1.失敗しても大丈夫

「失敗=してはいけないもの」と思い込んでいる方は多いですが、仕事にミスはつきものです。

多くの人は失敗から打開策や解決策を見つけて学び、同じ失敗を繰り返さないようにしています。

失敗は悪いことではないので、「失敗しても次に活かせば大丈夫」と思うようにしましょう。

それでも重圧感を感じてしまう場合は、以下のようにプレッシャーを感じていることを整理したり、失敗した時の対応を考えておくのがおすすめです。

  • 何をプレッシャーに感じているのか整理する
  • すべきことを明確にする
  • 不測の事態への対応を考えておく

「失敗しても対処法がある」と思えれば、気持ちも楽になるはずです。

考え方2.入社時よりは成長している

できないことばかりに目を向けるとネガティブな気持ちになってしまうため、「できること」に目を向けてみましょう。

小さなことでも構わないので、以下のようにできることをピックアップしてみてください。

  • 電話対応
  • Excelの操作
  • 発注業務

あらためて振り返ってみると、「入社した時はできなかったこと」も多いはずです。

今は当たり前にできていることに目を向けることで、見逃していた成長を実感できます

大きな変化は見られなくとも、日々成長していることを実感できれば、仕事のモチベーションも持てるようになるでしょう。

考え方3.他人は他人、自分は自分

人はそれぞれに得手不得手があるため、他人の仕事ぶりと比べる必要はありません。

それに、他人のことばかり気にしていると、自己肯定感も下がってしまいます。

大事なのは、自分なりの目標を持ち、目標達成に意識を集中させることです。

自分のやるべきことに集中すれば、他人のことは自ずと気にならなくなるでしょう。

あなたのペースで、あなたができることに取り組むことを意識してください。

仕事がうまくいかない時にやってはいけない3つのこと

ここでは、仕事がうまくいかない時に避けた方が良い行動について解説します。

下記のような行動は、根本的な解決にはならないどころか、状況を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

特に、大きなストレスを感じることで心の病気になってしまう可能性もあるため、早めに対処することをおすすめします。

仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと

①プライベートの時間にも仕事のことばかり考える

仕事のことを考えていると「こうすればいいのかな、いや、やっぱりそうじゃない…」と、ぐるぐると悩み続けてしまいがちです。

気になって考えてしまうのは分かりますが、1日中仕事のことを考えていると脳が休まりません。

考えていないつもりでも、脳は自動的に頭の中を整理しているので、リラックスしているときにこそいいアイデアが浮かぶことも多いです。

1日中仕事のことを考えて頭がパンクしそうになっている方は、仕事のことを考えない時間帯を設けるようにしてみてください。

②必要以上に自分を責める

「なんでこんなことも出来ないんだろう」「自分は無能なやつだ」などと自分を責めることはやめましょう。

反省することによって失敗を成長に変えられることもありますが、必要以上に自分を責めることにはデメリットしかありません。

たとえば、気持ちが落ち込みすぎて心の病気にかかってしまう可能性もあります

特に、下記のような症状が2週間以上続いている場合は、注意が必要と言えるでしょう。

メモ

  • 何をやっても楽しくなく、ずっと気分が落ち込んでいる
  • 今まで興味があった物や趣味に対して興味がなくなった
  • 常に不安を感じている
  • 夜眠れない
  • 頭痛やめまい・腹痛などの体調不良が続いている
  • 食欲が無い
  • 朝から疲れが取れない

(引用:こころの陽だまり

一人で考え込まず人に話を聞いてもらおう

誰にも相談できず一人で悩んでいると、ますます自分の気持ちが分からなくなってしまったり、悩みや不安をより膨らませてしまうケースも少なくありません。

また、自分の思い込みで不安を大きくしていることも考えられます。

人に話を聞いてもらうことには、主に3つの効果があると言われています。

人に話を聞いてもらうことによる効果

  • カタルシス効果
    (不安や苦悩を吐き出すことで、気持ちが落ち着く)
  • バディ効果
    (相談相手との一体感や仲間意識が芽生え、孤独感から解放される)
  • アウェアネス効果
    (自分の考えや感情などの理解が深まり、頭や心の中が整理される)

(引用:話を聞いてもらう心理効果|ことり電話

気持ちが落ち着いたり、問題点を解決するきっかけをもらえることもあるため、相談しやすい相手に話を聞いてもらいましょう。

③衝動的に会社を辞める

職場環境が悪いなど、職場が原因で仕事がうまくいかない場合でも、何も考えずにすぐに辞めることはおすすめできません。

よく考えずに転職先を決めてしまうと、後悔したり、また同じ失敗を繰り返してしまう可能性があるからです。

冷静になって考えてみると、今の会社はそれほど悪くないかもしれません。

転職するにしても、「なぜその会社に転職したいのか」「その会社で何をしたいのか」を考えておかないと、また仕事がうまくいかなくなり再度転職を考えることになるでしょう。

状況に合わせた対応を取ろう

会社を辞めたいと感じているならば、今の状況に合わせた対応をしましょう。

理由が明確ではないが、とにかく辞めたい転職エージェントに相談する
心身に不調が出ており働くのが困難⇒ 医療機関を受診する

「仕事を辞めるべきか分からない……」「退職後に転職先が見つかるか不安……」といった悩みがあるならば、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは、求人紹介や面接対策、入社までのサポートなど転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。

ただ転職先を斡旋するサービスと思われることも多いですが、転職エージェントではすぐに転職する予定が無い方の相談にも対応しています。

モヤモヤした思いをアドバイザーに話すことで、自分自身の希望やキャリアビジョンが明らかになってくることもあります。

一方、心身の不調により働くことが困難な場合は、症状を悪化させないためにも医療機関を受診することをおすすめします。

「精神科」や「心療内科」と聞くと尻込みしてしまう方も多いですが、精神面の不調は早めに治療することが大切です。

どうしても仕事がうまくいかないなら転職を検討しよう

いくら努力をしても今の会社では解決できない問題がある場合には、転職を考えてみましょう。

解決するべき問題が明確になれば、それが転職先選びの軸となります

転職に関する情報を集めたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントとは、キャリア相談をはじめ、求人紹介や選考対策など転職活動をトータルでサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントを利用するメリット

転職市場に精通したキャリアアドバイザーが、企業の情報から業界の動向まで、転職に役立つさまざまな情報を提供してくれるので、転職を検討する際にはひとまず登録しておくことをおすすめします。

ここでは、転職サポートに定評のある転職エージェントを3社ご紹介します。

サポートに定評のある転職エージェント

イーデス

藤井さん

転職で何を変えたらうまく行くのか、を明確にした上で、転職エージェントに相談に行きましょう。
もちろん、どうしても自分ではうまくいかない理由が分からなければ、その点も転職エージェントに話してみると、そこから一緒に考えてくれることがあります。
考え方としては、「今の会社や仕事がどうだったら続けられると思うか」が大切です。
例えば、職場環境なのか、扱う商品なのか、仕事のやり方なのか、などです。
すると、転職で叶えたいことが見えてきますから、それがまさに、転職理由になる訳です。
実りのあるカウンセリングを受けるためにも、希望がある程度明確になっている方が希望に合う求人を紹介してもらいやすくなります。

気軽に求人情報をチェックできる「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、人材業界大手のパーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスです。

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の機能を備えている点が大きな特徴であり、ひとまず求人情報を見てみたいという方におすすめのサービスと言えます。

気になる求人が見つかった場合は、キャリアアドバイザーに選考対策をサポートしてもらうことをおすすめします。

応募書類の添削や実践的な面接対策を行ってもらうことで、一人で準備するよりも選考に通過率する可能性を高められるでしょう。

また、「転職を迷っている……」「どんな転職先があるかアドバイスが欲しい」という相談にも応じてくれるため、気軽に利用してみましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

簡単3分!
エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

doda公式サイトで無料登録

業界最多の求人数!選択肢が広がる「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、転職エージェントの中でもトップの求人数を誇る転職エージェントです。

幅広い業界・職種の案件を保有しているため、他の転職エージェントでは見つからない条件でも、リクルートエージェントなら見つかる可能性があります。

また、リクルートエージェントでは、応募書類の添削や面接対策も念入りに行ってくれるため、選考通過率を高められるでしょう。

すぐに転職するつもりがなくても相談が可能なので、仕事を続けるべきか悩んでいる場合や今後のキャリアの不安などがある場合は、気軽に相談してみることをおすすめします。

リクルートエージェント|基本情報

運営会社

株式会社リクルート

公開求人数

約404,000件

非公開求人数

約221,000件

対応地域全国+海外
料金すべて無料
登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年6月時点)

IT・Web業界で転職するなら「レバテックキャリア」

レバテックキャリア」は、ITエンジニアの転職支援に特化した転職エージェントです。

アドバイザーに相談することで自分自身の市場価値を知ることができるため、転職活動の際の有益な情報として活用することをおすすめします。

レバテックキャリアでは、IT業界全般の求人を扱っており、エンジニアやデザイナーをはじめ、事務やコンサルなど、幅広い職種の求人を保有しています。

業界特化型ならではの専門性の高さが強みであり、企業に合わせた細かい面接対策を行ってくれる点も魅力です。

転職未経験者からキャリアアップ転職を目指す方まで、幅広く対応しているので、IT業界での転職を検討する方すべてにおすすめのサービスと言えるでしょう。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約25,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年6月時点)

まとめ

「仕事がうまくいかない……」と悩んでいるだけでは状況は変わりません。

うまくいかない原因を深堀りし、その原因にあった対処法を試してみましょう。

「仕事がうまくいかない」と感じる原因と対処法

  • そもそも経験が不足している
    【対処法】地道に経験を積む、そして常に努力は怠らない
  • 頻繁にミスを繰り返してしまう
    【対処法】仕事のやり方を理解するように努める
  • 仕事への理想が高過ぎる
    【対処法】小さな成功体験を積み上げる
  • 失敗を恐れている
    【対処法】失敗は成長するチャンスと捉える
  • 単純にスケジュールに余裕が無い
    【対処法】優先順位のつけ方を身につける
  • 職場の人間関係が良くない
    【対処法】改善が難しいならしかるべき機関に相談する

また、仕事がうまくいかないからといって、以下のような行動に出ることにはリスクが伴うため注意が必要です。

仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと

  • プライベートの時間にも仕事のことばかり考える
  • 必要以上に自分を責める
  • 衝動的に会社を辞める

特に、転職するならば、慎重に判断することをおすすめします。

労働環境が原因で仕事をうまくいかないことが明らかであり、自分ひとりの力では改善が難しい状況であれば、転職に向かって一歩踏み出してみてください

本記事で紹介した転職エージェントを活用し、あなたにとって理想の職場を探してみましょう。

本記事で紹介した転職エージェント

doda
  • 「転職サイト」「転職エージェント」両方の機能を持つ転職支援サービス
  • 気軽に求人情報を確認できる
リクルートエージェント
  • 業界最多の求人数を誇る
  • 幅広い業界・職種の案件を保有
レバテックキャリア
  • ITエンジニアの転職支援に特化
  • 転職未経験者からキャリアアップ転職を目指す方まで幅広く対応
イーデス

藤井さん

転職理由が明確でないと、自分自身も希望が出しづらいですし、キャリアアドバイザーもどんな求人を紹介すればよいのかが分からず、求人紹介のミスマッチが生じてしまいます。
求人を見ながら、自分に合う企業や仕事を考えていくことは悪いことではありませんが、ある程度の判断軸となるものはあった方が、効率的でしょう。
転職理由が不明確では、次に進めません。
実際、うまくいっていないことを正直にお話しされない方もいらっしゃるのですが、そうするとミスマッチな案件の紹介が続いてしまうことがあります。
キャリアアドバイザーは「あなたの本音をお話してほしい」と思っていますから、遠慮なく伝えてみましょう。

転職活動についての関連記事

転職の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE