Operated by Ateam Inc.

イーデス

住宅ローン審査に影響するクレジットカードの注意点を解説! 審査に落ちないための対策は?

最終更新日:

住宅ローン審査に影響するクレジットカードの注意点を解説! 審査に落ちないための対策は?
住宅ローン審査
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

簡単にまとめると

  • 住宅ローンの支払いをクレジットカードで行うことはできない
  • クレジットカードの延滞履歴(2年~10年)はローン審査に影響することも
  • 個人信用情報により自分の状態を確認できるので、不安な人はチェックを
  • クレジットカードのキャッシング枠が大きいと、審査に影響することもある

住宅ローンの申し込みをしようと思うけれど、「審査を通過できるか不安」という方は多いのではないでしょうか。

とくに過去にクレジットカードの支払いを延滞してしまっている場合は、審査に影響しないか心配になるでしょう。

基本的にクレジットカードの支払い延滞記録は2年間残り、大幅な支払遅延の倍は5~10年間記録が残ってしまうこともあります。

延滞の記録が残っている場合には、住宅ローン審査に影響してしまうことがあるので要注意です。

また、気になる方もいるかもしれませんが、住宅ローンの支払いをクレジットカードで行うことはできません

この記事では、以下のようなポイントでクレジットカードが住宅ローン与える影響について解説します。

  • クレジットカードが住宅ローンの審査にどのように影響するのか
  • 過去に支払いを延滞している場合に自分の信用情報を確認する方法
  • 審査の際にクレジットカードで気を付けた方がいいポイント

一読いただければ、住宅ローンの審査通過に向けて取るべき対策を理解できるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 株式会社 Money&You 代表取締役 / 株式会社 Money&You

    監修者頼藤太希

  • オフィス千日合同会社 代表社員 公認会計士 / 公認会計士中村岳広事務所

    監修者千日太郎

  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

気になる内容をタップ

住宅ローンの審査に影響するクレジットカードの利用状況

住宅ローンの審査にクレジットカードが影響するケースとしては、以下の三つが考えられます。

住宅ローン審査に影響するクレジットカード利用状況

  • 過去にクレジットカードの支払いを延滞したことがある
  • キャッシング枠のついたクレジットカードを何枚も持っている
  • リボ払いの残債がある

過去にクレジットカードなどの支払いに遅延があると、審査に影響が出てしまうことがあるのは、冒頭でもお話しした通りです。

また、意外に思われる方もいるかもしれませんが、支払いを遅延したことがない場合でも、所有しているクレジットカードの状態によっては、審査に影響が出てしまう場合があります。

上記のような項目が住宅ローンの審査に影響するのは、金融機関が審査の際に申込者の「信用情報」をチェックしているからです。

「信用情報」とは、以下のような内容を指します。

  • クレジットやローン等を申し込んだ時の申し込み内容
  • クレジットカードやローン等の契約内容・支払状況・支払残高
  • 過去のローン審査等において金融機関が信用情報を確認した履歴

では、もしクレジットカードの利用状況が上記にあげた項目に当てはまる場合には、どのように対策を取ればいいのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

過去にクレジットカードの支払いを延滞しているケース

個人信用情報の住宅ローン審査への影響

一度でもクレジットカードの支払いを遅延してしまうと、指定信用情報機関の「信用情報」に記録が残ってしまいます。

クレジットカードやローンなどの申し込みや契約に関する情報のこと。信用情報は指定信用情報機関(JBA、CIC、JICCなど)によって管理され、クレジットカードやローンに申し込んだ際には、審査のために情報が照会されることがある。

延滞の記録が残ってしまう具体的な期間は以下の通りで、記録が残っている期間内に住宅ローンに申し込むと、審査に影響が出てしまう場合があります

支払を延滞した期間記録が残る期間
61日未満2年間
61日以上5年~10年間
 ※指定信用情報機関によって異なる

支払を延滞した期間が短い場合、記録が残る期間は24ヵ月間(2年間)で、金融機関や状況によっては記録があっても住宅ローンを借りられるケースもあります。

しかし、放置するなどして支払を61日以上延滞すると、信用情報に「金融事故」として登録されてしまいます。

この金融事故の記録があると、住宅ローン審査に通過することは非常に難しく、クレジットカードの審査にも通りづらくなってしまいます。

なお、金融事故情報が登録されている状態を、世間的には「ブラックリストに載る」ともいいます。

個人信用情報機関に問い合わせれば、自分の状態がわかる

「自分の個人信用情報に過去の延滞が記載されていないか不安」という人は、個人信用機関に問い合わせれば自分の状態がわかるようになっています。

信用情報の記録は以下の指定信用情報機関で管理をされており、クレジットカードの場合は、主にCIC(シーアイシー)で管理されている信用情報が住宅ローン審査に利用されますよ。

信用情報機関の一覧
信用情報機関主な加盟会員
CIC
(シーアイシー)
クレジットカード会社
信販会社
JICC
(日本信用情報機構)
消費者金融
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
銀行

CICの個人信用情報は、スマートフォンからも開示手続きが可能です(利用手数料:1,000円)。

どうしても心配だという人は、審査の前に確認してみるのがおすすめです。

支払遅延情報や金融事故情報の詳細については、以下の記事も併せてご参照ください。

キャッシング枠に要注意!使ってないカードが何枚もあるケース

返済負担率の図

もし使っていないクレジットカードがあるのなら、住宅ローン申し込みの前に解約しておくのがおすすめです。

住宅ローンの審査においては、すでに利用しているローンの有無と、ローンがある場合は毎月いくら返済しているかを申告する必要があります。

これは、金融機関が「返済負担率」を確認するためです。

ローンなどの返済額が年収に対して占めている割合のこと。一般的に、審査に通過できる返済負担率は30~35%以内と言われている。

返済負担率が高くなると、返済不能状態に陥る可能性が高いと判断されるため、審査通過の確率が下がります。

この返済負担率の計算には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます

現在キャッシングを利用していないとしても、金融機関は、審査にあたって「今後キャッシングを利用する可能性もある」と判断するためです。

つまり、利用していないクレジットカードにキャッシング枠があると、それだけで住宅ローンの審査に対してマイナスに働いてしまうのです。

普段利用していないクレジットカードが複数枚ある人は、特に注意しましょう。

また、クレジットカードとは別物ではありますが、消費者金融系のキャッシングカードを持っているのならば、それも審査前に解約しておく方が無難です。

キャッシング枠を減らしておくという点で有効な対策になります。

クレジットカードの平均保有枚数は2~3枚を目安に

返済負担率に関して不利にならないためには、クレジットカードの枚数を制限することが必要です。

ご参考までに、日本クレジット協会の調査では、2016年時点でクレジットカードの平均保有枚数は2.5枚となっています。

使っていないクレジットカードが複数ある人は、2枚〜3枚を目安に、本当に必要なカードなのか整理してみると良いでしょう。2〜3枚であれば家計管理も楽になりますし、不要な年会費を支払うことも避けられます。

最近では、クレジットカード会社と企業が提携して発行しているカードも少なくありません。そういったクレジットカードには、ポイント利用などの特典がついています。お得にポイント利用できるのはどのカードなのか、情報を集めて判断しましょう。

クレジットカードの枚数については、こちらのサイトも参考にしてみてください。

審査中のクレジットカード申し込みは避ける

住宅ローンの審査を受けている最中にクレジットカードの利用を申し込みするのは、できる限り避ける方がよいでしょう。

すでに解説した通り、クレジットカードのキャッシング枠は、利用していなくても住宅ローンの審査に影響を及ぼします。

このため、住宅ローンの審査中に新たなクレジットカードに申し込んで、そのカードにキャッシング枠がついていた場合、キャッシング枠が返済負担率の審査に影響します。

申し込みしたクレジットカードにどこまでの機能があるのか、しっかり把握できていればローン審査に対する影響を回避できるかもしれません。

しかし、もし不安なのであれば、新たなクレジットカードの利用申し込みは避けた方が無難です。

リボ払いを利用しているケース

もし、住宅ローンの申し込みをする時にリボ払いの残債があるのなら、これも先に完済しておくことをおすすめします。

また、住宅ローン審査の前には、リボ払いは利用しない方が得策です。

リボ払いの残債や毎月の支払額が大きいと、返済負担率が上がってしまい、これも住宅ローンの審査に対して悪影響を及ぼします。

なお、借入が複数ある場合は、利子率が高いものから優先的に返済していきましょう

利子率の高い借入が残っていると、金融機関に悪印象を与えやすくなります。

ローン審査の前に、しっかり対策するのがおすすめです。

クレジットカードで住宅ローンの支払いはできない

住宅ローンの返済にクレジットカードは利用できないのかと疑問を持つ方もいるでしょう。

しかし、住宅ローンの支払いにクレジットカードは利用できません

通常、住宅ローンの利用は利用先金融機関の口座開設とセットです。

金融機関は、開設した口座から返済額を毎月引き落としすることによって貸付金を回収します。

賃貸住宅の家賃支払いにおいてはクレジットカード払いに対応しているケースもありますが、住宅ローンでは利用できないので注意しましょう。

まとめ

住宅ローンの審査を通過するためには、クレジットカードや他のローンなどについて状況を整理することが重要です。

具体的には、信用情報機関に自分の信用情報を照会するとよいでしょう。

自分の信用情報に基づき、以下のような対策を講じると住宅ローン審査に有効です。

住宅ローン審査への対策

  • 利用していないクレジットカードは解約する
  • 他のローンや借入があるのならば、あらかじめ完済しておく
  • 自分の収入に対する返済額の割合を圧縮する
  • 審査中に新たなクレジットカードの利用申し込みをしない

なお、住宅ローンの返済にクレジットカードは利用できないので、注意が必要です。

住宅ローン審査に通過する確率を上げるためには、自分で様々な対策を講じることができます。

この記事を参考に、自分なりの対策を検討してみてください。

千日太郎

千日太郎 / オフィス千日合同会社 代表社員 公認会計士

【専門家の解説】


住宅ローンの審査では、他の借入金に対してちょっとやりすぎではないか?と思うほど厳しくチェックする傾向があることが審査に落ちた人のケースから定説となっています。

たまたま審査の時点で借金の残高が有る場合、その借金の返済が住宅ローンの返済期間にわたってずっと続くという前提をとることがあるのです。

もちろん、銀行もその借金がずっと続くわけではないことを分かっているのですが、その借金が払い終わったら、また借金で買い物をして、同じような返済が必要になってくる、そういう生活習慣の人なのだと推定するということです。

そのため、実際には借金が無くても、カードにキャッシング枠が設けられているということで、キャッシングしている前提で審査を行うことがあるのです。

では、審査の時点で借金を完済できていれば、これまで借金の多かった人が、全く借金をしない人と同じように審査してもらえるのか?というと、必ずしもそうとも限らないのですが、少なくとも完済しようと思えば完済できる資金力を示すことは可能ですね。

住宅ローンの審査の中身は各銀行のトップシークレットであり、そのプロセスを教えてくれることはありません。

完璧に対策をとることは難しいですが、少なくともこれらの経験則を参考にして、明らかに不利になるようなことを、審査の前後に行わないようにすることをお勧めします。

頼藤太希

頼藤太希 / 株式会社 Money&You 代表取締役

【専門家の解説】

意外と見落としがちなのが、本記事で紹介されている「クレジットカードのキャッシング枠」。キャッシングを利用していなくても、キャッシング枠は「ローンを借り入れ」している状態と同等と見なされます。

普段利用していないクレジットカードにキャッシング枠が設定されていることもあります。クレジットカードは2〜3枚あれば十分です。解約しましょう。

また、普段使用しているクレジットカードにもキャッシング枠が設定されている場合もあります。キャッシングを利用することがないならば、キャッシング枠をなくすこともできます。WEBやコールセンターで手続きができます。

キャッシングを普段使ってしまうという方は、住宅ローン借入の話の前に、毎月の手取り収入で生活できるように早期に見直しをしましょう。

住宅ローン審査の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE