Operated by Ateam Inc.

イーデス

Bitcoin(ビットコイン)はクレジットカードで購入できる?選び方やおすすめを解説

最終更新日:

Bitcoin(ビットコイン)はクレジットカードで購入できる?選び方やおすすめを解説
利用シーン別
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

Bitcoinの購入方法には、コンビニ入金や銀行振込、クレジットカードなどがあります。しかし、クレジットカードはすべての取引所で取引できるわけではありません。

そこで本記事では、Bitcoinをクレジットカードで購入できる仮想通貨取引所や、クレジットカードで購入するメリットデメリットについて解説します。

後半では、Bitcoinの購入におすすめのクレジットカードの選び方や、おすすめのクレジットカードも紹介しているため、Bitcoinのクレジットカードによる取引を検討している方はぜひ参考にしてください。

  • 消費生活ジャーナリスト / 株式会社岩田昭男事務所

    監修者岩田昭男さん

    1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

    主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

    主な著書としては、

    Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
    「信用力」格差社会」(東洋経済新報社)
    信用偏差値」(文春新書)
    クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
    「ドコモが銀行になる日」(PHP)
    キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
    また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

    ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

    2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

    趣味は「猫」と「キートン」

    • SNS
    • YouTube
    • Facebook

気になる内容をタップ

Bitcoin(ビットコイン)はクレジットカードで購入できる?

Bitcoin(ビットコイン)はクレジットカードで購入できます。

ただし、ほとんどが海外の取引所での購入です。

国内の取引所でのクレジットカード決済は、仮想通貨の価格変動が激しく利用者への影響が大きいことから、2018年に禁止されました。

しかし、2023年10月18日よりZaif(ザイフ)でクレジットカード決済が可能となり、国内でもBitcoin(ビットコイン)のクレジットカード購入が可能になりました。

ただし、2023年10月時点で、国内でBitcoin(ビットコイン)をクレジットカード購入できる取引所はZaif(ザイフ)のみです。

※Zaifでの取引で利用できるクレジットカードはZaif カードのみです。

Bitcoin(ビットコイン)をクレジットカードで購入できる仮想通貨取引所

先述した通り、Bitcoinをクレジットカードで購入できる仮想通貨取引所は、ほとんどが海外の取引所となります。具体的には、以下のようなものがあります。

  • ByBit(バイビット)
  • Gate.io(ゲート)
  • KuCoin(クーコイン)
  • MEXC(エムイーエックスシー)
  • Zaif(ザイフ)※国内唯一

海外の仮想通貨取引所の中には、申込み時期によって、日本国内からの新規ユーザーの登録を停止しているところもあります。クレジットカードで仮想通貨を購入できる取引所であっても、時期によっては登録できない可能性があることを覚えておきましょう。

Bitcoin(ビットコイン)とは

Bitcoinとは、インターネット上で取引できる仮想通貨のひとつです。世界中で使用できる通貨であり、現金のように物やサービスの対価として使用できて、日本でもBitcoinの決済に対応している店舗は増えてきました。

Bitcoinは現金とは異なり、実体を持っていませんが、発行枚数に上限があることから希少性が高くなっています。また、中央に管理者はおらず、銀行を介した海外送金よりも手数料が安い点も特徴です。

岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】


Bitcoinは、インターネット上で取引できる仮想通貨の一つです。
世界中で使える通貨であり、現金のようにモノやサービスの対価として使えます。日本でもBitcoinの決済に対応するお店が増えてきました。

ただBitcoinは現金と異なり、実体を持っていません。
それなのに、発行枚数に上限があるため、希少性が高く、高値でやりとりされ、ときには投機の対象になっています。

登録された映画は個性的なタイトルが多く、なかなか見ごたえがあります。こうしたエンタメの他に配送のサービスもあります。「お急ぎ便」や「お届け日時指定品」を無料で利用できるのも見逃せません。

仮想通貨を手に入れるには、銀行振り込み(現金)とクレジットカードの2つの方法があります。

銀行振込の場合は、準備するのに時間がかかるため、Bitcoin取引きのタイミングを逃す恐れがあります。

それを考えると取引きしたい時に決済できるクレジットカードがおすすめといえるでしょう。
相場を見ながら取引きできますから、チャンスを逃す事はありません。

ただ日本の仮想通貨取引所では、クレジットカードは利用できませんので注意して下さい。
日本でBitcoinの取引きをするには、海外の取引所を利用しなければなりません。これが少々不便です。

以前は国内の取引所でも購入できたのですが、価格変動が激しく利用者が投機に走りがちなため、クレジットカード会社が利用を禁止してしまいました。

その結果、不便ではあっても、海外の取引所を利用しなければならなくなったのです。

その意味でクレジットカードが重要な手段となっているのですが、クレジットカードを使うにはいろいろ注意しなければならないことがあります。

まず、海外の取引所が受け入れている国際ブランドをこちらも用意しなければならないこと[そのブランドのついたカードを用意]。

第二にそのカードを使う際には手数料が5~10%かかることを覚悟しなければなりません。
これがかなりの負担になります。
そこで高還元のポイントが付くカードを用意して手数料の穴埋めに使うことを考えましょう。

さらにはBitcoin購入の金額は、かなりの額に上るでしょうから、利用限度額も大きなカードを選んだ方が良いでしょう。
そうした注意点がありますので、以下で、どんな人に向くのか、まとめてみました。

Bitcoin購入時にクレジットカード利用がおすすめなタイプと、カードの選び方については、「Bitcoin(ビットコイン)の購入におすすめのクレジットカードの選び方」で、わかりやすく解説しています。

国内取引所の利用も含めてBitcoinの購入を検討をしている方は、下記の記事もあわせて参考にしてください。

Bitcoin(ビットコイン)の仕組み

Bitcoinは、ブロックチェーンと呼ばれる技術を利用しています。ブロックチェーンとは、取引データをブロックと呼ばれる単位で管理して、それらをチェーン状につないで分散管理する技術です。

ブロックチェーンでは一つのサーバーにデータを格納しておらず、多数の参加者で全員の取引履歴に関するデータを管理しています。システムがダウンしたとしても、データを復元できて、不正や改ざんに強い点が特徴です。

Bitcoin(ビットコイン)をクレジットカードで購入するメリット

クレジットカードでBitcoinを購入するメリットのひとつは、場所や時間にかかわらず、即時に取引できる点です。仮想通貨の価格は短時間で変動するため、取引タイミングが取引成功の鍵を握ります。

銀行振込では、振込時間によっては入金反映が次の日にずれ込むことがあります。しかし、クレジットカードを使用すれば、たとえ旅行中や出張先であっても24時間いつでも即座に決済が可能です。価格変動の激しいBitcoinでも、購入したい瞬間を逃すことなく取引できます。

その他にも、クレジットカードの利用によってポイントを貯められる点も魅力です。手数料は発生するものの、マイルを貯められたり、他のポイントに交換できたりします。

Bitcoin(ビットコイン)をクレジットカードで購入するデメリット

Bitcoinをクレジットカードで購入すると、取引手数料とクレジットカードの決済手数料がかかります。クレジットカードの決済手数料は5%〜10%であることが多く、Bitcoinの利益を圧迫してしまいます。クレジットカードによる購入は便利であるものの、手数料が気になる場合は現金による取引がおすすめです。

Bitcoin(ビットコイン)の購入におすすめのクレジットカードの選び方

クレジットカードにはさまざまな種類があり、どのカードでBitcoinを購入しようか悩んでいる方もいるでしょう。そこで、ここではBitcoinの購入におすすめのクレジットカードの選び方を解説します。

  • 国際ブランドで選ぶ
  • 年会費で選ぶ
  • ポイント還元率で選ぶ
  • 利用限度額で選ぶ
岩田昭男

岩田昭男/ 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。

【専門家の解説】

●待ち切れない!今すぐBitcoinの取引を始めたい人
三井住友カード(NL)がおすすめです。
即時発行が可能で、カードの到着を待たずに最短10秒でクレジットカードの番号を発行してくれますので、すぐに取引を始められます。※即時発行できない場合があります。
さらに、番号等はアプリで管理することから、セキュリティ面も強固になっています。

●初心者で利用する仮想通貨取引所をまだ決めていない人
国際ブランドの種類が多いセディナカードが良いでしょう。
このカードなら、国際ブランドは、Visa、マスターだけでなく、JCBも選べます。
また、通常のポイント還元率は0.5%ですが、利用金額に応じて翌年のポイント倍率が変動するというメリットもあります。

●還元率の高さを重視する人
オリコカード ザ ポイントは通常のポイント還元率が1.0%で入会してから6カ月間は還元率が2.0%になります。
また、Bitcoinの取引にかかる金額も大きくなりますから、このカードの300万円という利用限度額は魅力です。
他のカードが上限100万円ですから他にない強みといえるでしょう。

●楽天市場をよく利用する人
楽天市場を利用しているなら楽天カードがおすすめです。
年会費は永年無料で、国際ブランドはVisa、マスターカード、JCB、アメックスの4ブランドあり、多くの取引所で利用できます。
通常のポイントが1.0%と高く、また入会特典で5000ポイントもらえるのもお得です。
Bitcoinを購入できるクレジットカードは、どのカードを選ぶかによって利益の大きさが異なってきます。
年会費やポイント還元、利用限度額などを確認することをおすすめします。

国際ブランドで選ぶ

仮想通貨取引所によって、利用できるクレジットカードの国際ブランドは異なります。利用したい取引所が決まっている場合は、取引所の対応している国際ブランドを確認しておきましょう。VisaやMastercardに対応している仮想通貨取引所が多いため、これからクレジットを作成する場合はVISAまたはMastercardを選ぶことがおすすめです。

年会費で選ぶ

仮想通貨の利益を最大化するためには、手数料の削減が重要です。付帯サービスが充実しているクレジットカードは年会費が高いことが多いですが、仮想通貨の購入には付帯サービスをあまり必要としません。特に付帯サービスにこだわりがない場合は、年会費が無料、または低額のクレジットカードを選ぶことがおすすめです。

ポイント還元率で選ぶ

仮想通貨の取引では、しばしば数万円から数百万円の仮想通貨が購入されるため、ポイント還元率を重視することはクレジットカード選びにおいて重要です。ポイント還元率が高いほど、付与されるポイントは多くなります。仮想通貨を購入するクジレットカードを選ぶ際は、最低でも0.5%以上のポイント還元率のものを選ぶとよいでしょう。

利用限度額で選ぶ

仮想通貨を購入するクレジットカード選びにおいて、利用限度額も重要です。保有している仮想通貨の量が多い場合、少しの値上がりでも多くの利益を確保できます。そのため、多くの仮想通貨を購入するために、利用限度額が高めに設定されているものを選ぶことがおすすめです。

ただし、仮想通貨の取引を安全に行うためには、余剰資金で取引する必要があります。クレジットカードの利用限度額が高めに設定されていたとしても、自分の支払い能力を超える額の仮想通貨の購入は避けてください。

Bitcoin(ビットコイン)の購入におすすめのクレジットカード

Bitcoinの購入におすすめのクレジットカードを厳選して紹介します。

カード

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

楽天カード

楽天カード

セディナカード

セディナカード

オリコカード ザ ポイント

オリコカード THE POINT
申込み資格高校生を除いた満18歳以上の方高校生を除く18歳以上の方18歳以上で電話連絡が可能な方18歳以上の方
年会費無料無料無料無料
ポイント
還元率
0.5%~7%(※1)
1.0%~3.0%
0.5〜0.65%
1.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • master_card
  • jcb
発行スピード
最短10秒(※2)
約1週間~10日前後
最短2週間
最短8日程度
利用限度額
~100万円
最高100万円
個別に設定
10万〜300万円
ETC年会費550円(税込)(※3)無料無料無料
電子マネー
  • visaTouch
  • applePay
  • googlePay
  • id
  • pitapa
  • waon
  • visaTouch
  • edy
  • quicpay
  • quicpay
旅行傷害保険海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行保険--

※Mastercardブランドのグリーンカードは現状申込できませんので、グリーンカード希望の場合は、Visaブランドにて申込ください。
※1 ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。ポイント還元率は通常のポイント分を含みます。スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外となります。商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払いただく場合があります。 その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なる場合があります。
※2 即時発行ができない場合があります。
※3 初年度無料。前年度に一度でもETCの利用がある場合は翌年度無料。

三井住友カード

三井住友カード(NL)の券面
年会費初年度:永年無料
2年目以降:永年無料
ポイント還元率0.5%~7%(※1)
国際ブランド
  • visa
  • master_card
電子マネー
  • visaTouch
  • applePay
  • googlePay
  • id
  • pitapa
  • waon
発行スピード最短10秒(※2)
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費初年度:無料
2年目以降:550円(税込)(※3)
ETCカード発行期間2週間程度
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名Vポイント
締め日・支払日15日締め・翌月10日支払/月末締め・翌月26日支払 ※選択可能
申し込み条件満18歳以上の方(高校生は除く)

注目ポイント

  • 24時間対応!最短10秒でカード番号発行(※2)
  • 年会費永年無料!
  • 対象のコンビニ・飲食店などでスマホのタッチ決済するとポイント最大7%還元!(※1)
  • 新規入会と条件達成で5,000円分プレゼント!(2024/6/30まで)
  • セキュリティ対策のカード両面番号レス!
《入会特典》新規入会&条件達成で5,000円分プレゼント!(2024/6/30まで)
公式サイトへ
  • 1
    ポイント還元率に関する注釈
    最大7%ポイント還元:ポイント還元率は通常のポイント分を含みます。
    スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外となります。
    商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
    一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払いただく場合があります。 その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、了承ください。
    上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なる場合があります。
    ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • 2 即時発行ができない場合があります。
  • 3 前年度に1回以上ETC利用の請求があれば翌年度無料

三井住友カードがおすすめの人

  • 日常生活でも多くのポイントを貯めたい人
  • できるだけ早く取引を始めたい人
  • 番号レスのカードを持ちたい人

三井住友カードは、年会費が永年無料のクレジットカードです。高校生を除く満18歳以上の人が申込めます。通常のポイント還元率は0.5%ですが、対象のコンビニや飲食店などでスマホのタッチ決済利用でポイント最大7%(※1)も還元されるため、仮想通貨の取引だけではなく、日常生活でも多くのポイントを貯められます。

また、カードの到着を待たずに最短10秒(※2)でクレジットカードの番号を発行できる点も魅力です。クレジットカードは番号レスであり、番号などはアプリで管理することから、セキュリティは強固になっています。

※1 ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。ポイント還元率は通常のポイント分を含みます。スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外となります。商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払いただく場合があります。 その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なる場合があります。
※2 即時発行ができない場合があります。

セディナカード

セディナカードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5〜0.65%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
電子マネー
  • quicpay
発行スピード最短2週間
追加カード

ETCカード

ETCカード年会費無料
マイル還元率(最大)0.50%
ポイント名わくわくポイント
締め日・支払日翌月27日
申し込み条件18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方

注目ポイント

  • 年会費無料でポイントがザクザク貯まる!
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍!
  • 海外でのショッピング利用ポイント1.5倍
  • ETC利用でポイント1.5倍!
  • 年間利用額に応じ翌年ポイント最大1.3倍

セディナカードがおすすめの人

  • 利用する取引所を決めておらず、国際ブランドの多いカードをとりあえず選びたい人
  • ネットショッピングのなりすましが怖く、クレジットカードを利用するか検討している人

セディナカードは、年会費が永年無料のクレジットカードです。18歳以上で電話連絡が可能な人が申込めます。国際ブランドはVisaとMastercard、JCBであり、多くの仮想通貨取引所で取引できるでしょう。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、利用金額に応じて翌年のポイント倍率は変動します。貯まったポイントには、グッズや商品券、他社ポイント、寄付などさまざまな使い道があります。

ネットセキュリティサービスと呼ばれる補償サービスが付いている点も魅力です。インターネットショッピングでなりすましにより損害を被った場合、アンサーセンターに連絡してから60に前まで遡って損害を補償してもらえます。

オリコカード ザ ポイント

オリコカード THE POINTの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%
国際ブランド
  • master_card
  • jcb
電子マネー
  • quicpay
発行スピード最短8日程度
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード年会費無料
マイル還元率(最大)0.6%
ポイント名オリコポイント
締め日・支払日毎月月末
申し込み条件原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

注目ポイント

  • 高還元率のハイスペックカード!
  • 入会後半年間はポイント2倍!
  • 「iD」と「QUIC Pay」の同時搭載
  • ポイントはリアルタイムで還元
  • 年会費は永年無料!

オリコカード ザ ポイントがおすすめの人

  • ポイント還元率を重視する人
  • カードの紛失・盗難が怖く、クレジットカードを作ったことがない人

オリコカード ザ ポイントは、年会費が永年無料のクレジットカードです。18歳以上の人が申込めます。国際ブランドは、MastercardとJCBです。

通常のポイント還元率は1.0%で、入会してから6か月間は還元率が2.0%にまで向上します。0.5%に設定しているクレジットカードが多い中、オリコカード ザ ポイントは還元率が高めに設定されており、ポイント還元率を重視する方におすすめのカードです。

カードの紛失・盗難に関する補償が付いており、紛失・盗難に遭ってカードが不正使用された場合でも、連絡してから60日前に遡って損害を負担してもらえます。

楽天カード

楽天カードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
  • visaTouch
  • edy
発行スピード約1週間~10日前後
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
ETCカード年会費550円(税込)
ETCカード発行期間申し込みから通常約2週間
マイル還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場の買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応した安心機能が充実
公式サイトへ

楽天カードがおすすめの人

  • 取引する取引所を決めていない人
  • 楽天市場をよく利用する人
  • カードのデザインにこだわりたい人

楽天カードは、年会費が永年無料のクレジットカードです。高校生を除く18歳以上の人が申込めます。国際ブランドは、MastercardとJCB、VISA、American Expressであり、多くの取引所で取引できるでしょう。

通常のポイント還元率は1.0%と高めに設定されています。入会特典として、5,000円相当の5,000ポイントがもらえる点も魅力です。普段から楽天市場を利用する人におすすめのカードとなっています。

豊富なデザインから好みのデザインのカードを選べるため、おしゃれなクレジットカードを持ちたいという方にもおすすめです。

まとめ

現在、クレジットカードでBitcoinを購入できるのは海外の仮想通貨取引所のみです。以前は国内の取引所でも取引できましたが、仮想通貨の価格変動が激しく、利用者への影響が大きいことを理由に、国内の取引所では禁止されるようになりました。そのため、クレジットカードでBitcoinの取引をしたい場合には、海外取引所で取引する必要があります。

Bitcoinを購入するクレジットカードも、どのカードを選ぶかによって、利益の大きさは異なります。Bitcoinを購入するクレジットカードを選ぶ際は、年会費やポイント還元率、利用限度額などを確認することがおすすめです。

本記事では、Bitcoinの購入におすすめのクレジットカードを紹介しました。それぞれ異なるメリットがあるため、本記事の内容を参考にして、どのクレジットカードを選ぶか検討してください。

利用シーン別の関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE